エルグランドe50,e51,e52を徹底比較!知られざる歴史を大公開

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

私はふと思った訳です。エルグランドはどういった進化を遂げて、今のエルグランドになったのか。

最初から高級感と快適走行性能が備わった高級ミニバンだったのでしょうか。それとも二代目あたりで突然高級路線を進み出したのでしょうか。

現在のエルグランドはe52。その前にはe50とe51なる先輩がいる訳です。

そこで今回は、エルグランドのe50、e51、e52の違いを比較してみました。四代目の発表が噂される今、改めて違いを比較しおさらいしてみましょう。

 

スポンサードリンク

エルグランドとは?

引用:エルグランド-日産公式HP

ミニバン界のロレックス」そう呼んでも良いのでは?と思う高級ミニバンです。「贅沢」「快適」「上質」の全てが揃っていて、ここまで高級感を全面に出すミニバンはそうそうありません。

走るスイートルーム、動く社長室とあだ名をつけたいくらい贅沢な作りなんです。私、すっかりエルグランドの虜になってしまいました。

車に乗り込んだだけで自分が大物になった気がします(笑)実際、会社の社長さんなどの大物が好む車みたいですよ。

大きさはミニバンの中で最大クラス。価格は平均すると400~600万です。安いミニバンだと170万くらいのものもあるので、値段もなかなかです。

ですが、エルグランドは値段以上に満足できるミニバンでしょう。それもそのはず。エルグランドは日本で初めて販売された高級ミニバンの元祖なんです。

今売られているエルグランドについて詳しく知りたい方はこちらです。

エルグランドをニスモ印に改造!エアロキットが安心価格でおすすめ

2018.04.28

エルグランドVSノア,ヴォクシー,セレナとの違いを比較!

2018.03.30

時代で振り返るエルグランドの歴史

1997年にデビューしてから早20年以上が経過したエルグランド。e50,e51,e52とモデチェンジし、現在売られているものは三代目です。

当時の流行や私の半生を振り返りつつ、エルグランドの歴史をざっくり紹介させて頂きます。

初代エルグランド:e50

引用:エルグランドe50-日産公式HP

エルグランドが衝撃のデビューを果たしたのは1997年。安室奈美恵さんがcan you celebrate?で日本レコード大賞を取り、大阪ドームが完成した年でした。

私は小学生。この年に発売されたハイパーヨーヨーにだだハマり。毎日公園でハイパーヨーヨーしていました(笑)

この年、最も売れた車はトヨタのプリウス。世界初の量産ハイブリッド車として同じ年に販売されているんです。

プリウスの登場は幼いながらに衝撃を受けたのを覚えています。電気で走る車に未来を感じましたね。

販売された年にベストセラーになるとは、私のように衝撃を受けた人が沢山いたんでしょう。あっという間に人気が出たらしいです。

二代目エルグランド:e51

引用:エルグランドe51-日産公式HP

二代目エルグランドは2002年から2010年まで販売されました。三代あるエルグランドの中で最も長い間売られていたようです。

口コミを見ると、二代目エルグランドが最高だったという意見がすごく多いんですよ。エルグランドの黄金期だったのかもしれません。

ちなみに、私は中学生ぐらい。エルグランドの黄金期などつゆ知らず、部活に明け暮れていた時代です。

ちなみに、二代目エルグランドの同期はJフォンの写メ-ル付き携帯電話。めっちゃ懐かしくないですか?Jフォン。

お金持ちの子は持たせてもらっていて、注目の的でしたね。私も写真を撮らせてもらいました(笑)

三代目エルグランド:e52

引用:エルグランドe52-日産公式HP

そして、三代目が発表されたのが2010年。初めてエコカー補助金制度が実施されたのもこの時期です。

エコカー補助金制度の効果でこの年はエコカーが爆発的に売れていました。3位と9000台以上の差をつけて、トヨタのプリウスとホンダのフィットがワンツーフィニッシュだったようです。

2010年は、食べるラー油がベストセラーでした。辛い物好きの源十郎、食べるラー油にはテンションが上がりましたね。常に2個は冷蔵庫に入っていました(笑)

この年は源十郎、ターニングポイントの年でした。なので、エルグランドにとっても変化の時だったと思うとさらに親近感が湧きます。

源十郎のターニングポイントについては、また今度機会があればお伝えさせて頂きます(笑)

2019年、フルモデルチェンジの噂?

エルグランドはだいたい8年周期で新しいモデルを発表しています。と言うことは…そろそろ新しいモデルが出る頃。

実際、エルグランドファンの間では新モデルの話題で持ちきりだとか。ネットでも新モデル予想の記事などを見かけます。

どんなモデルが出てくるか今から楽しみです。何と言っても高級ミニバンの元祖ですから、テンションダダ上がりの一台を発表してくれると信じています。

えぇ、信じていますよ、日産さん!(笑)

参考:ウィキペディア

参考:年代流行.com

噂の四代目について知りたい方はこちらをどうぞ。

エルグランド新型モデルチェンジでハイブリット登場?燃費&内装は?発売日は2019?

2018.04.19

スポンサードリンク

進化のポイント

走る贅沢空間エルグランド。その進化のテーマは「こだわりの追求」です。

進化の過程を見るに、お金と情熱をかけて、より快適に、より上質に、より贅沢に、を目指して進化を続けてきたように感じます。

しょっぱなから高級路線一直線のミニバンです。進化にお金に糸目をつけてこなかったのでしょう。

エルグランドの辞書に経費削減と言う言葉はないのかもしれません(笑)

具体的に言うと、この3つがこだわりの追求ポイントです。

  • 上質の追求
  • 走りの追求
  • 快適の追求

上質の追求

初代から本革の座席シートやカーナビを取り入れる車です。外観のデザイン、車内の快適性にめちゃくちゃこだわっているんです。

その証に、ちょっとした仕様変更でも外観のデザインや内装の色使い、快適機能はめまぐるしく変わっています。進化の過程で携帯電話を繋いでハンズフリーにできるカーナビなんかもいち早く搭載していたようです。

私が小学生の時に乗っていた車にはカーナビのカの字もありませんでした(笑)エルグランドは、常にその当時の最高級や最先端のものを取り入れて来たのでしょう。

私の周りにいるお金持ちはアンテナが広くて常に最先端のものを試したがるんです。アップルウォッチが販売された時も、一週間後にはお金持ちの腕にリンゴのマークがついた時計が光っていました。

そういった層の心を掴むためには、上質で最先端機能を搭載する必要があるのかもしれませんね。

走りの追求

初代は豪華な車というイメージが強かったエルグランドですが、二代目、三代目は車の機能の良さにこだわったようです。

いくら外観や内装が豪華でも、運転性能が悪かったら快適空間は作れませんよね。めっちゃ高級感あるけど、走ったらガタガタでめっちゃ酔う車なんて乗りたくありません(笑)

車体の作りやエンジンがどんどん改良されていき、車内空間を広く、かつカーブごときでびくともしない車を作るための工夫が沢山されています。

車と言う空間だけではなく、車そのものとしても最高級を目指そうとしているのがよくわかります。そこに日産の並々ならぬ努力があると思うと、感動して涙目です。

エルグランドのプロジェクトXを綴っている気持ちになってきました。

快適の追求

運転しても気持ちが良い、乗っていても気持ちが良い。上質の追求も走りの追求も全ては快適の追求のためだと思います。

運転手のことも、乗客のこともよく考えられて進化を続けています。そこに経費削減の4文字はありません。

ここ最近、経費削減のために1つの車体の枠組みから複数の車種を作ることが増えているようです。同じ枠組みから作られた車は姉妹車と呼ばれます。

初代エルグランド(e50)にも姉妹車は存在しましたが、進化の段階でエルグランド専用の枠組みとエンジンを採用したんです。言うなれば、車体の特注です。

オンリーワンです。世界に一つだけの枠組みなんです。

日産から出ているミニバンの中でも、エルグランドは特別サイズが大きいです。昔はミニバンよりさらに大きなサイズの車と同じ枠組みを使っていたそうですが、エルグランドをより快適にするためにオンリーワンの枠組みを作ったそうです。

エルグランドだけの快適さを求めた結果なのでしょう。それにオンリーワンって、お金持ちが好きそうなフレーズですよね。

お金持ちの方って、自分しか持っていない限定感が好きな人が多い気がします(源十郎調べ)。世界に〇個しかない〇〇とか。ここでしか食べられない〇〇とか。

そういった点でも、高級を目指したのかもしれませんね。このエルグランドのこだわり溢れる進化は車好きのハートも鷲掴みにしそうです。

やっぱりすごい、エルグランド。

項目別に歴代エルグランドを紹介

ここからは、エルグランドそれぞれの特徴を見ていきます。同じエルグランドといえど、微妙な違いが存在するのをご存じでしたか?

エルグランドが売られていた時代を反映する物も多く、なつかしー!と思わず叫びたくなるものもあります。そして現在のエルグランドがいかに色々な機能を持った車かも感じて頂けると思います。

ちなみに、日産のウェブカタログバックナンバーで調べました。遡ると初代エルグランドのウェブカタログもあって、車好きにはお宝のようなページです。

スポンサードリンク

特徴・コンセプト

e50

コンセプトは従来の概念を越えた最高級新世代1box車体・内装・走り・使い勝手全てを最高級にしたいと作られたそうです。

車体のイメージはアメリカ大陸を横断する鉄道。内装は飛行機のファーストクラスを連想させるように作られたのだとか。

とにかく全部お金かけて最高級にしてみましたー!って感じです。とにかく全部高級にしよう!となると作る側も気合いが入りそうです(笑)

このCMの音楽は未だに覚えています。まさかこの曲がかかってるのがエルグランドのCMだったとは。

参考:エルグランド-日産公式HP

e51

コンセプトは、「夢」と「くつろぎ」と「感動」を提供できる最高級ミニバン。

今までのエルグランドに加えて、走っている時も最高級の車でありたいという願いを込めて作られたそうです。

  • 誰が見てもエルグランドと分かる見た目
  • 飛行機のファーストクラスに乗っているかのような車内空間

などなど、お金持ちをとことんもてなすぜという想いが全開に込められています。1997年から最上級ミニバンで販売台数トップを走り続けてきた王者のプライドを感じます。

高級!上質!ファーストクラス!と並ぶと嫌味に感じることもありますが、ここまで全面に出されると逆に気持ちが良いですよね。とことんやったれエルグランド!と感じてしまいます。

エルグランドに携わった人も、今の私と同じ気持ちだったのかもしれませんね。

画質が粗い感じが、時代を感じさせますよね。「ドライビングファーストクラス」って何となく聞いたことあるような気がするのは私だけじゃないはず。

意識していなかっただけで、結構エルグランドのCMを見ていたのかもしれません。

参考:エルグランド-日産公式HP

e52

コンセプトはキングオブミニバン。もう自分で王様を名乗ってしまいました。

が、サイズも外観も内装も何もかも王様級です。妥協を一切せず、どこを取っても最・高・級を目指したのでしょう。

カタログ上では、キングオブミニバンの言葉があちこちで踊っています。ここまで来るとネタにすら感じますが、カルロス・ゴーンは至って本気だったと思います。

CMでは、何もかもがキングだ、と言っています。何もかも、何もかも!です。清々しいくらい王様をプッシュしてきます。

これだけキングキング言われたら、エルグランドファンはどんなものが販売されるか気になりますよね。実際、e52は販売前から相当話題になっていたようです。

これはエルグランドファンじゃなくても、どんだけキングなんだと気になるところです。しっかり広報できている辺り、お見事です。

参考:エルグランド-日産公式HP

外観

e50

引用:エルグランドe50-日産公式HP

今売られているエルグランドからは想像もできません。デビューした時は2色使いだったんですね。

今売られているエルグランドと比較すると野暮ったく感じてしまいます。ですが、当時は車ファンが度肝を抜くデザインだったのでしょう。

もし乗るなら、私は黒を選びます。黒の方が幾分スタイリッシュな感じがしますからね。

e51

引用:エルグランドe51-日産公式HP

e50に比べると窓の大きさが大きくなりましたね。シュッとして垢抜けたようにも感じます。

前の金属部分が大きくなって迫力が増したように感じます。やはりミニバンのデザインは顔に左右されるのでしょう。

でも、ぱっと見あまり豪華な感じはしません。シルバーの色味のせいでしょうか。源十郎が今のエルグランドが好き過ぎてそう感じるだけなのでしょうか(笑)

後ろのデザインはe50の方が好みです。

e52

引用:エルグランドe52-日産公式HP

やってきました、源十郎が愛する現行のエルグランドです。e50、e51に比べて、車体全体が滑らかになったような気がします。

白色は、e50と比べるとものすごく垢抜けた感じがします。白と言ってもデザインに合う合わないがあるのかもしれませんね。

e50は若者にダサい!と言われてしまうかもしれませんが、e52なら、誰にもダサいとは言わないでしょう。迫力も桁違いですから。

顔の金属の部分もe52が一番格好良く見えます。高級感や迫力は顔の金属部分で決まるんですね、やっぱり。

外観で個人的にお勧めなのは、ヴェルファイアです。その格好良さをぎゅっと記事にしてみました。

新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!変更点は?【2018】

2018.04.28

トヨタヴェルファイアカラー一覧!新型人気色はやっぱりアレ!

2018.04.25

内装

e50

引用:エルグランドe50-日産公式HP

さぁ、快適空間の比較でございます。外観からは想像できないほど高級感漂う車内ですね。

初代エルグランドは、外観よりも車内空間に気合いを入れて作ったのかもしれません。シートの高級感半端ないです。

当時の飛行機のファーストクラスってこんな感じだったのでしょうか。運転席まわりは、時代を感じますね。

トレンディードラマのような色使いです(笑)天井はガラス張りになっている部分もあり、一部は電動で開いたようです。

開放感を感じるには最高の装備ですよね。天気が良い日はめいっぱい開けてドライブしたら最高だったでしょう。

うちの子供たちなら、雨の日も天井を開けて「雨が降ってるけど濡れないよ!」なんて言いそうです。

e51

引用:エルグランドe51-日産公式HP

e50に比べて、さらに高級感がアップしたように感じます。2列目と3列目のシートなんて足を伸ばしてゆったり座れそうです。

長く車に乗っていると窮屈さを感じて、無理矢理足を伸ばすスペースを探すこともありますよね。でも、これなら体勢を変えずに足をめいっぱい伸ばせそうです。

モデルによっては、電源コンセントや電動カーテンがついていたようです。カーテンくらい手でしめるよ!と突っ込みを入れたくなりますが、それでは高級感は感じられないのでしょう。

動くファーストクラスは、人力なんてものは使わせないのかもしれません。

e52

引用:エルグランドe52-日産公式HP

画像のシートはオフホワイトですが、シート地は色々なパターンを取り入れることができたようです。乗る人のセンスが発揮できそうですね。

ハンドルや内装の至るところに木目調のパーツを使っているのがe52の特徴らしいです。木目調が入ると高級感増しますよね。高級ホテルのロビーでも木目調はよく見かけます。

それにマッサージチェアのような足置きを採用しているようです。この機能、車に載っけるのは世界初らしいです。

正直、あってもなくても良い機能ではありますが、こう言った所で他の車との差別化をはかったのでしょう。

やらなくても良いことをやるのが贅沢だ」とお友達のお金持ちが言っていました。なくても良いけど、色んな機能つけちゃうところがエルグランドの贅沢なのかもしれませんね。

快適装備

e50

引用:エルグランドe50-日産公式HP

今のミニバンについている便利機能がすでに初代から搭載されているんです。私が小学生時代に乗っていた車からは想像もできないものばかりで本当にエルグランドってすごいなと思います。

外に駐車しても車内が熱くならないようなガラスを採用したり、電動カーテンがついていたり。当時エルグランドに乗っていた人は感動しっぱなしだったのではないでしょうか。

電動って壊れやすいイメージがあるので、エルグランドの維持って相当な額いっちゃってたんでしょうね。そんなもの気にしない人たちをターゲットにしていたのがよくわかります。

e51

引用:エルグランドe51-日産公式HP

e51は運転しても乗っても開放感たっぷりだと評価されています。出ました、サンルーフでございます。

運転席の窓も相当広いみたいですし、天井にも窓がついているなら開放感しか感じませんよね。このエルグランドで6月の北海道をドライブしてみたいです。めっちゃ気持ち良さそうですね。

カーナビもハイテク機能のオンパレードです。今でこそカーナビは当たり前の存在ですが、当時は未来を感じさせる機能だったのではないでしょうか。

携帯電話と接続して今自分がどこにいるか連絡できる機能もあったようです。駅で待ち合わせをする時に使えそうですよね。

にしても携帯電話の絵が懐かしのパカパカに震えました(笑)子供たちに携帯電話だよってこの絵を見せましたが、意味分からんと言う感じでポカンとしていました。

スマホ世代からすると、こんな携帯電話があったことすら知りませんよね。携帯の進化にも驚きです。

e52

引用:エルグランドe52-日産公式HP

画像が見にくくて申し訳ないです。が、色々な装備がついているのがお分かり頂けるかと思います。

このe52、世界で初めて車に搭載された機能が2つもあるんです。1つ目は先ほどご紹介した足置き。

2つ目は、ミニシアターをイメージして取り付けられた大型モニターです。音響が聞こえるようにシートの並びも工夫されているんだとか。

ここまで来ると動く映画館ですね。映画を見て楽しんでいたら目的地に到着するなんて最高です。

長時間高速道路に乗っていると同じ景色で飽きちゃいそうですから、長時間移動には最高の設備です。それに車中泊する時の新たな楽しみになりそうですね

ちょっと映画を見てから仮眠。なんて贅沢な車中泊でしょう。

エルグランドは、機能を見る限り、運転するより後ろに乗って移動を楽しみたくなる車ですね。後ろに乗っている人が映画を見たりファーストクラスばりのシートでゆったりしている時に運転だなんて損した気分になりそうです。

走行性能

e50

当時、新しく開発されたエンジンを採用しているようです。

新たに開発したV6・3500“VQ35DEガソリンエンジン”を搭載し、走りの革新を図りました。最高出力177kW(240PS)、最大トルク353N・m(36.0kgm)という圧倒的な動力性能を獲得。踏み込むと感じられるシャープなレスポンスと加速感が、爽快なクルージングを演出。いままでには体験したことのない走る愉しみ、駆る歓びを堪能できます。

引用:エルグランド-日産公式HP

正直、源十郎の知識では何を言っているかわかりません(笑)車はデカいし重いけど、それに負けない馬力があるよってことでしょうか。

当時の評価を見てみると、エンジンや走りに問題は感じないと言う意見が多かったです。可も無く不可も無くと言うところでしょうか。

ただ、エルグランドは運転するより乗って楽しい車の部類に入るように感じます。なので、運転好きな方に評価をお願いいたら、もっと走行性能が良い車は他にもあるよ、と言われそうです。

e51

初代から二代目に進化し、走行性能が格段に良くなったと言う評価をちょくちょく見ました。二代目にしてエルグランド黄金期を迎えたのは、走行性能が良くなったからなのかもしれません。

車内空間は完璧、走行性能がイマイチとなると車としてバランスが取れませんよね。乗って楽しい車から運転しても楽しい車に進化を遂げたのはこの時期なのでしょう。

二代目からは、エルグランド専用の車体枠組みを採用しているようです。エンジンをどこに置くか?を考え抜き、重心を低くすることに成功しました。

車体が大きい車あるあるなのですが、車高が高いとちょっとしたことでフラフラするんですよ。頭でっかちな建物がちょっとした風で揺れてしまうのと理屈は同じです。

高速道路で突風が吹いた時や、急カーブを曲がる時、重心が高いと不安定になります。ミニバンはデカいですから、案外些細なことでフラつきを感じやすくなります。

そうすると酔いやすくなったり、安心して乗っていられません。低重心にすることで、フラつきが減るんです。

フラフラする車の中で音響の良い映画なんて見ていたら、あっという間に酔いそうです(笑)でも大丈夫。

低重心のエルグランドなら移動時間の映画も安心して集中できそうです。

e52

e51の走行性能にプラスα足しました、と言う感じです。e51の走行性能をさらに高め、よりエコを意識しているようです。

ECOスイッチなるものがついていて、自動で排気ガスが少なくなるように走りを調整してくれるんだとか。勝手なイメージなのですが、エルグランドはブレない高級路線を突っ走っているミニバンです。

そんな車にECOスイッチがつくなんて時代を反映していますよね。

エルグランドのファンの辛口評価

口コミを見ている限り、エルグランドの評価はe51>e50>e52です。エルグランドファンに言わせると、e51がエルグランド史上最高のモデルだったのかもしれません。

e50、e51とe52はターゲット層が変わったのか?」という厳しい意見もありました。私がエルグランドの担当者だったら涙目になるような意見です。

どうやらe52に期待し過ぎたのか、e52の実物を見て肩透かしを食らった方も多かったようです。そういった意見の中で一番多かったのは「車内が狭くなった」という声。

特に、運転席の見晴らしが悪くなった、3列目が狭くなったと言う意見が多かったです。広さや快適性を売りにしてきたエルグランドからすると致命的ではありますね。

そう言われても、高級ミニバンに変わりはありません。やっぱり高級感良いわ~という声も勿論あります。

にわかエルグランドファンの源十郎から言わせれば、次こそはみんなをあっと驚かせるようなモデルを発表して欲しいですね。どの世代も満足するようなエルグランド待ってます。

参考:エルグランド口コミ-価格.com

まとめ

  • 現在売られているエルグランドは三代目。
  • 初代は1997年~、二代目は2002年~、三代目は2010~売られている。
  • 2019年に四代目が出る噂もある。
  • 初代e50はミニバンの常識を覆すような高級感がある。
  • 二代目e51は従来の高級感に加えて走行性能を格段に上げた。
  • 三代目e52はe51に快適性能とエコを足した感じ。
  • 評価はe51>e50>e52

今まで現行のエルグランドしか知りませんでしたが、このような歴史があるとは驚きです。個人的には初代エルグランドの衝撃が半端じゃなかったですね。

まさか自分が小学生の頃にこんなハイテクで贅沢な車があったなんてびっくりです。タイムマシーンで小学生に戻って試乗したいです。

モデルチェンジを繰り返し、色々な機能を身につけてきたエルグランド。近いうちにさらなる進化を遂げたエルグランドが見れると思うと本当にわくわくします。

エルグランド、これからも目が離せません。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください