フォレスターの意味とは?歴史と由来を調査

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

皆さんの名前にはどんな意味が込められているんでしょうか?この世界にはたくさんのモノがあって、それにはみんな名前が付いていますよね。

名前というのはこうなって欲しいと願いが込められて付けられるものなんです。もちろん車にもそれぞれ名前があり、こんな車になってほしいと願いを込めてメーカーが付けているはずです。

ということで、今回はスバルのフォレスターについて調査していきます。名前に込められた意味とこれまでの歴史、そしてスバルの歩みについても調べていきたいと思います。

引用:スバル公式

スポンサードリンク

フォレスターの名前の由来は?

1995年11月の東京モーターショーにコンセプトカー「スバル・ストリーガ」として出展したのが、フォレスターが世にお披露目された日でした。

本来は「ストリーガ」として販売予定でしたが、語源の一つの「Strega」がスペイン語で「魔女」という意味をもつため、欧州では魔女という言葉がもつイメージが魔女狩りなど黒歴史を想像させることから、これとは全然無関係な「フォレスター」に変更されました。

FORESTERは、「森に住む人」「森に住む動物」の他、「森を育む人」の意を持つ英語。自然環境と調和し、自然を愛する新しい時代のライフスタイルを演出するクルマとしての提案の意味を込めています。 

引用:スバル公式

源十郎
名前つけるのに諸外国の事情にも気配りして付けないといけないんだなぁ~
さくら(妻)
ほんとね。でもストリーガよりフォレスターの方がゆったりした感じで私は好きだわ。

フォレスターの歴史

フォレスターはプラットフォームをインプレッサと共有し、モノコック構造(車体・機体の骨組み(フレーム)の代わりに、外板に必要最小限の加工を施して強度剛性を持たせる設計のこと)を持つ事から、クロスオーバーSUV(SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)と呼ばれる自動車のうち、トラックやクロスカントリー車にも採用されるフレーム構造ではなく、セダンやクーペと同様にモノコック(ユニボディ)構造である車を指す)であり、かつてインプレッサの特別仕様車として生産・販売された「インプレッサ グラベルEX」の実質的な後継車種でもあります。

初代 SF系(1997年 – 2002年)

引用:スバル公式

1995年11月に東京モーターショーにコンセプトカー「スバル・ストリーガ」として出展しました。

1997年2月にはストリーガ改め「フォレスター」と名前を改名して発売しました。

発売時は「C/tb」「S/tb」「T/tb」の3グレードが設定され、エンジンは2.0Lターボ(250ps/31.2kgm)のみでした。

前席にスバル初のSRSサイドエアバッグを採用しました。

1997年7月にはNA車「C/20」を追加し2.0Lで最高出力は135psです。

自然吸気MT車には、トランスファーに低速副変速機を付け「デュアルレンジ」が備わっています。

トランスファーに低速副変速機があるクロスオーバーSUVは数少ない車種のうちの一つです。

2000年までに一部改良を繰り返し、グレード体系を整理し、「C/20」、「S/20」、「S/tb」、「T/25」の4グレードにしました。

その後も、2代目発売までの間フォレスターは進化し続けます。

2代目 SG系(2002年 – 2007年)

引用:スバル公式

2 代目の開発重点テーマは、動的な基本性能の向上、世界トップクラスの総合安全性能の達成、使いやすさと快適性の追求、力強く洗練されたデザインの実現という 4 項目をあげ開発されました。

2002 年 2 月に市場投入された。欧米の各種衝突安全試験において高い評価を獲得するなど、スバルの安全性を重視したクルマ作りの思想の認知に貢献し、海外市場においても人気は高いです。

この時期に発売から約9年3か月で累計生産台数が100万台を突破しました。

日本、海外においてフォレスターの人気が高いのがうかがわれます。

3代目 SH系(2007年 – 2012年)

引用;スバル公式

先代よりも車高が高くなり、よりクロスオーバーSUVらしくなり、ボディーサイズは、2代目の後席の居住性に関するユーザーからの要望を酌む目的もあって若干拡大しながらも、リアオーバーハングを抑え込んでいます。

リアサスのダブルウィッシュボーン化により初代・二代目と続いた変則リクライニングから、一般的なバックレスト可倒型リクライニングが採用でき、実質の居住感は大幅に向上しました。また、この代からサイドアンダーミラーが全グレード標準装備となりました。

先代までのキャビンの薄いステーションワゴンとSUVのクロスオーバー的なスタイルから純粋なクロスオーバーSUVへの転身は、主マーケットである北米では高評価を受けましたが、これまでのスタイルを良しとしていた日本の旧型オーナーにとっては、肥大化・重重量化と受け止められ、否定的な意見も見られます。

しかし、見た目とは違い重量増加は最小限に抑えられ、SG型の最終型「CROSS SPORTS(MT)」とSH型の初期型「XT(MT)」ではその差は20kgとなっています。(1,440kg→1,460kg)また、ミラーtoミラーの間隔は先代より1cm狭められており、最小旋回半径の小径化(5.4m→5.3m)とともに、取り回し性は同等レベルを確保しています。

車体自体は大きくなっても、重量や操作感には従来と遜色なしというところでしょうか。スバルの技術力の賜物ですね。

4代目 SJ系(2012年 – 2018年)

引用:スバル公式

1997年発売の初代モデルから数えて、4代目の新型モデルはスバル独創のシンメトリカルAWDを搭載したSUVです。

新型フォレスターは、「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指し、「走る」「曲がる」「止まる」といったクルマの基本的な運動性能、安全性能、環境性能による「安心」の価値、SUVならではの道具としての使う愉しさと、ストレスなく自由な移動を可能にする走る愉しさを大幅に向上させ、スバルのブランドステートメント“Confidence in Motion”で掲げる「安心と愉しさ」を世界中に提供するべく、グローバル戦略車として開発されました。

安全性能も強化し、これまで非装備だった運転支援システム「EyeSight(Ver.2)」を標準装備したグレードを設定しました。これにより、レガシィ、インプレッサ、エクシーガとあわせて、スバルが現在日本国内で販売されている主要車種すべてに「EyeSight」を標準装備したグレードが設定されたことになります。

毎回のフルモデルチェンジでフォレスターは進化しつつも、今回は「走る」「曲がる」「止まる」といった基本に返りより一層そのことを体感できる傑作を生みだしたのではないでしょうか。

引用:スバル公式

5代目 SK系(2018年 – )

引用:スバル公式

1995年に「ストリーガ」として世にお披露目してから、1997年ストリーガ改め「フォレスター」として販売されて2018年で5代目となりました。

5代目のフォレスターのボディサイズはやや大型化されています。
全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm(ルーフレール装着車は1730mm)。

グレードはスタンダードouring」、上級グレードの「Premium」、アクティブな「X-BREAK」、そしてハイブリッドモデルの「Advance」の4グレードになります。
Advance以外の3グレードは2.5リッターNAのFB25型直噴エンジンが搭載されています。

そして、フォレスター史上初のハイブリッドモデルとなるAdvanceには、2リッターNAのFB20型直噴エンジンにモーターを組み合わせたもの、e-BOXERというネーミングから、日産の電動車e-POWERのような印象を受けますが、モーター駆動ではありません。

燃費性能もJC08モードではハイブリッドモデルが勝りますが、WLTCの市街地モードや高速道路モードでは2.5リッターNAモデルが逆転するので、使い方によって選ぶのがよさそうですね。

残念なことに、ターボモデルやMTモデルはないです。
これからの改良に期待していきたいですね。

引用:SUBARU公式

フォレスターの世界をもっともっと覗いてみてください。

フォレスターの全長サイズは?寸法&車幅の大きさも全部解説

2018.09.05

フォレスターのおすすめ人気グレード!ファミリーカー目線で調査!

2018.08.08

スポンサードリンク

まとめ

  • スバルの前身中島飛行機製作所は戦前戦中戦闘機の作っていた会社でした。
  • 自動車産業に参入してから、スバルは飛行機を作っていた技術を生かし、車にその技術を取り入れてきました。
  • スバルは富士重工業のブランド名でありスバルという会社名ではありませんでした。
  • フォレスターは元々東京モーターショーでは「スバル・ストリーガー」という名前で販売する予定でした。
  • 改名した理由は「ストリーガー」という言葉が、スペイン語の「魔女」を表す意味を持つので、欧州では印象が悪いため「フォレスター」に変更され ました。
  • フォレスターはインプレッサの特別仕様車の後継車種です。
  • 現在5代目フォレスターが誕生しました。

これまでも、進化し続けてきたスバル車、5代目フォレスターの進化も要チェックですね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。フォレスターについての情報、まだまだありますよ。ご一緒にどうぞ。

フォレスターの乗り心地は実際どうなのか徹底的に調査した結果

2018.09.23

フォレスターの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

2018.08.29

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください