新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!変更点は?【2018】

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

トヨタ「ヴェルファイア」が2018年1月8日にマイナーチェンジを行いました。

マイナーチェンジは、フルモデルチェンジで大幅に変わった仕様の不具合など改善し、更に研ぎ澄ます作業と言えます。

なのでフルモデルチェンジよりも、マイナーチェンジに大きく期待する人もいるのです。

2代目ヴェルファイアは、高く支持され完成度の高いモデルでした。それをガラリと変え、攻めに攻め抜いたマイナーチェンジをしたのが新型ヴェルファイアです。

今回は、マイナーチェンジの詳しい内容と、どのような理由で行ったのかなどもご紹介したいと思います。

また、私の友人が実際に新型ヴェルファイアを購入したので、その話もご紹介します。実際の価格や購入するときのポイントもありますので必見ですよ!

スポンサーリンク

 

新型ヴェルファイアがマイナーチェンジをした理由

「この世には、二つに一つしかない。圧倒する側か、それとも圧倒される側か」

上のCMに出てくる、このキレっキレの格好良いキャッチフレーズからもわかるように、威嚇と言っていいほどの迫力があるトヨタ・ヴェルファイア。

名前の由来は、Velvet(物静かな)とFire(情熱)を合わせた造語で、「冷静と情熱を併せ持つ車」という竹野内豊的なコンセプトだそうです。

発売から大人気を博し、初めてのフルモデルチェンジでは、エンジンの改良や燃費の向上、最上位グレード「エグゼクティブラウンジ」の設定など、大幅なリニューアルが行われました。

そのフルモデルチェンジから3年、ヴェルファイアは待望のマイナーチェンジが行われました。

その内容とは、一体どんなものなのか。今回は、わたくし源十郎が、新型となったヴェルファイア氏にインタビューを行いました。ため息の出るうようなラグジュアリーな回答の数々を聞くことが出来ましたよ。

 

新型ヴェルファイア 内装はラグジュアリーを追求した

ヴェルファイに街ですれ違うと、大きなボディとギラリとしたフロントマスクに、思わずはっと目を奪われます。乗ったことのない人だと、「どんな凄い内装をしているんだろう」と思う人も少なくないのではないでしょうか。

その期待通り、ヴェルファイアの内装は凄味のあるたたずまいをしています。それは初代から始まるものですが、今回のマイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか、ヴェルファイ氏から思わず試乗に向かいたくなるようなお話を聞けました。

源十郎「2008年に登場したヴェルファイア氏にインタビューを行います、よろしくお願いいたします。

さて、2015年に劇的なフルモデルチェンジをした2代目ヴェルファイア氏ですが、2018年、今回のマイナーチェンジにおいて目指したものはなんでしょうか。

ヴェルファイア「はい、よろしくお願いします。今回の一番のテーマは、さらなる高級感の追求です。なぜかというと、現在私を購入してくれるのは、政治家を含む運転手を雇うような富裕層のユーザーが4割を占めているのです。最上級グレードの売れ行きも上々ですし、そのニーズに応えた形になります。」

源十郎「ほう、ヴェルファイアを購入する層は、高級志向がある、という事なのでしょうか。」

ヴェルファイア「はい。上級グレードが売れている事でも証明されていると思います。その事実は、今回のマイナーチェンジの方向性に大きな影響を及ぼしました。

大切にしましたのは、高級車を知り尽くした富裕層のお客様が、満足感を得られるような車です。最先端の安全装備を盛り込み、高級車の基本性能をしっかりと作り込みました。」

ヴェルファイアが語る新型のヒミツ①
・ヴェルファイアは高級志向を持つ富裕層のユーザーが多い
・新型ではさらに高級感を意識した進化を遂げた

新型ヴェルファイア 内装でこだわったのは2列目シート

引用:トヨタHP

皆さんは、飛行機のビジネスクラスで移動した経験はあるでしょうか。

通常よりも広々としたシート、こだわりの座り心地や、気の効いた装備品。私は残念ながら乗ったことはありませんが、エコノミーとは、かなりの違いがあるようです。

同じ距離を移動するのにエコノミーよりはるかに高い金額を出してまでビジネスマンがビジネスクラスに乗る理由を調べてみると、「機内で仕事がはかどる」とか「仕事に行くまでの道のりが快適なものだと、現地での商談が首尾よく運ぶ」などがありました。

ヴェルファイアが選ばれる理由は、ビジネスクラスを選ぶ理由に近いものがあるかもしれない、と思うような内容のお話がきけました。

源十郎「それでは今回のマイナーチェンジで、内装でこだわったのはどんな所でしょうか。具体的にお聞かせください。」

ヴェルファイア「はい、まずメーターを見やすいハイテクなデザインに変更しました。」


引用:トヨタHP

ヴェルファイアシート表皮木目の色も変更し、全体的に内装の高級感を高めました。

引用:トヨタHP

※画像左側:運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート
画像右側:運転席6ウェイ+助手席4ウェイマニュアルシート

ヴェルファイア「そして今回とことんこだわったのは、2列目シートの乗り心地なんです。」

源十郎「運転席ではなく、2列目、ですか。」

ヴェルファイア「運転席の座り心地も勿論上がっています。ですが、最もこだわった所はと聞かれると、2列目なのです。

というのも、私を購入する方々の4割は法人富裕層で、2列目には大切な客様や上司の方、または社長さんが乗られることが多いのです。ですので、とことん2目シートでとことんくつろいで移動できるような改良をしたという訳です。」

源十郎「言うなれば、走るリビングルームや社長室を目指した、という所でしょうか。」

ヴェルファイア「確かに!源十郎さんは上手いこと言いますね。2列目シートの乗り心地を追求しました。

最近では居住性を極めた「レクサスLS」や「クラウン」に乗っているお客様も、ヴェルファイアを購入することを検討していらっしゃいますので、やり過ぎなくらいに乗り心地にこだわりました。」

源十郎「そのこだわりを実現するために何をしましたか。」

ヴェルファイア「まず、私たちは徹底的に前モデルのユーザー様に聞き込みをいたしました。

そうすると中には”高速道路でのフワフワ感がする”とか、”移動中の時間は2列目シートで楽しむ時間が長いのでゆったり快適に過ごしたい”などの意見をいただきましたので、真摯に取り組んで改良をいたしました。」

ヴェルファイアが語る新型のヒミツ②
・マイナーチェンジで特にこだわったのは2列目シート
・2列目シートこだわりのポイントは高速道路での揺れ改善と快適な居住性の追求

補足ですが、源十郎が好きなヴェルファイアの内装装備をひとつご紹介します。
その名もLEDルーフカラーイルミネーション

ハンドルのスイッチで16色も色が変えられます。イルミネーションって、クリスマスとか、デートスポットで使われる、あれです。

気分を盛り上げたり、美しく装飾するために存在する、あの電飾がヴェルファイアには起用されているんです。子供も恋人も喜ばせれそうですよね。

引用:トヨタHP

ヴェルファイアの乗り心地についてを調べている記事もあります。参考までにどうぞ。

ヴェルファイア豪華内装とグレード紹介!乗り心地良い後部座席

2018.04.17

 

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジの仕様

引用:トヨタHP

ドアを開けてもらい、自分はゆったりと2列目に座って景色を眺めながら目的地へ。運転手を雇って高級車に乗るって、最高に気持ちよさそうですが、それに見合う車って、やっぱり最高級を極めた車でしょう。

ヴェルファイアはミニバンですが、ファミリカーとしてだけではなく、カンパニーカーとしてのニーズが高くなっていて、ショーファードリブンカーとして高く評価されています。

ショーファーとは・・・「お抱え運転手」のこと
ショーファードリブン・・・要人を乗せ、専門の運転手が運転する高級車のこと

普通の乗用車には無いショーファードリブンカーとしての機能、どんなものなのか、めちゃくちゃ気になりました。

源十郎「700万円を軽く超える最上級グレードの、エグゼクティブラウンジの売り上げは全体の10%を占めているそうですね。。」

ヴェルファイア「そうですね。ありがたいことです。」

源十郎「エグゼクティブラウンジの特徴とは、どのような所でしょうか。」

ヴェルファイア「エグゼクティブラウンジは、2列目にラグジュアリーさを感じながら、ゆったり過ごせることに力を入れています。

それにはまず静けさというのは重要なポイントなので、アコースティックガラと呼ばれる吸音ガラスを採用しました。つまりビュービュー聞こえる風切り音や外部から侵入するノイズを低減しているのです。」

源十郎「えぇ、音を吸収するガラスがあるんですか。それはすごいですね!」

ヴェルファイア「そしてシートの幅もゆったり座れるよう、かなり広くなっています。

しかし、お客様からのリサーチで、「3列目に楽に移動したい」と言う声が多数ありました。幅の広い贅沢なシートのまま、3列目へのウォークスルーも快適に、と言うのは少し難しい要望でもありました。」

源十郎「そうですよね。では、どのように対応したのでしょうか。」

ヴェルファイア「3列目に移動する時に2列目シートを倒す際の工程に工夫をしました。この画像をご覧ください。」

ヴェルファイア「動画の10:20あたりで実践していますが、ウォークインレバーを引くと素早く簡単に2列目が上がって、3列目の乗り降りがスムーズに出来ます。

引用 トヨタHP

源十郎「おぉ、これは楽チンで早いですね!」

ヴェルファイア「以前は電動で2列目シートを前に倒すように動かしていたんです。でもそれでは時間がかかります。

例えばですが、社長と部下が乗るとき、社長は2列目に座りますが、部下の人は3列目に座りますよね。」

源十郎「はい、わかります。」

ヴェルファイア「電動でウィーン・・・と動かしている間、社長は部下が乗るために待っていただかないといけないのです。それを改善するためにウォークインレバーの技術が開発され、部下の人がレバーをヒョイと引っ張ればすぐに3列目に乗れるので、社長を待たせなくて済むようになったのです。

源十郎「なるほど。社長を待たせたら悪いですもんね。そんな富裕層ユーザーも満足できるような、【おもてなし】の心による工夫と言えますね。」

ヴェルファイア「その通りです。【おもてなし】は今回の開発に関して大切なキーワードのひとつでした。」

ヴェルファイアが語る新型のヒミツ④
・最高級グレード「エクゼクティブラウンジ」は、おもてなしの心にこだわっている
・2列目シートをすぐにたためて3列目に行けるので、2列目に座る大切なお客様や社長を待たせない

ヴェルファイア氏のインタビューからも分かるように、エグゼクティブラウンジは2列目に大物や要人を乗せても大変満足してもらえるような内容です。

叶姉妹だろうが、ビートたけしだろうが、「家まで送てってよ」って言われたら、「どうぞー!くつろげませっせ、うちの車は!」と大威張りで乗せてってあげちゃえます。そんなシチュエーション絶対ないですけど(笑)

実際に、芸能人や政治家、第一線で活躍する大企業の社長さんなんかが、多く利用しているエグゼクティブラウンジシート。

仕事までの道のりで、資料をまとめたり、秘書との打ち合わせがはかどるそうです。ここでハッと気づく源十郎。そもそもこのグレードを購入するような人って、自分で運転しないんだ、、、ハハハ。なんだか夢を見せてもらいました。仕事がんばるぞー。

エグゼクティブラウンジのみを徹底調査した記事もあります。是非見てみてください。

ヴェルファイア・エグゼクティブラウンジ口コミ!値引きや内装情報

2018.05.01

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZ

引用 トヨタ公式HP

今回のマイナーチェンジでは、エグゼクティブラウンジのギラッギラバージョン、エアロボディの「エグゼクティブラウンジZ」が登場しました。

エグゼクティブラウンジZ専用の内装色の「ブラック&ホワイト」(※上記画像)は、モノトーンでビシッと決まって、超かっこいい雰囲気を醸し出しています。

モダーンなマダムや、全身黒ずくめのオシャレなデザイナーの人とかが乗るんだろうな~と源十郎は妄想します。

座るのは勿論2列目で、何百万も稼ぐ仕事に向かうのでしょう。夢の膨らむグレードです。しかし、このギラギラ感半端ないですね。

引用 トヨタ公式HP

新型ヴェルファイア シートの秘密

ヴェルファイアは、エグゼクティブラウンジシートだけが高級なのではありません。どのグレード、どの位置に座ってもラグジュアリーを堪能できます。

一般的な乗用車では、ここまでしないだろうな、と思わせる【おもてなし】の精神を、一番安いグレードだろうが3列目だろうが味わうことが出来るのです。

源十郎「エグゼクティブラウンジだけでなく、他のグレードでも気をつけた事は何でしょうか。」

ヴェルファイア「運転席に関して、ほとんどのグレードにシートヒーターや空調シート、冬でもハンドルを握ってヒヤッとしない、ステアリングヒーターを標準装備しています。」

引用 トヨタHP

源十郎「うわぉ、これなら暑い夏に背中が汗べっとりになる事もありませんね。寒いときは、お尻と背中がポカポカして芯から温まりそうです。」

ヴェルファイア「そうですね。源十郎さんの大切な奥様やお子様を乗せても安心ですよね。」

源十郎「これは奥さんもめちゃくちゃ喜んでくれそうです。その他にも、【おもてなし】を感じられる部分はあるでしょうか。」

ヴェルファイア「私は、サードシートでも座り心地が良いと、ご好評を戴いているので、試乗にいらしたときは、サードシートにも座っていただけば、【おもてなし】の心を感じていただけると思います。」

源十郎「たしかに見た目は一般的なミニバンの2列目と変わりない感じがしますね。

サードシートにまでこだわる至れり尽くせりのヴェルファイア氏の【おもてなし】を、後ほど試乗させていただき、たっぷりと堪能したいと思います。本日は本当にありがとうございました。」

ヴェルファイア「ありがとうございました。気になっていただけたら是非、私に試乗しにいらして欲しいです。」

ヴェルファイアには今まででも高級感があったのに、これでもか!と更なる高級感を求めたグレードアップが行われ、ハイクラスのリビングルームがそのまま街の中を走るようなコンセプトでマイナーチェンジが行われました。

補足ですが、ヴェルファイアは、ショーファードリブンカー(お抱え運転手が運転する高級車)としてのニーズに応えるために、世界的な車メーカー「ダイムラー」の最高級ブランド「メルセデス・マイバッハ」にヴェルファイア開発陣が試乗調査したそうです。

世界最高峰の高級車たる所以を肌で感じることで、ハイエンドに求められる世界観を共有したのです

このことからも、ヴェルファイアの高級を求める姿勢が充分わかると思います。

引用 メルセデス公式サイト

ヴェルファイアが語る新型のヒミツ⑤
・快適さを求め、シートの空調やシートヒーターなども完備
世界的な高級車を参考にし、これでもかというくらい乗り心地の良さを追求した

そんなヴェルファイアですが、兄弟車にアルファードがありますね。この2車の違い、ご存知ですか?比較してみると、結構違うものです。良かったらご覧ください。

ヴェルファイアVSアルファードで違いを比較!どっちが人気?

2018.04.05

新型ヴェルファイア 外装はどう変化したか

外装のマイナーチェンジの変更点で注目されたのは、オプティマスプライムより強いキャラにトランスフォームしそうな、圧倒的存在感を放つフロントマスクです。

賛否両論あり、「いかつすぎる!」との声もありますが、好きな人はどっぷりハマり、コアなファンが増えたことは間違いありません。

全く「さりげなくないギンギラギン」これみよがしのギンギラギンです。しかも今回のマイナーチェンジで、ギンギラギンが足りない!もっともっと!!という人が喜ぶ、更に派手さを強めたエアロボディが登場しました。

個人的には、実はエアロボディが好きな隠れ目立ちたがりの源十郎です(笑)この顔、ロビンマスクに見えませんか?強そう、、、かっこいい。

引用 トヨタHP

 

新型ヴェルファイア ハイブリッドはお得でない?

ヴェルファイアのハイブリッド車は、電気式4WDシステム(E-Four)を採用していて、モーターの力を合わせると、事実上ガソリン車よりもパワーが上になります。

燃費はガソリン車の実燃費が9.0km/Lに対して、ハイブリッド車が12.0km/Lと、あまり差がありません。

価格は1番下のグレードで比べると100万円ほど違います。なので、燃費が良くて得をするから、というのはヴェルファイアのハイブリッド車に関して、購入理由にならないでしょう。

むしろ故障などの時にお金がかかるのはハイブリッド車なので、こちらを選ぶのは、試乗してみて走り具合が気に入れば、という事になります。

私が引っかかるのは、助手席のスーパーロングスライド(最大1160mmスライド)させる機能がハイブリッド車には無い事です。2列目の乗り降りや乗り心地の快適さにかかわる機能なので、ベビーカーを乗せたかったり、2列目を良く使う人にはハイブリッド車はお勧めできないのかなあ、と思います。

スポンサーリンク

新型ヴェルファイア 燃費はどうなった?

大きくてゴージャスなら燃費は悪くて当然、、、とほぼ諦めモードでヴェルファイアの燃費には期待しない人が多いのですが、マイナーチェンジを経て、燃費は全体的に10%ほど上がりました。

とはいえ、カタログ燃費で10.8km/L。まあでもゴージャスなリビングルームが走るのですから、これでも優秀なほうと言えるでしょう。

 

新型ヴェルファイア 安全性能「トヨタセーフティセンス」

ヴェルファイアのように堂々とした車でドライブするなら、運転も悠然としていたいですよね。

フラフラした運転や、びっくり急ブレーキはヴェルファイアには似合わないのです。(他はいいという意味ではありません、念のため。)

悠然としたドライビングをサポートしてくれ、不注意による事故を限りなくゼロに近づけるために「トヨタセーフティセンス」をヴェルファイアは全グレードに導入しています。

今までは上級グレードにしか装備されていなかったトヨタの先進技術とは、一体どのような内容なのでしょうか。

新型ヴェルファイアはミリ波レーダーと単眼カメラ2種類の「目」を持つ

引用 トヨタ公式HP

自動ブレーキって、とっても頼もしいですよね。運転中、飛び出してきたものに対して自分は気づいていなくても、自動でブレーキをかけて未然に事故を防いでくれる、あるいは軽減してくれる機能です。

その機能が、今回のマイナーチェンジでかなり進化を遂げたようです。進化したポイントは、自動ブレーキがとても高性能になっている部分です。

マイナーチェンジ前のヴェルファイアは、高性能のレーダー技術「ミリ波レーダー」が搭載されていて、危ない時に自動でブレーキをかけて安全を守ってくれていました。

更に今回からは、「単眼カメラ」という認識技術の高いカメラも採用し、歩行者や速度の速い自転車の飛び出しにも対応できるようになっているのです。

単眼カメラは解像度が高く、遠方まで状況把握できます。カメラが移すことのできる明暗の範囲を示す、ダイナミックレンジを拡大したことで、より暗い状況でも把握できるようになりました。こうした進化で、夜間でも歩行者を検知できるようになっています。

新型ヴェルファイアのLTA(レーントレーシングアシスト)はハンドル操作をサポート

引用 トヨタ公式HP

ドライブ中に、車線から飛び出さないよう、そっとハンドルをきって軌道修正してくれる。そんな優しく頼もしい機能がマイナーチェンジ後のヴェルファイアに搭載されました。

ミリ波レーダー単眼カメラを使って白線を認識し、ハンドルを自動で切ってくれます。凄いのは、白線を認識するだけでなく、前を行く先行車の軌跡まで利することで、渋滞時にも適応することに成功したのです。

しかも、ステアリングがビクビク動いてドライバーの違和感につながらないように、研究を重ね、その違和感がなく滑らかに使えるよう仕上げました。

新型ヴェルファイアの標識読み取りディスプレイRSA(ロードサインアシスト)

標識って、人の目で全部認識しようとすると結構大変ですよね。知らないうちに80キロ制限の場所から50キロ制限の場所になってたりして、気づけば速度違反してた!ってこともあったりします。

そんなうっかりを防ぐために、ヴェルファイアはあなたに代わって道路標識を認識し、ディスプレイに表示して教えてくれるのです。

事故防止に繋がる重要な4つの標識は、

  • 進入禁止
  • 最高速度
  • 一時停止
  • はみだし通行禁止

です。この4つを検知して、ディスプレイに表示します。

引用 トヨタ公式HP

認識した標識は、メーターが表示されているマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

これは運転中でも分かり易いので、事故の軽減につながって安心して運転できますね。しかも表示を切り変えるのは、ハンドルに付いているスイッチで楽に出来ます。

そういえば旧型である20系ヴェルファイアも気になってきませんか。こちらに20系の記事も用意しております。

ヴェルファイアの内装と外観を新型VS旧型から徹底比較!!

2018.05.02

ヴェルファイア20系前期後期の違い!燃費も違う?魅力をご紹介!

2018.04.21

新型ヴェルファイア 価格はやはり高級

ヴェルファイアの価格は、標準ボディが一番下のグレードXの335万円~最上級グレードのエグゼクティブラウンジ735万円という幅になっています。ギンギラギン仕様のエアロボディは、下のグレードZの369万円~最上級グレードエグゼクティブラウンジZで750万円です。

超高級なイメージがあるので、300万円台で買えるのはちょっと意外でした。が、ゆうても私が乗ってるセレナでいうと、最上級グレードが382万なので、やっぱりお高いですね。

しかも、ヴェルファイアはエグゼクティブラウンジのグレード以外、カーナビが付いていません。純正でインテリジェントパーキングアシスト付きのオプションを選ぶと、それだけで65万円になるのでやっぱり、一番下のグレードでも400万円は超えるのかなあ、という感じです。

リアルガチ! 友人が新型ヴェルファイアを実際に購入した話

源十郎もかなり購入したいヴェルファイアですが、実は友人がヴェルファイアの契約書にサインを押したんです。かなりの裏話が出てくる貴重な情報なので、ヴェルファイアが欲しいなぁと思った方はぜひ参考にしてくださいね。

新型ヴェルファイアZ”Aエディション” 支払いはいくら?

友人は某M社のワンボックスを乗っていましたが、故障をしてしまい修理に50万円もかかると言うことで、知り合いの店長がいるトヨタに行きました。

そこでシエンタに乗り、ヴォクシーに乗り、ヴェルファイアに乗ったところ、絶対ヴェルファイア!となったらしく、「お買い上げぇ〜」となりました。

友人が購入したヴェルファイアのグレードは、エアロボディの7人乗り4WD、Z”Aエディション”を購入しました。車両価格は415万円です。

ここから純正ナビに30万円、サンバイザー、スターター、バックモニターなどの装備をつけて、諸経費をプラスすると軽く500万円を超えていきました。

引用 トヨタ公式HP

新型ヴェルファイアの値引き【60万】成功

値引き額はというと、店長決済でなんと60万円も値引きしてくれました。恐るべし店長パワー。

だけど、店長パワーだけで、ここまでの値引きを実現させたわけではないそうです。どうしてここまでの値引きをしているのか。理由は、オプションを沢山つけてローンを組んで購入したから。

どういう事か説明すると、まず「ローンで購入する」という事は、カード会社から手数料のリターンがあるので、ディーラーにとってメリットになるのです。

そして「オプションを沢山つける」というのは、ディーラーオプショはディーラーが自由に設定できるところですし、ちゃんとディーラーの成績にもなるので、値引きに期待が出来るという事なのです。

新型ヴェルファイアはリセールバリューが高い

実は、3年経つ前にヴェルファイアを売ってしまう人が多いらしいのです。何故かというと、ヴェルファイアはリセールバリューが高く、中古車でも人気が下がらず、売却額が高いと言う利点があるのです。

その為、多少無理してローンを組んででも購入する人も多いです。ヴェルファイアのリセールバリューは、録3年目で、8割という驚くべきケースもあります。

3年乗っても8割で売却ができるって凄くないですか?高額を出して購入しても、また高く売れるなら、思い切って買ってしまおうという気になります。

リセールバリューを考慮して購入するという人には、月々の負担が軽い残価設定型プランも検討してみると良いでしょう。

新型ヴェルファイアを残価設定型プランで買う

引用 トヨタ公式HP

人気のヴェルファイアを購入するときに、残価設定型プランを利用すれば、月々の支払いを安くして購入できます。

残価設定型プランとは、ヴェルファイアの購入費全てのローンを支払うのではなく、3年乗った後に、売れるであろう金額を引いた価格の分だけ、ローンを組む仕組みです

3年後の査定額が高い車になればなるほど、残価が高いという事で、月々の支払いが安くなる割合も高くなります。だからヴェルファイアを残価設定型プランで購入するのは、お得だという事になります。

私の友人もこの方法で購入しました。残価設定型プランでの見積もりを取ってみたら、他に検討していたシエンタが月々3万5千円、ヴォクシーが4万円、ヴェルファイアが5万円だったのです。

車両価格は凄く違うのに、月々の負担があまり変わらないと思い、契約書にポンと印鑑を押しました。

ただ頭金になる下取り車や値引き額でも変わってきますので、誰にでも月の支払い額がこのくらいとは限らないのでご注意を。

そしてもう一つ、有益な情報を聞いたのですが、3年後の残価(下取り額)にはボディーの色が大きく関係するそうです。

何色なら高く売れるのか」そして「いくら違うのか」ってことを知りたくないですか。色の選択で3年後の査定額が変わってきちゃうんですよ。こだわりが無ければ高いやつを買いたいですよね。

ズバリ言うと「カラーはブラック。3年後で他のカラーより最低でも20万円違います。下取り価格はカラーでこんなに変わるものなのです。

そんなヴェルファイアの人気の色は、他にもあります。こちらで紹介しています。

トヨタヴェルファイアカラー一覧!新型人気色はやっぱりアレ!

2018.04.25

また、ヴェルファイアユーザーにも人気のハイブリッド車についても調べてますよ。見てみてください。

ヴェルファイアハイブリッドは実力派!燃費向上が凄い4WDの秘密

2018.06.01

新型ヴェルファイアを売るとき下取り価格をあげるために

下取り価格をあげるためのコツは他にもあります。それは下記のオプションを付ける事です。

  • 純正ナビ
  • サンバイザー
  • バックモニター

この3つは装備するとヴェルファイアの価値が上がります。

また友人の場合、スターターを着けましたが、キーにスターターのスイッチを埋め込むタイプではなく、キーとスターターのスイッチは別にしてください。これは次、つまり3年後に下取車を買う人のためだそうです。

ヴェルファイアは数年後に売ることを考えた上で新車を購入する流れになっています。ちなみに中古車は海外の富裕層にも流れていきますので、いくらでも売れるそうです。これも下取価格が高く設定される要因です。

最後にヴェルファイアのトリビアを1つ。売り上げのいい営業店には、店の前にヴェルファイアが止まっています。やり手の店長が会社の経費でヴェルファイアを購入し、試乗車にしているのです。そしてシエンタやヴォクシーが欲しいお客さんがお店に来たら必ずヴェルファイアに試乗してもらうそうです。

そうすると約9割のユーザーがヴェルファイアの購入に悩むそうです。みんなヴェルファイアに心を乱すんですね。あなたも、そんな魅力あふれる新型ヴェルファイアに心を乱されるのも良いかもしれませんよ。

ヴェルファイア に乗るためには、今乗っている車を高く買い取ってもらう必要があるので、沢山の買取業者に査定してもらって、高額査定をゲットする事をお勧めします。

相場より高く車売るならどこが良い?必ず複数の買取業者と比較せよ

2018.08.04

新型ヴェルファイア 気になる中古車情報

源十郎調査によりますと、新型ヴェルファイアの中古車価格は、1番安いグレードでも360万円からでした。他のグレードも見てみましたが、ほとんどが新車とほぼ同額です。

今年マイナーチェンジしたばかりなので、新型はあまり値下げしていなかったので、買うなら断然新車をお勧めします。

じゃあマイナーチェンジ前のヴェルファイアは安いのかというと、やはり人気車のようで、こちらもそんなに値段は変わらず。ならば新型の購入が良いですよね。

初代ヴェルファイアは流石に100万円台で見つけました。初代ヴェルファイアが出たのは2008年なので、10年落ちの車という事になります。10年落ちの車って、ガクッと安くなります。いろいろな部品が消耗して、故障が多くなることもあるからなので、かえって修理費でお金がかかった!なんて事にもなりかねないので、購入するなら注意が必要です。

 

まとめ

  • 新型ヴェルファイアがこだわったのは「2列目シート」の乗り心地
  • ボディー剛性を上げるために「接着剤」が大活躍
  • フロントガラスやバックドアのガラスは高剛性接着剤を使用
  • ボデーには構造用接着剤を使って振動を抑えた
  • 最上級のエグゼクティラウンジの売り上げは10%
  • エグゼクティラウンジのガラスはアコースティックガラスと言って、吸音ガラスを採用
  • ウォークインレバーを採用し、3列目シートへの乗り降りも楽に。社長を待たせない。
  • おもてなし」をキーワードにシートはどこに乗っても快適
  • 次世代の予防安全パッケージが標準装備
  • 人気の色は下取り価格で20万円も違う

新型ヴェルファイアは高級感あふれる車。ワンランク上の生活を手に入れたいあなたにはピッタリでしょう。ぜひ、実際に試乗してその高級感を確かめてみてくださいね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください