デリカD3の意味とは?歴史と由来を調査

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

日本の高度経済成長期をたくさんの荷物と一緒に走り抜けてきた三菱・デリカ。今日も日本の、そして世界のどこかで荷物と希望を載せて走っています。

今回は、そんな長い長い歴史の中でも2011年にデビューした「デリカD3」の意味と歴史、由来について調査しました!

 

スポンサードリンク

デリカD3は荷物を運ぶ「デリバリ・カー」

「名は体を表す」という言葉もある通り、車のコンセプトを名前は表しています。今回取り上げる三菱・デリカD3もその1つです。

【スペル】DELICA D:3 【言語】造語
「デリカ」は荷物を運ぶ車(デリバリ・カー)から生まれた名前。
弊社ミニバンシリーズの総称。
「3」はミニバンシリーズの小型車カテゴリーを示す。

引用:三菱公式HP

さくら(妻)
荷物を運ぶ車って、車名そのままじゃない!
営業マン
はい、シンプルな名前の通りたくさんの荷物を運べる車です。

荷物を運ぶ「デリバリ・カー」。だから「デリカ」直球過ぎて逆に親しみを覚えてしまいます。

源十郎
ちなみにデリカの後ろのD3という意味は、デリカの長い歴史と関係があるんだ。

D3は長いデリカの歴史の一部

三菱の中でも長い歴史を持つ車の1つがデリカです。デビューしてから実に50年以上も愛されています。

今回紹介するデリカD3は、2011年10月27日にデビューしました。

引用元:三菱公式HP

現在売られているデリカの他モデルは「D2」と「D5」で、今回扱うのはこれら2つの中間に位置する「D3」です。まずは3つの種類の名前の違いについて整理してみましょう。

名前 意味
D2

コンパクトカーカテゴリー

D3 「3」はミニバンの中でも小さいカテゴリー
D5 5代目デリカだからデリカD:5。また「5」はミニバンシリーズの大きいサイズのカテゴリー

あまり違いが分からない方もいると思うので、エンジンの排気量で比較してみました。

名前 燃料 排気量
D2 ガソリン 1.2L
D3 ガソリン

1.5L

D5 ガソリン/ディーゼル

1.9~2.3L

源十郎
D2は今のところ一番小さいグレードで、D3はミニバンD5はRV車といった位置づけだね。
さくら(妻)
D1やD4はデビューする予定はないのかしら?
源十郎
D1は軽自動車としてデビューするかもしれないけれど、D4は数字が悪いからデビューしないかもしれないね。

キャンピングや悪路を走る機会が多いという人にはD5を、大きい車はいらないけど荷物が載せられるスペースが欲しいという方にはD2がお勧めです。当サイトにはD2もD5も由来と歴史の記事があります。それぞれ独特な歴史を持っているので、読んで見ると新たな発見があるかもしれません。

デリカD2の意味とは?歴史と由来を調査

2018.10.11

デリカD5の意味とは?歴史と由来を調査

2018.10.10

日本の経済を支えた初代デリカのデビュー

初代デリカがデビューしたのは今から約50年前の1969年7月1日でした。

マツダ・ボンゴ等をライバルと想定した小型のキャブオーバートラック及びバンとして登場。(中略)バンをベースとしたワゴンも設定されていたが、1994年登場の4代目(デリカスペースギア)以降は商用車シリーズとは別設計となる。 2011年以降、三菱は国内向けのミニバンの車名を「デリカ」に統一する方針を取っており、デリカD:5に加えてデリカD:2、デリカD:3が登場した。

引用元:Wikipedia

さくら(妻)
キャブオーバーって何かしら?

キャブオーバー、またはキャブオーバー型とは、自動車の構造上の分類の一つ。エンジンの上にキャブ(運転席)があるものを意味し、主にトラックなど中・大型車で使われている。

引用元:Wikipediaより

営業マン
通常自動車のエンジンは前方か後方にあるのですが、キャブオーバーは床下にあります。アラジンの魔法のじゅうたんを想像して頂けるといいかもしれません。

初代デリカは焼きたて食パン

引用元:三菱公式HP

さくら(妻)
これがバン型初代のデリカね。西部警察とかに出てきそうな車両だわ。まるで焼きたての食パン1斤みたい
源十郎
キャブオーバーのデリカは元々トラックとして国内にデビューしたんだって。当時の日本は高度経済成長期だったから、人も荷物もたくさん運ぶ必要があったんだ。だから、たくさん荷物を載せてもキャパオーバーしないように、車内が広く使えるキャブオーバーにしたようだね。
さくら(妻)
なんか寒くなってきたわね・・・・

2代目デリカは前も車体もごっつい

気を取り直していきましょう。その後1979年6月25日には「デリカ スターワゴン」がデビューしました。

引用元:三菱公式HP

さくら(妻)
初代と比べて四角くなっているわね。
源十郎
車体前面を見てごらん。初代にはなかったグリルガードが付いているよ。

よくジャングルを走っている車やアフリカのサバンナで走っている車にはこれがついています。これは動物と衝突した際に車体を保護するために着けている人が多いそうですが、日本ではドレスアップの意味合いが強いようです。最近では歩行者保護の観点から、あまりつけていない車も多いようです。

源十郎
ジャングルとかなら車体保護にいいかもしれないけど、人にぶつかったらちょっと危ないね。

パワフルで明るいバブリーな3代目デリカ

話はデリカに戻ります。1986年6月19日に「デリカ スターワゴン」が登場しました。

引用元:三菱公式HP

さくら(妻)
ライト以外は目立って変わっていないような気がするわ。
源十郎
このモデルでは屋根の上に窓がつき、エンジンの容量もアップしたんだ。

2代目のデリカと3代目のデリカでは、エンジンが大幅に違うんです。

モデル エンジン
1979年モデル デリカ 1.6L
1986年モデル デリカ 2.0L / 2.5Lディーゼル / 2.5Lディーゼルターボ
さくら(妻)
何が違うのかしら?
源十郎
エンジンの強さが違うんだ。重い荷物を運ぶトラックに使われているディーゼルエンジンも選べるようになったんだ。だから、急な傾斜の道でもスイスイ上れるようになったよ。

今でもデリカD5にはディーゼルエンジンモデルがあります。たくさん人が乗っていても坂道を難なく上れたり、荷物をたくさん載せて山道を走っても平気なため、このころからオフロード車というイメージが作られてきたのかもしれません。

4代目デリカ、宇宙へ飛び出す?!

4代目デリカは1994年5月12日に出た「デリカ スペースギア」です。

引用元:三菱公式HP

さくら(妻)
「スペース」って、宇宙のスペース?
源十郎
これは「空間」という意味のスペースだよ。

このモデルからエンジンを前に設置するようになりました。今までは床下に設置していましたが前面から衝突した場合に運転席と助手席がつぶれてしまい、足が抜けなくなってしまう可能性もありました。そこで、エンジンを前に設置することで衝撃をやわらげるだけでなく、つぶれて足が抜けなくなるような可能性を低くすることが出来ました。

下の動画はデリカではありませんが、デリカスペースギア以前のエンジンが下にあるモデルと似ているため取り上げました。前面衝突のテストをしていますが、見事につぶれてしまっています。

デリカD5の登場

デリカスペースギアの登場から13年後の2007年1月31日、デリカD5が登場しました。

引用元:三菱公式HP

さくら(妻)
やっと今売られているモデルに来たわ。
源十郎
このモデルの特徴は、ダイヤルで素早く2WDと4WDと4WDロックが切り替えられることなんだ。

引用元:三菱公式HP

一般的なRV車では2WDと4WDの切り替えのみしかありませんが、デリカD5にはもう1つ「4WDロック」という機能が備わっています。

さくら(妻)
2WDは2つの車輪だけが、4WDは4つ全部の車輪が動いて走ることよね。じゃあ4WDロックって何が違うのかしら?
源十郎
4WDロックでは通常の4WDの時よりも多くの力を後輪に伝えるんだ。
営業マン
テレビCMで放送されている45度の坂を上った現場でも、4WDロックモードで運転していました。

源十郎
45度の急こう配を登るって、こんな感じだったんだ。
さくら(妻)
安全性能に関してはどうなのかしら?
営業マン
こちらをご覧ください。

これは「JNCAP」(独立行政法人自動車事故対策機構)という、自動車の安全性能を評価する機関が行った衝突テストです。デリカD5ではエンジンをフロント配置にして前面からの衝撃を和らげるとともに強いフレームを用いているため車体全体があまりゆがまないようになっています。

デリカD3もエンジン配置はフロント、フレームに衝撃吸収ボディを使っているため前面からの衝撃を緩和するように設計されています。

引用元:三菱公式HP

営業マン
車体がゆがみにくいため、もしもの時にもドアがきちんと開き車外に脱出できるようになっています。
さくら(妻)
ところで、さっきから日付まで正確に書いているけど一体どこからそんな情報持ってきたのかしら?
源十郎
これは「ファクトブック」という、会社が投資家に発信している情報の1つだよ。三菱自動車「FACTS&FIGURES」の「製品の歩み(国内)」を読んでみれば、サイトで取り上げられている三菱の車の歴史がわかるんだ。
営業マン
よくご存じで!毎年更新しているので、良かったらご覧ください。
さくら(妻)
学校でいうクラス名簿みたいなものなのね。納得だわ!

この長い歴史を経てデリカD3が誕生したのですね。デリカD3の歴史が解ったところで、サイズもしっかり見ていきましょう。

デリカD3の全長サイズは?寸法,車幅の大きさも全部解説

2018.10.20

スポンサードリンク

デリカD3どこかでお目にかかりませんでしたか?

そういえば今回のデリカD3、どこかで似た車を見たことはありませんか?

友人
私、街中で日産のデリカD3を見たことがあるよ。

引用元:日産公式HP三菱公式HP

さくら(妻)
そのまんまじゃない!
営業マン
こちらOEM生産という方式をとっておりますため、日産のNV200と同じ外観をしておりますが三菱の自動車に変わりはありません。

デリカD3は、実は日産NV200のOEM生産品だったのです。

さくら(妻)
OEMって聞きなれない言葉ね。

OEM(Original Equipment Manufacturing/Manufacturer)契約とは、納入先商標による製品の受託製造(者)をいいます。すなわちメーカーが納入先である依頼主の注文により、依頼主のブランドの製品を製造すること、またはある企業がメーカーに対して自社ブランド製品の製造を委託することです。開発・製造元と販売元が異なり、製品自体は販売元のブランドとなります。

引用元:日本貿易振興機構(JETRO)

源十郎
製造する工場は同じだけど、販売されるブランドが違うということだね。車だけじゃなく世の中にはいろんなOEM製品があるからチェックしてみると面白いよ。

ちなみにデリカの兄弟分・デリカD2もOEM生産です。デリカD2がどんな車なのか口コミを見てみましょう。

三菱デリカD2の口コミ・評価を総合的に徹底調査!

2018.10.15

まとめ

  • 「デリカ」という名前は荷物を運ぶ車(デリバリ・カー)から生まれた名前。
  • デリカD3は、現在売られている3種類のデリカのちょうど中間に位置するモデルを表しています。
  • デリカD3はOEM生産のモデルです。

約50年という長い長い歴史を持つデリカ。その中でも一番新しいD3について理解が深まったでしょうか?デビュー当時から今まで日本の経済を支えてきたデリカですが、来る2020年のオリンピックでも活躍してもらえることを期待しています。

まだまだ進化の途中にあるデリカシリーズ。今後も更なる改良が施されていくと思うと目が離せませんね!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください