日産リーフの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

100%電気自動車の日産・リーフ。ガソリン車でもハイブリット車でもない、電気の装置だけで勝負しているって驚きですよね。

日産はチャレンジャーなのだなと思ってしまいました。そんな勝負に出ているリーフを、きっと自信満々で世に送り出したのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って! 実際はどうなの?

今回は、日産・リーフを実際に乗ってみた方の意見をグレード別にまとめてみました。

そして、リーフの全体の口コミもまとめましたので、リーフが気になっている方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

リーフ グレード別の口コミ評価でメリット&デメリットを見よう!

 

2010年10月より発売の日産・リーフ。2017年9月にフルモデルチェンジをし、現行のリーフの2代目が誕生しました。

S、X、Gグレードがここで発売。その後、2018年6月に10万台記念車を発売。その後更に2018年7月にNISOMグレードが発売されました。

リーフのグレード紹介

まずは、リーフにはどんなグレードがあるのかを見ていきましょう。

【グレード一覧表】

引用:日産公式サイト

S、X、10万台記念車、Gグレードにおける違いは内装と装備のみで、外装は変わりありません

NISMOだけ、外装がよりスポーティーになりレッドラインが入り、内装にもレッドラインが入りました。

今回評価をまとめるにあたり、現行リーフの口コミを探しました。しかし、現行したリーフは2017年~ということで、まだまだ口コミが少ない状態。

源十郎
口コミを探すのめちゃくちゃ苦労したんだよ~。
さくら(妻)
まだ発売から1年しかたってないんだもんね。そりゃあ少ないわ。

数少ない口コミの中からまとめてみましたのでご覧ください。

 

リーフ・Sグレード口コミ評価

引用:日産公式サイト

まず、リーフのSグレードに乗った方、購入の方の意見で、Sグレードに特化した口コミをご紹介します。

Sグレードは、リーフの中で一番お値打ちなグレードです。リーフが欲しいけど、なるべく出費を抑えたい方にぴったりです。

Sグレードの口コミは物凄く少なかったです。探すの大変でした。ということは、Sグレードを購入する方が少ないということなんですよね。

そして、「Sグレード良かったよ」という口コミも、全くといっていいほど出てこないんです。

【口コミ】

  • 他のグレードと比べると、装備が劣る

やはり、基本グレードですので他のグレードには劣ってしまいます。これはしょうがないですよね。

  • プロパイロットがないのは痛い
  • プロパイロットを使いこなす自信がないのでSグレードでいい

一番大きなのは、プロパイロットがないこと。オプションでも、Sグレードには付けることができません

このプロパイロットの有無で購入するグレードを決めてしまう方もいました。

通常の運転に慣れている方は、プロパイロットみたいな運転支援システムに煩わしさを感じる方もいるみたい。少数派ですが。

プロパイロットとは
日産が開発する自動運転技術のこと。

高速道路の運転時、前を走っている車を自動で追従します。

高速道路での長時間の運転って疲れますよね。同じような道をひたすら走ることは、足も疲れてきてついついアクセルに力が入ってスピード出し過ぎたなんてことも。

そして、高速道路ではつきものの渋滞。これも物凄く疲れます。

そんな時に役立つ「プロパイロット」。アクセル、ブレーキ、ステアリング(ハンドル操作)を自動で制御し、運転者の負担を軽減します。

  • 同価格の車に比べて、内装がしょぼい

この一番安い価格でも、約315万円。この価格にしては内装がしょぼくてショックという方が多かったです。

  • ヘッドライトが暗い

電気自動車だからLEDと思いきや、そうではないんですね。「ハロゲンヘッドランプ」という一般的なランプのようです。他社から乗り換えた方は、前車と比較して「暗い」という意見でした。

オプションで、LEDヘッドランプに変更可能です。

引用:日産公式サイト

  • ナビがオプションで残念

他のグレードのナビは、純正で標準装備なのに対し、Sグレードは、ナビがディーラーオプションんです。

さくら(妻)
このグレード人気ないんだね。
源十郎
車はこだわる人が多いからね。っていうか、こだわりなかったらリーフを選ばない気がする。
さくら(妻)
そっか。「車は走れば十分」って人は、もっと安い軽自動車とか選ぶよね。

 

スポンサードリンク

リーフ・Xグレード口コミ評価

引用:日産公式サイト

次に、リーフのXグレードに乗った方、購入の方の意見で、Xグレードに特化した口コミをご紹介します。

Xグレードは真ん中のグレードなので、当たり前ですがSグレードよりも価格も装備もアップします。

【口コミ】

  • ハロゲンヘッドライトが標準仕様。LEDにして欲しかった

このXグレードでは、Sグレードと同じハロゲンヘッドランプ。こちらも、LEDランプにしたければオプションで変更するしかないですね。

  • プロパイロットが標準装備されていないのが残念

Xグレードでも、プロパイロットが標準装備ではないんです。でも、オプションで付けることが可能です。

  • 特にこだわりがなければ、Xグレードで十分

プロパイロットなど欲しい装備はオプションにすればいいし、その他に困らない程度の装備は付いているから十分じゃないかという意見もありました。

引用:日産公式サイト

  • エアリーグレーのシートは、ボーダー部分のカラーがカタログの写真よりも派手

Xグレードでは2種類のシートが標準装備です。ブラックとグレーどちらかを選べるのですが、グレーの方は上記の意見でした。(上記画像がエアリーグレーの内装)

これは好みの問題だから難しいですよね。実際にディーラーなどで事前に見れたらいいのですが、ぴったりの仕様車があるとは限りませんので、結局は納車後に見るということもあり得ます

  • ナビが7インチで小さい

標準装備されているナビが小さいので、『もっと大きくて見やすいといい』という意見でした。

さくら(妻)
私もプロパイロットは使えない気がする。特に女性はそんな人多いんじゃないかな。
源十郎
今まで、そんなの付いていない車の運転が普通だったからね。でも、日々進化してるんだから付いて来ないと!「スマホなんて無理~」って言ってた人が、今は普通に使いこなせてるでしょ?慣れだよ慣れ。

 

 

リーフ・Xグレード 10万台記念車(特別仕様車) 口コミ評価

引用:日産公式サイト

次に、リーフのXグレード 10万台記念車に乗った方、購入の方の意見で、10万台記念車に特化した口コミをご紹介します。

発売から約2か月、まだまだ口コミは少なかったですが、Sグレードよりも口コミが多かったです。人気を伺わせます

Xグレード 10万台記念車は、Xグレードに10個の装備プラスされた車です。

【口コミ】

  • プロパイロットが標準装備で嬉しい

そうなんです。上のXグレードまでは付いていなかったプロパイロットが標準装備なんです。これは嬉しいですね。

  • LEDランプが標準装備でいい

暗いと評判のハロゲンヘッドランプに比べ、LEDランプが標準装備。これも嬉しいですね。

  • 装備が充実で満足

Xグレード+約20万円の価格で購入でき、Gグレードに標準装備されているほとんどの装備がプラスされていてお得感あります。オプションで全て付けたら、確実に20万は超しそう。

さくら(妻)
変わったグレード名だね。長ったらしく感じちゃう。
源十郎
「記念車」って入ってると特別感わくし、そこ狙ったのかな。
さくら(妻)
それにしても、10個も標準装備を増やすって太っ腹!って思っちゃう。プロパイロットも入ってるしね。

この特別仕様車については、こちらの記事に詳しく書いてあります。参考にどうぞ。

日産リーフXの特別仕様車(10万台突破記念)発売!価格&装備は?

2018.06.01

 

スポンサードリンク

リーフ・Gグレード口コミ評価

引用:日産公式サイト

今度は、リーフのGグレードに乗った方、購入の方の意見で、Gグレードに特化した口コミをご紹介します。

口コミの中で圧倒的に多かったGグレードGグレードを選ばれる人が多いということですね。

【口コミ】

  • 前席窓側のひじ掛けが汚れやすい、汚れを落としにくい

Gグレードは、Xグレードと同じでブラックとグレーの2種類から内装が選べます。この方はグレーを選んでの意見です。

グレーといっても、暗いホワイトのような感じで、汚れが目立ちやすそうです。目立つ上に落としにくいというのは痛いですね。(Xグレードの内装画像がグレー)

  • アームレストが小さくて、リラックス出来ない

アームレストとは、肘置きのことです。これ、運転するときに使う方が多いですよね。そして、腕(アーム)はどっしりおいて休め(レストし)たいですよね。

  • さすがの装備で満足

Gグレードの装備は充実していて満足という意見でした。

  • ここまでの価格で出してるのに内装シートがしょぼい

Gグレードは約399万円。もう高級車の域ですよね。なのに、内装がしょぼいと思う人(もちろん個人の主観で変動あります)は愚痴も言いたくなります。

  • LEDヘッドライトが標準装備で明るい

GグレードでもLEDヘッドランプが標準装備。やっぱりLEDでしょ!

源十郎
これが一番人気のグレードか~。みんな懐事情明るいんだね。
さくら(妻)
でも、毎日乗る車だもん、快適に乗りたいよ。第2の我が家のようなものでしょ?
源十郎
そうだね。妥協したくないってことだね。

 

リーフ・NISMOグレード口コミ評価

 

引用:日産公式サイト

今度は、リーフのNISMOグレードに乗った方、購入の方の意見で、NISMOグレードに特化した口コミをご紹介します。

発売から約1か月の出来立てホヤホヤのNISMO。こちらもまだまだ口コミが少なくて探すの苦労しました。

【口コミ】

  • とにかくかっこいい

NISMOだけ別格のようなカッコよさですね。レッドラインが映えます。「みんなとは違うリーフがいい」って人にはいいかも。

  • 加速がヤバい

このNISMOは、他のグレードよりもさらに加速力がパワーアップしたそうです。NISMO以外でも評価されている加速力が、さらに良くなったなんて、まさに「ヤバい」の一言につきますね。

  • Gグレードより劣る

そうなんです。価格が一番高いグレードなのですが、標準装備はGグレードより劣ってしまうんです。みんなが気になるLEDヘッドランプは標準装備ですが、プロパイロットはオプションだったり、残念な点もあります。

源十郎
NISMOはさらにパワーアップだって。すごいね!!
さくら(妻)
外装内装もかっこいいしいいね。でも、価格がね。
源十郎
装備?外装?あ~どっち取ろう!

NISMOについては、こちらの記事に詳しく書いています。是非見てください。

日産新型リーフモデルチェンジ!価格&評判は?NISMOは2018年発売!

2018.08.14

 

リーフ全体の口コミ評価

今度はグレード関係なく、「リーフ全体」としての口コミをご紹介します。

外装

引用:日産公式サイト

【口コミ】

  • フルモデルチェンジでカッコよくなった

旧型の外装は好き嫌いが大きく分かれる見た目だったようです。でも、この現行リーフになって一般に受け入れられる外装でカッコいいの意見が多かったです。

  • 電気自動車らしい近未来感がない

こちらの意見は、上記の意見とは反対で、旧型の方が「電気自動車=未来車」という外装だったけど、現行リーフにはその未来感がなく、普通乗用車という外装だなという感想でした。

  • 様々なカラー展開があり、どれもよく映える

グレード一覧表を見ていただければ分かるように、たくさんのカラー展開があります。どれもいいし、これだけあったら自分の好みが見つけられそうですね。

さくら(妻)
このカラー展開はすごい!
源十郎
こんなにあったら、家族の意見分かれて大変そう。
  • 車幅がやや大きい

「車幅が大きくて小回りがきかない」という意見でした。

走行性能

引用:日産公式サイト

【口コミ】

  • 出足がかなり速い
  • スムーズに一気に加速する
  • 走りが快速電車のよう

この意見はすごく多かったです。この加速力が好きで購入した方も多かったです。「新幹線のような走り」と表現する方もいました。

さくら(妻)
新幹線のような走りだって!
源十郎
電車のような走りだって!
さくら(妻)
電車?新幹線?だいぶ違うような…。
源十郎
まあ、とにかくブーンと行くってことだね。

引用:日産公式サイト

  • コーナリングに安定感がある
  • 安定感あり、小さなでこぼこ道でもあまり感じない

これは、バッテリーが下にあることで低重心化。そのため、安定した走りが実現できています。

源十郎
うちはミニバンに乗ってるから、この安定性はうらやましい。
さくら(妻)
ミニバンは、車高が高くて「安定した走り」からは程遠いからね。

引用:日産公式サイト

  • e-ペダルで運転が楽ちん
  • アクセルだけで加速原則を調節できる

このe-ペダルは全グレード標準装備です。慣れないと変な感じだが、慣れてしまうともう手放せないそうです。

もちろん、きちんとブレーキもついていますので安心です。でも、ブレーキをあまり使わないですむので、ブレーキの痛みも遅くなりますね。

e-ペダルとは

普通、原則するときはアクセルからブレーキペダルに踏み変えますよね。

ブレーキとアクセルと上手く使って運転します。

それが、アクセルを踏みこむと加速、アクセルを緩めると減速、アクセルを完全に戻すと停止と、ワンペダルで調節できます。

源十郎
「ワンタッチペダル」が楽ちんなんだって。本当かな?
さくら(妻)
ブレーキ&アクセルに慣れてるから想像出来ないな。
  • 回生ブレーキだから?ブレーキを踏んだ時の感触が悪い
  • ブレーキがガクッとする

車を乗り換えた方には、「ブレーキに違和感がある」という意見が多かったです。ブレーキが2段階?という意見もありました。

源十郎
文章で表すと難しいんだよね。これは実際に体感してみないと分からないのかも。

乗り心地

【口コミ】

  • 車外、車内ともにとにかく静か
  • 静かで会話しやすい
  • エンジン音が聞こえて来ない分、ロードノイズが耳につく

初めてリーフを乗った瞬間に一番感じるのは、「スムーズな加速」と「静か」というくらい、リーフの静粛性は抜群のようです。しかし、「車が静かな分、ロードノイズがうるさい」「慣れてくると、ロードノイズが気になる」という意見もありました。

静かだと、会話も弾みますよね。家族でお出かけ、友人とお出かけを楽しい空間に出来ます。素敵ですね。

さくら(妻)
そんなに静かで快適なんだ~。体感してみたい。
源十郎
はじめは静かさに感動するけど、慣れてきたら他の音が耳についてしまうんだね。慣れって怖い…。
  • 後部座席が狭い
  • 運転先を下げると後席が狭い
  • 柔らかめシートで座り心地が良い
  • シートヒーターでお尻があたたかい
  • 高級感が全くなく安っぽい

こちらは、内装に関する意見です。「後席が狭い」は、同乗者は窮屈ですね。

シートは、「柔らかくていい」という意見と、「ずっと乗っていると疲れてくる」という意見がありました。

前席のシートヒーターは全グレード標準装備なので、冬は重宝するようです。「エアコンを使用すると燃費が悪くなるので、シートヒーターがあって良かった」との意見もありました。

「同じ価格だったら他の車はもっと豪華」「シンプル過ぎる」など内装にはほとんどの方が満足していないようです。でも、「性能が良いので目をつぶる」ということでした。

源十郎
内装はひどい言われよう。価格からして、内装も期待してしまうんだよね。
さくら(妻)
期待している分、裏切られた感が強いということか。

燃費(電費)

引用:日産公式サイト

【口コミ】

  • 月額2000円(現時点)で充電し放題で、ガソリンと比べて安い

リーフオーナーになりサービスに加入すると、毎月2000円で充電し放題なんですって。これは明らかにガソリンに比べて安い

さくら(妻)
わ~、こんなに安いなんてびっくり!!

でも、どこの充電スポットでもOKではなく、「使いホーダイプランに対応する充電スポット」でないといけません。

源十郎
でも充電スポットが近所にあるか…。
  • カタログ値の400kmよりは劣る
  • フル充電で約200km~250kmの航続距離は満足
  • 旧型リーフより航続距離が伸びた

どの車でもそうですが、カタログ燃費と実燃費には差があります。それは、リーフにも当てはまるようです。

「400kmなんて嘘」「エアコンを使わなければ300km行ける」などの意見がありました。

でも、旧型のリーフよりは断然に良くなっているようで、「満足」の意見が多かったです。

維持費

【口コミ】

  • エコカー減税が適用されて安く買えた

リーフにはエコカー減税が適用されます。でも、この減税も発売当初よりも減ってきているようです。自治体によっては補助金が出るところもあるため、確認しておくといいですね。

  • 5~6年ほどで走行用のバッテリーの寿命が来る

これはハイブリット車でも同じことが言えますよね。でも電気自動車の走行用バッテリーはガソリン車に比べてはるかに高く60~70万円はするようです。

  • エンジンがないのでオイルを変えなくて済む

定期的に変えないといけないエンジンオイルがなくなると、費用だけでなく手間も省けますね。

源十郎
トータル的に考えて、維持費+燃料代で電気自動車の方がお得みたいだね。
さくら(妻)
どのくらい乗り続けるか、故障の頻度などにもよるけど、電気自動車に気持ちが傾いてきちゃった。

その他

引用:日産公式サイト

【口コミ】

  • 大人5人のテニス道具も余裕でつめる

トランクに不満がある方はいませんでした。

  • 自宅に充電設備を設置しないといけない(8~10万円)
  • わざわざガソリンスタンドに行かなくてもいい

購入時、自宅の充電設備も購入しないといけません。これは絶対ではありませんが、設置しないと充電スポットまで行かなければならず不便ですよね。設置する方が多いです。

源十郎
自宅に充電設備を設置したら、もう電気自動車から離れられなくなりそう。
  • 遠出では、充電スポットをあらかじめ探しておかないと不安
  • 街乗りはいいが、遠出には不向き
  • 充電スポットは増えてきた

近所の充電スポットは把握済みでも、遠方の充電スポットの場所までは分かりませんよね。「高速は不向き」はこんな点から来ているのではないでしょうか。

計画的な遠出なら、あらかじめ確認できますが、「ちょっとドライブ~」で遠出の場合は難しいですね。

でも、近年は充電スポットも増えてきて、「そんなに困らない」の意見もありました。

さくら(妻)
これからもっと充電スポットは増えるだろうね。増えることはあったも、減ることはなさそう。
  • 充電時間が長い

ガソリンを入れるように、5分ほどで完了という訳にはいきません。フル充電まで10時間~16時間ほどかかるようです。急速充電もありますが、バッテリーの寿命を縮めるためおすすめできないようです。

源十郎
そんなに充電時間ってかかるんだ~。出先での充電の場合は、待ってないといけないね。
さくら(妻)
出先では、フル充電も出来なさそう。

リーフは魅力的なところいっぱいですね。でも、価格が高い。しかし、この記事を見れば安く買えちゃうかも知れませんよ。気になった方はチェック。

日産リーフの値引き交渉術。値引き額の最大相場限界値を超える方法

2018.07.17

 

まとめ

2017年9月のフルモデルチェンジで、2代目(現行)リーフが誕生しました。

グレードが5段階に分かれており、それぞれ内装や装備が変わります。NISMOグレードの外装内装だけ、赤いラインが入ったスポーティーな容姿です。

主な口コミは、

  • 現行リーフは、まだ発売から約1年で口コミが少ない。
  • Sグレードは基本のグレードで一番安い。口コミは特に少なく人気が低い。特にプロパイロットが付かないのが残念。ヘッドライトがLEDじゃないから暗い。
  • Xグレードは真ん中のグレード。装備も少しアップし、こだわりのない方なら十分。プロパイロット、LEDランプはオプションで。
  • Gグレードは一番人気。口コミも一番多い。豪華装備で満足という方が多いです。プロパイロット、LEDヘッドライトなど標準装備が嬉しい。
  • Xグレード 10万台記念車は、Xグレード+10個の装備でお得。プロパイロットもLEDヘッドライトも標準装備。
  • NISMOグレードは、スムーズな加速がよりパワーアップしてヤバい。
  • カッコよく一般的な外装、カラー展開も豊富。
  • スムーズな加速がいい、電車のような走り、低重心化で安定感ある走り。
  • e-ペダルが全車標準装備で楽ちんな運転。
  • ブレーキは慣れないと違和感ある、ガクッと2段階のようなブレーキ。
  • とにかく静かな車内、車内が静かすぎてロードノイズが気になる。
  • 後席が狭い、シートヒーターが重宝する、内装はしょぼい。
  • 月額2000円ので乗り放題、ガソリンに比べたら断然にいい。
  • 燃費は、カタログ値の400kmなんて嘘、フル充電で200km~250kmは余裕で行く、旧型よりは格段にいい。
  • 購入の際は、自宅に充電スポットがいるから+の価格がかかる。でも、エコカー減税が適用される。
  • 充電スポットを探さないといけない。でも、近年は増えてきていて困ることが減った。
  • 充電時間が長い。ガソリンのようにすぐに満タンにはならない

今回は、日産・リーフの口コミについてまとめてみました。実際に乗車したことのある方の口コミって参考になりますよね。いいことだけを言う販売店の方よりも信用できるのではないかと思っています。

「リーフは性能、維持費削減重視」の車っていうふうに感じました。「内装は残念でもこの性能に惚れ込んだ方」や「維持費をどうしても減らしたい」という方におすすめですね。

現行リーフは外装も良し、性能良し、電費良しで、『満足!』のユーザーばかりでした。これからもどんどんリーフユーザーが増えていくことでしょう。

まずはリーフを取り扱っている日産ディーラーで、『100%電気自動車』を試乗&体感をしてみましょう!!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください