ノアのグレードの違いを徹底比較!おすすめのグレードご紹介

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

新垣結衣さんがCMしている「ノア」っていいですよね。トヨタの「ノア」は男女問わず一般の方にも人気の車種です。今回はトヨタの「ノア」について、グレードの違いおすすめのグレードをご紹介します。

そしておすすめ機能が「ノア」にはたくさんついています。きっとこんな機能がついていたらとても便利とか、こんな機能があれば安全、と思わせる機能が満載ですよ。きっとその内容を知ってしまったら、新垣結衣さんのファンじゃなくても購入したくなってしまいますよ。

 

スポンサードリンク

グレードの種類

特別使用車 W×B

引用 トヨタ公式サイト

特別仕様車白と黒の2色があります。上記の写真は新垣結衣さんの可愛さの中にクールな女性のイメージをかもし出していますね。「ノア」の特別使用車は今までの「ノア」のイメージとは違い、白と黒でクールな車のイメージを表現しているようです。

子供の送迎などではクールさは必要ないかもしれませんが、どうせ乗るならカッコいい車に乗りたいのが本音ですよね。特別仕様車は今までの「ノア」と少々違いカッコよさも取り入れ、高級感も出しています。

なぜかと言えば、今まで強く出ていたイメージは庶民的なイメージでしたが、今回は一気にイメージを変えて若い方にも積極的に乗ってもらえるように、クールでシャープな部分を強調しているように感じます。それにどれをとっても「高級」な感じがしますよね。では特別仕様車が他の「ノア」とどのように違うでしょうか。

特別仕様車のハイブリッド車とガソリン車の違い

引用 トヨタ公式サイト

今回の「ノア」の「特別仕様車W&B」ガソリン車とハイブリッド車2種類あります。違いと言えば白か黒の色違いです。ハイブリッド車2WD車になります。ガソリン車2WD車と4WD車の2種類あります。

Wの白とBの黒では、同じ特別仕様車なので外装・メカニズム・内装・快適性・シート・収納・操作性については全く違いがございません。

違いの1つはハイブリッド車かガソリン車かの違いです。しかし燃費が大きく違ってきますね。車体の重量が重くなれば燃費も大きく違ってきますので、この辺りが悩むところではないでしょうか。

金額の違いとしてはハイブリッド車ガソリン車では差額が53万円ほど違います。燃費で考えるとハイブリッド車1回ガソリンを入れるのに対してガソリン車は2回とまでは行きませんが1.6倍ガソリンを入れなければいけません。

家庭に1台しか車が必要で無く、毎日のように車で通勤をするならば絶対にハイブリッド車をお勧めします。1回のガソリン代が5000円と考えるとハイブリッド車は53万円余分に出せば、ガソリン車よりも40分お得になります。

任意保険料も違ってきますので、ランニングコストの面も考慮した方が良いと思います。特に若い世代は給料もあまり高くなく、子供にもお金がかかっていきますね。車選びにはとても重要なことの一つで出もありますよね。

もう1点違う部分は2WDか4WDの違いです。ここは雪国かあまり雪の降らない地方かで決めれば良いのでないでしょうか、全く雪が降らないところでは4WDほど必要がありませんよね。しかし自分はとてもアウトドア派で山や川などに出かける方は4WDの方が良いかもしれませんね。

こちらはライバル車との比較記事です。ノアには魅力がたっぷり!併せてご覧ください。

ノアVSヴォクシー,セレナ,エルグランドの違いを徹底的に比較!

2018.04.05

ノアVSステップワゴンスパーダ!ミニバンを分かりやすく比較

2018.04.05

ノアVSヴォクシーの違いを比較!おすすめミニバン人気車対決

2018.03.30

特別仕様車の外観

引用 トヨタ公式サイト

特別仕様車ならではの外観ですね、車のバックのスタイルもボディーの専用エンブレムも洗礼されたイメージで、アウトサイドドアもメタルになっており、とてもシャープでカッコいいですね。

特にバックドアガーニッシュ・リヤコンビネーションランプガーニッシュはやたらとカタカナが並んでしまいましたが、名前だけを聞いていると何の事やらわかりませんが、バックランプが他の「ノア」と違います。名前一つをとってもカタカナが並ぶとカッコよく感じますよね。

専用エンブレムは特別仕様車と言うことをアピールするためのアイテムの一つなのでしょう。筆記体ぽくさせることによりオシャレ感を出していますね。

アウトドアサイドハンドルの部分はメタルになっています。他の「ノア」ではメタル使用ではないのでしょうね。以上のように外観では一番洗礼されたスタイルですね。特別仕様車の外観を見てしまうと他の「ノア」がかすんでしまいそうですね。

特別仕様車の内装

引用 トヨタ公式サイト

特別仕様車は室内が他の「ノア」と違い専用シートになっております。名前の「W&B」のように黒の座席に対して白のステッチがオシャレな感じがしますね。

2つ目の違いは座席には消臭機能も付いております。サッカー少年などスポーツなどをした後の子供達を乗せるととても汗臭いですよね、室内全体が汗臭いにおいが充満してしまいます。ついつい窓を全開にしたくなりますよね。消臭機能はぜひ欲しい機能ですね。

3つ目の違いですが、Wのホワイトの場合は室内のシートが合皮の白で、可愛らしくイメージしています。Bのブラックの場合は室内シートが合皮の黒になっており、統一感を持たせております。

4つ目の違いはドアの取っ手の部分はメッキ使用になっていています。WのホワイトBのブラックのどちらの色にもドアハンドルのメタル色がスタイリシュで車に映えオシャレな感じがします。

特別仕様車のおすすめ機能1

引用 トヨタ公式サイト

特別仕様車のおすすめ機能にはワンタッチスイッチ付き機能とは扉の開けたり閉めたりするのにとても便利な機能です。運転席・助手席側の両方にスマートキーを携帯していればドアの解除もドアオープンもすることが出来て、大変便利です。

それに左右のどちらからも乗り降りすることも出来ます。例えば片面が壁や他の車との隙間が少なくても反対側の広い方から乗り降りや、荷物を入れたり出したりできるのでとても楽ですね。駐車スペースにより扉を使い分けることが出来る機能はとても便利です。

特別仕様車のおすすめ機能2

引用 トヨタ公式サイト

特別仕様車のおすすめ機能2パワースライドドアの予約機能です。パワースライドドアの予約機能とは、パワースライドドアの締めてある状態で施錠操作を行うと、クローズ後の施錠予約ができます。フロントのドアハンドルセンサーに触るだけで予約完了します。ですから、ドアが閉じ切らないうちに車から離れてもかってにロックがかかる機能です。

両手に荷物を持っていた場合や、子供を抱いていたりした場合など、とっさの時にもロックのし忘れはないですから私などのように忘れん坊のさんはとては便利な機能なので、絶対欲しい機能のひとつですね。

以上のように多種機能が満載の特別仕様車です。新垣結衣さんと一緒に車に乗った気分を味わいたい方はこちらの「別仕様車W&B」をお選びください。一緒に乗っているようでとてもハッピーな気分になれますよ。

この特別仕様車凄いところがありすぎて…がっつり調べてみちゃいました。

トヨタノアのW×Bは高級感漂う内装とカスタムでさらに魅力up!

2018.05.06

ノア特別仕様車の違いは高級感!!こだわりの内装をチェック!!

2018.04.19

GR SPORT

引用 トヨタ公式サイト

上記の写真は特別仕様ではなく「GR SPORT」です。特別仕様車と比べるとフロント部分が違います。他の「ノア」はフロント部分にメタルが多く使用されている分、洗礼されたシャープさをかんじましたが、色の違いもあるでしょうが若干柔らかい表情になりますね。

「GR SPORT」には他の種類にはない、車体の下の部分にラインが入っていてスポーティーなイメージにはなっています。こちらの種類はハイブリッド車が無くガソリン車しかありません

近ごろの車は外観が全体的にシャープなイメージのボディーが多いようですが、こちらの車は温和なイメージに感じますが、車内を見たら「ちょーびっくり」、こちらの方が力強い感じがします。若いお父さんや「走り屋の方」には人気があります。

近ごろ多い「あおり運転」ですが、「GR SPORT」は外観だけであおられないかもしれませんが、逆に車のエンジンをかけ、タコメーターを見たら自分自身に変なスイッチが入って、人が変わってしまうような運転をする人もいるかもしれませんね(笑)

GR SPORT車内

引用 トヨタ公式サイト

「GR SPORT」の車体はボディーイメージとは別で運転席はどう見ても「走り屋さん」と言う感じがしますね。全くおとなしいイメージはなく丸いメーターに赤い数字が昔を思い出させるかのような、レーシングカーをイメージさせます。私は走り屋ではないのではありませんが、車好きのアクティブなお父さんが「ノア」を購入するならこちらを選ばれるかもしれませんね。

それにこちらの車には4WDもありますから、冬の雪道にもとても強い車です。子供達をスキーやスノボに出かけたり、冬の温泉場に連れて出かけることも出来ますね。

是非、子供達を連れて冬の温泉場で、サルが温泉に入っている姿を見せてあげたいですね。そういえば「カピバラ」も温泉に入りますね。どちらも見せてあげたいです(笑)

GR SPORT座席

引用 トヨタ公式サイト

「GR SPORT」の座席は他の「ノア」と違い、運転席や助手席も後部座席も一席一席が安定感があるように感じがします。ジェットコースターのようにスピードが出ても、吹っ飛ばされないような席になっていますね。山道でも「ガンガン」走っていきそうなイメージです。そこが「GR SPORT」の由来なのでしょうか。

ガソリン車の中では一番値段も高く特別仕様車のハイブリッド車と価格は殆ど変わりません。理由は他の「ノア」と違い内装やホイールなどのカスタマイズの種類も多く、自分独自の「ノア」を演出できるからではないのでしょうか。

こちらにGRの歴史を記事にまとめました。めっちゃカッコよくて、普通のノアじゃものたりないあなたにぴったりですよ。

ノアG's(ジーズ)の新型は?内装やカスタムも紹介!初心者向け講座

2018.05.07

ハイブリッド車Siクラスと他のハイブリッド車の違い

引用 トヨタ公式サイト

「ノア」には特別仕様車の「W&B]、「GR SPORT」、「普通タイプ」3種類のボディーの形があります。そしてその中には「ハイブリッド車」「ガソリン車」があります。

特別仕様車以外の中では上記のハイブリッド車が一番値段が高い車になります。下記の2種類のハイブリッド車とどのように違うのでしょうか。SiクラスとGクラス、Xクラスのグレードとの違いを比べてます。

その他ハイブリッド車

引用 トヨタ公式サイト

第一に価格差

上記の表ハイブリッド車の3種類のグレードを金額的な部分を抽出した概算的な比較表ですが、金額的な差がグレードにより違います。だいたい12万円ぐらいずつ違いますが、この違いは外観からは判断できませんが、ご購入の目安にはなると思います。

ではSiクラスとGクラス、Xクラスの金額の違いは何にあるのでしょうか。それは内装に若干の違いがあるようです。では内装にはどのような違いがあるのでしょうか。下の表で比較しながらご紹介します。

第二に内装の差

引用 トヨタ公式サイト

上記の写真はSiクラスの内装の写真ですが、12万円ほどの違いは内装でも大差はないのが現実です。違う部分はボディーに大型のカバーが付いているか消臭付きの温熱シートが付いているかの違いになります。後はご購入される方が内装の違う部分が必要か否かで決められれば良いのではないでしょうか。

寒い地方の方にとっては冬に温熱のシートは暖かくてとても気持ちがいいですよね。是非あった方が良い機能の一つではないでしょうか。では上記でお話しした違いを下記の表に内装の違いをグレード別にまとめてみました。ご参考にしてみてください。

まとめてみて気づいたことはトヨタの「ノア」はあまりハイブリッド車に対しては力を入れている感じがありませんね。グレードは3種類ありますがどれを選んでも違いが判らないぐらいです。

こちらにハイブリッド車のノアについて詳しく紹介しています。

ノアハイブリッドカタログ燃費と実燃費を徹底調査!実際は?

2018.05.04

ガソリン車

引用 トヨタ公式サイト

引用 トヨタ公式サイト

次はガソリン車についての違いをご説明いたします。内装の違い等はハイブリッド車とガソリン車の違いは殆どありません。しかし、ハイブリッド車は2WD車しかないのに対して、ガソリン車は2WD車と4WD車が同じグレードの中にあります。2WDか4WDが価格に差が出てきています。

ガソリン車のグレードGの4WD車とグレードXの2WD車の金額の差額は50万円ほどもあります。きっと「ノア」の一押しはグレードGの4WDかもしれませんね。

ハイブリッド車と違いガソリン車グレードGの方が高くなっています。内装でのグレードG4WDには温熱座席シートが備え付けられていることです。下記の表はガソリン車のSiクラスとGクラス、Xクラスの金額の差を概算で比較してみました。ご検討の目安にしてください。

内装や金額的な面から考えると「ノア」の場合は4WDをお勧めしているのでしょうか。一番高く設定されていますよね。私は関西地区なのでそれほど雪が積もることもありませんが、意外と東北や北陸などの寒い地域での販売に力を入れているのかもしれませんね。

過去の東北や熊本の震災、新潟の大雪など色々な天災がありましたね、やはり移動手段になると車になりますし、避難所での生活は大変です。ペットなどを飼われている方は車の中での生活をされていたようです。

そのようなことを考えるとミニバンの4WDは震災の時にも使い勝手が良いのでしょうね。私には小さなこども達もいるので、子供の安全を確保するのが親の役目でもありますから、ミニバンの4WDの購入を考えてしまいます。

 

8人乗りの場合

引用 トヨタ公式サイト

ガソリン車の8人乗りの場合です。8人乗りの内装でグレードGは温熱シートが備え付けられています。その他のグレードとの違いはハイブリッド車の内装違いとほとんど変わりません。唯一の違いは2WD車か4WD車かの違いで金額の差が出てきているようです。

家族が多かったり、たくさんの人たちの送迎をされる場合はやはり8乗りを選ばれるのではないでしょうか、たくさん載れることに越したことはありませんからね。8人乗りのグレードと金額の差をわかりやすい様に表でまとめてみました。

こちらでは、ノアと他のミニバンを比較しました。ノアってやっぱり他のミニバンと比べても凄い点が多いんです。

ノアVSヴォクシー,セレナ,エルグランドの違いを徹底的に比較!

2018.04.05

グレードの他に色も選ばなきゃいけないですよね。車選びってホントに大変です。色でお悩みの方はこちら。

ノア人気の色は?選び方別おすすめ色&綺麗を保つ秘訣大公開!

2018.04.09

 

おすすめの安全装備

私の一押しは何といっても安全性です。では「ノア」のおすすめの安全機能についてご説明していきたいと思います。他の車にはない「安全装備」が各種ついております。下の画像は機能についての紹介です。自信を持っておすすめする理由が掲載されています。是非、ご参考までにご覧ください。

各種機能について

衝突回避衝突時の被害軽減サポート車線逸脱事故防止夜間の歩行者を早期に発見できる装置多量のエアバックなどが付いています。チャイルドシートも車庫入れも楽々出来る装置等が各種付いております。搭乗者の安全や事故の回避をするための装置が多種多様付いております。

ざっと上記に記載しただけで5種類もお勧めの安全機能が付いています。「ノア」の一番重視しているのは安全機能なのではないでしょうか。やはり全国一番交通事故が多い愛知県のトヨタだからなのでしょうかね(笑)では順番にご説明していきますね。

衝突回避装置機能

 引用 トヨタ公式サイト

一つ目の衝突回避装置機能とはなんでしょうか。この機能はすごいですよ、車で後ろからぶつかった場合は前方不注意で100%後続車が悪くなります。ちょっとわき見でもしてしまったら絶対に「おかま」ほっちゃいますからね。

でも衝突回避装置機能が付いていれば子供に気を取られたり、「ぼーっと」考え事をしてても車自身が危ないと感知したら、車が勝手に止まってしまうのですよ。衝突を予測し警報ブザーとディスプレイで表示して知らせてもくれます。

何といってもブレーキを踏めなかった場合は自動ブレーキが作動します。すごい車ですね。「ノア」て、そのうち「AI」が勝手に運転し、衝突を回避する車が標準装備で付いているようになるんでしょうね。

車線逸脱による事故を防ぐ機能

 引用 トヨタ公式サイト

2つ目の安全機能の車線逸脱による事故を防ぐ機能とは何でしょうか。道路上の白い線を車が認識し運転者がウインカーを出さずに車線からはみ出そうな場合、ブザーとディスプレイで警告する機能です。今はこんな便利な機能がついているんですね。白線に寄りすぎて運転していたらブザーが鳴りっぱなしになるんですね。さすがにブザーのなりっぱなしになれば誰でもきづきますね。

時々あるんですよね、極端に対向車が中心線に寄って走ってくる車、とても見ていてヒヤヒヤしてしまいます。特にカーブの部分で中心線に寄ってこられると、まるで自分に向かってぶつかって来そうな感じがしますね。

細い道の場合や初心者の運転者に多い傾向かもしれませんね。その方たちが「ノア」に乗ったらブザーが鳴りっぱなしでしょうね(笑)

夜間の歩行者などの早期発見機能

 引用 トヨタ公式サイト

夜間の歩行者の早期発見機能とはなんでしょうか。夜間にそうこうするときなどは、住宅街やネオンの少ない場所を走るときにハイビームなどにしますが、オートマチック式でハイビームとロービームを自動で切り替えます。へー便利な機能ですね。勝手にハイビームにしてくれるんですね。

夜間に人気のないところを走っていて急に人の姿を見つけたりすることありませんか。まるでお化けでも出たかのようにびっくりしてしまいますよね。そんなときなどには夜間の歩行者の早期発見機能が付いていれば安心ですね。

手動の場合ですとハイビームのままで走っていて、対向車から「パッシング」されることがありますよね、とても恥ずかしいですね。自動なら恥ずかしい思いをしなくても済みますね。

悪天候時の視界確保をサポート機能

 引用 トヨタ公式サイト

夜間の歩行者の早期発見機能により手厚い機能がついています。それは明るいランプが燃費向上に貢献し悪天候時の視界確保をサポートしてくれる機能です。

夕方や夜の車の運転は明るいところはまだいいのですが、田舎や街路灯が少ないところでは視界が見にくく、運転しにくいですよね。

夜間の雨降りなどとても見にくく車に乗りたくはないですよね。お子さんがいる方は雨の日でも子供の塾への送り迎えはしなければなりませんね。

本音では「えー雨降りに車乗るの嫌だから塾休んでよ!」と言いたいぐらいですが、こればかりはしかたありません。子供が夜間に歩くことの方が危険ですから。

しかし上記のような夜間の歩行者の早期発見機能悪天候時の視界確保をサポート機能がついていれば運転が楽に出来ますね。私は視力がよくないので、こんな機能がついていればとても運転しやすいので、喜んで塾の送り迎えも出来るかもしれませんね。

車選びの重要機能の一つに入れたいですね。

7つのエアバック

 引用 トヨタ公式サイト

多量のエアバックとはいくつあるの。エアバックはどの車にも付いていますが、7個も付いていますよ。

下の写真でもわかりますが、窓側のエアバックはまるでマットが窓にへばりついたようなエアバックですね。これは衝突の衝撃で外に飛び出さないようにしているのでしょうか。

事故が起きた時に衝撃で子供が外に飛び出して亡くなるケースも多々ありましたが、「ノア」のように7個もエアバックが付いていれば衝撃で飛び出す心配もありませんね。いくら自分の車に安全な機能が付いていても、相手の車に安全機能が付いていなければ衝突されたりしますよね。その時のダメージを少しでも回避する目的でもあるのでしょう。

しかし全部エアバックが開いてしまったら、中の様子が解らないので、怪我の状態も確認できないぐらいのエアバックですね。これだけついていれば安心と言えば安心ですが、息苦しいでしょうね(笑)

チャイルドシート

 引用 トヨタ公式サイト

オプションではありますが「ノア」専用のチャイルドシートがあります。着脱もしやすく、子供の安全をより追及してあるようです。

小さな子供の場合でもシートが体全体を覆うような状態で座らせることが出来ます。特に幼児の場合は頭が重いので首などの衝撃にも耐えられるようになっているようですね。

今は車に合わせてチャイルドシートを購入する時代になったんですね。我が家は3人分のチャイルドシートが必要になりますから、せめて1台はサービスで付いていてほしいですね。

車庫入れの操作機能

 引用 トヨタ公式サイト

車庫入れの操作機能とは何でしょうか。どうしても車体が大きいと車庫入れが大変ですね、駐車スペースの両サイドに大きなミニバンがあると、ついつい避けて違う場所を選んでしまいがちですね。そんな場合でも車庫入れがしやすい様にアシスト機能が付いています。

「R」にシフトを入れると駐車枠を認識し、「OK」ボタンをタッチすれば駐車枠にまっすぐ入るように自動でステアリング操作をします。と言うことは勝手にハンドルを操作してくれるので、自分で調整しなくてもまっすぐに車が入るということですね。

スーパーなどの立体駐車場で車も入れるのに何度も切り返している車を見かけますよね。それに斜めにはいっていたりして、車から出られない場合もありますよね、この機能が付いていれば、バックの駐車が下手でもスーパーの駐車も安心ですね。

しかし私が見ている限りでは、近頃は女性の方がスーパーの買い物にミニバンで出かける方も多いです。意外と毎日のようにスーパーに出かけて駐車場に入れるからでしょうか、時々乗るお父さんよりも毎日乗る女性の方がうまいかったりしますね(笑)

おすすめのトヨタ車ならではの安全機能

前の車の発信を知らせる機能

 引用 トヨタ公式サイト

前の車の発信を知らせる機能がついています。後部座席の子供に気を取られた時によくある失敗ですよね、信号が変わっているのにきずかずに中々発進しないと必ず後続車にクラクションならされてますよね。

1秒、2秒違ったからと言って人生どう変わるでもないのに、まー気の短い人と私は思うようにしていますが、とっさにクラクションを鳴らされるとびっくりしていまい、逆に急発進の原因になりかねないですよね。

そんな時に前の車の発信を知らせる機能がついていたら、急発進の原因にもなりにくいですし、衝突回避には持って来いの安全機能の一つですよね。しかしこの機能に頼っていてよそ見ばかりしていてはだめですよ。

急発進・急加速を制御し、被害を軽減する機能

引用 トヨタ公式サイト

近ごろ多い高齢者の車の操作ミスで「コンビニ」などに車が突っ込むことや、立体駐車場で車が飛び出すことがありますよね、高齢者と言わず人は慌てると冷静を保てなくなり、とんでもない動作をしてしまいがちです。

しかしこの急発進・急加速を制御し、被害を軽減する機能が作動すれば、「コンビニ」へ車が突っ込むことも防止できるでしょう。立体駐車場から車が飛び出す事もなくなりますよね。是非この機能はすべての車の標準機能で着けるべきですよね。

急発進機能と前の車の発信を知らせる機能の2種類がついていれば、前方の車に対しての追突事故も防げますよね。高齢化社会に対しての考慮だけではなく事故を未然に防ぐ機能が重要なのかもしれません。事故を起こしてからでは遅いですからね。

歩行者や自転車に接近を知らせる機能

引用 トヨタ公式サイト

よくお友達同士で自転車に乗っている方は話に夢中になって、後ろから車が来ていることに気づかないでいる人多くないですか。その時に便利なのが歩行者や自転車に接近を知らせる機能ですね。

信号を回避するために、私はけっこう田舎道を走ることもあるんです。突然クラクションを鳴らして、驚かれて転びでもしたら車の運転者の責任になりかねないです。私はどうしてもクラクションを鳴らすのに抵抗を感じて仕方なく、ゆっくり後ろをついていく事がたたありますが、車が知らせてくれるなら、気が楽になります。

高速道路などを走っている時に経験ありませんか、普通に走っていると急に渋滞して来る時にぶつかりそうで「ヒヤ」としてしまったこと。後続車に急ブレーキを通知する機能もついているんですよ。すごくないですか、高速での事故はだいたいが急な渋滞での追突事故がほとんどですから、高速をよく走る人はこの機能がついていれば後続車に追突されることが回避できますね。

走行状況に合わせて車両を制御する機能

引用 トヨタ公式サイト

雪の降り始めはいいのですが、翌朝の路面が凍結した場合はスタッドレスタイヤでも滑る事ありますよね。私は雪の日には車に乗らないようにしていますが、どうしても車で出かけなければならない時や、新潟や東北地方のように寒い地方では雪が当たり前に積もりますよね。

この機能は4WD車についている機能ですが、雪道を走ったり、悪天候の時など滑りやすいときに走行状況に合わせて車両を制御する機能して車両を安定させるきのうです。安全走行を維持できるように制御するシステムがついていたら凍結時でも鬼に金棒ですよね。この機能がついていれば冬のレジャーでスキーやスノボーなどにも家族で出かけられますね。

歩行者の安全にも配慮し、さまざまな状況を想定した安全機能

引用 トヨタ公式サイト

事故などは決してあってはならないのですが、万が一歩行者をはねてしまった場合を想定し衝撃を緩和する機能がついているんです。実を言いますと10年前に自転車に乗っていた時の事です。一旦停止をしない車に追突されました。

その時、衝撃で自転車のハンドルから手が離れ自分の体が宙へ飛んでいったのですが、その時の様子は一瞬だったはずなのに脳の中ではスローモーションのように感じましたね。案の定、体は地面のアスファルトの上に叩きつけられ、顔と足をすりむいて血だらけになりました。

上記のようなバンパーやボンネットの部分に衝撃吸収構造する機能がついていれば衝撃を吸収してくれて怪我も少なく済んだかもしれませんね。昔なのでまだそのような機能はついていませんでしたが、大した怪我で無くすみました。ですから私自身が安全機能には特に注目するのかもしれませんね。

スポンサードリンク

人気のグレードとおすすめ

引用 トヨタ公式サイト

人気のグレード

上記の写真のように人気ナンバー1「特別仕様車 Si W&B」ホワイトカラーのガソリン車です。次いで人気は8人乗りのグレードXの2WD車にオプションを付けた場合のタイプが人気の様です。

私からしてみれば価格差があまりない様に感じましたし、ミニバンを乗られる場合は家族やお友達など、子供達をのせて遠出などに出かける場合が多いのではないかと思い、ハイブリッド車の方が人気ではないかと思っていましたが、意外な結果に驚いています。私が営業マンならお客様のニーズを知ってない失格な営業マンになってしまいますね。

おすすめグレード

おすすめのグレードは上記の順位が物が語っているように、若いファミリーの家庭「特別仕様車W&B」をお勧めします。安全性はもちろん、奥さんも乗られる機会が多いと事を考えると見た目のスタイリシュな部分も必要になってくるのではないでしょうか。

次いで、たくさん人を乗せる必要がある場合やご家族に介護を必要とされている方が見える場合は車いすや買い物も介助者が必要になりますので、8人乗りの方が便利ですね。

介護が必要とされる場合は天候が悪くても病院通い等もしなければなりません。車いすを乗せたり降ろしたりすることはとても力が必要で、スペースもいります。そして言えることはスタイリシュは全く必要が無く、とにかく物をたくさん乗せることが第一条件になります。

そのようなことを考えるとミニバンの8人乗りはとても便利です。家族の生活スタイルに合ったグレードを選ばれる事が一番ベストではないでしょうか。

こちらはノアの進化にせまります。フルモデルチェンジの予想もしてみました。

トヨタ新型ノアフルモデルチェンジ予想!時期は2020?燃費&安全機能は?

2018.05.01

ノア80系前期と後期でモデルの違いは?!その進化に迫ります!!

2018.04.29

ノアの7人乗りと8人乗りの違いは何?魅力ポイントを徹底紹介!

2018.04.22

まとめ

  • グレードの種類には「特別仕様車のW&B」と「GR SPORT」があります。価格差は殆どありませんが、コンセプトの違いがあります。
  • その他「ハイブリッド車」「ガソリン車」の中でも2WDと4WDに分かれています。違いは価格差ではありますが、他の車種程の価格差はありません。
  • 「ノア」には安全装備が各種機能ついていて安全重視の車と言えます。トヨタ車の力を入れている部分でもあります。
  • 人気があるのは「特別仕様車のホワイト」と8人乗りの2WD車になります。私もお勧めの車種です。

以上のように「ノア」のグレードは各種あります。内装や安全機能はどの車種も同じようについていますので、後は個人の生活スタイルに合わせて選ばれることをお勧めします。

意外なことは1番人気も2番人気もハイブリッド車ではないことに驚きました。ハイブリッド車ではないのはあまり遠出をされない方が「ノア」をご購入さるのでしょう。

それとも2WDや4WDを各グレードに用意してあるのは寒い地域の方や街中に住む方ではなく、田舎に住む方の購入に力を入れているのかもしれません。

しかしミニバンを選ばれる家庭は若い世代のファミリーか、介護者がいて病院の送り迎えなどに使われる方が多いと思います。ですから女性の方が乗りやすく、夜間の塾の送り迎えでも夜間の歩行者を早期に発見できる機能がついていたりします。

子供に気を取られても大丈夫なように追突防止装置などの機能がついていてとても、安全を重視していることがわかります。エアバックも7つも付いていること事態はびっくりしました。全部開いたら窒息死してしまいそうなぐらいですからね(笑)

スーパーや病院へ出かけても駐車場ではアシスト機能などが付いていて、駐車しやすい様になっているのはとても便利に感じました。特に子供が急病の時の病院での駐車は、高齢者の方の運転者も多く、駐車スペースに斜めに入っていたり、駐車場内を逆走したりと意外と大変ですよね。

子供のクラブ活動や部活などで他のお子さんも預かって乗せなければならない時もあります。ですから車選びは内装の豪華さや、ボディーの見栄えなどではなく、「ノア」の場合は車の安全機能を重視し選んでらっしゃるように感じました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください