新型ホンダフリードの気になる評判は?オプションも要チェック

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ホンダのフリードはミニバンでいつも上位にランクインしている自動車。今回は、そんな人気のフリードの評判とおすすめオプションをご紹介します。

フリードは多くの人たちに選ばれるミニバンですが、ユーザーの口コミを見てみると意外にも悪い評判もあるようです。特にオプションはあれもこれもと思っていたら高くなってしまった、なんてことにならないよう厳選する必要があります。

フリードを購入するかお悩みのあなた、ここでオプション選びまでスッキリ解消しちゃいましょう。

 

 

スポンサードリンク

ママにも安心!新型フリード

引用:ホンダフリード公式HP

フリードは手頃な価格で機能が充実、多彩なシートアレンジで荷物が楽々積みやすく、運転しやすく快適な車です。

2016年にフリードは新型にモデルチェンジして、ますます嬉しい機能が搭載されています。2017年にはModulo X(モデューロ エックス)というかっちょいいデザインのフリードも販売され、人気は冷めやらぬまま。

私の家族のように、小さな子供がいる家庭にとって、お母さんにも扱いやすい便利な車だと思います。豊富なオプションはより快適に過ごせる優れものばかり。自分らしい1台を創造できるのです。

こちらはライバル車シエンタとの比較記事です。新型フリードの魅力がたっぷりと紹介されています。詳しくはこちらをご覧ください。

シエンタvsフリード違いを徹底比較!差がよくわかる8番勝負!

2018.04.23

フリードが来年の2019年に新型へとマイナーチェンジするかもしれません。気になる方はこちらの記事をご覧ください。

2019年ホンダ新型フリードが遂にマイナーチェンジ!変更点は?

その前の2016年にはフリードがフルモデルチェンジしていたんです。気になる方はこちらの記事をご覧ください。

2016年に新型フリードがフルモデルチェンジした全内容徹底調査

 新型フリードみんなの評判をチェック!

さて、実際に乗っている人たちの気になる評判を見てみましょう。体感ってとても参考になりますよね。良い評判もあれば悪い評判もあるみたいなので参考にしてみてください。

良い評判

  • 視界が広くて運転がしやすい
  • 運転席から見上げ角度が広がり前方視界が爽快
  • フロント左右に設置した三角窓により斜め前方の視界も良好
  • 小回りがきくから駐車が楽
  • 最小回転半径5.2mで縦列駐車やUターンがしやすい
  • ちょうどいいサイズ価格も抑えられて良かった
  • 収納が多くて嬉しいホンダセンシングにより安全性能が高く安心
  • コンパクトなのに静か

駐車が苦手な私の妻にもこれなら楽勝かも!!と思わせる内容ですね。

お恥ずかしい話、縦列駐車は私も避けたいところですが、なんだかいけそうな気がしてきましたよ。運転がしやすくてしかも安全性能が高く、価格も手ごろなら、私も考えてしまうな〜。

悪い評判

  • インパネ回りの品質があまりよくない
  • ミニバンと言っても他社より狭い
  • 2列目のシートが低いので体育すわりみたいになる
  • 3列目は非常用、のり心地は最悪
  • 4人で乗る車だと思っていた方がいい
  • 3列目シートは大人は硬いし小さいのり心地は悪い
  • 3列目に人が乗ると、荷物を載せる空間がない
  • 3列目の跳ね上げが重い
  • ロードノイズやエンジン音がきになる
  • パワー不足を感じる

人は乗るけど、ミニバンなだけに後ろの座り心地は悪いのか〜。子供たちが大きくなった時に、ケンカしてそうだな〜・・・。

「私、この席、嫌〜!」とか言って(笑)3列目は荷物専用と思っていた方がいいのだろうななんて思ってしまいました。

スポンサードリンク

新型フリードおすすめオプションはこれだ!

車選びで大体候補が決まると、見積りを出してもらおうかなと次のステップに進みますよね。その時に迷うのがオプションです。

フリードのオプションはとても種類が多く、後悔しないために慎重に選びたいけれど、何をどう選べばいいか正直なところわからないですよね。そんなあなたのために、ドライビングライフを快適に過ごすためのおすすめオプションをご紹介します。

つけてよかった!おすすめ快適オプション

  • ホンダセンシング
  • Cパッケージ
  • エアバッグシステム
  • インテリアパネル
  • シートヒーター

つけるか迷うオプション

  • 純正カーナビ
  • Sパッケージ
  • バッグカメラとバッグモニター
  • ルーフラック

これはいらない?オプション

  • フロントセンサー
  • サスペンション

これらを以下、詳しくご紹介したいと思います。

つけて良かった快適オプション

安全機能は確実に! Honda SENSING (¥110,700税込)

最初にご紹介するのは、安全機能「ホンダセンシング」。新型になってほとんど標準装備になったんですが、グレードによって初めから装備されていないものもあります。

もしも、装備されていないグレードを購入されるなら安心安全に乗るために必須と捉えておいたほうが良いと思いますよ。でも私の考えでは最初から標準装備されているグレードを購入するべきかなと思うんです。

なぜなら、オプション付けだとグレードの価格差があまりなくなってしまうこと。あとはホンダセンシング機能は後付けできないこと。

という理由で、やっぱり最初から標準装備されているものが良いんじゃないかというのが源十郎の考えです。

だって、このホンダセンシングすごーい機能ですから。ホンダ公式サイトでは、ホンダセンシングについてこんな動画も配信されています。

普段の運転は家族を乗せますからそりゃあ気を引き締めて運転しますよ。しかし、どうしても旅行やレジャー帰りは疲れてしまいますよね。ちょっと眠いな、とかぼんやりしながら運転するのは私だけではないはずです。

そこでこのホンダセンシングは大活躍してくれるんです。前の車や歩行者を感知してブレーキをサポートしてくれたり、車線をはみ出さないようにハンドルをサポートしてくれるんですよ。長時間の運転で疲れている時にとっても頼りになる存在になるでしょう。

こちら同じくホンダのステップワゴンの記事ですが、こちらに詳しくホンダセンシングの紹介をしました。他メーカーに比べても、とっても魅力ある安全機能なんですよ。興味のある人はどうぞご覧ください。

ステップワゴンマイナーチェンジ!ホンダセンシングと内装の魅力

2018.04.18

別名ママオプション! Cパッケージ (¥48,600税込)

引用:ホンダフリード公式HP

続いてはCパッケージのご紹介。こちらはママいちおしオプションです。って今私が命名したんですが(笑)その気になる中身はこちら。

  • プラズマクラスター搭載エアコン:脱臭や空気の浄化に活躍。いつもクリーンな室内空間を保てます。
  • ロールサンシェイド:車内への直射日光の差し込みを和らげます
  • IRカット、UVカットのウィンドウガラス、フロントドアガラス:真夏の日差し、紫外線の対策に良好です。
  • コンフォートビューパッケージ:フロントガラスが凍ることを妨げたり、雨の日の視界を良好にします。

そう、空気をきれいにしてくれて日差しも紫外線もカットしてくれるんです。

女性は嬉しいんじゃないですか、このオプション。特に春先になると紫外線対策が大変ですからね。私の妻も、いざ出発というときに帽子忘れた手袋忘れたって何度も家に帰ってますからね。このカーテンや紫外線カットがあったら車の中でも安心ですよ。

さらに窓も見やすく運転しやすい。私の妻は運転が苦手で、特に雨の日運転しなきゃいけない時は天気と同じくどんより顔です(笑)でも天気の悪い時でも安全に運転できるのなら嬉しいですよね。

思わぬ事故でも安全! i-サイドエアバッグシステム・サイドカーテンエアバッグシステム(¥48,600税込)

引用:ホンダフリード公式HP

こちらはエアバッグのオプション。タイプ別に設定オプションになります。

このオプションのすごいところは、側面衝突にもセンサーが感知し優れた保護性能を発揮するところ。側面は衝突に弱い箇所です。小さな子供を乗せての事故、なんて考えたくないですが、交通事故はどこにでもあり得る話です。

子育て世代にとって、より安心に乗車するためにもシステム搭載をお勧めしますよ。

車内もオシャレに!インテリアパネル(¥17,280税込~)

引用:ホンダフリード公式HP

こちらは新型フリードの内装のクオリティを上げ、カーライフを豊かなものにしてくれるオプションです。

悪い評判の中に「インパネ周りの品質が悪い!」という意見がありました。たしかにコスパの良いミニバンですから、多少安っぽさは感じられるでしょう。けどやっぱりインテリアにはこだわりたいですよね。

私の妻は最近流行っているDIYをやり始めて、だんだんと家がこじゃれた感じになってきたんです。仕事から家帰るたびに驚きます(笑)キレイな家にしてくれてるので、私もキレイにしなきゃって意識が変わりましたよ。

オシャレな雰囲気になると散らかすのが悪い気がして、キレイを保とうって思いませんか。大掃除後のスッキリした気分に似てますね。

家も車も同じです、気分って大切ですよね。オシャレにすれば気持ちも変わって、なんだか運転もスマートになりそうな気分。自分らしいフリードを作ってみてはいかがでしょうか。

寒い季節もあったか!運転席&助手席シートヒーター(タイプ別に設定)

引用:ホンダフリード公式HP

予算が合えばシートヒーターは超おすすめです。私もこれは経験ありますが、真冬の寒い日の乗車に座面と背もたれで体を温め、ポカポカ暖かくホッとしてくれますよ。

スポンサードリンク

迷いどころのオプション紹介

次に迷いどころのオプションをご紹介します。あれば便利ですが価格も高いものもあります。自分の生活に必要かどうかじっくり選んでみてくださいね。

社内純正カーナビ(¥226,800税込)にする?社外品にする?

カーナビをメーカー純正にするかどうかは迷いどころですね。これも口コミがありましたので、ユーザーの意見を参考に決めてみましょう。

メリット

  • 内装に溶け込み、装着に一体感
  • ディーラー保証が3年(社外品は1年)
  • 故障に強い、信頼性がある
  • 純正カーナビ+ナビ装着スペシャルパッケージ搭載でより快適度が増す(リアカメラ、照明付きオーディオリモートコントロールスイッチ、4スピーカー、etc搭載機と連動しようが可能)

デメリット

  • 純正は交換がしにくい
  • 純正は価格が高い
  • 性能は社外品より低い
  • 純正は走行中に操作が不可能

価格は高いものの、保証や安全性があるのはやっぱりメーカー品ですよね。インテリア面でもぴったりするのでしょう。また、売ることを考えるとメーカー品の方が良いかと思われます。何しろ値段が高いのがデメリットですね。

その他のオプションと合わせて、予算に合えばつけたいものです。

バックカメラとバックモニターは必要?

実際に運転をしてみると、人の目で見る視界は限られていますよね。バックする時の姿勢の時などは特に見えない部分が多すぎます。

私なんて体が硬いからそれこそ大変です(笑)私的には、ワゴンタイプのフリードには、バックカメラとバックモニターは必要機能の一つだと思います。

ただ、純正カーナビとナビ装着スペシャルパッケージを搭載すると、20万以上の金額が上乗せされます。社外品カーナビに社外品バックカメラとバックモニターをセットすれば、価格はぐっと抑えられるということなのです。

いずれにしても運転を安全快適にするのに、バックカメラとモニターはあった方がいいのですが。こちらも社外にするか車内オプションにするかは予算に合わせてのところなのでしょうね。

 

Sパッケージ(¥70,200税込)はより上質なものを求める方に

引引用:ホンダフリード公式HP

室内の高級感がグレードアップする「Sパッケージ」。あれば高級感があって良いですが、ここまで必要ないという方にはいらないオプションですね。ちなみに内容はこちら。

  • 本革巻ステアリングホイール:ハンドル部分が革になって手にフィット。握りやすいので運転しやすいですよ。
  • コンビシート&専用インテリア:専用インテリアとなれば、車全体の統一感にもなります。
  • 15インチアルミホイール:軽量のアルミホイールにすると、車体も軽く低燃費になりますね。
  • シートバックアッパーポケット(運転席/助手席):便利な収納もオプションで追加できます。
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナーリングライト(ガソリン車):LEDライトは省エネで明るいです。節電効果があるので低燃費にもつながります。

以上、Sパッケージは「あったらいいな」と思うものが揃ったオプションなんです。なかなかのお値段でもありますから、家族で相談してみてくださいね。

ルーフラック(¥15,120税込)はレジャーメイン

引用:ホンダフリード公式HP

こちらは頭の上に荷物が載せられるという便利なルーフラックです。上の隙間も収納にへんしんしちゃうんですね。

例えばキャンプに行くとき。キャンプは荷物が大量にありますから、後ろの荷室だけじゃ入りきらないことってありますよね。小物も多いですから、こんなところに収納できれば車内も快適に過ごせます。

また、写真のように毛布を載せておけば子供が昼寝をしたときも安心ですよね。

これは要らない?オプション

次にこれは必要ないだろうというオプションの紹介です。あれば良いに越したことはないですが、こちらも参考にしてみてくださいね。

フロントセンサー(¥34,560税込)

フロントとリアについているセンサーで、障害物が近づくとピッピッと音がなるのですが、見渡しの良い運転席とバックカメラが付いていることで使う機会があまりないように感じました。

サスペンション

「サスペンションを変えて、カッコ良く見せたい、足を固めてキビキビ走りたい」そんな声も聞こえてきたりもしますが、う〜ん、そこはちょっと考えたいところかなと思います。ホンダ車はもともと足が硬めに作られているんです。

だから、サスペンションを変えることでさらに硬くなり居心地が悪くなると思われます。家族みんなが心地よいドライブを楽しむため、フリードの足はそのままでも大丈夫そうですよ。

その他、15インチタイヤホイール、スピーカー、フロントグリルの交換などもつけなくても良かったと声が聞こえてきたため、あえて取り入れる必要性はありませんね。

新型フリードをおさらい!

引用:ホンダフリード公式HP

ここでフリードのおさらいをしたいと思います。

フリードは4人乗りから6,7人乗りまでのシートの選択ができ、グレードに応じて様々な種類があります。また、ガソリン車かハイブリッド車と大きく2つに分かれています。

価格グレード表

フリードの使用別価格表です。入れたいオプションを選んでグレードを決めて、予算に合うでしょうか。

燃費はどのくらい?

新型フリードの燃費はガソリン車の平均燃費は19km/Lで、ハイブリッド車では27.2km/Lです。特にハイブリッド車の燃費はミニバンナンバーワンを実現しています。

写真は東京タワーを中心に、赤い範囲を27.2km、緑の範囲を19kmで計ったものです。たったの1リットルでこれだけの距離を進むことができるなんて、すごいですね。

ハイブリッド車なら東京の中心から、みなとみらいだってディズニーランドだって行けちゃいます。往復するにしても1回だけの給油で済みます。お財布に優しい車でありがたいですよね。

ちなみに他の燃費の良い車はこちらもご覧ください。

ミニバンハイブリッド燃費ランキング!一番お得な車はこれだ!

2018.04.05

すごいぞ新型フリード!機能ご紹介

①広さ

全長4.265mのフリードはライバル車のヴォクシーよりも4.30cm、ヴェルファイアよりも6.65cm、シエンタより3.0cm長いコンパクトミニバンです。車内も荷室も広々、ファミリーにとってみればとても嬉しい車なんですよ。

その広さの秘密はシート使いの工夫で実現できたようです。26インチの自転車やベビーカーもそのまま積み下ろしできてとても便利と好評です。

ホンダフリードの決めポイントはこの多才な荷室にあると思います。ベビーカーや自転車もそのまま搭載できたり、背の高いものやサーフボードのような長いものも入れられる。荷物がとにかく入れやすいと評判なんですよ。

ただ、人が3列まで座ってしまうと、たちまち荷物置き場に困ってしまうのが難点なのですが。

②シートを選択できる

そこで、フリードには6人乗りと7人乗り。フリード+にすると4人乗りで3列目がなくなるため荷室が広々と使えるんです。ライフスタイルによって自由に選ぶことができるのもフリードの魅力ですね。

シートは6−7人用の3列、4人用の2列と選べます。
目的に合わせて選べばいいと思いますが、3列目のシートは硬くて狭くてとあまり評判が良くない声も聞こえています。

4人用で済むならフリード+を選んで、移住空間を広々と使う方のも有りかと思いましたし、ご両親や友人も視野に入れているならば3列シートで普段は上げて使う方法もあるかなと思いました。

③安全機能は最新

車といえば走行性能、安全性能をもっとも重視するところでもありますね。曲がる、止まる、進むの基準点はどうでしょうか?

小回りがきいてバック駐車が楽々大人数でもパワーが効率的に引き出せる強い走りができる」と運転しやすさが評判のHondaフリードですが、そこはグレード差もあるようです。

一度試乗してパワーの差を実感することをお勧めします。

安全性は Honda SENSINGを搭載したグレードが最も安全性が高いですね。ホンダセンシングは様々な視点で安全に走行を導いてくれるシステムです。

個人的ではありますが、事故を防ぎ安全走行できることで大切な家族が守れるならば、このシステム導入の検討はしてもいいと思いました。

まとめ

  • 人気のミニバン「ホンダフリード」は、視界が広く運転しやすいと評判も良い。
  • 大人数は乗れるけど室内空間がめっちゃ狭くなると辛口コメントもあった。
  • 豊富なオプション設定は逆に迷ってしまうが、ホンダセンシングは低いグレードにも必須アイテム。
  • フリードは大人数、フリード+は広い荷室がポイント。ライフスタイルに合わせて選んで。

小さずぎず大きすぎず。ちょうどいいサイズのフリード。評判は賛否両論ですが、どこを基準に持って行きたいか、ですね。価格もグレードも幅広い分、走行性や居住性も様々です。

ぜひ試乗してご家庭でよく話し合い、悔いのない車選びをしてくださいね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください