新型スバル インプレッサ2022年秋フルモデルチェンジ!?最新情報、予想まとめ

新型 インプレッサ 最新情報 予想 まとめ記事

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

スバルのインプレッサフルモデルチェンジするという情報が入っています。

インプレッサは、セダンタイプのG4と、ハッチバックのSPORTの2種構成となっています。

走るのも弄るのも楽しいインプレッサですが、いつ頃、どのように進化するのでしょうか。

最新情報と予想をまとめてお伝えします。

 

スポンサードリンク

新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジはいつ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I_ORCA(@y.i_6stars_g4)がシェアした投稿

スバル インプレッサのフルモデルチェンジは2022年秋

と予想

スバルのインプレッサがフルモデルチェンジするという情報が入っています。

毎年のように細かな改良を行っているインプレッサですが、2022年秋にフルモデルチェンジし、新型となることが予想されます。

源十郎
エンジンの改良とか、大幅な変更をするのが「フルモデルチェンジ」だよ。
さくら(妻)
つまり、2022年にはエンジンが改良されるかもしれないってことなのね。

5代目現行インプレッサは2016年に発売されており、その前の4代目モデルは2011年に発売されています。

フルモデルチェンジスパン~考えると、7年目となる2022年に新型が発売されるのはちょうど良いでしょう。

  インプレッサのフルモデルチェンジ
1代目インプレッサ発売 1992年
2代目インプレッサ発売 2000年
3代目インプレッサ発売 2007年
4代目インプレッサ発売 2011年
5代目インプレッサ発売 2016年
6代目インプレッサ発売(予想) 2022年?
さくら(妻)
5年から9年目にはフルモデルチェンジしているのね。

ここ最近では、インプレッサの改良モデルが秋に発売されています。

そのことからフルモデルチェンジも2022年の秋になるのではと予想します。

  5代目インプレッサの改良
2016年10月 フルモデルチェンジ、5代目発売
2017年10月 改良モデル発売
2018年10月 改良モデル発売
2019年10月 大幅改良モデル発売
2020年10月 一部改良モデル発売
さくら(妻)
確かに、秋に改良した新型が発売されているわね。これはフルモデルチェンジも秋になりそうな予感。

2017年10月発売・B型

B型への変更ポイントは安全性能の向上です。もともと評価の高かったスバルの衝突被害軽減ブレーキシステム「アイサイト(EyeSight)」ですが、このマイナーチェンジで搭載されるアイサイトver3.0の機能に「後退時自動ブレーキシステム」が追加され、バック時の衝突を回避・軽減してくれるようになりました。

また高速道路の最高速度緩和予定に対応し、オートクルーズのセット車速を120㎞/hまで対応できるようになりました。

2018年11月発売・C型

C型への変更点もあまり多くはなく、大きな点で言うと「オートビーグルホールド」機能を備えたことでしょうか。これは平地の停車時(信号待ちなど)にブレーキから足を話しても停車状態を維持してくれる機能です。

ただライバル車の多くはすでに搭載していた機能なので、目新しさはありませんでした。

見た目やエンジンなど、これと分かる改良ではないのですが、徐々に車の性能を煮詰めていくというスバルの考え方が分かるような気がしますね。そして今回、3回目のマイナーチェンジでいよいよD型へ進化するのですが、今回はどのような改良が行われるのでしょうか?

源十郎
時代の進化に合わせて車も変化させていくのが分かりました。
友人
見た目が「パーって」変わらないのに改良って必要なのね。
営業マン
常にドライバーや歩行者の安全性を考え、最新の状態へ進化させていくのは見た目以上に重要なことで、スバルの考え方が良く分かりますね。

2019年10月発売・D型

引用:スバル公式HP

アイサイトがver.3.5(?)へ進化

スバルが誇る衝突被害軽減ブレーキシステム「アイサイト」ですが、すでにレヴォーグやフォレスターで採用されている「アイサイト・ツーリングアシスト」機能を搭載します。

スバルによると基本的な機構に変化はないので、あくまでver.3.0の進化版なのだそうです。ただ一部では「実質的にver.3.5」という声があるのも事実です。

さくら(妻)
それくらい進化したってことね。

アイサイト・ツーリングアシスト

「アイサイト・ツーリングアシスト」とはどんな機能なのでしょうか。

簡単にいうと「半自動運転」で、0㎞から120㎞までの速度域で前を走る車に追従し、また白線内をキープして走る(レーンキープ機能)ことが出来ます。

この間はアクセルやブレーキだけでなく、ハンドル操作も自動で行ってくれます。また未来に一歩近づいたのですね。ただ車任せはいけませんのでご注意を。

エクステリアデザインの変更

C型までデザイン変更はなかったのですが、D型へのマイナーチェンジではフロントマスクに見てすぐわかる変更が行われました。

フロントグリルの周りの縁がなくなり、その下のロワグリル(フロントの下側の開口部)が横一直線につながった形状となりました。

引用:スバル公式HP

このフロントマスクの変更で、今までもワイド&ローなスタイリングだったG4が、より一層そのイメージを高めています。

またリアコンビネーションランプも、中心部分が白から黒になり、引き締まって見えますよ。

グレードの一部変更

2019年のマイナーチェンジ後のインプレッサには

  • 1.6L
  • 2.0L

の2種類のエンジンにそれぞれ2種類のグレードがあります。

セダンのG4とSPORTそれぞれに2種のエンジン、2つのグレードがあるので、

要するに全部で8種類のグレードがあります。

1.6Lエンジンのグレードが増えた

2019年の改良ではで1.6Lグレードで目に付く変更がありました。

源十郎
インプレッサは1.6Lエンジンの方が人気なんだよね。

「1.6i-L EyeSight S-Style」として発売されていた特別仕様車は、2019年のマイナーチェンジで廃止となりました。その代わりに「1.6i-L EyeSight」という通常グレードとなりました。

更に、2.0Lエンジンのみのグレードであった「i-S Eye Sight」グレードが1.6Lエンジンにも登場したんです。

さくら(妻)
新しい1.6Lエンジンのグレードが増えたのね。

1.6i-S EyeSight グレードでは17インチアルミホイールを装着し、リアスタビライザーを標準装備としました。

源十郎
スタビライザーはカーブの時に安定して走れるようになるんだよ。

1.6i-S EyeSight グレードキーレスアクセス&プッシュスタートや、前席パワーシートも標準装備されるなど、かなり意欲的なグレードとなっています。

実はインプレッサでもG4に限っては2.0Lモデルの方が売れているんですよ。

ただ全体で見た場合は1.6Lが売れているので、メーカーとしてはそこに手を加えたんでしょうね。

2020年10月発売・E型

2020年10月の改良では、ハッチバックのSPORTに多くの変更がありました。

まず、グレードが増えたんですよ。

源十郎
セダンのG4はグレードがそのままなのに、SPORTの方だけグレード構成が変わったんだ。

それまでの4つのグレードの内、「2.0i-S EyeSight」が廃止となり、ハイブリッドモデルである「2.0e-L
EyeSight」を追加しました。

更に、もう一つのハイブリッド車グレード「Advance」、走りの性能や内外装にも専用パーツを付けた「STI Sport」というグレードを追加したんです。

さくら(妻)
ハッチバックのSPORTの方に気合が入ってるわね。

STIモデルはかなり人気で、走りはもちろん、写真映えもばっちりなんですよね。

フルモデルチェンジでもSTIモデルは継続すると思いますよ!

 

インプレッサG4について

https://twitter.com/coolcars_kirei/status/1378384650737917958

impreza full model change image引用:スバル公式HP

インプレッサとはどういう車なのでしょうか。

4代目インプレッサからセダンボディのタイプに「G4」というサブネームがついています。

源十郎
どんどんセダンが珍しくなっているから、貴重なモデルだよね。

「G4」って?

セダンタイプのインプレッサはG4という名前が付いています。

まずはなんで「G4」なの?と思ったので調べてみましたよ。

「G」は「本物の」という意味の「Genuine」から、「4」は4ドアであることから名付けられました。

5ドアハッチバックタイプの「SPORT」と異なる点はいろいろありますが、セダンタイプのG4の方が全長が若干短く、全高が若干低くなっており、ワイド&ローな感じがします。

源十郎
G4の方がハッチバックより落ち着いて、大人の印象だな。
営業マン
レガシィからインプレッサのセダンに乗り継いでいる”大人”のドライバーも多いのですよ。

最近はセダンが売れないと言われますが、重心の低いスタイルのインプレッサG4は独特の存在感を放っています。

自分の好みにカスタムするのも楽しい一台ですね。

荷室とボンネットに挟まれているので構造的にも安全性が高いのがセダンです。

インプレッサのようにカスタムを楽しむ車という点では、「車高を落とすとかっこいいのはセダン!」という人もいますよ。

https://twitter.com/okaz6809/status/1378145782944067586

https://twitter.com/distresser/status/1377942845974147073

インプレッサSPORTって?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MSM_ysj(@msmigrams)がシェアした投稿

インプレッサSPORTはハッチバックのタイプの車です。

ハッチバックは荷室が車内と繋がっているので、その分室内を広く使えたり、長い荷物を載せる時や車中泊などでシートアレンジしたいときにも向いています。

インプレッサはセダンのトランクスルー機能があるので、アレンジすればセダンにも長いものが積めます。

しかし、斜めにすれば入る、という場合にはアレンジしなくても良いハッチバックの方が楽ですね。

さくら(妻)
使い勝手が良さそうね。

サイズが若干セダンよりも小さいのに車内は広く使えるのがハッチバックの良い所です。

日本のように狭い道路が多いと、ハッチバックは重宝しますね。

車中泊はG4もSPORTも五分五分

インプレッサでも車中泊が可能です。

「荷室までつながってるから、ハッチバックのSPORTだけでしょ?」と思ったのですが、調べてみるとそうでもないことがわかりました。

セダンのG4でも、寝るスペースを確保できるんですね。しかも、面積だけで考えるとセダンの方が有利だったりもします。

G4での車中泊は、詳しくこちらの記事にまとめていますよ。

インプレッサG4(セダン)車中泊が初心者でも簡単だった件

インプレッサスポーツの車中泊についても記事でまとめているので参考にしてみてくださいね。

広さは充分?インプレッサスポーツで車中泊するなら1人がおすすめ

エンジンが魅力のスバル インプレッサ

インプレッサには「水平対向エンジン」というものが使われています。

珍しいタイプのエンジンで、コストは少々かかりますが車好きの人は注目ポイントですね。

水平対向エンジン
  • エンジンピストンが左右水平に向かい合った配置のエンジン。
  • 振動が少ない。
  • 設計の難しさやコストの問題で、現在採用している自動車メーカーはスバル社とドイツのポルシェ社だけ。

ピストンがお互い殴り合うような動きをすることから、別名「ボクサーエンジン」とも言われます。

 

スポンサードリンク

新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジで見た目(エクステリア)はどう変わる?

▼新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジ予想画像

Impreza new model image

新型インプレッサの見た目は

  • よりシャープなヘッドライト
  • 光と影のバランスがよりダイナミックに見せる
  • 前に張り出したフロントグリルやフェンダー

によって、より「よく走りそう」と思わせるデザインになる

ボディサイズは若干の拡大

と予想

インプレッサはフルモデルチェンジでデザインも新しくなるでしょう。

今までのデザインも「派手さはないが落ち着いていて良い」、「飽きの来ない見た目」と高評価です。

さくら(妻)
個人的には、派手すぎない方が乗りやすいわ。
源十郎
夫婦で運転するには、選びやすいデザインだと思うよ。

そういった派手すぎないというポイントは残しつつも、スバルのこれからのデザインコンセプトである「思わずどこかに行きたくなる」雰囲気を出す見た目になると思います。

▼現行スバル インプレッサ

現行車 スバル インプレッサ 画像 参考

引用:スバル公式HP

現行車と比べて、ニューモデルではアンダーグリルが末広がりの台形になったり、左右の通気口が縦型になるなどして、より安定感を感じさせると予想します。

源十郎
最近流行りの「ワイド&ロー」だね。

新型インプレッサはボディサイズも若干拡大か

最近の新型車の傾向から考えると、ボディサイズが少し大きくなることが考えられます。

源十郎
2020年に発売した新型レヴォーグもボディサイズが大きくなっているんだよね。

ボディサイズが大きくなることで室内空間を広げたり、見た目の迫力も増しますよ。

ボディの厚みを増すことで、安全性も高まります。

現行車のボディサイズ

  全長 全幅 全高 ホイールベース
G4 4,640㎜ 1,775㎜ 1,455㎜ 2,670㎜
SPORT 4,475㎜ 1,775㎜ 1,480-1,515㎜ 2,670㎜

 

新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジで内装の変更は?

▼現行スバル インプレッサの室内

impreza full model change interior image 新型 スバル インプレッサ フルモデルチェンジ 室内 画像

引用:スバル公式HP

インプレッサはフルモデルチェンジで

  • より大画面のディスプレイを使用
  • メーター類はデジタル表示になる
  • ボディサイズの拡大に伴い、室内も広くなる

と予想

新型インプレッサは11.6インチのナビを使用!?

インプレッサはフルモデルチェンジでナビのディスプレイの大きさを拡大すると予想します。

さくら(妻)
最近、どんどん大画面化しているわよね。

2020年に発売された新型レヴォーグには11.6インチのナビが採用されています。

インプレッサのニューモデルでも、そのナビを使えるようになると思います。

▼新型レヴォーグのナビ

新型インプレッサ ナビ 拡大 画像 new impreza navigation image

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
大きくて使いやすそう!

現行インプレッサのナビはすっきり埋め込む「ビルトイン」のタイプだと、6.3インチなんですよね。

源十郎
それが11.6インチになったらかなり見やすく、操作もしやすくなるね。

11.6インチの大画面にも拘わらず、レヴォーグでは275,000円で装着可能なんですよ。

現行インプレッサのナビでも同じくらいするので、これはお得ですよね。

▼現行インプレッサのナビ(例)

現行車 スバル インプレッサ ナビ 画像 参考

引用:スバル公式HP

レヴォーグと同様に、グレードによって標準かオプションか、などが違ったり、オーディオレスも選べると予想します。

メーターはデジタル表示になる?

インプレッサのメーター類はデジタル表示になると予想します。

源十郎
デジタルの方が明るくて見やすいよ。
さくら(妻)
浮き出てくる感じもかっこいいし、掃除も楽そうね。

▼新型レヴォーグのデジタルメーター

▼現行インプレッサのメーター

現行インプレッサ メーター アナログ 画像

引用:スバル公式HP

新型インプレッサの室内はさらに広くなる?

新型インプレッサは室内も広くなると予想します。

新型レヴォーグでは、前後のタイヤ間「ホイールベース」が拡大したことで、室内の幅や後部座席の膝回りに余裕ができているんですよ。

インプレッサでも同様の改良をするのでは、というわけです。

源十郎
レヴォーグでは、室内の幅も約2㎝広くなっているんだよ。

 

スポンサードリンク

新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジで新型ターボ採用?

▼新型レヴォーグの1.8Lターボ

1.8L subaru turbo image

引用:スバル公式HP

インプレッサはフルモデルチェンジで、現行車には無い「ターボ」車が出るという情報があります。

さくら(妻)
ターボって燃費悪くなるんじゃないの?必要ある?

さくらちゃんの言うように、ただパワーアップするためのターボであれば燃費も悪くなりがちですし、環境にも優しくありません。

しかし、最近では「ダウンサイジングターボ」といって、「排気量を抑え、パワーはそのままに」というエコなターボの使い方があるんですよ。

さくら(妻)
エコのためのターボなのね。

新型レヴォーグや改良型フォレスターでも排気量1.8Lのターボを採用しています。

インプレッサのニューモデルでは、1.8Lではなく、小型化した1.5Lのターボを採用すると考えられます。

源十郎
スバルはこれからハイブリッド車や電気自動車を増やしていくと思うけど、「小型化した燃費の良いターボとモーター」の組み合わせのハイブリッド車もあり得るかも。

最近では、スズキのハスラーなど軽自動車でもターボでハイブリッド車という組み合わせを実現しているんですよ。

さくら(妻)
電気だけ!とかターボだけ!とかじゃなく、それぞれの技術のいい所どりをして、どんどん環境にも優しく、乗っていても楽しい車ができていきそうね。

 

新型スバル インプレッサ 安全性能はどう改良される?

▼参考:スバル技術ミーティングPDF

アイサイト 進化 参考 スバル公式 PDF

引用:スバル公式PDF

インプレッサでは安全性能「アイサイト」がレベルアップすると予想します。

後退時の安全性も強化か

インプレッサの現行車ではオプションの「後側方警戒支援システム」や、後ろを画面に映し出せる「リヤビューカメラ」などが標準装備になる可能性があるでしょう。

さくら(妻)
後ろ側の安全を高めるのね。

それというのも、車の後方カメラかセンサーを付けることが義務になりそうなんです。

源十郎
巻き込み事故の防止だよね。

みんな巻き込み事故は起こしたくないのに、なかなか無くなりませんよね。

それも、注意して、速度もそんなに出ていないのに事故が起こってしまうんです。

要するに「見えていれば防げた可能性が高い」と考えられる、というわけです。

▼参考:後退時事故の速度分析

後退時 事故 速度 表

引用:交通事故総合分析センター

なるべく悲しい思いをしなくても良いように、後方の安全性を高めることが必須です。

インプレッサもこの流れにより、後方の安全性をより高める改良が行われるでしょう。

自動運転技術もレベルアップ?

新型インプレッサでは、上位グレードのクルーズコントロールが進化する可能性があります。

新型レヴォーグで採用された「アイサイトX」では、高速道路でハンズオフ走行が可能になっています。

新型インプレッサでもこの「アイサイトX」を採用するかもしれません。

さくら(妻)
つまり、自動運転の進化版ね。

▼新型レヴォーグのアイサイトX使用動画

 

新型スバル インプレッサ フルモデルチェンジで値段はどうなる?

新型インプレッサは、現行車よりも10~15万円ほど高くなるでしょう。

新型レヴォーグの例を見てみると、上位グレードに最新のアイサイトXが採用になれば、通常のアイサイトを使用するグレードよりも35~40万円高い可能性もあります。

源十郎
例えば新型レヴォーグのGT(アイサイト)とGT EX(アイサイトX)を比べると、値段の差は38万5千円だよ。

▼現行インプレッサG4の値段

グレード 標準価格 駆動方式 排気量 エンジン 乗車定員
(万円) (cc)
1.6i-L EyeSight 2002000 FF 1599 ガソリン 5
1.6i-S EyeSight 2244000 FF 1599 ガソリン 5
2.0i-L EyeSight 2244000 FF 1995 ガソリン 5
2.0i-S EyeSight 2486000 FF 1995 ガソリン 5
1.6i-L EyeSight 4WD 2222000 4WD 1599 ガソリン 5
1.6i-S EyeSight 4WD 2464000 4WD 1599 ガソリン 5
2.0i-L EyeSight 4WD 2464000 4WD 1995 ガソリン 5
2.0i-S EyeSight 4WD 2706000 4WD 1995 ガソリン 5

▼現行インプレッサSPORTの値段

グレード 標準価格 駆動方式 排気量 エンジン 乗車定員
(万円) (cc)
1.6i-L EyeSight 2002000 FF 1599 ガソリン 5
1.6i-S EyeSight 2244000 FF 1599 ガソリン 5
2.0i-L EyeSight 2244000 FF 1995 ガソリン 5
STI Sport 2706000 FF 1995 ガソリン 5
1.6i-L EyeSight 4WD 2222000 4WD 1599 ガソリン 5
1.6i-S EyeSight 4WD 2464000 4WD 1599 ガソリン 5
2.0e-L EyeSight 4WD 2563000 4WD 1995 ハイブリッド 5
Advance 4WD 2783000 4WD 1995 ハイブリッド 5
STI Sport 4WD 2926000 4WD 1995 ガソリン 5

まとめ

  • スバル インプレッサのフルモデルチェンジは2022年秋
  • 新型インプレッサはシャープなヘッドライトや、ダイナミックなデザインになる
  • ボディサイズは若干拡大
  • ナビの画面は拡大、メーターはデジタル表示になる
  • 室内空間は広くなる
  • 新型のダウンサイジングターボ採用
  • 安全性はアップ
  • アイサイトX搭載グレードの登場
  • 値段は10~15万円アップ
  • アイサイトX採用グレードは、通常のアイサイト採用グレードよりも35~40万円高くなる

以上が当サイトによるインプレッサのフルモデルチェンジに関する最新情報と予想のまとめです。

インプレッサは家族で乗るにも安全性が高く、走るのも楽しい車にさらに進化しそうですね!

新たな情報が入り次第追記していきます。

ぜひ、愛車選びの参考にしてくださいね!

 

【おすすめ記事はこちら】

インプレッサスポーツの乗り心地は良い?その秘密を徹底解剖!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください