エスティマの安全性について調べてみました。

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

エスティマは非常に快適な空間がありますよね。荷物もたくさん載せて家族みんなでキャンプなんかも楽しそうです。

でも車は危険なもの。同乗者の命も預かっているのですから安全に乗りたいですよね。何かにぶつかってしまったときのエアバックの事やアクセルブレーキの踏み間違い。そして小さな子供の乗り降りなど危険はあらゆるところに潜んでいます。そういった危険は是非とも避けたい。今回はTOYOTAのエスティマ安全性について色々と調べてみました。

スポンサードリンク

エスティマは「セーフティ・サポートカー」

さくら(妻)
(セーフティ・サポートカーって何?)
源十郎
(ではまずセーフティサポートカーについて解説しよう!ところで最近高齢者による交通事故が増えているよね。)
さくら(妻)
(はい。アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故とかありますよね。)
源十郎
(そこで政府は交通事故防止対策の一環として、被害軽減(自動)ブレーキを搭載した車やペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車に愛称を付けて官民連携で普及啓発にとりんでいるんだよ。)
源十郎
(その被害軽減(自動)ブレーキを搭載した車のことを「セーフティ・サポートカー(サポカー)」と呼んでいるんだね。)
源十郎
(ちなみに被害軽減(自動)ブレーキ搭載且つペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車は「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」との愛称がついているよ。)
さくら(妻)
(ならこの車に乗れば安心ですね。)
源十郎
(いや。確かに先進安全技術としては非常に優れたものではあるが、必ず作動するという保証はなく、気候条件や路面などの影響も受けるんだ。あくまでも安全運転の支援の為のものなんだね。だから機能に頼りっぱなしではなくドライバーがしっかりと安全運転を心掛ける必要があるんだね。)

 

エスティマの検知システム

 

次にエスティマの検知システムについて解説します。

レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

 

 

 

 

 

 

 

引用:トヨタHP 

 

 

スポンサードリンク

Toyota Safety Senseについて

 

Toyota Safety Senseには3つの機能があります。

 

プリクラッシュセーフティ(衝突回避支援タイプ/レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

 

この機能をすごく簡単に言うと、前方の車を検知してブレーキが作動し衝突を回避したり軽減したりしてくれる機能なんですね。

詳しくは

進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、約15km/h~140km/h*2の車速域で警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h~80km/hで走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動(被害軽減)ブレーキは約10km/h~80km/hの幅広い速度域で作動し、例えば停止車両に対し自車速度が30km/hの場合は、自動(被害軽減)ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

 

 

 

 

 

 

引用:トヨタHP 

 

さくら(妻)
(道路に人が飛び出して来たりしても検知してれるんですか?)
源十郎
(いや、歩行者の検知機能はないんだ。だから前を向いてしっかり運転する!あたりまえだけどこれが大事だね。)
さくら(妻)
(携帯見て運転なんてもってのほかですね。)

 

レーンディパーチャーアラート

 

源十郎
(実は前方の車の検知だけではなく、道路の白線(黄線)を検知するシステムもあるんだよ)
さくら(妻)
(それはすごい!どんな機能ですか?)

詳しくは

レーンディパーチャーアラートは、道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

 

 

 

 

 

 

引用:トヨタHP 

 

さくら(妻)
(この機能があれば車の正面衝突やガードレールへの衝突なんか防げそうですね。でもやっぱりドライバーがしっかり安全運転を心がけることが大事なんですよね!)
源十郎
(その通り!)

 

オートマチックハイビーム

 

3つ目の機能はオートマチックハイビームと言って夜間の歩行者をいち早く発見できるシステムがあります。

ハイビームとロービームの自動切り替えによって①切り替え忘れの防止②切り替えの煩わしさの軽減③夜間の歩行者の早期発見に繋がります。

さくら(妻)
(これもとても便利な機能ですね!)

 

先行車発進告知機能

 

その他の安全機能として先行車発進告知機能というものもあります。

信号を待っているときや渋滞の時に前の車が発進したのにもかかわらず、ぼーっとしていて発信に気づかないときありますよね。そんなときにブザーやディスプレイでお知らせしてくれる機能なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:トヨタHP 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ここまでエスティマの安全性について語ってきましたが、あらゆる機能はあくまでも運転のサポートをしてくれるというものであって、その機能を過信してしまうと事故を引き起こしてしまうでしょう。

あくまでドライバーの安全運転の意識が大事なんですね。でもエスティマは快適な広さがあって家族全員で旅行するには最適です。

その車にこれだけの安全機能がついていればとても嬉しいですね。

改めてエスティマの安全性をまとめると

・サポカーである

・Toyota Safety Senseという機能

・先行車発進告知機能

などあります。

エスティマには運転を補助してくる機能がとても豊富についているようです。機能を過信せず運転をすることはもちろん大事ですが、車の購入の際は是非安全性も含めて検討するとよいかもしれませんね。

 

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください