トヨタプリウス実際の燃費は悪いのか?平均表示燃費と走り方のコツ

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ちょっと外にドライブに出れば、必ずと言ってもいいくらい見かける最新プリウス。すごく燃費がいいって言いますよね。きっと「本当にそんなに走るの?」なんて思っている人も多いはずです。

私も実際に試乗してみるまでは、ハイブリッドじゃない車とそんなに変わらないだろう、と完全になめていました。そして乗ってみてはじめて、新型プリウスのすごさを実感しました。

そこでプリウスに乗ったことのない方のために、新型プリウスが「どんな車か」「数字上のくらいの燃費なのか」「実際道路に出てみると、どのくらいの燃費なのか」を、私の乗ってみた感覚と知識を織り交ぜてお伝えしたいと思います。

この記事が終わるころには、人に聞かれたときに新型プリウスがどんなものか教えてあげられるようになっていればって思います。

プリウスα!?2018年モデルチェンジ情報はこちらから。

トヨタプリウスα2018年モデルチェンジで新型登場か!?いつ?変更点は?

2018.08.18

プリウスαの全長サイズは?寸法と車幅の大きさも全部解説

2018.08.16

スポンサードリンク

新型プリウスってどんな車?

引用 トヨタ公式HP

まずは燃費の話をする前に、新型プリウスがどんな車なのか紹介したいと思います。きっとただ燃費の話をするよりは話が入ってきやすいと思います。新型プリウスは一言でいうと「安全で乗り心地がよくて燃費がとてもいい車」というイメージですね。

難しいことを説明してもわかりにくいしピンとこないと思うんです。正直、私も難しいことはあまりわからないので、私が実際に試乗して感じたことを書いていこうと思っています。

まずは安全面から。今回注目していくポイントは、自動ブレーキやオートマチックハイビーム、レーンディパーチャーサポートですね。

自動ブレーキ

安全面の中でも自動ブレーキには助けられました。

試乗中に少しよそ見をしてしまったときに壁にぶつかりそうになって自動ブレーキが働きました。本当にヒヤッとしました。もし自動ブレーキがなかったら本当にぶつかっていたんではないかと思いました。

日常で乗っている中ではさらに自動ブレーキに助けられる機会があるんではないかと思います。とても安心の機能ですよね。

レーンディパーチャーサポート

次はレーンディパーチャーサポートについて。レーンディパーチャーサポートというのは中央線などの白線からはみ出した時に教えてくれる機能です。

運転していると経験あると思いますけど、いつの間にか中央線を割っていたり、歩道側に寄っているなんてことありますよね。そのいつの間にかを音で知らせてくれるのが、レーンディパーチャーサポートというわけです。

試乗中何度か音が鳴って、自分で気が付かないうちに線に寄ってしまっていたのだとわかりました。これだけでも事故を大分減らすことも出来て運転も上手くなるんじゃないかなって思いました。

新型プリウスは安全に運転するための機能がとても充実していますね。私は結構、車に乗ることが多いので安全機能が充実している点はとてもいいと思いました。

乗り心地

やはり乗り心地は車にとってとても重要なことですよね。長時間乗ったりするとすぐに影響が出てきてしまいます。私なんかは、腰が痛くなってきてしまいますね。

長い時間試乗してみた結果の乗り心地なんですが、一言でいうと『とても快適』ですね。長い時間乗っても腰も痛くなりませんでしたし、車内の空間もとても快適でした。これならストレスも少なく長く乗っていることが出来そうですよね。

私事ですが、渋滞してしまう方なので少しでもストレスが少ないのはいいことだと思います。以上が実際に新型プリウスに試乗してみた感想です。単純にとてもいい車だということがわかって頂けたと思います。

プリウス発売から20年もの月日が経ち今もなお人気のセダン代表車。そんなプリウスの20年の歴史を覗いてみませんか。

プリウスのモデルチェンジ歴史!初期から最新まで比較

2018.08.21

 

最新プリウスってどのくらい走る?

ここからは燃費についてお話していきたいと思います。やっぱりここがみなさん一番気になるところだろうと思います。私もどれだけハイブリッドではない車と燃費が違うのか、とても気になっていたので気持ちがわかります。

実際にハイブリッド車に乗って道に出て走ってみるとわかるんですけど、思ったより走らないなって感じることが多いと思います。具体的に言うとメーカーが発表している数字で『40.8』㎞/L走ると言っているのに実際は『30.0』㎞/Lくらいしか走らない、どうしてそんなことになってしまうんでしょう。

まず、新型プリウスが数字上はどのくらい走るのか?道路に出たらどれくらい走るのかをお話ししていきたいと思います。

まず、最新のプリウスの数字上の燃費ですね。ずばり『40.8』㎞/Lです!数字だけみるとすごいですよね?たったガソリン1リットルで40・8㎞も走っちゃうんです。飲み物で例えると1ℓのコーラでフルマラソン出来るってことですね。

ちなみに新型プリウスと同じセダン、よく国会議員さんが乗っている黒塗りの車の種類ですね。そのセダンのハイブリッドではない車の中で1番燃費がいいと言われているのが、マツダアテンザXDです。

燃費は『22.4』㎞/L走ります。アテンザもなかなか走るなという印象ですが新型プリウスの『40.8』㎞/Lには遠く及びませんね。

この部分だけ見てもどれだけハイブリッド車の燃費がすごいかわかりますね。でもこれはあくまでも、メーカーが発表している数字上の燃費です。では次は実際に道路に出て走ってみての燃費を見てみましょう。

人気のプリウスの口コミ、聞きたくありませんか。こちらではプリウスの評価と口コミをグレード別に徹底調査。合わせてどうぞ。

プリウスの口コミ・評価をグレード別に徹底調査

2018.08.19

 

スポンサードリンク

道路で実際走った時の燃費は?

ここで私も含めてみなさんが思うことは、メーカーが『40.8』㎞/L走るって言っているんだから大体そのくらい走るんじゃないの?ってことですよね?ではまず、そこから説明していきましょう。

走行する道路の違い

なぜメーカー発表燃費と実走行燃費が違うか簡単に言うと、人によって走っている場所も違えば運転の仕方も個人で違うからです。

メーカーでは、基本的な道を走らせて燃費を計測しているので『40.8』㎞/Lという数字は、あまり上り下りや信号など、止まる機会が少ない道を常に走っている状態の燃費になるんですね。

でも普段、自分で走っている道を考えてみてください。たくさんの坂道もあれば信号が多い場所など、止まる機会が多い道などもあるんじゃないでしょうか?

基本的に車は坂道や一時停止が多い場所では燃費が落ちます。坂道では平地より余計にパワーを使い、一時停止した後の発進では自重を0の状態から走らせるためにパワーを使います。

人間も上り坂を上るときには平地を走るより疲れますよね?私はかなり息が切れます。ちょっと運動不足かもしれませんね。

運転の癖の違い

次に自分の運転を思い出してみてください。気が付いてないのかもしれませんが、何か癖はありませんか?例えばアクセルを深く踏んでしまうとかブレーキを余計に使っているとか、そこまで暑くなくても冷房を良く使うとか。

アクセルを踏み過ぎると、回転数が余計に上がって余計にパワーを使います。ブレーキをたくさん使うと再加速するために余計にパワーを使ってしまいます。

想像してみてください。待ち合わせの場所に走って向かう中、ジョギングペースでも余裕で間に合うのに、本気でダッシュしたら体力の無駄ですよね?それが車の運転でも起きているってことです。

エアコンと燃費は関係する?

それとなんですが私もよく昔聞いたんですけど、『エアコンを使うと燃費が落ちる』これも真実です。エアコンはエンジンを使って動かしているので、普通より余計にエンジンに負担がかかって燃費が落ちるんです。

これらのことをまとめると、メーカーが発表している燃費と、自分が普段生活をしている道を走る燃費とでは、違いが出てきて当然ということがわかりますよね。

このことを踏まえて、実際の新型プリウスの平均的な燃費は『28.0』㎞/Lです。この数字はいろいろなところで新型プリウスを乗っている人の燃費の平均値になっています。

新型プリウスを乗っている友人が住んでいる場所は、山間部で坂道がとても多くて信号は少ないです。そこで友人にどのくらい走るのか効いてみたところ、新型プリウスの平均燃費は『26.0』㎞/Lでした。

上でも書いた通りいろんな環境、個人の運転の癖があるので実際のところ、環境によってはもっと走ったり、もっと走らなかったりするものだということがわかります。

新型プリウスだとどれくらいお財布に優しい?

ハイブリッドではない車と比べて、どれくらいお得に乗れるのか、この点もとても気になる所ですよね。むしろ、これがハイブリッドではない車から乗り換える、一番の意味と考える人も少なくないんじゃないんでしょうか。

先ほど話に出て来たマツダアテンザXD、この車と新型プリウスを比べてみましょう。ここではメーカー発表の燃費で比べてみようと思います。

先ほども書いた通りアテンザは『22.4』㎞/L、新型プリウスが『40.8』㎞/Lです。1ℓ100円だとして50円も違いますね。これが1ℓではなくお互いの車の満タンが30ℓだとしたら1500円も違います。美味しい回転ずしで15皿近くお腹いっぱい食べられちゃいますね。

この差が満タンにするたびに出てくるんです。1年に10回くらい満タンにしたとしたら15000円も変わってきます。これは回転ずしどころではなく、高級なステーキのコースが食べられちゃいます。すばらしいですね。私も食べたいです。

これをさらに数年にしたらもっと差が出てきてしまいます。これでどれだけお財布に優しくてお得かわかりますよね。

それにこれは、ハイブリッドではない新型プリウスと同じ種類の、1番走るセダンと比較した場合です。もっと走らない車と比べたらこれ以上の差が出る結果になります。

この結果を見ると、次はハイブリッドかな、って思ってしまいますよね。私は回転ずしに心惹かれました。

新型プリウス最新マイナーチェンジ情報はこちらから

新型プリウスシリーズ最新まとめ!マイナーチェンジも先読み

2018.08.19

スポンサードリンク

まとめ

  • 新型プリウスのメーカー発表燃費は40.8㎞/L1ℓでフルマラソンができる
  • 新型プリウスの実走行燃費は平均28.0㎞/L1ℓでハーフマラソンができる
  • 実際の燃費は環境、個人の運転の仕方によってかわってくる。
  • 新型プリウスに乗るとハイブリッドではない車に比べて、1回の満タン給油で1500円回転ずし15皿分違ってくる。

結果、新型プリウスはとてもいい車だということがわかって頂けたと思います。私もとても新型プリウスが気になっていたので、なるほど、と思いました。これで友人や家族に、新型プリウスってどんな車なんだと聞かれても説明出来そうです。

ただ、性能とか仕組みだとか難しいことを聞かれたら、出来る限り話はそらしてくださいね(笑)

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください