シエンタの安全性能について徹底的に調べてみた

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

皆さん、最近よく聞くサポカーって何か知ってますか。サポートしてくれるんだろうけど実際何をしてくれるのでしょうか。高齢者の運転って危ないけどどうにかフォローできないかな。

そんな疑問を抱えている方いませんか。トヨタから発売された「シエンタ」も実はサポカーの1つです。

サポカーについてより深く知り、シエンタの安全性能のすごさを知っていただき、よりシエンタに興味を持ってもらえるといいなと思います!また、1つでも抱えている疑問を解くことができたらと思います。

 

スポンサードリンク

セーフティ・サポートカーってなに?

セーフティ・サポートカーとは?

さくら(妻)
最近「サポカー」って言葉をよく聞くんだけど、何のことか知ってる?
源十郎
「サポカー」は、セーフティ・サポートカーのことを言っていて、政府が高齢者の交通事故防止対策の1環であり、被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い防止装置等を搭載した車のことを指すよ!。
さくら(妻)
そうなんだ!よく聞くから言葉だけは知ってるんだけど、実際なんのことなのかさっぱりわからないなー
源十郎
そうか!んじゃ、これからサポカーについてみてみよう!

 

 ところで、セーフティ・サポートカー(サポカー)って1種類しかないと思っていませんか?実は、サポカーは大きく2種類に分けられるのです。

 1つは、一般にセーフティ・サポートカーと呼ばれるものです。これは、被害軽減ブレーキを搭載した全ての運転者に推奨されている自動車になります。

 もう一つは、セーフティ・サポートカーS(サポカーS)です。これは、被害軽減自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した自動車のことを指します。この自動車は特に高齢の運転者に推奨されているものとなります。

 このように2つに分けられます。その中でも、注目を浴びているのが、サポカーSです。次は、その区分についてみていきたいと思います。

 

サポカーSの種類

サポカーSにも3種類あります。

サポカーSの種類 搭載機能
ワイド 被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト
ベーシック+ 被害軽減(自動)ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置
ベーシック 低速被害軽減(自動)ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置

 このように、ワイド、ベーシック+、ベーシックの3種類に分けられており、その違いは搭載機能の違いにあります。搭載機能についてはまた、次の章で説明します。

point
サポカーにも搭載機能によって種類があり、購入の際は確認をする必要がある。

何をサポートしてくれるの?

 

さくら(妻)
サポカーに種類があることはわかったけど、なんか固い言葉が並んでてよくわからないなー実際なにをサポートしてくれるの?
源十郎
それじゃ、次はシエンタに搭載することができるサポートについてみてみよう!

 

 さて、シエンタはサポカーのどの分類に分けられるのでしょうか?それは、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>、セーフティ・サポートカー」です。これで、「あ、サポカーだから、安全装置は一応ついているんだな!」ということはわかっていただけたと思います。しかし、その安全装置はいったい何をサポートしてもらえるのでしょうか?

 これから、「上の表で搭載機能が書いてあったけど、何をしてくれるの?」ていうお悩みを解決できればと思います!

車や人への衝突を防止をサポート

 みなさん、車を運転しているとき、物陰から子供が飛び出してきて急ブレーキを踏んだことはありませんか?また、雨の日に視界が悪い状態だったため気づくのが遅れてしまって危なかった。という経験をしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

車を日常的に使う方にとって急なアクシデントはどうしても起こってしまうものです。今までは「ぎりぎりブレーキをかけて間に合った!」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、もしものことがあったときには遅いというものです。

 このようなブレーキをかけなければならない場面でサポートしてくれる機能が「被害軽減ブレーキ」です。これにより、前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合は自動でブレーキが作動します。

これによって、もしブレーキを踏み遅れてしまった時もいち早く気づいて、しっかり止まるようにサポートしてくれます。

 

 

車線をはみ出さないようサポート

 例えば、前方にある車を追い抜こうと考えているとします。その時、後ろから車が見えたので抜くのをやめようとしたときにいつの間にか車線を踏んでいたなんてことはありませんか?初心者の方や高齢者の方ではありうる事例だと思いますが、車線をまたぐことは、車との衝突の危険があるということになりとても危険です。

 このような、車線をまたいでいることに気づくように警報を鳴らしてくれる機能として、「車線逸脱警報」という機能があります。これは、運転者がウィンカー操作を行わずに車線(白、黄色)をはみ出しそうになったり、はみ出したときにブザーとディスプレイ表示による警報で危険を知らせてもらうことができます。

 

夜間での運転をサポート

 引用サイト:トヨタ公式HP

 夜間に自動車を運転しているときに気になるのはやっぱり明るさですよね。しかし、見にくいなーって思ってハイビームにしたらすぐ対向車がきてロービームにして、対向車が過ぎたらまた、ハイビームに戻して…あーめんどくさいなーって感じたことはありませんか?

 そんな方にお勧めな機能が「先進ライト」という機能です。この機能により、自動的にハイビームとロービームを切り替えてもらえます。また、対向車や先行車を検知し、自動でハイビームの照射範囲を部分的に減光したり、運転操作に応じて水平方向の照射範囲を自動で変えてくれたりします。

 

スポンサードリンク

付帯機能

みなさん、シエンタの便利な機能はこれだけではありません。

前にいた車の発進を知らせてくれる

 信号待ちで隣の人と話してたらクラクションを後ろから鳴らされて、慌てて前を向いたらいつの間にか前の車がいない!そんなことありませんか?もちろん、止まっているときも信号は確認すべきですが、ちょっと話してただけなのに…ってことありますよね。

 そんな時にシエンタには「先行車発進告知機能」という機能があります。これによって、先行車の発進に気づかず、そのままでいるときにブザーとディスプレイ表示で知らせてもらうことができます。これで、後ろの車に迷惑をかけずに済みますね!

 

物などを見つけて衝突被害を軽減

引用サイト:トヨタ公式HP 

 

車がコンビニに突っ込んだというニュースを何度か聞いたことがあると思います。アクセルとブレーキの踏み間違いを起こして突っ込んでしまったということがほとんどのようですが、これでは、運転者もヒヤッとするでしょうし、お店の中にいれば安全ってこともないという車社会の安全性が問われる事態となってしまいます。

 そんな事故を減らすため、「インテリジェントクリアランスソナー」という機能があります。これは、コンビニのガラスもしっかり検知し、アクセルの踏み間違いや踏みすぎを防ぐことができるようサポートします。これを搭載する車が増えれば、お店の中にいれば車に突っ込まれることは少なくなりそうですね!

 

衝突安全

 また、衝突したときの被害を軽減するものもあります。このシエンタには、前席乗員の頭や胸の上体に作用する衝撃力を分散・緩和させるSRSエアバッグを全車に標準装備。SRSサイドエアバッグ、サードシート乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグまで、合計6個のエアバッグを設定しています。シエンタは3列シートとなっています。このエアバックがあれば、心配でな方も3列目まで被害を少なくすることができるため安心できます。

さくら(妻)
シエンタにはいろんな安全機能が搭載されていて安心して運転できそうだね!
源十郎
そうだね!だけど、過信してぼーっとして運転しちゃだめだよ!

高齢者にも安全に運転できる環境を!

 近年、死亡事故全体に占める高齢運転者の割合が増加しています。75歳以上の運転者による死亡事故件数は、近年、横ばいで推移していますが、死亡事故件数全体が減少傾向にあるため、その占める割合は増加しています。この死亡事故の人的要因として、75歳以上の高齢運転者が多いものは、ハンドル操作の不適や、ブレーキとアクセルの踏み間違いです。これは、サポカーの機能を使えば防ぐことができるかもしれません。

 高齢運転者に運転免許の取り消しを求めているご家族の方も最近は多いのではないでしょうか?確かに事故率が高いためそう考えるのが筋だとも思います。しかし、車社会となっている町では車という移動手段を失うことは難しい選択ということも事実です。そんな方に、サポカーを取り入れていただき、もし危ない状態の時にサポートする仕組みがあれば、まだ大丈夫という考え方もできると思います。考えてみるのもアリではないでしょうか?

point
高齢運転者の死亡事故は船体に占める割合は高いため、サポカーをうまく使うことで、もしもの時に安心です!

スポンサードリンク

まとめ

 今回は、シエンタの安全性能について取り上げてみました。

  • サポカーには搭載機能により種類がある。
  • シエンタは衝突防止機能など多くの安全機能を搭載することができる車である。
  • 高齢運転者はサポカーがおすすめ。

 シエンタは、サポカーSであり、多くの運転に対するサポート機能が備わっているということを分かっていただけたのではないでしょうか?しかし、これはサポートであり、サポートに頼りすぎると事故が起きてしまうことも考えられます。特に夜間では、センサが完全に感知すると考えるほうが難しいと思います。サポートうまく使いながら、安全な車での移動をしてみませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください