ハリアーの安全性能について徹底的に調べてみた

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

スタイリッシュで高級感漂うトヨタのSUV車、ハリアー。1997年に初代モデルが登場して以来、現在でも高級志向のドライバーに根強い人気を誇っています。

ですが、いくらデザインが良くても安全性が高くないと不安ですよね。近年では安全性能が高い車が増えてきていますが、ハリアーはどうなのでしょうか。そこで今回は、ハリアーの安全性能について徹底的に調べてみました。

 

スポンサードリンク

ハリアーの安全性能の評価は?

引用:トヨタ公式HP

ハリアーの安全性能は高いと言われており、購入された方からの評価も高い傾向にあるようです。

また実際に、JNCAP予防安全性能評価にて2017年度最高ランクの「ASV+ +」を獲得しています

JNCAPとは
JNCAPは自動車アセスメントのことです。このアセスメントでは、実車を用いた衝突試験などから自動車がどの程度安全なのかを調べています。
つまり、この評価が高ければ高いほどその車の安全性能が高いことを示しています。

2017年度において最高ランクを獲得しているハリアー。これだけで安全性能の高さを伺えますね。

 

さくら(妻)
でも、具体的にどんな安全性能が備わっているのかしら?
源十郎
もっと詳しく見ていこう!

 

性能1:Toyota Safety Sense

2017年のビッグマイナーチェンジによって、ハリアーは全グレードにおいてToyota Safety Senseが標準装備となりました。

Toyota Safety Senseとは、トヨタが最先端を誇る先進安全装備のことです。

ハリアーのToyota Safety Senseには、障害物の位置を把握するミリ波レーダーと前方を監視する単眼カメラの高精度な「2種類の目」が備わっています。

引用:トヨタ公式HP

これによって周囲の車だけでなく歩行者の認識が可能になり、事故の回避や事故時における衝突の被害軽減が可能になりました。とても心強い機能ですね。

そしてこのToyota Safety Senseですが、以下の5つのデバイスで構成されています。

Toyota Safety Sense
  • プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート
  • アダプティブハイビームシステム
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

予防安全において非常に大事なデバイスですが、車のことをよく知らない…という人には何が何だかわからないですよね。

安心してください。次からひとつずつご紹介していきます。

 

プリクラッシュセーフティ(衝突回避)

前の車とぶつかりそう!歩行者が近くにいる!

そんな時に役に立つのがこの機能、プリクラッシュセーフティ。

これは、先行車や歩行者との衝突の可能性を事前に知らせてくれたり、衝突被害を和らげてくれる機能です。

引用:トヨタ公式HP

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車や歩行者を検出することによって反応するこの機能、具体的な流れは以下の通りです。

  1. 衝突の可能性がある時には警報ブザーとディスプレイで警告
  2. ブレーキを踏むとプリクラッシュブレーキが作動、ドライバーのブレーキを強力にアシスト
  3. ブレーキを踏めなかった場合、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)が作動

 

これによって、衝突回避や事故被害の軽減が可能になります

 

レーンディパーチャーアラート(車線逸脱の回避)

長時間の運転は知らないうちに疲労が溜まっていますよね。

そのまま運転を続けていると、うっかり気を抜いた瞬間にクラッシュなんてことも…

そんなことにならないように事前に警告してくれるのがこの機能、レーンディパーチャーアラート。

車線逸脱とふらつきの警告をしてくれます。

引用:トヨタ公式HP

車線を単眼カメラで認識することによって車線や車両のふらつきを検知します

  1. ウインカー操作を行わないで車線を越える可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示で警告
  2. 車線逸脱を回避しやすいようにステアリング操作をサポート
  3. 車両のふらつきを検知した場合、ブザーとディスプレイ表示により休憩を促します

 

ディスプレイ表示だけでなく音での報告もしてくれるので、警告を見逃す心配もありませんね。

 

アダプティブハイビームシステム(ライトの自動コントロール)

夜間は昼間よりも事故の確率が高くなると言います。

特に街灯がないような暗い道ではなるべくハイビームを点けていたいものです。

アダプティブハイビームシステムはこのような場面で活躍してくれます。

引用:トヨタ公式HP

ライトの点灯・消灯を細かに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるんです。

ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めることで、夜間でも安全な運転が可能です。

 

オートマチックハイビーム(ハイビーム・ロービーム自動切替)

アダプティブハイビームシステムと同様、夜間に活躍するこの機能。

オートマチックハイビームでは、対向車とのすれ違い時にハイビームを自動でロービームに切り替えてくれるんです。

引用:トヨタ公式HP

これによって、歩行者の早期発見が可能になります。

自動で切り替わってくれるので、ビームの切り替え忘れの心配が不要なのもプラスポイントですね。

 

レーダークルーズコントロール(車間自動保持)

レーダークルーズコントロールというのは、アクセルを踏まなくても前方車両との距離を一定に保ってくれるシステムです。

引用:トヨタ公式HP

この機能はミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、スピードに応じた車間距離を保ちながら追従走行をサポートしてくれます

これによってドライバーの転の負担を軽減させることが可能です。

非常に便利なこの機能、高速道路でも活躍してくれそうですね。

 

スポンサードリンク

性能2:予防安全

ハリアーの安全性能の機能はToyota Safety Senseだけではありません

予防安全に関する機能は他にもたくさん備わっています!

 

インテリジェントクリアランスソナー(ICS)

引用:トヨタ公式HP

時々、アクセルを踏み間違えてしまった、なんてニュースを見たりしますよね。

この機能は、踏み間違いなどで起こる衝突を緩和することで、衝突被害の軽減をサポートしてくれるんです。

また、駐車時には障害物の接近を音で教えてくれたり距離が縮まると自動ブレーキがかかるので、運転が苦手な人も安心して駐車可能です。

 

ヒルスタートアシストコントロール

引用:トヨタ公式HP

急な坂道に駐車しなきゃいけない時もありますよね。

ヒルスタートアシストコントロールというのは、ブレーキからアクセルに踏みかえる際に、車両のずり落ちを緩和する機能です。

簡単に言うと、ブレーキペダルから足を離しても数秒の間ブレーキがかかった状態で保ってくれる機能です。

この機能があれば坂道でも安心して発進することができますね。

 

その他にもたくさんの予防安全機能が!
ドライブスタートコントロール、ヘッドランプ&LEDデイライト&LEDフロントフォグランプ、LEDシーケンシャルターンランプ、リヤコンビネーションランプ、LEDリヤフォグランプ、自動防眩インナーミラー、急ブレーキシグナル、車両接近通報装置など

 

性能3:衝突安全

エアバッグシステム

予防安全の機能が備わっていても、衝突安全の性能が低かったら心配ですよね。

ですがハリアーでは、バッグシステムがしっかりと備わっています

引用:トヨタ公式HP

前方及び車両側方からの衝突時、運転席・助手席・後部座席と、全ての乗員を覆うようにエアバッグが広がって衝撃を緩和します

 

その他の衝撃安全機能
むち打ち障害軽減フロントシート、歩行者障害軽減ボディ、全方位コンパティビリティボディ構造など

 

スポンサードリンク

ハリアーの安全性能 まとめ

  • トヨタが誇る安全装備、Toyota Safety Senseが標準装備されている
  • サポートが充実しており、駐車時や急な坂道でも安心安全
  • 万が一の衝突時に備えたエアバッグシステム
  • その他にもたくさんの安全機能が!

 

徹底調査の結果、ハリアーの安全性能はかなり高いことがわかりました。

上品な外装で見た目を楽しめるだけでなく、安心して運転できる機能が充実しているハリアー。

皆さんもハリアーで旅をして、安心・安全な楽しいドライブをするのはいかがでしょうか?

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください