新型アルファードマイナーチェンジ2017!口コミ評価と思わぬ落とし穴

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

2015年の発売から三年の時を経てマイナーチェンジが施されたアルファード。モデルチェンジじゃね?と言われてもおかしくないその変身っぷりが話題です。

良い口コミが多い中で、マイナーチェンジしたアルファードの思わぬ落とし穴にはまってしまった人もいるんです。今回はアルファードのマイナーチェンジした部分を口コミをふんだんにご紹介します。

アルファードの購入を検討している方、落とし穴までしっかりチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

新型アルファードの口コミは賛否両論

引用 トヨタ公式HP

一番大事なのは、新型アルファード良い部分・悪い部分ひっくるめて満足できる?ってところですよね。乗ってみて気づくマイナスポイントも存在あります、やっぱり今乗っている人の評価が何よりも大事です。

でも、口コミって調べてみるといいことしか書いていなかったりしますよね。確かにいい車なのでいいことが書いてあるのは当然なのですが、やはりデメリットはないの?と気になるもの。

今回はあえて最初に「ちょっとイマイチだな…」という口コミを見ていきましょう。欠点は裏を返せば「ここをわかった上で買えば後悔しない!」というポイントでもあります。購入を検討している方こそ、しっかり確認しましょう。

新型アルファードの口コミ:BAD

ではさっそく、「うーん、イマイチかも…」というポイントはこちら

  • 見た目はいいけれど、合皮シートは滑る
  • スイッチ類がタッチパネルのため、指紋だらけになる
  • 馬力不足に感じる
  • 足回りがフワフワする

腰痛持ちにはシートが滑ってつらい、という声がありました。乗っている間に落ち着かないのは確かに危ないし疲れますね。

ただし、この点については「シートがしっかり体をホールドしてくれて楽」という評判もあるので、賛否両論と言ったところですね。

馬力不足、足回りがフワフワするという点については、他の車種から乗り換えた方の口コミが多いようです。今回のマイナーチェンジでは搭載エンジンのグレードが上がっており、燃費や馬力は前より向上しているはずなんですがねぇ。

ただし、そもそもが重量のある車のため重く感じる方もいるようですね。

新型アルファードの口コミ:GOOD!

引用 トヨタ公式サイト

次は、新型アルファードのよかったポイントを見ていきましょう。たくさんある口コミから、特に多かったものをピックアップしてみました。

  • 内装の質感は高級感があり、外装もかっこいい
  • ウィンカー時につく流れるようなコーナーランプがオシャレ
  • 前車と比べてバタつきがなく、平和な乗り心地
  • 安全性能がぐんと上がって安心

やはり、見た目が「かっこいい!」という感想が多く見られました。いちばんに目に入る部分だけに、印象に残るのでしょう。今回のマイナーチェンジで、外装がよりスタイリッシュになりました。

新型アルファードの総評

発売開始から半年ちょいが経った今のオーナーの声を見てみましょう。

総評1

マイナーチェンジして何気なく見に行ったものの、親子共々惚れてしまい買い換えに至ります。ヴォクシーハイブリッドとの差が大きく、高級感に浸っています。

大きい!と思って運転していましたが、あっという間に慣れてしまいました。燃費以外は大満足です(笑)

こちらのオーナーさんは親子総出で奥さんを説得して、アルファードをゲットしたらしいですよ。あの外観に一目ぼれしたのかもしれませんね。

燃費以外は大満足。アルファードのオーナーさんから良く聞く言葉かもしれません(笑)

総評2

この車は運転席ではなく、2列目に乗りたい車。

ミニバンに力を入れている日本ならではの、贅沢感・優越感・おもてなし感を味わえる車である。

この口コミ、トヨタのアルファードに対する想いが凝縮されていますよね。内装の高級感やシートアレンジに、オーナー皆さんが絶賛する2列目シートの乗り心地…。

この方はいつも運転席にいらっしゃるんでしょう。そんな人が2列目に乗りたいって思わせる程乗り心地が良い車なんだと物語っていますよね。

総評3

契約してから納車まで4か月オーバーだったけれど、待つだけの値打ちがある車です。

安くはないけれど、大人数で乗るには持ってこいですよ、大事に乗ります。

この方はルファードに出会うまでに色々な車を乗って来られたみたいですが、ミニバンはアルファードが初めて。納車に時間がかかると車への期待値も自然と上がるもの。待った甲斐があった!と感じる良さがあったようですね。

総評4

買うと決めてから1年以上待ちましたが…待った甲斐がありました!

とにかく快適で家族はニコニコ、自分は飛行機のコクピットのようにスイッチが沢山ある運転席に乗れてニコニコ!アルファードを買って家族にニコニコが増えました。

家族の思い出を沢山作るために大切にします!トヨタさんありがとう!

こういった口コミを見ると私もつい笑顔になります。車は人生の中でも5本の指に入るほど高い買い物ですから、後悔はしたくありませんよね。このご家族にとって、アルファードの買い物は最高の買い物になったのでしょう。

コクピットのような運転席にワクワクする気持ち、めっちゃわかります。男はいつになっても少年のままですね(笑)

総評5

納期がこんなに遅れているほど売れているんだから、良くない訳がありません(笑)

本当はミニバンからSUVにしようと思っていましたが、ファミリーキャンプ、釣りなんかのアウトドア、日常の使い勝手の良さ、リセールの高さ、視点が高く運転がしやすい点など、アルファードに乗るメリットが沢山あるため、マイナーチェンジ後に乗り換えました。

機能も見栄えも問題なし。改めて良い車だと思います。

アルファードはとにかくデカいですから街乗りは不安ですが、この方の口コミを見る限り、アルファードはアウトドアも街乗りもどっちもイケちゃうんですね。文武両道のイケメンみたいなヤツに感じます(笑)

リセールとは簡単に言うと下取り価格です。車としての価値が落ちにくいのもアルファードの良いところですよね。最近は下取り価格を考えた上で車を購入する方が増えていますから、そういった点でもアルファードは優秀な車みたいですね。

総評6

ベンツを試乗した後にアルファードを試乗をしたのがいけなかった。総合的に見て、走りの点ではどちらも雲泥の差。

小回りの良さはベンツに軍配。メンテナンスや様々な面でもベンツの方が勝り、営業パーソンもトヨタブランドに胡坐をかいているのがわかったので、最終的にアルファードとの商談は打ち切りにしてしまった。

結果的にアルファードがベンツの良さを際立たせる結果になった。が、アルファード所有者を否定している訳ではなく、あくまでも走る・曲がる・止まるの基本動作の性能が低く、これが世界のトヨタなのかと肩透かしを食らってしまったため、ネガティブ評価をつけさせてもらいました。

う~ん、こちらはなかなかの辛口評価ですね。ひと昔前のベンツだとこうはいきませんが、ベンツの走行性能は抜群に上がっていると小耳にはさんだことがあります。

きっと、トヨタさんにもっと頑張って欲しいからこその辛口評価なんでしょう、愛を感じます(笑)

この方以外にも、さらなる進化を期待するなんて口コミもありました。高級感だけではなく、高級感+走りやすさを求めていらっしゃる方もいるんだと思います。

総評をいくつかご紹介させて頂きましたが、やっぱり最後に信じるべきは自分の感覚です。ご自身の物差しでアルファードを見て、触れて、乗って、良さを感じるのが一番でしょう。

 

新型アルファードの価格に落とし穴がある!

新型アルファードの口コミは「そりゃ悪い部分もあるけれど、それをカバーできる良さがある」って感じが一番多いです。欠点を補うほどの良さは、やはり高級感です。アルファードにしかない高級感や快適さがマイナスポイントをカバーしているようなんです。

じゃぁ、落とし穴って何なのさ?って話ですよね。ズバリ価格、それもオプションの価格です

新型アルファードの価格はこんな感じです。

【エアロボディ】

【標準ボディ】

旧型に比べてエアロボディ・標準ボディそれぞれのモデルが30万円ほどアップしていますが、様々な部分がリニューアルされていますし、何せ高級ミニバンアルファードです。

車体価格の変動には目をつぶるとして、問題はオプション価格を合計としたトータルの値段です。口コミを見てみましょう。

新型アルファードの価格とオプションに関する口コミ

  • 2.5LのSCにオプションを色々つけたら、あっという間に500万円オーバー。嫁と喧嘩しました(笑)
  • メーカーオプション2つ、ディーラーオプション2つで570万円。快適ですが、値段が…。
  • コミコミ570万円でした。安全装備がこれだけついてたら、こんなもんかと。

新型アルファードの価格口コミを見ていると、だいたいの方が予算オーバーされているそうです。今までと同じようにオプションをつけるとあっという間に価格が跳ね上がるんだとか

これがアルファードマイナーチェンジの落とし穴。オプション価格高すぎ問題です(笑)オプションが高いだけではなく、トラップも沢山あります。

  • マイナーチェンジで期待していた装備がだいたいオプション扱いになっている
  • メーカーオプションナビが63.7万円(超高額!)
  • 安全装備数点が超高額メーカーオプションナビとセットになっている
  • パノラミックビューモニター(高性能バックミラー)も超高額メーカーオプションナビとセットになっている

なんです。63.7万円なんて中古でまた新しい車が買えますよね(笑)この超高額ナビ、プレミアムサウンドシステム(音がめっちゃ良くなるヤツ)がついていて、これが価格を吊り上げているらしいですよ。音楽好きや車で映画を見たい方にはありがたいですが、聞こえれば良いって方にとってはなかなか辛い金額です。

それに加え、マイナーチェンジ後に登場した安全装備など、誰しもつけたいなぁと思う装備はだいたいオプションです。しかも超高級爆弾ナビと一緒じゃないとつけられません。トータルの価格がコミコミ価格が跳ね上がるのも当然です。

アルファードはどのグレードを取っても高額なので、欲しいオプションを一通りつけると+100万は楽に超えてしまいます。中には、約340万円のXグレードがオプションコミコミで600万オーバーになると言われた人もいるそうです。オプションで+260万ってことですよね、恐ろしいです(笑)

高級車だとわかっていてもオプションを付けて100万も200万も価格が上がるなんて、知らない人からすると青天の霹靂です。口コミにもありましたが、私も間違いなく奥さんと喧嘩してしまうでしょう(笑)

アルファードがマイナーチェンジし色々な欠点が囁かれていますが、このオプション高すぎ問題は一番の欠点、落とし穴です。でも、オプションをつけた以上に快適だ~なんて声もありました。

値段以上の快適さは保証されているようですが、新型アルファードの購入を考えている皆さん、オプションは覚悟してディーラーに行ってくださいね(笑)

新型アルファードの値引き

新型アルファードの価格と来れば、次は値引き金額です。登場してまだ間もないアルファードですが、皆さんどのくらい値引きできているのか気になるところですよね。

90万近く値引きされている方もいれば値引き0円と言う方もいましたが、20~30万を値引きしてもらっている方が多いようです。マイナーチェンジしたてと言うこともあり、30万円以上値引きしてもらえれば御の字でしょう。

ここだけの話、2020年にアルファードがモデルチェンジをする噂があります。今回のマイナーチェンジは、このモデルチェンジの先駆けでは?なぁ~んて言われているんですね。2020年に向けて、今の新型アルファードの値引きハードルはこれから下がっていくかもしれません

 

アルファードのモデルチェンジばりのマイナーチェンジはどこ?

2018年1月に行われたアルファードのマイナーチェンジですが、

  • 外観(見た目)
  • 内装
  • グレード
  • エンジン
  • 安全性能
  • カスタムパーツ

などなど、何から何まで変わり過ぎていて「もはやモデルチェンジなんじゃないの?」と噂されるほどです。が、モデルチェンジではなくあくまでもマイナーチェンジです。ビッグマイナーチェンジと呼ぶ人もいるみたいです。

今回は、その変貌ぶりを余すことなくご紹介させて頂きます。あまりに変わりすぎてて「もはやモデルチェンジじゃん!」と言いたくなること間違いなしですよ(笑)

 

アルファードのマイナーチェンジその1:外観

引用:トヨタ公式HP

左から2008年~2015年の2代目モデル、真ん中がマイナーチェンジ後のモデル、そして2015年~の3代目モデルです。徐々に顔がいかつくなっているのが見て取れますね。

面白いようにどんどん目つきが鋭くなっています(笑)中学生の時ちょっとやんちゃだった子が、時を経て本物のヤンキーに成長していく生きざまを見ているようです。このいかつさの秘密は前面の金属のアミアミ。これ、グリルと言います。このグリルの部分が大きくなり、よりシャープで怖い印象になりました。

新型アルファードは目(ライト)も一味違う

そして、ヤンキーの迫力は目で決まります。アルファードの迫力も目、つまりライトの部分が変わったことでより鋭く迫力が増したんです。

これは新たに実装された「シーケンシャルターンシグナル」というもので、ウィンカーをあげると内側から外側に向かって点灯するのです。

これを見ていると工事現場のライトを思い出すのは源十郎だけでしょうか。工事現場と言うと色気が半減しますが、夜沢山の車が行き交う場所

ではかなり目立つそうです。見た目という点でグリルと同じく好評だったようです。

これはオシャレなだけではなく、後方車から見てわかりやすいという利点もあります。オシャレな上に安全性も高いなんて一石二鳥ですね。それにこんだけいかつい雰囲気出していますから、煽られたりすることもなさそうです。

新型アルファードの車体サイズは変わった?

エグゼクティブラウンジと言うグレードを例に挙げて、新型と旧型の車体サイズも比較してみました。グレードについても後ほどたっぷりご紹介させて頂きますね。新型アルファードと旧型アルファードのサイズ差はこんな感じです。

長さ3cm、高さ5cmほど大きくなりました。これを変化と取るか誤差と取るかは人それぞれでしょう(笑)でも、源十郎が凄いなと思ったのは新型アルファードはサイズが統一されていて、どのグレードもほぼ同じサイズになった点です。車体サイズを揃えてアルファードとしての統一感を出そうとしているように思います。

新型アルファードのカラーは?

顔つきと同じくらい大事なのが車の色ですよね。髪の毛の色によって雰囲気がガラッと変わるように、車体の色だけでアルファードの雰囲気は大変身してしまうんです。
SUVなどに比べて保守的な色が多いミニバンですが、ここ最近は攻めた色を採用するミニバンも増えているんです。それは新型アルファードも同じなんですよ。
 
新型アルファードのカラー展開は、標準設定4色とオプションカラー3色の計7色です。ですが…カラー展開が変わりました。

エアロボディ専用色・標準ボディ専用色などモデルによって選べる色が変わります、その点はご注意ください。で、黄色で塗りつぶしたところがカラー展開が変わった部分です。百聞は一見にしかず、新型アルファードに投入された色を見てみましょう。

ダークマイカメタリック

引用:トヨタ公式HP

どうですかこの赤。紅、まさにREDです。旧型は機械っぽい色が多かったのに突然の赤です。これは良い意味でも悪い意味でも注目度ナンバー1でしょう。めちゃんこ目立ちそうです。

このダークレッドマイカメタリックは「いわゆるトヨタの赤色」で、トヨタのハリアーとかヴィッツなど色々な車にも使われている色なんです。それがついに満を持してアルファードに採用されることになりました。こんな情熱的な赤色を毎日見ていたらアクセルを踏む足に力が入りそうです。

ちなみにこちらはエアロボディ専用色です。標準ボディでは選べませんよ。

スティールブロンドメタリック

引用:トヨタ公式HP

こちらはぱっと見桜のような薄ピンクに見えます。赤色やピンクなんてアルファードは女性を意識し始めたのでしょうか。だったら顔つきも女子受け狙ってって欲しいところですが(笑)

ピンク色の顔色で鋭い目つきも若干優しく見えるような気がします。こんな色のアクセサリーありそうですね。昔奥さんからねだられたような気がします(笑)

この色を実際に見た方も落ち着いた感じのカラーで、柔らかく上品な印象を受けたそうです。アルファードのやんちゃな感じに上品さをプラスしたい方は良いかもしれませんね。こちらは標準ボディのみ選べるそうですよ。

グラファイトメタリック

引用:トヨタ公式HP

スティールブロンドメタリックとは打って変わって、こちらはアーミー仕様な色ですね。茶色と緑と何かを足したような色に見えます。口コミを見る限り、ブラックは買わないけど深い色が欲しい方に人気のようです

黒は中古車市場でも人気の色ですから、買い取り価格が他の色より高くなるんです。が…しかし、何せ傷がめちゃくちゃ目立つんですよね。新車のピッカピカな黒アルファードは憧れますが、街中で年季の入ったのを見ると複雑な気持ちになります(笑)

小さい子供がいると多少の傷は目をつぶらなければならないでしょう。ピカピカの黒ボディ維持に時間とお金をかけられないなら、グラファイトメタリックがおススメです。

源十郎
もし買うなら…グラファイトメタリックかな~。渋くてカッコ良いし!
さくら(妻)
パパ!私は可愛いスティールブロンドメタリックが良いわ!

 

新型アルファードの外観に関する口コミ

アルファードマイナーチェンジで変更された部分についての口コミをまとめてみました。こちらも賛否両論ありますが、どれもなるほどなとうなづいてしまうものばかりですよ。

外観の口コミ

外観は口コミでも賛否両論真っ二つに分かれてしまいました。本当にぱっかりです(笑)

  • ミニバンではこれしかない!
  • 豪華なグリルはインパクト抜群!(掃除が大変そうだけど)
  • 発表会の時は派手にやりすぎたと思ったけど、見慣れると惚れ惚れする
  • これだけボディが大きいなら、迫力あるゴージャスな顔が似合っている
  • どぎついけど、全体を見るとうまくまとまっている

一方、ネガティブな口コミも同じくらいあったんです。

  • 横から見ると綺麗だけど、前方は前の車を威嚇しているようで怖い
  • いかつすぎぃ!
  • フロントグリルは洗車しにくいから、取り切れない染みが増えそう
  • コンセプトと顔がかけ離れて過ぎているように感じる

デザインは人それぞれ好みがありますから、正直何とも言えません(笑)ですが、最初は派手だと思っていたけど、見慣れると気に入ってくるというのはとても良いですよね。

新型アルファードは、顔だけ見るとソース顔を超えてハロウィン用のマスクばりの濃さです。が、車道を走るゾウのような車ですから、確かにこれくらい派手な方がバランスが取れるかもしれません。

実用性で言うなら、確かに掃除は大変そうです(笑)こんな大きな車なのに、グリル部に綿棒とか使っちゃいそうですね。外観に関しては、自分の直感を信じるのが良いでしょう。

ライトに関する口コミは?

刷新されたライトについては、面白いことに外観が良いね!と言う人はライトもカッコ良いと評価していますし、外観が嫌!と言う人はライトすら酷評なんです(笑)

  • シーケンシャルウインカー必要?
  • とにかくシーケンシャルがかっこ良くて好み!
  • LEDがとても明るくて、少しずつ消えていくのがオシャレ

そもそも存在否定する人もいれば、これがあることで気分がダダ上がり!という人もいました。ライトあっての外観ですから、こちらもアルファードの顔同様、それぞれの好みで分かれそうです。

カラーに関する口コミ 

アルファードのカラーに関する口コミを見ていると、好きな色に乗るか傷などが目立たない色か?で悩んでいる方が多かったです。

  • 赤色アルファードが加わったので、リセールを気にせず赤を選択して後悔なし!
  • ラグジュアリーホワイトで正解!ホワイトパールは目がチカチカするのでこれがドンピシャ!
  • 黒の傷目立ちに耐えられなくなり、ホワイトパールを購入。

下取りを考えると黒になりがちなアルファードですが、こういった意見があるとますます悩んでしまいそうですね。雪国では、冬に雪と同化しないように白色は避けるってことを聞いたことがあります。住んでいる場所、乗り方、次の買い替えのタイミングなどで、決めるのが良いかもしれません。

 

アルファードのマイナーチェンジその2:内装

今回のマイナーチェンジで顔つきが変わるとそこばかり目が行ってしまいそうですが、内装のマイナーチェンジにも注目して頂きたい。

と言うか、どの部分をとっても「おっ」と驚くところが目白押しなんです。

乗り込めばそこはセレブ空間

引用:トヨタ公式HP

もともと高級感推しだったアルファードですが、さらにセレブ感がアップしました。どこぞのセレブのパーティー会場かと思います

こちらアルファードの最上級グレード、エグゼクティブラウンジの内部ですが、ここにプレミアムナッパレザーが採用されました。

もうすっべすべのふっかふかシートが楽しめる訳です。ナッパレザーはベンツにも使われている革なので、このシートに体を沈ませるだけで、お金持ちの仲間入り気分が味わえるでしょう。

他の革より柔らかく繊細なところも高級感が感じられます。外観のいかつさからは想像できない高級感を味わえそうですね

運転席だけで楽しむ高級感

引用:トヨタ公式HP

運転席に取り付けられたインパネのこだわりは、運転手の特権だと思っています。運転している間は常に視界に入る訳ですから、見やすく、かつおしゃれなものが良いですよね。逆にここががっかりだと新車でも愛着が湧きません。

新型アルファードは、ガソリン車とハイブリッド車でインパネのデザインが変わるんです。普段は見比べたりすることのない部分ですが、こうして並べてみると好みが分かれそうですよね。

私はハイブリッド車のブラウン系が一番好きですが、あなたはどのインパネがお好みでしょうか。室内の高級感はこういった細部からも醸し出されるのでしょう。まさに美は細部に宿る、ですね。

シートアレンジでどこに乗っても快適空間

引用:トヨタ公式HP

アルファードのようなファミリーカーは、常に乗組員が同じメンツとは限りません。家族で乗ることが基本でも、実家に帰った時おじいちゃんおばあちゃんを乗せることもありますし、子供のお友達を乗せることだってあるでしょう。

新型アルファードはシートの動く幅が大きいので、旧型ではできなかったシートアレンジも可能なんです。2列目をマッサージチェアのように足まで伸ばせる広さにできますし、互い違いにして助手席と二列目の座席を近くすることもできます。

助手席と二列目の席を近くできたら、チャイルドシートを乗せた時に便利そうですよね。ただただ高級なだけではなく、乗る人の都合に合わせてシートを変えられる便利さも兼ね備えています。やりますね、アルファード。

老若男女に優しい乗り降りのしやすさ

引用:トヨタ公式HP

ミニバンのような大きな車に乗る時に気になるのは乗り降りのしやすさです。大きな車って高さがあると、乗る時に「よいしょっ」と勢いをつけてのらなければならなかったり、降りる時によろけてしまったりするんですよね。その部分が大きく変わったんです。

ドアは広く、乗り降りのステップは低く。ステップの奥行も深くなったことで、しっかりと踏み込んで乗ることができます。ミニバンはファミリーカーですから、小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで乗りますよね。

年齢に限らず、どんな人でも乗り降りがしやすくなると評価が高くなります。奥さんがこういうところにすごく厳しいんですが、そんな奥さんも「良さそうね!」と太鼓判を押していましたよ。

さくら(妻)
こういった細やかな気遣いができるって本当に紳士ね。パパと大違い!
源十郎
そりゃどうもすみませんね、とほほ…。

 

新型アルファードの内装と乗り心地の口コミはおおむね良し?

新型アルファードの高級感溢れる内装には皆さんとても満足されているようです。お金のかけ方が他とは全然違うので、そりゃそうかって感じですが、実際とても満足度は高いですね。

  • 豪華装備すぎて、本当に至れり尽くせり。
  • ステアリングスイッチが便利
  • 合皮シートだけど高級感があって中途半端な本革シートより好き
  • 最初はごちゃごちゃして目が疲れるが慣れると見るたびにテンションが上がる
  • 全てが主張し過ぎていてかえって疲れる

ちらっと不満も見え隠れしますが、お金をかけただけの良さはありそうですね。中には国内線のファーストクラスよりも良い!という高評価もありました。

JALのファーストクラスは、8,000円追加しなければ乗ることができません。航空券ですら高いのにそれに追加料金だなんて…私には到底乗れません(笑)

それよりも評価の高いアルファード高級空間に毎日のように乗れるなんて、夢のような話です。

乗り心地の口コミは?

運転している人だけではなく、同乗者にも大きく関わるのが乗り心地の口コミですよね。高級感・バリエーション豊富なシートアレンジ・乗り降りのしやすさの三拍子が揃っているんですから、乗り心地の口コミは良いものばかりでした。

  • 一言で言うと柔らかい
  • 二列目の乗り心地は圧巻!
  • 三列目は足元が十分広いけど、大人3人はキツい
  • 妻が初めて乗った時、社長席かマッサージチェアに乗っているみたい!と大喜びだった
  • 車酔いしやすく車が嫌いな子供が10分で爆睡(笑)
  • 温熱シートにオットマンに読書灯にステアリングヒーターに…ここで生活できる
  • 2列目にチャイルドシートを2つ置いても3列目にするっと行けるのが凄い
  • 今までは遠出する度ホテルを予約していたけど、アルファードにしてから車中泊オンリーに
  • 足を伸ばして寝れるくらい広いから、ノリで車中泊が楽しめそう

広さとシートの座り心地に高評価が集まっていますね。一緒に乗る人にとって一番大事な部分ですし、ここに高評価が集まるってことは本当に乗り心地が良いのでしょう。

我が家も、まだチャイルドシートが必要な子供がいますから、2列目に2つチャイルドシートを乗せても3列目に行きやすいという口コミは見逃せません。広くて、シートアレンジが自由自在なアルファードならではの使い方ですね。チャイルドシートって、前にも横にも場所を取るから、置けても1列に1個が限界です。

この評価はアルファードの底力を感じる評価ですね。是非とも試乗したいです。

 

アルファードのマイナーチェンジその3:グレードと価格

アルファードファンがマイナーチェンジを待っていたのは、この大きなグレード編成があったからなんです。これも外観に並んでこれもモデルチェンジに近いんじゃ?と言われる一要因です。

何よりの目玉はエアロのボディに超高級モデルのエグゼクティブラウンジが登場した点です。

エグゼクティブラウンジはアルファード二台分の超高級モデルですが、実は結構人気のモデルなんです。マイナーチェンジ前にエアロボディのエグゼクティブラウンジでないかな~」と思った人もいたはずです。

それが満を持して、今回のマイナーチェンジで登場したんですよ。ファンからすれば「ついにきたか!」って感じだと思います。

エアロボディはグレード改変に伴ってサヨナラしたモデルもありますが、人気モデル追加の喜びの方がファンは大きいでしょう。標準ボディに比べて、エアロボディが好きな源十郎も、ちょっと嬉しいです。値段は結構凄いですが、待っていた方もいるはずです。

【新型アルファードエアロボディ】

【旧型アルファードエアロボディ】

【新型アルファード標準ボディ】

【旧型アルファード標準ボディ】

標準ボディのグレード編成は変わりませんが、値段がかなり変わりましたね。マイナーチェンジによって、高性能なものを乗っけたり外観が変わった分が乗っかっているのでしょう。
 
私の友人は、もしアルファードのエアロボディにエグゼクティブラウンジが出るなら買う!と宣言していました(笑)エグゼクティブラウンジの新設は、私の友人のみならずエルグランドなど高級ミニバンに乗っている人の心を揺さぶる事件でしょう。
 

 

アルファードのマイナーチェンジその4:エンジンと燃費

引用:トヨタ公式HP

アルファードのマイナーチェンジですが、エンジンもかなり変わったんです。ってことは燃費も…変わっているはず(笑)両方一度にご紹介させて頂きます。

実は源十郎、車初心者なのは車の中身、機械の部分が苦手なんです。エンジン周りは特に(笑)ですが、ここは勉強するつもりで分かりやすくご説明しなければなりませんね。

アルファードのマイナーチェンジ、搭載されているエンジンがグレードアップました。何が変わるって、色々な道路に適した最高の走りが可能になったんです。どんな道でも乗り心地が良くなることにもつながるんですよ。

メインの部品は総とりかえ。エンジンの力を最大限にタイヤに与えるから、安定した走りと燃費の向上のダブルを可能にしたんです。それに、トランスミッションも6速ATから8速ATに進化しています。つまり、ギアの段階が増えたということですね。

マニュアルを運転している人だとギアの何たるかをご存知かと思いますが、今はオートマで免許を取る人が多いですよね。わからない人結構いると思います。

ギアと聞いて自転車?と思う方もいるでしょう、それで正解です。ギアをいじるとペダルの漕ぐ感じとスピードが出る感じが変わりますよね。アレが車にもついているんです。

そのギアの種類が増えたということは、急な坂道、傾斜はゆるいけどずーっと長く続く坂道、平坦な道、などなどどんな道にも対応できるようになったということです。以前のものと比べて、より状況に合ったギアを適用することで「平和な乗り心地」を実現しているのですね

エンジンが変わったら燃費も変わるはず!が…

エンジンと言えば燃費、燃費と言えばエンジンですから(細かいことを言えば色々出てくるのは置いといて)、エンジンの主要部品を取り換えてギアつけて熱伝導率をアップ!とか言えば、燃費も良くなるはずですよね。

が…カタログ燃費を見るとそんなに変わってなかったんです(笑)トヨタ~!と思わず叫んでしまいました(笑)カタログ燃費はこちらです。2.5Lと3.5Lを全て含んでいる表なので、「~」と表示しました。悪しからず。

全然変わっとらんやないかー!です。旧型はかろうじて1キロ燃費が上がっていますが、これでは燃費向上とは言えません。ハイブリッドは変わらず高燃費ですが、こちらに関しては全く変化なしでした。

アルファードなどの高級車で燃費など気にしていられないというのが暗黙ルールのようになっていますが、燃費がより良くなったらもうアルファードは向かうところ敵なしかもしれませんね。

 

新型アルファードの走行性能と実燃費の口コミ

走行性能の口コミ

エンジンが進化すれば、走行性能も変わるはず。新型アルファードの口コミを見てみましょう。

  • あまり期待していなかった良い意味で裏切られた。しっかりパワーを感じつつとても静か
  • 3.5Lは加速性能が高く、走りがスムーズ。2トンある車とは思えない。
  • 2.5Lです。出だしや加速はもっさりだけど想定内。
  • 高速道路でもとても静かで、気づけば120km/h出てました(笑)
  • 普通に乗る分には静かで、エンジン音も気にならない。
  • ハンドルが軽くて、大きい車なのに運転しやすい
  • 瞬発力はなし。エンジン音の唸りがひどい。

多くの人が、まぁ走り心地は問題ないと言っているようです。そもそも車がめちゃくちゃ重いですから、これくらいなら上々と感じているのでしょう。

ですが、止まっているところから加速する時は多少もたつくようです。まぁ…ドラム缶10個分の重さを走らせる訳ですから、多少のもたつきは仕方ないのかもしれませんね。出だしのもたつきが改良されたら、アルファードは高級ミニバン最強の一台になるかもしれません(笑)

実燃費の口コミ

新型アルファードはカタログ燃費では旧型アルファードに比べてあまり変化はありませんでしたが、実燃費の口コミはどうでしょうか。まずは旧型アルファードの口コミから見てみましょう。

使い方にもよりますが
2.5ガソリンで50000キロはしりましたが
街乗りチョイ乗りで多分7から8
高速100キロで流したら10少し位だったとおもいます

基本燃費気にしたら乗れない車ですね
はっきり悪いとおもいます

引用:価格.com

ガソリン車2.5Lモデルで7~8km/L、高速道路では10km/L出たそうですね。燃費は車の使い方によって左右されるものですが、実燃費はおおむねカタログ燃費の6~7割出れば良しと言われています。

それを踏まえて考えると、これくらいの実燃費は上々ですね。ミニバン以外の車と比較するとアレですが、燃費を気にして乗る車じゃないと言われているアルファードですから…まぁ良いのではないでしょうか。

レビューから1.5Lターボのステップワゴンと同じぐらいの燃費では無いかと予想していましたが、概ね予想通りです(ちなみにステップワゴンの生涯燃費は13km/lでした)。

街中 15km/l
空いている郊外だと16km~17km/l
ステップワゴンで10km/l切るような混雑した街中でも14km/lぐらいは出ていて、落ち込みが少ない印象です。
登りでの悪化はステップワゴンより大きいです。500kgも重たいから仕方ないですけど。
その分、下りでは稼いでトントンか少し上になるようです。

引用:価格.com
 
こちらはハイブリッド車の口コミです。まぁだいたいこんな感じでしょう。何より象のような大きな車体でこれだけの燃費が出てるんですから、
冷静に考えると結構すごい燃費かもしれません。

ではでは、注目の新型アルファードの実燃費はと言うと…

  • ガソリン車で7.94km/L
  • ハイブリッド車で14.0km/L

くらいだそうです。いかんせんマイナーチェンジした新型アルファードはデビューしたてなので、なかなか口コミも数も少なかったです。秋とか冬になれば、もっと口コミが増えるでしょう。

現時点で見つけられた口コミではおおむねこのくらいでした。もっと口コミが増えれば旧型の実燃費との差がわかるかもしれません。

源十郎
結論!新型アルファードはエンジンが変わったからと言って、燃費も変わる訳ではない!
さくら(妻)
パパ!そんなオチありなの⁉もっと面白いこと言ってよ~!
営業マン
源十郎さん、何だかすみません…(汗)

 

アルファードのマイナーチェンジその5:安全性能と装備

アルファードのマイナーチェンジ、さらに特筆すべきは安全性能の向上でしょう。お子さんのいるご家庭は特に重視するポイントかと思います。運転慣れしていない奥さんが運転する場合でも安心の「ロードサインアシスト(RSA)」や「レーントレーシングアシスト(LTA)」が追加されています。

実装されたたくさんの安全機能は、次世代の「トヨタセーフティセンス(TSS)」と呼ばれ、全車に標準装備されています。詳しくは次で解説していますので、その安全性の高さをぜひ実感してください。

新型アルファードの安全性能がすごい!

引用 トヨタ公式HP

口コミでも評判だった新しい世代の安全機能「トヨタセーフティセンス(TSS)」について、もう少し詳しくお伝えします。知れば知るほど「トヨタってすごい!」と思いますよ。

TSSにはたくさんの機能があります。それがこちら。

  • プリクラッシュセーフティシステム(PCS)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • レーダークルーズコントロール
  • 自動ハイビーム

横文字ばかりで「何のことやら」と思いますよね。でも、数々の素晴らしい機能を知らずにいるなんてもったいない!是非この機会に覚えちゃいましょう。きっとトヨタの車が欲しくなりますよ。

夜でも自動ブレーキが作動

歩行者を検知して自動ブレーキを作動する」システムをプリクラッシュセーフティシステム(PCS)といいます。これまでもあったシステムですが、性能がより強化されました。従来は明るい場所での歩行者しか検知できませんでした。

飛び出してくるのは昼の間だけでも、歩行者だけでもありませんよね。ですから次世代のシステムは夜間の歩行者にも対応できるようになりました。さらに、自転車も検知してくれます。

車線からはみ出す前に警告

高速など長時間の運転でお疲れのとき、ハンドル操作がふらついてしまうことはありませんか?そんなもしものときに頼れる機能が、「車線から逸脱しそうなときに警告してくれる」システム、レーントレーシングアシスト(LTA)です。

車体前方についているカメラで車線を認識しており、ウィンカーを出さずに車線をはみ出そうとした際に警告音で知らせてくれます。また同時に、元の車線に戻りやすいようにステアリングを支援してくれるのです。

標識も教えてくれる

うっかり道路標識を見落としてしまって一時停止をしそこねてしまった…なんて経験はありませんか?そんなときに「標識を読み取って表示してくれる」システム、ロードサインアシスト(RSA)があると便利なんです。

こちらも車体前方のカメラで道路標識を認識し、ディスプレイに表示します。制限速度の標識も読み取ってくれ、超過しているときは警告もしてくれる親切設計。ただし、車線変更直後など読み取れない場合もありますので頼りきりにならないように注意しましょうね。

車間距離を保ってくれる

車間距離を適切に保つ」システムをレーダークルーズコントロールといいます。道路を走っていたら急に前の車が止まったり減速したりして焦ることありますよね。この機能はそんなときに活躍してくれるシステムなんです。

車体カメラと、搭載されているセンサーによって前の車との距離を測ってくれます。近づきすぎた場合は減速し、前の車が離れたりいなくなった場合は元の速度に戻ります。これによって安全な車間距離を保つサポートをしてくれます。

ライトを自動で調整してくれる

このシステムは、自動ハイビームという「ライトを自動で調整してくれる」システムです。夜間走行の際に対向車とライトが重なると、眩しくて逆に視界が悪くなってしまいますよね。

この機能ではハイビームとロービーム、つまり光量を自動で切り替えて調整してくれます。また、先行車や対向車の部分だけ光を控えめにすることもできます。見逃したり距離を誤る心配が減って、安全ですね。

新型アルファードには、こんなに充実の機能がアルファードには搭載されているのです。大切な家族のためにも、安全ってとても大事ですよね。

こちらの記事は安全性能についてさらに詳しく書いているので、見てみてくださいね。

アルファードハイブリッド4WDの性能を徹底調査!E-Fourって何?

2018.05.08

その他アルファードのグレードの違いや、マイナーチェンジ後の口コミ情報もまとめています。良かったらご参考にどうぞ

新型アルファードマイナーチェンジ2017!口コミ評価と思わぬ落とし穴

2018.08.01

アルファードグレード(20系後期や30系)の違いを徹底解説

2018.05.11

アルファードとヴェルファイア・エスクァイアを比較してみました。

エスクァイアVSアルファード違いを徹底比較!買うならどっち?

2018.06.02

ヴェルファイアVSアルファードで違いを比較!どっちが人気?

2018.04.05

 

新型アルファードの安全性能の口コミ

新型アルファードに搭載された最先端の安全性能は口コミでも人気でした。その一方でやはりオプションの抱き合わせに疑問や不満を漏らす声もありましたよ。オプション価格高すぎ問題です(笑)

  • 安全性能がついていて、高速道路ではめちゃくちゃ助かった。感動した!
  • 通行帯の線が薄い場所やカーブではヒヤッとする時も
  • オートマチックハイビームも合図を出した方を照らすから、なかなかの働き者。
  • デジタルインナーミラーは瞬時に焦点が合わず、慣れが必要かも
  • インテリジェンスクリアランスソナーが抱き合わせオプションになったのは△

運転アシストと言う意味では働き者ですが、今までとは違う感覚に戸惑うこともあるようですね。私もデジタルインナーミラーを試したことがありますが、正直違和感MAXでした(笑)

後ろがはっきりと見えるのには感動しますが…何と言うか…youtubeのドライブ動画を見ているような気持ちになるんですよ(笑)慣れたら何ともないのかもしれませんが、こっちに慣れてしまうと今までのミラーに戻れないような気がしました。

とは言え、自動車学校に行ってる時には手足が別々な動きをすることに違和感しか感じなかったものが、今とはなっては無意識でできるようになっている訳です。デジタルインナーミラーに慣れれば違和感は感じなくなるかもしれませんね。

 

アルファードマイナーチェンジその6:専用カスタマイズアイテム登場

顔つきがまるで変わったアルファード。さらにカッコ良くしたい、他のアルファードに差をつけたいという方もいるはず

アルファードマイナーチェンジに伴い、その願いも叶うようになりましたよ。専用カスタマイズアイテムが発売されたんです。

販売元はトヨタモデリスタインンターナショナル。トヨタグループのカスタマイズ会社です。トヨタのお膝元にいるカスタマイズ会社だからこそできる、格好良いカスタムが人気なんですよ。

iphoneに例えるなら、apple純正のケースってところでしょうか。他のメーカーから同じようなデザインが出ても、apple純正というブランドがつくだけでかっこ良く見えちゃいますよね。トヨタマニアからすれば、願ったり叶ったりのアイテムが勢揃いです

新型アルファードのカスタマイズパーツのテーマは「perfect luxury」です。アルファードですら高級なのに、さらにその上をいくカスタムができちゃいます。

これがマイナーチェンジ後のアルファードです。

引用 トヨタ公式HP

モデリスタでカスタマイズするとこんな感じになります。いきますよ、じゃじゃーん。

引用:アルファード-モデリスタ

上がエアロボディです。

引用:アルファード-モデリスタ

こっちが標準ボディです。全体的にゴツく四角くなった感じがしますね。ジムで身体を鍛えた感があります(笑)

これは色々なパーツをまとめてカスタ無したものです。お値段何と…約25万円です。わーお。高い(笑)

25万円あれば自動車の免許取れちゃいますよ。25万円を持って車で日本一周した友人もいます。海外旅行だって行けますよね

かっこ良くしたいけど、そこまで出せないという人にはパーツのみ販売もありますよ。

引用:アルファード-モデリスタ

自分の車をかっこ良くすることにお金と情熱を費やせる方には本当におすすめです。自分の持ち物ってカッコ良くしたいし、周りの人と差をつけたくなりますよね。ましてや車は男のロマン。

奥さんには理解してもらえない美学を持っている人も多いはずです。純正パーツのカスタムなら、その美学を体現してくれるでしょう。

源十郎
男心をくすぐられるカスタムだなー。カッコよいなー!
さくら(妻)
パパー!車を飾るくらいなら、私を飾るダイアモンド買ってよー!
源十郎
そ、そうだよね、ママ。あははは!(汗)

 

スポンサーリンク

新型アルファードの納期はいつ?遅れてるってホント?

新型アルファードの魅力をご紹介してきましたが、気になるのは納期ですよね。買ったらいち早く手元に欲しいですし、何やら遅れているという噂も気になります。

事実、アルファードの納車は遅れているようです。トヨタの公式HPにも遅れてすんませんという謝罪が書いてありました(笑)色々あって忙しいんでしょう。未来の愛車を待つドキドキが長く楽しめると思えば、待てるはずです。

で、肝心の納期はこちら。

  • エンジン車は注文してから4か月以上
  • ハイブリッド車は4か月
  • エグゼクティブラウンジは7か月以上

今買ったら我が家の車庫に収まるのは11月ってことですね。エグゼクティブラウンジなら来年の梅雨時ってことでしょうか

う~ん…ながい(笑)でも待ちましょう。工場で働いている方はめっちゃ一生懸命頑張っているはずです。それに今は豪雨の被害もありますから、長い目で納期を待って欲しいなと源十郎も思います。

来た時の喜びは普通の納車の倍以上かもしれません。長く待てば待つほど愛着も湧くでしょう。口コミでも、「待つ価値はある!」「これだけ待つのに人気があるんだから、悪い訳がない!」という声がありました。

オプション価格が高いとか、納期が遅いとか色々ありますが、それを凌駕するほど魅力を持つ車です。未来のアルファードライフのためにも、購入する方は納期も把握した上で、愛車の到着を待ってあげてくださいね。

 

2020年アルファードフルモデルチェンジの噂

2017年のアルファードマイナーチェンジは、序章に過ぎないかもしれません。今回のマイナーチェンジは2020年のモデルチェンジに向けたものだと言う噂があるんです。

  • 2002年5月:アルファードデビュー
  • 2005年9月:マイナーチェンジ
  • 2008年5月:フルモデルチェンジ
  • 2011年9月:マイナーチェンジ
  • 2015年1月:フルモデルチェンジ
  • 2017年12月:マイナーチェンジ

2002年に華々しいデビューを飾ってから、6~7年周期でモデルチェンジをし、6年周期でマイナーチェンジしているアルファード。この周期でいくと2020年~2021年あたりにフルモデルチェンジが来る可能性がとても高いです

気になるモデルチェンジの内容ですが、現時点では走行性能が格段にパワーアップするのでは?と言われています。「走りがもっさりしている」「出だしが重い」と口コミにもありました。トヨタはこのもっさり感改善のてこ入れに取り掛かっているのかもしれません。

また、アルファードのマイナーチェンジ前にはターボエンジンが搭載されるかもしれないと話題になりました。

ターボエンジンとは?

車の排気ガスを使って、パワーをエンジンに送るシステム。

同じ排気量でもより大きなパワーが得られるため、昔はレースカーやスポーツカーに採用されていた。

ターボエンジンを採用するとパワーと燃費が向上すると言われています。これってまさに今のアルファードの課題ですよね。エンジンがアルファードのもっさりとした走りを救うかもしれないとみんな噂し、ターボエンジンの搭載を心待ちにしていたんです。

が、残念ながら今回のマイナーチェンジではターボエンジンが採用されることはありませんでした。肩透かしを食らいつつ、2020年のフルモデルチェンジへの期待が集まっているようです。

もしかしたら…2020年のフルモデルチェンジで、アルファードは走りも燃費も完璧な最強の高級ミニバンとして華麗なる変貌を遂げるかもしれません。は~、もうアルファードから目が離せません(笑)

 

まとめ

  • 口コミは賛否両論あるが、新型アルファードには欠点に勝る良さがある
  • オプション価格が高く、本体価格から100~150万ほど上乗せされる可能性あり
  • モデルチェンジばりの外観変更は、おおむね評価良し
  • 高級感のある内装と抜群の乗り心地が大人気!
  • エアロボディに待望のエグゼクティブラウンジが登場!
  • エンジンがグレードアップして、安定した乗り心地に
  • 実燃費はさほど変わらず。燃費の口コミは今後に期待
  • 標準装備の安全機能が性能アップ。さらに安心に!
  • 納期は4か月~7か月。気長に待とう!
  • 2020年のフルモデルチェンジで、ついに走りも完璧なアルファード爆誕⁉

イマイチな口コミも、「買ってよかった」な口コミも、両方紹介させていただきました。少し重い足回りという声もありましたが、内装・外装などはさすが高級ミニバンといった感じでしょうか。新型アルファード、オススメです。

私はカッコイイ外装と安全性能に惹かれました。アルファードに乗って優雅に、そして颯爽と走るのに憧れてしまいます。
みなさんの重視するポイントはいかがでしたでしょうか。今回の口コミをチェックして、是非アルファードに乗ってみてくださいね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください