タンクの燃費の評価。高速道路での実燃費や走り方のコツ

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

2006年に発売されたばかりのトヨタのトールワゴン型のコンパクトカー「タンク」はかわいい形で実用的な車でまだ新しいのにもかかわらず若い人からお年寄りまで愛されてる車なんですよ。

新人タンクが愛される理由はかわいい外観だけじゃないんです。燃費や一般道路での実燃費や高速道路での実燃費の良さも愛される理由の一つなんです。

そんな燃費に関する事と燃費を向上させるための走り方のコツも調べてみました。

 

スポンサードリンク

燃費ってなんだ?

そもそも燃費ってなんぞや?って思うことがありますね。でも今更恥ずかしくて聞けない・・・。なのでこの際調べてみました。

燃費(ねんぴ)は、燃料(ガソリン、経由など)の単位要量あたりの走行距離、もしくは一定の距離をどれだけ燃料で走れるかを示す指標である。

使用する燃料、タイヤ空気圧、路面状況、エンジンオイルの種類、積載重量、走行パターンなどで変化などで変化する。

引用 wikipedia

うーん・・・。この説明じゃわかりにくいな。ってことでざっくりまとめるとこんなかんじにまとめてみました!

燃費とは
1Lの燃料で何キロ走れるよってことですね

これでどうでしょう?ついでに。

燃費が良いとは
少ない燃料で遠いところまで走れるってこと。
源十郎
表でも見てみよう!
グレード 駆動方法 メーカー販売価格 燃費 JCOBモード
X FF 146万円 24.6km/L
XS FF 152万円 24.6km/L

X 4WD

4WD 163万円 22.0km/L
XS 4WD 4WD 170万円 22.0km/L
G FF 168万円 24.0km/L
G Cozy Edittion FF 173万円 24.0km/L

引用 価格.COM

ほとんどが24.0km/Lの燃費ですね。1リッターの燃料24km進むことが出来るって事ですね。

これは良い燃費では?

しかし、お待ちください。カタログに載っている燃費と実燃費では、車の状態や、環境によって大きく違ってきます。

実際の実燃費はどれくらいなのか、高速道路でお出掛けしたバージョン燃費で調べてみました。

 

タンクの高速道路での実燃費

さくら(妻)
今度遠くにでも出かけましょうよ。子供たちが今度どこか遠くに行きたいって言ってのよ。
源十郎
タンク買ったばかりだし。まだタンクにしてからは遠出していないし良い機会だね。

高速道路での燃費は大体19.0km/L前後の燃費になります。

高速道路の速度は街中より法定速度を一定のスピードで走る事が出来るので燃費が街乗りより良くなるんです。

 

スポンサードリンク

タンクの燃費を良くする為の走り方のコツ

源十郎
走り方一つで燃費が変わるらしいんだけど良くする方法って何かないのかな?
さくら(妻)
そんな方法があるなら知りたいわね。

というわけで源十朗が色々と調べてみました。

走り方はふんわり優しく

動き出すときに一番エネルギーが必要になるんです。人間も同じで何もやる気が出ない時ってありますよね?動き出そうとする時に一番エネルギーを必要とするのと同じで、ゆっくりと徐々に動き出すのが大切なんですね。それにこれは聞いた事があるかもしれないんですけどふんわりアクセルという言葉があります。

さくら(妻)
ふんわりアクセルって聞いた事があるけどどういうことなの?
源十郎
それは信号待ちをするためにブレーキをかけるんだけどね。信号待ちじゃなくても何らかで止まらないといけない場面もあるよ。信号待ちの場面の方がイメージしやすいかもしれないから信号待ちという設定で話すね。
さくら(妻)
なになにー?
源十郎
信号待ちでせっかちな人はそのまますぐアクセルを踏んでしまう。急発進してしまったら燃費にも良くないし、そもそも危険な行為だし、前の車が止まっていたら追突事故になってしまう可能性もあるんだ。だから燃費の事も考えて危険を回避するためにも青信号になってブレーキから足を離して5秒位はアクセルを踏まない事にしてるんだ。
さくら(妻)
ブレーキから足を離しただけじゃ進まないじゃない。それこそ後続車に迷惑よ。
源十郎
ブレーキから足を離しても車は動き出すんだよ。その現象をクリープ現象って言うんだよ。
さくら(妻)
どっかで聞いた事があるような言葉だわ。
源十郎
エンジンさえかかっていて、走れる状態の時にブレーキから足を離すことによってゆっくり動き出すという現象ね。それを利用することによって燃費も良くなるんだ。前の車の動きを見ていてスピード出してきたなと感じたらアクセルを徐々に踏み込んでいくのが良い発進方法なんだ。

前の車と自分の車の間隔は多く取る

さくら(妻)
これって車間距離ってやつでしょ?
源十郎
そうそう車間距離は大事だよ。前の所にも書いたと思うけど、速度をー定に保つということにも繋がるんだ。
さくら(妻)
どうして車間距離が速度を一定に保つのと繋がるの?
源十郎
前に車がいるのに無理に加速してしまうと車間距離が取れなくなる。車間距離が取れないという事は万が一前の車がブレーキをかけたらどうなる?
さくら(妻)
そっか!追突事故になっちゃう!
源十郎
正解!万が一の事も考えて前の車との車間距離は取らないといけないんだよね。確か目印として道路には白線が一本くらい引いてあるんだけど、最低でも白線一本くらい車間距離を空けるのが良いみたいだね。

必要な速度になったらアクセルを踏むのを緩くする

さくら(妻)
アクセルを踏むのを緩くするとスピードが落ちそう。そしたら止まっちゃわないの?
源十郎
ある程度の速度があれば多少はアクセルを緩めにしたってすぐにはスピードは落ちたりしないよ。それに緩めた方が必要以上に加速はしないで同じ速度で走れるんだ。

同じ速さを保ちながら走らせる

さくら(妻)
ねえねえ。どうして同じ速さで走らせる必要があるの?
源十郎
登り坂とかでどうしても加速しないといけない場面などは速度を上げないといけないんだ。街中の一般道だと一度速度を上げたらそれ以上に速度を上げる必要はないんだよ。危険なのもそうだけど燃費にも悪い方向での影響がある。法廷速度と言ってこの道路はこの速度で走ってください。という標識があるんだけどその速度を守りつつ燃費の事も考えて必要以上の加速はしないようにしないとね

 

まとめ

  • カタログ燃費は24.6km/L
  • 高速道路での実燃費は19.0km/L
  • アクセル、ブレーキはふんわり優しく
  • 車間距離を大事にしよう
  • 同じ速さを保ちながら走ると良い

タンクの燃費に関する事は、まだまだ長い期間過ごすパートナーとして必要な事ですよね。なるべく、燃費を良くして走ってあげることがタンク自身にも、私のお財布にも大切です。

環境に優しいという事は大事な事です。燃費を良くする運転をして一緒に快適なタンクライフを楽しんでいきましょう。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください