新車の決算月は2月3月4月9月!車業界の裏事情を知れば値引きは簡単

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

車の値引きって本当に知ってるだけでめちゃくちゃお得になる世界です。逆に知らないとびっくりするくらい損しますw

なぜなら、新車のメーカー希望価格は「値引きされること」が前提となってるからです。しかし、この値引き額は買う人によって変わってくるのです。

その値下げを最大に引き出すためには実はすごく買う時期が重要になってきます。

車を安く買い換えたい方必見

新車をできるだけ安く買うコツとしては、新車の値引きをしてもらうことに加えて、「今持っている車をどれだけ高く買い取ってもらうか?」も大切です。

自分の車の最高売却額を簡単に知る一番かんたんな方法は、複数の買取業者に比較してもらい競合させることです。自分の車の最高売却額を知っておくと、値引き交渉時の最高の手札となります。

「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

できれば無料査定を行ってから最後まで読み進めていくと値引きについてグッと理解が深まりますよ。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→45秒の無料査定で愛車の最高売却額をとりあえず知っておく。

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

決算月を狙う。狙い目は1月2月3月

車を買うのに最も適した時期は車ディーラーの決算月である3月と9月です。

特に一番のオススメは3月です。

なぜならディーラー業者はこの一番の決算月に販売台数の成績が良いと、メーカー販売奨励金といのがもらえるからです。

このメーカー奨励金があるから、多少値引き額が大きくなっても元は取れるのです。

例えば、300万円の車を270万で売ったとしましょう。この時の利益はもう0ですよねw。ディーラーの友人曰く実際に利益が出ないことはなかなかありえないようですが今回は例なので利益0とします。

利益は0であっても販売台数はプラス1です。これが大きんです。販売台数一台ごとに数10マン円をメーカーからもらえたり、ある一定のノルマをクリアすると数千万円のメーカー奨励金をもらえることがあるといった裏車業界の事情があります。

この裏事情を利用しない手はありません。

そしてこの裏事情をしっかりと利用できるのが、車業界が大盛り上がりを見せる決算月でありう3月なのです。

3月にディーラーにいくと少し遅い

しかしここで、3月にいけばいいやと思っていては少し遅いです。何故ならん納車して初めて契約完了になるからです。

新車を購入したとしてもその日に乗って帰れるわけではありません。これから生産されるわけですから少なくとも数週間から1ヶ月前後の時間はかかってしまいます。

そうなると、それを逆算したら、3月の1ヶ月前から2ヶ月前にディーラーに足を運ぶのがもっとも効率的で安心ですね。

正月明けて1月に一度ディーラーに見積もりをもらいにいったり、ライバル社の見積もりを手に入れに行きます。

そして、2月で交渉を重ねて3月に納車が一番綺麗な形でしょう。

もし、車を買う時期をコントロールできんるのであれば、間違いなくこの1−3月に動く出すのが一番お得というわけです。

 

実際に新車買った時の値引き額は〇〇円?値引き交渉テクニック使用体験談

私はセレナを決算期近くで購入したのでかなり値引きしてもらえました。まずは私がセレナを実際に購入した時にいくら値引きできたのかお見せしましょう。どんなオプションかも全部隠さずお見せします。

どうですか?少し見にくいかもしれませんので、もう少し拡大して見ましょう。

なんと、約50万の値引きに成功しました!!

ネットで調べてみると、かなり値引きできていることがわかりました。やっぱりディーラーの友人に聞いた販売店側の本音情報は確かに効果的だったということですね。

それではどうやってこれだけの値引きを勝ち取れたのか、隠すことなく全てのテクニックを暴露いたします。

 

車を安く買う為に一番大切なことは「決算月に買うこと」ではない

決算月に買うことほどお得なシーズンはないですが、そのときに注意して欲しいことは、決算付きだからといって「メーカー奨励金があるからもっと値引きできるんでしょ」とかいって強引に値引きすることだけは絶対にやめましょう。

車を安く買うことは大事ですが、もっと大事なことは販売店ディーラーと信頼関係を結び、あとあとのアフターサービスも見据えることだと私は思います。

もし車に何かあったときにやはり頼りになるのは購入したお店です。

それに点検などにいくと、無料で洗車してくれたり、ジュースを運んできてくれたりw。新車の情報を教えてくれたり、こどもさんがいたら非売品のミニカーなどをいただけたりすることもあります。

もし、めちゃくちゃな値引きをして仮にその額が通ったとしても、気持ちの良い取引でなければ、営業マンも人ですから、あまり良くはしてくれません、これは間違い無いです。

やはり車を買うという以前に、人対人であることを意識して、「これからのトータルの車のこと」も考えて値引き交渉に望むべきです。

そうすれば自然と良い買い物ができます。最大値引き額だけにとらわれず、気持ちよく買い物ができるように、そして時間の都合がつくのならば1−3月にディーラーに足を運べば、値引き額はうんと最大に近づきますよ。

さらに「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

[/box]

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください