RVRの乗り心地は実際どうなのか徹底的に調査した結果

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

毎日の通勤やオフの日のアウトドアライフの相棒に最適なコンパクトSUV、三菱のRVR。

相棒にするなら、やっぱり乗り心地、気になりますよね。通勤に使うなら仕事でへとへとになった体で運転ですし、アウトドアライフの相棒でしたら帰り道ですよね。いくら好きで楽しかったとはいえ体は結構疲れるもの。

そんなカーライフの相棒として貴方のお眼鏡にかなうのか?RVRの乗り心地について徹底的に調査してみました。車選びの参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサードリンク

ずばり、RVRの乗り心地は

引用先:三菱公式HP

最初に紹介したいのが、RVRは車のジャンルで言うと「クロスオーバーSUV」に属します。

さくら(妻)
わ、早速出てきた。カタカナと英語を掛け合わせた言葉。クロスオーバーもSUVもぼんやりとしかわからなーい。
源十郎
確かに車って専門用語多いよね。専門用語は専門家に聞いてみよう!
営業マン
是非とも知っていただきたいので喜んでご説明いたします。まずクロスオーバーとは「交差」または「融合」という意味です。

SUVとは「Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の略でアウトドアスポーツ、例えばスキー、サーフィン、キャンプなどで舗装路以外でも走れる走破性やスポーツギアを兼ね備えた車のジャンルなのです。

さくら(妻)
わぁ。ありがとうございます。とても分かりやすいです。車の中のアスリートってことね!
源十郎
アウトドアスポーツが好きな人はSUVの車は必見だね。子供たちがもう少し大きくなってスキー、スノボーやりたいって言いだした時の参考になるね。

専門家にクロスオーバーとは「交差」または「融合」という意味だと教わりましたが、では「SUV」と何を融合させたのでしょう。

営業マン
はい。実は、舗装路を走る「普通車」なんです。

なんと?と、いうことは悪路も走れて一般道も走れて・・・2度おいしいみたいな車なんですね。

営業マン
ちなみに、SUVよりも本格的なオフロード(悪路)を想定したものがクロスカントリー(4WD)ですね。パジェロとかランドクルーザーとかですね。

では、早速オフロード(悪路)もオンロード(一般路)にも適しているという乗り心地を紹介していきたいと思います。

まず、乗り心地で気になるのは「音」や「シートの座り心地(振動)」「走行時の滑らかさ」「運転のしやすさ」「安全性」があげられるのではないでしょうか。

やっぱり実際に乗ってる人に聞いた方が早いですよね。RVRの口コミをまとめてみました。

  • 実際より大きな車に乗っているような安定感を感じます。
  • 快適です。長時間乗ってても腰が痛くなる事はないです。
  • 酷評のインテリアだが、シートの乗り心地はなかなか良い。
  • スポーツ仕様でサスペンションが固めなせいか、長距離運転も楽です。
  • 一般道の郊外を巡航時もエンジン音がにぎやかに感じました。また音色も心地よさに欠けます。
  • スポーティーなくせに良い乗り心地です。シートのホールド感も良く,前席・後席ともに足を伸ばせる空間を確保している点はいいです。大人5人も大丈夫でした。
  • ロードノイズが今までのセダンの倍はうるさいですが,標準タイヤのせいでしょう。

引用先:価格.com

結構快適という口コミが多いですね。エンジン音、ロードノイズと「音」に関してはちょっと大きめのようですね。シートについてはなかなか良さそうですね。長距離運転でも楽というのはアウトドアスポーツの相棒にと考えてる方はポイント高いのではないでしょうか?

こちらも読んでみるとRVRがもっと解って楽しくなると思います。

RVRの意味とは?歴史と由来を調査

2018.10.07

RVRの走行性能からわかる乗り心地

それでは乗り心地の基礎、運転手にとっては快適ドライビンライフを送るために必要な性能を紹介していきたいと思います。

パドルシフト

パドルシフト

引用先:三菱公式HP

こちらはパドルシフト。上級グレードGにはハンドルに標準装備されています。ハンドルから手を離さずに指先ひとつでシフトチェンジが可能です。

さくら(妻)
オートマなのにシフトチェンジってするの?
源十郎
まぁ、必要ないって人もいるみたいだよ。

だけど、減速するときにシフトダウンに使うとブレーキパッドの減りを抑えられたり、エンジンブレーキを使用するからアクセルから足を離しても燃料カットが働いて燃費にも影響してくるんだよ。だからお財布にも優しいらしいよ。

さくら(妻)
そうなのね!パパ、ちゃんと使ってる?
源十郎
もちろんだよ!まかしてよ。

そうなんです。なんてったってSUV、スポーツタイプの車ですから、例えばウィンタースポーツで雪道を走るなんてこともあるはず。

そんな時、オートマのDレンジでブレーキペダルだけの減速はタイヤが滑ったりしますのでシフトダウンした方が安全なのです。ですので、こういったSUVの車にはシフトチェンジは欠かせませんね。

クルーズコントロール

クルーズコントロール

引用先:三菱公式HP

続いて、クルーズコントロール。車速約40Km/hから100㎞/hの範囲内で、アクセルペダルを離して一定速度を維持することが可能です。

最近、CMなどでもおなじみになってきましたね。高速道路を運転することが多い方は経験あると思うのですが、結構一定の速度を保つのって意外と難しいんですよね。

気が付いたら速度が一気に10㎞/h上がってたなんて経験たくさんあると思います。そういったミスを防げるので安全にもつながりますね。

さくら(妻)
凄いね。今はもうアクセル踏まなくても車が進むまでに進化してるのね。

電子制御4WDボタン

電子制御4WD<4WD車>

引用先:三菱公式HP

4WD車に搭載の「電子制御4WDボタン」4WD にしたり燃費のいい2WD にしたり切替ができるそうです。すごいですね。

今や、ボタン一つで電子制御なんですね。昔の4WDは通常のシフトレバーとは別に小さなシフトレバーがもう一つあってそこで4WDと2WDを切り替えていたのに。時代の流れを感じます。

というか、技術の進歩って本当に凄いですね。技術者あっての快適カーライフですよね。

アクティブスタビリティコントロール(ASC)

引用先:三菱公式HP

最後に、アクティブスタビリティコントロール(ASC)の紹介です。こちらは車両の横滑りを感知すると四輪のブレーキ力とエンジン出力をコントロールしてくれる機能です。

横滑りを抑える「スタビリティコントロール機能」と発進時のタイヤの空転を防止する「トラクションコントロール機能」が装備されてます。

この機能もザ・SUVならではですね。雪道やビーチなどを想定して搭載された機能なんでしょうね。言葉はきっと覚えられないと思いますが(笑)横滑りとかタイヤの空転をコントロールしてくれる機能って覚えてみようかなって私も思います。

冬場は雪道で運転することがあるな、横滑り対策したいならこの車しかないな!と思ってしまったらコチラへ。

スポンサードリンク

RVRの快適運転と乗り心地

運転席回り

引用先:三菱公式HP

運転席は全車高さの調節が可能だそうです。私の友人で身長差50センチのご夫婦がいますが、こういうご夫婦が交代で運転を代わるなんて時にも運転席の高さの調節は大事ですよね。

更に上級グレード「G」にはオプションで本革シート+シートヒーター(21万)も設定が可能。いいですね。シートヒーター。やっぱり雪山に行けって言われてますね。もう、ウィンタースポーツユーザーには欠かせないですよね。

 

エンジンスイッチ※2+キーレスオペレーションシステム

引用先:三菱公式HP

エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム。こちらは、キーレスオペレーションキーを携帯してるだけで解錠、施錠ができ、エンジンをかける時もブレーキペダルを踏みながらエンジンスイッチを押すだけでエンジン始動。

そうそう、エンジンといえば「猫がゴロゴロ喉を鳴らす」のを「猫エンジン」っていうそうですよ!可愛いですよね。

Siri 電話

スマートフォン連携ディスプレイオーディオ搭載。音楽再生やハンズフリー通話が使えちゃう。音声操作が可能なのでハンドルを握ったまま安全に操作ができるそうです。

今ではスマートフォンに音楽沢山入れて持ち歩いてますよね。昔はいちいちCDとかに焼いて、ナビに曲を移して・・・なんてやってましたが、今は全部1つのメディアで複数のスピーカーから聞けちゃうんですよね。

大好きな曲をかけてアウトドアスポーツに向かう。いいですね~、かなりテンション上がりますね。

安全性能

沢山の安全性能「うっかり回避システム」が搭載されてます。

安全性能システム
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム
  • オートマチックハイビーム
  • 車線逸脱警報システム
  • 後側方車両検知警報システム
  • 後退時車両検知警報システム

ひとつづつ、解りやすくご紹介していきたいと思います。

 

衝突の危険があるとき : 警報 衝突の危険が高いとき : 警報+自動ブレーキ 衝突の危険が極めて高いとき : 警報+強力自動ブレーキ
衝突被害軽減ブレーキシステム
  • 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約5〜80km/h、歩行者に対しては自車速が約5〜65km/hのときに作動します。
  • 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。
  • ハンドル操作やアクセルペダル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

引用先:三菱公式HP

全車搭載、「衝突被害軽減ブレーキシステム」レーザーレーダーとカメラにより前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険があるときは警報や自動ブレーキで衝突を軽減または回避してくれるシステム。こちらはマイナーチェンジで標準装備となった自動ブレーキシステム。

3段階の衝突回避システムは凄いですね。「危ない!ぶつかる!」を運転手よりも早く検知してくれるから安心ですね。まだまだ安全性能ありますよ。

ハイビーム

街灯がないなど、ハイビームがふさわしいと判断した場合、自動でハイビームを点灯します。

ロービーム

対向車や先行車のライトや街灯などを検知すると、自動でロービームに切り替えます。

引用先:三菱公式HP

何これ?今はこんな便利な機能があるんですね。「オートマチックハイビーム」ヘッドライトのハイビーム、ロービームを自動で切り替えるシステム。

以前、後ろからずーっとハイビームでついてこられてイライラした経験がある私にしてみたら、世の中の全部の車に搭載してほしいくらいです(笑)まぶしくて本当に危険なんですよ。全運転手のために作られたシステムですね。

ほんと、車を作ってくれる技術者の方々に感謝ですね。ブレーキもそうですけど、運転手の「うっかり」をサポートしてくれる機能だらけですよね。

引用先:三菱公式HP

続いて、「車線逸脱警報システム」です。フロントガラス上部に装備されたカメラで前方の車線位置を監視してくれて車線を外れそうになると教えてくれるシステム。

高速道路なんかだと、あっという間に車線ぎりぎりに寄っちゃってることって結構あるあるじゃないですか?あと、雨の日なんかだと車線が見え辛かったりしますよね。そんなとき頼りになりそうですね。まだまだあります、安全性能。

引用先:三菱公式HP

「後側方車両検知警報システム」これまた!なんと!なんと!後方から近づいてくる車を検知してくれるシステム。両側の車線の後方に車着てるよ~って教えてくれるの?すごいですね、この機能。

ドアミラーにインジケータ点灯(右の図)ですって。しかも、教えてくれてるのに気づいてなくてウインカー出すと警報を鳴らしてくれるって。

これ、死角がなくなるってことですよね。ほんとに凄いですね。またまた車の技術者の方々に感謝ですね。

さくら(妻)
凄いね!!今はこんな便利な機能が付いてるんだ!だって、この「死角」が車を運転する上でかなりの危険度だったよね。もう、そこクリアしちゃうの??
源十郎
本当だね。そろそろ教習所のカリキュラムが変わるんじゃないだろうか?(笑)車の機能の勉強になっていきそうだよね。運転技術よりも、車の性能を使いこなす技術とでも言おうか。そんな時代がそこまで来ていそうだよね。

引用先:三菱公式HP

まだあります!「後退時車両検知警報システム」こちらは、バックで駐車場から出ようとしたとき、接近してくる車を検知してくれるシステム。ショッピングモールだとバック駐車が多いと思うんですが、高速道路のパーキングなんかは頭から入れてバックで出るなんてシーンも多いのでは?そんな時役に立ちそうですね。

確かに、バックで出る時って怖いですよね。すごい何度も見ちゃうし。それに死角が多いような気がします。なのでこれまた「うっかり事故」を回避してくれる強い味方なシステムですね!

さくら(妻)
パパもバックで出る時は結構ちょっとづつちょっとづつ出ちゃうよね。
源十郎
安全第一ですからね!でも、この機能があると腰や首が痛くて後ろ振り向くのが辛い時とか便利かな!そうじゃない時はやっぱり自分の目でもちゃんと確かめないとだね。

ここまでやるか機能

引用先:三菱公式HP

図ではヘドライトってなってるけど、これ正しいのかな?ヘッドライトじゃないのかな。誤字見つけちゃったのかな。どうしよう。まぁ、いっか(笑)

見ての通り、スーパーでワイドなヘドライト。すごいですね。ものすごく広角で照らしてくれてます。これは、運転手にとってすごく心強い範囲まで照らしてくれてますね。

さくら(妻)
ほんとだ。上の写真だと、右側の歩行者が全然見えないけど、スーパーワイドだと見えるんだね!凄いね!

最後にご紹介したいのが、「エマージェンシーストップシグナルシステム」すみません、こちらのシステムの紹介は図(写真)がないのです。最後なのにすみません。

言葉だけなのですが、分かりやすいです。そして、出来ることならいつまでも使わずに、最後まで使わずに終わりたいシステムです。

「急ブレーキまたはABS作動時に、ハザードランプを通常の約2倍の速さで自動的に点滅。後続車に注意を促します。」

源十郎
確かに、出来ることなら使いたくない。でも、万万万が一の時には後続車に知らせて2次被害を防ぐってことだよね。すごいシステムだね。お守りみたいだね。

ほんとに運転手にも同乗者にもやさしいシステムです。それと比べて特別仕様車はどうなのか?また、車内の広さとかもっと詳しく調べようかなと思っている方はこちらをどうぞ。

RVR特別仕様車とノーマル車の違いを徹底調査

2018.10.19

RVRの全長サイズは?寸法;車幅の大きさも全部解説

2018.10.17

このシステムを知ってよりRVRが好きになってしまった方はポチッとな。

まとめ

  • 口コミからわかったこと。「乗り心地はイイ。長距離運転も苦じゃない。
  • SUVならではの、クルーズコントロールや横滑りタイヤの空転コントロール機能搭載。これで雪道も安心
  • エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム搭載で、鍵を持ってるだけで開くし、エンジンスタート。
  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ搭載は断然便利なシステム。大好きな曲と共に大好きな場所へ。
  • 衝突被害軽減ブレーキシステムはぶつかる~の前に警報⁺ブレーキ
  • オートマチックハイビームは街灯の無いところで自動ハイビーム。
  • 「うっかり車線はみ出そう」を回避してくれる車線逸脱警報システム。
  • 車線変更の際、後ろから来てる車を教えてくれる、後側方車両検知警報システム。
  • バックで駐車場から出る時に、近くにいる車を教えてくれる後退時車両検知警報システム。

うっかりを回避し、乗り心地に安心をプラスしてくれる安全機能がいっぱいです。長距離運転も楽々、雪道も怖くない。砂浜も走れちゃう。安心までたくさん詰め込んだRVRの乗り心地、私はちょっと試してみたくなりました。

子供たちがウィンタースポーツに興味を持ったら候補NO1 の車です。カーライフの相棒としていかがでしたか?車選びの参考になれば幸いです。

ご興味があればこちらの記事もご参考にいかがでしょうか。

RVRで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみた

RVRの値引き交渉術。値引き額の最大相場限界値こえる方法

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください