シャトルの燃費を徹底調査!カタログ燃費と実燃費の違いは?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

今では数少ない国産ステーションワゴンである、ホンダのシャトル。5ナンバーでありがながら広い室内空間をもち、特にラゲッジスペースの大きさと利便性に関しては、実際に使っているユーザーから非常に高い評価を得ています。

サイズに関してはユーザーから確かな信頼を得ているシャトル、では燃費に関してはどうなのでしょうか。カタログ燃費や実燃費からシャトルの燃費を徹底検証していきます。

 

スポンサードリンク

【シャトル】そもそもどんな車なの?

引用:ホンダ公式HP

 

さくら(妻)
ねぇ、そもそもシャトルってどんな車なの?ホンダの代表的な車っていったら、軽自動車ならN-BOX、コンパクトカーならフィット、SUVならヴェゼル、ミニバンならステップワゴンって思いつくんだけど…シャトルってあまり聞いたことないわ
源十郎
そうだね~今言った車と比較すると認知度は少し低くなるかなぁ。というのも、シャトルのような形の車をステーションワゴンって言って、昔はすごい人気があったんだ。でもミニバンやSUVのような車の登場もあって、徐々に取って替わられている感があるよなぁ
さくら(妻)
どうりであんまり見かけないわけだ

 

源十郎の言う通り、日本におけるステーションワゴンの人気はかなり下火となっています。ステーションワゴンは積載性がありながら、セダンのような走りもできる車として重宝されていました。しかし、ウトドアや家族持ちの世帯のニーズにも合致するSUVやミニバンの登場により、今では5ナンバーサイズだと実質シャトルかカローラフィールダーのみの販売となっています。

しかしそんな状況でもユーザーから評価も高い、ホンダのシャトルの基本情報をまとめました。

 

シャトル基本情報
  • 2015年販売開始。2019年に初のマイナーチェンジ
  • 2015年までは「フィットシャトル」として、フィットのタイプの一つだった。
  • 2017年からは全タイプに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準搭載。
  • 現在4つのタイプがある。ガソリン車である「G・Honda SENSING」、ハイブリッド車である「HYBRID ・Honda SENSING」「HYBRID X ・Honda SENSING」「HYBRID Z・Honda SENSING」。

シャトルについて知っているけど、2019年5月にどのようなマイナーチェンジが行われたか知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

マイナーチェンジで改めて感じたシャトルの魅力

 

さくら(妻)
へぇ~、もとはフィットのタイプの一つだったのね。どうりで顔が似ているわけね!
源十郎
うん。聞いた話によると、フィットは街乗りに使われていたみたいだけど、フィットシャトルはアウトドアやレジャーによく使われていたことが調査で判明したんだ。ユーザー層が異なるっていうことで、シャトルのユーザー層に合わせ、もっとアウトドアやレジャーが楽しくなる車としてシャトルという車を作ったんだ
さくら(妻)
なるほどね。アウトドアやレジャーに特化した車っていうのは素敵ね。うちも子ども3人もいるから、これからもっと出掛けたいし…。でもそうなると気になるのはやっぱり燃費ね

 

車を買うということは、人生の大きな買い物の一つでしょう。そのときに後悔しないように以下を参考にしてください↓

 

【シャトル】徹底検証!カタログ燃費と実燃費の違い!

 

源十郎
そうだね~。やっぱり燃費は車をもってからずっとついてまわる問題だし、車を選ぶうえで重要な要素だよね。燃料代以外にも税金とかもずっとついてまわるから、そういうお金はできるだけ抑えたいよね

 

燃費を全く気にせず、車を走行性能やブランドで選ぶのも一つです。しかし、抑えられるお金はできるだけ抑えたいのが一般的な心情ではないでしょうか。ここでは、ガソリン車の燃費とハイブリッド車の燃費を比較していきます。

 

シャトルのカタログ燃費

「G・Honda SENSING」「HYBRID・Honda SENSING」のカタログ燃費
  • 「G・Honda SENSING」

22.0km/L(JC08モード)

19.4km/L(WLTCモード)

  • 「HYBRID・Honda SENSING」

33.2km/L(JC08モード)

25.2km/L(WLTCモード)

 

さくら(妻)
あー。前からカタログとかで、燃費の横に「~モード」って書いてあったのには気付いてたんだけど…。お父さんこれって結局何なの?
源十郎
簡単にいうと、計測の仕方が違うんだよ。JC08モードっていうのは2013年に国土交通省が策定したものなんだ。来の測定方法よりも細かな速度設定や、エンジンを冷えた状態からスタートさせるなどより実践的な方法を取り入れたんだけど…WLTCモードは聞いたことがないなぁ

 

WLTCモード
  • 2018年10月以降に販売する車には、WLTCモードの燃費の記載が義務化
  • 国連で決められた基準となっている。
  • WLTCモードではJC08モードより更に実践的な走行を考慮している。例えば、エンジンが冷えた状態での走行時間の増加やドライバー以外にも人が乗っていたり荷物を載せたりしたとき、などの状況を取り入れて測定している。
  • 一番大きな違いは、「市街地」「郊外」「高速道路」の3つの走行場面を想定した燃費があること。WLTCモードの燃費は、この3つの走行場面の平均的な時間配分を考慮してつくられた。

 

源十郎
なるほどね。「市街地」「郊外」「高速道路」では、燃費は全然違うからね。WLTCモードはJC08モードよりも更に実践的な測定方法というわけだ。それにしてもシャトルのカタログ燃費は、ハイブリッドは飛び抜けてるし、ガソリン車も悪くないな…。実燃費の方はどうだろう

 

シャトルの実燃費

WLTCモードはより実践的な燃費の算出方法であるとはいえ、やはり実際に使っているユーザーのレビューからわかる実燃費は気になるところでしょう。

以下に「G・Honda SENSING」と「HYBRID ・Honda SENSING」のレビューをまとめました。

 

G・Honda SENSINGの燃費に関するレビュー

「街中で、20~23km/L 郊外で、28~32km/L」

「満タン法で19.0km/L(高速道路半分、街中半分) 街中だけの走行だと17~18km/L」

「札幌市内から110kmくらいの目的地まで。平均22.3kmでした。ガソリン車にしてはなかなかいいと思います。」

「ガソリン車四駆。スタッドレスで一月で1500km走って表示平均21.0km。アイドリングストップはオフでも変わらない。長距離移動、買い物、通勤に使用。比較的信号少ない地方都市。」

引用:みんカラe燃費

レビューを一通り見ると、街中でも20kmを超える燃費で走っているユーザーも少なくありません。実際に走ってみたら、実燃費がカタログ燃費に匹敵する、またはそれを超える数値を出したため、G・Honda SENSINGの燃費に対して高評価のユーザーが多いです。

 

HYBRID・Honda SENSINGの燃費に関するレビュー

「カタログ値との差は大きいが寒冷期なのでしゃあないですね。」

「現在、平均14km/ℓ。冬だからしかたが無いですね。」

「通勤が片道26kmあって、毎回多少の渋滞にはまるんですが、カタログ29.8km/L以上の燃費をキープしてます。街乗りは20km/Lを割ることも多いので平均26km/Lになるんですが、ここまで燃費がいいとは思っていませんでした。」

「平均的にみて、街内のチョコチョコ乗りで、23km/L、郊外の遠乗りで30km/Lを越える。」

「一般道・・・15KM/L 坂が多め)首都高・・・20KM/L 一般高速・・・25KM/L」

引用:みんカラ価格.com

一般的に実燃費はカタログ燃費の0.6倍といわれています。WLTCモードを基準で考えると、シャトルのハイブリッド車の実燃費は約15kmと想定されます。しかしレビューを見てみると、全体的に15km/Lという数値は楽々と超えており、カタログ燃費に肉迫する数値を出しているユーザーもいるようです。

冬のエアコンを使う時期や坂道が多い道を走るなどの必然的に燃費が悪くなる状況のときに、想定された実燃費15km/Lを出すこともあるようです。そのような状況下においては15km/Lも仕方ないという意見が多いですが、全体的にみるとやはり想定を超える燃費に対しての満足度の高いレビューが多いです

 

さくら(妻)
全体的に見て、シャトルの燃費についてのレビューは良さそうね。なかにはカタログ燃費を超えてる人もいるみたいだし…。それにしても、カタログ燃費と実燃費に違いが生じるのはわかるけど、レビュー同士比べてみても結構な差があるじゃない。なんでだろ
源十郎
やっぱり使う人によって、条件が全然違うからってのが一番の理由かな。例えば、都心に住んでいて街乗りしかにしか使わない人は燃費が伸びないし、反対に郊外や田舎に住んでて趣味のために高速をよく利用する人はかなり燃費が伸びるからね。あとは燃費を気にしながら運転をするか、これも結構大きいんだよ

 

燃費をよくするために気をつけたいこと
  • 急発進、急加速、急ブレーキをしない。
  • エアコンをなるべくかけない。
  • 渋滞を避けて、一定の速度で走る。
  • タイヤの空気圧を適切なものにする。

日々運転をするときに上記のことを気をつけるだけで燃費は変わってきます。ぜひ試してください。

 

車を買うということは、人生の大きな買い物の一つでしょう。そのときに後悔しないように以下を参考にしてください↓

 

スポンサードリンク

【シャトル】Honda SENSING

引用:ホンダ公式HP

 

Honda SENSINGは

衝突を予測してブレーキをかけたり、

前のクルマとちょうどいい距離でついていったりできる

多彩な安心・快適機能を搭載した

先進の安全運転支援システムです。

あらゆるシーンで運転をサポートしてくれる

Honda SENSINGと

もっと安心、快適なドライブを楽しみましょう!

引用:ホンダ公式HP

引用:ホンダ公式HP

 

Honda SENSINGはホンダの安全運転支援システムです。シャトルは2017年発売のタイプから標準装備となりました。車線維持システムや歩行者事故低減ステアリングなど多彩な機能がついております。その中でもACC(アクティブクルーズコントロール)は前を走る車と付かず離れずの丁度よい車間距離を維持するだけでなく、一定の速度を保つ設定ができるため、運転手がアクセルやブレーキをこまめに踏む必要がなくなりました

 

「夏場では、エアコン使用で25‐26㎞。冬場では、エアコン使用で21‐23㎞。高速道路、クルコン使用で25-27㎞。」

引用:みんカラ

 

運転手にもよりますが、ACCにより燃費が1~2km伸びたという声も見受けられます。

ホンダの安全運手支援システムは安全性を高めるだけではなく、燃費の向上にも一役買っているようです。

 

車を買うということは、人生の大きな買い物の一つでしょう。そのときに後悔しないように以下を参考にしてください↓

 

まとめ

  • シャトルはフィットのタイプの一つだった。
  • シャトルのガソリン車である「G・Honda SENSING」のカタログ燃費は19.4km/L(WLTCモード)。
  • シャトルのハイブリッド車である「HYBRID・Honda SENSING」のカタログ燃費は25.2km/L(WLTCモード)。
  • シャトルのガソリン車である「G・Honda SENSING」の実燃費が20km/Lを超えるユーザーも少なくない。
  • シャトルのハイブリッド車である「HYBRID・Honda SENSING」の実燃費は、冬や坂道など走行条件が悪い場合は約15km/Lくらいになるが、通常だと街乗りでも20km/Lを超える。
  • Honda SENSINGは安全運転支援システムだが、燃費もよくする。

 

いかがでしたか。燃費に関しては、ユーザーの利用条件によって大きく異なってきます。ですからカタログ燃費を鵜呑みにせず、レビューを見るときも自分の用途に近いレビューを参考にしてください!

 

シャトルの関連記事はこちら↓

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください