リースした車の場合は値引き出来るのか?

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

車を購入するときにはなるべく安く購入したいですね。その為にはディーラーで値引きをお願いします。しかし購入の場合とリースで支払うのでは月々の支払う料金は圧倒的にリースの方が抑えられます。

ではそれ以上の支払額を抑えるにはどのような対策があるのでしょうか。今回はリース料金を抑えるための対策を検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

車のリースは値引きできるのでしょうか

通常の場合のリースは、リース会社とディーラーとの間で値引き交渉がされますので、一般の方がリース会社と直接に交渉をすることはありません。ですので、殆どは値引きされない金額で月々のリース料が決められるケースが殆どです。

しかし、ディーラーにお願いをしてリース会社との金額交渉をしてもらうのも一つの方法であります。何故かと言えばリース会社は毎月何台もの車を購入しております。当然、大幅値引きの金額で購入しております。ですからディーラーにお願いをして交渉していただく方が、近道と言えるのではないでしょうか。

営業マン
頑張ってみましょう。

カーリースの仕組み

引用 愛知トヨタ公式HP

「車体価格」-「車両予想下取り価格又は残価」(契約終了時)=お客様が支払うリース料金 と言うような仕組みになっております。ではここで「車両下取り価格」が高ければ当然、支払う金額が少なくなりますよね。

その為には「車両下取り価格」を高くするようにディーラーからリース会社に交渉をしてもらうという仕組みなのです。但し、一概に「車両下取り価格」を高くすることで契約満了時にの査定により追い金をしなくてばならない事もあります。

その辺を注意しなければなりません。但し、値引き率はリース会社により金額にばらつきがありますので、あまり高いようでしたら他のリース会社に変更も考えるべきかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

他の方法で安くする方法

では、リース料金を他の方法で安く出来ないかをいくつか検討をしてみましょう。

契約期間の長期化

通常のリース契約は3年、5年と言った契約期間があります。当然ですが、契約期間が長いほど月々のリース料金は安くなるのです。そこを7年や9年などの長期契約にすれば、月々のリース料金は安くすることが出来ます。

私が疑問に思った事は長期にすると言うことは先ほどの「車両下取り価格」が低くなると言う事ですね。当然支払う料金は安くても利息分を考えると高く支払う事になるのではないでしょうか。

車体価格の見直し

購入予定の車のランクを下げたり、グレードを下げる事によりリース料金を抑える事は出来ますが、欲しい車に負担なく乗れるのがリースなので、あまり得策とは言えないかもしれません。

中古の車をリースする事も可能です。リース会社には同じくして中古車販売や中古車リースも行っています。状態の良い中古車リースも考える余地はありますね。新車のリースと同じでメーカーや年式など色々あります。選択肢も多いでしょう。

頭金を支払う又はボーナス併用

通常のリースの場合は頭金を支払う必要はありませんが、あえて頭金を支払う事により、月々のリース料金を抑える方法もあります。その他ボーナス月の支払いを多くすることで月々の支払いを少なくする方法もあります。

会社員の方でボーナスがある方は良いのですが、無い方の場合は負担が多くなるだけかもしれません。ですので頭金を支払う方が利息等を考えるとお値打ちになります。

源十郎
頭金だそうか?
さくら(妻)
そうね!

走行距離制限を短くする

リースの場合初めに走行距離を制限して残価を決めます。ですから、走行距離が短いほど残価は高くなります。ですから、毎日通勤に使うのでなければ走行距離制限を短くすることは良いのですが、毎日通勤に使う場合は逆に距離数が多くなり、初めの残価が低くなるので追い金をしなければならなくなることもあります。

さくら(妻)
パパ、あまり乗らないでね。

メンテナンスの見直し

リースの場合は初めからメンテナンスの料金が含まれているケースが殆どです。メンテナンスが充実していればリース料金も高くなります。しかしメンテンナンスが充実していないとリース料は安くなります。特に「車検費用」「消耗品交換」などは生活のスタイルに合わせてメンテナンスを選べばよいでしょう。

絶対支払わなければならない金額

リース料に含まれる、固定費に関しては削ることのできない金額です。「登録料諸費用」「自動車の税金」「自賠責保険料」こちらに関しては値引きすることは不可能ですし、安くすることもできません。本来なら一番払いたくない、税金ですよね。税金を安くできる方法があれば知りたいですね。

今車を持っている場合の値引き方法

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

まとめ

  • 車のリース料金は方法次第で安く出来る
  • カーリースの仕組みを知り、対策を考えると近道
  • 契約期間を長期化することで月々のリース料金を抑える事が出来る
  • 希望車体の変更やグレードの変更なども考えるとともに、中古車リースも考慮してみては
  • 通常の購入と同じように頭金を出すことにより、月々の料金を低くすることが出来る
  • ボーナスのある方はボーナス払いの併用をすると良い
  • 走行距離制限を短くし、初めの残価金額を高く、超えてしまうと追い金をしなければならない
  • メンテナンス料もリース料金に含まれるので、必要最小限のメンテナンスに変更
  • 固定費は安くすることはできない

リース料金を安くする方法を何点か出してみましたが、リース料金は確かに安く手に入る方法ではあります。しかし長期になれば利息を多く支払う事になります。

私のおススメはリースにされるのでしたら、少しでも頭金を出して残価を低くすることで月々のリース料を安くする方法をお勧めします。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください