プリウスαのグレードおさらい&ライフスタイル別おすすめグレードまとめ

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

プリウスより「使える」クルマ、プリウスαグレードの違いをわかりやすく解説します。

ランニングコストと便利さを追求したプリウスαはグレード展開も合理的。

あなたのライフスタイルに合ったグレードはどれでしょう?

 

スポンサードリンク

まずは結論。あなたに合ったプリウスαのグレードはこれだ!

まずは結論から。

プリウスαのグレード選びの最適解は、コスト最重視ならS” Lセレクション”、そうでないならSグレードです。

友人
ずいぶん言い切っちゃったね。

プリウスαはプリウスのワゴン版。プリウスじゃなく、あえてプリウスαを選ぶ人には、プリウスαに求める「何か」があるはずです。

その「何か」がはっきりすると、プリウスαのグレード選びは自然に決まります。

グレード選びの基準
  • コスト重視:S Lセレクション
  • 総合コスパ重視:S

これをベースにしてあなたのお好みやライフスタイルをプラスすると、グレード選びで失敗する確率がグッと低くなるのは間違いありません。

 

プリウスα全グレードのメリット・デメリット

引用:トヨタ公式HP

プリウスαのグレード分けは7とおり

プリウスαは全部で7つのグレードで構成されています。

上の表の7番目、S”Lセレクション”は5人乗りのみとなります。7人乗りの設定はありません。

友人
S”Lセレクション”はコスト重視を徹底してるね。

ビジネス向き? 余分な贅肉を削ぎ落とした「S“Lセレクション”」

引用:トヨタ公式HP

このグレードはエントリーモデルと言われる、いわば一番安いプリウスαという位置付けです。

同じ5人乗りで比較すると、標準グレードの「S」より約15万円安く、上級グレードの「G」と比べると約50万円も安くなっています。

源十郎
これは無視できない金額だね。

それだけに、実用性を第一に考え抜かれた質実剛健タイプ。無駄を省いて本当に必要な機能だけを厳選して装備しているグレードです。

たとえば、ホイールがアルミでなくスチール(鉄)だったり、ヘッドランプがLEDでなくハロゲンだったり。

時代とともに標準化している装備も厳しく見直され、必要ないと判断されればもっと安価で性能を満たす品質がチョイスされています。

友人
断捨離にも通じる、メチャメチャ合理的な思考だね。

快適装備も必要最低限になっているので、S“Lセレクション”はビジネスユースとしての需要が多いようです。

S“Lセレクション”になって削られた残念な装備としては、スマートエントリーシステムが運転席だけになったことと、フロントガラスがUVカット機能のみとなったこと。

運転者がいないと他の席のドアロックが解除されないのは安全面でいいかもですが、家族で使う分にはやや不便なシーンが出てくる可能性も

↓ 今ではほとんど標準装備になったスマートエントリーシステムも運転席だけ

引用:トヨタ公式HP

水をはじく撥水機能や室温上昇を防ぐIR(赤外線)カット機能は無くなります。

さくら(妻)
撥水機能は後からなんとかできるけど、IRカットがなくなるのはエコじゃないわね。

また、インテリジェントパーキングアシスト機能はオプション設定もないので、S“Lセレクション”だと選択不可となってしまうのも残念なところ。

↓ あると便利なインテリジェントパーキングアシスト

引用:トヨタ公式HP

友人
安全装備なだけに、オプションでも選べるようにして欲しかったよね。

ただ、プリウスα全車に標準装備の先進安全性能「Toyota Safety Sense」はもちろんS“Lセレクション”にもついているので、この点は安心ですね。

あと、S“Lセレクション”は5人乗りのみの設定となります。7人乗りは選べないので、この点も注意が必要です。

S“Lセレクション”のメリット・デメリットをまとめると次のとおりです。

S“Lセレクション”のメリット
  • プリウスαの中で最も安価なグレード
  • 余分な機能を削った合理的仕様
S“Lセレクション”のデメリット
  • S“Lセレクション”だけが選べないオプションがある
  • 5人乗りだけで7人乗り設定がない
  • スマートエントリーシステムが運転席だけ

標準グレードの「S」はみんなに受け入れられる広いポテンシャル

引用:トヨタ公式HP

「S」グレード最大の特徴は、7人乗りが選べることではないでしょうか。

プリウスとプリウスαの決定的な違いは乗車定員だと言っても過言ではありません。

荷物は何とか工夫すれば積めるかもしれませんが、人は絶対に乗車定員を超えて乗ることはできないからです。

そのほか、Sグレードはホイールがアルミになったり、LEDフォグランプが標準装備になったり、S“Lセレクション”に比べて快適機能が充実しているのが特徴です。

S LセレクションからSグレードへの変更点
  • ホイールがスチールから軽量のアルミに変更
  • 霧でも前が見やすいLEDフォグランプが追加
  • フロントドアガラスに撥水機能が追加されて雨でも視界を確保
  • フロントシートバックポケット追加で収納力アップ
  • 後席センターアームレストが追加されて快適性が向上

また、S“Lセレクション”では選べないけどSグレードなら選択可能なオプションもあって、下のとおりです。

S Lセレクションでは選べないけどSグレードなら選べるオプション
  • オートレベリング機能付きLEDヘッドランプ
  • インテリジェントパーキングアシスト
  • 運転席、助手席、バックドアスマートエントリーシステム

なお、オートレベリング機能付きLEDヘッドランプと運転席・助手席・バックドアスマートエントリーシステムはセットでのオプションとなります。

上のようなS“Lセレクション”では選択できないオプションも含めて様々なオプションが用意されているので、自分好みのプリウスαに仕上げられるのもSグレードの大きなメリットです。

そんなSグレードのメリット・デメリットを下のとおりまとめました。

Sグレードのメリット
  • 選択の幅が広く、自分の用途や好みに合わせて仕上げられる
  • 7人乗りが選択できる
  • 快適装備が充実していて満足度が高い
Sグレードのデメリット
  • 価格がS Lセレクションより約15万円高い
  • 乗車定員やオプションなど決めることが多くて迷いやすい

価格差も選択肢の多さもデメリットと呼ぶには大げさなので、よほどのこだわりが無いならS“Lセレクション”よりSグレードを選ぶ方が、後々後悔することがないでしょう。

そんな理由から、当サイトでもSグレードをイチオシにしていると言うわけです。

快適装備が格段に充実した上級グレード「G」

引用:トヨタ公式HP

プリウスα上級グレードの「G」では、快適装備が格段に充実したグレードという位置づけです。

Sグレードではオプションだったものが標準装備になったり、Gグレードにしかない装備があったり、いろんな面でプリウスα上級グレードとしてのスタンスが強調されています。

「S」でオプションでも「G」で標準な装備
  • オートレベリング機能付きLEDヘッドランプ
  • UVカット/撥水機能/IRカット機能付きフロントドアガラス
  • 運転席/助手席/バックドアスマートエントリーシステム
Gグレードだけの装備
  • 本革巻きステアリングホイール
  • ファブリックと合成皮革のコンビシート
  • 運転席パワーシート
  • 運転席電動ランバーサポート
  • 運転席・助手席インストルメントパネル
  • 植毛フロントピラーガーニッシュ
  • フロント足元ランプ

こうして見ると、Gグレードはやはり快適性の向上と豪華装備の充実が図られているのが分かりますね。

源十郎
さすがプリウスα上級グレード! 満足感が違うね。

↓ 特に腰を支えてくれるランバーサポートがうれしいシート

引用:トヨタ公式HP

また、本革巻きのステアリングホイールのクオリティは圧巻です。

使えば使うほど手に馴染み、一般的なウレタンハンドルのように「劣化」を感じることがほとんどない「魔法のハンドル」です。

友人
一度本革巻きハンドルの「しっくり感」を体験しちゃうと、普通のハンドルは物足りなくなっちゃうよ。

同じ7人乗りだとSグレードより約35万円高くなるGグレード。Gグレード限定装備の価値を認めるならアリです。

営業マン
そこに価値を見出すかは人それぞれ。理解して頂ける方だけにご納得いただければと存じます。

また、他のグレードに比べてリセールバリューが比較的高いのも隠れたメリットです。

Gグレードのメリット
  • プリウスα上級グレードの満足感
  • 充実の快適装備
  • 7つのGグレード専用装備で味わう優越感
  • 他のグレードよりリセールバリューが高い
Gグレードのデメリット
  • Sグレードより約35万円高価
  • 人によっては過剰(不必要)とも思える装備

キリッとスタイリッシュ! スポーツテイストな外観のツーリングセレクション

引用:トヨタ公式HP

ツーリングセレクションはスポーティなエクステリア(外観)を加えたグレードで、「S」「G」両グレードともに設定があります。

ルックスがフロントとリアにバンパースポイラーを装備してスタイリッシュに変身すると同時に、アルミホイールもワンサイズ大きくなっています。

友人
走りもベースグレードよりポテンシャルを上げてるんだね。名ばかりグレードじゃないよ。

↓ ツーリングセレクションとベースグレードの違い(「S」も同じ)

引用:トヨタ公式HP

また、Sグレードは上の変更点にプラスして、3つの装備がグレードアップします。

その内容は、ヘッドランプがハロゲンからLEDに、ハンドルがウレタンから本革巻き仕様に、そしてスマートエントリーシステムが運転席のみから運転席/助手席/バックドアにというもの。

Sグレードだけの変更点
  • ヘッドランプ:ハロゲン→LED
  • ハンドル:ウレタン→本革巻き
  • スマートエントリーシステム:運転席→運転席/助手席/バックドア
友人
Gグレードで標準装備なのが、Sグレードだとツーリングセレクションにすることで標準仕様化されるんだね。

また、ベースグレードの全長が4,630mmなのに対してツーリングセレクションは4,645mmと、15mmだけ全長が長くなるのも特徴です。

ツーリングセレクションは、Sグレードで約31万円、Gグレードで約21万円のアップになります。

SグレードはLEDヘッドランプと本革巻きステアリング、スマートエントリーシステムの3点セットのオプション合計価格が12万6,500円で、それを差し引いた差額が約18万3,500円。

Gグレードの約21万円アップと比べると、ベースグレードとツーリングセレクションの違いのお得度でいうと、GグレードよりSグレードの方がおトクということになります。

ツーリングセレクションのメリット
  • スポーティーでシャープなシルエット
  • お得感が大きいS”ツーリングセレクション”
ツーリングセレクションのデメリット

外観が変わるだけのG”ツーリングセレクション”

友人
Gグレードは、それだけ完成度が高いってことかな。

トヨタが用意したスペシャルな1台。特別仕様車「S“tune BLACK Ⅱ”」

引用:トヨタ公式HP

S”tune BLACKⅡ”は、その名のとおりSグレードベースの特別仕様車です。2016年5月に誕生した、プリウスαの中では最も新しいグレードです。

さくら(妻)
「ブラック」って言うけど、真っ黒じゃないのね。

S”tune BLACKⅡ”のボディーカラーには、「黒」をはじめ4色が用意されています。

営業マン
そのまんま「黒」ではなく、「アティチュードブラックマイカ」という名称で黒色をラインナップしてます。
S tune BLACKⅡのボディーカラー
  • アティチュードブラックマイカ
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック

↓ アティチュードブラックマイカ

引用:トヨタ公式HP

↓ ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

引用:トヨタ公式HP

↓ ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:トヨタ公式HP

↓ シルバーメタリック

引用:トヨタ公式HP

そのほか、内装にもラメ入りピアノブラック塗装が施されてて、やっぱり「ブラックにチューンした」仕様で統一感を感じられます

それでは、S”tune BLACKⅡ”に施された特別装備を見てみましょう。

引用:トヨタ公式HP

引用:トヨタ公式HP

ほかにも、S”tune BLACKⅡ”はフロントシートに快適温熱シートが追加装備されたりと、快適装備と豪華な加飾で一層ラグジュアリーな雰囲気を醸し出すモデルに昇華しています。

↓ あるとないとで全然違う、快適温熱シートはS”tune BLACKⅡ”だけ

引用:トヨタ公式HP

そんなS”tune BLACKⅡとベースモデルのSグレードとの価格差は約7万6,000円。好みが合うならかなりお買い得です。

S tune BLACKⅡのメリット
  • スペシャル感がたっぷり味わえる特別仕様車
  • ベースモデルとの価格差が小さくコスパが高い
  • S” tune BLACKⅡ”だけの快適温熱装備で冬でもシートがぬくぬく
S tune BLACKⅡのデメリット

特に見当たらないが、加飾が好みでなかったり価格最重視だと魅力を感じにくい

プリウスαは2011年5月の発売開始から9年が経過しており、そろそろフルモデルチェンジもささやかれ始めています。

そんな熟成モデルだからこそ、今はお買い得なグレードが発売される滅多にないタイミングかも。

友人
知ってた? 販売から年数が経過した熟成モデルは値引きが大きいし故障やリコールが少ないんだよ。

羊の皮をかぶったオオカミ?「 S“ツーリングセレクション・GR SPORT”」

引用:トヨタ公式HP

プリウスαであってプリウスαでないクルマ。それが「S“ツーリングセレクション・GR SPORT”」です。

プリウスに乗車定員とカーゴスペースをプラスしたプリウスαは、お世辞にもスポーツ走行が得意とは言えません。

↓ 手厳しいけど真っ当なご意見かも

それどころか、スポーツ性とは正反対の乗車人数と積載性にこだわたモデルです。

そのプリウスαを、あえてスポーツ仕様にカスタムしたトヨタの遊びゴコロに感動すら覚えてしまいますよね。

しかも、手掛けたのはトヨタのワークスチームであるTOYOTA GAZOO Racing。トヨタの本気がビンビン伝わってきます

「S“ツーリングセレクション・GR SPORT”」を紹介するのに多くの言葉は必要ないでしょう。下の画像をお楽しみください。

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
ジェットコースターのシートみたいね。しっかり体をホールドしてくれそう。

↓ 剛性にまでこだわった本格スポーツ仕様

引用:トヨタ公式HP

正直、「プリウスαにここまでする必要ある?」と思われる方もいるんじゃないでしょうか?

そういう疑問にトヨタがズバッと答えてくれてます。少し長いですが引用させていただきます。

平日は奥様や家族が買い物などに利用し、休日はオーナーが思いのままに走りを楽しむ。

ベース車が持つ快適さや便利さを犠牲にすることなく、高度なチューニング力でトータルバランスに優れた走りを叶えたプリウスα“GR SPORT”は、一台でなんでもこなせる家族みんなで楽しめるクルマです。

引用:トヨタ公式HP

平日は奥様が買い物に使える。休日はオーナーが走りを楽しむ。これ1台あれば家族みんなが楽しめるクルマ

なんて素敵なコンセプトでしょう。

蛇足かもしれませんが、「S“ツーリングセレクション・GR SPORT”」、略して「GR SPORT」のメリット・デメリットを整理しました。

GR SPORTのメリット
  • プリウスαとは一線を画した運動性能
  • プリウスαの利便性を損なわない使いやすさ
GR SPORTのデメリット
  • 良くも悪くも圧倒的な存在感
  • ベースグレードとの約34万円の価格差

すみません。デメリットは「あえて」無理やり考えました。

友人
GR SPORTの価値観の前には、このくらいの価格差なんて全然気にならないもんね。

 

スポンサードリンク

プリウスα、ファミリーユースおすすめのグレードは?

引用:トヨタ公式HP

プリウスαをファミリーユースで選ぶとしたら、Sグレードの7人乗りがおすすめです。

経済性とフレキシブル性の点で、最もバランスが取れているからです。

具体的には、これまでご紹介したように、Sグレードはベース車として優れているというメリットがあります。

これにライフスタイルや好みに合ったオプションをつけることで、あなた仕様の、完成度の高い1台が出来上がるのです。

内装へのこだわりならこんな記事が参考になるかも ↓

プリウスa内装をカスタム改造パーツでドレスアップ

さらに、小さいお子さんなら3列目のシートもきゅうくつに感じにくい点もメリットに。

ワンボックスミニバンもいいですが、小回りが効いて立体駐車場にも入庫できるプリウスαは、取捨選択の判断ができる賢い選択と言えるでしょう。

↓ お子さまの成長のそばに。プリウスα

 

プリウスαグレード選びの前に:意外な事実。5人乗りと7人乗りの違い

引用:トヨタ公式HP

プリウスαには5人乗りと7人乗りが用意されていて、S”Lセレクション”以外はどちらかを選べます。

友人
逆に、S”Lセレクション”は5人乗り設定だけだったね。

ということで、7人乗りモデルが必須な方はS”Lセレクション”以外のグレードから選びましょう。

そして、S”Lセレクション”にこだわらない人が迷うのが、プリウスαは5人乗りと7人乗りのどっちがいいのか。

当サイトでは、予算が許す限りキッパリと7人乗りをおすすめします。

その理由は、5人乗りと7人乗りでのラゲージ容量に大きな差がないから。

荷室容量がほとんど変わらないなら、乗車定員が多い方がいいに決まってますよね。

さくら(妻)
荷室の広さが5人乗りと7人乗りであまり変わらないって本当? 5人乗りの方が荷室が広い気がするんだけど。

では実際に確かめてみましょう。

フル乗車時のラゲージ容量、5人乗りは7人乗りの2.5倍以上も!

まずはイメージ図から。

↓ 5人乗りはフル乗車時でラゲージ容量535L

引用:トヨタ公式HP

↓ 7人乗りはフル乗車だとラゲージ容量200L

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
ほら。5人乗りは7人乗りの2.5倍以上ラゲージ容量が大きいじゃない。ダマされないわよ。

では、7人乗り仕様の3列目シートを畳んだ状態だとどうでしょう?

意外!3列目シートをたたむと7人乗りの荷室容量は5人乗りとほぼ同じ

7人乗り仕様の3列目シートをたたんだときのラゲージ容量は505L。

これは、5人乗りフル乗車時のラゲージ容量535Lと30L少ないだけです。見た感じもほぼ同じ。

↓ 5人乗り仕様のラゲージ容量は535L/1,070L

引用:トヨタ公式HP

↓ 7人乗り仕様のラゲージ容量は505L/1,035L(いずれも5人乗り比-30L)

引用:トヨタ公式HP

ラゲージ容量がほぼ同じなら、乗車定員が多い7人乗りの方が何かと便利ですよね?

これが、当サイトが7人乗りをおすすめする理由です。

ただし、同じグレードで比べると、5人乗りと7人乗りは価格差が約21万円になります。少しでも予算を削るなら、あえて5人乗り仕様を選ぶのもひとつです。

源十郎
21万円の価格差は大きいよね。それで問題ないなら5人乗りでもいい気がしてきた。

そして、7人乗りを選ぶ際に気をつけたいことがひとつだけあります。

それは、不都合な真実かもしれませんが、プリウスαの3列目シートはお世辞にも心地よいとは言えないこと。

↓ 3列目は苦行?

そのため、3列目シートはどうしても必要なときの緊急用と思った方が無難です。

友人
もちろん、長距離ドライブや旅行は厳しいよ。特に大人は。

↓ 笑っちゃうほど狭かった3列目

↓ 人権派も驚く・・・?

それでもやはり、シートは多いに越したことはありません。

  • 6人または7人いても1台で移動できる
  • 5人乗車時に、前席に2人・2列目に2人・3列目に1人で乗る
  • 実家に帰った時に、子供+じいじ、ばあばを乗せる
  • 部活の遠征で子供をたくさん乗せる

など、7人乗りだからこそ活躍できるシーンは数多くあるからです。

大は小を兼ねる。いざというときに、この言葉を思い出すことになるかもしれません。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • プリウスαイチ押しグレードは「S」
  • 各グレードのメリットとデメリットをよく知ろう
  • ラゲージ容量は5人乗りも7人乗りもほぼ同じ

プリウスの発展型として誕生したプリウスα。その器用さから、ビジネスに家庭用にと幅広く親しまれている名車中の名車です。

グレードも、テッパングレードからキレッキレグレードまで勢揃い。

あなたは王道を行きますか? それとも・・・

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください