リーフの維持費は一体いくらかかる?家計は苦しい?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

最近何かと話題になる、電気自動車。『どのくらい節約になって、家計は楽になるの?』など、気になっている人も多いのでは。3ナンバーの100%電気自動車リーフが、なぜコンパクトカー並みの維持費で済むのか、分かりやすく解説。ぜひ新車選びの参考にしてください。

 

スポンサードリンク

リーフの維持費の内訳

ほかの車種と比較するとリーフの維持費は、全車種の維持費ランキングで2位セダン維持費ランキングで1位となっています。

日産リーフ(LEAF、電気自動車、2WD)の維持費の内訳は、こちらになります。

  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検
  • 電気代(ガソリン代に代わるもの)
  • 駐車場代
さくら(妻)
普段車は乗っているけど改めて見てみると、維持費って結構お金がかかるのよね。家計から出さないといけないから、節約できるところは節約したいわ。

 

リーフの自動車税

全グレード機種(S、X、G)共通で29,500円となり、乗用車の中でも一番安い金額になります。グリーン化特例が適用となるため、全グレード機種共通で翌年度の納付額は、7500円となります。

源十郎
電気自動車は税金面で優遇されているって、家計にも優しいですね。

 

スポンサードリンク

リーフの重量税と、自賠責保険

新型リーフの重量税は『エコカー減税』が、100%適用されます。グレードSは22,500円・グレードXとGは30,000円の免税が受けられます。

自賠責保険は3年目までは13,040円4年目以降は約14,000円です。

さくら(妻)
重量税と自賠責保険は車検の時に毎回必要だから、少しでも安くなるのは助かるわ。

 

リーフの任意保険について

ソニー損保にて試算したところ、新型リーフの場合は全グレード共通で1年間で約5万円~6.5万円ほどの任意保険がかかります。保険料は家計から出すことが多いので、保険会社によって補償内容は様々です。内容をよく聞いて、判断してくださいね。

条件
30歳以上補償・本人限定・ブルー免許・車両保険なし・ネット割引円適用
源十郎
車を所有するのは何かとお金がかかるので、年間の保険料が安いのは魅力的ですね。

 

スポンサードリンク

リーフの車検について

新型リーフの場合は電気自動車のため、車検の際はほとんど日産ディーラーでしか対応してもらえないでしょう。

ディーラーでの車検の場合
重量税などの法定費用以外に、『代行手数料』・『印紙代』・『部品代』などがあります。それらの合計の平均が、おおよそ20000円ほどです。
源十郎
日産の『ZESPプラン2』に入っていると、初回点検時の点検費用などが無料になるんだって。車検ってお金がかかるから、このメリットはありがたいですね。

 

リーフ電気代について

新型リーフの充電には、家庭用の充電店舗などでの充電があります。ざっくりですが、電気代は月々3660円(家庭での充電1500円 + ZESPプラン2160円)・年間43920円となります。住んでいる地域によって変動することがあるため、あくまでも目安です。

家庭での充電
家庭での充電が、可能です。旧型リーフの場合は1km走行で大体4~5円の電気代になり、月々の平均は1000円~1500円になるようです(地域や電力会社によって、値段の変動あり)。

ただし家庭で充電をする場合は『200Vの専用充電設備』が必要なため、工事費は約8万円~10万円程度かかってきます。

引用先;日産自動車HP

日産のZESPプラン2に加入する
新型リーフを購入すると、『ZESPプラン2(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2)』に、月々2160円で加入することができます。日産店舗やコンビニなどにある急速充電器が無料で使い放題となります。
源十郎
電気で走る車だから、充電はどこでしたらいいのか気になってたんだ。充電の場所は下調べが必要だけど、ガソリン代と比べてコストはそれほどかからないね。
さくら(妻)
急速充電器で40分充電すると、約80%までの充電ができるんだって。買い物している間に、充電できるのがいいわね。

 

リーフの駐車場代について

リーフの駐車場代は全国平均8000円のところが多く、更新料1か月分を合わせ10.4万円です。住んでいる地域によって、駐車場代は変動するため目安となります。

さくら(妻)
リーフを購入する前に、ある程度下調べしたほうがいいかもね。

 

リーフのクチコミについて

ガソリン車の時は12000円/月程度でしたが、リーフでは毎月販売店に支払う維持費とZESPプランで約3000円と電気代になります。電気代は自宅充電(200V)数百円程度で、外出の時は急速充電は無料です。定期点検料は毎月の維持費(積立金)でまかなわれ、基本的に無料です。オイル代も不要、ECOモード走行による制御のおかげでブレーキパッドの減り方も少なく、整備費があまりかからないのがうれしいです。

引用先;日産自動車HP

さくら(妻)
毎月家計からガソリン代を出すのは、正直大変なんですよね。その気持ち、分かります。定期点検が無料で、電気代もあまりかからないなら、リーフに乗り換える人多いだろうなぁ。

現在リーフに乗っていますが、ZESPプランで毎月3000円・年間36000円の電気代です。ガソリン車に乗っていた時よりも半額以下の維持費なので、乗り換えてよかったです。自宅では全く充電していなくて、ほとんど急速充電です。

引用先;日産自動車HP

源十郎
自宅で充電はせず、外出時の充電だけで車が乗れるというのは、本当にすごいですよね。ガソリン代や維持費を少しでも節約したい人には、かなり魅力的かも。

維持費がガソリン車に比べて、劇的に下がりました。実質かかっているのはゼロミッションサポートプログラム(ZESPライトプラン)のみで年間2万円弱です。2年半で4.3万キロ乗って約500回充電しており、すべて記録しています。日産販売店や無料充電ポイント以外でかかった自宅の電気代と、有料充電費で約5000円です。交換した部品は、ワイパーブレードとエアコンフィルターです。さらに自動車税免税されます(東京都)。リーフ恐るべし!

引用先;日産自動車HP

さくら(妻)
そう言えばガソリン車の時は、車検で部品交換とかかなりお金かかったなぁ。でもリーフは維持費がかからず、自走車税が免税。節約できた分美味しいものを食べたり、家族みんなで遊びに行くお金に回せるのはうれしいわ。

大体の計算ですが、月1000~1500kmの走行でガソリン代が約2万円かかっていたものが、ZESPカード代+電気代で5千円未満なので、年間約18万円の節約になります。これにガソリン車だとオイル類の交換やエアエレメント・ベルト類等の交換が入ってくるのを考えますと、かなり維持費は安くなりました。

引用先;日産自動車HP

源十郎
年間18万円の節約になる車って、今まで聞いたことがないから本当にすごいよね。これからの時代は、電気自動車が主流になる気がするよ。

維持費は、格段に安くなりました。年間3万キロ近く車に乗る身としては、まずエンジンオイルが必要なくなったことが大きいです。エンジン車と違い変速によるトルク変動がないせいか、タイヤの持ちが良いような気がします。新車時のタイヤはローテーションしながら、5.5万キロもちました。速度調整のためブレーキを踏むことが少なくなったため、ブレーキの減りも少ないでしょう。電気代(ZESP含む)以外は、ほとんどかかりません。

引用先;日産自動車HP

さくら(妻)
エンジンオイルは3000キロ走ったら、交換って言われた気がするわ。でもそれを気にせず遠出できると考えたら、ドライブや買い物がすごく楽しくなるわね。

リーフには、5段階のグレードがあります。そのグレード別の口コミも一緒にご覧ください。

日産リーフの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

2018.09.10

リーフ欲しくなりませんか。でも、リーフは新車の価格自体高くて悩んじゃう。そんな方の為に、リーフを安く買う方法をお教えします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

日産リーフの値引き交渉術。値引き額の最大相場限界値を超える方法

2018.07.17

 

まとめ

それでは、リーフの維持費について、まとめてみましょう。(維持費の金額は、あくまでも目安です。)

リーフ1年目の維持費
自動車税 2.95万円 + 重量税 0円 + 自賠責保険 1.3万円 + 任意保険 6.5万円 + 車検費用 0円 + 電気代 1.95万円 + 駐車場代 10.4万円 = 23.1万円
リーフ2年目の維持費
自動車税 7500円 + 重量税 0円 + 自賠責保険 1.3万円 + 任意保険 6.5万円 + 車検費用 0円 + 電気代 1.95万円 + 駐車場代 10.4万円 = 20.9万円
リーフ3年目の維持費
自動車税 2.95万円 + 重量税 0円 + 自賠責保険 1.3万円 + 任意保険 6.5万円 + 車検費用 0円 + 電気代 1.95万円 + 駐車場代 10.4万円 = 23.1万円
リーフ4年目~5年目の維持費
自動車税 2.95万円 + 重量税 0円 + 自賠責保険 1.39万円 + 任意保険 6.5万円 + 車検費用 2.09万円 + 電気代 1.95万円 + 駐車場代 10.4万円 = 25.3万円
リーフ6年目以降の維持費
自動車税 2.95万円 + 重量税 7500円 + 自賠責保険 1.39万円 + 任意保険 6.5万円 + 車検費用 2.09万円 + ガソリン代 1.95万円 + 駐車場代 10.4万円 = 26万円
  • 車検は日産の『ZESPプラン2』に入っていると、初回点検時の点検費用などが無料になります。新型リーフの場合は電気自動車のため、車検の際はほとんど日産ディーラーでしか対応してもらえないでしょう。

リーフの魅力は3ナンバーの100%電気自動車なのに、コンパクトカー並みの維持費で済むところ。環境だけでなく家計にもすごく優しいので、節約できた分美味しいご飯を食べたりお出かけできたりと、楽しいことがたくさんできてみんなが笑顔になります。

ぜひみなさんもリーフで、いろんな場所へお出かけしてみてはいかがでしょうか。リーフと一緒に、楽しい思い出を作ってくださいね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください