エスティマの燃費の評価。高速道路での実燃費や走り方のコツ

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

結婚したり子どもができたり…家族が増えると必然的に大勢で乗れるミニバンタイプになっていく事が多いですよね。

そんなミニバンの中でも他には類を見ない卵形のデザインで、発売以来28年もの永きに渡って人気を維持し続けている車があります。みなさん、もうお分かりでしょうか?そうです、トヨタ エスティマです。

ミニバンとしてはすっかり定番車種のエスティマですが、実際のところ、その燃費はどうなんでしょう。それを検証すると共に、知ってそうで知らない?!エスティマの真実に迫りたいと思います!

 

スポンサードリンク

そもそもハイブリッド車って?

エスティマにはガソリン車とハイブリッド車の2種類があります。ガソリン車とハイブリッド車では燃費に違いが出てきますので、それは次の項目でご紹介しますが、「そもそもハイブリッド車ってなんだろう?でも今更聞けない」って方もいらっしゃると思うので、まずは簡単にご説明します。

ハイブリッド車とは?
2つ以上の動力源を持つ自動車のこと。一般的にはエンジンとモーターの両方を備えたものが多い。
さくら(妻)
う〜ん、なんかイマイチわからないわ。

ハイブリッド車って燃費が良いって聞くけど、それはどうしてなの?

営業マン
それにはまず、車が走る仕組みが関係してるんです。

車を動かすための、言わば大黒柱がエンジンです。車はエンジン内でガソリンを燃焼させる事によって動力を得ます。従来のガソリン車は、そのエネルギーの全てをガソリンによって賄ってきました。

しかし近年、別の原動力を持つ車も誕生しています。

電気自動車

引用先:トヨタ公式HP

ガソリン車に対して電気自動車というものもあります。こちらはモーターのみを搭載し、電気を充電する事によって動力を得ます。特徴として、加速性に優れ、静粛性も良いですが、駆動用のバッテリーのコストが高いこともあり、車両価格が高くなる場合があります。

ハイブリッド車

引用先:トヨタ公式HP

ハイブリッド車の場合は、減速時などの余ったエネルギーを一旦電気バッテリーに貯蓄し、それをモーターに供給する事でも動力を得ることができます。つまり、その分エンジンの使用を抑えることが出来るので、低燃費に繋がるのです。

源十郎
つまり、ガソリン車と電気自動車のいいとこ取りがハイブリッド車ってわけだね!(ドヤ顔)
さくら(妻)
いきなり出てきてドヤ顔で締めて、パパの方がいいとこ取りしてるじゃない。

実際に走行中のハイブリッドカーについて説明してくれている動画がありましたので、こちらもどうぞ。

エスティマとエスティマ ハイブリッドの価格や維持費ってどうなの?と思ったら

エスティマハイブリッド燃費や価格を比較!新型情報も徹底調査

 

エスティマとエスティマ ハイブリッド  それぞれの燃費は?

まず始めに結論を申し上げますと、エスティマの燃費はぶっちゃけそこまで良くないです。燃費だけを重視して車を選ぶなら、正直おススメはできかねます・・・

でもそれですんなり納得される方は、おそらくここには辿り着いていないと思うので、エスティマとエスティマ ハイブリッドに分けて詳しく説明していきますね。

エスティマ(ガソリン車)

カタログ燃費

11.4km/l

参考URL:トヨタ公式HP

実燃費

平均燃費:9.17km/l

参考URL:みんカラ

更に口コミを参考に街乗り、高速走行時とそれぞれに検証してみると、

街乗り:7km/l〜12km/l

高速走行時:11km/l~16km/l

参考URL:みんカラ

車の重量(オプション装備の有無や積載重量・乗車人数など)、2WDか4WDかなどによっても燃費は変わってきますが、街乗りで多かったのは7km/l~9km/lという意見で平均して10km/lを超えることは少なそうです。

けれど、高速走行時にはなかなか頑張っていますね。むしろカタログ燃費も超えちゃってます。これにはユーザーも満足できるのではないでしょうか。

エスティマ ハイブリッド

カタログ燃費

18.0km/l

実燃費

平均燃費:12.61km/l

参考URL:みんカラ

口コミをもとに街乗り、高速走行時別に見てみます。

街乗り:10km/l~14km/l

高速走行時:16km/l~17km/l

参考URL:みんカラ

街乗り、高速走行時ともに二桁の大台に乗ってますね!しかし、エアコンを使う夏場や冬季は結構燃費が下がるという意見が多く見られました。

ところで、カタログ燃費ってなんだろうと思ったことはありませんか?どの車種を見てもカタログ燃費よりも実燃費の方が劣ることがほとんどです。それもそのはず!その秘密はカタログ燃費の計測の仕方にありました。

現在のカタログ燃費はほとんどがJC08モードという基準で測られています。これ、実際に道を走らせるわけではなく、屋内で機械の上に乗せてタイヤを回して計測します。その際、エアコンはOFF、ハンドル操作は一切無しです。その他細かい基準なども色々あるんですが、実際にこんな状況で車を運転することなんてあり得ませんよね。

それに加え、走る道の状態、その日の天候なども車の燃費に影響してきます。そういう理由で、カタログ燃費と実燃費には差が生まれるのです。

さて、ここまで数字的にエスティマの燃費を見てきました。燃費の良さで言うなら、同じトヨタのプリウスが有名どころ。こちらはカタログ燃費でいうと、なんと40.8km/lkm/l!!私の住む大阪から神戸まで150円弱で行けてしまいます。

さくら(妻)
なんだか、二桁の大台って喜んでたのが虚しくなってくるわ・・・
源十郎
ちょっと待って、さくらさん!大事なことを忘れてるよ。エスティマはミニバンなんだ!
さくら(妻)
パパったら何を今更・・・そんなこと私だってわかってるわよ。
源十郎
僕が言いたいのはつまり、セダンタイプのプリウスとミニバンタイプのエスティマでは、購入者が求めているものが違うと思うんだ。例えばウチみたいに5人家族だとセダンには乗り切れないからミニバンがいいってなるだろ?
さくら(妻)
それもそうね!それなら他のミニバンと比べるとエスティマの燃費はどうなのかしら?

エスティマとよくライバル視されるのがホンダのオッデセイです。燃費を見てみると・・・

カタログ燃費

オデッセイ:12.6km/l~13.6km/l

参考URL:ホンダ公式HP

オデッセイ ハイブリッド:24.4km/l~26.0km/l

参考URL:ホンダ公式HP

平均燃費

オデッセイ:9.39km/l

参考URL:みんカラ

オデッセイ ハイブリッド:15.66km/l

参考URL:みんカラ

比較してみると、カタログ燃費、平均燃費ともにオデッセイの方が勝っています。

さくら(妻)
それならオデッセイの方がいいのかしら・・・
営業マン
待ってください!確かに燃費では負けますが、エスティマに実際に乗ってるユーザーさんの満足度はなかなか高いんですよ!燃費以外の部分にもエスティマの魅力が沢山あるんです。それにエスティマはミニバン界のパイオニアなんです!
さくら(妻)
やたらエスティマの肩を持つけど・・・さてはあなた!エスティマの回し者ね!
営業マン
回し者も何も・・・私の仕事はエスティマの良さを皆様に知って頂くことなので・・・(汗)
源十郎
さくらさん、変なドラマの見過ぎだよ・・・

燃費以外のエスティマの魅力、それにミニバン界のパイオニアってどういうことでしょう?ほら、あなたもだんだん気になってきましたね。次の項目でご説明します!

 

スポンサードリンク

エスティマは”初”がいっぱい

上の項目ではオデッセイとの燃費を比較しましたが、実は同じトヨタのミニバンの中でも、エスティマの燃費だけを見るとそんなに良い方ではないんです。けれど、実は今の他のミニバンがあるのはエスティマのおかげと言っても過言ではないんです。

トヨタ ミニバン界の最年長

エスティマの登場は1990年。なんと今から28年も前です。もうすぐ引退される安室奈美恵さんがデビュー26年らしいので、それよりも前にエスティマの方がデビューしてたんですね。

今生産されているトヨタのミニバンモデルの中で次に登場したのが2001年のノアとヴォクシーなので、エスティマはダントツで最年長。そして今尚現役です。更には現行モデルの期間の長さで言ってもエスティマはダントツ。2006年のフルモデルチェンジから現在までマイナーチェンジに留めています。

つまりは、12年前にすでに今の姿をほぼ完成させていたんです。当時での18km/lの燃費(エスティマ ハイブリッド カタログ燃費)というのは、同排気量クラスでは世界トップレベルでした。

ミニバンで初のハイブリッド

エスティマ ハイブリッドが登場したのは2001年。トヨタではプリウスに次いで2番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッド車でした。この際搭載されたエンジンではなくモーターのみで後輪を駆動させる電気式4WDシステム(E-Four)も世界初のシステムでした。このE-Fourは更なる進化を遂げつつ、現在のハイブリッド車にも搭載されています。

参考URL:トヨタ公式HP

世界初の2wayコンプレッサー

車のエアコン内部にはコンプレッサーという機械があります。そもそも冷房は液体が蒸発する時に熱を奪う気化熱によって冷たい空気を作り出していますが、それには空気を圧縮する必要があります。その為に必要な機械がコンプレッサーです。

従来、このコンプレッサーはエンジン出力によってのみ動かしていましたが、エンジンの停止時にはコンプレッサーに内蔵されたモーターによって駆動させる世界初の「2wayコンプレッサー」がエスティマ ハイブリッドに採用され、エアコン使用時の燃費の向上に成功しました。

ツートーンカラー

2016年のマイナーチェンジにおいて、ミニバンとしては初めて、ブラックルーフと組み合わせたツートーン仕様が登場しました。確かにミニバンのツートーンカラーというのはなかなか見ないですし、新鮮ですね。

360度全方位UVカットガラス

こちらも2016年のマイナーチェンジにおいて、リアドア・リアクウォーター・バックドアに99%の紫外線をカットするUV]カットガラスが採用され、既に採用されていたフロントガラス・ウインドシールドガラスと合わせ、トヨタ車で初となる360度全方位のUVカットガラスが実現しました。

初めてとはいかないまでも、エスティマには他にも多彩な装備があります。詳しくはこちら

こうして見ると、若造には負けないエスティマの貫録が見えてきませんか?しかもベテランとは言え、それに驕ることなく改良を重ねた結果が今のエスティマです。エスティマがパイオニアとしてミニバン界を引っ張ってきたからこそ、他のミニバン達も負けじと実力を磨いてこれたんですね。

とは言え、最後のフルモデルチェンジは2006年。12年も経つと周りの若造たちもメキメキと腕を上げ、更にはフルモデルチェンジによってより一層性能を高めています。

源十郎
このままエスティマは時代遅れになってしまうんだろうか・・・

そんな事はありません!実は2019年、満を持してエスティマのフルモデルチェンジが行われます!!それにより、燃費についても大幅な向上が期待される所です。更に詳しく知りたいという方はこちら

 

エスティマの燃費をよくする走り方のコツは?

燃費だけが車の全てではないけれど・・・それでもやっぱり、燃費が良いに越したことはない!とは誰しもが思うところ。そこで、どんなふうに走れば少しでも燃費を良くすることができるのか、走り方のコツをご紹介したいと思います。

発進はゆっくり

発進時にアクセルをいきなり踏み込むと一気にエンジンの回転数が上がります。そうすると、その分大きなエネルギーを必要とするので余計にガソリンを燃焼させることになり、燃費の悪化に繋がります。

AT車なら、ギアを[P][N]以外に入れるとアクセルを踏まなくても自然と車が動き出すクリープ現象を上手に利用しながら、ゆっくりと加速するようにすると良いでしょう。

一定のスピードを保つ

車が走り出して一定のスピードを保つようになると、エンジンの回転数も安定し燃費が向上します。逆に、前の車に近づきすぎたからと減速し、すぐまたアクセルを踏んで加速するというような運転の仕方は、回転数がその都度変わるため、もっとも燃費を悪くします。

そもそもそんな運転の仕方は危ないですよね。前方を見ながら、適正な車間距離を保ちましょう。

エンジンブレーキを活用する

アクセルを離すと、エンジンへ送られるガソリンがカットされます。そのため減速時に早めにアクセルから足を離し、エンジンブレーキを活用するようにすると無駄な燃料消費を避けることができます。

無駄なアイドリングは控える

車の停止中にもエンジンを掛けたままだと、その分エンジンへのガソリン供給は行われ、燃料は消費されます。無駄なアイドリングを控えることでガソリンの無駄遣いが減り、燃費の良さへ繋がります。

エアコンの使用は控え目に

エアコンのコンプレッサーを駆動させるにはエンジンの動力が不可欠です。そのため、エアコンを過剰に使用すると、燃費にも影響します。ご家庭のエアコンでも設定温度を変えるだけで節電になりますよね。車のエアコンも同じで、適切な設定温度にして、必要ないときにはスイッチオフにすると燃費が良くなります。

源十郎
燃費を良くすれば無駄なガソリンを減らせる分、節約にもなるし、CO2も減らせて環境にも良いね
さくら(妻)
人にも環境にもやさしい走り方が燃費をよくするコツね。

それぞれの車によって燃費の違いがあるのは当然ですが、走り方を変えてみるだけでもグッと燃費が上がるかもしれません。また走り方以外にもいくつか燃費を向上させるコツがあるので簡単にご紹介しますね。

  • 低燃費タイヤにする
  • タイヤの空気圧を一定に保つ
  • 余計な荷物は下ろす
  • 満タンにせずにこまめに給油する
  • エンジンオイル、オイルフィルターを定期的に交換する

これらについて詳しくはこちらにまとめています。  

あなたの車の燃費はどのくらい?燃費向上のおすすめ方法4選!

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ハイブリッド車とはガソリン車と電気自動車のいいとこ取り
  • エスティマの燃費は、街乗りで7km/l~12km/l、高速走行時で11km/l~16km/l
  • エスティマ ハイブリッドの燃費は、街乗りで10km/l~14km/l、高速走行時で16km/l~17km/l
  • ミニバンの進化はエスティマがパイオニアとして牽引してきたからこそ
  • 燃費はあまり良い方ではないが、2019年のフルモデルチェンジで燃費の向上も期待できる
  • 燃費向上の走り方のコツは、急発進・急ブレーキをしないこと、アイドリングストップを心がけること、エアコンは控え目に使用すること

今回のテーマは燃費。それだけに焦点を合わせると物足りない気もするエスティマですが、「天才たまご」のキャッチコピーの下発売され今年で28年。来年には更なる進化を控え、まだまだミニバン界の重鎮としての座を譲る気はなさそうです。今以上の燃費の向上とエスティマの止まらない飛躍に期待したいと思います。

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください