トヨタハリアーのターボとハイブリッドを比較!どちらを選ぶ?

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

交差点で信号待ちしてる時のことですが、目の前をかっこいい車が左折して行ったんです。スーツに身を包んだ若い女性がハリアーを運転していたんですけど、「すっげぇ、かっこいい」って思わず心の声が漏れそうになりましたよ。

SUVっていうジャンルの車って私のイメージの中ではもっとアウトドア全開なイメージを持っていたんです。イメージってダメですね。街の中を颯爽と走る姿を見ちゃったら惚れずにはいられません。しかも、スーツ姿で運転していても似合うんですよ~。

しかも、3代目のハリアーはターボを搭載している仕様があるっていうじゃありませんか。近年、どの車も燃費が良く20~30km/L走る車が増えている中、真逆じゃないのって思えるターボを導入したハリアー。気にならない訳がないですよね。

 

スポンサーリンク

トヨタハリアーってどんな車

スーツで思い出したんですけど少年時代にみたこのCM。ライオンがスーツ着てるじゃんていう衝撃とともになんかかっこいいなぁって思った記憶があります。なんかライオンっていう野生全開な風貌なのにスマートに仕事をこなす大人の男感が出てましたよね。

当時のキャッチコピーはWILDbutFORMAL。まさにCMで体現していましたね。

トヨタのハリアーは上級なクロスオーバーSUVの先駆けとして一時代を牽引してきた車です。SUVの機動力と高級セダンのような乗り心地両方を兼ね備えた車です。

さて、SUVって何って思った方。私も最初SUVって何の略って思ったくらい知らなかったんです。SUVの燃費について調べた時にSUVについても細かくまとめてありますので、こちらも参考にしてみて下さいね。

SUVの燃費をランキングで比較!人気の秘密はメリットにあり

2018.04.14

そんな初代の時から20年以上の時が流れましたが、今のハリアーは3代目になります。

 

3代目ハリアー2017年ビッグマイナーチェンジでターボ登場

ターボ車運転したことってありますかね。私は、友人の車を運転させてもらったことがあるんですが、加速感半端ないですよ。高速の合流だったり、坂道なんかで特にわかるんですけどあの一気にグイーーーンっていう感じがたまらないんです。男の憧れですよね。

リアルなチョロQですよ。チョロQ分かりますかね。転がしながら後ろにぎゅーって引っ張ってから離すとグイーンって前に進む車のおもちゃなんですけどね。

私が遊んでた時は廊下でギュイーンって走らせたんですけど、最近のチョロQは自動走行になってるんですね。しかも、自分で衝突回避するとは普通の車と変わらないですね。私の知らない間にチョロQも進化していました。びっくりです。

チョロQの進化もさることながら、ハリアーの進化も侮れないです。2代目ではハリアーハイブリッドとして独立していたハイブリッド車をハリアーに吸収し、さらにマイナーチェンジではターボ車が新登場しました。

時代の流れに沿ってやっぱりどんなにSUV好きな人でもちょっとは燃費良く乗りたいとか考えたり、乗り換えたりしてる人もいますよね。そうなるとハイブリッドの必要性も出てくるのも納得です。

ハリアーも以前からハイブリッドがあったとはいえ、どうしてもプリウスとかに比べると大きくて重い。その分ハイブリッド車を提供している車の中でも格段に良いとは言えませんでしたもんね。3代目でさらに進化していることに違いないでしょう。

また、SUVを選んでる人にとっては、車を走らせてる時のパワー感に満足したいと考えている人も多いはずです。だって、燃費とか環境のことを考えてっていうのが車を選ぶ1番の重要ポイントなら最初から低燃費の車を選ぶわけでハリアーなどのSUVじゃなくていいですもんね。

その辺もトヨタさんは考えてくれているわけですね。

ビッグマイナーチェンジで一体どこが変わったのか。実際のところの違い気になりますよね。価格、燃費、走り、装備など気になるところを徹底検証です。

 

ターボVSハイブリッド 価格編

車を買う時って色々な条件を考えてしまうと思うんですけど、予算って結構な割合を占めますよね。かっこよくて乗りやすくてでも予算オーバーだといくら欲しくても買うとは決められません。

というわけで、まずは価格から違いがあるのか見ていきましょう。

<ターボのグレードごとの価格>

引用 トヨタ公式HP

グレード PROGRESS PREMIUM ELEGANCE
価格 4,050,000~ 3,519,720~ 3,380,400~

<ハイブリッドのグレードごとの価格>

引用 トヨタ公式HP

グレード PROGRESS PREMIUM ELEGANCE
価格 4,604,040~ 4,074,840~ 3,774,600~

やはり、どのグレードでもハイブリッドの方が40万~50万ほどお高いですね。ガソリン代でいうと1L140円として計算してみると、2860L~3570L分です。

ハリアーのガソリンタンクの容量はターボで60L、ハイブリッドで56Lですから、空っぽから満タンに給油するとしても50~60回は給油出来ちゃう計算になります。1か月に1回だとしても5、6年分のガソリン代分違うって大きいですよね。現実的には空っぽ前に給油しますからもっと長い期間分だと言えます。

ハリアーに限らずハイブリッドのデメリットでもあるんですけど、車を買う時点で大きなお金が必要って事なんですよね。

 

ターボVSハイブリッド燃費編

車に乗ってるとどうしてもガソリン代はかかりますよね。車にたいして興味を持たないでいた時は燃費なんて気にしたこともなかったです。

しかし、色んな車を調べているうちに燃費の差は大きいってことに気付いたんです。そうなると燃費って車を選ぶ時にしっかり考える必要があるなぁと思います。

今回のハリアーはターボとハイブリッドです。明らかに違うだろってのは予想がつきますね。実際はどのくらい違うんでしょう。

カタログ燃費は

  • ターボ    12.8~13.0km/L 
  • ハイブリッド 21.4km/L

実燃費はカタログ燃費(JC08モード)の60~80%になると言われていますが、実際、乗っている方々の口コミを集めてみました。

ターボの燃費の口コミ

通常走行で10km前後。高速で12~13kmか。

ターボにしては予想より良かった。

街乗り10.5km/L、高速15.1km/Lと前のクラウンアスリートよりは良いのでとりあえずはOK

近所をチョコチョコ乗りが多い為、平均8~9の間。

引用 価格.comみんカラ

乗り方や走行条件にも左右されるので様々な値が出ていますね。カタログ燃費の60~80%も達成できているようです。また、調べていて印象的だったのはこの位の燃費だろうと納得していた方も多いってことですね。

決して燃費が良いとは言えないと思うのですが、それ以上に乗り心地や装備なんかで決めたっていう人も多いんだなぁと感じました。

私がちょっと気になったのは、ターボってガソリンレギュラーじゃなくてハイオク仕様なんです。パワーのある仕様ですし、良く考えれば「そっか」と納得なんですけどね。

私は普段レギュラーしか入れないのでハイオクっていう存在がちょっと遠かったのでびっくりしちゃいました。燃費ももちろん大事な要素ですが、給油する時点でもガソリン代が高くなるのかって思ったらちょっと考えちゃいましたよ。

ハイブリッドの燃費の口コミ

街乗り15~17 高速20~22ぐらい 乗り方でいかようにも変わります。

燃費はとても良いです。
通常で17〜18km/L、冬場で14〜15km/Lです。
高速をゆったり走ると20km/L以上。

パネルでの計算で12.5から13.5㎞/L。カタログ値の21.4㎞から15㎞くらいまで伸びるかと思っていたが、少々不満足。

引用 みんカラ

やはり、断然ハイブリッドの方が燃費はいいようですね。予想通りというところでしょうか。ハイブリッドでも乗り方に違いもあるのでしょうが思ったよりも伸びないって意見もありました。もともと車重の思い車でもあるので燃費面では良い評価だけというわけにはいかないのでしょうね。

しかし、口コミを見ながら感じたのはターボに乗ってる方も予想以上に多かったんですよ。やはり、ハリアーには燃費だけでは測れない別の魅力があるのでしょう。

買った人達の口コミを見ていたらマツダのCX-5と迷ったっていう人も多かったんです。こちらの記事ではそのマツダCX-5の燃費についてまとめています。

CX-5の燃費は悪い?性能は向上した?4WDも紹介!ライバル車と比較

2018.06.02

 

ターボVSハイブリッド 走りはどうなの編

車を運転していてアクセル踏んでも思うように加速しない時ってイライラしませんか。別にかっ飛ばそうっていうんじゃないですよ。源十郎、妻と子供達が大切なので安全運転派ですから。

近場ならそんなに気にならなくても、ちょっと遠くまで遊びに行くときなんてストレスなく走れる方が良いに決まってます。やっぱり車を選ぶ時気になるんですよね。走りはどうなのかなって。

ドライブモードを変化させることが出来る

引用 トヨタ公式HP

走り出した直後や坂道なんかで一気にスピードにのりたい。スピードがある程度出たら燃費を意識した走りをしたい。な~んて理想ですよね。

うんうん。わかります。そうなんですよ。走り出しはぱーっと加速して、後はあまりアクセルふかすような真似はしたくないんですよね~。

出来ちゃうんですよ。ハリアーは。ハイブリッドもターボもシーンによって、ドライブモードを変化させることが出来ます。スムーズに加速して無理なく速度を維持出来るんです。ロングドライブもウキウキで行けちゃいますね。

素敵なレディを高級レストランでエスコートして、スマートにドアを開けてさっと席に誘導し、自然に食事を楽しむみたいな感じじゃないですか。THE紳士アイアムジェントルマンです。

ジェントルマン仕様の走りが出来る車と言えるのではないでしょうか。

ターボの走りを支えているのはこちら

引用 トヨタ公式HP

車両のロール剛性を上げることで、早く走る時の直進の安定性や操縦の安定性を高めてくれるようです。ターボはパワーもあるのでこのような装備があってこそ走りを安定させてくれるのですね。

私、車についてはなんといっても初心者なので、カタログ的な説明だけではちょっと理解できない部分もあります。こういう時はやはり乗っている方々の感想を聞く方が分かりやすいですよね。口コミを調べてみました。

ターボの走行についての口コミ

重心は高いと思いますが、通常スピードでのコーナーはセダンと変わらず安定していて、体が振られるようなことはありません。 走りも静かな感じだし、サスもいい感じ。 ターボのパワー感も申し分ない。 ターボモデルとはいえ正直パワー感は感じず、出足も加速ももっさりしていますね。 ターボで常にスポーツモード走行だが、発進時のもたつきは気になる。 中速、高速域での加速に不満はない。 

ターボの出だしは踏み込まないと良くないですが、踏んだ時は速い。

ターボですからもう少し、低回転からのトルクフルなイメージを持っていたので肩すかし。でも総合的に見れば十分なパワー感があるし、静かです。特に中速域からの加速の乗りが気持ち良いです。

引用 価格.com

ハイブリッドの走行についての口コミ

エンジン音が静かな分ロードノイズが結構気になる。車高が高めでホイールベースが短いので段差の揺れがふわふわと気持ち悪い

高速道路での走行も追い越しなどの際の加速は緩やかで、ふわふわとロールする感じもあり安定しているとは言えない。

車重が思いからかスピードが出る割にブレーキがぴたっと止まらない。加速が緩やかならブレーキも緩やか。

出だしモッサリとか高速の合流で危ないといったレビューがありますけれど、周囲の流れに乗り遅れるようなことは皆無です。

一般道、高速ではゆったり、しっとりと気持ちよく走りますが、山道の下りのカーブなどでは車重の重さが影響してか、ガソリン車よりもかなりロールが大きいので、特に同乗者が居る場合にはペースを落として走行する必要があると思います。

引用 価格.com、みんカラ

走りについては、ターボの方が良い感想が多いようですね。ハイブリッドも基本的には悪くないようですが、ふわふわ感やカーブでの動きが気になる方もいるようです。

 

スポンサーリンク

ターボVSハイブリッド    装備はどうなの編

実は、個人的には装備が一番疑問だったんですよね。だって、同じ車ならそんなに見た目って変わらないんじゃないかと思ってしまうんですよ。

だって、あまりに違ってしまったら別の車になってしまうじゃないですか。そんな私の不安も一気に吹き飛ばしてくれる。それがハリアーだったんです。

外装はどこが違う

同じ車でもちょっとだけ見た目が違うっていうのはハリアーに限らずありますよね。高級なグレードには特別な装備がついてるとかですね。

同じ車種で、グレードじゃなくてエンジンの仕様の違いで特別な変化ってあるんでしょうか。特別仕様車だから違うとかは聞いたことあるんですけどね。

ハリアーのターボとハイブリッドでどこか違うんでしょうか。気になります。

車の前後の装飾が違う

アッパーグリル

ターボ ハイブリッド
 
 
 
 
引用 トヨタ公式HP 

ロアグリル

ターボ ハイブリッド

引用 トヨタ公式HP

ターボの方が格子柄やメッシュになっていますね。ハイブリッドの方は縦じまと横じまでです。こうやってくらべてみるとターボの方がかっこよさがある気がします。

ちょっとスポーティな感じといいますか、走るぜ感を感じさせる装飾ですね。だからといって、高級SUVだっていうことを忘れていない品のよさ

こういうちょっとした部分からもフォーマル感が滲み出ていると感じられます。

車の前後のライトの部分が違う

前側のライトの部分

ターボ ハイブリッド

引用 トヨタ公式HP

後ろ側のライトの部分

ターボ ハイブリッド

引用 トヨタ公式HP

私多分ディーラーで並べて展示したあったとしても見ただけだと気付かない自信があります。いや、堂々と言うことではないんですけどね。

でも、こうやって部分的にピックアップしてくれると「お~、違う」って分かります。確かに比べてみると特に後ろがかっこいいなぁって思いました。きりっと整った感じになったというか。

床屋さんにいって襟足のところをきれいに整えてもらった次の日のようなさりげない爽やかさというか、引き締まった感じに似ています。

引用 トヨタ公式HP

男は背中で語るっていう感じですかね。息子よ、父の後ろをついてこいっていう雰囲気です。

道路を走行している時も、前側よりも後続車に後ろを見られてる時間の方が長いですよね。後ろがかっこいいって運転してる時も無駄ににやにやしちゃいそうです。

アルミホイールが違う

ターボ ハイブリッド

引用 トヨタ公式HP

正直なところ、大きなショッピングモールの駐車場とかで見かけるホイールがかっこいい車って自分の好みで社外品つけてるんだとばかり思ってました。

純正で違いを出してるってこともあるんですね。確かに、グリルやライトをかっこ良くしてるのに足元だけおろそかになんてしないですよね。

スーツでビシっと決めてるのに足元だけだけスニーカーなんて、ちょっと浮いちゃいますもんね。やっぱりトータルで似合うコーディネートの方がしっくりきます。

ターボだけにマフラーカッターがついている

引用 トヨタ公式HP

車が好きでドレスアップなんかもしますっていう人には耳馴染みの言葉だと思いますが、あまり詳しくない人には何?って感じの言葉ですよねぇ。

マフラーカッターはドレスアップの入門編って感じで簡単に取り付けられてかっこ良く出来る部品です。車をカスタムする時も性能面を上げるやり方と装飾をかっこ良くしようをするやり方がありますが、まさに後者です。

こんなところにも、ターボの方はかっこいいだろって感じが見えてきますね。

内装はどこが違う

ターボ

引用 トヨタ公式HP

ハイブリッド

引用 トヨタ公式HP

静止画では仕方ないことなんでしょうが、この一見して何が違うのかって思う感じ。よく友人に本当に欲しい車はちゃんと見てからの方が良いっていわれるんですがその通りですね。

実は、シートの素材が違うんです。ターボはスエード+合成皮革ハイブリッドは、ファブリック+合成皮革だそうですよ。こりゃ、きちんと見たり触ったりして比べたくなりますね。

どちらにしても、高級感のある内装ですね。高級感でいえばターボもハイブリッドも甲乙つけがたいです。

すっかり、最初の発言を謝りたい気持ちです。同じ車なのにターボとハイブリッドでもこんなに違いがあるものなんですね。

しかも、高級感は損なわずにそれぞれの特性を生かしたデザインや装備を身に付けているのですから驚きと感動でしかありません。

 

ターボだけ、ハイブリッドだけに装備されてるものがある

ターボ、ハイブリッドを色々な面から比較してみましたが、ここらでそれぞれにしかない装備は何かっていうのをまとめてみましょう。

ターボにだけ装備されているもの

ターボにだけ装備されているもの

シート表皮がウルトラスエード+合成皮革

ターボ専用アルミホイール(18インチ)

パフォーマンスダンパー

マフラーカッター

専用フロントグリル

アダプティブハイビームシステム

引用 トヨタ ハリアー 主要装備一覧表

アダプティブハイビームシステムとはLEDの点灯・消灯を細やかに制御するんだそうです。

前を走っている車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。つまり、ハイビームのまま走行できる頻度を高めて夜走っている時の視界が明るく、広くなるってことなんですね。

引用 トヨタ公式HP

これは本当に助かりますね。自分が運転している時に明るく見える範囲が広がるっていうだけでも確かに素晴らしいです。さらに、自分以外の運転してる方や歩道を歩いている方にも優しいシステムなんて誰が考えついたんでしょうね。

私も運転している時、対向車や後ろから来る車のライトの眩しさに何度イライラしたことか。時には、危ないって思ったことすらあります。

こういう、自分だけの安全性っていうのではなく、周りの人まで助かるっていうシステムはどんどん増えるといいですね。

ハイブリッドにだけ装備されているもの

ハイブリッドだけに装備されているもの

ECB(電子制御ブレーキシステム)

ばね上制振制御

車両接近通報装置

前席集中モード付フルオートエアコン

引用 トヨタ ハリアー 主要装備一覧表

ECBは、重い車体のハイブリッドには効果的な装備です。乗せている荷物の重さや乗車人数などで出た荷重の偏りに対して制動力を高めてくれる効果があります。簡単にいうとブレーキが利きやすくなるシステムっていうところですね。

ばね上制振制御は、路面の凸凹に応じて、モーターのトルクをリアルタイムに制御することで、車体の上下の縦揺れ(ピッチング)を抑制し、滑らかでフラットな乗り心地に貢献します。

引用 トヨタ公式HP

自分でも運転が荒くならないように気を付けますが、車にも細かな揺れを制御してくれるなんてありがたいですね。揺れが続くと酔っちゃったりしないか心配になりますがこれは心強い味方が出来た気持ちですね。

車両接近通報装置とは、発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。また発音は、一時停止スイッチ操作でON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再始動時には、自動的に発音状態に戻ります。

引用 トヨタ公式HP

確かにハイブリッドの車が細い道で後ろから近付いてきた時気付かなくてびっくりする時ありますもんね。運転する人も歩行者にもありがたいシステムですね。

これまたどちらも、甲乙つけがたいありがたいシステムを搭載していますね。

 

勝手におすすめな点をまとめてみました

ターボがおすすめなところ

  • ハイブリッドよりは価格が安い
  • 走りを楽しみたい人にはおすすめ
  • 装備のかっこよさを求める人にもおすすめ

ハイブリッドのおすすめなところ

  • 価格はあまり重視しない派の人。
  • 燃費はターボにくらべると断然良い。
  • 走行時の静かさを求める人にはおすすめ。

もちろんいいところだけではなく、不満な点もありますが、購入の決定打になるとしたら上記のポイントが重要になるのではないでしょうか。

こちらはスバルのフォレスターと比較した記事になります。お互い独自の路線を突き進んでいる印象はありますが、比較してみると案外面白味があるんですよ。

ハリアーorフォレスターを徹底的に比較!!アナタはどっち派!?

2018.06.01

 

まとめ

  • 価格はターボの方が安い。
  • 燃費がいいのは断然ハイブリッド。
  • 加速が良くて長距離もラクチンなのはターボだが、ハイブリッドもパワー不足でイライラするようなことはない。
  • ターボには特別装備がたくさんついているのでかっこいい。
  • ハイブリッドにしかついていない装備があります。
  • ターボは燃費をあまり気にしないで走りを楽しみたい人には向いています。
  • 燃費性能が気になる人はハイブリッドを選ぼう。

比較するといっても同じハリアーですから、内装や外装の高級感に大差はありませんでした。やはり、購入を考える時に決め手になるのは自分が何を求めて車を選ぶのかっていうところの差が大きいように思います。

価格を重視するのか、走りの性能なのか、燃費なのか。後悔だけはしないように自分や家族が求めるものをじっくり話し合うのもまた素敵な時間として過ごせそうですね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください