ホンダライフの自動車保険って何?保険に付いてるサービスって?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ホンダライフをこれから購入されるあなた。自動車保険はどうしようか。どこも同じに見えちゃってよくわからないし、とりあえず安いの入っておけばいいか。と思ってはいませんか。

そして、既にホンダライフを所有されているあなた。購入時に何となく保険に入ったけど、本当にこのままで良いのかな。と疑問をお持ちではないですか。ここでは、自動車保険の必要性、おすすめ保険会社をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

【ホンダ ライフ】自動車保険って何なのか

まず、自動車保険には自賠責保険任意保険があります。自賠責保険は、自動車購入時に必ず入る保険です。自動車保険って車を買う時に強制的に入るし、何で他の保険にも入るんだろう。お金も二重にかかっちゃうし、もったいない。なんて思っていませんか。

私もきちんと保険について調べるまでは、もったいないお化けになっていました。でも、自動車保険ってちゃんと調べてみるとやっぱりどちらも必要で、役割分担があるんです。

自賠責保険

自賠責保険とは、自動車購入時に必ず入ることを義務付けられた強制保険です。法律で定められているので、違反すると懲役や罰金が発生します。

さくら(妻)
法律で強制的に入ることを決められているから、強制保険って言うのね。
源十郎
そのとおり。1955年に自動車損害賠償保障法っていう法律ができて、被害者は加害者を介さずに最低限の保障を受けられるようになったんだ。
さくら(妻)
うーん。ちょっと難しいわね。要するに、被害者の最低限の保障を守るために作られた法律ってことよね。

万が一、保険に入らず事故を起こしてしまったら。被害者は、怪我の治療やそ治療期間に仕事が出来ない場合、生活費用がなくなってしまいます。そうならないために、自賠責保険の加入を義務付け、被害者を守る最低限の保障ができるようになっています。

さくら(妻)
だとしたら、任意保険ってどうなるのかしら。自賠責保険で補償してくれるなら、わざわざ入らなくても良いんじゃない?

さくらさんと同じ気持ちの方、多いと思います。でも、自賠責保険はあくまでも必要最低限の保障なんです。そして、保障の対象となる人も限られています

引用:ソニー損保

さくら(妻)
え、賠償金も補償の対象も全然足りないじゃない。必要最低限ってこういう事なのね。

任意保険

任意保険は補償内容や保険料も様々です。ホンダライフの保険料は、約15,000円~90,000円とかなり幅があります。これは、保険会社やどういう補償内容にするかによって異なってくるからです。

参考:ソニー損保

上の表は参考に、仮の条件で見積もりを出してみました。しかし、ノンフリート等級が変わったり、補償の範囲や内容が変われば保険料も変わります。また、割引制度やロードサービスなど迷うポイントがたくさんあります。

ただ、自賠責保険では保障されない部分を保障してくれます。自賠責保険とは違い、強制ではありませんので、全員が加入している訳ではありませんが2017年3月末時点で約7割の人が加入しているという事です。

さくら(妻)
私たちがよく、どこの保険会社が良いか迷っちゃう。って話しているのは、この任意保険のことなのね。

保険会社によっては、いろいろな割引制度があったり、ロードサービスが付いていたりします。では、おすすめの保険会社を1つずつ見ていきましょう。

 

【ホンダ ライフ】自動車保険 オススメ保険会社

任意保険の会社はとってもたくさんあります。先ほどお伝えした通り、それぞれに特徴があり、迷ってしまうポイントがたくさんあります。自分はどういう補償を重視したいのか考えながら、一緒に保険会社を見ていきましょう。

ソニー損保

引用:ソニー損保

ソニー損保は、ダイレクト自動車保険16年連続売上No.1の保険会社です。様々な割引制度と、事故対応やロードサービスに定評があるようです。

ソニー損保の特徴
  • スピーディーな事故対応

24時間365日休まず対応可能。初期対応がスピーディーなので、万が一事故を起こしてしまった時でも不安な気持ちを長引かせません。また、弁護士や医師とも連携してサポートしてくれるので、安心感抜群です。

  • ロードサービスが無料で付帯

様々な車のトラブルをサポートしてくれます。こちらも24時間365日対応可能です。さらに、ロードサービスのみの使用ならノンフリート等級に影響はありません

  • 走る分に合わせた保険料

主に家庭用で使用される車の場合、予想年間走行距離に応じて保険料を算出します。走る距離が少ない方が、事故にあう確率は低い。という計算のもと、保険料も安くしているそうです。

実際にソニー損保を使用されている方の声をいくつかご紹介します。

  • インターネット割引、ゴールド割引、ペーパーレス割引など割引がたくさんある
  • 走行距離、車種、免許証の色、運転者の属性、補償内容など細かい設定があるから保険料に納得感を持てる
  • ロードサービスが無料なのに、レッカー代や自宅までの交通費があるのはうれしい
  • オプションを付けなくても基本的なものはカバーできる

走る距離が少ない人や、顧客対応やロードサービスを重視する方にはおすすめの保険会社と言えますね。保険料もさほど高くないように感じます。

引用:価格.com

チューリッヒ保険会社

引用:チューリッヒ保険会社

チューリッヒ保険会社は、コストを削減することで低価格の保険料を実現した会社です。そして、シンプルなわかりやすい補償内容にも定評があります。

チューリッヒ保険会社の特徴
  • コスト削減により、リーズナブルな保険料を実現

インターネット専用の自動車保険にすることで、コスト削減。その削減した分で保険料を安く提供しています。また、事故率の低い30~40代はさらにリーズナブルになっています。

  • ロードサービスをオプションとして付帯可能

ロードサービスを特約としてオプション付帯をするかどうかが選べます。そのため、他のロードサービスに入っている場合は付帯せずに保険料を節約することも可能です。

  • 24時間365日体制の事故対応

年中無休24時間で対応していて、サービス拠点は全国に9,500か所もあります。そのため、すぐに対応することができ、自己満足調査でも96.6%の方がご満足と回答しているようです。

  • シンプルな設計で難しい補償内容も簡単に

対人対物賠償、人身傷害、車両保険の3つを基本補償とし、対物超過、弁護士費用、ロードサービス費用の3つを特約として、シンプルに補償設計を組み立てていきます。そのため簡単に自分に合った補償を組み立てることができます。

実際にチューリッヒ保険会社を使用している人の声を聞いてみましょう。

  • 各社同じ条件で比較した時に、一番安価だった
  • 知名度があるから安心できる
  • 車両保険を付けると高くなるが、補償内容を考えると安い方である
  • インターネット専用ではあるが、不明点などは電話で親切に教えてくれる

もう既にロードサービスに入っている人や、極力保険料を抑えたい人には良いかもしれません。

引用:価格.com

アクサダイレクト

アクサダイレクトは保険料の安さも評判が良いのですが、自動車保険にとって大切な万が一の時の対応に定評があります。

アクサダイレクトの特徴
  • 必要な保障分だけの保険料

必要な補償だけを相談し、組みこんでくれるので、保険料もその分だけ。安く抑えられます。

  • 大きなインターネット割引

インターネットからの申し込みなら、最大で20,000円の割引になります。パソコンでもスマホでもどちらでもできます。

  • 無料のロードサービス

様々なトラブルや事故に対応したロードサービスが、全ての契約に無料で付きます。使用してもンフリート等級に影響はしません

  • 事故対応時の手厚いサポート

事故の際に示談交渉もしてくれますが、それだけじゃなく何かがあれば直接会って面談でサポートもしてくれます。

実際にアクサダイレクトを使用している人の声を聞いてみましょう。

  • 対人対物、人身傷害を手厚くし、特約関連を外すなど、自分の希望を細かく聞いてくれた
  • 毎年見直しをしているが、アクサダイレクトが1番安かった
  • 事故対応の時、今どうなっているかの進捗状況を逐一教えてくれるので安心できた

補償内容をじっくり相談して決めたい方や、事故対応を重視している方におすすめの保険会社ですね。

引用:価格.com

たくさんある保険会社の中から、いくつか有名なところをご紹介しました。もっと他のところや詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

 

スポンサードリンク

【ホンダ ライフ】自動車保険の豆知識

ここまで保険について長々とお話してきたので疲れていませんか。休憩がてら、今まで出てきた保険に関する単語の豆知識をご紹介します。

対人対物補償

事故の時、相手の人や物に対する補償のことです。車同士、自転車や歩行者などはイメージできると思いますが、ガードレールや電柱にぶつかった場合はどうでしょうか。

さくら(妻)
相手がいないから補償されないんじゃないかしら。

実は、補償されるんです。所有者が個人ではなくNTTなど団体にはなりますが、所有者がいるので相手はいます。ただし、自分の家の壁など、所有者が自分の場合は補償されないのでご注意ください。

動物の考え方

もしも動物と衝突してしまったら。動物は物として考えられます。そのため、ペットなどであれば対物補償。野生動物との衝突で自分の車を修理するなら車両保険での補償となります。

ノンフリート等級

事故の起こしやすさレベル。みたいなものです。1~20等級まであり、最初は6等級から始まります。1年間保険を使わなければ、翌年等級が1つ上がります。

等級が上に行けば行くほど、保険を事故を起こす可能性が低い、ということになるので、保険料が安くなります。最大で63%割引になるので大きいですね。

さて、少しリフレッシュしたところで、いよいよお見積もりに入っていきませんか。安くて質の良い保険を見つけるお手伝いができればと思っています。

 

【ホンダ ライフ】自動車保険のまとめ

  • 自動車保険には、強制保険と任意保険がある
  • 自賠責保険は加入しないと罰せられる
  • 任意保険は自賠責保険で補償できない部分の補償
  • 保険会社によって、特徴やサービスが様々である

なかなか難しい保険のお話でしたが、少しでもご理解いただけましたか。事故が起きないのが一番です。しかし、実際には思わぬところで事故に遭うこともあります。万が一のために、しっかり考えて加入することをおすすめします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください