改良新型トヨタRAV4 2020年8月マイナーチェンジ!変更点や価格まとめ

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジ アイキャッチ

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

トヨタの大人気SUV、RAV4が2020年8月にマイナーチェンジするという情報が入ってきました。

2020年6月には、コンセントで充電できるタイプのハイブリッド車、PHVが発売され、そちらと合わせてますます注目を浴び、人気になりそうです。

この記事では、RAV4のマイナーチェンジでの変更点などをまとめます。

RAV4やSUVの購入を考えている方は、ぜひ参考にご覧ください。

 

スポンサードリンク

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジ!時期はいつ?2020年8月?

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジ 時期 いつ

引用:トヨタ公式HP

トヨタのRAV4のマイナーチェンジは2020年8月7日に行われるということです。

2020年の6月8日に発売されたRAV4のコンセントをつないで充電できるPHV車は大人気で現在受注をストップしているくらいです。

RAV4のガソリン車や通常のハイブリッド車もマイナーチェンジで新しくなることによって、更に人気を高めるでしょう。

契約は既に可能なようです。2020年7月前半の時点では、納期は9月とのことです。

しかし、人気な車だけに今後納期が延びる可能性もあります。

気になる方は、お近くのトヨタへぜひ行ってみてくださいね!

 

ちなみにライバルの日産エクストレイルは2021年にフルモデルチェンジという情報が入っています。ホンダのCR-Vは2020年6月にマイナーチェンジし、カラーの変更やハイブリッドシステムの最新化などが行われています。

詳しくは

日産 新型エクストレイル 新エンジンとe-POWERで2021年フルモデルチェンジ!?

新型ホンダCR-V 2020年マイナーチェンジ!変更点を簡単解説

で書いています。合わせて参考にご覧ください。

 

マイナーチェンジされたRAV4やライバル車の購入を考えている方は、ぜひ新車の値引きを最大限にする方法も参考にしてみてくださいね。

 

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジでの変更点は?

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジ 変更点 

引用:トヨタ公式HP

トヨタRAV4は今回のマイナーチェンジで装備を充実させます。

さくら(妻)
新しい車っていうだけでもかっこいいわ~。どんな風にレベルアップするのかしら

変更点は

  • ディスプレイオーディオを標準装備
  • インテリジェントクリアランスソナーを標準装備
  • ブラインドスポットモニターを標準装備
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]を標準装備
  • 【Gグレード】パノラミックビューモニターを標準装備→サイドの補助ミラーを廃止
  • 【Gグレード】ハンズフリーパワーバックドアを標準装備(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)

で、今注目のディスプレイオーディオ(DA)の標準採用や、安全装備のレベルアップが行われます。

 

装備の充実により、現在のRAV4の価格よりは上がってしまいます。

もし予算が…と悩んでいるなら、新車の値引きを最大限にする方法を試してみてくださいね。

予算内に納めることができるかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジでの変更点:ディスプレイオーディオを標準装備

▼新型RAV4 PHVの内装

改良新型トヨタRAV4 PHV 新型 内装 マイナーチェンジ

引用:トヨタ公式HP

最近はこの「ディスプレイオーディオ(DA)」を採用する車が増えてきています。

2020年6月に発売された新型トヨタRAV4 PHVもこのディスプレイオーディオを標準装備しているんです。

さくら(妻)
ナビと何が違うの?

ディスプレイオーディオは、それ自体には道案内をしてくれるナビの機能は付いていないんです。

その代わり、自分のスマートフォンと連携させることができます。

道案内に関してはスマートフォンのナビを大画面で映し出し、今までの車のナビのように使うことができます。

スマートフォンと連携しているので、スマートフォンに入っている音楽を聴くことができたり、音声の操作でメッセージを送受信したりもできますよ。

友人
運転中のスマホの操作も本当に危険だから、音声操作は大事だわ。

ナビにこの「スマホと連携」や「音声操作」の機能が付いているものもあります。

しかし、ナビの機能が無いので価格も安く抑えられるところがディスプレイオーディオの魅力でもあります。

普段ナビをあまり使わないという方は、「〇十万円も払ってナビを買うのか~…」と思わなくて済みそうですね。

さくら(妻)
ナビって高い物ね~。節約節約。

ただ、スマホの動作がちょっと遅い、などという場合、大画面に映し出してもそれは変わりません。

さくら(妻)
おっと、それは怖いわ。ただでさえ、え!?どこで曲がるの!?ってなるし。

一瞬GPSがきちんと作動していなくて、自分が向いている方向を指す矢印が変な方向に向いている時、ありますよね。

そういう事が頻繁にあるようであれば、少し不安ですね。

また、「置くだけで充電できる機能」など、充電設は改良新型RAV4にも採用されるのは間違いないと思いますが、その分使用して、充電して…という回数が増えるのが気になるという方もいるでしょう。

ナビを使うのに通信料が心配、という方もいるでしょう。

そういう方には「ナビキット」というものがあり、スマートフォンを繋がなくても今までのナビと同じように使うこともできます。

源十郎
長くスマホを使いたいっていう人は、ナビキットの検討もありかもね。

ちなみに、ディスプレイオーディオは一番下のグレード「X」に標準装備にならない可能性があるようです。

RAV4以外の車ですが、実際にディスプレイオーディオを採用した車のドライバーさんの動画も参考にご覧ください。

源十郎
人によって、完全にスマホに頼るかそうでないか分かれそうだね。

使用頻度や金額を長い目で考えて、自分に合った使い方を見つけましょう!

とはいえ、「自分にピッタリ!」と思うものって意外と高額になったりするんですよね。

そこで諦めずに、値引き額アップでカバーしてみてはいかがでしょうか?

当サイトのおすすめの交渉方法をお伝えします。

 

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジで安全装備は充実!サポカーSワイドに

RAV4はマイナーチェンジで安全装備が更に充実します。

インテリジェントクリアランスソナーの標準装備で、全タイプでサポカーSワイドに

トヨタでは安全装備のうち、踏み間違いによる急発進を抑えてくれる装備を「インテリジェントクリアランスソナー」と呼んでいます。

この機能が全車に標準装備になり、それによってサポカーSワイドに区分されます。

源十郎
サポカーは自動ブレーキとかがついていて安全をサポカーしてくれる車のことだよ。
友人
装備の充実している順番に、サポカー、サポカーSベーシック、サポカーSベーシック+、サポカーSワイドに分かれているのよね。

RAV4は今はインテリジェントクリアランスソナーがオプションのタイプがあります。

友人
オプションということは、付けるかどうか自分で選ぶということね。

踏み間違いによる加速を抑制するインテリジェントクリアランスソナーは、付ければ「サポカーSワイド」、付けないと「サポカー」という区分です。

65歳以上になるとこれらの自動ブレーキや踏み間違いによる加速抑制機能が付いた車に対して補助金が出たりするくらい、重要視されています。

少し車の価格は上がることが予想されますが、万が一事故を起こる時の被害や悲しみを軽減すると思えばあった方が良いかもしれませんね。

さくら(妻)
補償みたいなものかしら。事故が起こってから、この機能が付いてる車にしとけばよかった、って思っても遅いもんね。

ブラインドスポットモニターも標準装備

RAV4は今回のマイナーチェンジで、死角に入った車の存在を、ドアミラーに表示することで教えてくれるブラインドスポットモニターが標準装備になります。

源十郎
死角って本当に怖いよね。

特に自転車やバイクなど、窓を囲っている「ピラー」の部分にすっぽりと入ってしまって見えないこともあるんです。

さくら(妻)
UFOみたいに全部が丸くってガラス張りになれば死角もできないのかもしれないけど…そんなのまだまだ先よね。

突拍子もない発想は置いておいて、とにかく危ない死角にはこのブラインドスポットモニターが安全性を高めてくれます。

特にRAV4のようなSUVは後ろ側の死角ができがちと言われているので、そこをカバーしてくれるこの機能は大事ですね。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]を標準装備

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]もブラインドスポットモニターと合わせて、今回のマイナーチェンジで標準装備になるようです。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]は、前を向いて駐車した後、バックで出ないといけない時に役立ちます。

バックで出庫中、後ろの左右から来る車を検知し、警告などで教えてくれ、ぶつかりそうな場合はブレーキをサポートしてくれます。

今まではこの機能がブラインドスポットモニターと合わせてオプション設定のグレードがありましたが、これが全車に標準装備となります。

さくら(妻)
怖いのよね。でも、ルール違反してバックで駐車するのもダメだしね。この機能があれば、少しは不安が減るかも。

自分が怖い思いをしないだけでなく、その車を一緒に運転するパートナーにも怖い思いをなるべくさせない。そんな風に車を選べたら、かっこいいですね!

Gグレードに標準装備 パノラミックビューモニター

改良新型トヨタRAV4はマイナーチェンジでパノラミックビューモニターをGグレードに標準装備します。

パノラミックビューモニターは車を上から見下ろしたり、まるで透かしたかのように前後左右を確認できます。

Adventureというグレードにもオプション設定できますよ。

安全性も高まることはもちろん、バックの時などマゴマゴしているよりはスッと行けた方が、かっこいいですからね。

源十郎
せっかくの愛車をぶつけちゃったら悲しみ~だしね。

あったら便利!Gグレードに標準装備 ハンズフリーパワーバックドア

両手が塞がるほどお買い物したり、アウトドアに行って大きい物や重い物を両手でラゲッジに入れたいことが多いという方におススメなのがこのハンズフリーパワーバックドアです。

ラゲージルームをそんなに使わない、という方にはあったら便利かな?くらいの機能になってしまうかもしれませんが、これは便利!と思う方も多いようです。

今までは最上級グレードG Zパッケージに標準装備、Adventureとハイブリッド車のGグレードにオプション設定ができていましたが、これがGグレードに標準装備になるとのことです。

マイナーチェンジで改良された後はどうなるかはわかりませんが、現時点では開けるのに少しコツが必要とのことです。

参考にこちらの動画をご覧くださいね。

 

安全な車、便利な車って、その機能を本当に使うか使わないか、って悩みますよね。

でも、あったら便利!ということがすごく多いです。事故は起こらない方が良いですが、「あって良かった」という経験をした人がるのも事実です。

金額で悩んでいるのなら、値引き交渉を最大限にする方法を読んでみてはいかがでしょうか?

あなたにもできて、〇〇万円安くなるかもしれない方法です。ぜひ参考にご覧ください。

 

スポンサードリンク

改良新型トヨタRAV4 マイナーチェンジで価格はどうなる?

新型トヨタRAV4 マイナーチェンジ 価格 いくら

RAV4はマイナーチェンジで約10万円前後の値上がりとなります。

ハイブリッドのG E-Fourでは400万円を超えることとなります。

一方で、ベースモデルはガソリン車であれば4WDでも本体価格200万円台をキープします。

RAV4が200万円台で買えるのか…と思ったら個人的にはちょっとほしくなりますね。

あなたはどうでしょうか?

    改良後 改良前
X FF 2,743,000円 2,656,500円
4WD 2,974,000円 2,887,500円
G 4WD 3,391,000円 3,261,500円
G Zパッケージ 4WD 3,539,000円 3,410,000円
Adventure 4WD 3,310,000円 3,195,500円
ハイブリッドX FF 3,343,000円 3,261,500円
E-Four 3,596,000円 3,514,500円
ハイブリッドG E-Four 4,029,000円 3,885,500円

 

車は購入時にもお金がかかりますが、維持費もかかりますよね。

維持費を少しでも減らすには、「車の保険の見直し」がおすすめです。

適正な保険にするだけで、中には数万円安くなったという方も。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

  • RAV4のマイナーチェンジは2020年8月
  • マイナーチェンジでディスプレイオーディオが採用
  • インテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]が全車に標準装備
  • Gグレードにパノラミックビューモニター、ハンズフリーパワーバックドアが標準装備
  • 価格は10万円前後アップ

今でも魅力的なRAV4ですが、最新機能や安全装備が充実するともっとその人気が高まりそうですね。

ぜひあなたの愛車選びの参考にしてみてくださいね。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください