オデッセイVSステップワゴン比較!どっちが買いなのか徹底調査!

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

ホンダの主力ミニバンを誇るオデッセイとステップワゴン。特にホンダ車を愛する方にとってはどちらも魅力的で、なかなか選ぶことができず購入を見送ることもあるのではないでしょうか。それは非常にもったいないような気がします。

そこで今回、オデッセイとステップワゴンをさまざまな視点から調査し、徹底的に比較してみました。どちらが自分に合った車となるのか、その迷いを少しでも解決に導ければと思い筆を執ってみた次第です。

さあ、最高のマイカーを決定しましょう。

 

スポンサーリンク

オデッセイVSステップワゴン車両本体価格を比較

スーパーでちょっと値段の張るマンゴーを買って食べてみたけど、一般的な値段のものと味の差がわからなかった・・・と後悔した経験があるのですが、もしそのマンゴーがこれ以上ない程おいしいと感じる味覚が私にあれば、それはきっと「買って良かった」と思えたはずなのです。

この後悔が車の話となるとどうでしょう。莫大な損失を負った気分になることと思います。笑い話にできないレベルで。つまり何を買うにしても目的を見据えた上での予算がとても大事なのです。自分の求めいるものがこの値段に見合っているのかどうか、よく検討する必要があります。

それではオデッセイとステップワゴン、それぞれの車両本体価格を見ていきましょう。

オデッセイ

ハイブリッド車

  • HYBRID・Honda SENSING(ベースのグレード)                         3,836,400円
  • HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING(ちょっと高いグレード)   3,936,400円
  • HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING(最高級グレード)   4,150,000円

ガソリン車

  • G・AERO Honda SENSING(ベースのグレード)      3,066,400円
  • ABSOLUTE・Honda SENSING(ちょっと高いグレード)    3,326,400円
  • ABSOLUTE・EX Honda SENSING(最高級グレード)         3,540,000円

ステップワゴン

ハイブリッド車

  • SPADA HYBRID B・Honda SENSING(ベースのグレード)             3,300,480円
  • SPADA HYBRID G・Honda SENSING(ちょっと高いグレード)   3,350,160円
  • SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING(最高級グレード)   3,559,680円

ガソリン車

  • B・Honda SENSING(ベースのグレード)        2,455,920円
  • SPADA・Honda SENSING(ちょっと高いグレード)    2,852,280円
  • Modulo X Honda SENSING(最高級グレード)    3,419,280円

価格差は?

さて、英語が苦手な方には呪文がたて続けに唱えられていたように思えたかもしれません。ごめんなさいです。簡単に説明しますと、ハイブリッド車とガソリン車の各項目の一番上が、その車のベースとなるグレードを表します。基本的には値段が高いものはグレードも高いという認識で大丈夫です。

iPhoneでイメージすると、例えば「iPhone8」はベースとなるグレードで「iPhone8 Plus」は高いグレードとなります。「iPhone8 Plus」のほうが値段も性能も高いはずです。車も同じく、高いグレードのほうが値段や性能も比例して高くなります。

では、ハイブリッド車とガソリン車の低いグレードのものを基に価格差を見ていきましょう。

ハイブリッド車の比較

  • オデッセイ HYBRID・Honda SENSING         3,836,400円
  • ステップワゴン SPADA HYBRID B・Honda SENSING 3,300,480円

価格差は535,920円。オデッセイのほうが高い。

ガソリン車の比較

  • オデッセイ G・AERO Honda SENSING 3,066,400円
  • ステップワゴン B・Honda SENSING   2,455,920円

価格差は610,480円。オデッセイのほうが高い。

価格はオデッセイのほうが高い

全体的にオデッセイのほうが車両本体価格が高いという結果となりました。しかも50万~60万円もの差が開きます。オプションを好き放題つけても有り余るのではないですか。というかそれだけあれば、私だったらドライブ先や旅行先などの費用に充てたいものです。いやそれでも有り余りますね。

とにかくコスト面だけで見ればステップワゴンのほうが圧倒的に優秀だとわかりますね。家族を乗せることを優先とするならば、コストを抑えたステップワゴンのほうが家計のダメージは比較的少なくなります。

ではオデッセイは買わないほうがいいのかというと、決してそういうわけではありません。マンゴーの味の区別がつかなかった頃の私なら買わないほうがいいと言っていたかもしれませんが、もう一度言います。決してそういうわけではありません。

というのも、そもそもオデッセイはミニバンの中でも、ファミリーカーというよりもドライバーに重きを置いた作りになっています。そのため自然と高級感の演出を求められるようになり、価格は高めの設定とされています。より運転を楽しみたい方には、値段は高くても十分手を伸ばす価値はあるのではないでしょうか。

 

オデッセイVSステップワゴン燃費で比較

車の選択には燃費がものすごく重要です。

実は見てくれに一目惚れしてトヨタのエスティマを購入した友人がいるのですが、まあ燃費が悲惨だったとのこと。実燃費リッター1桁らしいです。安価な中古車で購入していたことがわずかな救いだったと嘆いておりました。

日常的に車に乗る方にとって燃費とは税金と同じレベルで付きまとう厄介な奴です。しっかり検討していきましょう。

オデッセイの燃費

  • ハイブリッド車 24.4km/L~26.0km/L
  • ガソリン車   12.6km/L~14.0km/L

ステップワゴンの燃費

  • ハイブリッド車 25.0km/L
  • ガソリン車   15.4km/L~17.0km/L

ガソリン車ならステップワゴンの燃費が優秀

ガソリン車で比較した場合、ステップワゴンのほうが圧倒的に燃費が良いことがわかります。オデッセイの最大燃費とステップワゴンの最低燃費で比較しても差が開いているのです。

ただしこの数値はカタログデータのものとなります。実際に走行してみると、運転の仕方や車内の環境によって燃費は大きく変動することがあります。アクセルを強く踏んだり、エアコンを使いすぎたり、荷物を詰め込みすぎたり、そういった燃費に悪影響を与える要因が重なることで10km/Lを下回るということも珍しい話ではありません。

どちらの車を選ぶとしてもここは注意すべき点です。気を付けて運転しましょう。

ハイブリッド車に関しては燃費の差はほとんどないでしょう。こちらも実燃費は運転する人に依存するところはありますが、もともとのカタログ値で大差がなければ優劣もないと思われます。

こちらの記事ではオデッセイとステップワゴンの実燃費について詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オデッセイは燃費No.1?ミニバンLクラスの中でも光る魅力とは

2018.05.01

ステップワゴンの維持費は?ハイブリッド車ガソリン車で比較!

2018.04.15

 

スポンサーリンク

 

オデッセイVSステップワゴン外観で比較

車の外観も購入する判断材料としては重要な位置づけとなることでしょう。おしゃれにエクステリアと呼びましょうか。エクステリアは「買う意欲」に最も直結すると、個人的にそう思っています。自分の望む性能や価格の車と出会ったとき、それを最後に結び付けてくれるものだと思います。

オデッセイとステップワゴン、それぞれのエクステリアを見てみましょう。

オデッセイのエクステリア

引用:ホンダ公式HP

美しい流線を描く様相を呈していながら奥に鋭い牙を秘めたような、静寂と威圧感を等分に合わせもつその姿には鳥肌が立ちます。乗る人を拒まず、しかし乗ったら呑まれる、みたいな。好きな人から見れば病みつきになるかっこよさなのだと思います。

カラーバリエーションは多いもので7色展開です。プラチナホワイトやクリスタルブラックといった基本的な色から、コバルトブルーやスパイスパープルといった寒色もあります。きっとお気に入りのカラーが見つかることでしょう。

外観寸法は次の通りです。

  • 全長4830mm
  • 全幅1800mm
  • 全高1695mm

ステップワゴンのエクステリア

引用:ホンダ公式HP

王者の貫禄を据えた圧倒的な迫力に、乗る人を優しく包み込む寛大なその姿勢は、まさに「父親」と呼ぶにふさわしい車です。オデッセイとは対照的にずっしりと体を大きく構えるところが魅力だと思います。

こちらのカラーバリエーションは多いもので8色展開。フォレストグリーンやモダンスティールなど豊富なカラーが用意されています。好みのカラーを選びましょう。

外観寸法は次の通りです。

  • 全長4690mm
  • 全幅1695mm
  • 全高1840mm

 

オデッセイVSステップワゴン室内空間で比較

ミニバンを選ぶ基準として、室内空間をどのように利用するのか想定しておくこともとても重要になります。ミニバンですから、おそらく家族や友人を多く乗せることが前提となっているはずです。その上で家族や友人に快適な乗り心地を味わってもらうために、どのようなインテリアが適しているのか、少し想像してみましょう。

オデッセイのインテリア

①高級感を求めた仕様

オデッセイの室内は、高級感の演出が強く印象に残る雰囲気があります。その上で窮屈さを感じさせない広々とした空間を持っているので、ミニバンとしての質を落とさずしてリッチな体感に浸れる理想的なインテリアが広がります。気分も上がって素敵な時間を過ごせることでしょう。

②足を伸ばせる広い空間

3列目のシートを床下に格納でき、2列目のシートをスライドさせることで、ゆったりした空間が広がります。足を伸ばすこともできるので、長時間のドライブでも快適に室内で過ごすことができそうですね。ぐっすり眠ることもできそうです。

③より多くの荷物を詰め込める

2列目のシートを背をたたみ、前方へスライドすることで荷室を拡張することができます。自転車やキャンプ道具など持ち運びが難しいものでも楽に積めるので、旅先で楽しさの幅を広げてくれるでしょう。子供やペットの遊び場としても活躍するかもしれません。

④快適な車中泊を実現する

1列目のシートの背を後方へ倒すことで、まるでリクライニングベッドような室内を形成します。車中泊をする方には最適です。夏でも冬でもプチキャンプをするならこれ1台で完結です。楽しい1日を過ごせることでしょう。

ステップワゴンのインテリア

①シンプルだけど超快適

シンプルさとくつろぎの場を追求したインテリアが見受けられます。乗る人を幸せに導くことを一番とする空間を提供し、旅行などでは最高のサポーターとして皆を支えてくれることでしょう。父親が誇れる車です。

②乗る人を大切にする

室内の隅々まで親切で便利な機能が行き届いています。特にシートヒーターは冬場にはとても嬉しい機能です。移動中などで心地の良い睡眠をとることもできるでしょう。まるで小さなホテルにいるようです。

④わくわくゲート

ステップワゴンの真骨頂。それがわくわくゲートです。ドアが横からも開く仕様になっているのです。バックで駐車してドアを開くスペースが狭い場合でも、横に開けば荷物も簡単に積み下ろしができますし、3列目の乗り降りもとても楽になります。

 

まとめ

  • 車両本体価格はステップワゴンのほうが安い。
  • 燃費はステップワゴンのほうが優秀。
  • オデッセイは高級感を求めた仕様が多い。

どちら買いなのか、結果発表です。

コストを抑えつつ家族をみんな乗せて快適に過ごせる空間を求めている方にはステップワゴンがおすすめです。そして高級感あふれる車で運転をより一層楽しみたい方にはオデッセイがおすすめです。

自分が必要とするミニバンに何を求めているのかをよく考えると、その車は必ず最大のパフォーマンスを発揮してドライバーに応えてくれます。なので最高のマイカーに出会うには、ちょっとだけ自分の未来を想像することが大切ですよ。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください