クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

車は人生で最も高い消耗品の買い物。これは仲良しの営業マンさんの名言です。その通り、車の購入ってお金がかかりますよね。

じゃぁ…中古車?なんて選択肢も出てきますが、やっぱり新車が良い。私たちは新車をできるだけ安く買いたいんです(笑)

ノアの新車価格はだいたい300万円ですが、それが250万円で買えたら最高ですよね。300万の価値あるノアにもれなくハワイ旅行がついてくるようなもんですもん。

その願いが値引き交渉術を知っているだけで叶っちゃいます。知は力なりです。ちょっとした知識を得てノアと50万円分の幸せをゲットするか、何も知らずに300万の請求書の前で頭を抱えるか…どちらが良いでしょう。

値引き交渉術を知りたい方だけ、お付き合いください。源十郎の本気をお見せします。

車を安く買い換えたい方必見

新車をできるだけ安く買うコツとしては、新車の値引きをしてもらうことに加えて、「今持っている車をどれだけ高く買い取ってもらうか?」も大切です。

自分の車の最高売却額を簡単に知る一番かんたんな方法は、複数の買取業者に比較してもらい競合させることです。自分の車の最高売却額を知っておくと、値引き交渉時の最高の手札となります。

「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

できれば無料査定を行ってから最後まで読み進めていくと値引きについてグッと理解が深まりますよ。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→45秒の無料査定で愛車の最高売却額をとりあえず知っておく。

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

 

実際に新車買った時の値引き額は〇〇円?値引き交渉テクニック使用体験談

何事も百聞は一見にしかず。今回ご紹介するノアではありませんが、私がセレナを実際に購入した時の値引き額をお見せします。オプションも丸裸一挙大公開です。

じゃじゃーん。って文字が小さくて何がどれかわかりませんね(笑)ではでは…値引き金額にズームイン!!

何と言うことでしょう。源十郎さん、車両本体価格もオプションも値引きに成功しました。その額何と…約50万!!

グーグル先生から、よくできましたハンコをもらえましたよ。この値引き額はネットで紹介されている値引き成功談の中でも上位3位にはランクインします。

自分の手柄のようにご紹介していますが、ディーラーに勤める友人から教えてもらったアドバイスをそのまま実践しただけなんです(笑)ただ、このアドバイスは販売店ディーラーの裏情報に基づくもの。やっぱり餅は餅屋、車の購入は販売店ディーラーの裏情報を知る者に聞くのが一番効果的ですね。

私はこのテクニックでセレナを破格の値段で買いました。が、どんな車にも応用が利くんです。メーカーが違ってもバッチリOKです。

車初心者の私源十郎ですらこんだけ値引きできました。だから、このテクニック通りに交渉すれば誰でも大幅な値引きに成功するでしょう。

車を買うためにとっておいた数十万を別なことに使えます。将来の蓄えに残すのもあり、奥さんを喜ばせるのもあり、買う予定の車をグレードアップ、かっこ良くカスタムすることだってできますよ。

破格の値段で車を買えたマル秘テクニック。その全てを暴露させて頂きます。

 

購入予定の車の値引き額の相場を知って目標額を決める

何事も目標を決めることが大事です。目標があればテキパキ楽しく値引き交渉計画が建てられます。まずは値引き目標額を決めましょう。

目標額を決めるために一番大事なのは相場を知ること。新車の値引き額の相場目安は約10%です。

ノアなら300万×10%=30万円。

もちろん同じノアでも、50万円になることもあれば15万円になることもあります。メーカーや車の種類でも値引き額は変わりますので、あくまでもひとつの基準です。

源十郎
トヨタのノアなら30万円値引きできたら値引き大成功、自分で自分を褒めて良し!

車の値引き額の目標を決める、でもその前に

値引きの相場を把握したら、いよいよ目標額設定です。そのためにどのくらい値引きができるか調べる必要があります

先ほどお伝えした価格の10%と言うのは、あくまでも車全体の値引き相場額です。もしかしたらノアの値引きできる価格相場とは全然違うかもしれません。

ノアの値引きについて何も知らないまま販売店ディーラーに行って値引きしてもらっても「果たしてこの値引き額が良いのか悪いのか」判断できません。

源十郎
野菜が100円高騰!と言うニュースを見た後に覚悟を決めてスーパーに行ったら、お目当てのキャベツだけ200円高騰してた!めっちゃショック!ってことだよね
さくら(妻)
パパ、その例え30点よ!

小麦粉製品の値引きが10%でも、ケーキやパンで値引き額が変わるんですって方がわかりやすくないかしら?(ドヤ)

私と奥さんの例え合戦はさておき、欲しい車が決まったらいくらまで値引きできるのか下調べをします。グーグル先生に聞けば、アホほど値引き体験談が出てくるので、どのくらいの値引き額が多いのかを徹底的にリサーチです。

できれば失敗談と成功談両方を集めましょう。成功談ばかり見ていると自分の中だけで勝手に相場額が上がる可能性もあります(笑)

どれだけ下調べするかで値引き交渉の成功率が決まります。客観的に冷静に相場を見極めるのです。

車の値引き額の目標を決めよう

徹底的に下調べをしたら、いよいよ値引き目標額の決定です。決定した目標額を超える値引きを提示されたら、そこでストップです

値引き交渉術はギャンブルに似ています。値引き交渉しているうちに欲が出てきて、もっともっと…!となる可能性があります。異国の市場でぼったくり相手に値引きする感じにも似ているかもしれませんね。やりすぎると相手にされなくなるかもしれません(笑)

それに、車を買ったお店とは長いお付き合いになることが多いです。車検やちょっとした点検、修理依頼もあるかもしれません。ディーラーが困った時の駆け込み寺的存在になることだって考えられます。

良いお付き合いが続けば、思わぬお得情報を教えてもらえることもあるそうです。逆にお付き合いのしょっぱなに悪いイメージを与えると何かと大変です(友人談)なので、値引きの目標額はブレないようにして、目標を超えたらそこで交渉成立としましょう。

販売店ディーラーの利益を知る

値引きの目標額を決めるために、販売店の利益を知っておくことも大事です。ディーラーで買いたい車を値引きして欲しい時、「この車を売ることでディーラーはどのくらい儲かっているのか?」を前もって知っておくってことですね。

と言うのも、ここから値引きの限界を計算することができるからです。

  • 希望車の値引き額相場=目標額の目安
  • 販売店ディーラーの利益=値引きの限界額

って感じです。

希望車の値引き相場と同様しっかり頭に叩き込みましょう。

で、一般的に、車両価格の約10%が業者の利益となります。先ほどお伝えした値引き額の目標と同じなんです。ここでアレ?と思う方もいるはず。

値引きの限界相場は価格の約10%です。てことは…ディーラーの儲けはなしになってしまいます

この理論だと、日本中のディーラーは今頃全滅しているはず。でも、ディーラーは現在もありますよね(笑)実は、ディーラーは車本体「以外」で儲けを出すのです。

源十郎
やったー!50万円値引きしてもらえた!満足満足!
さくら(妻)
パパ頑張った甲斐があったね!おめでとう!今日はお寿司でお祝いパーティーね!
営業マン
ご購入ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。で…自動車保険はどちらのご予定ですか?私、もっと頑張っちゃいますよ!
営業マン
メンテナンスパックはどうしましょう?定期的な検査がおススメですのでつけて頂くと安心かと思います。
営業マン
新車はずっと綺麗にしていたいですよね。ガラスコーティングならずっとピカピカに保てますよ。せっかくの新車ですからねぇ…是非!
源十郎
確かにそうですよね。じゃぁ…いいや!全部お願いします!

(値引きしてもらったし、これくらいいっか!!)

営業マン
あ、ありがとうございます!!本当に嬉しいです!

(ひゃっほーい!あざーす!車は値引きしたけど結果オーライ!こちらも今夜はお寿司だな…ムフフフ)

このやりとりって、車を買う時あるあるですよね。今日も日本のどこかでこのやりとりが行わているでしょう(笑)実はこういったところでもディーラーは利益を出しているんです。

さらにさらに、車のディーラーには忘れてはならない「大きな儲け」があるんです。それはメーカーからの販売報酬金です。「メーカー?販売報酬金?」聞きなれない言葉にはてなが並びそうですが、それもそのはず、これはディーラー内部にいる人しか知らない秘密の報酬金なんです。

簡単に言えば「10台売ったらご褒美あげるよ」ってことです。テストで全教科100点取ったらNintendo Swith買ってあげるよっていうアレです。車の世界でもご褒美システムってあるんですね(笑)

販売報酬金の額は車を一台売る度にももらえたり、1月~6月までって期間が決められていたり様々です。年間になると数億もらえることもあるんだとか。(ディーラーで働いていた友人曰く)

ってことは…車体価格を値引きして利益があまり出なかったとしても、この販売報酬金があれば大丈夫らしいですよ。このからくり凄くないですか(笑)なんかもう笑っちゃいます。

でも、買う人は値引きが成功してハッピー。営業マンもちゃんと他の所で儲けられるからハッピー。こうして車の世界は成り立っているのです。winwinですね。お金が巡り巡ってる感半端じゃないです。

購入希望車の値引き額の相場と口コミを「価格コム」で調べる方法

いよいよ本題では。まず、購入したい車の平均的な値引き額を調べるところから始めましょう。

調べ方はとっても簡単。スマホがあれば今すぐできちゃいますよ。一番おすすめなのが総合口コミサイトで実際に値引きに成功した人の口コミを見まくることです。

有名どころでは、

ですね。教えてgooやヤフー知恵袋は実際に商談中の人が周りにヘルプを求めていて、すごくリアルですよ。値引き交渉に迷いが生じた時、思い切って教えてgooやヤフー知恵袋に投稿するのもありかもしれません。

ここでは、私が見た感じ一番わかりやすかった「価格コム」で調べ方をご紹介します。価格コムだと希望車の値引き額相場が一発でわかるんです。

まず、

価格コム 値引き額が知りたい希望車 値引き

で検索。一発で値引き額相場がわかります。

今私が乗っているセレナで検索してみます。

価格コム セレナ 値引き

で検索します。

 

 

すると1ページ目に価格コムのサイトが出てくるのでクリック。ちなみに1ページに出てくるのは全部価格コムです(笑)

 

 

すると、こんな感じで購入希望者の相場価格の口コミを見ることができます。

※注意:価格コムのサイトから希望者の値引き額ページに進む時、少しわかりにくい場所にページがあります。ここだけ気を付けて!

 

トヨタノアを実際に値引きした人たちの口コミ体験談

トヨタのノアを購入した人はどれほどの値引きに成功したのでしょうか。先人の経験に勝るものはありませんので、しっかり見ていきましょう。

値引きについて詳細に書いてくださっている方の口コミをピックアップしました。それではどうぞ。

車両価格45万の値引きに成功!

購入車:トヨタノア2014年モデルSi(7人乗り)

購入時期:2016年4月

新車価格:273万円

車両値引き額:45万円

オプション値引き額:0円

ステップワゴン、ヴォクシー、セレナと検討して条件のよいノアにしました。

運転席側パワードア、寒冷地仕様、DOPナビ、リアモニタなどを付けて43万円引き。

下取りも他社より20万円良い条件を回答してくれたので購入しました。

契約後に発売のG’sも同条件だったらしく、予算オーバーでしたがむりすれば良かったと少し後悔もありますが、ミニバンに求めるものは満足しているので良い買い物でした。

引用:価格.com

この方は初めてのミニバン購入だったようです。ミニバンは車体が大きいだけに他の車より価格が上がるんですよね。それで値引きが成功するのはめちゃくちゃ嬉しいと思います。

他のメーカーの車や他モデルと検討すると担当の方は頑張ってくれるのでしょう。より良い車を買うだけではなく、お得に車を買うためにも他の車と比較することが大事ですね。

車両価格35万円・オプション10万円の値引きに成功!

購入車:トヨタノア2014年モデルSi(7人乗り)

購入時期:2017年10月

新車価格:277万円

車両値引き額:35万円

オプション値引き額:10万円

ディーラーには、値下げをさせるために「セレナやヴォクシーも検討している」と伝えました。営業マンも若くて熱心。ビッグXも取り付けてもらえるとのことで、後は金額次第。
最終的には、36万円の値引きプラス取り付け予定だった約10万円分(ガラススモーク&フロアマット)のオプション無料で決着。

引用:価格.com

こちらも他のメーカーや車も検討しているアピールパターンですね。「他の車も検討している」は担当さんの心を揺るがせるキラーワードでしょう(笑)

オプションを無料でつけてもらえるのも嬉しいです。欲しいオプションの中から無料にしてもらえそうなものをピックアップするのも良いかもしれません。

車両価格35万円・オプション(下取り?)価格5万円の値引きに成功!

購入車:トヨタノア2014年モデルSi(7人乗り)

購入時期:2014年9月

新車価格:267万円

車両値引き額:35万円

オプション値引き額:5万円

やはり決めては、41万の値引きですね。(オプション総額36万)

13年落ちの13万キロの下取り車を5万円、本体で36万ほど値引きしてくださいました。

正直ボクシーにしようと思いましたが、営業マンが非常に良い人で、ノアに決定しました。

ステップワゴンに決定するつもりで、ホンダに行き、総額51万の値引きを提示されましたが、ノアSiとの価格差が、数十万程度、、、この差で半年後には旧型になる。。。

少し考え様と思い、トヨタカローラ○○の○○営業所に電話、頑張りますよ! との一言に、押され訪問。予想以上に頑張ってくれたので、即決でした。

引用:価格,com

オプション価格が5万円と書いてありますが、口コミを読む限り下取り車を値引きしてもらったようですね。ステップワゴンでは51万円の値引きにも成功しているなんて…すごいです。

ですが、値引き額が高くても大事なのは、実際に払う金額ですよね。ここめちゃくちゃ大事だと思います。

車両価格10万円+オプション価格5万円の値引き+クレジットカードのポイント1.5倍ゲット!

購入車:トヨタノア2014年モデルSi 4WD(7人乗り)

購入時期:2014年9月

新車価格:286万円

車両値引き額:10万円

オプション値引き額:5万円

支払い時、トヨタカード支払い上限を60万円から100万円にアップしてもらい、100万円をカード一括で支払ったのに対して、ポイントが1.5倍ついた。

残金も一括で振り込み、スッキリ。小さいことだが、振り込み手数料はディーラーで負担してくれた。

このカード支払いについては、地域差やディーラーによる違いがあるのか、各板で意見の相違が見られたため、ディーラーに確認することを勧める。

※ショップ評価にもなる部分だが、ついでということで記載。

引用:価格.com

こちらは値引き額は少ないですが、クレジットカードのポイントをたんまりもらえたようです。こんなマジックもあるんですね、源十郎この発想はありませんでした。

調べてみると、トヨタカードのポイントはJAL・ANA・auWALLET・Suicaに移行できるみたいですよ。クレジットカードのポイントってバカにできませんよね。ポイントやマイルを上手に使っている方にとって、これは現金の値引きよりも嬉しいかもしれません。

他の口コミを見ると、40~50万の値引きに成功している方は、価格は妥当だとおっしゃっているみたいですね。担当の方が頑張ってくれましたなんて担当さんをねぎらう口コミもありましたよ。

価格コムに掲載されていた値引き金額をまとめると

口コミ体験談で詳しくは書かれていませんでしが、車両価格+オプション価格で100万円の値引きに成功した猛者もいましたよ(笑)そこで、価格コムに掲載されているトヨタノアの値引き額をまとめてみました。

値引き最高額

  • 車両+オプションの合計:100万円値引き
  • 車両:65万円値引き
  • オプション:50万円値引き

値引き最低額

  • 車両+オプションの合計:値引きなし
  • 車両:値引きなし
  • オプション:値引きなし

値引き金額平均

  • 車両+オプションの合計:36万円
  • 車両:25万円
  • オプション:10万円

値引き金額の割合を画像にしたものも合わせるとこんな感じです。

合計値引き金額は20~59万円までが一番多く、車両値引き金額は20~39万円が多いですね。オプション値引きはだいぶばらつきがありますが。やっぱり相場の10%は本当かもしれません。

ですが、同じトヨタのノアでも、100万円値引きした人もいれば1円も値引きできなかった人もいる訳です。新車は値引きが大前提なので値引きを一切できなかったと考えると100万円損した気持ちになります。

100万円あったら別荘や温泉付きの土地買えますよ(笑)この差はしゃれになりません。値引き交渉術、これは使わなくちゃいけませんね。

 

トヨタノアを限界まで最大値引きするテクニック12選

新車の値引き額の相場は約10%と言われていますが、何もしないで勝手に10%安くなる訳ではありません。自分から交渉して勝ち取る10%の値引きなのです。「少しでも安く買うぞ!」という意気込みと交渉する時のテクニックを持ちましょう。

でも、正直調べるのめんどくさいんですよね(笑)購入する車を決めるまでに、他メーカーの比較とかめっちゃ調べてますもんね。「もうこれ以上調べたくなーい!」という方も多いはず。

そんな方のために、交渉が苦手でもできる簡単な交渉術12個をご紹介します。覚えておくだけで、最高値引き額達成も夢じゃありません。

源十郎
これだけ知っておけば、値引き額はぐっと大きくなるよ!
さくら(妻)
パパがんばってー!値引き成功しなかったら、当分ご飯はなしよー!

テクニック1:決算月を狙う。狙い目は1月2月3月

ディーラーの決算月、実はめちゃくちゃ値引きされやすい時期です。なので、決算月に車を買うのがおススメです。決算月は3月と9月ですが、3月の方が良いでしょう。

と言うのも、決算月は一番車を売りたい月なんです。メーカーからもらえるご褒美である販売奨励金は車の販売台数で決まります。なので多少値引きしても車が沢山売れればOKと言うのがディーラーの本音(笑)

車を購入する時期が選べるのならば、年が明けて1月2月にディーラーに行き、3月までに車を買いましょう。これで値引きを最大限に引き出せるはずです。多少強気でも案外うまく交渉が進むかもしれません。

テクニック2:現行モデル末期を狙う

モデル末期とは、マイナーチェンジやモデルチェンジが囁かれる頃に売られているモデルのことです。iphoneの新しいモデルの噂が出始めると、現行のiphoneは安く売りだされることが多いですよね。からくりは全く同じです。

ディーラーとしては、新しいモデルが出た時に旧モデルの在庫はあまり持っていたくありません。多少安くしても売りさばいていまいたいんです。

マイナーチェンジやモデルチェンジの噂が出るとやっぱり新しいのが欲しくなります。が、現行モデル大幅値引きのチャンスです。値引きを優先したいなら新モデルの誘惑にはじっとこらえましょう。

それにモデル末期はマイナーチェンジで改善が繰り返されている訳ですから、車として完成に限りなく近いものです。新型に比べて不具合は少なく、修理などの手間も省けるはずです。

もし、モデルチェンジの話が出ているなら、モデル末期のものを沢山調べながらギリギリまで待ちましょう。

テクニック3:今の所有車は下取りではなく買取業者に売却する

車を購入する時、車体やオプションを値切るにも限度があります。交渉術で車体とオプション価格を最大限まで値引きするのも大事ですが、さらにさらに車を安く買うためには「今の自分の車を高く売る」ことが重要です。

実はディーラーの業者は、車を下取りする時に相場よりも安い値段で下取りします。めちゃめちゃ安いんです(笑)

理由は一つ、下取りした車を売って儲けることがディーラーの目的ではないからです。ディーラーの営業マンは「自分のお店の車をどれだけうれるか?」によって成績と報酬が決まります。「下取りした車を高く売る」ことでは評価されません

iphoneも同じです。ドコモやauなどで下取りしてもらうより、中古下取り業者の方が高く買い取ってもらえます。2倍くらい違うこともありますよ。ドコモにとってiphoneを下取りするのは、ついでのようなものだからです。

これは車も同じ。車の買取業者は「安く買って高く売る」ことが目的なので、買い取り業者の方が断然高く買い取ってもらえるんです。

平均すると約30万円くらいの差が出ます。

もちろん、車の種類や状態、色によって差は変わります。5万円になったり50万円だったりピンキリを見るとかなり違いますが。

私はトヨタのラッシュを買取業者に売って、セレナに乗り換えました。ディーラーでの下取り額は30万円でした。で、ネットで下取りを調べた時のことを思い出したんです。

「ネットで調べたらもっと高かったのになぜ?」と、試しに買取業者で買取額の見積もりをお願いしました。その時に無料買取査定を使ったんです。

その結果…何と88万円で買い取ってもらえました。下取りの約3倍です(笑)

危うく60万円程損するかもしれなかったのは、下取りと買取の違いをよくわかっていなかったからです。

「ディーラーも中古屋さんも、買い取り額はどこも似たようなもんだろう。だって相場があるからね」と思っていたのがそもそも大きな間違いだったんです。いや~知らないってことは怖いですね。

損するまでに気づいて本当に良かったです。危うく奥さんに家から出されるところでした(笑)

私はちゃんと買取業者に連絡し、事前に調べていた相場額よりも良い値段で買い取ってもらうことができました。下取りも車の購入も同じお店でできるのが楽ですが、お金には変えられません。

販売店で下取りしてもらうのではなく、買い取り業者に車を買い取ってもらう。これは鉄則です。

源十郎
ディーラーの友人からきいた裏情報:買い取り業者は買った車を高い値段で売れる秘密ルートを持っているから、高い値段で買い取ってくれるんだよ。

一方ディーラーは下取りした車は代車に回すくらいしか使い道がなく、秘密ルートもない。だから、下取りが安くなっちゃうんだ。

さくら(妻)
そんなこと知ってるパパ凄い!1mm見直したよ!

テクニック4:古い車は売れるの?どうする?

基本的に古い車は下取りに出すと100%値段がつきません。古い車の中でも、買ってから10年を超えていたり、走行距離が10万キロを超えるともうお手上げです。

私の父親が車を買い替える時、古いステップワゴンを売ったところ何と1万円でした(笑)1万と聞いて声を出して笑いました。

だって1万円(笑)家族で焼肉にも行けませんよ。ステップワゴンをレンタカーで6時間も借りられません(笑)本当に車一台の値段なんでしょうか。

この時の私は無知で下取りと買い取りの違いを知らなかったので、そのまま下取りしてもらうことになりました。今思い出してもあれは悔しかったですね。

だって、買い取り業者に買い取りをお願いしていたら、1万円のステップワゴンは間違いなく数十万円にはなってましたもん。もう10年も昔の話なので、仕方ないですがあの頃の自分に「調べとけ!」と言ってやりたいです。

事故車や廃車に近い状態ならどうする?

世の中って不思議です。自分にとってもう必要のないものでも、誰かにとってすごく必要なものだったりします。メルカリがビジネスとして成り立っているのはこの不思議があるからでしょう。事故車や廃車もその一つ。

何とこの世の中、事故車や廃車の専門買い取り業者が存在するんです。廃車にすると1~2万円諭吉が羽ばたいてしまうので、廃車にする前に買い取ってもらえるかどうか買い取り業者に聞いてみましょう。

無料で査定してくれる廃車・事故車の専門買取業社がおススメです。中には廃車にするかどうかはそれからでも遅くないはず。善は急げ、とにかく買い取り業者に連絡です。

買い取り事例その1

  • 平成11年 トヨタ プログレ AT
  • 排気量:2,500cc
  • 走行距離:124,000Km
  • カラー:シルバー
ドア部分にへこみがあり廃車予定だったお車を買取させて頂きました。
買取価格:65,000円
 
買い取り事例その2
  • 平成21年 トヨタ ポルテ AT
  • 排気量:1,500cc
  • 走行距離:28,000Km
    カラー:ホワイト
修復後の海外輸出が可能だった為、高値で事故車買取をさせて頂きました。
買取価格:71,000円
 
こんな事例がゴロゴロありました(笑)廃車にする前の選択肢として買い取り業者への連絡は忘れないでくださいね。

テクニック5:ライバル車の見積もりを取って競合してもらう

これは交渉術の王道ですよね。車でなくとも実践している方が多いでしょう。車でも是非実践してみてください。

本命の車は一番トリに取っておきましょう。まずは自分が欲しい車の「ライバル」の見積もりをもらいに行きます。

私がセレナを買った時は、ノア、ヴォクシー、ステップワゴン、セレナ全部の見積もりを取りにいきました。もはやローラー作戦です(笑)

で、検討した結果、セレナが一番我が家に合っているってことで、セレナを最後に残しておき、購入に至りました。

ぶっちゃけ、ローラー作戦は正直面倒でした(笑)行けば行くほど比較対象が増えて訳わからなくなっちゃうので、2社くらいでも良いと思います。何故なら、そんだけやっても値引き額はさほど下がらなかったからです。全く同じ商品を売っている訳ではないので、値引きできる基準が違うですね。

じゃぁどう使うか。本命の車の商談を始める時、見積もりを即座に見せるんです。ライバル社はこうでしたよと見せるのが一番手っ取り早いですしね(笑)

それにディーラー側も、見積もりを見ることで、どんな車が欲しくてどんなオプションを求めているか一発でわかります。商談の時間短縮にもなりますし、ライバル社の見積もりを見せるのは買う側も売る側もメリットがあるんです

商談の最初に「じゃじゃーん」と見せるのは気が引けますが、ディーラー側も商談に時間をかけたくないはずです。相手にもメリットがあることだと信じて、ささっと見せちゃいましょう。

見積もりは下取り「あり」と「なし」の2つもらう

ライバル社から見積もりをもらう時、必ず今乗っている車の下取り額のありとなしの二つをもらうこと。これ鉄則です。

これでそれぞれの会社の下取り額を丸裸にすることができるんです。下取りじゃなく買い取り業者を使え!でもありましたが、下取り額はどれも驚くくらい安いはずです。

もし、良心的(比較的金額が高め)な下取り額を出されても、まずは無料の買取査定を試してみてください。何故なら、ほとんんどの場合、買い取り業者の方が販売店の下取り額より高くなるからです。そうじゃなければ、車の買い取り業者が存在価値がなくなってしまいますからね。

下取り額がそれなりに高いってことは、買い取り業者の査定額も高いはずです。「販売店下取り額高い!やるやん!」と思っても、騙されたと思って買い取り業者の査定も試してみてください。絶対もっと値段がついているでしょう。

下取り額が買い取り業者と同じなら、日本中の買い取り業者は消滅します。我々の知らないところで、車買い取り市場の需要と供給のバランスがうまいこと取れているのです。

何でもそうですが、調べてみるとわからないような裏の仕組みを知ると世の中がもっと面白くなります。

同車種を他のディーラー店舗(経営元が違う会社)に持っていって競合

これは、同じ車種で比較する場合です。大事なのは経営元が違うところに持っていくこと。経営元が同じ違うお店に持っていっても元は同じですから、見積額は変わりません。

例えば、トヨタのプリウス。プリウスは

  • トヨタ店
  • トヨペット店
  • カローラ店
  • ネッツ店

で買うことができます。つまり、4社それぞれ見積もり額を出してもらって一番安いところで買うってことです。

販売店のサイトを見れば簡単に見分けがつきます。会社案内や会社概要で、資本や代表者をチェックしましょう。これらが違う会社で見積もりを出してもらうと結構見積額が変わってきますよ。

経営元が違う会社だと思って行ったら同じ系列だった…ってのは、担当者さんと気まずくなる痛恨のミスです。知恵袋を見ると結構失敗談が載っていましたよ。

担当さんとは長い長いお付き合いになる訳です。他店競合の調査は慎重に

テクニック6:オプションの値引きは車両本体と分けて考える

メーカーオプションとディーラーオプションって聞いたことありますよね。実はオプションには2種類あります。

メーカーオプション:車を工場で作る時に取り付けるオプションのことです。車が完成した後に後付けはできません。

ディーラーオプション:ディーラーがつけてくれるオプションです。フロアマットやナビとかその他諸々、購入後いつでも取り付けられるようなものです。

基本的に、オプションの値引きはディーラーオプションからです。車両本体価格の値引きに決着がついたら、次はオプション値引き合戦が始まります。

オプションの値引き交渉は、車両本体価格を限界まで値引きできたり、自分の目標額に達した段階で始めます。本体価格を値引きしている時に「オプションなんですが~」と切り出すと、こちらが訳わからなくなってしまいます。一つずつきっちり話を進めていきましょう

車体価格の値引きがひと段落したら「オプションをつけたいんですが、値引きしてもらえますか?」と聞いて交渉に入ります。ここまでで、すでに車両本体の値引きは成功しているはずなので、オプションの値引きは控えめにいきましょう。オプションの値引きまでグイグイいくのは得策とは言えません。

ここでのポイントは、オプションの話になった時に希望オプションを全て言わないこと。1番安いものを1つだけ言わないでおきます。なので、商談の前に欲しいオプションと金額はリストアップして、一番安いものを把握しておかなければなりません。

そして、オプションの話がまとまりそうな時に、隠し玉オプションの登場です。「最後にこのオプションを付けて頂ければ言うことなしなんですが…お願いできませんか?」と聞いてみてください。

コツは、一番安いオプションを提示することです。ここで欲を出して5万くらいのオプションつけてもらうのはまず不可能です。

それに気持ち良く売ってもらうこともできないでしょう。今後の付き合いにも影響しそうです。

八百屋さんでおまけにスイカまるまる一個もらうのは無理ですが、さくらんぼ一個くらいならつけてもらえそうじゃないですか(笑)

担当さんからすれば自分の成績表に☆が増えるかどうかの瀬戸際です。一番安いオプションならいっかと思ってもらえるように、欲は出さず謙虚にオプションをお願いすることが大事です。

テクニック7:こだわりがなければディーラー業者で自動車保険に加入しない

車体価格ほどではありませんが、自動車保険料もバカになりません。自動車の保険料を安くすることができたら、車にかかるトータルコストを安くできます。長い目で見るとかなりの金額を抑えられますよ。

こだわりがなければ自動車保険はディーラーで入らないこと。何故なら、基本的にディーラーの自動車保険は店舗型で高いんです。

今ではネットダイレクト保険が流行っていますよね。実際、私の周りでもネットの保険に入っている人がほとんどです。

店舗型保険に入っている人からすると、事故対応力が弱いイメージがあるみたいですね。私も以前はそうでしたが、ここ数年で見違えるように事故対応力は改善されています。

それに、ロードサービスも充実してきて、店舗型保険と張り合えるレベルにまでパワーアップしているように思います。かく言う私もネット保険派です(笑)

セレナを新車で買った時、ついでにディーラーで店舗型の自動車保険に入りましたが、正直めちゃくちゃ高かったです。当時はこんなもんかとしか思いませんでしたが、今思うと笑えるくらい高かったです。何回温泉に行けたでしょう(笑)

最初は大人しく払っていましたが、やっぱり高い。車について調べるついでにネットの自動車保険についても調べてみたら、ネット保険の方が激安でしかも店舗型と遜色ない対応をしてもらえることがわかったんです。

ネット保険に切り替えて、実際5万くらいは安くなりましたよ。旅行分が浮きました(笑)

今も、年間5万以下の保険料で安全に楽しくカーライフ楽しんでいます(笑)

保険って名の知れている大手の方が安心だと思いがちですが、とにかく安さを求めてネット保険に変えましたが、何の不都合もありません

大手の携帯会社から格安SIMに変えて、全く不都合を感じずに携帯が使えている感覚と似ていますね(笑)変えて良かったです。

ただ、苦労したのが「どのネット保険が一番良いか」ってところです。格安SIMも保険のように悩みましたよ(笑)

ネット保険はどれが良いの?と悩んだ時は、こちらを参考にしてみてください。自分なりにネット自動車保険を調べてランキングにしてみました。私が悩んで悩んで調べて調べて出した結論をご紹介しています。

一番素敵なネット自動車保険を徹底調査した結果

車を安く買う時に大事なのは、車を買う時にかかる費用だけではなく車にかかる保険料も安くすることです。

テクニック8:実は簡単な車庫証明を自分で取る

新車を買う時、車庫証明なるものを取らなければなりません。一言で言うと「車置く場所はあるかい?」ってことです。

車庫証明がなければ路上に駐車しなければなりません。駐車違反しっぱなしはさすがにまずいですよね(笑)

そうならないためにも、新車を買ったら警察に車庫証明をもらわないといけません。ディーラーさんがやってくれるしよくわからないからやってもらおうとなりがちですが、車庫証明は個人で簡単に取れるんです。

方法も簡単です。

車庫証明の取り方

  1. 車を購入するディーラーに「車庫証明は自分で取ります」と言います。
  2. ディーラーから必要書類をもらいます。
  3. 警察署へ行って必要書類を提出します。
  4. 後日車庫証明を受け取って、ディーラーに渡して終了。

これだけです。簡単でびっくりですよね。警察署に2回+ディーラーに1回行く手間がかかりますが、書類の前で頭を抱えることはありません。

私がセレナを購入する時は自分で取れるなんて知らず、そのままディーラーにお願いしていました。

こちらがその時の金額です。

 

 

 

どーん。代行費用は何と16,000円!

車庫証明を取りに警察署を往復してもらうだけで16,000円かかったんです(笑)16,000円あれば、遊園地行って美味しいご飯食べて帰ってこれます。とてももったいないことをしてしまいました。

自分で車庫証明を取れることを知ってからは、引っ越しの時の車庫証明も全部自分で取るようになりました。警察行くだけで16,000円得をする訳ですからね。

自分でやれば数千円。手続きも簡単。でもディーラーにお願いすると何倍もの費用がかかります。平日に警察署に行ける人は、絶対に絶対に自分でやった方がお得です。

こんな口コミを見つけたので、紹介しておきます。

これから新車を購入する方の参考になれば、と思い書きます。

販売店の見積もりに、「車庫証明取得代行」という費用で、16000円ほどが計上されてました。調べてみたら、自分で申請すれば2600円ですむことが分かり、本日、自分でやってみました。

販売店で「車体番号」が判明したら、それを申請書に書いて、警察署に届けます。
2600円はそのとき納めますが、現金ではなく「県収入証紙」を銀行で手にいれて貼りつけます。(警察署でも印紙は売っています。)
また、警察署の受け付けが平日の日中のみなので、平日が仕事なら一時抜けるか、休みをとる必要があります。(混み具合にもよりますが、そんなに時間はかかりません。僕は昼休み時間でやりました)

警察署で教えてもらいながら書くような項目もありましたが、大したことはありません。

こちらの警察署では、申請後4日程度で証明書が出来あがる、とのこと。
証明書ができたら警察署に取りに行って、それを販売店に渡す。あとは、販売店が登録手続きをする、という流れです。

これで約14000円が浮いて、それで何かオプションが買えると思ったら、嬉しくなりました。

 

引用:価格.com

最近では書類を揃えて車庫証明を取る他にネットで支払う方法もあります

ディーラーによってはネットで支払う方法を採用しているお店もあるので、書類方式で自己申請することができるかどうか聞いてみましょう。

詳しくは「車庫証明 OSS」とグーグル先生に聞いてみてくださいね。

テクニック9:ローン払いを使う

現金一括とローンでの支払い、ディーラーにとってどちらがお得かご存知でしょうか。答えはローンでの支払いなんです。

理由はローン支払いの時につく金利手数料がディーラーに入るから。なので、現金一括よりもローン払いの方がディーラーは嬉しい訳です。

現金一括でお金を買うほど余裕がない場合は、思い切ってローン支払いを選択しましょう。最近では月々の返済額を抑えられる「残価設定ローン」なる返済方法も登場しました。

残価設定ローンとは?

車両本体価格の一部分を残価(3年後の下取り価格)としていったん置いておいて、残りの金額を分割返済していく方法です。

ローン返済最終回を迎えた後は3つの選択肢があります。

  1. 新しい車に乗り換える
  2. 車をディーラーに返す
  3. 車を買う(残価として残した置いた分を一括買い上げ、もしくは再クレジット)

どうせ下取りしちゃうんだから、とりあえず最初からその分引いておいて残りの分を返済してよと言う方法です。3~5年で車を乗り換える人にはおススメらしいですよ。

メーカーによって、特色が違うので詳細はそれぞれのサイトで確認してください。

残価設定型ローンも普通のローンも、大事なポイントは「ローン払いしか余裕はないけれど、現金払いで車を買いたい」とそれとなくアピールすることです。

その上で交渉する時には現金払いするつもりだという意志を示しつつ、切り札としてローンを出す訳です。「ローン払いなら、もう少し値引きしてもらえますか?」といった具合にです。

現金払いだと手数料がないので、販売店にはうまみがありません。うまみがあるものとないものを出しつつ、こちらも値引きを交渉する。

これがナチュラルにできたら、交渉術マスターでしょう(笑)

源十郎
ディーラーで働く友人の裏情報:実はディーラーは「金利が一番儲かる」らしいよ。だから旨味をチラ見せしつつ、こちらの値引きを引き出すことが大事だね
営業マン
ローンの手数料ががっぽり入るから、多少値引きしてもOK!(ローラ風)でも、ばれないようにポーカーフェイスで決めなきゃ

テクニック10:超必殺奥義「この価格なら今日契約します」

ディーラーからダメ押し値引きを引き出す必殺奥義です。自分が決めていた目標値引き額を勝ち取った後に出しましょう。

この一言で、ディーラーの営業さんがOKしてくれるギリギリの金額を引き出すことができるかもしれないからです

具体的に私がおススメしたいのが、

  • 価格の端数をカットしてもらう
  • 渡してもらう時のガソリンを満タンにしてもらう

ことです。

これくらいなら数千円で済みますし、最後にズバッと言いやすいです。車庫証明や保険について知らなかった私でも、セレナを買う時は「端数をカットしてくれたら、今日ハンコを押します!」と言いました。きっとドヤってたと思います(笑)

ディーラーの営業さん側もすでに商談は成立したと思っているし、これで買ってくれるのならOK!と快く受け入れてくれました。ディーラーの友人曰く、これは最後に言われたら断ることはできないと言っていましたよ(笑)

大事なのは、こちらからのお願いが数千円単位と言うことです。間違ってもタイヤくれー!とかダメ押しで5万負けろー!とか言わないでください(笑)今までの苦労がパーです(笑)

ディーラーの営業さんも私たちも人間。「人対人」の関係なんです。口酸っぱく言ってますが、担当さんとの関係は長く続きます。

互いが気持ち良く関係性を築くために、節度あるお願いをすることが大事なんです。車を取引する中にも礼儀あり、です。

ここに来て「うう~ん…ですが…」なんて渋っている雰囲気を出してきたら、これで一撃です。

「この価格なら今日契約します」ドヤッ

テクニック11:営業と仲良くなり、末長いお付き合いになることをアピールする

小手先から本質まで色々なテクニックがありますが、営業さんと仲良くなるこのテクニックはずっと長い間得することができるテクニックです。それを最初から使うんです。

これからもあなたを頼りにしたい、あなたがいるならこの販売店で買いたい。何かトラブルがあったら助けて欲しいということを、営業さんにしっかり伝えましょう。

誰でも人から頼りにされるのは嬉しいことです。それが自分の仕事で、頼りにされることでお金になるのですから、誠意を見せてくれるはずですし、誠意を見せてくれたら本当に良いお店の証拠です。

長いお付き合いになれがなるほど、ひいきしてくれるようになります。普通のお客さんだったら知らないようなことまで教えてくれるかもしれません。

学校の教師をしている友人がいるのですが、彼は教え子が働いているディーラーでお世話になっているそうです(笑)そんなに高い車を買わずとも、ものすごくよくしてくれるそうですよ。色々教えてもらった先生に頼られるのが嬉しいんだとか。

やはり基本は「人対人」ですからね。彼のようなケースは非常に珍しいですが、こちらもいざという時に頼れる営業さんがいると何かと助かりますし、ディーラーさんも頼られるのが嬉しいそうです

良い関係を築くことも心に留めておきましょう。

テクニック12:友人からディーラーを紹介してもらう

車に詳しい人からディーラーを紹介してもらう。私もセレナを買う時に使ったテクニックです。

実は、私の奥さんの友人でめちゃくちゃ車に詳しい人がセレナに乗っていたんですね。で、その人がセレナを買う時にびっくりするくらい値引きしてもらったと聞き、その人にディーラーを紹介してもらいました。

この時点で、すでに友人と同じだけ値引きしてもらえたも同然です(笑)実際、グレードやオプションは違えど、ほぼ同じ金額を値引きしてもらえました(笑)

すでに前例があるので、相場も最大値引き額もわかっているところからのスタートです。無駄な交渉に時間を使うことなく、相場限界値の値引きを引き出せるめちゃくちゃ美味しいテクニックだと思います

自分が欲しい車に乗っている知り合いがいないかリサーチしてみましょう。ミニバンはファミリカーとして人気ですから、先輩パパやママをあたれば案外ヒットするかもしれません(笑)

ディーラーも自分が汗水たらすことなく車が欲しい人がやってくる訳ですから、ラッキー!と思っているはず。サクサク商談が進むかもしれません。友人の紹介だからと言って、横柄な値引きはしないようにしましょう。紹介だからこそ、ジェントルな態度を取ることが大事ですよ

 

何度も値引き交渉するのが面倒。子育て世代の交渉術コツ4選

私が行ったテクニック、知っているテクニックをご紹介させて頂きましたが、どうしても時間がかかってしまいます。独身で休みが取れる方は良いですが、小さいお子さんがいると事情は変わってきますよね。

ディーラーを何件も回るのは時間と手間がかかるし、子供がいたらろくに話もできない。キッズルームがあるディーラーもありますが、目を離した隙に場外で発見されるなんて子連れあるあるでしょう。私も経験者の一人です(笑)

  • じわじわ交渉するのは面倒だ
  • 子供が小さいから、一発の交渉でバシッと決めたい
  • とにかく時間がない!

そんな方でもすぐに出来る「値引きを最大限引き出す交渉術」をまとめました。ポイントは、ディーラーではなく家で全ての段取りを組むことです。

コツ1:グレードやオプションは家で決めておく

ディーラーに行ってあれこれ決めるのではなく、グレードやオプションは家で決めておくことです。子供は飽きっぽいので、ディーラーで営業さんの話をゆっくり聞くことはほぼ不可能です(笑)

一度試乗を試みたのですが、全くダメでした。車大好きな子供たちだからいけると思ったんですが…見るのと乗るのは違うってことですかね(笑)

今は実物を見れなくてもネットで検索すれば情報はいくらでも出てきますし、ディーラーに電話すると色々と教えてもらえます。何となくでも良いのでこのグレードとこのオプションが良い!という目星をつけておきましょう。

どれか1つに決められなくても、2つくらいに絞っておくと商談をスムーズに進めることができますよ

コツ2:値引き限界額を知り、目標値引額を決めておく

どんなに粘っても値引きの限界は越えられません。ならば、先にその限界を知って目標額を先に決めておきましょう。逆算方式です。

目標額を決めて、その額に到達したらスパッと決断。それ以上粘らないのが得です。商談をダラダラと持ち越してしまうと何度も行く手間になりますし、営業さんに悪い印象を与えてしまいます。

北風と太陽ではありませんが、ここぞというところで太陽になっておくとアフターサービスなど、後々良い対応をしてくれると期待できます。

持論ですが、正直に話す方が得です。「ネットの口コミを見たら、〇〇だけ値引きしてもらたって書いてありましたが、実際はどうですか?」と思い切って相談する方が親身になってくれると思います。

お子さんがいる営業さんだったら、子連れ家庭のお財布事情も察してくれるでしょう(笑)私の友人が、営業さんと小さい子供あるあるで盛り上がって値引き頑張ってくれたと言ってました。

もちろん時期やグレードによって値引き額は変わりますが、目安を提示するとスムーズにやり取りができるでしょう。

コツ3:2店舗目で速攻「他店舗の見積もり」を見せる

他店の見積もりを提示するのは、効果絶大の交渉術です。なので、最低でも1社の見積もりは欲しいですが、それすら面倒なこともあります。

そんな時は、ネットで調べた値引き情報で勝負しましょう。正直、「他店の見積もり」より効果は弱いので、値引き額を最大値まで引き出すことは難しいことは理解しておいてください。

おススメしたい方法は、あらかじめ電話で予約を取っておいて1日で2社回ることです。この日はぐったり疲れちゃいますが、後々のことを考えると楽です。1日頑張って、あとは契約する日に改めて行くのが一番効率が良いでしょう。

私はセレナを買う時に4車を比較しましたが、ぶっちゃけ時間対効果は薄いと思います。なので、お目当ての車のライバル車1社の見積もりをもらいます。で、本命車の見積もりをもらう時に速攻でライバル車の見積もりを見せてください。

そしてストレートに言いましょう。

こっちと迷っているので、これより良い条件を出して頂けるなら決めます!」と。

本命の車の見積もりをもらったら、その日は帰りましょう。効率を考えると見積もりを取ってすぐに決めたいところですが、しょっぱなから最大値引き額を出してくれる可能性は低いと思います

それじゃ交渉の意味ないですからね(笑)なので、見積もりをもらう日は下見だと思って行きましょう。相手の様子を視察です。

「奥さんに相談します」「もう一度家で考えてみます」と言って、見積もりを持ち帰りましょう。この時の見積もり額が、値引き目標額に達していたら、即決もありです。

が、値引きを引き出せなかった場合は2度目の商談が本番です。ここでほとんどの人が最高額を引き出せます。

コツ4:絶対に販売店で下取りしない。車を売る時は買取業者で競合させる

私源十郎、何度でも言わせて頂きます。ディーラーでの下取りはマジで安いです。激安の殿堂ドン・キホーテより安いです(笑)

私の父が乗っていたステップワゴンは下取りで1万円でした。これを買い取り専門業者にお願いしていたら何十倍の値段がついたでしょう。

私自身も、トヨタのラッシュを下取りに出したら30万でした。買取業者数社で見積もりを競合させたら約90万で買い取ってもらえました。

3倍ですよ、3倍。同じ車でもどこに売るかによって、こんなに金額が変わるんです。一括見積もりで、ぱぱっと戦ってもらいました。

ネットの一括見積もりなら、何社も電話したりわざわざ外に出ることもありません。買い取りで車の値段が高くなれば、新車の値引きを最大まで引き出せなくても、お得に車が買えます。少しはお財布も心も余裕が出るでしょう。

私の友人で、私以上に車のことを知らない人間がいるのですが、その友人から「車を買い換えたい」と相談されたんですよ。車は下取りに出すんじゃなくて、買い取り業者にお願いするようにアドバイスしたところ5万ほど高く売れたみたいです。

その時の電話のやりとりとか詳しくインタビューして記事にしました。やっぱり気になるのは体験談ですもんね。完全に自画自賛ですが、けっこう面白くできました(笑)→【体験談】車の買取査定で実際に売却!相場額を必ず超える方法

ただ、一つ注意して欲しいことがあります。ネットで一括見積もりを頼んだら色んなところから電話がかかってきます(笑)

結構立て続けに電話がかかってくるのでそれは覚悟してください。でも「他のところにお願いします」ときちんと対応すれば、電話はかかってきませんから、電話にびびって取らずにいるより電話に出て先に対応しておいたほうが楽です。

たくさん電話がかかってくるのが嫌だ!って人はこちらがおすすめです。めちゃくちゃ有名な会社で、複数の会社からの電話は一切ありません。かかってくるのは1社からの電話1本だけです。

ここは、この1社が自分たちの代わりにまとめて業者とやり取りしてくれるんです。これ考えた人天才ですよね(笑)

複数の電話対応がいやな人、何社も査定するのに自分の時間を使うのがもったいない人ならこちらが合っているかと思います。

車を安く買う為に一番大切なことは「値引き額の多さ」ではない

車を安く買うために一番大事なことは「車にかかるトータルの出費を考えること」です。車を買うとなると、車両本体とオプションの価格などの購入する時の支払い金額だけに目がいきがちですよね。でも違うんです。

1年後、2年後、数年後も見据えたトータルの出費を考えることが一番大事だと私は思っています。今回買う車ではあまり値引きはできなかったけれど、営業さんと仲良くできたとしましょう。

お店にふらーっと行くとタダで洗車してくれますし、車内の清掃もしてくれます。時には言ってもないのに点検してくれることもあります(笑)

整備士を紹介してもらったこともありますし、車を安く買う以上に美味しい思いをしているように感じます。毎度あざーっすって感じですね(笑)

きっと、次の車を買い換える時にえこひいきしてくれますし、サービスも沢山してくれるでしょう。値引きだって…期待できそうです。

「何があってもお任せください」と、言葉にしないラブコールを送ってもらえるとこの人で良かったなと思いますよね。私自身そういう気持ちになったので、これは嘘じゃないと思います。

きっと次の新車も同じディーラーから買うんだろうなと想像しています(笑)それが営業さんのテクニックだとしても、気持ちよく買い物ができて、ディーラーに来る度気持ち良い対応をしてもらえていますから、何の問題もありません。喜んで彼から買うでしょう。

アフターサービスが充実しているお店との付き合いは本当に大切です。車は買ってはい終わり、じゃないですからね。

このように長い目で車を購入することが、一番お得に買える方法だと思っています。そういう意味で、車の購入はトータルで考えるべきです。

交渉テクニックを使いまくり、傲慢にせめて営業さんにイヤな想いをさせたところで、関係はすでに破綻するでしょう。営業さんも人間ですし、ヤリ手の営業さんは他に良いお客さん沢山いますからね。

ディーラーの営業さんに限った話ではありませんが、コミュニケーションを大事にしていると、必ず自分に跳ね返ってきます。車を買うことで言えば、ディーラーの営業さんとの信頼関係構築こそ最強の交渉術だと思う訳です。

仲の良い営業さんがいるだけで、値引き金額には現れない美味しい思いができますし、何かと助けてくれます。車を買うことだけではなく、車を買ってからのことを考えると、自然と良い買い物ができるはずですよ。

そして「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください