ロードスターの納期と納車のタイミングを徹底調査

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

クルマを新車で購入するときに必ずある納期というものですが、この期間が正直長い。そう感じるのは私だけでしょうか。

契約してお金を払ったなら、今すぐにでも新車を乗り回したいと思うのが人情と言うものです。文句を言っても早くなるわけではない、そんなことは分かっているものの、ならばせめて理由を知りたいですよね。

そう思っている方のために、ロードスターの納期と車の契約から納車までがなぜそんなに長くかかるのかを調査しました。

 

スポンサードリンク

ロードスターの納期と契約から納車までの流れ

引用元:マツダ公式HP

ロードスターの納期

長年ファンの間で愛され続けてきたマツダのロードスター。スタイリッシュなデザインにオープンカーならではの爽快感のある走りっぷり。購入したファンの評価も高く、人気のスポーツカーと言えます。

ですがそのロードスターも納期の長さは他と変わらず。早く乗りたくて仕方なくても実物を拝めるまでにずいぶん時間が掛かってしまいます。ではだいたいどれぐらいになるかと言うと、

ロードスターの納期         1ヶ月~3ヶ月

結構大まかですよね。大まかというかバラバラと言うか。1ヶ月で納期のお知らせが来ることもあれば、3ヶ月も待つこともあるという。

車の納期の早さとしては1ヶ月~3ヶ月は一般なのですが、改めて考えても買ったものを何ヶ月も待たなければいけないのは長く感じてしまいます。ではなぜそんなに時間がかかってしまうのでしょうか。

納期が長い理由

車の納期が長い理由は、率直に言うとディーラーに在庫がないためです。
在庫がないため契約を交わすと工場にデータが送られて、それから生産に入ります。

  1. 鉄板をプレス機に入れる
  2. 部品の溶接
  3. 塗装
  4. エンジン製造
  5. パーツを組付け
  6. 検査
  7. 出荷
  8. ディーラーまで運送

➏の検査にも様々あって、走行機能の検査、乗り心地のチェック、排気ガスの確認など全体の検査項目は100ヶ所以上にもおよぶと言われています。

ディーラーに運送してからも❾車検登録や❿ディーラーオプション取り付け、⓫テスト走行などの検査をしなければならないので、これだけの工程があるとどうしても納期まで時間がかかってしまうんですね。

さくら(妻)
そうだったのね。結局時間がかかるのは同じだけど、理由がわかれば納得はできるわね。
源十郎
ちなみに納期と言うのは契約してからお客さんに車を渡すまでの間のこと、納車と言うのは実際にお客さんに車を渡すことだよ。

ディーラーと販売店(サブディーラー)

先ほどからディーラーディーラーと連呼しておりますので、ここらでその説明をしたいと思います。

ディーラーと販売店の違い

ディーラー・・・企業から特別な契約を結んでいる販売店です。日本のディーラーの場合、複数の企業の車は取り扱わず、契約した特定の企業の車しか販売しません

販売店・・・街の車販売店。複数の企業の自動車を販売します。しかし、企業から直接取り引きはせず、ディーラーから車を取り引きしてお客さんに売るという形式をとります。

また、ディーラーは企業からの指導があるため新車の値引きに限界があります。一方、販売店は個人や民間会社が経営しており、企業からの指導がないため自分たちで販売価格を決められます

さくら(妻)
へー!新車を売るか中古車を売るかの違いかと思ってた!
源十郎
ディーラーも中古車を売るし、販売店も新車を売るみたいだね。トヨタカローラとかメーカーの名前が看板になっていたらディーラー系の所だね。

ちなみに海外ではメガディーラーという複数の企業の車を販売するディーラーがあります。

憧れのオープンカー・ロードスターが届くまでにロードスターの知識を深めておくと、納車がますます楽しみになることでしょう。

ロードスターの意味とは?歴史と由来を調査

2018.10.09

ロードスターの納期を早くする方法

引用元:マツダ公式HP

たとえ納期まで時間が掛かるのを理解したとしても、人には人の事情があります。

故障であったり仕事の都合であったり、出来ることなら今すぐ欲しいのに何か月も待ってられない方もいるのではないでしょうか。

そんな方に少しでも納期が早くなる方法をご紹介したいと思います。

人気のカラー・グレードは納期が早い

人気のカラー・グレードは納期が早くなる可能性が高いようです。注文が多いため、早めに作り置きしてあるのでしょう。

ただ、人気がありすぎて受注が追いつかないということもあるので、新作だったりモデルチェンジした時はむしろ納期が遅くなることもありえます。

ロードスターの人気カラー・グレード

  カラー グレード

1位

ソウルレッドプレミアムメタリック Sスペシャルパッケージ6MT
2位
セラミックメタリック RS 6MT
3位 ジェットブラックマイカ Sスペシャルパッケージ6AT
源十郎
赤のカラーボディとSスペシャルパッケージ6MTの組み合わせが早そうだね。
さくら(妻)
早く乗れればその分色んな所に行けるし、車検もお得よね!

一般的に人気が高い車の色は、車種を問わず白・黒・シルバーと言われているようですが、ロードスターではやはりイメージカラーであるが人気のようです。

グレードでは全体的にSスペシャルパッケージMT車の人気が高いようですね。MT車が人気と言うのもさすがスポーツカーと言ったところでしょうか。

1位同士の組み合わせだけではなく、1位と2位や2位同士の組み合わせも納期が早くなるかもしれません。

ロードスターのおすすめ人気グレード!ファミリーカー目線で調査!

2018.10.18

新古車を買う

別の意味で未使用車といいますが、これを買うと納車が早いんです。その理由は簡単です。すでに作ってあるから製造を待たなくていいという理由ですね。

新古車は販売店が自分で買った車なのでちょっとしか乗ってない車が多いのです。車の売り上げ台数を伸ばすためですね。なので車自体は実質新品のようなものなのです。

新古車のメリット・デメリット

メリット

デメリット

新車より安い カラーやグレードが選べない
新品同様に綺麗 メーカーオプションが選べない
車検が長いことが多い 保証などが中古車扱いになる
購入時に自賠責保険を支払わなくてよい 品薄なため新古車がないことがある
購入時に税金を支払わなくてよい  

デメリットの割にメリットが意外と大きいですね。自分の希望に合った車がたまたま売られていたら一考の価値はあるのではないでしょうか。

キャンセル車を買う

キャンセル車とは、契約後お客さんにキャンセルされてしまった車ですね。キャンセルになる理由は様々ありますが、正当な理由としては希望と違うカラーの車が来てしまった、注文したメーカーオプションが付いていない、などです。

完成した車だったり、製作中だったりするのでこちらも納期が早くなります。ただ、デメリットも新古車同様です。せっかくオープンカーを買うのですから、自分が一番欲しいと思った車に乗りたいと思うのも自然です。

しかし新古車、キャンセル車は台数限定で店頭に出ていてもすぐに売り切れてしまいます。もし買うのであれば、その日その時の決断が重要になるでしょう。

さくら(妻)
私なら台数限定って言われるとすぐに買ってしまいそうだわ。
源十郎
新車だって故障することはあるから、保証の有無をどう考えるかだろうね。

スポンサードリンク

ロードスターの納期・納車の口コミ

どんな車にも称賛の声や手厳しい声があるものですが、ロードスターはどうでしょうか。口コミで評判を見てみましょう。

おや、やはり手厳しい声が・・・と思ったら、ロードスターの口コミを見てみると良さげなコメントばかりですね。

特に納期・納車に関しては・・・ほぼ誰もコメントをしていません。

源十郎
ロードスターの納期に関する口コミは5ヶ月前の豪雨で納期が遅れた時ぐらいしかないね。
さくら(妻)
ふーん、じゃあその時以外は特に何もなかったってことかしら。

ロードスターの納期の長さは他の車と比べて標準ぐらいで、今は需給も落ち着いている時期です。そのため、引き渡しがスムーズにいっているのでコメントをすることもないということでしょう。

メーカーやディーラーの方が普段いかに堅実な仕事をされているかが伺えますね。

ロードスターを少しでも安く買う方法

引用元:マツダ公式HP

せっかく車を買うなら少しでも安く購入したいですよね。

基本的に値引きが厳しいと言われるロードスターですが、それでも全く値引きされないということはありません。

額面の価格はある程度の値引きを前提に価格設定がされています。無理な値引きは逆効果になってしまいますが、おそらく10万円ほどの値引きは狙うことができるかと思います。

下取り車を出す

下取り車は一般的に買取の方が高く売れると言われています。しかし、下取りを出すことによって値引の交渉に使えるので、売値が低い車や0と出てしまった車はディーラーに持っていく方が得になることが多いです。

また、古い車を処分する際の面倒な手続きも、下取りに出すことによって回避できるメリットもあります。

決算期に買う

決算期になるとディーラーはより売りに走ります。

特に3月は最後の追い込みをかける時期なので、ナンバーの取得が3月になるように1月~2月に交渉を始めましょう。

ディーラー側から値引き交渉を仕掛けてくることもあるので、この時期は交渉が苦手な人でも効果的です。

営業マンと仲良くなる

仕事とはいえ、印象のいいお客さんには値引きしたくなり、印象の悪いお客さんには何もしたくなくなるのが人間心理です。

新車を購入後も故障や車検で付き合うことになるので、怒ったり横柄な態度をとったりしないようにしましょう。

源十郎
営業マンも人間だもんね。
営業マン
そう言って頂けると助かります。お互いフレンドリーにいきましょう。
さくら(妻)
300万円値引きして
営業マン
かしこまり・・・いえ!それはちょっと・・・。

ディーラーオプションの値引き

ディーラーで購入する場合、車両本体の価格には値引額に限度がありますが、ディーラーオプションであれば企業からの指導はないので、時には大きく値引きができます。必要だと思うオプションは新車購入時に一気につけて値引きしてもらいましょう。

車庫証明を自分で取る

車庫証明は自分で取ることによって1万円以上も安く出来ます。手続きもそこまで難しくないので、販売店で体番号を聞いたら暇がある時に自分でやってしまうのがよいでしょう。

ディーラーで自動車保険に入らない

ディーラーで保険に入ると、基本的に店舗型保険であるため高くなってしまいます。年間で数万と浮くケースもあるため、できるだけ安いところを選びましょう。

源十郎
値引き交渉じゃないところでも意外と費用を抑えらるんだね。
さくら(妻)
なんか知らないと損みたいなのもあるね・・・。

【見直す時期?】自動車保険の比較おすすめ人気ランキング2018

2018.06.13

スポンサードリンク

ロードスターの値引き交渉のNG行為

引用元:マツダ公式HP

ここからはNG行為です。NG行為と言っても営業マンと普通に接していれば問題ないことばかりです。

お客さんと営業マンは平等な関係ということを忘れないように、失礼なことをしたり、困らせすぎたりしないように心掛けましょう。

ライバル車を引き合いに出す

ロードスターは国内に競合があまりいない関係でライバル車を引き合いに出しての値引きは有効ではありません。どうしてもライバル車を引き合いに出す場合は、本当に競合している車かしっかりリサーチをしましょう。

メールばかりの値引き交渉

メールでの商談・交渉がNGなわけではありません。むしろ少しぐらいの値引きだったらまったく問題ありません。

しかし、顔が見えない相手との交渉で普通以上の値引きしてくれと言っても難しさがあります。どうしてもより多くの値引きがしたい場合は、直接ディーラーに行って話し合いましょう。

入店していきなり値引きを要求する

人間心理としてこういったお客さんには値引きをしたくなくなるものです。流れの中で自然に値引き交渉に移っていきましょう。

商談が佳境に入ってもなお欲張る

 値引きがどこまでできるかの見極めは難しいですが、せっかくある程度値引きの交渉が進んだのに欲張りすぎて破談になってしまうケースもあります。営業マンが限界を訴えてきたら、それ以上の値引きを要求しない方が無難でしょう。

目先の利益よりも

値引き交渉は営業マンとのコミュニケーションでもあります。メンテナンスや故障などで後々付き合うことにもなるので、険悪な関係にはしたくないところです。

無理な交渉をして安くするよりも、営業マンと仲良くなり、アフターケアの配慮してもらった方が結果的に得になることもあるでしょう。

ロードスターの納車前にすること

車が納車される前にやっておきたいことに自動車保険への加入があります。

自分は大丈夫と思っていても実際は何があるか分かりません。無保険でも車を運転すること自体はできますが、万が一事故が起きた時に、最悪の事態にならないように入っておくのは必須と言えるでしょう。

初めて車を購入する場合

納車の前に手続きを済ませておいて、納車の当日に有効になるようにしておきましょう。保険の申し込みが納車後になってしまった場合、その期間、無保険状態になってしまうので事故が起きた時、取り返しがつかなくなってしまうかもしれません。

保険会社を決めたら以下のものを用意して申し込みます。

  • 車の登録ナンバー
  • 車台番号
  • 型式
  • 車両保有者
  • 車両使用車
  • 初年度登録年月

これらがあれば車検証がなくても自動車保険に申し込むことができます。事前に申し込んで安心して納車日を迎えられるようにしましょう。

乗っている車から買い替える場合

買い替えの場合は車両入替(車の登録変更)をしなければなりません。変更しなかった場合保険が適用されないため、必ず登録し直す必要があります。また、車を買い替えた場合、車種によって保険料が変わることがあるためしっかり確認しておきます。

  1. 車検証を用意する
  2. 車両入替の手続きをする
  3. 保険の切り替えを納車日に
  4. 保険料の差額を清算する

以上の手順で手続きは完了です。買い替えの場合でも納車前に手続きを済ませておきましょう。

保険は決して安くはありませんが、入っておかなければいざという時、自分や家族を守れません。事故に遭ってから嘆くことがないように、日々の安心への投資を惜しまないようにしましょう。

子育て世代なら自動車保険は一度見直すべき(40代体験談)

2018.05.29

まとめ

それでは、今回の記事はロードスターの納期と納車についてでした。最後値引きの紹介になりましたが、少しでもみなさんのお役に立てたらと思います。こちらが今回の記事のまとめです。

  • ロードスターの納期は1ヶ月~3ヶ月
  • 納期が長い理由は在庫がないため
  • 納期を早くする方法は「人気のカラー・グレードを選ぶ」、「新古車を買う」、「キャンセル車を買う」
  • ロードスターの納期・納車の口コミではロードスターの納期は他の車と比べても標準だと分かった。
  • ロードスターでも値引きすることはできる。
  • 値引き交渉のNG行為がある。
  • ロードスターの納車前にすることは初めて車を購入する場合と買い替える場合で違う。

以上で終わりとなります。最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください