キャンピングカーや車中泊できる外車は?ミニもオススメ!

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

キャンプに行くと、おっしゃれーな外車を良くみかけます。前々から気になっていたんですが、外車のキャンピングカーや車中泊できる外車ってどんな種類があるんでしょうか。以前見かけた外車の種類はミニでした。ミニでも車中泊ってできるんですよね。あんなに小さいのにどうやってと疑問を抱いてしまうかもしれないですが。色々な外車のキャンピングカーや車中泊できる外車もどんなモノがあるか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

キャンピングカーってどんな車なの?

引用:キャンピングカースタイル

キャンピングカーって色々なメーカーや種類。そして国産や外車など、とにかくキャンピングカーはどんなモノがあるのか詳しく調べないと良くわからないですよね。ではキャンピングカーについての知識を色々と調べてみたいと思います。

キャンピングカーはこんな特徴のある車だった

まずはキャンピングカーの意味から調べておかないといけませんね。

キャンピングカーとは、一般的には、寝泊まり出来る設備を備えた車の日本での呼び方である 

引用:Wikipedia

私の中でキャンピングカーは、ざっくり言うと車の中で寝泊まり出来るスペースがある大きい車って感じのイメージでしたが、イメージと一致したようで安心しました(笑)今や色々なキャンピングカーが出ていますから、今度はどんな種類があるのかそのキャンピングカーの言葉の意味も調べて勉強しておきたいと思います。

キャンピングカー種類

●バンコン

トヨタのハイエースや日産のNV350などのバンを改造してキャンピングカーにしたタイプ

●キャプコン

トラックなどをベースにキャビン部分を取り付けたタイプ。リビングが広く、ベッドも常設で備えているキャンピングカー

●トレーラー

ヘッドを一般車に連結して使うキャンピングトレーラー

一概にキャンピングカーと言ってもこんなに種類があるんですね。私はこの言葉の意味を全く知りませんでした。

 

外車のキャンピングカーってどこの国のモノが多い?

ヨーロッパ・アメリカ等で製造されたモノが日本に輸入されているモノの中でも多いようです。日本製のキャンピングカーよりもサイズも大きく、見た目もおしゃれで豪華な作りの車種などが多いようです。

免許は国内普通運転免許で問題なく運転できるそうです。ハンドルも購入やレンタル時などに右ハンドルのモノを選択できるそうです。

外車キャンピングカーに乗るとココが良い!

●見た目がおしゃれで豪華

国産のキャンピングカーに比べてもその見た目はやはり圧倒的におしゃれですよね。国産でも最近はおしゃれな車種も増えて来ましたが、やはり差はかなりあるように思います。

内装も高級ホテルのような豪華さも

内装はとても豪華なモノも多く、とにかく高級ホテルに宿泊したような作りになっています。アパホテルと帝国ホテルの内装ぐらい差があるかもしれません(笑)

そんな高級外車のキャンピングカーは値段が高いと思われていると思いますが、どうなんでしょうか。

コストパフォーマンスが高い

値段が高いイメージがある外車ですが、キャンピングカーに関しては、クオリティー感がある内装や外装を考えれば外車の方がおすすめなんですよ。外車の具体的な内装・外装についてはのちほどたっぷりお話しますね(笑)

走行性能も高くて良い

外車は馬力があり、車体本体も大型になっているので走行性能も国産車よりも高く、安定した乗り心地に定評があります。

外車キャンピングカーはココが困るんです

修理やメンテナンスも費用がかかり大変な面も

いざ故障し修理となったも場合も、部品の取り扱いや修理代金もどのくらいかかるか相場もわかりませんよね。取り寄せなどにも海外から輸入するなど時間もかかりそうですし、国産車に比べると、修理やメンテナンス代金や部分の納期待ちなどで大変さが増します。

国内の道路事情に合っていない車体

車体自体に大きさがあり、国内の道路に合っていないなど狭い道を走行する時や駐車時などは、運転技術や駐車スペースの広く取れる場所の選定が必要になってきます。

外車のキャンピングカーの良い点・悪い点などをそれぞれ見て来ましたが、田舎などで広い土地を所有されている方などは、問題なく外車のキャンピングカーにのって楽しむ事が出来そうですよね。

でも未だに源十郎は、外車のキャンピングカーなんて一度もお目にかかったことがないんですよね。一度はどこかでお目にかかりたいモノです。

色々なキャンピングカーの意味や特徴を調べて来ましたが、次は源十郎が勝手にオススメする外車キャンピングカーを選んでみました。

 

外車キャンピングカーを勝手に厳選

ヨーロッパ車(ドイツ)サンライト

引用・東和モータース販売HP

引用・東和モータース販売HP

流れるようなスタイリッシュなデザインが特徴です。上記に価格表ものせていますので、ご覧ください。大体車両本体価格が700~900万円ぐらいなので、プラス装備や消費税が加算されれば1000万円台に突入してしまいそうですが(笑)

インテリア編

引用・東和モータース販売HP

こんなに空間スペースがシンプルかつおしゃれな空間は外車ならではですよね。下記にあるシートなどのデザインもこだわり抜かれています。さすが北欧デザインです。

デザイン編

引用・東和モータース販売HP

車内の作りもおしゃれなキャンピングカーですよね。こんな備え付けのおしゃれな家具を見るとやはりドイツ車は内装も外装もこだわり抜いて作られているのが良くわかります。見ているととにかく欲しくなってしまいました(笑)次はアメリカ車のキャンピングカーを見て行きましょう。

アメリカ車(ヴェネヴィーゴ・トラバト)

 

引用:ニートRVHP

引用:ニートRVHP

アメリカ車もおっしゃれーな空間ですよね。けれど価格帯としては、ドイツ車の方が安かったですね。

車両本体価格が1200万もします。これには驚きが隠せないですね。もともと土地持ちの人が家だけを新築するお値段ですね。しかも平家が一軒分建てられそうです。

インテリア編

引用:ニートRVHP

内装はスッキリ感があります。ドイツ車の内装よりもシンプルな作りですよね。けれどこちらもおしゃれには変わりがありません。これまで、ドイツ車とアメリカ車のキャンピングカーを見て来ましたが、ほんとキャンピングカーってなかなか簡単に手が出る価格ではありませんでした。

老後の楽しみの一つに、夫婦そろって日本一周旅行とかに退職金をバーンって使って購入してみたいですね。

 

車中泊できる外車編(ミニ・クロスオーバー)

引用:BMWジャパン

外車の中でもミニに焦点をあて、今回はミニでのルーフテントの車中泊方法を中心にご紹介していきます。

ルーフテントと呼ばれるモノがイタリアのオートホーム社から発売されました。ミニクロスオーバーのベースキャリアに取り付けて、ハシゴで昇り降りするようです。これは、画期的なモノを発売されましたね。そもそもヨーロッパの人はキャンプに行ってテントを張るのが面倒だとかでこのルーフテントを開発されたとの事でした。

ルーフテント
ルーフテントとは、車の上にあるベースキャリアなどに取り付けて車上に張るテントの事です。簡単に装着でき、防水性や耐久性にも優れているモノが多いので、簡単にキャンプを楽しむ事ができます。

テントを張るのが面倒。この考えには少々笑ってしまいましたが、事実テントを張るのはかなり時間と労力もかかりますから大変です。この気持ちは良くわかります。所要時間の短縮にもなるし、ある意味キャンプの時間をその他の事に友好的に使えて、キャンプでしか出来ない事など楽しむ時間を増やせるので良いかもしれませんね。

引用:BMWジャパン

ミニ・クロスオーバーはコンパクトなボディサイズなのに、意外にアウトドアでも使用できる万能な車なんですよね。こちらも見た目がかわいいので、ミニのファンは多いと思います。

ミニで車中泊!ルーフテントの使用方法

引用:BMWジャパン

ルーフテントを開けて、組立ている作業工程をのせています。4つのガス圧スプリングによって、使用時に簡単に持ち上げられて組み立てる事ができるようです。

引用:BMWジャパン

完全にルーフテントが組み立てられました。室内も2人用~3人用まで用意されているとか。詳しくはのちほど(笑)

引用:BMWジャパン

コンパクトに戻している時の様子です。使用し終わったら、元の乗せてきた状態に戻し、ルーフテントを装着したまま走行するそうです。

ミニクロスオーバーとコラボしたオートホーム社(エアトップ)

エアトップの商品のご紹介です。先程も記載しましたが、ミニ・クロスオーバーのベースキャリアに、テントを乗っける簡易キャンピングカーって感じのイメージで発売されたようですよ。何やらかっこいいし、見た目もおしゃれですよね(笑)では、どんなモノがあるのか見てみましょう。

引用:Zifer Japan  (注意:エアトップは主にミニ・クロスオーバーに使用されるルーフテントのようです。その他の車種の使用有無については、事前にメーカーにお尋ねください。)

ルーフテントにはカップル(2人用)とミディアム(3人用)の2種類あるんですね。これは、小さいお子さんのいる家族しかも3人なら車中泊できるサイズですよね。ルーフテントの価格は、約40万円ぐらいするようです。その他、ミニより専用のルーフテントも発売されているようですが、こちらは輸入に時間がかかるようです。メーカーによって納期も変わってくるので、購入する際は良く調べてみて下さいね。

引用:Zifer Japan

上記はテントを閉めた状態での写真になります。もともとミニはそこまで車高の高い車ではないので、上の部分で凹凸のある障害物などはさほど気にしないで良さそうですね。立体駐車場は難しいでしょうね(笑)

ルーフテントの取り付け方法が載っているビデオになります。良かったらご参考にしてみてください。

ミニ価格一覧表

引用:ミニ公式HP

これまでミニにスポットを当てて、車中泊の事を調べて来ましたが、正にルーフテント一つあればどのような外車でも車中泊が出来るって事なんですね。これはルーフテントって車中泊にオススメの商品ですね。

今日は仕事 明日はベリーと二人で留守番

A post shared by yuta sato (@calm_sugar) on

#ランクル70#ルーフテント#mfy2016

A post shared by daichi (@daichi._.1990) on

実際にルーフテントを車上にのせて、車中泊している様子です。とっても楽しそうですね。ではとことんオススメしたいルーフテントをクローズアップしていきますよ。

 

車中泊にオススメ!海外・国内のルーフテントメーカーのご紹介

今までのミニの車中泊の写真などを見ていたら、実際にルーフテントが欲しくなったりしませんか?そして何を購入したら良いか悩んでしまいますよね。

そこで上記でもご紹介していますが、ミニでご紹介したルーフテント取り扱いメーカーZifer Japan さんを始め、その他のルーフテントのメーカーをご紹介します。

Zifer Japan 

引用:Zifer Japan

60年程前からイタリヤで製造されており、ルーフテントの老舗と言っても過言ではない存在です。代表的なルーフテントは「コロンブス」・「マジョリーナ」があります。詳しい商品説明はコロンブスにしました。下記で説明を行っています。

引用:Zifer Japan

コロンブスは、エアトップと比較すると、ファミリー層まで寝泊まり出来る広さが確保されています。これはありがたいですね。

フジカーズ・ジャパン

引用:フジカーズジャパン

キャンピングカーや中古車なども取り扱っているメーカーで全国展開しています。主なルーフテントは下記になります。

●マグタワー(MAGTOWER) 価格:198,000円 重量:65㎏

FRP製カバーで強度があり、断熱性にも優れていて天候にも左右されずに使用できます。多くの車両に対応するルーフテントです。

●マグシェル(MAG-SHELL) 価格:198,000円 重量:62㎏

テントの展開が簡単に行えます。多くの車両に対応するルーフテントです。

●ルーフトップテント(ROOF-TOP-TENT) 価格:128,000円 重量:47㎏

収納時から約2倍の大きさに展開、取り扱いルーフテントの中でも最大の室内空間になります収納時も専用カバー付きでテントを汚すことなく保管できます。

その他ルーフテントのメーカー

ダイキルーフテントジャパンというメーカーもあるようですので、購入時はよーく調べられて購入する事をおすすめします。

ルーフテントの口コミ

●ここがよかったルーフテント

  • キャンプにいった時、テントを立てる事を考えると、とても楽にキャンプが出来る
  • 地べたのテントに比べて高い位置にルーフテントがあるので、防犯性は高くなる
  • オートキャンプ場や高原などの場合は、ルーフテントだと見晴らしも良くテント内も快適に睡眠がとれるので、楽しむ事ができた
  • 地面に建てるテントに比べたら汚れる事がないので、後片付けが楽に済む

こんなはずじゃなかったルーフテント

  • ルーフテントは車中泊には向いていない
  • 遮音性がゼロで、乗り降りも高い位置にあるのでかなり面倒だ
  • ルーフテントは重量があるので、取り付ける時に大変だ
  • ルーフテントを乗せて走行するとルーフテントに重量があるため、小さい車などはカーブなどのコーナリングが危なくなる。
  • ルーフテントを購入するよりもミニバンなどでフルフラットにして車中泊した方が快適に過ごせる
  • 実際にルーフテントで車中泊をしようとする時は、場所を選ぶ必要がある
  • 雨天時などルーフテントは天候に左右されやすい
  • 初期費用が高くつく

 

引用:ヤフー知恵袋

などなど様々な口コミがありましたが、こんなはずじゃなかったの口コミが多かったように思います。このような口コミから皆さんはルーフテント興味が湧いて来たでしょうか。

 

実際のルーフテントの販売はどんなモノ?

実際にネット上で販売しているルーフテントをご紹介してみましたが、ルーフテントはやはり実際のモノを自分の目で確認して購入した方が良さそうですね。金額もけっこう高めなモノも多いですから。後悔のない商品選びをお勧め致します(笑)
 
では最後私には憧れの一台があるのです。とっておきの車のご紹介です。
 
 

スポンサーリンク

勝手にオススメ!車中泊できる外車・ベンツ

 

 

引用:メルセデスベンツ公式HP

ベンツV220d Marco polo Horizon

引用:メルセデスベンツ公式HP

室内の乗り心地の良さは定評があり、街乗りアウトドアどんなシーンでも活躍出来る事間違いありません。見た目もカッコいいですし、私の憧れている車の一台なんです。低重心の走りには安定感あり、山道などでもスイスイ走行してくれます。

高級車で車中泊するとこんな感じ

引用:メルセデスベンツ公式HP

車内もこんなにおしゃれな外車で車中泊すると、気分も浮かれ上々で、キャンプも大満喫できそうですよね。いつかこんな車も欲しいなぁなんて思いながら、勝手に選んでしまいました(笑)

みなさんはどんな外車を選んでアウトドアへ出かけられますか。魅力的な外車編でした。お付き合いありがとうございました。

 

まとめ

引用:メルセデスベンツ公式HP

 

  • 外車のキャンピングカーを日本で実際に販売されているモノはヨーロッパとアメリカ車のメーカーが多い
  • 外車のキャンピングカーは内装・外装共におしゃれな作りで圧巻だ
  • ミニクロスオーバーはおしゃれな車中泊できる車だ
  • 車中泊におすすめの商品はルーフテントと言う商品を使用すると簡単にキャンプを楽しむ事ができる
  • ルーフテントを購入する際は、メリットとデメリットを考えた上で検討すると後悔のないアウトドア生活が送れるかも

今回は外車のキャンピングカーと車中泊できる外車をクローズアップして色々と調べて来ましたが、ミニの他にもおしゃれな外車はたくさんあると思います。おしゃれなアウトドアライフを送る為に、ご自分に合った車選びをして楽しんで下さいね。

 

 

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください