アルファードの意味とは?歴史と由来を調査。エンブレムの謎解明

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

みなさん、こんにちは。今回ご紹介するのは、トヨタ「アルファード」その名前の由来と車の歴史についてです。突然ですが、みなさんは車を選ぶとき、どのようなところを重要視していますか?価格、機能、燃費、デザイン、色、サイズ…色々ありますよね。その中で、”車のネーミング”って、みなさんにとって、どのようなな位置づけでしょうか?「そんなの全然気にしてない」という人もいれば、「それってかなり重要!」という人もいるかもしれません。

これはあくまで私の主観ですが、ネーミングって、ある製品の魅力や特徴をひとことで表したら「これ!」っていうものだと思うんです。だからきっと、会社が車に託した熱い思いをギュッ!と凝縮したものが、その車の名前になってるんだと思うんですね。

私も三児の父として我が子たちに名前を付けましたが、それはそれは感無量でした。…と、少し前置きが長くなってしまいましたね。それでは、さっそくアルファードの名前の由来、歴史について迫ってまいりたいと思います。後半では、あのきらびやかなエンブレムの謎についても解明していきますよ。

スポンサードリンク

アルファードの名前の由来

まず、アルファード(ALPHARD)は、「星座の中で最も明るい星」を意味するギリシャ語のα(alpha)に由来する造語です。(引用:トヨタHP)なるほど、たしかに夜空の星のように数多く存在する車の中でも、アルファードはひときわ輝くオーラを放っていますね。

その半端ない高級感は、圧倒的ですらあります。それでいて、乗る人を心ゆくまで落ち着かせてくれるあの居心地の良さがるのは、 安全装備や走行性能といった最新技術に加え、アルファードならではの「日本のおもてなしの心」が大切に守られているからではないでしょうか。

アルファードは、競争の激しいミニバンクラスの中で、もっとも輝く星の名前にふさわしい、技術と真心を兼ね揃えたラグジュアリーミニバンだと思います。ちなみに、初代アルファードには販売店によりアルファードVとアルファードGの2つのグレードがあり、それぞれVはVictory(勝利)、GはGrand(大きい、雄大)を表しています。

王者の中の王者 アルファードエグゼクティブラウンジはため息の出るほど高級感に満たされています。そんなエグゼクティブな世界へいってらっしゃい。

アルファード エグゼクティブラウンジの口コミ評価をまとめた結果

2018.07.05

 

その歴史について

初代H10系(2002年~2008年)

アルファードは、2002年にエスティマと同様のプラットフォームを使ったトヨタの最高級ミニバンとして誕生しました。(★このエスティマとプラットフォームが同じ、の意味は、車を構成する一連の基本部品がエスティマと同じという意味です。 )

その位置づけは、 「グランビア」「グランドハイエース」の後継モデルとして登場しました。コンセプトは、日本が誇る和の豪華さ「ダイナミック&ホスピタリティ」で、高級感溢れるボディデザインと、伸びやかで居住性の高い室内空間が大きなポイントです。

また、初代アルファードは、 日産の2代目エルグランド発売の翌日にデビューしたことで、ライバル車のエルグランドに追随するトヨタのミニバンとしても話題になりました。

 2代目H20系(2008年~2015年)

アルファードは、初代発売から6年が経ち、はじめてのフルモデルチェンジを果たします。

旧型は車高が高く立体駐車場に入れない等の難点もありましたが、2代目は車高を低く抑え低フロア化を実現させました。それにより室内は更に広くなり、ますます充実した「おもてなし空間」を実現しました。

快適なスペースや使い勝手もさることながら、シートをはじめとした室内装飾は高級車の名に劣らぬ贅沢さで細部にまでこだわりを見せています。「上品」「洗練」を具現化させたボディデザインは、よりダイナミックな進化を遂げ、クオリティの高さが伺えます。

3代目H30系(2015年~) 

3代目になって大きく変化したのは、大胆なメッキ飾りフロントフェイス。グリル部分の印象がかなり変わりました。より個性的により迫力のある表情へ進化した感じです。

また、室内装飾も木目調の下地に世界初のホログラムを採用するなど、高級感がさらに高まりました。機能面でも乗降性や貨物性をさらに向上させるなど、随所に工夫がほどこされています。

安全装備もさらに充実しました。予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」(第二世代版)が採用され、より高い安全性、信頼性を確立しました。

走行性能は、サスペンション刷新によりさらに良好になり、(こんなに大きいのにホントよく曲がるんです!)ボディに組み込まれた旧遮音材により、静粛性が保たれています。

コラム:2つの王者対決!ヴェルファイアvsアルファードはこちらから

ヴェルファイアVSアルファードで違いを比較!どっちが人気?

2018.04.05

スポンサードリンク

エンブレムー秘められた思い

星に願いを

エンブレムには、そのものに対する思いや考えが詰まっています。

先に述べた通り、アルファード(ALPHARD)は、「星座の中で最も明るい星」を意味するギリシャ語のα(alpha)に由来しています。

そのエンブレムもよく見ると、「α 」の形をしていますね。

ちなみに余談ですが、ウミヘビ座の中で最も明るいα星は、その名もアルファルド(Alphard)と言うんです。 アルファルドはアラビア語では「孤独なもの」を意味しますが、これは周囲に明るい星がないことからそのように名付けられたそうです。

また、ギリシャ神話では、勇者ヘラクレスが9個の頭を持つ怪物、ヒドラを退治する話がありますが、そのヒドラが後にウミヘビ座になったそうです。ヒドラの心臓部にひときわ輝く孤高の星、それがアルファルドです。

トヨタのロゴって…

ところで、みなさんは知っていましたか?今のトヨタのロゴマークが採用されたのは、1989年のこと、今から約30年ほど前なんです。では、それ以前のトヨタの車ってロゴマークをどうしていたのでしょう。

実は、車種ごとに違っていたのです。アルファードやヴェルファイヤ、クラウンといった車種はその名残を引き継いだ形でオリジナルのエンブレムを持っているんですね。

ロゴをカスタマイズする方法

そして実は、このエンブレムは自分で付け替えが可能なんです。

アルファード以外でも、例えばトヨタ車にレクサスのエンブレムをつけたりすることは可能です。エンブレムを変えることは、法律上、特に問題はなく、個人の趣味としてやっている分には特に咎められることはありません。

たまにアルファードにレクサスのエンブレムのついた車を見ることがあるかもしれませんが、このためなんですね。

まとめ

以上、あなたの豆知識の一つとして加えていただければ幸いです。

それでは、またお会いしましょう。

こちらの記事でもアルファードの魅力をたくさんご紹介しています。

アルファードグレード(20系後期や30系)の違いを徹底解説

2018.05.11

アルファードの豪華な内装を徹底調査!あなたは黒派?ベージュ派?

2018.04.09

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください