キャンピングカーの冷蔵庫を徹底調査。電源やバッテリーは?

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

夏だ。キャンプだ。キンキンのビールだ。

と、真夏の大自然に囲まれて冷えたビールで喉をゴックゴクっと鳴らしたい病の源十郎です。この病にかかって、早一週間ほどでしょうか。全く治癒する見込みがございません。

だって、大自然のめっちゃマイナスイオン出まくりの中うまいメシ。そして冷えたビールがあれば、この世にはもう他に必要なものなどあるのでしょうか。

なのでどうしたらこの病を完治できるのか考え抜いた結果、キャンピングカーに冷蔵庫積んで、ビール入れて、大自然着。これしかない、ということで初心者キャンパーの源十郎はキャンピングカーの冷蔵庫ってどうなのか、徹底調査をしました。

 

スポンサーリンク

キャンピングカーに積める冷蔵庫はどんなものがあるのか

引用:朝日新聞デジタル

キャンピングカーを居住空間として快適にするための家電製品といえば、エアコンや電子レンジなんかがありますが、冷蔵庫も必要でしょう。だって、食べ物・飲み物冷やしとかないとすぐにダメになっちゃいますもんね。

でも、キャンピングカーに積む冷蔵庫ってどんなものがいいのかさっぱりわかりません。

写真にのっている車載冷蔵庫は、もともとキャンピングカーに備え付けのもの。こんな立派な設備があったら、もうキャンピングカーに住んじゃいますね。でもこんな重装備なキャンピングカーでなければ、どんな冷蔵庫を積めばいいのでしょう。

この冷蔵庫が売れ筋ナンバーワン1です。例えばこれ。この冷蔵庫だとなんと、家庭用の電源でも車載用電源でも使えてしまう優れものなんです。

どういうことかというと、普通は車の中で家庭用の電化製品を使用する場合、インバーターという電流を変更させる装置が必要なんですが、それが要らない。 そして音もせず、省エネなんです。

しかも安し、保温機能も付いているので冬でも使えます。 持ち運びも便利で言うことなし、と言いたいところですがちょっと小さい。小さすぎるかなあ。私分のビールだけならなんとかなるけど、家族の飲み物と食材考えたら、小さすぎます。

 

こちらも人気な冷蔵庫。では、他にないかと調べてみるとありました。この冷蔵庫。これだと14リットルの容量。これだと家族分も十分賄えますね。冷凍機能もありますので、なんとアイスクリームも運べちゃいまーす。

大自然で食べるアイスクリーム。いいですねえ。ビール並みにいいですねえ。そしてコンセントが車載用ですので、これもインバーターという装置が要らないんです。

こちらの冷蔵庫は冷凍・冷蔵もありますが、保温もあるので冬でも活躍します。別売りのコンセントを買えば家の中でも使うことができます。

うん、文句なし。 と言いたいところですが、ワガママを言えば少し高いかなあ。もう少し安いと、妻の許可が降りやすいんだよなあ。と思っていたところ、ありました。

先ほどのものより容量も大きく、15リットル。この冷蔵庫は、一個前に紹介した冷蔵庫よりも容量が増えて値段も約半分。いいじゃないですか。保温機能がなくなったくらいで、そのほかの機能はむしろ優れています。

急速冷蔵が可で、すぐに冷えますバッテリーの電圧が下がってくると、自動で電源オフになるので、突然の電源喪失で真っ暗っていう事態を起こしにくくなります。 シガーソケットに対応なので、この冷蔵庫もインバーターいらず。

さらにさらにクーラーボックス機能が付いていますので、一旦冷やしてしまえばしばらくは冷えた状況を保つことができるので、かなりの省エネです。これだ、これがいい。 と、決断しかけたその時です。私の頭の中で、神様の声が響いたのです。

冷蔵庫は、びっくりするくらい電力消費が激しいぞ。その電源どうやって確保するんだ。一番初めの小さい冷蔵庫くらいがちょうどいいぞ。 はっ。忘れてました。そうです。キャンピングカーの最大の悩みのタネといっても過言ではない、電力確保問題

それを解決しなくちゃ大自然の中で、プシュ、ゴクゴク、プファー、ができないんです。

ちなみに冷蔵庫問題と同じレベルで必要なのが、空調管理。キャンピングカーにエアコンは必要なのか、こちらの記事で確認してみてくださいね。

キャンピングカーにエアコン(クーラー)は後付けしても必要?!

2018.05.15

 

スポンサーリンク

キャンピングカーの電力確保のアレコレ 

真夏の大自然に囲まれて、冷えたビールで喉をゴックゴクと鳴らしたい病を完治させるべく、キャンピングカーに積める冷蔵庫を探し、ついに見つけたその時、大きな壁が立ちはだかりました。

そう電力確保問題。ビール2,3本じゃ嫌だ。もっと入る冷蔵庫を絶対積んでやるんだとの強い決心のもと、その解決方法を模索しました。

電源のあるキャンプ場やRVパークを選択する

そうです。そもそも論、キャンプ場に電源があればなんの心配もありません。心置きなく家電製品を車の中で使えます。もちろん冷蔵庫もフル稼働。キンキンにビールを冷やしちゃえます。これで源十郎の病も完治間近ですな。

引用:くるま旅公式サイト

そして、このRVパーク。キャンピングカーを利用している人たちを応援しようという団体が運営している、ャンピングカー利用者のための施設

快適な車中泊ができるように設置されたこの施設は、車中泊できるスペースがあることはもちろん、電源もあります。温泉があったりもします。いろいろと買い物もできちゃいます。

キャンピングカーを愛する人には素晴らしすぎる施設じゃないですか。まだまだ普及はしていませんが、現在でも全国各地にあり、さらに全国に1,000箇所を目安に作っていくっていうので、これを利用しない手はありませんね。

全国1000箇所にできた日には、いつでもどこでもキャンプが楽しめそうです。そうなると、今よりもっとキャンピングカーが近い存在になりそうですよね

これを機に今からでも買いたい、でもどんなキャンピングカーがいいのか分からない、そんな人はこの記事を見て家族にあったキャンピングカーを探してみてください。

キャンピングカーのおすすめ紹介!4人家族にピッタリの種類は?

2018.05.11

予備バッテリーを積んでおく

とはいっても、自分が行ったキャンプ先にこんな便利な施設があるとは限りません。むしろ大自然に行くわけですから、不便な所の方が圧倒的に多いです。

じゃあその不便さを愛し、キンキンのビールも諦めなさい。という言葉が聞こえてきましたが、ここは譲れません。諦めません、そこだけは。

なので初めから予備バッテリーを積んでおく。というのも一つの手です。

 

かなりの大容量。このバッテリーだとかなりの大容量です。あまり高いものではないですし、予備として2つくらい車に積んでおくと、もしもの時に活躍してくれます。

発電機を積んでおく

こちらも電力確保問題の解決策の一つ。発電機を積んでおくという手もあります。発電機の欠点として、うるさいという点と場所を取るという点がありますが、最近は実にコンパクトな発電機がたくさん出ています。

持ち運びが便利です。音がうるさいのは多少仕方がないのかなと思いますが、その部分も以前のものに比べるとびっくりするぐらい静かになっています。そもそも大自然なんで、周りに人がいなければ気にせず使えますね。

ソーラーパネルを装着する

そして、無限の電力供給源、太陽を利用しときましょう。ソーラーパネルです。

コンパクトで、人気のパネル。コンパクトな作りなので場所を選ばず、どこでも電力を貯めることができます。キャンプ先でも、黙って蓄電してくれるのでバッテリーも発電機も切れったっていう最大のピンチの場合に、とってもありがたいですよね。

というように、電源のないキャンプ場の場合はこの3つの手段を複合的に持っておくと電力確保に役立ってくれます。しいては大きな冷蔵庫が心置きなく使えます。そして結果、キンキンのビール飲めます、からの病も完治する、でいいとこずくめですね。

キャンピングカーといえばトイレ事情も気になるところ。トイレの処理方法って、実際どうなの。むしろトイレって必要なの、などいろんな疑問を徹底調査しているので見てみてくださいね。

キャンピングカーのトイレ処理は意外と簡単!仕組と掃除方法!

2018.05.14

 

まとめ

  • キャンピングカーに積むことができる冷蔵庫は、大きさも多種多様。自分にあった大きさを選べる。
  • キャンピングカーで、冷蔵庫を使う場合、電源のあるキャンプ場を選ぶと気兼ねなく使える
  • もし電源がない場所でのキャンプなら、予備の電源の手段をたくさん持っていくと助かる

というわけで、大自然の中でのキンキンのビール確保には、その前の電力確保が大事ってことがわかりました。源十郎も冷蔵庫の前に、電力確保のためのアイテムを揃えておきます。もちろん最後は必ず買いますよ、冷蔵庫。そのための電力確保ですから。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください