2019年秋カローラがフルモデルチェンジでミドルカーに変身!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

あのカローラが、2019年秋にフルモデルチェンジをして発売と、トヨタから発表がありました。しかし、詳しい仕様はまだ発表されていません。

トヨタのホームページでは発売前から既に情報は出ていますが、出ている画像は米国仕様で国内モデルは一部仕様が変わると書かれています。

国内モデルの仕様の発表が待たれますが、今回は米国モデルをもとに検証をしてゆきたいと思います。

 

スポンサードリンク

カローラ発売日

引用:トヨタ公式HP

 この画像は2018年11月30日から12月9日まで行われた、ロサンゼルスモーターショーで発表されたNEWカローラです。お披露目後2019年春に米国で発売されました。

米国向け歴代カローラで初のハイブリッドモデルということ。1.8Lのエンジンと、最新のハイブリッドシステムの採用により効率の良い、レスポンスの良い走りが楽しめる。
さらに、想定燃費は、米国歴代カローラの最高燃費を達成しています。走行性能にさらなる磨きをかけたカローラ セダン ハイブリッド。北米でも大きな注目を集めています。

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
北米で初めてのハイブリッドってちょっと驚きだわ
源十郎
そうだね、日本では既にハイブリッドがでてたからね
さくら(妻)
初めてのハイブリッドだと、発売までの期待も高かったでしょうね
源十郎
発表から発売までの期間も短かったから、待ちわびることなく購入した人も多いと思うよ
さくら(妻)
日本も間もなくだし、正式な日にちが早くわかれば良いのにね
源十郎
あいまいな日程情報は出回っているけれど、正確なところはまだわからないんだ。あと少し待つとしようか
秋発売
国内モデルは2019年秋と、トヨタから正式は表がされています。現在わからないのは、明確な発売日と国内仕様がどうなっているかだけです。ちまたでは9月12日、はたまた9月17日と出ていますが定かではありません。9月説が出ていますが、10月から税率が変わります。混乱を防ぐために10月発売もあるのではないかと見ています。

 

カローラはカローラセダンに

引用:トヨタ公式HP

NEWカローラですが、現行のカローラはアクシオと言う名前が付いています。これが無くなりカローラセダンと言う名前になると言う情報が流れています。

実際にモーターショーではカローラセダンと表現されています。これが日本国内でも正式名称となるか!

現行のカローラアクシオの名前の由来等の記事もあります。興味のある方は合わせてお読みください。

トヨタカローラアクシオの意味とは?歴史と由来を調査

 

スポンサードリンク

カローラはミドルサイズに!

引用:トヨタ公式HP

実は今回、ロサンゼルスモーターショーでの発表があったカローラの画像を取り上げていますが、ほんの少しの差で世界で一番最初に発表があったのが実は中国三大モーターショーの「広州国際モーターショー」でした。

ここではカローラセダンとカローラツーリングの2つのカローラの発表がありました。その時に発表があったのが日本仕様にしたものを秋に発売すると言う事でした。

国によって道路状況も変わるので、それに合わせた日本仕様のカローラが作られるわけです。

コンパクトカーからミドルサイズに!

初代カローラは1966年の登場でした。それから53年の長きにわたり、カローラは5ナンバーでした。いろんな車がボディを大きくし、3ナンバーに変わってゆく昨今ですがカローラはずっと5ナンバーだったわけです。それが今回のフルモデルチェンジで、ついに3ナンバーサイズに変わりました。

これは今回のフルモデルチェンジで、大きな話題のひとつです。

引用:トヨタ公式HP

上の画像も下の画像も、米国モデルです。米国モデルでは車幅も広くとってありますが、道路事情が違う日本ではできるだけ車幅を抑えた国内専用のナローボディが開発されました。

ナローボディとは車の計上の事を言うのですが、下の画像の丸の部分をなくした形を言います。いわゆるタイヤの上の部分、オーバーフェインダーをなくすことで車幅を狭くすることが可能になります。

引用:トヨタ公式HP

カローラは誕生から53年、根強いファンも多い車です。小回りが利いて、便利に使える車。大衆車としての位置づけを長くキープしてきたので、いきなりミドルサイズになっての登場では長年のファンも少しがっかりするかもしれません。

現に5ナンバーを守って欲しかったと言うファンも多いと聞きます。それゆえ、少しでも車幅を減らすことを考えてのスタイルのようです。

さくら(妻)
歴史が長いものね、根強いファンは何故大型化?って思うわよね
源十郎
3ナンバーにするにあたって、メーカー側も随分と葛藤があったようだよ。ただ良い走りを追求してゆくと、これしかなかったようだね
さくら(妻)
車幅を減らして、最大限の努力をしてくれたって事ね
源十郎
企業努力の跡がみえるね
北米モデルサイズ
全長 4,640mm
全幅 1,780mm
ホイールベースは2,700mm

日本とは道路事情が違う北米では、カローラは少しずつサイズを大きくしてきました。これが今回のフルモデルチェンジでのサイズですが、日本仕様はこれより小さくなります。さしずめ全幅は狭くなる見込みですし、全長に至っても若干短くなるとの見込みです。

 

カローラ上質な乗り心地

引用:トヨタ公式HP

現行モデルよりサイズが大きくなり、走行性と居住性を向上させています。今までの大衆車としての車内とは少し感じが変わり、高級感が出たように思います。

これは米国モデルですが、ボディの違いはあっても車内の様子はあまり変わらないのではないかと考えられます。

TNGA*1で実現した上質な乗り心地。グローバルモデルと共通のプラットフォーム(TNGA*1)を採用し、走行性能の向上と上質な乗り心地を実現。

引用:トヨタ公式HP

トヨタでは今回のNEWカローラの事を上記のように広報しています。上質な乗り心地と走行性能をアップさせているようですが、ここで出てきたTNGAですが耳慣れない言葉です。

さくら(妻)
TNGAって、何のことかしら?これがわからないから、何が変わったのかさっぱりわからないわ
源十郎
そうだね、耳慣れない言葉だね。どういう物なのか、一緒に見てゆこうか

その前に、現行のカローラアクシオの乗り心地を調べた記事もあります。興味のある方は合わせてお読みください。

カローラアクシオの乗り心地は実際どうなのか徹底的に調査した結果

TNGとは?

トヨタでは、「もっといいクルマづくり」を実現するため、全社を挙げたグローバルなクルマづくりの構造改革に取り組んでいます。これがクルマを骨格から変えて、基本性能と商品力を大幅に向上させる「Toyota New Global Architecture(TNGA)」です。

引用:トヨタ公式企業HP

さくら(妻)
どうも企業が言ってることは、難しくて困るわね
源十郎
そうだよね、これじゃあ余計にわからなくなるね。じゃあかみ砕いて、話してゆくね
TNG
良い車を作るために企画・調達・生産までを一貫して連携させようと言う取り組みです。連携して新開発することで、車の基本性能がアップすることが狙いです。より良い車ができると一番喜ぶのはユーザーです。愛車と呼べる車造りに今トヨタは力を入れています。
さくら(妻)
ありがとう、良い車を作るための努力ね
源十郎
簡単に言うと、そうだね

具体的にはベースとなる基本骨格を刷新することでデザイン性を向上させ、走りや車の基本性能をアップさせることでもっと乗っていたいと思う感情がわくことを意識しています。

現在TNGAの商品展開されているのが下記の車です。

中型クラス 大型車 プレミアムクラス
プリウス
C-HR
プリウスPHV
カローラスポーツ
カムリ
クラウン
レクサスLC
レクサスLS

これらの車はTNGA部品を共用しています。プレミアムクラスも中型クラスも同じ共用部品を使っているって、凄いことだと思いませんか?

TNGAは性能の良い部品を共用するだけでなく、一目でその車と分かるデザイン性も追求しています。今回のNEWカローラも、この中の車種の仲間入りをしています。

源十郎
と言う事で、今回のNEWカローラはデサインも一新され、さらに素晴らしい物に生まれ変わったって事だよ

安全性能がアップ

先進の予防安全パッケージToyota Safety Senseの全車標準装備に加え、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を採用。高速道路から街中、パーキングまで、さまざまなドライブシーンで高度な安全性能を発揮します

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
またまた、長い名前が出てきたわ。説明よろしくです
源十郎
聞きなれない言葉が多すぎるね。とりあえず一緒に勉強してゆこう

まず、画像を見てもらいましょう。こちらがインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

引用:トヨタ公式HP

アクセルの踏み間違いによる事故も多発しています。これはまさしく、そう言った時の危険を軽減してくれそうです。さらに、踏みすぎての追突など思わぬ事故を軽減させてくれます。

こちらが作動イメージ

まずはエンジン・ハイブリッドシステムの出力抑制させ音で知らせます。さらにブレーキ制御をしてくれると言うシステムですが、必ずしもこのシステムが作動する者ではないと言う但し書きがされていました。確かに何事も完璧はありません、機能があると過信せず運転したいものです。

低燃費

ハイブリッドシステムは、優れた燃費性能とともに、ゆとりある走りを追求。エコロジーやエコノミーはもちろん、走行パフォーマンスにおいても、大きな飛躍を遂げています。

引用:トヨタ公式HP

源十郎
燃費の向上は日々アップしてるから、楽しみだね
燃費
米国仕様のハイブリッドは1.8Lとなります。燃費は22.5km/L

 

スポンサードリンク

カローラ内装

引用:トヨタ公式HP

これは北米仕様ですが、写真を見る限り運転席はゆったりとしています。大きなナビが特徴的で、位置的にも操作性が良いなと感じます。室内灯はLEDになっています。

電動パーキングブレーキも採用されています。

さくら(妻)
パーキングブレーキって、サイドブレーキの事ね?電動なの?
源十郎
簡単に言うと、そう言う事だね。最近はサイドブレーキのない車が増えてるね
さくら(妻)
でも、どちらもブレーキシステムの事よね?
源十郎
うん、そうだよ。電気を使ってブレーキを制御するんだ。ギアをPに入れると自動的にかかるんだ
電動パーキングブレーキ
安全安心システムのひとつです
さくら(妻)
運転席周辺が、スッキリしていて広く感じるわ
源十郎
そうだね、それゆえに大きなパネルが印象的だね

引用:トヨタ公式HP

シートも現行よりも豪華なイメージになっています。乗り心地の良さを提唱しているので、以前よりグレードはアップしているようです。これはおそらく、国内仕様もそのようになるかと思われます。

カローラ今後の販売は?

引用:トヨタ公式HP

さて、最後になりますがデビューから53年と言うまさにロングセラー的な存在です。長きにわたってのファンは多いと聞きます。

飾らない車、華美ではなく飽きがこない車、走りが安定している車、カローラはまさに大衆車として長年君臨してきました。時代と共にボディサイズが大きくなってゆくほかの車をしり目に、5ナンバーを守るカローラのファンは多かったようです。

さて今回5ナンバーを死守して欲しかったと言うファンも多く、トヨタもこの多くのファンを納得させる車造りが必要だったようです。

そこで発売寸前、現行モデルも並行して当分の間は販売を続けるとの情報が入ってきています。これはもう往年のファンへのサービスか?どうしても5ナンバーが欲しいと言うユーザーへの配慮のように伝わってきています。

この情報がどの程度の信ぴょう性か、判断しかねますがそれだけカローラファンが多いと言う事の表れなのだろうと思います。

往年のカローラファンも納得の、素晴らしいNEWカローラの登場が楽しみです。

 

まとめ

  • NEWカローラは2019年秋に発売ですが、発売日はまだ決定していません。
  • 長年5ナンバーでしたが、フルモデルチェンジで3ナンバーサイズになります。ただし、日本の道路状況を考慮して北米サイズより小さくなっています。
  • TNGAで実現した上質な乗り心地と、走行性能がアップしました。
  • 安全性能がさらにアップ、低燃費も実現しています。
  • 内装は現行のものより、豪華になり乗り心地の良さがアップしています。
  • 電動パーキングブレーキが採用されています。

53年の長きにわたり5ナンバーを守ってきたカローラですが、ついに3ナンバーボディとなりました。長年のカローラファンが5ナンバーを希望していましたが、より良い走り乗り心地を得るには3ナンバーのボディが必要だったようです。

小回りの利く便利な大衆車カローラ、長年のファンをどう納得させるかが大きな課題ではないでしょうか?そのためにボディサイズは抑え気味にはなっているようです。長年のファンも喜べるカローラであって欲しいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください