車の先行予約って知ってますか?発売前の車の値引きは出来るの?

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

皆さんは新型モデルが発売する前に「予約購入」が出来る事を知っていますか。現在では先行予約システムがあるのです。何故このようなシステムがあるかというと人気車種の場合は発売されてからの注文は納車までの日にちもかかります。

そしてどの程度の人気があるかのバロメーターとして販売会社が始めたシステムです。先行予約が多ければそれだけ人気車種ということになります。

宣伝効果はばつぐんになりますのでどのメーカーでも始めています。但し、先行予約をした場合、値引きがあるのでしょうか。今回はその点を調べてみました。

スポンサーリンク

 

先行予約のメリット

はっきり言って、発売後すぐに新型のモデルに乗れることです。納車待ちのしている人の前を尻目に新型モデルに乗ることが出来る、他の人には味わうことのできない優越感に浸ること間違いなしですよ。大阪のおばちゃんにはあまり魅力を感じないかもしれませんが、東京人は魅力を感じるかもしれませんね。

精神的な優越感はおじさん達がキャバクラのお姉さんたちの前で札束や時計などを見せびらかして「社長さん、すごい!」と言われて喜んでいるレベルと同じぐらいなのではないのかな、と感じてしまいました。

源十郎
大阪のおばちゃんは考えにくいね。
さくら(妻)
そうそう。

車体価格の値引き

どのくらい利益が出るのかわからないので、会社側も車体自体の値引きは殆どしません。それに若干の値引きはあるとしても営業スタッフの提示された金額でしか値引き交渉は出来ないのです。

全くお得はないのでしょうか

それではお付き合いのあるお客様の場合は納得がいかないですよね。そう言った場合は車体価格からの値引きではなく、下取り車の査定額をアップさせて、お得感を出します。

付属品などをの値引きも視野に入れてはくれます。しかし発売されている車と比べれば圧倒的に条件はよくありません。これはどのメーカーでもほとんど同じで、お得に手に入れる事は難しいと言う事です。

先行予約のデメリット

これは全く商品が無いのにカタログだけで購入する。車版のカタログ販売と同じです。ですから、内装やボディーの大きさなどは数字上でしかわかりません。色もカタログで決めるので、実際の色とはイメージが違う事もあります。

キャンセル防止対策

「先行予約」販売の場合はキャンセル防止の為と購入意思があることを示す代わりに「保証金」を支払わなければなりません。簡単に言いますと予約金です。

メーカーや車種により金額は違いますが、5万~6万のメーカーもありますが、諸経費分の15万~16万の所もあります。値引きどころかこちら側がお金を支払って予約をしなければならないのです。そんなにしてまで購入予約をしなければならないのも大変ですね。

「保証金」は車を購入すれば総額支払額に充てられるので頭金と考えればよいでしょう。万が一キャンセルになった場合はお金は戻ります。しかし、イメージと違うからと故意にキャンセルしてはディーラー側も困りますから、そういった行為はやめましょう。

スポンサーリンク

さくら(妻)
先にお金をはらうの?

先行予約方法

先行予約は一般的に店頭での募集はしていません。一部の顧客だけの特権であるが故に優越感に浸るのかもしれません。

どのようにすればよいのでしょうか

ディーラーから以前に新車を購入していて、懇意の営業マンがあることが最優先されます。またはディーラーのイベントに積極的に参加して、営業マンと仲良くなって置くことが良いでしょう。予約購入があればしたい意志を伝えておくことも忘れてはいけません。

予約購入の日程が決まりましたら、ディーラーから連絡が入ります。だいたい3か月前から受け付けるのが平均ですが、メーカーによりもっと遅い場合もあります。

何故3カ月ぐらい前かと言えば車の雑誌などに掲載されるのが3カ月前ぐらいになります。その時点ではじめて車の詳細がわかります。その後1か月前ぐらいには各営業所にカタログ等が配布されます。

営業マンと懇意になっている方で、購入意思がありそうな方にはディーラー側に詳細が分かり次第連絡が行きます。連絡がなかったら残念ながら先行予約から落ちたのかも知れません。

今車を持っている場合の値引き方法

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

まとめ

  • 新型車の先行予約のメリットは他の人より先に新型車に乗ることが出来る優越感
  • 車体価格の値引きはほとんど期待できい
  • 車体価格の値引きが無い分、下取り車の査定額のアップや付属品の値引き
  • 先行予約のデメリットは実際の車が無い状態ですから、カタログ販売と同じ
  • キャンセル防止策として「保証金」を支払わなくてはならない
  • 先行予約は一般的に公募はしていないので縁故のお客様のみの特権

車はフルモデルチェンジなどした場合、新発売されてお手元までに相当時間がかかります。どうしても新しい車を早く手に入れたいのでしたら、「先行予約」をしてご購入下さい。

しかし通常のような値引きは期待できませんし、実物も見ていないカタログ販売のような形になりますのでそのあたりの覚悟は必要です。

そして「保証金」を支払わなければなりませんし、大きな金額の買い物になりますので、実物を見てからのご購入をお勧めいたします。

 

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください