ムーヴとワゴンR安定した人気の秘密を最新モデルで徹底調査!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

現代、フィットやアクアなどのコンパクトカーやフリードなどのミニバン、プリウスなどのハイブリッドカーの人気があがってきてます。

EV車のリーフなども街中で多く見られるようになってきてます。

しかしそんな中でも人気で安定した売れ行きを続けているのは、やっぱり軽自動車でしょう。

軽自動車の魅力とは何なのでしょうか。

たくさん販売されている軽自動車の中から、今回は2017年にモデルチェンジされたダイハツのムーヴとスズキのワゴンRについて、調べてみましょう。

 

スポンサードリンク

見た目はどこが違うの?

大きさはムーヴとワゴンRともに軽自動車の規定の比率いっぱいの、長さ3,395mm、幅1,475mmです。高さはワゴンRのほうが少し背が高いですが、ほぼ寸法は同じです。

ムーヴの外観

引用:ダイハツ公式HP

ムーヴの外観のフォルムは、シャープすぎず丸すぎない程よいかわいさのあるデザインです。オーナーズボイスを見ていると女性の口コミも目立つので、かわいいもの好きの女性にも人気の高いデザインのようです。

カラーも豊富で自分好みにアレンジしておしゃれに乗れるから毎日が楽しい。

引用:ダイハツ公式HP

モデルチェンジによって車体自体のデザインは変わっていませんが、フロントマスクをメッキに変更し車幅を広く見せるための水平基調のデザインを取り入れられたそうです。簡単に言うと、オシャレになったという感じです。

ワゴンRの外観

引用:スズキ公式HP

ワゴンRは、日常使いがしたくなるスタイリッシュなデザインになっています。老若男女問わず誰が乗ってもオシャレに乗りこなせるので、家族みんなが運転する車にはピッタリですね。

今までのwagonの中で一番のデザインと思いました。
四角で可愛らしくて感じで。
お金貯めて絶対欲しいと思いました。

引用:スズキ公式HP

モデルチェンジで大きく変わったのはフロントマスクだそうです。ワゴンRの特徴としては、モデルごとに個性が出るように3種類のフロントマスクが採用されています。FAモデルに採用された四角のモチーフのシンプルなデザインは女性受けが良い感じになっています

引用;スズキ公式HP

見た目の大きな違いは?

一番気になる、ムーヴとワゴンRの大きな違いは、ヘッドライトの形です。

ムーヴは大きく吊り上った様な形のため、かわいらしいイメージです。ワゴンRは四角い形になっていて、シンプルでスタイリッシュなイメージです。これを見る限りムーヴは全体的にワイド感を意識したデザインになっていて、ワゴンRは縦長を意識したデザインになっているようです。

ダイハツのムーヴと、人気の高いN-BOXも比較してみました。どの軽自動車を買おうか悩んでいる方は、こちらの記事も見てください。

N-BOXタントムーヴ徹底比較した結果!アナタに合うのはどの車?

2018.06.27

 

室内はどこが違うの?

両車とも室内は広さがあり、身長180cm以上の大柄な男性でも窮屈でなくゆったりと乗ることができます。それぞれの内装をご紹介します。

ムーヴの内装

引用:ダイハツ公式HP

ムーヴの内装は、黒とベージュで落ち着いた雰囲気になっています。外装はかわいらしく、内装は落ち着いた雰囲気なんて、ギャップ萌えです(笑)

口コミを見ていても、内装の広さに対して満足度の高い評価が多くありました。

車内が広々してて、荷物を載せても、子どもがいても窮屈に感じない。収納もあるので、物が散らかって見えない。一人で乗ってもリラックスした状態で運転できるので、快適に過ごせる。

引用:ダイハツ公式HP

乗り心地がいいので、長時間運転しても快適です。ベージュ色のシートもかわいくて、乗っていてテンションが上がります。後部座席も広々としているので、誰かを乗せる時にも自信を持って乗せられますよ。

引用:ダイハツ公式HP

長時間運転していても快適なのは、座席シートは上質な手触りのものを使っているからだそうです。触り心地、座り心地ともに最適な演出がされています。旅行で長時間ドライブして、着いた時にはお尻がカチカチだと旅行の楽しさ激減ですもんね。やっぱり、シートって大事ですよね。

後部座席はワゴンRに比べてですが、座面が床に近いそうです。チャイルドシートなどを取り付けるのには全然問題はありませんが、背の高い人にとっては窮屈に感じてしまうかもしれません。

ワゴンRの内装

引用:スズキ公式HP

ワゴンRの内装は1色で統一されていてシンプルです。外装・内装共に、シンプルなデザインなので幅広い世代に愛される車ですね。座席は厚みのあるクッションを使ったベンチシートになっているので、長距離も怖いものなしです。

外観で見るより、実際に乗って見ないと、快適さがわからないですね。
車内が広く感じました。シートの出来が良かったです。長距離でもいけそうです。

引用:スズキ公式HP

ダッシュボードの物置きや、傘立てなど、あったらいいなが多く、運転者だけでなく、同乗者にも便利な車だと思った。
子育て世帯にも乗りやすそうだと思った。

引用:スズキ公式HP

ちょっと余談なんですが、口コミを調べていて人気があった傘立を紹介させてください。ワゴンRにはなんと傘立てがついているんです。雨の日の傘っておき場所困りますもんね。しかも、雨水はちゃんと車の外に排出されるんですって。凄い。

引用:スズキ公式HP

モデルチェンジにより助手席側からも運転席に乗り込めるウォークスルーになったそうです。これ凄いですよね。軽自動車って小さいイメージだったのですが、助手席と運転席がつながっているので広々と感じます。もちろん乗り降りだって楽ちんです。

ワゴンRの良いところは、大人4人で乗っても十分な居住スペースが確保されているところです。運転席と助手席を一番後ろの位置に下げても、後部座席の足元にはゆったりとした余裕があるんです。みんなゆったり乗れる軽自動車なんて、最高じゃないですか。

そして、全てのシートを倒すことでフルフラットになるので車中泊等にも便利です。大人2人なら横になって寝られるくらいの広さで、車の中とは思えないくらい快適です。

軽自動車には初めてのヘッドアップディスプレイ

引用;スズキ公式HP

ワゴンRの最大の特徴は、軽自動車で初めてヘッドアップディスプレイというものが導入された車だそうです。ヘッドアップディスプレイってなんだそれ?って思いますよね。

運転中でも目線を前から逸らすことないダッシュボードの上に、速度やシフト位置、ナビを使用している時は案内が表示される透明なディスプレイです。未来の車に乗っている感じです。

運転の邪魔にもならず、目線を動かさなくても画面を見れるので安全な運転ができるんです。

 

スポンサードリンク

乗り降りや荷物の出し入れはしやすい?

両車とも全てのドアが大きく開くようになっていて、乗り降りがしやすくなっています。

買い物をした後に荷物を持ったままでも乗りやすかったり、チャイルドシートに子供を座らせたりするのにも余裕で動けるくらいの広さがあるのは主婦や子供を持つ親にとってはすごく助かりますね。

ラゲッジルームはどちらの車も広く、荷室の床が腰くらいの高さなので荷物の積み降ろしにもちょうど良い感じです。口の広さもあるので大きなものを載せるときにでも入れやすいですね。

大きい荷物を載せるときには、両車ともシートを倒すことでより広いスペースを確保できます。カラーボックスとか買うと、思いのほか長いんですよね(笑)注意していただきたいのは、シートを倒した時にワゴンRは床がフラットになるように座席が少し下がるようになっています。ムーヴは段差ができ完全なフラットにはなりません。

 

燃費ってどのくらい?

ガソリンが高くなっているので、皆さん気になるのは燃費ではないでしょうか。

まずは、カタログに記載の燃費を調べてみました。

  • ムーヴ:25.6~31.0 km/L
  • ワゴンR:23.4~33.4 km/L

実際の燃費は、口コミで調べてみました。

  • ムーヴ:17.10 km/L
  • ワゴンR:22.75k m/L

年間費用に換算すると、ワゴンRの方が約20,000円お得になります。年に1回、家族でお寿司に行けちゃいますよね。

他にも軽自動車の気になる燃費について、調べた記事がありますので読んでみてください。

ラパンの燃費で幸せな未来が訪れる5つの理由。見ないと損!

2018.05.06

スズキアルトの実燃費は悪いの?低燃費No.1の理由を徹底調査!

2018.04.28

ダイハツタントの燃費は悪いのか?エンジン別に調査してみた!

2018.04.12

 

スポンサードリンク

いくらで購入できるか?

どちらもHYBRIDでCVT搭載のグレードのメーカー小売希望価格で比較してみます。

  • ムーヴ:127万4400円
  • ワゴンR:140万9400円

この時点では約13万円の違いが出てきます。燃費の計算からすると、7年乗れば同じですね。

でも、どうして13万円もの差額がでるか気になりますよね。実は同じグレードとはいえ、ムーヴとワゴンRでは標準装備されているものが違います。

簡単に説明すると、ワゴンRの方が標準装備されているものが良いです。ムーヴにワゴンRと同等の装備を付けると、差額以上の金額になることもあるようです。

他の軽自動車には驚きの価格で購入できる車もあります。詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧くださいませ。

ミライースが驚きの価格!?

 

その他装備のご紹介

ムーヴやワゴンRには、便利な装備がいっぱいあります。今回は、その一部をご紹介します。

ボタンひとつで鍵の開け閉め【キーフリーシステム】

今でこそキーレスで、離れたところからドアの鍵の開け閉めができる車が普通になってきました。

さらに、この両車にはキーフリーシステムが採用されていて、キーを持っていればドアのボタンひとつで鍵の開け閉めができる便利な機能です。キーを車内に置いていればボタンひとつでエンジンをスマートにかけることもできます。鍵を入れてエンジンをかけるなんて、もう古いんですよね。

それともうひとつ、このシステムには間違ったドアの開け方をすると警報が鳴るように盗難防止機能がついているので防犯の面でも安心です。

ライトの付け忘れ防止に【オートライト】

オートライトという機能は、周囲の明るさでライトの点灯や消灯をしてくれる便利な機能です。夕方に近づいてきて薄暗い時やトンネルに入った時などに自動的にライトを点けたりしてくれるのはとても助かります。

安全装備もしっかり

人や車を感知してブレーキをかけるブレーキサポートや壁などの障害物がある時に衝突を防ぐ誤発進抑制装置などもついています。これは、日常のちょっとした不注意などで引き起こされる事故を未然に防いでくれる効果があります。

 

まとめ

ここまで見てきて、ワゴンRもムーブもそれぞれにいい所を兼ね備えていることがわかりました。一般車ほど大きくなくても、運転している人も同乗している人も快適に過ごせるように考えられています。外観や室内、2台は似ているところもありますが、その車にしかない特徴と性能を持っています。

  • ムーヴは幅広、ワゴンRは縦長を意識したエクステリア
  • 広々とした運転している人も同乗している人も快適な落ち着いたインテリア
  • 大きく開くドアで荷物の積み降ろしが楽なラゲッジルーム
  • 効率のいい燃費と装備も充実していてお買い得な価格設定でお財布にも優しい

乗る人にとって快適で安全な運転をサポートし、なおかつスタイリッシュなデザインをしているこの2台は本当におすすめです。気になった方は、ぜひ一度試乗して見てくださいね。私は、透明なボードに表示が出てくるヘッドアップディスプレイがついた新型ワゴンRで、未来の車を体感してみたいです(笑)

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください