RVRで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみた

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

みなさんは車中泊という言葉をご存知でしょうか。

車中泊とはその名の通り、車の中や列車の中で宿泊することを言いますが、いかんせん、通常ですとこれがあまり気分のいいものではありません。

シートを倒しているだけなので好きな寝相がとりずらかったり、車内が狭く足や体が延ばせなかったりとどうしても眠りが浅くなってしまいます。

メリットとしては旅費の節約であったり自由な行程がとれたりと幾分かありますが、実際は車内で寝泊まりするという選択はあまりしないものですね。

しかしこの車中泊というもの、しっかりと準備をして注意する点を抑えれば、意外にも快適な宿泊となりえてしまうのです。

今回の記事では、RVRを通じてその車中泊の準備や注意点、そして僅かばかりではありますが、あまり経験することではないであろう車内泊の楽しさを源十郎くんに協力してもらって伝えていこうと思います。

 

スポンサードリンク

RVRで車中泊 寝泊まりは可能?

引用元:価格.com

さて今回はこの三菱RVRの車中泊が楽しめるのかどうか。私、源十郎(げんじゅうろう)がチャレンジしてみようと思います。

源十郎
よろしくお願いします。

ではさっそくこちらで用意したRVRの中で寝転がってみてみましょうか。私のような成人男性でも寝転がることができるスペースは十分あるのでしょうか?

引用元:代車専門レンタカー SPIRAL NET

う~ん・・・後部座席が折りたたまれているとは言えちょっと狭そうですかね。サイドは大丈夫そうですが奥行きのスペースに余裕があまりないような感じですね。

源十郎
足を曲げればなんとか・・・。横幅は小学生4人ぐらいなら寝られそうかもしれないね。それと床がデコボコしててかなり寝づらいね。

つまり成人男性でも一応寝転がることはできそうです。ですが何の準備もない場合、足を伸ばして眠れるのは小学生からせいぜい中学生ぐらいまででしょうか。

こちらは2018年に発売された最新のRVRの画像になりますが、室内の広さは同じぐらいなのでやはりそのままの状態では快適とはいいがたいようです。

画像引用:三菱自動車公式HP

ではここから大人でも足を伸ばせるぐらいに奥行きを広げてみましょう。そこで使うのが座席の間を埋めるためのスペースクッションというものです。

引用元:amazon.com

このように空気を入れて使います。そして上から車中泊用マットをかぶせます。すると・・・

こんな感じに隙間を埋められます。正直なところRVRは車中泊向きの車ではありませんが、これで寝床の狭さやシートのデコボコを気にせず寝ることができます。

ただ、そのまま使うと高さが足りなかったり、幅が狭かったりするので寸法をよくみてから購入しましょう。また、スペースクッションは多少口コミの残念さがあったので、購入の際は注意が必要かもしれません。

では続いてマット以外の車中泊に使える便利グッズを紹介しましょう。

車中泊の便利グッズ一覧
  • サンシェード・・・夜の蛍光灯や直射日光よけに。保温性と遮熱性も高めます。
  • 車用カーテン・・・同じく光の遮断に。車内を隠すことで防犯にもなります。
  • アイマスク・・・就寝中に車外からの明かりを遮断。
  • 耳栓・・・・・・車外の騒音を軽減。
  • LEDランタン・・・車内を照らすランタン。夜間の作業やトイレに行く際の持ち運びに。
  • モバイルバッテリー・・・USB式の扇風機や電気毛布、スマホのバッテリーを給電。
  • カーインバーター・・・スマホの充電や電気ケトルでの湯沸かしが可能。
  • 湯沸ポット・・・飲み物やカップラーメンが作れます。インバーターとセットで。
  • タオルケット・・・夏でもお腹を冷やさないようにかけ布団を。
  • ウェットティッシュ・・・ものを拭いたり手を拭いたり、汚れを綺麗に。

どれも車中泊を快適にする物ですが、必ずしもすべて揃える必要はありません。むしろ全てなくても車内で過ごすこと自体はできるので、準備の際にあったらいいなと思うものを持っていくのがいいと思います。

源十郎
でも手軽にキャンプ気分を味わえるからお湯を沸かせる道具は持っていくといいかも。(ずるずる)

小腹が空いた時ってカップラーメンって美味しいですよね。さて、車中泊用マットなどでデコボコもなくなりましたし、ひとまずは快適になったと言ったところでしょうか。

ですが、これだけではまだ完全に快適とはいきません。車中泊キャンプは環境が非常に大きく影響します。それでは2つほど車中泊で注意したいことを紹介します。

エクリプスクロスで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみた

注意事項

エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群とは同じ姿勢を長時間続けることで血栓ができ、血流が悪くなることで起こる症状です

本来飛行機に乗った時に起こる症状ですが、車中泊でもこの症状が発症して死亡する事故が起きたことがあります。

そのため一応の対策として、血流をよくするために水分をよく摂ったり、体を動かして同じ姿勢にならないようにしましょう。

傾斜で駐車

寝る時に傾きが気になります。割と少しの傾斜でも違和感を感じて寝つきが悪くなってしまうため、なるべく平坦な場所で駐車しましょう。

それでは、一つ一つ環境の対策をしていきましょう。

RVRの車中泊での冬対策

夏でも場所によっては夜も寒い位に涼しい所もありますし、冬は気温がグッと下がります。車内の中タオルケット一枚しかありませんといった時、はたして大丈夫なのでしょうか。

源十郎
いや、寒いのは本当に困るよね。夜眠れないし

このままではいけませんね。寒い冬でも一晩を乗り切る便利グッズが必要です。

それにはまずはこれです。

寝袋ですね。シェラフともいいます。冬に車中泊を計画するなら必需品と言えるでしょう。

続いてこちら、銀マットです。

これを車の窓に合わせて切り取って窓に貼り付けます。ちょっと手間がかかりますが、これで車内の熱が外に出ず、外の冷気も中に入りにくくなるので格段に保温性が上がります

また、カーテンの変わりの目隠しにもなりますし、座席と寝袋の間に銀マットを入れることで下からの冷気も遮断できます。カーショップでやってもらうと値が張りますが、自作で行えば1500円~2500円程度で済むので面倒でなければやってしまいましょう。

さらに冬の便利グッズをご紹介!

冬の便利グッズ
  • 湯たんぽ・・・お湯が面倒な場合コンビニの電子レンジで温めるだけのものもあります。
  • カイロ・・・安価で簡単。現地調達も容易です。
  • 電気毛布・・・長時間の仕様は車のバッテリーが上がってしまうのでご注意を。
  • 唐辛子食品など・・・体が温まるものを食べましょう。
  • カセットガスストーブ・・・約1分で暖がとれます。ただし、近くに物を置かないように、また酸素不足、一酸化炭素中毒の危険があるため十分に注意しましょう。

冬は寒さ対策をするしないで天国と地獄の差があります。せっかくの計画した車中泊をつらい場所にしないためにも、しっかりと準備をして快適な旅行にしたいですね。

源十郎
これで気持ちよく寝られるね(ぽかぽか)

寝袋や銀シートだけでなく暖房まで付けるとかなり暖かくなりますね。

特に悪いことではないですが、暖房を付けるにあたり非常に大事な注意点があります。これを怠ると命の危険があるため車中泊キャンプでは特に気を付けなければなりません。

冬の注意事項

一酸化炭素中毒

これが特に気を付けてほしい項目です。エンジンを付けたまま雪が降ってマフラーが塞がれたり、風通しが悪い場所で駐車したりすると車内に排気ガスがたまってしまいます。

それに気づかず眠ってしまうとことで死に至るケースが稀にあるのです。そのため、マナー的なことも考慮する必要もあるのも加えて、睡眠時にはエンジンを切っておくことを推奨します。

しかし、防寒具がなかったりしてどうしても寒い時は、風邪をひいたり、最悪凍死の可能性があるので、その場合はしっかり車の周りや騒音で迷惑にならないかを確認して暖房をつけましょう。

結露

窓やフロントガラスに水滴がついて近くにある物が濡てしまうことがあります。

そのため荷物などで隙間風を埋める場合、濡れても問題ない物で埋めたり、水に弱い製品を窓の近くに置かななどの対策をしましょう。また、濡れたタオルを車内で干さないなど、湿気を抑える工夫もするとよいでしょう。

源十郎
なるほど~・・・。どちらも死の危険があるとは・・・。じゃあ寒い時は凍死の危険があるから暖房は付けっぱなしで・・・。(むにゃむにゃ)

ま、まあ今回の場所は風通しもいいし周りの迷惑にもならない場所なので付けておいても大丈夫でしょう。(でもガソリン代がもったいないから弱にしときましょう)

スポンサードリンク

RVRの車中泊での夏対策

源十郎
うわぁ!なにか飛んできたぞ!なんだ!?

蚊やセミなと、虫って夏に多いですね。勿論キャンプで山や川へ行けば年中虫はいます。車に虫が入ったという経験をされたことのある方はいますよね。虫は夏であれば注意したいことの一つです。

暑いから冷房を付けたいけどガソリン代がかかる。ならばせめて窓を開けたいものの、開けっぱなしだと虫が入る。そんな時に活躍するのがこれです。

車用網戸

上から被せるだけなので簡単に取り付けが可能で、付けたまま窓も自由に開けられます。同時に直射日光の対策にもなりますし、値段もお手頃なのでお奨めの一品です。

源十郎
こんな時になんで虫なんて・・・ついてないな~。

こんな深夜に虫が入ってきて、さらにずっと格闘中なんて嫌ですよね。。せっかく眠りについたのにこんな風に起こされてはたまったものではありません。やはり虫対策はしておいた方がいいでしょう。

では虫と戦っている間にその他の夏の便利グッズもまとめてしまいましょう。

夏の便利グッズ
  • 小型扇風機・・・風量が強く、コンセントを使用しないものを選びましょう。
  • 冷感スプレー・・・手ごろで簡単。
  • 冷えピタ・・・寝る前のおともに。
  • 虫よけスプレー・・・今回のようなことにならないように。
  • 冷却マット・・・家庭用の冷却マットでOKですが、ジェルタイプのマットは熱をため込んでしまうのでやめた方がいいでしょう。
源十郎
ふ~・・・。やっと逃がせた・・・。

虫は刺されたら危険なものもいますからね。十分注意しましょう。では夏の注意事項を一緒に見ていきましょう。

夏の注意事項

盗難

安全な日本といえど0ではありません。車内が見える状態ですと車上荒らしに合う可能性は高くなります。車用網戸や車用カーテンなどで車の中を隠しましょう。

また、夏は暑いため窓を開けたまま寝ることが多くなりますが、開けるにしても全開にせず、手が入らないぐらいにしておきましょう。

アイドリング

エンジン全開にせず、エンジンをかけ続けることを言います。クーラーを使いながらガソリン代を節約できるため重宝するのですが、周囲にとってあまり好ましくなく、騒音でマナー違反となってしまう場合もあります。

アイドリング状態にしないことが一番ですが、どうしても暑い時はできるだけ周囲に迷惑の掛からない場所を選ぶようにしましょう。

RVRの車中泊での雨対策

夜が明けて朝になりました。夜間から雨が降り続いたようなので今回は雨の注意点をお話しします。

源十郎
あ~!ずぶ濡れだぁ…

何も雨の対策をしないと、窓を開けていたらこのように雨が入ってきてしまいますね。

源十郎
窓が少し開いてたから車内がベタベタだ。夜に虫を逃がした時かも。

山などは天気も変わりやすいので、念のため天気予報を見ておく必要があります。車中泊で雨のトラブルが起こるとかなり大変です。

濡れたままの物を置いておくと、どんどん水が車内に浸透していってしまいますのでとりあえず外に出したいのですが、まだ雨が降っていたり地面が濡れていると乾かせません。

なので屋根のある所に移動するなりしなければいけませんが、都合よく見つからなかった場合車内で乾かすことになります。

源十郎
窓を締め切ると湿気と臭いがすごくなるよね。でも開けると雨が入りこんでくるし困ったね。

快適な車内だったのに、雨で不快になってしまうなんてこともありますね。その場合はとりあえず除臭スプレーをかけて窓の両側をを少しだけ開けてしばらくエアコンをつけましょう。ガソリン代がもったいないですが背は腹に変えられません。

特に車用網戸を使っている夏は注意です。窓をしっかり閉めていても雨が降ると網戸を伝って水が流れてきてしまいます。なので天気予報が雨の時は先に窓の網戸を外しておく必要があるでしょう。

夏の暑い時期に雨が降りそうな時、窓を開けて寝たい場合は先に屋根のある場所に駐車するのがいいですね。また、雨の中外に出ることもあると思うので、折り畳みの傘や雨合羽を常備しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

RVRで車中泊を楽しむためのマナー

そろそろ車中泊キャンプも終わりです。ですが最後に一つ。立つ鳥跡を濁さず、マナーについて紹介していきましょう。

良識ある人が大多数を占める一方で、一部のマナー違反者が車中泊の印象を悪くしてしまっています。

例を挙げると

  • ごみを大量に施設のゴミ箱に捨てていく
  • 火気厳禁の場所でバーベキュー
  • 酒盛りで騒ぐ
  • 駐車スペースを専用して長期滞在
  • アイドリング禁止の場所でアイドリング
  • 洗面所で食器や体を洗う
  • 外部電源の使用

などなど

特に車中泊で有名な「道の駅」ではマナー違反が横行し次々と車中泊禁止になっています。

車中泊はキャンプ場とは違い、近くに住民がいたり車中泊以外の目的で施設を利用する人がいます。住民や他の利用客、そして施設の人のことも考え、騒音や衛生面で周りの人に迷惑をかけないように心掛けましょう。

まとめ

  • RVRで車中泊キャンプはできる。
  • 成人男性がRVRで寝ようと思うと思うと少し狭い。
  • 車中泊の冬対策は寝袋やアルミシートなどの体温を保温できる便利グッズを使う。温かいものを食べる。
  • 車中泊の夏対策は車用網戸で虫が入らないようにする。冷却グッズを使う。
  • 車中泊の雨対策は窓を開けないようにする。車を屋根などの雨を避けるものがある所に止める。
  • 車中泊のマナーを守って、ゴミや騒音など周りの迷惑にならないようにしましょう。

RVRで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみて、RVRでも車中泊を楽しめること、暑さ寒さなど環境への対策などを紹介させて頂きました。どちらかと言うと準備や注意ばかり多いと思う方がいるかと思います。むしろ車中泊って大変だなと感じた方もいるかもしれません。

ですが、キャンプって普通のホテルや旅館で泊まる事とは違う楽しみがあります。これでVRVでの車中泊キャンプに興味を持っていただけたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください