6月16.17日お台場メガウェブでデロリアン&ヒストリックカーが試乗できる

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

スティーブンスピルバーグの代表作と言えば、バックトゥザフューチャー。バックトゥザフューチャーと言えば、デロリアンですよね。

初めて映画の中でデロリアンを見てめっちゃテンション上がりました。夜寝れなくなったほどです(笑)

実は6月16日~17日に、あのデロリアンに乗れるイベントがお台場で開催されるんです。これは行かなきゃいけませんね。と言うことでデロリアンと会場であるMEGAWEBについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

お台場メガウェブで開催されるヒストリックカー同乗試乗会に急げ!

引用:MEGAWEB公式HP

2018年6月16日~17日の2日間、お台場のMEGAWEBで「ヒストリックカー同乗試乗会」なるイベントが開催されます。そこでデロリアンが試乗できるんです。

ヒストリックカー同乗試乗会とは?

MEGAWEB内にある「ヒストリーガレージ」に所蔵されているクラシックカーに乗れるイベント。

1950年~1960年代に活躍したクラシックカーの試乗が可能。

ここがMEGAWEB内のヒストリーガレージです。

こんな場所でクラシックカーに乗れちゃうなんて…車好きには涎もんのイベントですね。車をよく知らない源十郎ですが、にわかクラシックカーファンなんです。

車の名前とかは全くわかりませんが、現代の車にはないあのデザインは見ているだけで惚れ惚れしちゃいます。

それに子供もクラシックカーが好きなんです。ピクサーの映画「カーズ」のドックハドソンを見てから好きになったみたいですね(笑)ドックハドソンのトミカも持ってますよ。

東京近郊にお住まいのクラシックカー好き親子、バックトゥザフューチャーファンには是非足を運んでもらいたいイベントです。

 

ヒストリックカー同乗試乗会で試乗できるクラシックカー一覧

こちらが今年試乗できるクラシックカー一覧です。今年は10台のクラシックカーに乗ることができるみたいですよ。

・キャデラック シリーズ62【1959年式】
・GM シボレー インパラ【1959年式】 
・ジャガー Eタイプ ロードスター【1967年式】
デロリアン DMC-12【1981年式】
・フォード マスタング コンバーチブル【1964年式】
・トヨペット クラウン RS41【1963年式】
・メサーシュミット【1960年式】
・スバル 360【1966年式】
・フィアット 500D【1962年式】
・BMW イセッタ【1960年式】

引用:モーターマガジン

キャデラック、シボレー、ジャガー、BMW…などなど、車初心者の私ですら聞いたことのある名前が並んでいます。でも、普段決してお目にかかることの出来ない車ばかりですよね。そもそもクラシックカーに乗る機会がありません(笑)

源十郎のようなにわかファンなら、クラシックカーを目にするだけでテンションが上がっちゃいますし、自分で運転できるなんて…まるで夢のような時間です。

あぁ~、書けば書くほど行きたくなります(笑)弾丸東京旅行を計画したい気分です。

その中でもデロリアンが目を引きますよね。でも…ちょっと待ってください。

デロリアン DMC-12【1981年式】」

何故、型式と年数が書かれているんでしょう。デロリアンって映画のために作られた車なんじゃないの?と思ったそこのあなた。デロリアン、実はアメリカで実際に販売された車だったんです。

しかし、実際に売られていたのは2年。販売元の会社もなんだかんだ7年ほどで倒産してしまいました。世界で一番有名な車の一つと言っても過言ではないデロリアン。その数奇な歴史をたどってみましょう。

 

デロリアンがバックトゥザフューチャーに登場するまで

引用:John DeLorean-Wikipedia

バックトゥザフューチャーに登場するあの車、デロリアンと呼ばれていますが、正式なモデル名はDMC-12販売していた会社の名前がデロリアンなんです

しかも、デロリアンと言うのは創業者であるジョン・ザッカリー・デロリアンの名前から取られたそうです。ミニバンの比較記事でご紹介したシトロエンも創業者の名前でした(笑)

会社に自分の名前をつける人=目立ちたがりと言うのが、源十郎の持論です。御多分にもれず、この人もだいぶクレイジーガイだったみたいです(笑)

シトロエンのご紹介をした記事がこちらです。ミニバン車種の比較記事です。

人気おすすめミニバンをサイズ別に28車種比較!家族が増えたら!?

2018.04.09

創業者のジョン・ザッカリー・デロリアン、理想の車を作ると言い出し会社を辞める

デロリアンを立ち上げる前、ジョンさんはゼネラルモーターズの副社長をしていました。ある日、理想の車を作りたいと言い出しゼネラルモーターズを辞職します。

彼が作りたかった車こそ、バックトゥザフューチャーでタイムマシンへと華麗なる変貌を遂げたDMC-12だったんです。デザインはイタリアの超有名工業デザイナーにお願いし、設計はスポーツカーのメーカーにお願いしたそうです。

外観はメンテナンスがいらないようにステンレスで覆い、あえてやすりでザラザラ加工にしたらしいです。あのザラザラな感じ、良いですよね。いぶし加工と言うか、使い込んである感じがめちゃくちゃカッコ良いなと幼いながらに思ったものです。

現在日本で売られている車はだいたいピカピカですから、あんなザラザラな感じの車が走っていたら思わず見入ってしまいそうです。ジョンさん、素敵なセンスの持ち主だったんですね。

DMC-12が登場したのは1981年なので、DMC-12を生み出すのに6年の月日がかかったことになります。色々な想いが込められていたのでしょう。

DMC-12が幻の車となってしまった原因

事前の宣伝効果もあり、ジョンさん渾身の新車DMC-12は事前予約が殺到しました。初年度の売れ行きは好調だったようですが…キャンセルが続出してしまいます。

その理由は価格。DMCの販売価格は現在の価値で言うと1,600万円。当時の中流家庭の年収よりも高かったんです。

当時のアメリカは急速に景気回復に進んでいました。しかし、その景気回復もあっという間に止まってしまったんです。

そういった背景に加え、DMC-12は価格が高い割に走行性能は平凡だったんだとか。同じお金を出せばもっと性能の良い車が買えたそうです。

そんなこんなで、次の年にはあっと言う間に売り上げ不振になってしまいました。理想の車を作るってゼネラルモーターズを飛び出したのに、平凡で高い車を作っちゃうジョンさん…。

愛すべきバカと呼ぶべきか、夢を負い過ぎたというか(笑)源十郎、ジョンさんの半生を知って苦笑いが止まりません。

デロリアンの売り上げ低迷に追い打ちをかける不幸:社長の逮捕

苦笑い人生のジョンさんとデロリアン。まだまだ不幸は続きます。

この後、DMC-12の売り上げ低迷に追い打ちをかける出来事がさらに起こります。社長であるジョン・デロリアン自身がコカイン売買に関わったとして逮捕されてしまったんです(笑)

この展開には源十郎びっくり。当時のジョンさんと友達だったら、しっかりせぇよ!とどついていたと思います(笑)

社長の逮捕によって資金繰りがうまくいかなくなり、1982年にデロリアンはあっさり倒産してしまいました。しかし、これだけでは終わらないのが我らがDMC-12です。

DMC-12の生産終了から数年後、世界の巨匠スティーブンスピルバーグがバックトゥザフューチャーのタイムマシンにDMC-12を起用するんです。当時のスティーブンスピルバーグさんも、ここまでDMC-12が有名になるとは思っていなかったでしょう。

映画は世界的大ヒットとなり、DMC-12も近未来の象徴として熱狂的なファンを獲得した訳です。

 

DMC-12の現在は?

引用:DeLorean motor company

数奇で悲しい人生を歩みながらも、バックトゥザフューチャーで人気を盛り返したDMC-12。何と現在、いまだに売られているんです(笑)

デロリアンが倒産した後、その設備を買い取った猛者がいたんです。彼の名はスティーブン・ウィン。

スティーブンさんは、デロリアンの設備を買い取った後修理のみを引き受ける形でDMC-12の命の火を消さずに頑張っていました。そして2008年、DMC-12を再生するために立ち上がったのです。

DMC-12の販売会社、デロリアン・モーター・カンパニーのサイトはこちら。

デロリアン・モーター・カンパニー

中古車の販売と修理用のパーツ販売がメインのようですが、新車注文も可能らしいです。DMC-12が今も買えるなんて、昔の源十郎が知ったらぶったまげるでしょう。

デロリアン・モーター・カンパニーのサイト上ではcoming soon…となっていますが、スティーブンさんそろそろ何か凄い発表をしてくれそうな気がします。と言うか、源十郎が凄い発表をして欲しいだけです(笑)

ですが、2011年にスティーブンさんはベンチャーの電気自動車メーカーと協力してDMC-12を電気自動車化する計画があると発表したそうです。DMC-12が電気自動車化するなんて、タイムマシンとはいかずともバックトゥザフューチャーにあったように空を飛ぶ車への進化の一歩のように感じてしまいます(笑)

私は家庭をありますから、宝くじの1等をあてない限りDMC-12を買うことは無理でしょう。が、独身で今よりお金をもーっと持っていたら買ってしまいそうです。

DMC-12は実用的ではなくても、近未来を感じるドキドキワクワク感がありますよね。小さい頃に夢見たSF世界と現実をつないでくれる架け橋的存在と言うか、まだ何も知らなったあの頃、未来への想像を掻き立ててくれた象徴です。

それがアメリカに行かずとも乗れるなんて…6月16日と17日はやっぱりお台場に行かなきゃいけませんね。あの頃のドキドキとワクワクをもう一度体験したいです。

スポンサーリンク

 

ヒストリックカー同乗試乗会の会場、お台場MEGAWEBが凄すぎる

引用:MEGAWEB公式HP

デロリアンことDMC-12もすごいですが、DMC-12試乗できるイベント「ヒストリックカー同乗試乗会」が開催されるお台場MEGAWEBもすごいんです。簡単に言うなら、大人も子供も楽しめる車のテーマーパークって感じです。全然一言じゃなくてごめんなさい(笑)

MEGAWEBは色々な施設が入ったトヨタのショールームです。「見て乗って感じる」をテーマに、色々なコーナーがあります。

  • どこよりも早く新車が生で見れるトヨタシティショーケース
  • 世界の名車に出会えるヒストリーガレージ
  • 子供でも車に乗れるライドスタジオ
  • 好きなトヨタの車に乗れるライドワン

大人にとっては、いつでも好きな車に乗れるライドワンが魅力ですよね。車好きの小さなお子さんをライドスタジオなんて連れていこうものなら、帰れなくなってしまいそうです。

今回ご紹介しているヒストリックカー同乗試乗会以外にも、定期的に色々なイベントをやっているそうです。東京近郊にお住まいの車好きにとってはいつ行っても楽しめる天国のような場所ですね。

車好きのカップル、車が大好きなお子さんを持つパパママ、リタイアしてこれから自由な時間を楽しみたいご夫婦などなど、老若男女問わず楽しめる場所だと思います。大阪にもこんなのあれば良いのに…と思っちゃいますね(笑)

お台場MEGAWEBのサイトはこちらからどうぞ。

MEGAWEB公式HP

ツイッターもやっているみたいなので、是非調べてみてくださいね。

2018年5月末現在、MEGAWEBのホームページにヒストリックカー同乗試乗会の情報は載っていませんでした。が、6月の土日はこのイベントの他に、ヒストリーガレージをガイドさんと一緒に回るツアーが開催されているそうです。

東京近郊の皆さん、特に車好きのパパやお子さんを持つママさん。是非、お台場のMEGAWEBに連れていってあげてくださいね。

トヨタと言えば、先日アルファード・ヴェルファイア・シエンタがリコールされてしまいました。そのあたりも調べてみたので、良ければこちらもご参考に。

シエンタがリコール!不具合を調査してみた!トヨタ大丈夫か?

2018.05.27

アルファードとヴェルファイアがリコール?不具合を徹底解説!

2018.05.27

ヒストリックカー同乗試乗会の詳細

■開催:約20分/回・コース2周
→6月16日(土)11:20~19:00
→6月17日(日)13:00~19:00
■開催場所:MEGA WEB トヨタシティショウケース1F ライドワン
■料金:500円/台(「Cafe&Barグリース」1ドリンク付)
■対象:身長120cm以上 ※中学生以下は当日保護者の同意が必要。
■受付:事前予約 電話0800-0800-489(前日まで受付)
※1回の電話で、1名1日2台まで予約可。
※事前予約で枠が埋まった場合、当日予約(11:00~)はなし。

引用:モーターマガジン

お台場MEGAWEBの詳細

営業時間

トヨタ シティショウケース 11:00~21:00
ヒストリーガレージ 11:00~21:00
ライド スタジオ 11:00~19:00
ライドワン (試乗) 11:00~20:00

引用:MEGAWEB公式HP

直近の休館日

  • 5/21(月)
  • 6/18(月)
  • 6/19(火)
  • 7/17(火)

アクセス

引用:MEGAWEB公式HP

  • 東京テレポート駅徒歩5分
  • 青海駅直結

らしいです。お台場は場所そのものがテーマパークみたいになっているイメージがあります。MEGAWEB以外にも楽しそうな場所がいっぱいありそうですね。

ヒストリックカー同乗試乗会に参加して、その後別な場所でご飯食べたり、買い物して海見て…と遊んでいたらあっという間に一日終わりそうです。私はきっとヒストリックカー同乗試乗会には行けませんが、東京に住んでいる方は是非遊びに行ってみてくださいね。

 

まとめ

  • デロリアンことDMC-12に試乗できるイベントは「ヒストリックカー同乗試乗会
  • 開催日は6月16日と17日
  • DMC-12の販売元デロリアンは数年で倒産してしまった幻の会社だった
  • その後バックトゥザフューチャーで人気再燃。現在はデロリアン・モーター・カンパニーが販売している
  • ヒストリックカー同乗試乗会のイベントを行うMEGAWEBは車のテーマパーク
  • 定期的にイベントをやっていて、大人も子供も楽しめる
  • MEGAWEBは東京テレポート駅徒歩5分・青海駅直結

DMC-12を調べている間、とにかく懐かしい気持ちでいっぱいでした。バックトゥザフューチャーを初めて見た時の衝撃を思い出したりすごく楽しかったです(笑)

車の燃費とか維持費とかどうしても車の実用的な面を重視してしまいがちですが、DMC-12みたいな車は夢があって良いですよね。DMC-12はただの車ではなくて世界中の大人と子供の夢を乗せた車だと思います。

そんなDMC-12とご対面、運転できるまたとない機会です。お近くの方は是非足を運んでくださいね。レポート待ってます(笑)

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください