NBOXの維持費は一体いくらかかる?家計は苦しい?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

念願のNBOX購入!でも維持費っていったいどのくらいかかるのだろう。と悩んでいる方、またNBOXの購入を考えているけどどのくらいかかるのか気になって踏み出せない方いるのではないのでしょうか。

今回は、そのような悩みをズバッと解決したいと思います。また、普通自動車との維持費の比較もまとめました。

スポンサードリンク

維持費の内訳

まず、NBOXの年間の維持費は最低でも約21万です。最近では21万あったら海外旅行に行けますね。

スイートルームも夢じゃない!と妄想をキラキラさせてしまいそうです。おっと、本題からずれてしまいましたね。

まず維持費の内訳を表にしてみました。こちらです。

燃料費 74,500円
保険料 11,000~80,000円
税金 29,500円
メンテナンス代 25,000円
車検代 70,000~90,000円
合計 210,000~299,000円

こうやって見てみると、もうちょっと安くならないかなとケチな私は思ってしまいます。何はともかく、まずはそれぞれの内訳を詳しく見ていきましょう。

燃料費

燃料費とはいわゆる車の食費にあたるものです。お腹がすいちゃ動けないですもんね。

今回は年間の走行距離を1万キロと仮定して計算していきます。カタログ燃費が23.4~27.0㎞/L、平均実燃費が19.6㎞/Lとなっているので計算すると74,489円となりますので年間約74,500円かかっているということになります。

計算方法
燃料費=走行距離÷実燃費×ガソリン価格

一体安いのか高いのかよくわかりませんよね。人間の1年間の食費で考えるとだいぶお得な生活をしている感じはありますけども。

ちなみに普通自動車フィットはカタログ燃費24.6~34.0㎞/L、平均実燃費15.5㎞/Lなので計算すると94,193円となりますので年間94,200円かかっているということが分かりますね。こうやって見てみると、NBOXのほうが約20,000円安いですね。

さくら(妻)
20,000円もあればおいしいお肉食べに行けるね。連れてって。
源十郎
こ、今度ね…

NBOXの燃費についての詳しい記事はこちらです。新型旧型との比較や、気になるライバル社との比較もしてみました。

新型旧型NBOXを徹底比較。燃費と車内空間の違いを調査

ホンダNBOXの燃費は悪い?実際の燃費は?ライバル車と比較あり

保険料

教習所でちらっと習った記憶があるでしょうか。車にも人間と同じように保険があります。

もしもの時に備えて保険には入っておいて損はないとは思いますが、価格が気になりますね。保険料の最安額は11,000円~最高額80,000円とふり幅が大きいです。また保険にはどのような種類があるのでしょうか。

自動車保険には【自賠責保険】と【任意保険】の二種類があります。

自賠責保険
自動車の運行によって他人を負傷させたり、死亡させたりしたために、被保険者(保険の補償を受けられる方、具体的には保有者または運転者)が損害賠償責任を負う場合の損害について保険金等をお支払いします。(人身事故に限ります。)引用:三井住友海上公式ホームページ
任意保険

任意保険の補償範囲は、相手方の身体だけでなく、自分や搭乗者の身体・車・物など多岐にわたります。主な補償内容は以下のとおりです。

対人賠償保険

自動車事故で、他人を死傷させてしまった場合の補償です。
自賠責保険などの支払額を超える部分について、保険金をお支払いします。

対物賠償保険

自動車事故で、他人の車や家屋、物を壊してしまった場合の補償です。
ガードレール、信号機、電柱、店舗なども補償の対象です。

人身傷害保険

搭乗中や歩行中に、自動車事故で死傷したときの補償です。
過失割合にかかわらず、保険金額を限度に搭乗者傷害保険とは別にお支払いします。

搭乗者傷害保険

ご契約のお車に搭乗中の方が、自動車事故によって死傷したときの補償です。対人賠償保険、人身傷害保険とは別にお支払いします。

車両保険

自動車事故で、ご契約されているお車に損害が発生した場合の補償です。

無保険車傷害保険

自動車事故で死亡または後遺障害を負ったものの、相手の車が不明、もしくは無保険の場合などで、相手方から十分な補償が得られないときの補償です。

引用:チューリッヒ公式ホームページ

まとめると自賠責保険は自分の運転で相手が負傷してしまったときに助けてくれる保険。任意保険は自賠責保険の補助的役割で物を壊してしまったり、一緒に乗っている人が負傷したときに助けてくれる保険ですね。

 

保険料を安くするために保険会社ごとに見積もりを取るなどしている人が多いみたいですね。その辺については後程詳し後説明しますね。

税金

税金は切っても切り離せない存在です。できれば払いたくないですがそんなことも言ってられないのが現実でございます。

そんな税金の種類は自動車税、自動車重量税、自動車所得税、消費税とありますが、定期的に支払う必要があるのは自動車税と自動車重量税の二つです。自動車税について、NBOXの排気量は658ccと1000cc以下になるので29,500円支払うことになります

自動車重量税は車検のたびに払うものなので、車検の時に一緒に説明しますね。また、定期的に支払うものとしてガソリン税もかかります。

先ほど燃料費の計算で出した74,500円の半分ほどをガソリン税で支払っているようです。なので、NBOXの場合ガソリン税は37,250円ということになりますね。

さくら(妻)
税金ってなんでこんなに高いのかしら…
源十郎
今後税率が10%に上がるって話もあるから心配だよね。

メンテナンス代

メンテナンス代は1年間平均25,000円ほどかかるそうです。車に長く乗っていると調子が悪くなってきたり、がたが生じてくるものです。可愛い可愛い愛車なので大切に乗っている人が多いと思いますが、タイヤやワイパーなどは消耗品なので必ずと言っていいほどかかってくる所です。

その他にもオイル交換や自分で車をぶつけてしまった場合などにもメンテナンスが必要になってくるので、お財布が少し不安ですね。少しでも安くするためにネット通販などでタイヤなどを購入して自分で変えている人もいるみたいですね。みなさん安く収めるために知恵を働かせています。

車検代

車検は店舗の手数料やパーツを変えたりした場合によって価格が変わってきますが、大体70,000円~90,000円かかるそうですね。そもそも車検とは何なのでしょうか。

車検
公道を走るうえで「車の状態が安全であるか」「公害防止面の基準に適合しているか」を検査するもの

具体的にすることといえば

  • エンジンルーム点検
  • 室内点検
  • 足まわり点検
  • 下まわり点検
  • 外まわり点検
  • 日常点検

と6項目で見ていきます。人間でいう健康診断のようなものですね。

また、車検時に車検証の有効期限に合わせて自動車重量税も支払います。車の重さ0.5トンごとに税額が変わって、新車の新規登録から13年経過すると税額が上がって、18年以上経過するとさらに税額する仕組みになっています。

車を大事に大事に長く乗れば乗るほど車検代が高くなってしまうということですね。なんとも複雑な気持ちになります。

新車~12年経過 4,100円
新規の場合3年分まとめて支払う 36,900円

 

車検を受けないと警察のお世話になってしまうので生活のために車検を受けないという考えはやめましょうね。

源十郎
懲役か30万以下の罰金になってしまうんだって。しかも自賠責保険も切れている状態だから50万以下の罰金になってしまうそうだよ
さくら(妻)
そんなことにならないためにも車検を受けておくべきね。

ここまでNBOXを維持していくための費用5項目見ていきました。維持していくための費用って結構ありますね。

家計への負担はどのくらいになってくるのでしょうか。

 

家計への負担

冒頭で話したようにNBOXの年間の維持費は最低21万円です。ということは最低でも月額約17,500円ほどかかってくるということです。しかも、最低でもなので使い方によってはそれ以上かかってくる可能性もあります。

一人暮らしをしている人の月の生活費についてまとめてみると(厚生年金、社会保険に加入しているものとして)

家賃(1K平均) 46,000円
食費(平均) 40,200円
水道光熱費(平均) 7,600円
娯楽費(平均) 20,000円
携帯代(平均) 6,400円
車の維持費 17,500円

月の生活費合計137,700となります。サラリーマンの平均収入は350,000円なので独り暮らしの人は余裕があるように感じますが、子供がいる人はちょっと生活が大変そうですね。また飲食店などのサービス業などになると200,000円きってしまう人もいるので生活していけるのかちょっと不安になってきますよね。

でも大丈夫です!節約できる方法は確実にあります。

今回は節約についてもまとめたので、これを見て節約上手になっちゃいましょう。

 

スポンサードリンク

節約術

今はもがいてもがいて節約している人がほとんどです。少しでも安くするために値引き交渉をしたり、通販を利用したりと皆さん試行錯誤しています。

車の維持費を少しでも軽くして、娯楽費や食費に少しでも多く当てたいですよね。そんな皆さんの悩みを解決すべく節約についてまとめました。

燃費

まず燃費です。燃費は走り方で大きく変わってきます。

急発進急ブレーキが燃費を悪くしている原因になるので、ブレーキの使い方を変えてみると燃費はよくなってくるみたいですね。また、駐車場でエンジンをつけっぱなしにしてエアコンをつけて涼んでいる人いますよね。これも燃費を悪くしている原因になるので、見直してみましょう。

NBOXはどんな運転の仕方が一番燃費が伸びるのでしょう?NBOXの実燃費についても、さらに詳しく調べてみました。こちらも、参考にしてみて下さいね。

ホンダNBOXの実燃費はハイブリッド並み?高速では悪い?

保険料

保険料の節約の仕方は、インターネットでお得な保険を探してみることが挙げられます。またネットから加入すると割引サービスを行っている保険会社もあるのでホームページをよく見て比較してみるといいですね。

保険会社がたくさんありすぎてどれがお得なのかがわからないという方は、こちらをどうぞ。保険会社について詳しく載っていますよ。

【見直す時期?】自動車保険の比較お勧め人気ランキング2018

また自賠責保険は強制加入なので、入らなければ50万以下の罰金か1年以下の懲役になってしまったり車検が受けられなくなってしまうので注意しましょうね。

メンテナンス代

意外にかかるのがメンテナンス代ですね。車がへこんだ、バッテリー交換をしなければなどの修理はディーラーよりも専門業者にお願いするのがお勧めです。まずはそういった時の節約術を紹介します。

たくさんの見積もりを収集する

車の修理代には基準の値段が存在しないので修理方法によっては安くなることもあります。いろんな業者の見積もりをとって比較してみましょう。

中古部品を使って修理する

純正の中古部品は結構あるので、部品交換の時には「中古部品にしてください」とお願いすると修理代が安くなります。

車がへこみや破損してしまったときは解体屋さんにお願いする

タイミングによりますが、自分が修理をお願いしたい車体と全く同じ車体がある場合があります。もっと運が良ければ綺麗な状態で部品取りをすることも可能です。

解体屋さんに修理をお願いするのはあんまり経験がないかと思いますが、調べてみると良いかもしれませんね。

またディーラーは完璧主義な所があるので中古部品を使わなかったり、車のちょっとした不具合を見つけると教えてくれます。車のためにはとてもいいことなのですが、値段がだいぶかかってくるので節約したい方はディーラーにお願いするのはお勧めできないですね。

次にタイヤ交換やちょっとした傷などのメンテナンスについてです。こういった修理は業者に頼んでもいいですが、安く収めたい方は自分で変えるという選択肢もあります。

今は通販で何でも買える時代なので、タイヤなどがお得に購入できます。

引用 アマゾン

交換するのにも苦労しないみたいですね。たまにドラマでみるような大掛かりな修理を想像してしまうので、大変そうなイメージがありますが工具さえ準備できていればタイヤ交換も楽ちんです。

また、ちょっと車を掠ってしまって傷になっちゃった~ショック~なんてことありますよね。そんなときはこれ

口コミ

一回目はキズに沿って1液を塗り、その後付属のクロスで垂直に力強く1分ほど磨きました。
1回では消えなかったので、3回ほど繰り返ししたら探しても分からないくらい目立たなくなりました。
仕上げに2液で円を描くようにクロスで磨いたら、キズが全く目立たなくなりました。

引用 アマゾン

車に詳しくない人でも簡単に傷を目立たなくすることが出来る商品が売っています。完全に消すことは難しいですがそれもご愛敬と受け入れてくれる人はお勧めしたい手段ですね。

自分でできることはできる範囲自分でやるということが節約のポイントになってくるみたいですね。

車検

車検節約するときには、まずカーディーラーに頼むのではなくガソリンスタンドを利用してみましょう。カーディーラーにお願いすると先ほども言ったように完璧主義者なので

営業マン
車検のついでにブレーキ部品を交換しておきましょう
営業マン
エンジン部品を交換しておきましょう

と言われかねないです。そうなってしまうと費用が掛かってしまってやっちまったーとなりかねないので、そうならないためにもガソリンスタンドを利用しましょう

ガソリンスタンドでも車検を行っていて、まず初めに基本価格を設定してくれていくらかかるのかを明確にしてくれます。それだけでも安心ポイントですよね。また、自分である程度知識を持っている人は比較サイトを使って安く車検をやってくれる業者さんを探すということもできます。

ちなみに楽天車検だとポイントも付くのでダブルでお得ですね。

さらに車に詳しい方は車検センターがお勧めです。車検センターでは、本当に必要な点検と整備のみしてくれるのでお得に車検ができます。

ただ、車検センターではカーディーラーやガソリンスタンドようにアドバイスをくれず本当に必要な点検と整備のみのため、車についての知識が十分にある人でないと更なる出費になりかねないので注意が必要ですね。

維持費の節約のためにはある程度知識が必要ということがわかりました。また、知識があまりなくて不安な人はカーディーラーよりもお財布に優しいガソリンスタンドを利用しましょうね。

安心を買うこともときには必要になってくると思いますので参考までに。

 

普通車代表フィットと年間維持費比べてみた

最後にNBOXは普通自動車と比べてみると年間の維持費はどうなのかを比較してみました。では今回は普通自動車代表フィットに比較対象になってもらいましょう。

  NBOX フィット
燃料費 74,500円 94,200円
保険料 11,000~80,000円 10,360~130,000円
メンテナンス代 25,000円 25,000円
車検 70,000円~90,000円 65,000~110,000円
税金 29,500円 34,500円
合計 210,000~299,000円 229,060~393,700円

全体で見てみると、NBOXは軽なだけあって料金も普通自動車よりも安めになっていますね。この価格から節約をしていけば、家計の心配も軽くなりますね。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はNBOXの維持費について見ていきました。

今回分かったことは

  • NBOXの年間維持費は最低でも21万
  • 節約の仕方によっては維持費を減らすこともできる
  • 車の知識を持っているほうが、お得に車検を節約することができる
  • ネットの保険などを利用すると節約になる
  • 350,000円ほどの収入の人は余裕があるけど、200,000円以下の収入だと維持費を節約していかないと生活が苦しい

でした。先ほども申しましたが車にあまり詳しくない方は、少しお金はかかりますがプロに任せるというのもいい手だと思います。それでもお得に納めたい方はネットにもいろいろな情報が載っているので参考にしてみても良いかもしれませんね。

上手に節約し日々の生活に贅沢をプラスして、薔薇色の人生を謳歌しちゃいましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください