ヴェルファイアの安全性を徹底的に調べてみた。

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

安全性』は、運転する上で一番大切なキーワードなのかもしれません。なぜなら、全ての走りを支えるものであるからです。今回紹介するヴェルファイアには、走りを支える安全性にこだわった機能が搭載されています。

スポンサードリンク

サポカー

サポカー(Safety Support Car)とは、被害軽減ブレーキを搭載した車のこと。ヴェルファイアは、『サポカーS<ワイド>』と呼ばれる、被害軽減ブレーキだけではなく、踏み間違い時加速抑制装置や車線逸脱警報、先進ライトも搭載した特にに安全性の車に分類されています。

友人
色んな機能があるは分かったけど、もうちょっと詳しく知りたいわ
源十郎
そうだね、これだけだと分かりにくいから詳しく見ていこう!

ヴェルファイアの安全性の特徴

ヴェルファイアの安全性にこだわった機能が様々な機能があるので、順にご紹介していきます。

プレクラッシュ・セーフティ

安全性を語る上で、もっとも大切なことは『ぶつからない』ことですよね。ヴェルファイアには、『プレクラッシュ・セーフティ』と呼ばれる、ぶつからないための機能が搭載がなされています。

引用先:トヨタ公式HP

搭載されているカメラやレーダーが、自動車や歩行者を感知。追突の可能性を、ブザーやディスプレイで教えてくれます。視界が悪い夜間でも作動するので、より安全な走行をアシストしてくれるのが特徴。

万が一、ブレーキが踏めなかった場合でも、自動ブレーキが作動して衝突回避や被害軽減をサポートしてくれるので、安全性がより高くなっています。

源十郎
疲れている時とか、夜とかはついつい周りが見えなくなっちゃうもんね。
友人
万が一の事があったら、一生心に残るし、安全は運転で一番大事なことよね。

レーダークルーズコントロール

自動追跡機能です。車間距離が近づくと、スローダウンしたり、前方の車が停車すると、自動的に停止したりします。高速道路の渋滞などの停車と発進を繰り返す場面で、運転者の負担を大幅に改善してくれます。

引用:トヨタ公式HP

源十郎
渋滞の時は、やっぱり気疲れしちゃうからね
さくら(妻)
疲労を軽減するのも、安全を考える上では重要だね!

レーントレーシングアシスト

白線探知機能です。高速道路で白線を認識すると、はみ出して走行している時にブザーで警告してくれます。ヴェルファイアは車高が高く、視界が広い反面、白線がやや見えにくくなる点を補完してくれます。

引用:トヨタ公式HP

また、車両のふらつきを感知したり、車線の中央を走るためのステアリングを補助してくれる機能も搭載しているため、より高速道路での走行を安全に行うことができます。

源十郎
高速道路は、信号もないから長時間運転するとほんとにウトウトしちゃう
友人
そんな時にブザーでお知らせしてくれると、安心だね!

 

アダプティブハイビーム/オートマチックハイビーム

自動でハイビーム/ロービームを調節してくれる機能です。それだけでなく、先行者や対向車に光があたる範囲だけ遮光してくれます。

引用:トヨタ公式HR

この機能により、ハイビームの使い忘れたり、使うことができる範囲が増えたるので、運転中の視界をクリアに保つことができます。

源十郎
歩行者の目視が安全な運転の基本だから、クリアな視界は大切!
友人
「前の車に迷惑かも」って思ってハイビームを使えないこともが多いから、この機能は嬉しいね!

デジタルインナーミラー

車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。視界を全く遮るものがない映像による後方の安全確認を実現しています。

引用:トヨタ公式HP

友人
前だけじゃなく、後ろの視野も広くなるのね!

ブラインドスポットモニター

後方の車を自動的に感知。これにより、安全な車線変更を行うことが可能になります。最大60メートル後方までモニターしてくれるため、急接近してくる車にも対応することができます。

引用:トヨタ公式HP

源十郎
車線変更は、一番事故になりやすいけど、この機能があれば安心だね!
友人
高速道路は、スピードも早くて事故が起こりやすいしね!

リヤクロストラフィックアラート

出庫する際、左右後方から接近してくる車両をレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーターの点滅と、ブザーで車両の接近を伝えてくれます。出庫時の後方確認などをアシストしてくれます。

引用:トヨタ公式HR

源十郎
ショッピングモールの駐車場とか、車がごちゃごちゃしている時のバックも安心だね!
さくら(妻)
車が多い場所はどうしても死角ができやすいけど、これなら大丈夫そうね。

その他の安全機能

ドライブスタート・コントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」ポジションから「D」ポジションへ変更した際、表示で注意を促してくれます。

引用:トヨタ公式HP

2眼LEDヘッドランプ

高輝度で点灯速度が速く、しかも消費電力の少ないLEDを採用。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化にかかわらず照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

引用:トヨタ公式HP

営業マン
トヨタの、安心安全へのこだわりが凝縮されているね!!

スポンサードリンク

まとめ

ヴェルファイアの安全性についてまとめましたが、いかがでしょうか。

・プレクラッシュ性能で、自動ブレーキを搭載している。

・自動追跡機能により、適切な車間距離を保てる

・夜間の安全性を保つ機能が多い。

・自動でロービーム/ハイビームを調整

・デジタルインナーミラーで視界を良好に保つ

・後方の車も感知してくれるので、車線変更や車庫入れも安全

このように、ヴェルファイアにはトヨタの安全性へのこだわりが感じられる機能が多く搭載されています。

ぜひ、ヴェルファイアを検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください