スバル・レヴォーグのリコール情報!5万円返金対象車は決まっている!?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

スバル車の中でも人気の高いレヴォーグ。今回はそのレヴォーグのリコール情報について徹底調査してみました。

リコール対象車に5万円キャッシュバック」って噂があるけど、アレどういうこと?レヴォーグを買いたいと思っているんだけど、リコールは多いの?いざリコールとなったらスバルさんはどんな対応をしてくれるの・・・そんな疑問をまとめてスッキリ解決しちゃいましょう。

レヴォーグに限らずスバルに限らず、リコールというのは実はそれほど珍しいものではなく、誰にでも起こり得ることなんです。もしも自分の車がリコール対象になったらどうしたらいいのか。せっかくなので、そんなハウツーも是非この機に身につけちゃって下さい。

 

スポンサードリンク

スバル・レヴォーグのリコール情報【2017年晩秋編~車検で返金5万円!?~】

レヴォーグのリコールとして記憶に新しいのは2017年11月に発表された「無資格者による完成検査」。そしてそれに纏わる「5万円キャッシュバック」の噂の真相が気になった方も多いのではないでしょうか。

さくら(妻)
え?5万円キャッシュバック?なにその大型キャンペーンの謳い文句みたいなのは。

うんうん、気になりますよね。まずは2017年秋のリコール内容がどんなものだったのか確認していきましょう。

でもその前に、まずはレヴォーグがどんな車なのかをしっかりさらっておきたいというアナタには、こちらの記事からお読みいただくことをお勧めします。

レヴォーグの乗り心地は実際どうなのか徹底的に調査した結果

2018.09.23

レヴォーグの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

2018.09.13

無資格者が完成検査でGOサイン

2017年11月のリコール内容は「出荷前の新車の完成検査を無資格の従業員が行っていた」というもの。

車は新車として市場に出される前に「完成検査」というものを受けます。完成検査とは要するにどこにも不備がないか、問題なく車が走行できるかどうかといった、商品としての最終チェックです。

で、この完成検査は国に代わってメーカーが行っているんですが、検査するのはメーカーが認定した検査員でなければなりません。

ところがスバルでは認定取得のための研修を終えた後、まだ社内試験に合格する前の従業員に完成検査を経験させる体制をとっていました。無資格の従業員が正規の検査員の印鑑を借りて「完成検査OK」としていたんです。

さくら(妻)
へー。リコールって車が故障してどこか動かなくなった時なんかに使われる言葉だと思ってた。こういう規則違反みたいなものもリコールの対象になるのね。
営業マン
はい。車のリコールというのは、設計や製造段階に起因する欠陥や不具合によって、安全上の問題が生じる可能性がある場合に、メーカーが無料で車を修理する制度のことなんです。

つまり実際に不具合を起こしている車がなかったとしても、不具合を起こす可能性が発見された場合にはリコールがかけられるんです。

源十郎
確かに。事故を未然に防ぐことが大事だもんな。

でも今回の場合は、完成検査自体は一応行われているんだし、無資格者とはいえ研修を終えた職員が検査したわけだから、それほど重大な不具合には繋がらない気がするよね。

さくら(妻)
えー、でもさ、言ってみれば「患者さんの治療はいっぱいしてるけど、実は医師免許持ってません」みたいななんちゃってドクターが健康診断して「はいOK!」って言ってるようなものでしょう?
源十郎
う・・・そう言われると確かに怖いよな。
営業マン
その通り。あってはならないことなんです。国交省からも「一定の技能や知識がある従業員でも、無資格ならルール違反」として厳しく言及されました。

そこで、新車購入してから初回の車検を受けていないと見込まれる車(購入から3年未満の車)がリコール対象とされ、無料点検の対応をさせていただくことになったんです。

ちなみに2017年11月にリコール対象となったのは75,727台。その後この完成検査に関わる車両確認を行う形で、2018年2月にさらに4,845台の追加リコールがされています。

5万円キャッシュバックの真相とは?

さくら(妻)
それでそれで?5万円キャッシュバックってどういうことなの?

「テキトーな点検しちゃってごめんなさーい。お詫びにコレどうぞ」って商品券とか配ったの?

源十郎
いや、さくらちゃん。それはないでしょう。
営業マン
はい。それはありません・・・

つまりこういうことです。

  • リコール対象の車は基本は無料点検を行う。
  • ただしこの無料点検に相当する点検をオーナーさんが有料で行った場合には5万円のキャッシュバック。
さくら(妻)
えーと、まだよくわからないんだけど?
営業マン
平たく言っちゃうとですね、このリコール作業の点検内容って、車検の内容とかなりかぶってるんです。
源十郎
そうかぁ。どちらの点検も要は車の健康診断をするみたいなものだから、項目は重なりますよね。だからリコール対象が1度も車検を受けていない、新車購入から3年未満の車になってるんですね。
営業マン
そうなんです。既に車検を通っているなら車の構造上に不備がなかったということですから。

で、今回リコール対象になった車の中にも、ちょうど車検のタイミングと重なっている車がありますよね。そこでリコールの点検と併せてディーラーで車検を受けていただいた場合には、リコール点検分と言ってはなんですが、5万円の返金対応をしているわけなんです。

源十郎
でも車検って、ディーラーさん以外でやる人もいますよね?そういう場合はどうなるんですか?
営業マン
申し訳ありませんが、返金対応できるのはディーラーで車検を受けた方のみです。また車検前に車を買い替えるという場合も5万円のお支払対象にはなりません。

リコール対象車=5万円もらえる!!ではありません。キャッシュバックの対象になるケースとならないケースがあるので事前にしっかり確認しておきましょう。

キャッシュバック対象となる点検
  • 5万円の返金対象:車検・法定点検(12ヶ月点検・24ヶ月点検)のみ
  • 6ヵ月点検はキャッシュバックの対象外
さくら(妻)
そっかぁ。みんなにプレゼントしてるわけじゃなくて、あくまでも点検費用分ってことなのね。(ちょっと残念。レヴォーグオーナーじゃないけど。)

・・・まあ、それはそうでしょう。

5万円の返金はいつ?どんな形で?

キャッシュバックがいつどんなふうに行われるかは、レヴォーグのオーナーさん達の間でもかなり話題になったようで、価格コム等の口コミもずいぶん賑わっていました。

さくら(妻)
現金でポーンと諭吉さんが5人手渡されちゃうのかな?(ワクワク)
源十郎
いや点検費用の値引きとかじゃないの?

確かにちょっと気になりますよね。考えてみれば自分の車がリコール対象になって、尚且つディーラーさんからキャッシュバック!!なんてめったに経験できるものでもなし。いえ、もちろんリコール対象にはならない方が望ましいですけど。

で、レヴォーグオーナーさんの口コミを調べてみたところ、実際はこんな流れみたいです。

  1. 車検や法定点検と同時にリコール点検を受ける。
  2. 一旦は車検・法定点検分の料金を全額支払い。
  3. 後日郵送にて「普通為替証書」が届く。
  4. 普通為替証書に必要事項を記入し、郵便局かゆうちょ銀行にて5万円換金。
源十郎
あ、やっぱり後払いなんだね(笑)
さくら(妻)
なんか口コミ見るとリコールなのに「5万円もらえてラッキー」みたいな感覚の人も多かったわね。
源十郎
まあ実際に車に何の不具合も起きていないからだろうね。

臨時収入の5万円で「オプションつけよう」って声も多かったし、結局スバルさんにも還元されてるよなぁ。

とはいえ本来リコールとは安全上の問題に直結しているもの。レヴォーグも過去にラッキー!!では済まされない深刻な内容のリコールがありました。

スバル・レヴォーグのリコール情報【2017年早春編~オイル漏れで火災?~】

まずはこちらを見て下さい。レヴォーグのリコールの中でもピカ一で恐ろしぃー!!というものをピックアップしてみました。2017年2月のリコール内容です。

原動機において、エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、吸入空気温度が高い状態で点火時期や燃料の噴射、過給圧が適正に制御できず、異常燃焼を起こすことがある。そのため、シリンダー内の圧力が異常に上昇しコンロットが折損、最悪の場合、シリンダーブロックが損傷してエンジンオイルが漏れ、火災に至るおそれがある。

引用 スバル公式HP

何やら小難しい単語がズラズラと並んでいますが、ひとまず車の構造だのなんだのという理解はそのへんに放り投げておきましょう。ガリガリガリッと噛み砕くとですね、「エンジンをコントロールするコンピューターの装置(エンジンコントロールユニット)に不具合があって、それが原因で最悪の場合、火災が起きる」ってことなんです。

めちゃくちゃ怖くないですか?実際に不具合が15件、火災が2件報告されているんです。

さくら(妻)
きゃー、ホントに火災が起きてるなんて怖い怖い怖過ぎるー!!
源十郎
そうは言っても日常的な運転でいきなり出火するようなものではなかったんですよね?
営業マン
はい、街中を走っていていきなり出火なんてことはもちろんありません。ただ例えば雪道に嵌ってしまって、そこから抜け出そうとした時など、極端にエンジンの回転数を上げると出火に繋がってしまうというものでした。

ですがこの時はスバルの方で事前に不備を確認できたのではなく、市場からの不具合の報告からリコールに至ったので、お客様は本当に怖い思いをされたと思います。

さくら(妻)
うーん、実際に火が出たって聞くとやっぱりねぇ・・・
源十郎
うん、口コミを見ると、リコール対象にならなかったレヴォーグオーナーも「自分の車は本当に大丈夫なのか」って不安に感じていた人が多かったみたいだよ。

ちなみにこの不具合にはどのような対処をされたんですか?

営業マン
はい、これはリコール対象となった全車両のエンジンコントロールユニットのプログラムを書き換えさせていただきました。
さくら(妻)
よかった。リコール作業をきちんと受ければもう心配はいらないってことね。

ところで、レヴォーグのリコールって他にもまだあるのかしら?

はい。それではご紹介した以外のリコール情報についても簡単に見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

スバル・レヴォーグのリコール情報【総集編~レヴォーグのリコールは多い?】

レヴォーグは2014年に誕生して以降、何度かリコールがかけられています。例によって小難しい構造上の説明は省きますが、まとめてみるとこんな感じです。

レヴォーグのリコール歴
  • 2014年9月:エンジンコントロールユニットの不具合により、触媒(排気ガス中に含まれる有害物質を浄化する装置)劣化診断が適正にされない場合がある。
  • 2016年1月:センターピラー(車を側面から見た時に真ん中にあるドアを保持する柱)の補強素材に、亀裂が生じた部材が混入→保安基準に規定する側面衝突基準に適合しない恐れがある。
  • 2016年3月:電動パーキングブレーキのプログラムに不具合→パーキングブレーキを解除できなくなる恐れがある。
  • 2016年3月:吸気ダクト(エンジンに空気を取り入れる入口部分)が正規と異なる材料で製造されたものがある→使用過程でエンジン不調、最悪の場合エンストする恐れがある。
  • 2017年2月:エンジンコントロールユニットのプログラムに不具合→最悪の場合、火災に至る恐れあり。
  • 2017年8月:ステアリングギヤボックス(舵取り操作を楽にする歯車装置)に強度の不足しているもの有り→使用過程において損傷、最悪の場合ハンドル操作ができなくなる恐れがある。
  • 2017年11月:無資格者による完成検査
  • 2018年2月:不適切な完成検査、追加リコール

うーん、こうやって並べてみると何だか多いように感じますね。

さくら(妻)
多いわよ!!
源十郎
・・・多いね。
営業マン
・・・すみません。

とはいえこのリコール遍歴は、事故に繋がる危険性のあった不具合を見つけ出し、そのひとつひとつを改善してきたレヴォーグのあゆみとも言えますよね。

「リコールが多いからレヴォーグは危ない」ではなく、様々な改善をされて今はそれだけ「安全な車になっている」と捉えることもできるかもしれません。もちろん、できれば何の不備もない安全な状態で車には市場に出てきてもらいたい、というのが正直なところですが。

源十郎
不具合を見つけ出すって言うなら、僕たち運転する側も普段から車の状態に気を配らないとだね。

ほら、火災に繋がっちゃったリコールの時に「以前からカラカラ音がしていた」なんて口コミが結構あっただろう?

さくら(妻)
ああ、あったわね。真偽はわからないけど、あのカラカラ音がエンジン異常のサインだったんじゃないか?みたいに言っている人が多かったわ。
源十郎
何か異常を感じたら、とりあずディーラーさんに相談してみるといいかもしれないね。
さくら(妻)
早期発見、早期治療!!

ちなみにメーカーの無料修理となる車の不具合は、リコールの他にも「改善対策」や「サービスキャンペーン」といったものがあります。危険度の最も高いのがリコール、次いで改善対策→サービスキャンペーンという順になります。

改善対策やサービスキャンペーンについて、また自分の車に不具合を発見した時の対応等については、こちらのリコール記事で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

スイフトリコール2018多かったのはCVT?ウォーターポンプベルト?

2018.09.27

日産キューブやセレナでリコール!原因はエアバック?電源配分器?

2018.09.13

レヴォーグのリコール!その時スバルはどう対応した?

自分の愛車に不具合が出ないのが一番ですが、もしリコールが出た場合メーカーやディーラーはどんな対応をしてくれるのでしょうか。

これはものすごく気になるところですよね。特にこれから車を購入しようと考えていれば、やはり信頼できるメーカー・販売元を選びたいですから。

リコールというのは「そもそもの車に欠陥・不具合があった場合にメーカーが無料で修理する制度」と説明しました。ですから、いざリコールとなったらメーカーが車のオーナーさんに対してやることは、速やかにリコール内容についての通知を出して、点検・修理の案内をすることです。

こんな感じですね。↓

引用 価格コム

ここまでの対応はスバルであろうと他のメーカーであろうと大差なし。

通知内容がやや淡泊過ぎて「結局こちらから確認取ったり、予約取ったりしなきゃいけないの?」と少し不満気な印象を持たれる方もいらっしゃるようですが(まあ仕事してたりすると、いちいちの電話連絡が結構面倒だったりしますからね)、ともかくメーカー対応に大きく不安や不服を唱える人は少ないようです。

心証が変わってくるのは、ディーラー(販売店)さんや営業担当さんの対応から

先の完成検査のリコールの例で言えば「リコール通知に先立って営業さんから電話連絡をもらっていた」とか「営業担当さんが自宅まで説明に来てくれた」なんてオーナーさんの声がある一方で、こんな口コミもありました。

ディーラー・担当者から電話連絡等、全くありません!車検一か月前には連絡すべき事で、ディーラー外で車検を受けると5万円の権利はなくなるんですよね?

たまたま私だけかもですが、この部分についてはスバルへの信用はなくなりました。

引用 価格コム

どうやらこの方は、ご自身の愛車がリコール対象となっていて、尚且つ車検時期が近づいているみたいですね。となればやっぱり、担当者さんの方から一言声をかけて欲しいと思ってしまうのは自然なことでしょう。

さくら(妻)
それはそうよ。やっぱりリコール通知なんて届くと不安だし、営業さんの方からきちんと説明してもらえれば安心できるわ。それに「ちゃんと自分のことを大事なお客として気にかけてくれてるんだなー」って思えて嬉しいわよね。
源十郎
そうだね。きちんと対応してもらえれば「この人に任せておけば大丈夫」って思えるし、この先も長くおつき合いしていきたいって思うよね。

問題を起こさないことは大事だけど、問題が起こった時にどう対処してくれるかの方が信頼関係を結ぶにはもっと大事だよ。

営業マン
はっ、肝に銘じて誠心誠意努めさせていただきます!!

とはいえレヴォーグのオーナーさん達のコメントは「連絡をくれないからといって悪い営業とはいえない」「リコールの対応に追われてディーラーも大変」「営業の大変さはよくわかる」と、全般的には温かいものが多いように感じました。

まあ完成検査についてのリコールでは、実際に車に不具合が出た方もおらず危険性も低い内容であったため、おおらかに構えられたということもあるかもしれませんが。

当たり前と言えば当たり前のような気もしますが、リコールについてはメーカーによる対応の違いというよりも、営業担当さん、つまり人による対応の違いが印象を左右しているようです。

車というものは購入後も何かと手がかかりますよね。リコールには至らない小さな不具合、メンテナンス、新しい車へ買い替える時はどうするか・・・。担当の営業マンさんにもお世話になることが多いもの。

たまたま仕事の出来るイイ営業マンさんに当たってラッキー!ということはあるでしょう。ですが良い対応をしてもらいたいのであれば、こちらとしても節度をもったイイお客になってお互いに良い関係を築いていくことが大事なのかもしれません。

レヴォーグと同じく、スバルの人気車とい言えばレガシィとインプレッサ。こちらのリコール情報についてもまとめてみましたので、是非ご覧下さい。

スバルのレガシィとインプレッサがリコール!不具合を解説! 

2018.06.17

スポンサードリンク

自分の愛車がリコール対象になったら?

では、あなたのところにリコールの通知が届いたとしましょう。さてどのような行動をとりますか。

一たびリコールがかかればディーラーさんも対応に追われますし、必ずしも営業担当さんの方からあなたに連絡をしてくれるとは限りません。となれば自分から動かなきゃ、ですよね。

それでは具体的にあなたがすることは何か?

  • 何はともあれ点検・修理等、リコール作業の予約を取る
  • リコールについて不明点・不安な点等があれば、ディーラー又はリコール通知に記載されている問い合わせ先に早めに確認する。

これに尽きるかと思います。

さくら(妻)
わざわざ予約を取らなくちゃダメなの?
営業マン
はい。予約は必ずお願いします。リコール作業が始まりますととにかく混み合いますので、予約なしで突然お越しになられても対応できないことがございます。部品の用意や場合によっては代車の手配等も必要になってくるので。

ご面倒をおかけしますが、何卒ご協力をお願いします。

源十郎
なるほど、スムーズにリコール作業を終えるためには予約は必須ですね。
さくら(妻)
あら、そういえば中古で車を買った場合はどうなるのかしら?どこのディーラーさんに持っていっても対応してもらえるの?
営業マン
もちろんです。その車がリコールの対象となっていれば、どこのディーラーにご相談されても大丈夫ですよ。

さすがさくらさん、細かいところまでよく気がつかれますね。せっかくですから、ここでリコールの「ここどうなってるの?」という疑問について簡単に整理しておきましょう。

リコールに纏わる疑問アレコレ
  • 中古車にもリコール通知はくるの?:中古車でも車検証が正しく登録されていればリコール通知はちゃんと届きます
  • リコールに有効期限はあるの?:期限はありません。忙しさに取り紛れ「しまった!連絡するの忘れてた!」なんて人も大丈夫。思い出したその時にディーラーさんに問い合わせてみましょう。
  • リコール通知を無視していたら・・・どうなるの?:リコール通知を無視して対応に応じなくても罰則等はありません。ただし、リコール作業を行わずその不具合が原因で事故に繋がった場合には、運転者にも責任が問われることがあります
  • リコール通知は届かないけれど・・・自分の車がリコール対象かどうか確認したい時はどうしたらいい?:各メーカーのHPや国土交通省のリコール情報検索画面から確認することができます。検索する際には車検証に記載されている「車体番号」の入力が必要になりますので、事前に準備を。

リコールの内容によっては緊急性も違うことでしょう。特に自分の車に不具合を感じていなければ、忙しい日々の中ついついリコール対応も後回しになってしまうかもしれません。

ですがやはり、車の不具合は人の命に関わるもの。慌て過ぎず、でも面倒臭がらず、できるだけ迅速に自分から対処に乗り出すことを心掛けたいですね。

まとめ

引用 スバル公式HP

  • リコールとは、設計や製造段階に起因する車のもともとの不備によって安全性の問題が生じる可能性がある場合に、メーカーが無料修理を行う制度。
  • 2017年11月のレヴォーグのリコール内容は、車の完成検査を無資格者が行っていたというもの。初回車検が実施されていない車両について無料点検を行う対応が取られた。
  • 完成検査についてのリコール作業点検を車検または法定点検と併せてディーラーで行う場合には、5万円のキャッシュバックあり。
  • 2017年2月のレヴォーグのリコール内容は、エンジンコントロールに不具合。最悪の場合火災に至る危険性があった。
  • 他、レヴォーグは2014年の発売以来、複数回リコールがされている。
  • リコールが出た際のディーラー・営業の説明対応は個人差あり。常日頃から担当と信頼関係を築いておくと細やかな対応が期待できる・・・かも。
  • 自分の車がリコール対象になったら、まずは点検・修理の依頼を

自分の愛車がリコール対象になると、何やらハズレくじを引いてしまったような気分にもなってしまいますが、リコール通知は事故を未然に防ぐための大事なお知らせです。

健康診断でちょっと心配な数値が出た時に「大きな病気にる可能性があるので再検査して下さい」って言われるアレと同じですね。できるだけ早めに対処して、どうぞ安心・安全な車で末永くレヴォーグライフを楽しんで下さい。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください