エルグランドe52前期と後期の違いは何だ?内装外装を徹底比較

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

新型の噂もちらほら聞かれるようになったエルグランドですが、息の長い車ですよね。初代が発売されたのが1997年。2002年に2代目が登場。そして、2010年現行型の3代目が登場しました。e52と呼ばれているタイプですね。

e52になってからも1度マイナーチェンジをしています。2015年のことです。

そこを境にしてに前期・後期とわかれているのですが、前期・後期って分けられても何が違うんだろうってところがさっぱりわからないんですよ。一体何が、どこが違うのか徹底検証です。

 

スポンサーリンク

違いって何だろう~外装編~

一目見て変わったねって分かるのってやっぱり外見ですよね。多分、妻が新しい下着を買って身に着けていても私には見えません。でも、美容院に行って髪形が変わればすぐ分かります。「あれ、髪切ったの?似合ってるね」が言える夫だと自負しております(笑)

人間でも車でも変化が見えるとしたらまずは外見ってことで、外装から見ていきましょう。

車の顔フロントグリルが大きく堂々となって迫力が増した

〈後期〉

 

引用 日産公式HP

〈前期〉

引用 日産公式HP

何個か車を見比べてきてちょっとだけ分かってきたことがあるんですけど、この車の顔部分って車の個性を出しますよね。どっしり重厚感っていう感じだったり、しゅっとすましたイケメンな感じだったり、スポーティで爽やかって感じだったり。

エルグランドの場合はどうかというと、フロントグリルと呼ばれる金属の部分ですが、前期より後期の方がバンっと大きくなってどっしりした感じに見えます。重厚感が増したというか威風堂々という言葉が似合います。

「エルグランドですけど何か」って言われてるかのような迫力感。啖呵きってるかたせ梨乃さんの顔を思い出してしまうのは私だけですかね。20代くらいの人には分からないかもですね。変な例えでごめんなさい。話をエルグランドに戻しましょう。

前期と後期を見極めやすい1番のポイントになってる部分でもありますね。

ヘッドライトがLEDになりました

〈後期〉

引用 日産公式HP

〈前期〉

引用 日産公式HP

ちょっとだけ形も変わりましたが、ほとんどわからないくらいですね。前期がオーソドックスな感じで後期がちょこっと曲線が入ってるんですけど、通りすがりでみたら気付かない自信があります。

ヘッドランプは明るくて長持ちなLEDになりました。小さな変化ですが家族を乗せて走っているということを考えると視界が良くなって安全なことは助かります。

よく山とかに遊びに行く方は分かってくれるんじゃないかって思うんですけど、山道って街灯が本当に少なくて見ずらいなぁって思ったことないですか。市街地だと、点々と街灯があるので多少ヘッドランプが暗くてもそんなに困るって事はないですよね。

夜の山道は本当に怖い。道路がこの先どうなってるのか分からないくらいです。何か別の世界に引きずり込まれそうな感じすら覚えます。

テレテテッテテー「LEDヘッドランプ~」ってなことですよ。「日産えもんありがとう。」っていうのび太ならぬ源十郎太の気持ちです。

すっごい明るいから、見えにくかった道路がまぁ見えちゃうわけです。

子供も妻も遊び疲れて後部座席で寝ちゃってて、ちょっと寂しく1人で別の世界へ向かってたような不安な気持ちが吹っ飛びます。愛する家族を安全に家まで連れてくぞって気合も入りますね。

新しいカラーが仲間入り

〈後期〉

引用 日産公式HP

目を引く茶色だと思いませんか。インペリアルアンバーという色になります。車ではあまり見かけない色ではありますが普段の持ち物だと渋くて高級感のある色ですよね。コートでも茶色のパリっとしたコートを着てるとぐぐっと高級感が上がりますよね。

若い世代よりはちょっと年上の世代の人の方が似合うかもしれませんね。とはいっても、おっさんくさい茶色っていうわけでもないので、ありきたりの黒じゃなくて、でも高級感も欲しいって考えてる若い世代の人もいそうです。

この車からナイスミドルなおじさまが降りてきたら、うちの妻なんて私を差し置いて目を奪われてしまうんじゃないでしょうか。ちょっとハラハラしちゃいます。

〈前期〉

引用 日産公式HP

AKB48などのグループアイドルでもそうだと思いますが、新しい子が入ってきてもそのまま変わらずに増えていくって事ばかりではなく、卒業していく子もいますよね。

まぁ、アイドルの女の子達はやりきった達成感だったり、新しい夢を追うためだったりするので車と一緒にするのも違うんでしょうけどもね。

エルグランドも前期ではありましたが、後期ではなくなってしまったカラーがあります。それがこのオーロラモーブというカラーです。黒めの紫とでも表現すればいいのでしょうか。

この色も決して似合わないというわけではないと思うんですけどね。ライバルと言われるトヨタの人気ミニバンであるアルファードやヴェルファイアにも紫系の色もありますし、目を引く色だとは個人的には思うんですがね。

 

スポンサーリンク

違いって何だろう~内装編~

変わったよって言われて分かりやすいのは外見ですが、実際使う時には中身が良くなってくれてると嬉しいものです。近所のパン屋さんとかでアンパンが外側にゴマが付きましたっていうだけより、中のあんこもびっちり増量でどこから食べてもあんこですっていう方が嬉しいですもんね。

エルグランドは外装も重厚感をまとい迫力upしましたが、内装はどうなったんでしょうか。順番にどこが変わったのか見ていきましょう。

3列目シートにスライド機能が追加

3列目が動くんです

〈後期〉

引用 日産公式HP 

〈前期〉

引用 日産公式HP

一見するとシートの何が変わったのって思いますね。なんと3列目シートが前後にスライドするようになったんです。動きは写真では見えませんね。

動くのと動かないのって違うのって思う方もいるでしょう。前期の画像で3列目シートのすぐ後ろに窓が見えてますよね。つまり、3列目シートの足元の空間は広さが保たれていますが、後方の空間はあまり広くないということになります。

引用 日産公式HP

それが後期からは240mm動くようになったんです。24cmということになりますが、平均的な女性の足のサイズかちょっと大きいくらいでしょうか。後部座席で足1つ分前に余裕があるというのは、随分開放的な感じがします。

助手席だと足元に窮屈さを感じることは少ないと思うんですが、後部座席だとちょっと前に伸ばすと前のシートにぶつかったりしがちです。3列目シートの配置を奥にすること足元の余裕を生み出しました。

そして、前期では出来なかったスライドするということが足元部分だけでなく、後ろのスペースも広くなるっていう二面性を実現してくれました。

動いてくれるから広くなったんです

引用 日産公式HP

エルグランドに限ったことではないですが、ミニバンってセダンや軽自動車にくらべて乗車人数が多かったり、荷物もたくさん積んだりしますよね。私の周りでもそれが目的で買い替えたっていうこともよく聞きます。

しかし、前期ではスライド機能がなかったので荷室が狭くて物が積めないという不評があったんです。そこを改善したのが後期から導入されたスライド機能なんです。

前期では座席が動くのではなく、3列目シートをたたむことによって荷室の広さを確保できましたが、人も乗るし、荷物も多いという状況では役に立たないという事態になってしまっていました。後期は、スライドするので人がたくさん載っても後ろの荷物のスペースを確保出来るようになったのです。

引用 日産公式HP

また、ラゲッジスペースも床になる面を下げることで高さのある荷物を積めないという問題を解消しました。前期ではゴルフバッグなどは横に積むのが精一杯。後期には縦のまま6個おけます。高さも広さも格段に後期の方が積めるようになったと言えます。

室内高が高くなり見晴らしが良くなりました

引用 日産公式HP

ミニバンって背が高い分、走行中のふらつきが気になるって方多いですよね。ミニバンらしい視界の良さっていうメリット段差だったり、カーブ曲がる時の揺れる感じが気になるってことですね。エルグランドも前型のe51の時そんな評価もちらほら聞こえていました。

ミニバンなのにあんまり揺れを感じないと運転していても乗せられていても安心ですよね。e52は走行中のふらつきをを少なくして心地よく走れるように車の高さを低くしてセダンのような乗り心地を目指しました。

しかし、乗り心地は良くなったものの車の高さが低くなった分、運転席からの見晴らしが悪くなったという声も聞かれるようになりました。

後期は重心は低いままで乗り心地をキープしながら、室内の高さをupし、頭と天井の距離が広くなることで解放感が増しました。また、e51時代の見晴らしの良さに近づいたといえるかもしれません。

スマートルームミラーで後方も安心

引用 日産公式HP

通勤などで1人で運転している時にくらべて、家族や友人を乗せていたり、ちょっと大きな荷物を積んでいたりするとルームミラーで後ろを確認する時、「見えにくいな」って思ったことありませんか。

後期からスマートルームミラーが新しく装備されました。ルームミラーに内蔵された液晶モニター後方を確認できます。通常時のミラーとスイッチ1つで切り替えられるのも便利です。

スマートルームミラーはこんな時に便利
人がたくさん載っている時

  • ゴルフバッグ等の背の高い荷物を積んでいる時
  • 夕方や夜などの外が暗い時間帯
  • トンネルや地下駐車場などの照明が暗い環境

見えにくいなって思いながら駐車や車線変更をするのってストレスたまりますよね。それが、この液晶モニターをつけることで解消されるならば、安い買い物かもしれません。

全車についているわけではなく、メーカーオプションになっているのでつけたいなって思っても注意してくださいね。

新デザインメーターが近未来感満載

〈後期〉

引用 日産公式HP

〈前期〉

 

引用 日産公式HP

スピードメーターって運転するたびに目にするはずなのに意外と気にしたことないなっていう人も多いと思います。大きくて見やすいことは長時間運転しても疲れにくいですね。

そんなスピードメーターのパネルが後期モデルから新しくなったんです。

引用 日産公式HP

アドバンスドドライブアシストディスプレイ採用の新デザインメーター
見やすくするために5インチのカラー液晶を採用。

ブルーリング照明が目を引きます。

様々な機能(エンジン回転計やエコドライブのレポート、警告など)の作動状態を表示したり、設定したりできる。

目を引くメーターパネルですよね。一目で気になっちゃいました。なんか、捜査系の海外ドラマの作戦室に迷い込んだ気持ちにさせてくれます。近未来感バリバリです。

5インチの液晶って大きくて見やすいですね。iPhone8が4.7インチ。iPhone8Plusが5.5インチ。ちょうど真ん中くらいの大きさです。メーターパネルの前に自分のiPhoneやスマホを置いてシュミレーションしてみるのもありですね。

こちらの記事ではエルグランドの室内を詳しく書いています。ライバル車と言われるアルファードやヴェルファイアと比較でみれるので参考になりますよ。

新型エルグランドのサイズは?室内をライバル車種と徹底比較!

2018.05.06

 

e52に対しての評価や口コミから感じたこと

前期と後期の違いを調べていく中で、ふとなんでマイナーチェンジしたのかなっていう疑問が湧いてきました。もちろん車ですから、周期的な変化をっていうセオリーみたいなものもあるのかもしれません。

違いを調べている時によく見かけた評価や口コミがあったんですが、それらをまとめると次のようになります。

e52前期型が登場してからの評価
  • エルグランドらしさ、迫力がなくなった
  • 荷物が積めない
  • 乗り心地は良くなった

エルグランドは初代から乗り継いでいるというくらいのファンがいます。初代からのファンにとっては、セダンのような乗り心地より遠くから見てもエルグランドだってわかるような姿、大きさだったり、運転する時の見晴らしの良さを重視していた人も多いように感じます。

こちらの記事でエルグランドの初代からの歴史を詳しく書いていますので参考にしてみて下さい。エルグランドファンの方もあまり興味がない方も参考になると思います。

エルグランドe50,e51,e52を徹底比較!知られざる歴史を大公開

2018.05.01

そんなエルグランドの魅力にハマっていた人にしてみれば、e52への変化は有り難いとは言えなかったのかもしれません。

そこで、後期では最新の技術や乗り心地を追求しつつも、エルグランドらしさを取り戻すような改良が行われたのではないでしょうか。

そして、エルグランドは近いうちにさらにモデルチェンジをするのではと噂もありますね。どんなふうに変わるのか、予想してみました。

日産エルグランド新型モデルチェンジで燃費&内装&サイズは?発売日は2019?

2018.04.19

 

まとめ

  • エルグランドe52は2010年にフルモデルチェンジ(前期型)、2015年にマイナーチェンジ(後期型)した。
  • 外装は顔の部分フロントグリルが大きくなり迫力up
  • フロントランプがLEDに変更になり、夜道も明るく安心になった。
  • 後期だけのボディカラーの新規加入と前期のオーロラモーブの卒業。
  • 内装は3列目シートのスライド機能が搭載され、荷室も広くなった。
  • 室内高を高くすることで、空間が広くなり、見晴らしも良くなった
  • スマートルームミラーで後方確認がスムーズになる。
  • 新デザインメーターで近未来気分を味わいつつ安全性能も高まった。
  • 前期での改良の良さを生かしつつ後期でエルグランドらしさを取り戻した

現行車のe52ですが、エルグランドの中でも黄金期と呼ばれるe51と比較すると評判は良くない部分もあります。しかし、低重心で走行が安定していることなど独自の良さも追求していると言えます。

また、後期でマイナーチェンジしてからは、前期で不評だった”損なわれたエルグランド感”も取り戻し、昔からのファンの人たちの心も取り戻しつつあるのではないでしょうか。新型エルグランドも楽しみになってきますね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください