レヴォーグのおすすめ人気グレードとスペック!ファミリーカー目線で調査!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

スバルのレヴォーグ、かっこいいですよね。気持ちの良い加速で颯爽と駆け抜ける姿に憧れます。ですが結婚して子どもができて、いつの間にかカーライフの中心は子ども達。車を買い替える時もレヴォーグは候補にも上がらず・・・憧れは遠のくばかり。

でも世のお父さん方、諦めてはいけません。レヴォーグがファミリーカーとして認めてもらえれば「家族と共にレヴォーグと共に」の生活は実現するはず。

そこで今回はレヴォーグのスペックを徹底チェックしてみました。ファミリーにおすすめ人気グレードを探し当ててみようじゃありませんか。

 

スポンサードリンク

ファミリーにおすすめのレヴォーグのグレードは?

引用 スバル公式HP

源十郎
発表します!!レヴォーグのおすすめグレードは・・・

ジャジャーン!!1.6GTアイサイトです!!

ということで、いきなり始まりました。源十郎プレゼンツ「レヴォーグのおすすめグレードを勝手に選定してみよう」のコーナーです。

さくら(妻)
レヴォーグってカッコイイ車ねー。海辺のドライヴしてみたーい。

車のグレードっていっぱいあるけど、どうしてパパはその1.6GTアイサイトを選んだの?

源十郎
うん、グレードってそれぞれに特色があって「これがおすすめ」って決めるの難しいよね。今回のテーマは「ファミリーカーとして」おすすめできるグレードだよ。
さくら(妻)
えーっ!?レヴォーグってファミリーカーのイメージないけど。
源十郎
そうだね。でもさっきさくらちゃんが言ったみたいに「レヴォーグでドライブしたーい」って思ってるお父さんって実はいっぱいいると思うんだ。

だから「ファミリーカーとして使えるかどうか」の視点でレヴォーグのスペックをチェックをしてみたんだよ。

さくら(妻)
ちょっと待って。その「スペック」って何なの?
営業マン
スペックというのはその車の「仕様」という感じですね。構造や性能といった特徴のことです。

車のカタログを見てもらうと「主要諸元表」というのが必ず載っています。これを見ると車の仕様が細かいところまで全てわかるんですよ。でも見慣れていない方にはちょっとわかりにくいと思いますので、難しいところは私がご説明しますね。

おおっ、心強い助っ人が登場したところで、早速おすすめグレードの詳細について見ていくことにしましょう。

レヴォーグの人気は1.6グレード

源十郎
よし、じゃあまずレヴォーグのグレードについて紹介するよ。
レヴォーグのグレード一覧

1.6Lエンジン【燃費16.0km/L】

  • 1.6GTアイサイト:2,862,000円
  • 1.6GTアイサイト S-style:2,926,800円
  • 1.6GT-Sアイサイト:3,078,000円
  • 1.6STI Sportアイサイト:3,564,000円

 

2.0Lエンジン【燃費13.2km/L】

  • 2.0GT-Sアイサイト:3,618,000円
  • 2.0STI Sportアイサイト:4,050,000円

レヴォーグのグレードは全部で6つ。全体で見ると1.6グレードに人気が集まっています

さくら(妻)
1.6とか2.0って何の違いなの?
営業マン
レヴォーグは排気量の違いによってエンジンが2種類あるんです。排気量1.6L車に4グレード、2.0L車の2グレードがあると捉えて下さい。

ではレヴォーグの大きな特徴のひとつである、エンジンのスペックについてサラッと解説していきましょう。

レヴォーグは全車ターボエンジン搭載

レヴォーグは全車ターボエンジン搭載の車です。

車のエンジンはガソリン・ハイブリッド・ターボと様々で、中には3種全てのエンジン形態で展開している車もありますが、レヴォーグの場合はターボ一択。

ターボエンジンとは

ターボエンジンとは排気ガスを利用して、エンジンにより多くの空気を送り込むことができる仕組みのエンジン。

エンジンは空気を取り込むほど大きなパワーが出るので、同じ排気量のノーマルエンジン(大気圧だけでエンジンに空気を送り込む車)と比べると、ずっとパワフルな走りができる。

源十郎
つまりギュイーンとした加速や力強い走りがターボ車の特徴であり、レヴォーグの魅力と言えるんじゃないかな。
さくら(妻)
でもターボ車って燃費が悪いのよね?
営業マン
そうですね、そういうイメージを持たれている方は多いと思います。でも最近のターボエンジンはかなり低燃費化が図られてきているんですよ。

やはり数字で見るとまだノーマルエンジンの燃費よりは劣りますし、ハイブリッド車などとはとても同じ土俵に立てないですけどね。

源十郎
ターボ車を選ぶ人って「走り」重視で燃費をあまり気にしないところがありますよね(笑)

ちなみに排気量が大きい方がやはりパワフルに走ることができるので、1.6Lエンジンと2.0Lエンジンでは2.0の方がより力強い走りをします。車体が重くなる関係もあって、排気量が大きい方が燃費は悪くなりますが。

1.6グレードが人気のワケ

さくら(妻)
1.6の方が人気が高いのはどうしてかしら?

それ、気になるところですよね。1.6グレードが人気なのは主にこの2つの理由からだと思われます。

  1. 小排気量エンジンでもターボの魅力であるパワフルな走りを充分堪能できる
  2. 燃料費を抑えられる
営業マン
2.0Lエンジンはサーキットでも走れるほどの素晴らしいものなんですよぉ(恍惚)・・・「買うなら絶対2.0!!」という方もいらっしゃいますからね。

(ハッ)いやでもですね、1.6L車でもターボの加速やパワーをしっかり味わっていただけるんです。「街乗りメインであれば1.6L車で充分満足」と評判もいいんですよ。

さくら(妻)
なるほどねぇ。1.6の方が燃料費が抑えられるって言うのは、やっぱり燃費がいいから?
営業マン
はい、それもありますが、1.6L車には全グレードにアイドリングストップ機能が搭載されているんです。車が停止している時には自動的にエンジンを切ってくれますので、さらに燃料消費を抑えることができるんですよ。

そして、それだけじゃないんです(ニヤリ)。

実はレヴォーグの1.6Lエンジンはレギュラーガソリン仕様なんです。

源十郎
ターボ車ってハイオク仕様が多いですよね?これはかなり有り難い特徴ですね。
さくら(妻)
ハイオクだとレギュラーガソリンより1L当たり10円くらい高いものね。ファミリーカーでは「お財布にやさしい」って大事なポイントよ。

そう、さくらさんの言うとおり。ファミリーカーは経済的であることも大事な条件

満足感の得られる走りができて維持費も抑えることができる。となれば、人気の1.6グレードはそのまま「ファミリーカーにも推奨できるグレード」ということになりますね。

ちなみにレヴォーグはリセールバリュー(中古車として買い取ってもらう時の価格)も1.6L車の方がいいそうですので、新車購入時のグレード選びにはその点も考慮したいところですよね。レヴォーグの高額買取のコツについて知りたい方はこちらをどうぞ。

レヴォーグは買取価格高かった!さらに高額買取価格をつけるには?

2018.09.02
源十郎
次は僕がおすすめしているグレード・1.6GTアイサイトのスペックを詳しく紹介していくよ。

スポンサードリンク

1.6GTアイサイトのスペックを他グレードと比較してみた

引用 スバル公式HP

源十郎一押しの1.6GTアイサイトはレヴォーグのベースグレード。お値段的にも最も手の届きやすい価格です。

ベースグレードと言うと「必要最低限の装備しかついていない」グレードというイメージもあるかもしれませんが(実際そういう車も結構ありますよね)、レヴォーグに関してはそんな不足感はなく、まさに基本機能を網羅した車ではないかと思います。

では他の1.6L車のグレードと比較しつつ、GTグレードの仕様はどうなっているのか見ていきましょう。

【1.6GTアイサイト】他グレードとここが違う

やはり最もお安いグレードですので「1.6GTだけ」これが付いていないんだよね~、みたいなモノがいくつかあります。それがこちら↓

  • タイヤ:1.6GTのみ17インチタイヤ他グレードは全て18インチ(グレードによりホイール等の違いはあり)。
  • LEDハイ&ロービームランプ:1.6GTは光輝タイプ、他グレードは全てブラックベゼル。
  • フロントワイパーデアイサー・フロントシートヒーター:他グレードは標準装備だが1.6GTはオプション設定。
営業マン
フロントワイパーデアイサーというのは、ワイパーの凍結を防ぐための機能ですね。
さくら(妻)
あー、雪が降ったりするとワイパーが凍ってフロントガラスから離れなくなっちゃったりするものね。

うーん、でも雪国とか寒冷地に住んでいるのでなければ「ないと困る」というほどの装備じゃないかも。シートヒーターもあったらいいな、とは思うけど。

源十郎
ハイ&ロービームランプも見た目の違いだけって感じだから、特になくてもいいかな。(ブラックベゼルはフロントライトの周りが黒い)

あ、でもタイヤサイズはこだわる人はこだわるよね。17インチでもOKかどうかがGTグレード選択のひとつのポイントになるんじゃないかな。

上位グレードとの差異

次に上位グレードとの違いを比較してみます。

ここではGTとそのひとつ上のGT・S styleを下位グレード、GT-SとSTIを上位グレードとして考え、装備等の違いを比べていきます。

上位グレードとの違いはこちら↓

  • フロントシートの形状:下位グレードのシートはスタンダードタイプ上位グレードではスポーツタイプ
  • 運転席8ウェイパワーシート:上位グレードは10ウェイパワーシート。
  • 助手席8ウェイパワーシート:上位グレードは標準装備だが、下位グレードはオプション設定。
  • ダンパー:GT-S・STIグレードはそれぞれ下位グレードとは違った専用のダンパーが使われています。
営業マン
ダンパーというのは簡単に言うと、車の乗り心地や操舵の安定性を左右する部品のひとつですね。やはり上位グレードでは「走り」を極めるために細部にもこだわってるんです。

ちなみにこちらがスタンダードタイプのシート。

引用 スバル公式HP

で、スポーツシートがこちら↓

引用 スバル公式HP

形状の違いがわかるでしょうか。スポーツシートの方はしっかりホールド感があって、疲れにくいんだそうです。でもちょっと大柄の人だと「窮屈に感じる」なんて口コミもありましたから、座り心地の好みは人それぞれかもしれませんね。

源十郎
下位グレードも運転席はパワーシートなんだね。シートの位置や座面の高さ、リクライニングなんかは調節できるからそれで充分な気もするなぁ。

ちなみにレヴォーグの内装は、最上位グレードのSTI以外はあまり大きな違いがないんです。

GTの内装はこんな感じ。

引用 スバル公式HP

いたってフツーといったところでしょうか(笑)。レヴォーグの内装は「安っぽい」「高級感ゼロ」なんて酷評もありますけど、一方で「シンプルで好感が持てる」なんて言われていたりもしますね。

GT-Sまでは全て内装色が黒、シート素材はファブリックです。ステッチの色だけ違いがあり、下位グレード2つがシルバー、GT-Sはブルーになっています。

STIグレードになるとシート素材が本革になり、カラーも専用色のボルドーになるので、ちょっと高級感が感じられます。

さくら(妻)
うーん、内装にはできればこだわりたいけどSTIグレードになるとお値段も跳ね上がるのよね。それに見た目の印象や使い勝手にはこだわりたいけど、子どもが小さい時は「高級」じゃなくてもいいかな。

さくらさんのように何十万円もプラスして高級な内装にしなくてもいいけど、やっぱり内装はちょっとお洒落に楽しみたい、という方も多いはず。そんな方には「カスタム」がおすすめですよ。グレードアップしなくてもお手軽に自分好みの空間が演出できます。

レヴォーグの内装カスタムについてまとめた記事はこちら。各グレードの口コミ評価を徹底調査した記事と併せて、是非参考にしてみて下さい。

新型レヴォーグの内装をカスタム!改造パーツでドレスアップ!

2018.09.14

レヴォーグの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

2018.09.13

1.6GTアイサイトをファミリーカーにおすすめするワケ

源十郎
実はね、さくらちゃん。レヴォーグはどちらかと言うと上位グレードの方が人気があるんだ。同じ1.6グレードでもGT-SとかSTI Sportとかね。
さくら(妻)
あー、なんかわかる気がするわぁ。GT-Sから急に上級仕様になる感じだものね。STIグレードまでいっちゃうとかなりお値段が高くなるけど、どうせならGT-Sくらいのグレードで特別感を味わいたいかも。

でも、じゃあなんでパパは1.6GT押しなの?

源十郎
そのワケはね・・・

不足がないから。

さくら(妻)
え・・・と、どういうこと?
源十郎
じゃあ、さくらちゃんに聞くけど、1.6GTのスペックを見て他のグレードに比べて極端に不足しているところって、あったかな?
さくら(妻)
あー、そう言われれば。確かにグレードが上がれば便利な装備がプラスされるし、質感もアップするけど、1.6GTも「これがないなんて致命的ー!!」みたいな装備はなかったかも。

そうなんです。車によってはベースグレードってお安い分、本当に装備が貧弱で、実際に購入検討する時の選択肢にならない、なんてこともあるんです。でもレヴォーグはベースグレードの完成度が非常に高いんです。

だからこそ、不足がないのにお財布にやさしいベースグレード・1.6GTアイサイトファミリーカーにおすすめなのです。

源十郎
もちろん、譲れないこだわりがあって、予算も許すなら上位のグレードを選んでいいと思うよ。

でも大半の子育て世代の人達は「車にかけるお金はできるだけ少なくしたい」というのが本音だと思うんだよね。

さくら(妻)
それはそうよ。子育てにかかるお金って大学まで行くとなると総額で1,200万円とも1,600万円とも言われてるんだから。
源十郎
え?そんなにかかるんだ(汗)。

や、やっぱり子育て中は車にお金をかけ過ぎない方がいいからね。

さくら(妻)
うんうん、その通りね。レヴォーグのグレードでパパが1.6GTアイサイトをおすすめする理由がよくわかるわ。

でもねぇ・・・やっぱりレヴォーグってファミリーカーのイメージ湧かないわ。ミニバンと比べるとかなり狭そうだし、子どもと一緒に乗るにはいろいろ不便なんじゃないかしら。

さくらさん、どうしてもそこが気になるみたいですね。

ではレヴォーグが本当にファミリーカーとして使えるのかどうか、チェックしてみることにしましょう。

スポンサードリンク

そもそもファミリーカーってどんな車?

では質問です。「ファミリーカー」の定義って何でしょう。

子連れの夫婦が使用することを想定されたデザインの車のこと。最低でも4、5人乗りで車内が広く使える程度の大きさのものがファミリーカーとされやすい。

引用 実用日本語表現辞典

何とおおらかな定義でしょう。そして「車内が広く使える程度の大きさ」って・・・何と曖昧な定義でしょう。広く感じるか狭く感じるかは人によって感覚が違うというもの。

ということは「ファミリーカーと言えばミニバン」・・・だけじゃない!!ということです。

ファミリーカーに求められるもの

とはいえファミリーカーを選ぶならパパだけでなく、ママの意見が色濃く反映されるのはどこのご家庭でも同じではないでしょうか。

世のママ達がファミリーカーに求めるものは、大体こんな感じのようです。(口コミ等から勝手に検証)

  1. スライドドア
  2. 広さ(ベビーカーをたたまずに載せられる等)
  3. 安全機能
  4. 低燃費
  5. 運転席から後部座席へのウォークスルー
さくら(妻)
わかるわぁ、どれも子どもがいたら欲しい機能よ。子どもの乗り降りや荷物の積み込みなんかを考えればスライドドアの方が絶対便利だし、ベビーカーを載せられるのも必須よね。子連れの外出は荷物も多いし、広さは大事よ。

ではこれらのママの期待にレヴォーグはどのくらい応えられるのでしょうか。

レヴォーグはファミリーカーの条件を満たしている?

さくら(妻)
レヴォーグ・ママチェーーック!!
  • スライドドア:ついてない
  • ウォークスルー:できない
  • 低燃費:・・・とは言えない(ガソリン車やハイブリッド車に比べると)
さくら(妻)
えっ!?ちょっと待って。レヴォーグ・・・全然ダメじゃない。グレードがどうのとかいう以前の問題よ。パパ、レヴォーグはミニバンに完敗。ファミリーカーには向いてないわ。
源十郎
いやいやいや、さくらちゃん、早まらないで。諦めたらそこで試合終了だよ。

そもそもミニバンの特性とまんま勝負したって勝てっこないよ。レヴォーグにはレヴォーグの良さがあるんだ。そこを評価してあげて。

さくら(妻)
ほう。ではその良さとやらを聞かせてもらおうか。(懐疑的)

ちなみにさくらさん、レヴォーグは低燃費ではないと評されていますが、それはガソリン車やハイブリッド車と比べてのこと。ターボ車としてはレヴォーグの燃費はなかなか優秀なんですよ。レヴォーグの燃費についての詳しい情報はこちらをどうぞ。

レヴォーグの燃費の評価を調査!高速道路での実燃費や走り方のコツ

2018.09.13

他を補って余りある安全装備「アイサイト・ツーリングアシスト」

スライドドアやウォークスルーといった使い勝手の良さに目を奪われがちですが、実はファミリーカーの条件として多くの人が挙げているものに「安全性」があります。

やはり大事な家族を乗せて走る車には、信頼できる安全装備が付いていて欲しいもの。そのその点スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」は実路を10万キロ以上も走行してデータを取り開発された、優れた予防安全装備なんです。

アクセルやブレーキ、ステアリング操作を自動で制御してくれ、人や車、モノ等の障害物にぶつからないようサポートしてくれたり、渋滞時や高速道路での単調な運転の負荷を軽減するサポートをしてくれます。

営業マン
はい、この「アイサイト・ツーリングアシスト」には絶対の自信を持っています!!

レヴォーグは車体価格が高いと言われていますが、実際に購入されたユーザーさんからは「アイサイトの仕上がりが素晴らしいので納得の値段」「高いとは思わない」という声を多く頂戴しております。

さくら(妻)
でも最近はどこのメーカーでも同じような安全装備が開発されているでしょう?
営業マン
確かにそうですね。でもスバルのアイサイトは「他社のものよりも格段に優れている」とやはりユーザーさんから高い評価をいただいているんですよ。是非実際に試していただき、その違いを実感して欲しいです。
源十郎
それに全グレードに標準装備されているのが嬉しいよね。

最廉価グレードには予防安全装備がついてない、なんて車も結構あるから。ここでもベースグレードの完成度の高さが際立つね。

営業マン
ちなみに最上位グレードのSTIではツーリングアシストの他に「アイサイト・セーフティプラス」というものが標準装備されているんです。

車をバックで出す時や車線の変更時に、後ろから来た車にヒヤリとしたなんてこと、ありませんか?そんなヒヤリをなくすサポートをしてくれたり、運転席からは見えにくい部分をディスプレイ表示して死角を減らしたりしてくれるんです。

営業マン
こちらも大変ご好評をいただいておりまして、STI以外のグレードを選ばれてもオプションで付けられる方が多いんですよ。1.6GTアイサイトはもちろん、全グレードでオプション設定が可能です。
源十郎
最廉価グレードであっても欲しいオプションはしっかり選べる、これが1.6GTの不足感のない優れたところだよなぁ。

グレードによる差異は標準装備だけでなく、選択できるオプションの違いにも表れるものです。(例えば上位グレードでしか選べないオプション、最廉価グレードだけ付けることのできないオプションなんていうものが結構あるんです。)

どのグレードでも大抵のオプションを選択することができるのが、レヴォーグの有り難いところですね。

さくら(妻)
確かに、使い勝手の良し悪しは慣れでカバーできちゃうこともあるけど、家族の安心・安全は何にも替えられないものね。アイサイトは魅力的だわ。

大型・大量なんでも積める!実は広いレヴォーグの荷室

子連れ外出=荷物が多い、ですよね。子どもが小さいうちはベビーカーも積み込まなきゃだし、そもそも幼い子どもを連れて頻繁に買い物に行くなんて大変過ぎます。だからパパのいる週末は大型スーパーでドワッとまとめ買いとか、時にはイケアで収納用品買ったりとか。

とにかくお買い物にしろレジャーにしろ、車にはいっぱい荷物が積める方が便利に決まっています。そしてレヴォーグの優れた点は、この荷室の収納力にもあるんです。

引用 スバル公式HP

わかりますか?ゴルフバッグが4つも積んであります。さすがにミニバンのように高さがあるわけではないので、ベビーカーをたたまずにそのまま、というのは難しいですが、折り畳みさえすれば充分積み込み可能です。

しかもこんなサブトランクまで隠し持っているんです。

引用 スバル公式HP

さくら(妻)
うわー、結構大容量ね。子どもが少し大きくなって家族でキャンプとかに行っても、しっかり荷物が収まりそう。

あ、あと旅行先でおみやげ買い込んじゃった時とかにも使えそう。

源十郎
そうそう、旅行って絶対行く時より帰りの方が荷物増えるんだよね。

レヴォーグの荷室の収納力の高さについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さいね。

レヴォーグの全長サイズは?寸法&車幅の大きさも全部解説

2018.09.14

レヴォーグを「快適ファミリーカー」にできるのはどんな家族?

さくら(妻)
荷物がいっぱい積めて安全性が高くて。レヴォーグのファミリー向けなところはところはよくわかったわ。

でもうちは子どもが3人の5人家族だから、どっちにしたってレヴォーグは無理よね。チャイルドシート載りきらないし。

源十郎
まあそうだよね。レヴォーグをファミリーカーとして乗ることはできると思うけど、やっぱり快適に使うには「望ましい家族像」はあると思うよ。

ということで、勝手にイメージしてみました↓

レヴォーグをファミリーカーにできる家族像

理想の家族像:パパ・ママ・お子様1名。

お子様の年齢:4歳くらい~。小学生くらいが最も理想的?

さくら(妻)
あー、やっぱりレヴォーグって3人家族向けの車なのねー。
源十郎
うーん、必ずしも子どもが1人じゃないとダメってことでもないんだ。でもレヴォーグは「後部座席が狭い」って口コミが結構あってね、チャイルドシート2つ載せるのはさすがにキツイと思うんだ。

でもチャイルドシートを使わない年齢の子どもだったら2人いても全く問題ないと思うよ。

さくら(妻)
確かにね。チャイルドシートが2つもあったら、ママが車内で赤ちゃんのお世話するスペースとかなさそう。

子どもの年齢が4歳以上がイイっていうのはなんで?車が狭いんだったら、子どもも小さい方がいいんじゃないの?

源十郎
いや、子どもが小さいと車の乗り降りって親がやってあげなきゃでしょ?スライドドアもなければ車内も狭い車に、子どもを抱き上げて乗せたり降ろしたりするのって大変じゃない?
営業マン
いやもう、あんまり狭い狭い言わないで下さいよ~。
源十郎
あ、スミマセン。

でね、子どもがひとりで乗り降りできるくらいに大きくなっていると、狭さによるストレスも軽減すると思うんだ。あとやっぱり、レヴォーグは車内で赤ちゃんのオムツ替えるスペースとかはとれないからさ、オムツも外れてるくらいの年齢の方がママは楽なんじゃないかな?

さくら(妻)
そっかぁ。「子どもがいたらミニバン」って思ってたけど、子どももある程度大きくなっちゃえば結構どんな車でも大丈夫なのかもね。
営業マン
それにお子様が小学生くらいになるとキャンプやスキー等、レジャーの幅も広がりますからね。

遠出が増えてくると、ミンバンよりも車高が低くて走行性が安定しているレヴォーグの走りをより楽しんでいただけると思いますよ。(控えめに、ドヤッ)

こう見えてレヴォーグ、実は車中泊もできちゃったりする車なんです。詳しく知りたい方は是非こちらの記事をご覧下さい。

レヴォーグで車中泊キャンプ!とことん楽しむ方法を調べてみた

2018.09.10

まとめ

  • ファミリーカーにおすすめのレヴォーグのグレードは1.6GTアイサイト
  • レヴォーグは全車ターボエンジン搭載。排気量の違いにより1.6Lエンジンと2.0Lエンジンの2種があり、1.6L車に4グレード、2.0L車に2グレードが設定されている。
  • レヴォーグの人気グレードは、燃費がよくレギュラーガソリン仕様の1.6グレード。中でも上位グレードが人気。
  • 1.6GTアイサイトは最廉価のベースグレードであるが、必要な基本機能を網羅している車であり、上位グレードと比べても大きな不足感がない。価格が安い上に仕上がりがいいグレードなので、ファミリーカーとしては最適。
  • レヴォーグにはファミリーカーとして重視されるスライドドアやミニバンのような広さはないが、スバルの予防安全装備「アイサイト・ツーリングアシスト」が全グレードに標準装備されており、安全性においては他を補って余りある評判。
  • レヴォーグの荷室は大容量であり、まさにファミリーカー向き。
  • 家族構成にによっては、レヴォーグもその特性を活かした快適なファミリーカーになり得る。

ひと口にファミリーカーと言っても、家族の形態や生活スタイルによって最適な形は違うもの。今の自分達にベストなのはどんな車なのか?家族みんなで是非いろんな角度から検討して、ステキな思いで作りのできる一台に出会って下さい。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください