レガシィアウトバックの特別仕様車「X-BREAK」を徹底大解剖!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

コンパクトな都市型SUVのXV。高い視点をもつ本格派SUVのレヴォーグ。そして、ステーションワゴンが発展した大容量をもつレガシィアウトバック

スバルのなかでも人気のSUVですが、今回はレガシィアウトバックの特別仕様車「X-BREAK」を徹底大解剖します。

デザイン性と機能性の両立、アウトドアに特化した特別仕様。スバル60周年記念車として登場した「X-BREAK」はどれくらい”特別”なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

そもそもレガシィアウトバックって?

源十郎
レガシィアウトバック、カッコいいな。

ねぇママ、そろそろ家族5人でもっとお出かけできるような車探さない?

さくら(妻)
CM見て影響されたの?

でも確かにカッコいい車だし、大きそうよね。

レガシィアウトバックは、XVやレヴォーグと並ぶ、スバルで人気のSUVです。ステーションワゴンが発展したそのサイズは、XVやレヴォーグよりも大きいです。

そのため、とにかく荷物を多く詰めて、車内もゆったりして疲れを知らずに遠くまで行けるその走り。

まさにアウトドアにぴったりのSUVといえるでしょう。

源十郎
街中でも見たことあるけど、外国の車かと思うような迫力があるなぁ。

スバル車では、インプレッサが国内で一番人気ですが、北米市場になるとレガシィアウトバックがNo.1です。

海外はもちろん、国内でも評価の高いレガシィアウトバック、ではその特別仕様車の仕様をみていきます。

まずはレガシィアウトバックについてグレードや北米で人気の理由を知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

魅力溢れるSUV車!レガシィアウトバックのグレードを徹底調査

レガシィアウトバックの意味は車の特性?レガシィの歴史も知ろう

値引きの裏技を知っているか、知っていないか。たった5分程で読める記事で、数十万円得するか損するか変わります。

 

特別仕様車「X-BREAK」の仕様を大解剖

引用:スバル公式HP

源十郎
なるほど。

大容量のラゲッジと疲れない車内空間で、日本でも海外でも人気のアウトバックってわけだ!

さくら(妻)
家族で旅行いくときも、ラゲッジスペースと車内の広さって大切よねぇ。

ちなみにレガシィアウトバックには特別仕様車があるみたいだけど…。

そもそも特別仕様車って?

特別仕様車とは、販売台数や期間を限定して販売されるモデル。

本来オプションで選択できる装備が標準でついていたり、今まで選べなかったカラーが選べたりする。

2018年10月4日。スバル60周年記念車として、レガシィアウトバック「X-BREAK」が発売しました。

特別仕様車といえど、構造が他のグレードと比べて根本的に異なる、というわけではありません。しかし他のグレードにはない、特別な要素があります。

特別仕様車の「X-BREAK」、その特別さを表現するなら「ワイルドな高級感」がぴったりです。それでは「X-BREAK」の主な装備を、写真付きで解説していきます!

「X-BREAK」ワイルドさと高級感が両立するインテリア

「X-BREAK」インテリア装備
  1. ホワイト照明
  2. メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル
  3. カーゴフロアボード
  4. 撥水ファブリック/合成皮革シート
さくら(妻)
あれ?特別仕様車って、特別な装備がバンバンついていたりはしないの?
源十郎
特別仕様車は、実は安価なグレードに上位グレードの装備が標準装着されている割に価格が安い車でもあるんだ。

だから新装備がいっぱいの特別な車じゃないんだよね。

もちろん、特別仕様車ならではのアクセントもあるよ!

「X-BREAK」のインテリアに施されたアクセントのうちの一つがホワイト照明です。

1.ホワイト照明

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
白色のライトって、落ち着きがあるし、シンプルでいいわよね。

「X-BREAK」にはメーターのディスプレイだけでなく、センタートレイやドアの持ち手のプルハンドルにもホワイト照明が使われています。

特にインテリアのカラーが【ブラック/グレー】の場合、ホワイト照明でより高級感のある印象を演出できます。ちなみに「Limited」「B-SPORT」のグレードは、ブルーの照明になります。

2.メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル

引用:スバル公式HP

源十郎
やっぱりメタリックと黒は合うね!高級感がにじみ出てるし。

それに、さっきのホワイト照明との相性も良さそうだ!

インパネやドアトリムに施された、メタルメッシュとブラック塗装は高級感や質感の高さを感じさせるつくりです。

3.カーゴフロアボード

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
これは機能的な装備ね。

ラゲッジスペースが汚れないから、キャンプ用品とかも気にせず載せられるわ。

カーゴフロアボードには、ラゲッジスムーザー機能もついています。この機能で、重い荷物を楽に奥に載せることも、引き出すこともできます。

4.撥水ファブリック/合成皮革シート

引用:スバル公式HP

源十郎
撥水機能のあるシートはいいな!

ドライブ中手元がくるったり、揺れで飲み物をこぼすこともあるから、染みになったりせずに済みそうだ!

撥水という機能的に良い面もあれば、シート自体に高級感があるというデザイン的な良さもあります。シートにイエローグリーンステッチがあしらわれていることにお気づきでしょうか。

このステッチはシートだけでなく、ハンドル、アームレスト、インパネ等いろいろな部分に使われています。

黒を基調とした質感の高いインテリアに、イエローグリーンステッチというアクセントが入るだけで、ワイルドな印象を生み出しています。

インテリアのカラーはブラック/グレー】と【グレー】の2色から選べます。

「X-BREAK」だけでなく、レガシィアウトバック全ての内装を知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

レガシィアウトバックの内装を徹底調査!その評価・評判は?

「X-BREAK」堂々とした塊感のあるエクステリア

「X-BREAK」エクステリア装備
  1. 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
  2. フロントグリル(イエローグリーン塗装+ラスターブラック塗装)
  3. フロント&リヤドア・サイドクラッディング
さくら(妻)
インテリアはシンプルで質感の高いものに、ステッチや照明で良いアクセントがきいていたわね。

エクステリアにはどんな魅力があるのかしら。

1.18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)

引用:スバル公式HP

源十郎
か、かっこいい…。

18インチという大きめのホイールは、力強い直線、そして艶やかなダークメタリック塗装という魅力をもっています。

SUVといえば、車高の高さや堂々としたサイズ感もあるので、足回りにもこだわりたいところですよね。足回りの細部にもこだわりがある人には「X-BREAK」がおすすめです。

2.フロントグリル(イエローグリーン塗装+ラスターブラック塗装)

引用:スバル公式HP

源十郎
かっこいいけど、どこに「X-BREAK」らしさがあるのかな。
さくら(妻)
あっ!

ちょうどスバルのマークの両側にイエローグリーンの線が入ってるわ!

フロントグリルは、つやの異なる2種類のブラックで仕立て上げられており、深みのある色になっています。そこにイエローグリーンのアクセントが入ることで、さりげなく個性を演出しています。

フロント&リヤドア・サイドクラッディング

引用:スバル公式HP

源十郎
サイドクラッディングにチラリとみえるOUTBACKがさりげなくて(位置的に前席にサイドステップ)、これまたカッコいいね!

サイドクラッディングには、鮮烈なイエローグリーンでOUTBACKの文字があります。あまり知られていませんが、レガシィアウトバックはOUTBACKという名称で世界的に販売されています。

特にアメリカでは、スバルといえばOUTBACKと真っ先にあがるほどです。

エクステリアのカラーは、5色あります。

「X-BREAK」エクステリア5色
  • クリスタルホワイト・パール(33,000円高)
  • マグネタイトグレー・メタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • ダークブルー・パール
  • ワイルドネスグリーン・メタリック

最も人気のカラーは「クリスタルブラック・シリカ」。非常に光沢の強いカラーでスタイリッシュな雰囲気を出しつつ、レガシィアウトバックの大きなボディの迫力が増す色です。

そんな「クリスタルブラック・シリカ」が一番人気のカラーとなっています。

引用:スバル公式HP(写真は、レガシィアウトバック「Limited」です)

さくら(妻)
この堂々とした塊感のあるフォルム!

確かに光沢のあるブラックだと迫力が一段と増すわね。

「X-BREAK」クロスバービルトインタイプ ルーフレール

引用:スバル公式HP

源十郎
クロスバービルトインタイプ ルーフレール…。

ローマ皇帝の名前並みに長いカタカナだな…。

長い名前ですが、こちらは可動式のクロスバーを内蔵したルーフレールです。ベースキャリアがなくても、別売りのアタッチメントをつければ、ボート・カヤック・自転車・スノーボードなどあらゆるアウトドアに対応できます。

使わない方も、ルーフレール自体がブラックで見た目もスマートなのでエクステリアの一部としても使えます。北米仕様のこちらのルーフレールは、あらゆるアウトドアに対応し、スマートな見た目から「X-BREAK」を更に特別なものにしています。

値引きの裏技を知っているか、知っていないか。たった5分程で読める記事で、数十万円得するか損するか変わります。

 

スポンサードリンク

特別仕様車「X-BREAK」のユーザー評価は

さくら(妻)
これで「X-BREAK」の他のグレードとは違う点がわかったわね。
源十郎
そうだね!

あとは気になるのが、ユーザーが実際に使ってみてどう感じているか、だね。

「X-BREAK」に乗っている人が、インテリアやエクステリアをどのように評価しているのか。実際のレビューからみていきましょう。

実際のユーザーの「X-BREAK」評価

  • X-BREAK (ルーフレール、グリーンステッチが個性的、価格がLIMITEDより安い)
  • シンプルです。ここでもエックスブレイク専用のイエローグリーンのステッチが非常に爽やかな印象を与えてくれます。
  • ブラック塗装されたホィール、ドアミラー、エンブレムと抜群に合い、そして差し色のイエローグリーンが爽やな印象を与え、大人っぽさの中にも少年の心を忘れない素晴らしいデザインと色使いなっています。
  • クロスバービルトインのルーフレール、ダークメタリックのアルミホイールとあいまった「塊感」は大変気に入っています。今回のX-BREAKとこの色が無かったら購入に至ったかどうか疑問です。
  • 本革シートが苦手なので、撥水加工ファブリック+合成皮革シートはありがたいのですが、ファブリック部分が少し滑りやすく感じます。
  • E型エックスブレイクのレビューです。前車は60ヴォクシーです。
    結論から申し上げますと、今現在契約を迷われている方は後悔しない素晴らしい仕上がりの車なので絶対に買いです。

引用:価格.com

源十郎
すごいね!

めちゃくちゃ好評じゃないか!

さくら(妻)
インテリアのグリーンステッチも良いみたいだけど。

何より、ルーフレールやホイールの色も含めたエクステリアが特に好評みたい!

「X-BREAK」のユーザー評価は非常に良いといえます。「X-BREAK」専用のイエローグリーンステッチ、ダークメタリック塗装のホイール、それにルーフレールに満足の声があがっています。

一方で撥水ファブリックシートが滑りやすい、という評価もあります。しかし全体的にみると、「X-BREAK」の評価は高いです。

ただし、こちらは「X-BREAK」の評価です。レガシィアウトバック全体の、走行性能や燃費などの評価は含んでいません。

レガシィアウトバック全体の口コミが知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

レガシィアウトバック口コミ・評判まとめ!【2019年完成版】

特に「乗り心地」のレビューが知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

レガシィアウトバックの乗り心地は悪い?レビューから徹底検証!

値引きの裏技を知っているか、知っていないか。たった5分程で読める記事で、数十万円得するか損するか変わります。

 

最上位グレード「Limited」との違いは

引用:スバル公式HP

では、レガシィアウトバックの最上位グレードである「Limited」と、「X-BREAK」は装備にどのような違いがあるのでしょうか。

「Limited」の主な装備

  • 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装 +切削光輝)
  • フロント&リヤバンパーガード(樹脂製)
  • メッキ加飾付サイドクラッディング
さくら(妻)
最上位グレードとはいえ、思ったより機能が多くないのね。
源十郎
そうだね、これぞ「Limited」といえるのは少なそうだね。

「Limited」の標準装備が「X-BREAK」よりもはるかに優れている、または特別多いということはありません。しかし各所に最上位グレードならではのポイントがあるのでご紹介していきます。

18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装 +切削光輝)

引用:スバル公式HP

源十郎
「X-BREAK」のブラックホイールも良かったけど、こっちもカッコいいな…。

ホイールの形や色は非常に個人の意見が分かれるところです。「Limited」のホイールには切削光輝が施されており、メタリックな光沢が特徴です。

フロント&リヤバンパーガード(樹脂製)

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
フロントバンパーガードがあると、ボディを傷から守ってくれるわね。

それにリヤバンパーガードで荷物の積み下ろしのときも、おそるおそるやらなくてすむわ!

愛車には、できるだけ傷をつけたくないですよね。そんな車の傷がつきやすい場所を守ってくれる装備が「Limited」のみ標準装備されています。

メッキ加飾付サイドクラッディング

引用:スバル公式HP

源十郎
「X-BREAK」のイエローグリーンのサイドクラッディングも良かったけど、こっちのメッキ加飾のも良い!

「Limited」のサイドクラッディングにはメッキ加飾でOUTBACKとあります。「X-BREAK」のワイルドなアクセントも良いですが、「Limited」のようなスタイリッシュで高級感漂うサイドクラッディングも魅力的です。

「Limited」にはメッキ加飾やシルバーの加飾が多く、レガシィアウトバックのフラグシップモデルの高級感を漂わせています。

「Limited」はカラーが豊富!

「Limited」は「X-BREAK」よりもカラーの選択肢が多いです。

「X-BREAK」はインテリが2色。

  • ブラック/グレー
  • グレー

エクステリアが5色。

  • クリスタルホワイト・パール
  • マグネタイトグレー・メタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • ダークブルー・パール
  • ワイルドネスグリーン・メタリック

一方、「Limied」はインテリアが3色、エクステリアが10色あります。

さくら(妻)
カラーが豊富なのは嬉しいわ!

インテリアとエクステリアのカラーの組み合わせを考えるのも楽しいし、他の人と被らないようにもできるし!

源十郎
僕は選択肢が多いと迷っちゃうから、「X-BREAK」くらいの選択肢がちょうどいいんだけどなぁ。
「Limited」インテリアカラー3色
  1. ブラック
  2. アイボリー
  3. ブラウン

引用:スバル公式HP

写真は、アイボリーのカラーです。

「Limitedエクステリアカラー10色」
  1. ワイルドネスグリーン・メタリック
  2. クールグレーカーキ
  3. クリムゾンレッド・パール(33,000円高)
  4. ダークブルー・パール
  5. クリスタルホワイト・パール(33,000円高)
  6. タングステン・メタリック
  7. アイスシルバー・メタリック
  8. ストームグレー・メタリック
  9. マグネタイトグレー・メタリック
  10. クリスタルブラック・シリカ

※下線を引いてあるのが「X-BREAK」にないカラー。

引用:スバル公式HP

写真は、ストームグレー・メタリックのカラーです。「Limited」でも一番人気のカラーはやはり「クリスタルブラック・シリカ」です。

カラーもまとめて見たい方、おすすめを知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

レガシィアウトバックの全カラーをご紹介おすすめカラーはこれだ!

値引きの裏技を知っているか、知っていないか。たった5分程で読める記事で、数十万円得するか損するか変わります。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • レガシィアウトバックの特別仕様車は2018年に発売された「X-BREAK」。
  • インテリアの主な装備:ホワイト照明、メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル、カーゴフロアボード、撥水ファブリック/合成皮革シート。
  • インテリアカラーはブラック/グレー、グレーの2色。
  • エクステリアの主な装備:18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)、フロントグリル(イエローグリーン塗装+ラスターブラック塗装)、フロント&リヤドア・サイドクラッディング。
  • エクステリアカラーはクリスタルホワイト・パール、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークブルー・パール、ワイルドネスグリーン・メタリック。
  • 一番人気のカラーはクリスタルブラック・シリカ。
  • あらゆるアウトドアに対応できるクロスバービルトインタイプルーフレールを標準装備。
  • 「X-BREAK」のユーザー評価は非常に高い。
  • レガシィアウトバックの最上位グレード「Limited」はインテリアカラーが3色、エクステリアカラーが10色と豊富。

いかがでしたか。レガシィアウトバックの特別仕様車「X-BREAK」。

ワイルドな高級感と呼ぶに相応しいインテリアとエクステリア。それに価格も最上位グレードの「Limited」よりも割安で装備に大きな差もありません。

アウトドアにはもちろん、そのサイズ感から多彩な乗り方のできるレガシィアウトバック。そんなレガシィアウトバックの特別仕様車に乗る贅沢を味わってみませんか。

レガシィアウトバックについてもっと知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください