トヨタC-HR内装のグレード別違いを紹介!随所のこだわりが凄い

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

トヨタC-HRをご存知ですか。トヨタ車のSUVで、今とても人気な車です。

今回は、この内装について紹介しようと調べてみました。調べていくうちに私自身が気になってしまい、直接店舗へ見に行ってしまったくらい魅力ある車です。

このC-HRの内装をグレード別まとめ、内装へのこだわりなども一緒に紹介していきます。実際に店舗で撮った画像も載せています。

是非ご覧ください。

 

スポンサードリンク

トヨタC-HRの内装全体をグレード別に紹介

では、早速グレード別内装の違いをご紹介します。全体を画像で比較してみましょう。

トヨタC-HR「S-T/S」の内装

一番お求めやすい価格のグレードです。

引用:トヨタC-HR公式サイト

引用:トヨタC-HR公式サイト

全体的にブラックを基調としたシックなデザインです。

トヨタC-HR「S-T”LEDPackage”/S”LEDPackage”」の内装

真ん中の価格のグレードです。

引用:トヨタC-HR公式サイト

引用:トヨタC-HR公式サイト

グレード「S-T/S」と一緒でブラックを基調としています。違いは、運転席のハンドル部分

トヨタC-HR「G-T/G」の内装

トヨタC-HRの最高級グレードです。

引用:トヨタC-HR公式サイト

引用:トヨタC-HR公式サイト

ブラックの中にブラウンが入っています。そして、他のグレードとの違いにシートがあります。ひし形になっていますね。素材は、上級ファブリック+本革と豪華になっています。

高級感ある渋い大人のデザインになっています。

 

トヨタC-HRの内装をグレード別に細かく比較

次に、内装をグレード別に細かく見て行きましょう。

内装色の違い

S-T/S、S-T”LEDPackage”/S”LEDPackage”

引用:トヨタC-HR公式サイト

G-T/G

引用:トヨタC-HR公式

上でも書きましたが、ブラック1色とブラック+ブラウンの違いです。ブラウンが入ることで、大人なデザインになりますね。

そしてシート素材にも違いがあります。ファブリック=布製品と上級ファブリック/本革の違いです。

本革ですか。そりゃあすごい違いですね。最高級グレードはキルティング加工で、柔らかい肌触りも特徴です。

加飾色の違い

S-T/S、S-T”LEDPackage”/S”LEDPackage”

引用:トヨタC-HR公式サイト

G-T/G

引用:トヨタC-HR公式

G-T/Gの最高級グレードだけは、前席センターにあるシフトレバー部分とインドア部分に「ピアノブラック」のカラーを使っています。ピアノブラックって何?ですよね。

ピアノブラックは、その名の通りピアノのようなブラック。画像で見ても分かる通り、光っていますよね。この輝き、これはピアノブラックの特徴なんです。

S-T/S、S-T”LEDPackage”/S”LEDPackage”

引用:トヨタC-HR公式サイト

G-T/G

引用:トヨタC-HR公式

インストルメントパネルとは、運転席助手席正面の部分です。前方に乗る人は、常に目に入るところ。通称インパネと呼びます。

最上級グレードは、インナードアとインパネが柔らかさがある作りになっています。

トランクルームの違い

トランクルーム=ラゲージルームとも言います。

引用:トヨタC-HR公式サイト

これがトランクルーム全体の画像です。それが、グレードにより下記のようになります。

S-T/S

引用:トヨタC-HR公式サイト

S-T”LEDPackage”/S”LEDPackage”、G-T/G

引用:トヨタC-HR公式サイト

トランクルームには、カバーとトレイの違いがあります。ほこりなどから荷物を守るトレーがあるタイプと、荷物の上にもまた荷物を載せられる棚があるタイプです。

実際にパッケージトレイのグレードを店舗で見て開けさせてもらった画像です。トレイがくっついて上にがっていきます。これは取り外しも可能だそうです。

カバーも上下に出したり収納したりが自由に出来るようです。

 

スポンサードリンク

トヨタC-HR最高級グレード「G-T/G」内装の標準装備

内装にある数々の装備で、「これは最高級グレードだけ」をご紹介します。

遊び心を「ドアミラー足元イルミネーションランプ」

引用:トヨタC-HR公式サイト

  • スマートキーを携帯して近づく
  • ドアロックを解除してクルマに乗り込む

そんな時に、ドアミラーの下部から光が差し足元に車名「TOYOTA C-HR」が浮かびます。

これ面白いですね。見たくて何回もやってしまいそう。夜間にも遊び心を演出します。

腰への負担を少なく「電動ランバーサポート」

引用:トヨタC-HR公式サイト

長時間の運転ではずっと同じ体制なので「あ~腰痛くなってきた」って時ないですか。

この電動ランバーサポートは、シートの背もたれの圧力が調節出来て、腰への負担を軽減してくれます。

友人は腰の負担を和らげるためにクッションを置いています。その車を運転させてもらったことがあるのですが気持ち良いんですよ。

でも置いてるだけのクッション、ずれたりして気になることもあります。しかしこれならずれなくて、その時の好みにより調節も出来る優れものですね。

ぬくもりに包まれて「快適温熱シート」

引用:トヨタC-HR公式サイト

冬の寒い時期の運転きついですよね。「あ~寒い」とガチガチになって運転。初めは車内もすぐには温まらないし、我慢しながらの運転が当たり前。

でもこの快適温熱シートは、そんな寒さを軽減してくれるんです。寒さは、特に背中からおしりにかけてが感じやすいと言われています。そんな部分を、温めてくれるシートなんです。

しかも暖かさには強弱があり、温熱エリアと快適エリアに分かれていて、強さも3段階で調節できます。「暑すぎる」ということもなく、気持ちの良い温度が楽しめそうです。

みんな大好き「ナノイー」

引用:トヨタC-HR公式サイト

冬は乾燥に悩まされるます。特に女性は気にしますよね。「お肌カサカサ髪パサパサ、乾燥は嫌」良く妻が言っています。

でもこのナノイーがあればそんな悩みもへっちゃらに。優しい弱酸性の水が、助手席のファンの作動させると同時に車内に放出し潤いを与えてくれます。

朝念入りに保湿をしたのにすぐにカサカサする季節にぴったりです。

光で演出「室内イルミネーション」

引用:トヨタC-RH公式サイト

夜間の運転は、暗い道だと車内も暗くあまり見えないんですよね。飲み物を飲みたくても見にくい。飲んだ後にホルダーに置きたくても見にくい。運転中はそっちに気が向いてしまい危ないです。

この室内イルミネーションは、カップホルダーとドア下の収納部分に青のイルミネーション。さすが最高級グレードという感じがします。これだけで高級感増しますし、夜間でも見やすくて安心です。

また上でも書いたようにこの色合いにはこだわりがあり、ヨーロッパでも日本でも好感持てるであろう色合いになっています。

便利に収納「シートバックポケット」

引用:トヨタC-RH公式サイト

収納場所の一つとして、この前席の後ろのポケットがあります。最初見た時に「え、これが最高級グレードだけ?」と思ってしまいました。

私これってどの車も普通に付いている物だと思ったのですが、違うんですね。そのくらい普通に日常的に利用するこのシートバックポケット

うちは子供が3人いるので、本を入れたり好きなキャラクターが載っているパンフレットを入れたりしています。子供もさっと自分で取って閉まってが出来て便利です。

それが、運転席と助手席の両方にあり、2ポケット。多ければ多いほど嬉しいですね。

身だしなみチェック「バニティミラー付きサンドバイザー」

引用:トヨタC-RH公式サイト

「髪型どうなってるかな」や「食事をした後に歯にのり付いてない」など、ちょっと鏡を見たいときありませんか。

女性なら鏡を持ち歩いているという方もいるかも知れませんが、男性ではなかなかいないですよね。

このバニティミラー付きサンドバイザーは、そんな時もさっと鏡を見ることが出来ます。運転席と助手席の両方に付いていて便利です。

どんな時でもさっと身だしなみを整えてお出かけ出来ますね。

 

トヨタC-HRのグレード別内装オプション

トヨタC-HRのグレード別の内装オプションをご紹介します。オプションは付けれるグレードと付けれないグレードがあります。

メーカーオプションと言って、製造メーカーであるトヨタのオプションですので、購入時の注文が必須。後づけ出来ないのでご注意くださいね。

車でもパソコン「アクセサリーコンセント」

ハイブリッドカーにオプション 43,200円

引用:トヨタC-HR公式サイト

「あ~コンセントがあったらな」という時ないですか。例えば、「パソコンをバッテリーが切れた」や「カップラーメンが食べたい(ないかな(笑))」とか。

このアクセサリーコンセントは、AC100V 1500Wで家庭用と同じなんです。それが、運転席と助手席の間のコンソールバックス背面に付きます

ご飯も炊けちゃう、お湯も沸かせちゃう。車で生活出来ちゃいますね。

最高級グレードの「シート」

G-T/Gにオプション 75,600円

引用:トヨタC-HR公式サイト

一番良いグレードはシートも良い。どの車でもそうですね。

こちらのシートは本革ブラックを使用。良く見るとこちらもダイヤモンドシェイプのひし形です。背中とおしり部分には点々と穴が開いています。これで夏でも蒸れにくくなりそう

カーナビもオプションになります。トヨタのカーナビについては、こちらの記事で詳しく書いています。

新型ヴォクシーオプション&アクセサリーパーツで人気やおすすめは何?

2018.04.25

 

スポンサードリンク

トヨタC-HRのグレード紹介

次に、トヨタC-HRのグレードを紹介します。

引用:トヨタC-HR公式サイト

グレードのラインナップを見ていて、「え、こんだけ?」と思ってしまいました。私はミニバンに乗っていて、購入の際はもっとたくさんのグレードがあり、選ぶのに四苦八苦したので、これくらいだと丁度良いですね。

あと、びっくりなのが燃費です。ハイブリッドの燃費「30.2km/L」って何?ミニバンの燃費を調べていた時に、20km/Ⅼ台の燃費は見たことがあったのですが、30km/Ⅼ台もあるんですね。まあ、車体の重いミニバンとは比較しちゃダメですが。

燃費は色んな車の新型が出るたびに良くなっていっていますよね。どこまで伸びるのか楽しみだな。車の燃費が1km/Ⅼ違うだけでも、売上台数に影響すると聞いたことがあります。それだけみんな燃費が少しでも良い車が欲しいんですよね。

 

トヨタC-HR内装デザインのこだわり

グレード別で比較してきましたが、今度はトヨタC-HRの内装デザインのこだわりをご紹介します。数々のこだわりがあり、C-HR最高と思っていただけることでしょう。

運転席のポジションへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

車の運転で一番重要な運転席を高めに設計。ミニバンに慣れてしまった私には、もう低い車は運転出来ないのではないかと思っています。だって、視界の見通しが全然違うんだもん。

やはり、高いところからは良く見えるので、安全に運転しやすいです。

運転席から視界へ入る窓へのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

運転席から見えるこの小窓にも特徴があります。これはドライバーが日常的に行っている、視界の移動の際に起こる死角を減らすという意味で考えてデザインされているそうです。

ハンドルへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

ハンドルにもこだわりがあり、握った時に親指を軽くおいておく「サムレスト」をなくしました。これは、握り替えた時の違和感をなくすためです。

また、縫い糸の出っ張りを少なくするために、通常より手間のかかる「かがり縫い」を用いています。開発者さんは、「ハンドルの位置も絶妙だ」と自信があるそうです。

シフトレバーへのこだわり

引用:トヨタC-RH公式サイト

パーキングやドライブ、バックなどを変えるシフトレバーもこだわっています。

素材をひとつひとつ丁寧に選び、完成までに100個ボツにしたそうです。素材が合わない原因を突き止め対策し出来たシフトレバー。感触にもこだわりがあり、ソフトになるよう改良しています。

引用:トヨタC-HR公式サイト

最近の車のシフトレバーは、ハンドル横に付いていることが多いですよね。それが、C-HRは手を下に下ろした位置にあります。

誤って動かすことがないように考えた結果だそうです。

インパネへのこだわり

引用:トヨタC-RH公式サイト

画像で触っている前方の部分ですね。そこを、「ヨーロッパの方が好む感触を統一に」+「部分的に日本人が好む柔らかさ」にしているそうです。

プラスチック素材に皮革またはそれに近い合成素材を美しく被せて成型。これが難しいそうです。丸くカーブがかっている部分は、普通ならしわが寄ってしまいます。それをいかに違和感なく見せるかを苦労したようです。

内装光へのこだわり

引用:トヨタC-RH公式サイト

こちらの内装光もヨーロッパと日本人が好む色合いを検討したそうです。なぜ「ヨーロッパ」なのか。

トヨタには、「トヨタモーターヨーロッパ」というヨーロッパを統活する中世拠点があります。そこに「開発評価部門」があり、一緒に考えられた車なんです。

最初に日本が提示した色をヨーロッパの方が気に入ってくれなくて苦労したようです。どうしてか。それは、日本とヨーロッパでは色の好みが違うということ。別々の色で好みがが分かれるのではなく、同じ色でも違うんですって。

今回は青色を、ヨーロッパの方と日本の方とどちらも好まれる色合いにしています。

シートへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

シートにもこだわっていて、合計10万キロもの長い距離を何回かに分けて長時間乗り続け研究したそうです。

長時間乗っても疲れにくい、曲がり角や加速したり減速したりでも姿勢が崩れないようにデザインされています。特に肩を支える部分のデザインは重要視され、運転操作を正確に気を使わず行えるように設計されています。

形状、素材、縫い目の位置、クッション素材全てに最良を求めたこのシートだそうです。

引用:トヨタC-HR公式サイト

「レース用シートと同じくらいサポート性能が欲しい」という思いから考えられたシートの座る部分と背部分の角度。

様々な体格の人にも合うように、ぴったりの座面を導き出されています。

なんか聞くからに最高なシート。どんな物なんだろう。実際に乗って走ってみたくなってしまった。

面白さへのこだわり

引用:トヨタC-RH公式サイト

コンセプトのダイヤモンドシェイプがこんな所にも。

ダイヤモンドのような車ということで、画像の部分にひし形の模様がついています。

ただ性能が良れでば良いという訳ではなく、こんな面白さも追及したデザインになっています。遊び心があって良いですよね。

こちらの記事にもC-HRについて詳しく書いています。是非ご覧ください。

C-HRマイナーチェンジ!!変更点は?内装と外装はどう変わった?

2018.05.29

 

トヨタC-HR外装内装サイズをSUV車と比較

C-HRのサイズを、ライバル車と比較してみました。

トヨタ「C-HR」は、外装は一番大きいです。しかし内装は、ホンダ「ヴェゼル」が一番広いです。トヨタ「C-HR」とマツダ「CX-3」の室内はコンパクトになっているんですね。

全高が低く、重量の重いトヨタ「C-HR」。これは、低重心を可能にしているためです。背が低く下がどっしり重いことで、普通の道ではもちろん曲がり角などでもぶれにくく安定した走りを実現させます。

室内空間が広い方が良いに決まっていますが、トヨタ「C-HR」1番の魅力は走行性能だそうです。どちらに重点をおくかによりますね。

トヨタC-HRの「ここがすごい」を紹介

引用:トヨタC-RH公式サイト

ここで、トヨタC-RHのおさらいです。この車のすごいなと思ったところと合わせてご紹介します。

2016年12月に初代が発売。まだ発売されて2年も経っていない新しい車なんですね。車型は、「コンパクトクロスオーバーSUV」です。

パッと見、鋭い目つきと3ドア(前方の2ドアとバック1ドア)、花型のようなタイヤが目を惹きます。

でも、実際は店舗に見に行くと3ドアじゃなかったんです。こんな所に後席へのドアがあった。少し手を上に挙げないといけないので、慣れないと違和感あります。

でも、デザインとしては面白い。見た面もすっきりして見えますね。

販売ディーラーが多数

トヨタC-HRは、販売ディーラーが4店舗もあるんです。通常車の販売店ディーラーは1~2か所。例えば、同じくSUVのトヨタハリアーは、トヨペット店。同じくトヨタのヴォクシーはネッツ店となっております。

【トヨタC-HRのディーラー】

  • トヨタ店
  • カローラ店
  • トヨペット店
  • ネッツ店

これは凄く便利です。色んな店舗を回って見積もりを出してもらい、一番条件の良い&一番信頼出来るディーラーにと選べる幅が広がります。

同じディーラーでも、雰囲気が合わないやなんか愛想が良くないなど、自分とは合わないなということがあります。

「購入しました、はい終わり」ではなく、そのあとも車検やメンテナンスでお世話になるディーラー。自分にぴったりの所を選びたいですね。

売り上げ台数がすごい!SUV車と比較

このトヨタC-HRは、なんと2017年度SUV車売り上げナンバー1に輝いています。ライバル車と売り上げ台数を比較してみましょう。

参考:自販連

このC-HRの売上台数見て下さい。2017年は10万越え。もう圧巻ですね。SUVでもっとも売れた「日産のエクストレイル」が50,653台だそうです。

凄いけど欠点もある?!

このトヨタC-HRは発売当初、前席優先で後席が狭く実用性が薄いなと懸念されていたんです。

内装の口コミを見ていると、

  • 後席は狭い
  • 後席の窓が小さい
  • 閉鎖感、圧迫感がある

実際に店舗で撮った後席の画像です。乗ってみると確かに狭い。足が窮屈だな。そして、後席の窓も小さい。外の景色を楽しむのは難しいかな。

私はミニバンに乗っているので、余計にそう感じるのかも知れません。

でもそんな心配はこと何のその、蓋を開けてみれば売れ行き良く絶好調。若者向けのデザインの様に思うが、年配の男性にも人気なんです。まあ、発売が2016年12月ですから、珍しかったというのはあるかも知れません。本当の力は継続して売れること。これからどうなるのかで今後の勝負も決まってきますね。

最新技術「TNGAプラットフォーム」を採用

トヨタC-HRは、同じトヨタのプリウス4代目に続いて2番目にハイブリッドの最新技術「TNGAプラットフォーム」を採用した車です。

 

TNGAプラットフォーム
  • ドライビングポジション(運転席)を徹底追及。ペダルやシフトレバー、スイッチなどの位置にもこだわり。
  • 低重心化で最高のドライビングが可能。
  • ボディの形、静粛性を高める遮音吸音材によって静かな室内空間。
  • 安心安全を考えたボディ
  • 環境にも良く、燃費性能も良い。TNGAの新パワートレーンシステムにより加速性も両立。

ミニバンなど車高が高い車は、室内空間が広い分揺れや揺れ返しもすごいです。曲がるときや不安定道などはすごく揺れます。しかし、低重心だとそれが少なく安定した走りが出来ますね。

驚きの燃費もこれのおかげなんですね。車で大切な静粛性。車はブーンとうるさい音が当たり前という概念が吹っ飛びます。

このTNGAプラットフォームの基本ベースに加え、トヨタC-HRはサーキットから一般道まで様々なテストコースを走り込み、どんな道でも快適な安定した走りを追求した出来た車だそうです。

 

トヨタC-HR外装デザインのこだわり

上にも書きましたが、コンセプトは「ダイヤモンドシェイプ」。ダイヤモンドみたいな形の車にしたかったんですね。

外装はこんな感じ

実際に店舗で見てみたら、正面から見ると顔がシャープに見えカッコいい。みんなの憧れ、私の憧れ(笑)小顔効果抜群ですね。(画像は人が映ってしまったので黄色ひし形で加工しています。)

バックはこんな感じ。なんかこの目つき「仮面ライダー?」って感じてしまいました。

横はこんな感じ。「スタイリッシュ」「スポーティ」という言葉が似あう車です。

タイヤへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

タイヤのホイールにも工夫があります。カッコいいデザイン+衝突してしまった場合の歩行者保護も考えて作られた、設計者さん方の自信作だそうです。

そして、実際に店舗で撮った画像です。タイヤは花形?風車?のような形。中央にトヨタのロゴがあります。これは、トヨタのこだわりかな。

ライトのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

ヘッドライト部分は、後端がボンネットフードの下側に回り込む独特なラインを形成。これは今までのトヨタ車には無かったデザインです。

そして、こんな所にも遊び心が。細かい所まで。ヘッドランプに「TOYOTA C-HR」の文字が。こんな細かいところまで面白さが行き届いています。

ドアへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

設計が一番苦労したという前方ドアの隙間。この隙間は4.9mmと高級車レクサスの最上級グレードと変わらないクオリティだそうです。

画像の様に、大きく凹んだ部分に2本のラインが走っています。このカッコよさを出しつつ、問題なくドアを開けれるようにするには苦労したそうです。

車の開発に携わっていない私たちには、その苦労がどんなものなのか分からないのですが。

雨の日のレインガーターへのこだわり

引用:トヨタC-HR公式サイト

画像の方が指さしているのは、フロントガラスの両端にある溝で雨天時に雨水を後方へ流すというのが役目のあるインガーター

雨水と同時に空気の通り道でもあることから、騒音にも関係する部分だそうです。ここのデザインも重要で、機能を満足させながらC-HRの表情を引き締める一種のフェイスラインのような役割で小顔に仕上げているそうです。

まあとにかく、今までのトヨタ車にはないデザインで、全体の細かい部分まで丁寧に考えたデザインのようです。

 

まとめ

2016年12月に誕生したトヨタC-HRは、まだ出来立てホヤホヤの自動車です。「コンパクトクロスオーバーSUV」という車型になります。

  • この車、SUV車の中で2017年年間売り上げナンバー1に輝いています。
  • グレードはガソリン車3パターン、ハイブリッド車3パターンの合計6パターンの展開です。
  • 内装デザインは3パターンに分かれています。
  • 最高級グレードだけの装備いくつかあります。
  • 数々のこだわりの詰まった内装で、特に運転席へのこだわり、内装への遊び心は強く感じます
  • サイズは小さくコンパクト。これが低重心の安定した走りを実現させている。
  • 外装へのこだわりも強く、シャープな目、後席のドアノブ、タイヤの形は特徴的です。

4店舗のディーラーで売り出されているトヨタC-HR。ただ画像で見るのと実際に見てみるのとでは、感じ方が違うなと思いました。

皆さんも遊びがてら見に行ってみるのも良いですよ。人それぞれ着目点が違うので、新しい発見があるかも知れません。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください