フィットの値引き交渉術。値引き額の最大相場限界値を超える方法

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

 

低燃費で、家庭のふところにとっても優しいホンダフィット。

でもいくら軽自動車といえども、新車への買い替え費用は、結構家庭にやさしくありません。なので、その買い替え費用は、なるべく低くしたいものですよね。

買い替えるときの新車の費用って実は、「値引きされること」が前提となってるんです。知ってましたか。なので、この値引きされる金額は、買う人によってそれぞれ変わってきてしまうんです。

例えば、全く同一の車両に買い替えたとしても、人それぞれで費用が変わります。そんなの不公平だ、と言ってもこれは事実です。その費用の差が生まれてしまうのは「値引き交渉術」を知っているか知らないかの差だけなんです。

ですから、結構な方が知らないであろう新車値引きして購入するためには一体何をどうすればいいのか、この源十郎が、あなたのために、実際の新車買い替えで身につけた、誰にでもできる簡単な交渉術をなるべくわかりやすく紹介します。

私の友人が、ある会社のディーラーさんをやっていますので、表では聞けない新車購入のウラ情報も満載です。

源十郎
値引きの方法について楽しく勉強しよう!
今車を持っている場合

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

一括査定に申し込んで複数業者からの電話問い合わせが嫌だって方はこちら。選ばれた一社からの電話だけでじっくり楽に査定してもらえます。

→今だけ限定でクオカード5000円もらえるキャンペーン実施中!
→あなたの愛車と相性の良い厳選された買取業者一社を紹介

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

スポンサードリンク

実際に新車を買った時の値引き額は〇〇円?値引き交渉テクニック使用体験談

とは言っても、フィットに買い換える時に何からすればいいんですか、ということで最初に私がセレナの新車買い替え時にどれだけの購入費用を浮かすことができたのか、恥ずかしいくらいにお見せいたしましょう。

バーン。これです。えっ、全然数字が見えねーよって。そうですよね。では、大事なところを拡大して。

ババババーン。見えますか。恥ずかしいくらいに装飾もかけて見やすく拡大してみました。黒三角を二つ足した金額が値引き額です。そうです。だいたい50万円くらいの値引きに成功したんです。

インターネットなどで、新車買い替えの値引き費用の相場を確認しましたが、平均値引き額よりも結構いい金額を叩き出しています。

やはり新車購入前にディーラーの友人に、買い替えの時のお得かつ必要な情報を聞いおいてよかったです。ディーラー側の本音情報を知っているか知らないかでは値引き金額は大違いだったということですね。

値引き金額は、もう分かったから、実際に俺はフィットを値引きして買うにはどうすりゃいいのってことですが、何も難しいことはありません。一つずつわかりやすく紹介しますので安心してください。それでは、新車買い替えの値引き額を最大にするワザをご覧ください。

もし、未使用車や新古車などが欲しいのなら、こちらで探せます。未使用車も実際は新車と同じですので、こだわりなくて安く買いたいなら間違いなく未使用車が良いです。

→未使用車・新古車探すなら

フィットの値引き額の相場を知って目標額を決める

源十郎
では、フィットの新車の値引き額はどれくらいなのか確認して見ましょう。

大前提として、新車の値引き額の相場は価格の約10%だということ。当然、買う人によって、高くもなるし、安くもなることもあります。

そして当たり前ですが、車種やメーカーによっても値引き額は大きく変わってきてしまいます。ですので、値引き額の1つの目安として、購入価格の10%を値引きできたら成功と思っていただければいいと思います。

ホンダフィットの値引き額の目標を前もって定めておこう

では、ホンダのフィットの新車は、どのくらいの値引き額で購入ができるのか調べてみましょう。もちろん最新の記事で調べましょうね。

なぜならホンダフィットの値引き額は、一体どれくらいなのかという相場観がない状態でディーラーとの値引き交渉をしても、ディーラーが提示する値引き額が「高いのか低いのか」さっぱりわからず、そもそも交渉自体ができなくなるからです。

では、まずやることの一歩として、ホンダのフィットが一体どれくらい値引きができるのかの目標額を決定しましょう。その設定した目標額を超えての値引き交渉は、ディーラーとの関係も気まずくなることからやめておきましょうね。

新車を購入したお店は、これから長い付き合いになることでしょう。なので車が故障した時も修理のお願いをすることも当然あります。ですからディーラーとの良好な関係を持つためにも、値引きの目標額を達成できたら、無理難題を言わずにwin-winの関係をお互い取れるようにしておきましょう。

車ディーラー業者がどれくらい利益が取れるか知っておこう

ディーラー業者でホンダフィットをの値引き交渉をする時に「新車の購入でディーラーはどれくらいの利益が入るのか」を知っておくことが大切になります。

なぜだかわかりますか。それを知ることによって、ホンダフィットの最大の値引き額を算出することができるからです。

だいたい世間一般で言われているディーラーの利益額は、ざっくりと車両価格の約10%となります。

500万の車なら約50万がディーラーの懐に入るわけです。しかしここで一つおかしなことが出てきます。ディーラーに約10%の利益。そして新車の値引きの限界相場が約10%で同じ割合になってしまうんです。

そうなると、ディーラー側の利益って、、、、なくなってまうわ。

ということですが、そうなったら日本にいるディーラーさんは、ボランティアの無償の愛の慈善活動となってしまいます。もちろん、ディーラーさんにも生活があるわけですから、どこかで利益を出しています。実は、それは車本体「以外」で利益を出しているのです。

源十郎
よっしゃ、50万も値引きさせたぞ。俺って値引きの天才か。
さくら(妻)
パパ、すごい。あたらしい車で家族旅行にいけるじゃない!
営業マン
フィットのご購入ありがとうございます。このフィットにつける自動車保険ですが、今でしたらお安くできますよ。
営業マン
メンテナンスパックはどうされますか?定期的に点検された方が安心ですよ。
営業マン
ガラスコーティングは新車ならおすすめししております。
源十郎
(そうだな。50万も値引きしてくれたしな。)はい。それじゃあ、全部お願いしまーす!!
営業マン
誠にありがとうございます。(っしゃ!これで今日は家族で宴だ。)

車を購入する時に、ディーラーさんとこういうやり取りをしたことありませんか。ここにディーラー側の利益の秘密が隠されているんですね。

そしてもう一つ、ディーラー側に隠された利益の秘密があるんです。知りたいですか。いや、知っておきましょう。

こういうことは、ディーラー側に立ってみないと絶対にわからないことなのですが、ディーラーで働く友人に聞いた話によると、メーカーからの販売奨励金というもう一つの収入源があることがわかりました。

新車を何台売れば臨時ボーナス発生って仕組みがあるそうなんです。その金額は、会社によって様々です。一台単位や、ある一定期間で何台といったりして、年間になると数億に達する凄腕ディーラーもいるとか。(ディーラーの友人談)。

ですので、車両本体の値引きで利益を取らずとも、この奨励金があれば十分に利益が出てしまうという仕組みなんです。

購入者も新車を値引きしてもらえてしあわせ。営業マンも隠された収入源でホクホク。こうして新車販売でディーラー側は利益を得ているのです。

購入希望車の値引き額の相場と口コミを「価格コム」で調べる方法

それでは早速本題に戻って、最初にホンダフィットの値引き額の平均金額を調べてみましょう。調べ方はとっても簡単。私の一番のおすすめは、総合口コミサイトで実際どれくらい値引きしてもらったのかという口コミを見てその金額を知ることです。

有名なところでは、価格.com教えてgooヤフー知恵袋などがあります。ここでは一番メジャーと思われる、価格コムのサイトを使ってその相場を調べてみましょう。

価格コムではホンダフィットの値引き額相場が簡単にわかります。

まずは

価格コム ホンダフィット 値引き

で検索します。そうすると一発でフィット値引き額相場がわかってしまいます。

 

試しに私の所有車はセレナなので、セレナで調べてみます。

価格コム セレナ 値引き

で検索します。

 

 

すると1ページ目に価格コムのサイトが出てくるのでそれをクリックします。

 

 

クリックするとこんなに画面が出てきて、セレナの購入希望者の相場の口コミを見ることができます。

※ 注意:価格コムのサイトから希望者の値引き額ページに辿り着くには少しわかりにくい箇所にページがあるので注意してください!

 

スポンサードリンク

ホンダフィットを実際に値引きした人たちの口コミ体験談

では、実際にホンダフィットを購入した人たちは、一体いくらぐらい値引きしてもらって、そのために何をしたのか、どういったシュチュエーションだったのかを確認してみましょう。参考になる意見がたくさんあるはずです。

【値引き額合計30万円】三月の決算期で値下げ率アップ

●グレード:13G Fパッケージ コンフォートエディション

●新車価格:145万円

●本体値引き額:10万円

●オプション値引き額:20万円

●購入時期:2016年3月

●購入地域:兵庫県

【価格】11月に一度見積もりをしたが、3月の決算期ということで値引き率があがった。

引用:価格ドットコム

車種やディーラーによっても金額は変わりますが、この購入者の話では、決算期である3月の見積もりは値引き率が上がるということがわかります。

新車購入は、決して安い買い物ではありません。数パーセントの割引で数万円変わってしまいますから、新車購入を急いでいなければ、こういった時期を狙っていくのも一つの必勝法になるでしょう。

【値引き額合計30万円】ホンダ車ということで値引きは渋い

●グレード:SHUTTLE (シャトル) ハイブリッド 2015年モデル

●新車価格:219万円

●本体値引き額:30万円

●オプション値引き額:0万円

●購入時期:2017年9月

●購入地域:東京都

【価格】

走行性能、使い勝手、車内やラゲッジルームの広さ等、総合的に考えて、この価格設定は大変格安だと思います。この価格でこのクラスの車が買えたので充分満足しています。
 ただ、もともとの価格設定が安くなっていることと、ホンダ車ということで、値引きは渋いです。今回の購入価格を引き出すのも苦労しました。

引用:価格ドットコム

この購入者の方は、車両本体価格だけで、30万円の値引きを獲得されていますね。平均的にみてもフィットで30万円の値引きは悪くないように思えますが、値引きは渋いとおっしゃってますね。

2015年モデルで価格設定がもともと低いというところがポイントかもしれません。つまり、新車でも最新モデルを購入するのではなく、少し型落ちを狙うとそれだけ安く購入できるということです。

この方の30万円値引きさせた苦労話が気になるところです。

【値引き額合計15万円】オプションをもっと付ければ、値引きも上乗せしてくれるかも

●グレード:FIT (フィット) ハイブリッド 2013年モデル

●新車価格:207万円

●本体値引き額:5万円

●オプション値引き額:10万円

●購入時期:2018年5月

●購入地域:兵庫県

【価格】
この装備(安全装備も含め)なら妥当かと思いいます。ちょっと高いかもしれませんね。値引きもあまりしてくれない感じです。ナビを含めたオプションをたくさんつければ値引きも上乗せしてくれるかもしれませんが…

引用:価格ドットコム

この購入者の方は、本体とオプションを合わせて、15万円という値引きでしたが、オプションをもっと付ければ、値下げ幅が上がるのではないかという感想を残しています。

おそらく、オプションを付ければ付けるほど、その何パーセントかはディーラー側の利益として入っていくのでしょう。本当に必要なオプションであれば、購入時にお願いすれば、その分、割引きが多くなるので考慮した方がいいと思います。

このような口コミを何件か見ていくことによって、新車の買い替え時期や、交渉方法などが、大まかに理解できると思います。そういったものを参考にするだけで、値下げの最大幅が大きく変わってきますので、油断なりませんよ。

 

ホンダフィットを限界まで最大値引きするテクニック12選

新車の値引き幅の相場は約10%とということがわかりましたが、それでもこちらから値段交渉しなければ、この数字には近づけません。ディーラー側からわざわざ最大の値引き額を提示してきませんからね。ディーラーだってできる限り、高い値段で契約したいですから。

でも、ディーラーとの交渉は、面倒くさい、気がひけるなんて思いありませんか。私は車の購入に限らず、ついつい向こうの言い値で買ってしまうことが多いんです。でも、額が額ですから、ディーラーとの交渉は必須です。

そこで、「交渉とか面倒だしやり方わからない」って人のために私のような人間でもできた簡単な交渉術をお伝えします。

これを知って交渉するのか、知らないで交渉するのかでは、家族旅行が近場の温泉旅行から海外旅行へグレードアップするぐらいの違いがありますよ。

源十郎
さあ、新車購入の値引き交渉術を使って最大値引きを勝ち取るぞ!
さくら(妻)
パパ、成功したらみんなでハワイ旅行ね!

テクニック1:今乗っている車は、下取りに出すのではなく、買取業者に持っていく

新車を購入する際に、その値引きの最大幅は約10%と決まっています。ですので、大きくお金を残すためには、新車購入時の交渉でその最大額を勝ち取った上で、「今乗っている自分の車をなるべく高く売る」ことがポイントとなります。

これは、ディーラーの友人に聞いた話ですが、新車買い替え時の車の下取り金額は、相場よりもーーーーーーーっちゃ低い金額で下設定されてしまいます。

ディーラーは、どうしてそんなに安く下取り金額を設定するのかというと、下取りした車を売ることによって、儲けているわけではないからです。

車ディーラーの営業マンの成績あくまでも「自分が新車を何台売ったか」で決まるのであり、「下取りした車を高く売る」ことでは自分の営業成績に何も反映されないからです。

営業成績に何の反映もされない下取りの車は、ディーラー側にとってあくまでも「サービス」の一つでしかないのです。

では、今乗っている車をなるべく高く買い取ってもらうためにはどうすればいいのか。

そうです。見出しに書いてありますね。その方法が、車を買取業者に持っていくという方法です。買取業者は、ディーラーのようにあまりにも低い値段で車の買取額を設定すると、じゃあ下取りで出せばいいや、となってしまって、売るための車が集まらないんです。

なので車買取の値段は、ディーラーよりも高く設定しています。買取業者は「なるべく車を安く買って高く売る」ことで利益を得ていますので、ディーラーの下取りとはわけが違うのです。

そういった理由で、買取業者の車の買取額とディーラーの下取り額には、大きな差が生まれ、自分の今の車が高く売れるんです。

具体的に、下の表で見てください。

あくまでも一般論ですが、平均的にしてだいたい30万円くらいの差がでるそうです。

もちろん、車種や車のコンディション状態で、その差は10万円であったり、40万円になることもあります。

私の体験談を言わせていただくと、私は以前乗っていたトヨタのラッシュを買取業者で売って、新車のセレナに乗り換えました。

車ディーラーで下取りに出そうとすると、その金額が30万円と言われて「ネットで調べた相場と全然違う?」と思って、試しに買取業者に買取額の見積もりを出してもらいました。

わざわざ買取業者まで足を運ぶのは面倒と思っていたら、さすが今やネット社会です。自宅にいても買取額の見積もりが簡単に出るんです。

その時に無料買取査定を使ったんです。

 

その結果、何と88万円の買取額の見積もりをゲット。w

私の無知のせいで60万円近くも大損するところだったのは、下取りと買取の違いをよく理解していなかったからです。

「車ディーラーの下取り金額でも、車の中古屋さんに買い取ってもらう金額も、同じ車だしだいたい似たような金額がつくでしょう」と考えていたことが私の甘い考えでした。正しい情報を知らないということは、本当に怖いですね。けれどもディーラーに下取りに出してしまう前に知って助かりました。

ですのでちゃんと事前に買取業者に連絡して、さらにネットに出ていた買取金額よりも高い金額で買い取ってもらうことができたのは、本当によかったです。これを知らずに、ディーラーに車を出して、大損していたことが妻に、もしバレていたらと思うと、冷や汗タラタラです。

今乗っている車は、販売店へ下取りを出すのではなく、買取業者に買い取ってもらおう。必ず覚えておいてくださいね。

源十郎
事前にネットで調べておいて、よかったぁ。これだけでもかなりお得だね。(もし知らずに大損してたらと思うと、よ、よかったぁ。)
さくら(妻)
パパ!これだけでも全然違うね。買取業者に出すのは鉄板だね!

 

テクニック2:オプションで値引きされる金額は、あくまでも車両本体とは別と考えよう

新車購入時のオプションには、大きく分けて2つあります。一つはメーカーオプションともう一つがディーラーオプションです

●メーカーオプション:最初から出荷時に車両についているオプション。よって、車完成後の後付けはできないオプションです。

●ディーラーオプション:購入時にディーラーがつけてくれるオプション。ナビやガラスコーティングなどのサービスで、購入後でも、いつでも取り付けすることができます。

オプションで値引きしてくれるのは、この二つ目のディーラーオプションからです。車両本体価格の値引き交渉が終わったら、次はこのオプション値引きでの値引き延長戦に突入です。

では、このオプションの値引き交渉に入る段階は、どういった段階になったら入ればいいのでしょうか。それは、車両本体価格の値引きがもう限界だなと感じたら、もしくは、自分が設定した目標額になった段階で始めましょう。

その時の鉄板キーワードが「せっかくの新車なんで何かオプション付けたいんですけど、オプション値引きしてもらうことは可能ですか?」と聞いて交渉に入りましょう。

この時に、車両本体の値引き額はで最大の値引き幅を勝ち取っているのであれば、オプション値引きで強引に値引き交渉するのは得策ではありません。あくまで車両本体の値下げがうまくいかなかった場合の延長戦です。

通常のオプション値引きの交渉術として、ぜひ参考にしていただきたい方法が、オプション交渉時に、自分がつけたいオプションを全部をディーラーに伝えるのではなく、一番安いオプションの1つを取っておくんです。

そしてオプション取り付けの交渉が終わるなっという時に「今日は、ありがとうございました。おかげさまでとてもいい買い物ができました。あと、おまけでこのオプションを付けてくれると大満足なんですが、無理ですかねぇ。」と笑顔でディーラーに伝えてみましょう。

この時に大切なのは、あくまでも一番安いオプションを提示してあげることです。

安いオプションといっても、じゃあ具体的にいくらぐらいなんだよ、となりますがあくまでもディーラーさんの気持ちですから、ここで欲を出して5万くらいのオプション付けてもらったりすると、今まで積み上げてきたディーラーさんとの信頼を壊しことにもなりかねません。

じゃあ、わかりました、といってもらえるオプションにしておきましょうね。 

テクニック3:ディーラーの紹介で入る自動車保険は大体相場より高いことを知っておこう

新車の購入時に、ついついディーラーに言われるままに自動車保険に加入してはいませんか。そういう人は、損をしているかもしれませんよ。

この新車購入時に入ってしまう自動車保険は、相場より割高に設定されていることが多いんです。ですから、少し自分で調べて、自分に必要な自動車保険を選ぶだけで、保険料をやすくすることができます。

多少の差であっても毎月毎月のことです。トータルでみると大きな違いがでます。

ここで大事なことは、車両本体にかかる費用だけに注目するのではなく、その付随費用もちゃんと安くしていきましょう、ということです。

今は、昔と違って、ネットでの保険が安くて、さらに便利だと思います。簡単入力で終わりますし、保険の営業マンにあれもこれもと余計なオプションをつけなくていいので気も楽です。私は、ついついいらないオプションも、そんなに言うなら必要かも、って加入してしまうんですよ。

私の友人なんかも今や、ほとんどがネットで自動車保険に加入してるんじゃないでしょうか。そうじゃない人を今まで聞いたことがないですね。

自動車保険をネットで入るメリットをお伝えしましたが、マイナス面はないのかと言うと、もちろんあります。

それは、対面で保険に加入した場合よりも事故対応力が低いと言うことです。けれども最近では、CMとかでもよく放送されていますが、そういった面もだいぶ改善されていて、御客満足度が高いネットの自動車保険が増えてきています。

もちろん私もネットで自動車保険に加入していますよ。

今から思うと、前回の車セレナを買った時には、自分は本当に無知でしたね。何も知りませんでした。ディーラーさんの言われるままにポンと自動車保険に加入してしまいましたよ。楽を選んで損を取る。ちゃんと情報をここで身につけてくださいね。車買い替えについての無知だった頃の私のようにならないように。

そういったことで、今回はちゃんと調べました。自動車保険についての情報もバッチリ仕入れました。といってもネットですぐできますけどね。そんなに難しいことではないんですよ、実は。それで見つけたネットで加入する自動車保険は、セレナの時に入った自動車保険よりも笑っちゃうくらい安かったんです。

どれぐらい安くなったかと言うと、実際約5万ほど安くなりました。セレナ時代は1年間で10万ほどの支払いをしていたので、通算にしてかかった保険料を考えてしまうと逆に笑えませんね。

今はもちろんネットで加入した自動車保険で、間5万以下の保険料で済んでいます。いや、毎年ですからね。ちゃんと考えないといけませんね。

でも、実際に今回の新車買い替えの時にも、ディーラーさんに自動車保険を結構勧められましたよ。もう、ここでお願いしちゃおっかな、て心をグラグラさせる話術でしたがなんとかこらえて、ネットの自動車保険に加入しました。

以前のセレナの時は、有名な自動車保険に入っていましたが、そこからネットの自動車保険に乗り換えたわけですが、いいことばかりでなんの不都合も今の所、感じておりません。

けれども、ネットの自動車保険が安くて便利なのはわかったけれども、そのネット保険自体の会社がメチャメチャあって選びきれないよって声が聞こえてきましたね。お任せください。この源十郎が、自分にあったネット保険会社を見つけられるように、ネットの自動車保険ランキングを作ってみました。

一番素敵なネット自動車保険を徹底調査した結果

こちらを見ていただいて、自分にあったネットの自動車保険を見つけていただけたら、私も嬉しいです。

テクニック4:ついつい代行に頼んでしまう車庫証明は自分で取ろう

新車を買う時に、必ずしなくてはならない事務手続きの一つに「車庫証明」を取るというものがあります。簡単に言うと車の住民票です。これがないと車を持つことはできません。

この必ず取らなければならない車庫証明という証明書は、車を置く場所を管轄とする警察署に行ってもらわなければなりません。警察署に行って、色々な作業があって、素人には難しい手続きだろうな、となんとなくイメージしていませんか。

実は、この車庫証明を取る手続き方法は、代行費用と比べてみると、目玉が飛び出ちゃうくらい簡単な作業しかありません。

  • 新車買う
  • ディーラーに必要書類もらう
  • その書類を警察署に出す
  • 後日、警察署へ車庫証明をもらいに行く

だけです。この何も頭を使わない、小学生でも代行できるんじゃなかろうかという代行費用に今までいくら払ってきたと思いますか。セレナ購入時の無知な私は、そのまま何も考えず車庫証明の代行作業をディーラーさんにお願いしていました。その額なんと16000円です。

 

 

 

こんなことで16000円近くも浮くだなんて、びっくりです。これだけあれば、ちょっとした温泉旅行、はたまたちょっとリッチに家族で外食ってこともできたのに。

いや、むしろ車庫証明代行員という仕事があるのならば、私がやりたい。最初から自分でできると知っていれば、こんなこともありませんでしたね。無知はもはや罪です。

それを知ってからというもの、このことを自分で実践し、そして友人たちにもこのことを触れ回っています。けれどもこの事実を知らない人は多いんです。自分で車庫証明を取れば、手続きにかかる印紙代の数千円だけでおさまります。

難点としては、この車庫証明の窓口は、平日の昼間しかやっていないことです。でもこれを自分でやるのか、代行に頼むのかでは、節約できる額がでかいです。

1日くらい、有給取ってもバチは当たりませんよ。どうしても無理ならこの源十郎があなたの代行をいたしますよwwもちろん車庫証明代行員としてww。

その車庫証明についての大まかな流れが口コミであったので以下を参考にしてください。

これから新車を購入する方の参考になれば、と思い書きます。

販売店の見積もりに、「車庫証明取得代行」という費用で、16000円ほどが計上されてました。調べてみたら、自分で申請すれば2600円ですむことが分かり、本日、自分でやってみました。

販売店で「車体番号」が判明したら、それを申請書に書いて、警察署に届けます。
2600円はそのとき納めますが、現金ではなく「県収入証紙」を銀行で手にいれて貼りつけます。(警察署でも印紙は売っています。)
また、警察署の受け付けが平日の日中のみなので、平日が仕事なら一時抜けるか、休みをとる必要があります。(混み具合にもよりますが、そんなに時間はかかりません。僕は昼休み時間でやりました)

警察署で教えてもらいながら書くような項目もありましたが、大したことはありません。

こちらの警察署では、申請後4日程度で証明書が出来あがる、とのこと。
証明書ができたら警察署に取りに行って、それを販売店に渡す。あとは、販売店が登録手続きをする、という流れです。

これで約14000円が浮いて、それで何かオプションが買えると思ったら、嬉しくなりました。

引用:価格.com

※最近ではOSSというネットで支払う方法もあるそうです。書類での車庫証明をしていないディーラーもあるので、書類型に切り替えてもらった自己申請できるか聞いてみるといいと思います。

テクニック5:支払いにはローン払いを活用しよう

新車購入の費用は、現金ではなくローン払いに設定すると何がいいのかというと、そのローンの金利手数料がディーラー側に入るんです。ですから一見すると現金一括払いの方が嬉しいのかなと、思いきやディーラー側はローン払いの方がいいんです。

もし、現金一括払いで新車を買い換えようとしているのであれば、ちょっと待ってください。数百万も一括で現金で払えるわけがないだろうという方も当然多いと思います。初めからローン払いで行くつもりだよって方もちょっと待ってください。

実は、この支払い方法のちょっとしたやり取りで、更なる値引きを引き出せるかもしれないのです。

そのやり方は、実は新車の現金一括購入は、厳しいんですけど、ちょっと無理して現金で払いますというムードを醸し出すことですことです。このムードがディーラーさんに伝われば更なる値引き交渉のチャンスです。

新車購入のローン払いの金利手数料は、ディーラー側に入ります。現金一括払いの場合では、その購入金額でしか入りませんからね。ですから、そこで、ディーラーさんからローン払いの話が出てきたら、言いましょう。必殺の鉄板ワードを。

「ローン払いにするんで、もう少し値引きしてもらえませんか。」これできっと少し安くしてくれるかもしれません。

源十郎
ディーラーの友人から聞いたんだけど、実はこの「金利が一番儲かる」という事実があるんだってさ
営業マン
新車をローンで払いしてくれると、実は実入りがいいんですよね。周りには内緒でお願いしますよ!

テクニック6:決算月を狙って購入しよう。狙い目は1月2月3月

車ディーラーの決算月は3月と9月です。

この二つの月のうちでも、特に一番のオススメなのは3月決算なんです。この時期の売り上げ台数で、メーカーから受け取れる販売奨励金の総額が変わってくるので、ディーラー側も必死なんです。

なので、この必死な流れに乗って、新車を購入するというのが割引率を一番高くしてゲットする時期なのです。多少、車両本体の利益幅が少なくなろうとも、この決算月の売った台数で、メーカーからの販売奨励金が決まります。ですから多く車を売って、その分奨励金を多くもらった方がディーラー側としても嬉しいんです。

もし、車の購入を急いでないのであれば、年が明けて、1月、2月に販売所に行って、ディーラーとの交渉を始めて、3月中に契約するというのが値引きを最大限に引き出せる時期となります。

テクニック7:超必殺鉄板ワード「この価格なら今日契約します」を最後に言おう

新車購入時に、自分の設定した目標金額に到達した時の最後のキラーワードになります。

この一言で、もうひと押しの値下げを、気持ちよくディーラーさんから引き出すことができるかもしれません。だってディーラーさんも確実に契約を取りたいですからね。違う営業所に行かれて心変わりをされてしまってはたまったものではありませんからね。具体的にオススメなのが、

  • 端数をカットしてもらう
  • ガソリンを満タンにしてもらう

といったジャブ的なものです。

これならば金額も大したことはありませんし、こちら側としても言いやすいですしね。無知だった私でもセレナを契約する時にこの超必殺技鉄板ワードを最後の最後に繰り出して、「端数をカットしてくれませんか?それで決めたいと思います。」と言ってみました。

すると大成功。もう契約ができたとディーラー側は思っているし、こんな金額のサービスで購入を決めてくれるんならとほぼほぼの確率で成功します。

このことについて、ディーラーの友人にも確認したのですが、これを最後に言われたら受け入れざるを得ないと言っていました。ここで大切なポイントは、僅少な金額で済ますということです。

最後の最後の鉄板キーワードの後に5万割り引いてくれたら決めるよとか、間違っても言ってはダメですよ。そんなちゃぶ台ひっくり返し発言で今までの交渉が全てパーになりかねません。

ディーラーさんだって、同じ人間です。自分の人柄を見込んで利益を削ってギリギリの価格を提示してくれたのに、最後にそんなことを言われたら、なんとがめつい奴と思われてしまいます。あくまでもwin-winで契約が終われるよう節度ある最後のお願いをすることが大切です。

端数値引きくらいを渋っているディーラーにはこの一言で勝負をつけましょう。

「この価格なら今日契約します」ゴゴゴゴォ

テクニック8:ディーラーさんとは長いお付き合いになることをアピールしておこう

今まで、いくつかのテクニックを紹介してきましたが、今回のテクニックは、これで数万円浮いたといった話ではありません。けれども、これからその車を乗っていく上で、いろんな意味で得することができるといったテクニックです。

そのテクニックとは、次に新車を買い換える時も、ぜひこの販売店で買いたい。車のトラブルや不安があったらすぐに相談したい。なぜならあなたは、とても頼りになる優れた営業マンだから、という雰囲気を話の端々に伝えましょう。

自分はこのメーカーの今回の対応は、とても気に入った。今後の車の購入もこの販売店からしか買わない。そんな気持ちを伝える。そしてそのことが販売店側に伝われば、嫌な気はしません。

そして、お金に換算できない、今できるもてなしを受けることができるかもしれません。長い付き合いができるディーラーを持つことは、自分にとっても利益になります。

テクニック9:他社の車の見積もり持っていって競合してもらう

これは車に限らず、大きな金額の商品を買う時は、必ずやることです。

まずは自分が欲しい車のライバル社の見積もりを出してもらって、一番最後に本命の車の販売店へ向かいます。

私の場合は、ノア、ボクシー、ステップワゴン、セレナ全部の見積もりを取りに行きました。

そしてセレナを購入しようと思っていたので、セレナを最後にして交渉しました。

他社の車の見積もりが多ければ多いほどいいのかということですが、それは多い方が比較がたくさんできるのでいいとは思いますが、その分違う店に行く労力も時間もかかります。ライバルの車も大きく値段が変わるわけではないので、2社くらいあればいいと思います。

なぜならそこまで期待するほど、値下げ幅は大きくならなかったからです。対象の車は、同じ商品ではないので値下げ基準も変わってきてしまうからです。

それでも他社の車の見積もりを取る理由は、本命の車のお店には他のライバル社の見積もりを商談のはじめに見せることによって時間短縮になるからです。見積もり先に見せた方が本命の車のディーラー側もこの人は何のオプションが欲しくて、総額はどれくらいで購入したいのかということが一発で伝わるからです。

見積もりは下取り「あり」と「なし」の2つもらうおう

他社の車から見積もりをもらう時は今乗っている車の下取り額のありとなしの2つをもらいましょう。これで下取り額がわかりますがびっくりするくらい安いということが身にしみてわかるはずです。

おっ結構いい金額で下取り出してくれてるぞっと思っても一度は無料の買取査定をすることをおすすめします。なぜならば、車の買取金額が下取り金額よりも低くなるということは、ほとんどありえないからです。もしそうであれば、買取業者の存在意味はもはやありません。みんな下取りに出してしまいますからね。

こういった需要と供給のバランスが何でもうまくいっていないと社会は、うまく回りません。車もしかりです。

自分の買いたい車を他のディーラー店舗(経営者が別の会社)に持っていって競合させよう

今回は欲しい車と同じ車種で比較するということです。ここでのポイントは経営元が違う会社に持っていくという点です。同じ経営元に持っていっても値段は変わりませんからね。

販売元が違うディーラーの調べ方は、ネットで調べれば簡単に知ることができます。その会社の代表者を調べて違ければ、違う経営者ということで競合して、より低い金額を引き出せるかもしれません。

先ほどの他社のライバル車の見積もりと違って、全く同じ車になるわけですから、金額はもちろんのこと、オプションのサービスも期待できます。

テクニック10:現行モデル末期を狙おう

自分の欲しい車が、ちょうど新モデルの販売するちょっと前であれば、あなたは、かなりラッキーです。私がセレナを購入しようとしていた時期が、ちょうど新モデルの発表の後だったので、ある程度の金額は、すぐに値引いてくれました。

もし、購入時期が新型モデルの発表がある時期かもっと思ったら少し待ってみるといいでしょう。これはテクニックというかタイミングの話ですね。

テクニック11:古い車であっても、買取業者に出しておこう

古すぎる車の下取り価格は、ほとんどタダみたいな値段しかつけられません。目安としては、新車購入から10年を経っていたり、走行距離が10万キロだとほぼほぼ駄菓子代くらいにしかなりません。

昔の記憶で自分の父親が、車の買い替えでステップワゴンを売ったのですがそれが何と1万円。1万円といったら一泊旅行にも行けませんよね。何百万した車が、ただの鉄のかたまりに変わってしまった瞬間ですね。

父親もきっと買取業者に車を持って行くという情報を持っていなかったのでしょう。無知のためにいろいろと損をしていましたね。

あの時もし父親が、車を買取業者に持って行けば間違いなく数十万円になっていたと思います。そうすれば、みんなで家族旅行も行けたのになぁと10年以上前のことを今更悔しく思っています。

本当に使い物にならない廃車や、はたまた事故車でも買取業者に持って行こう

このような車は、下取りに出しても、全く意味がありません。であれば、少しでも値段がつく可能性がある買取業者に持っていた方がいいのです。自分にとっては本当に鉄の塊にしか見えない車であっても、その一部分の部品やもしくは、海外へ輸出してお金にするなど別の人にとっては宝物だったりすることはよくあることです。

廃車寸前や事故車でまともに走らなくても、ある人にとっては必要なものなんです。ですからダメもとといってはなんですが、そういった車を専門とする買取業社もあるそうですから行ってみて損はないと思います。

特に車を自分で廃車にすると、その費用だけで1万円から2万円ぐらいを逆に支払うことになります。あなたの乗っていた車は、ただの鉄の塊なのかそれとも価値あるものなのかを、その専門業者に持って行ってから判断しても遅くはないと思います。

自分で廃車にする前に、無料で査定してくれる廃車・事故車の専門買取業社に一度連絡してみてください。それから廃車にするかどうか決めても遅くはありません。ダメもとで行ってみてください。きっといいことがありますよ。

テクニック12:友人からのディーラー紹介をしてもらおう

友達の友達は皆友達作戦です。これが意外と効果があるんです。妻の学生時代からの友人が私の欲しいセレナを買ったということを耳にしました。なので一度感想を聞きに家族でその友人宅へ遊びに行ったら、私がネットで調べた価格よりも、さらに上をいく、いや下をいく値段で購入していたんです。

その交渉術をぜひ学びたく、その友人に聞いたところ、それはただ一つ。ディーラーの友人から買ったという方法でした。ガーン。そんな簡単な値引きのテクがあったとは、盲点です。早速、その友人にお願いして、その友人のディーラーさんを紹介してもらいました。

その友人の名前を出して、その友人のディーラーから買えば、友人の購入したセレナと同じ値段で買えるはず、しかも今までやってきたテクニックの根底を覆すテクニック、とちょっと混乱してきましたが、要は安く買えるはずということです。

案の定、グレードやオプションは若干違いますが、だいたい似たような金額で納まりがつき、結構いい値段で購入させてくれました。

友人に適用した金額が最大値引き額なので、無駄な時間を費やすことなくその値段までいって購入できるので、この方法はとてもいいんじゃないでしょうか。もしディーラーの知人を持つ友人がいれば当たってみるのも悪くはないでしょう。

源十郎
ちなみに源十郎の友人のディーラーは外車担当だったので頼めなかったよ。グスン。

スポンサードリンク

何度も値引き交渉するのが無理。時間のない子育て世代に優しい交渉術のコツ4つ

私が行ってきた色々なテクニックをここまで紹介させていただきましたが、これらの交渉はやはり時間がかかりますよね。

何件も回るのは手間だし、子供がいたらめちゃくちゃしんどいです。私も体験済みですw。こどもはキッズルームがあっても1時間も2時間も持ちません。泣いて終わりです。

そんな交渉が面倒臭い方や子供がいる方、時間がない方でもできる「限界値をすぐに出してもらう交渉術」をまとめました。

コツ1め:グレードやオプションはあらかじめ家で決めておこう

最初からグレード、オプションは家で決めておきましょう。販売店で見て決めるとそれだけ手間暇ががかかります。

今の時代、ネットで検索すればなんでも情報は入手できます。がっちり決めなくてもいいんです。なんとなくこんなグレードがいいなぁくらい決めておくだけでもだいぶ違います。実際に販売店に出向いた後にスムーズにディーラーさんと商談に入れますよ。

コツ2め:値引き限界額を知って、自分の目標値引額を決めておこう

実際に販売店に行った後でディーラーさんにどんなに粘っても値引き限界値があります。ですので無駄な努力と時間を使うことなく、その限界額をあらかじめ知り、目標額を先に決めておきましょう。

その自分の決めた目標額に達すればそれ以上の駆け引きはやめましょう。ガメツイ印象ををディーラー側に与えても何もいいことはありません。アフターサービスでも良い対応を望めなくなる恐れもあります。やめておきましょう。

最初の交渉の入り方が肝心です。「ネットで調べたら、このグレードだとこれくらい値引いてくれてる口コミを見たんですけど、実際どれくらい値引いてくれるんですか。」と直球ストレート勝負の方が、向こうも悪い気はしないでしょう。

あくまでもネットの値引き率は一つの目安にすぎません。季節やグレードによってもその値段は大きく変わります。無駄な交渉術を使わず、ここは単刀直入で行きましょう。

コツ3め:2店舗目でもすぐに「他社のライバル車の見積もり」を見せよう

最悪1社でも構いませんが、ライバル他社の車の見積もりを取っておきましょう。それも面倒ならネットの口コミの値引きページでも勝負できると思います。最初から比較できる資料をディーラーに見せることによって、自分の設定する目標金額に近づく時間を最大限短縮できます。

なんの知識も資料もない状態では、そもそもゴールである最大限の値引き額がわかりません。ゴールの場所がわからなければ当然ですが、最大値引き額を引き出すのは難しくなります。

私がオススメするのは、あらかじめ電話でアポを取っておいて、1日で2営業所を訪問するということです。こうすれば営業所で無駄に待つことはないですし、次のアポがあるので、一つめの交渉を打ち切るのも楽です。

そして契約日に営業所に行けばいい、ということで2日割けば契約までこじつけるのでとても効率がいいと思います。

いくら営業所を回っても、他社のデメリットと自社のメリットしか言わないので時間をいくら費やしても値引きという最大の目的には到達できません。今言ったように、最初に本命のディーラーとそのライバル他社のディーラーのアポを取る。そしてライバル車の見積もりを出してもらい、その返す刀で、本命車のディーラーに乗り込んで、すぐにライバル車の見積もりを見せましょう。

「こっちの車とこの車で選んでいます。こちらの条件が良ければこちらで決めたいと思っています。」

そして本命から見積もりを出してもらったら、その日は帰りましょう。時間短縮のためにも1回で決めてしまいたいところですが、最大値引き額をすぐに出してくれるとは限りません。ですので初日の訪問は、下見感覚で。2回目の訪問が本番の商談になります。この2回目で多くの人が値引き最高額を引き出しています。

どんなに好条件を出されても、1日目の金額は最大値引き額ではありません。どんな用事でも構いません。ある程度時間が経ったら、家族から携帯に連絡を取るようにお願いしておくとその場を外しやすいかもしれません。参考にしてみてください。

しかし、自分の設定した目標金額に達しているのであれば、また営業所にくるのも時間の無駄になりますから、そのまま決めてしまうのもありかもしれません。

コツ4め:絶対に販売店で下取りを出してはダメ。車を売る時は買取業者で競合させよう

下取りに出すと、自分の愛車は、駄菓子屋さんの商品と同じくらいの評価額になります。私の父親はステップワゴンの評価が1万円でした。最初から車を買取り業者に出しておけば、数十万になったはずなのに本当にもったいないことをしました。

私自身もトヨタのラッシュを下取りに出したら30万円の評価でした。ネットなどで買取業社の数社で競合してもらったら約90万で買取ってくれました。何社も電話したり、営業所に出向くのは面倒くさかったので、ネットの一括見積もりで業者間で競わせました。

買取してもらうだけで、下取り金額との差額が生まれますし、なるべく高く買い取ってもらえれば、それだけ自分の目標設定金額に届かなかったとしてもそこで穴埋めができます。ですので、乗っていた車を高く買ってもらうということも、新車を値引きして買うのと同じくらい重要視して取り組みましょう。

もし「ネットで一括見積もり頼んだら、めちゃめちゃ電話かかってくるんでしょ。」って思っている人いますか。そうなんです。本当にめちゃめちゃ電話がかかってきます。けれどもこれが愛車の買取金額を上げるための試練です。耐えましょう。

そうは言ってもそこまで執拗に営業はかけてきません。電話がかかってきても「もう他で決めちゃいました。」と言えばそれ以降電話がかかってくることはありません。

私の友人で一昔の私のように車に無知な友人がいます。その友人から「車の買い換えをしようと思うんだけど。」と相談を持ちかけられました。

その時には、一番簡単で手っ取り早くて効果の高い、今乗ってる車は、下取りに出さないで、買取業社に持ってけ、っとアドバイスしておきました。結果的には5万ほど高く売れたようで友人からの感謝の電話がきてとても嬉しかったですね。

車の知識があまりなくて、どんな風に新車を買い換えたらいいかわからないというような人のために、その時の電話のやりとりなんかをレポートにしてわかりやすくまとめてみました。自分で言うのもなんですが、これがけっこうためになる。ぜひ読んでくださいまし。→【体験談】車の買取査定で実際に売却!相場額を必ず超える方法

たとえ愛車のためでも営業の電話地獄に沈みたくはないという方は、こちらがおすすめです。かなりの有名な会社となります。いろんな会社からの電話はまったくありませ。、たった1社からの電話1本だけで終了です。

このカラクリは一体なにかというと、この会社がまとめて他の業者との競合をまとめてくれるというありがたい会社なんです。複数の電話対応が面倒な人、何社にも査定のために自分の時間を使うのが嫌な人ならこちらにすると時間短縮でいいと思いますよ。

車を安く買う為に「値引き額」以上に大切なこと

自分の欲しい車を最大値引き額で買うために、今までいろいろとポイントがありましたが、車の購入時の支払額を抑えることだけに集中すると、大切なことを見失ってしまいます。本当に大切なことは、今回購入した新しい愛車をまた買い換えるその日までの費用をお金だけでなくトータルで考えていくことが重要です。

仮に今回買った愛車を買い換える時に、同じ営業マンと何年にもわたって良好な関係を続けていれば、間違いなく無駄な交渉をせずに最大の割引きもしてくれますし、お金に変えられないサービスも気持ちよく受ける事できることでしょう。

お店に遊びに行けば、必ず無料で洗車してくれますし、車内の清掃だってしてくれます。時には有料の点検をサービスしてくれることだってあるかもしれません。

やはり車を長く乗っていくためには、定期的にメンテナンスが必要ですから、営業マンと仲良くしておくといい整備士さんの紹介もしてくれます。そういう心遣いができる営業マンはだいたいトップセールスマンです。

営業マンから「あなたの車は何があっても任せてください」という熱意ある言葉を聞けば、やはりこの人から買ってよかったという思いが込み上げてくるはずです。私自身の実体験ですので間違いありません。

そういう気持ちが込み上げてくれば、もはや他店で車を買おうなんて選択肢はありません。車を買うならこの人からしかありえない。それが営業のテクニックだとしても、お互いがwin-winで取引できるのであれば、最高の買い物とは言えないでしょうか。

アフターサービスが充実しているディーラーとお付き合いをして行くことは一番大切なことだと私は思います。

車は決して安い買い物ではありませんし、その場で終わる買い物でもありません。せっかくの愛車をまた買い換えるその日まで、気持ちよく乗れるように考えて購入するのが本当は一番安く買える方法なのだと思います。車の購入は購入から買い替えまでで考えるべきなのです。

交渉テクニックを駆使して、営業マンを追い込み、嫌な思いをさせて値引きしてもらったところで、その営業マンとの関係は最初から終わりを迎えてしまっています。

やはりどのような場面においても、相手の立場に立ち、相手を思いやる気持ちを持つことが、とてもとても重要で、その気持ちは必ず自分の助けになります。

販売店の営業マンとの信頼関係をしっかり作ることで、これからのあなたのカーライフが大きく変わります。信頼できる営業マンとの付き合いは、必ずあなたの愛車のためにも、そしてあなたの生活そのものにも潤いを与えてくれるはずです。

車の値引きだけにこだわることなく「これからのこと」もしっかり頭に入っていれば、必ず素晴らしい買い物ができるはずです。

そして「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください