トヨタランドクルーザーにクリーンディーゼル登場!燃費は向上した!?

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。

 

<人気記事>覚えておくだけで必ず役立つテクニック満載
新車購入時に心理交渉術を利用すれば値引きしてくれるのか????

TOYOYAの中でも一番歴史の長い車のひとつでもあるランドクルーザー、通称”ランクル”。いつかは乗ってみたいと思われる方も多い車の一つではないでしょうか。

あの重厚感を身にまといながらも、荒々しくかっこいい。学生時代に、男子がいつかなりたい大人を例えるとこんな感じでしょうか。でも、若干維持費が高く、家庭をあまり顧みず自分の好きなことばかりする父親のようですが。ディーゼルだと、維持費も少しは安くついて、家庭を顧みるおやじになれるでしょうか。

スポンサーリンク

 

クリーンディーゼルとは

画像はTOYOTA HPより

昔は、黒煙を出して、音も大きく、後ろを走るととにかく臭いなんてダーティなイメージが強かったディーゼル車。

子供の頃は、車に乗せてもらうと窓を開けて風を感じるのが好きだったのに、信号で止まった前の車がディーゼル車だと、出発するときの音の大きさよりも、あの黒い煙と臭いに辟易した思い出があります。大気汚染の問題や、人体への影響などもあり、日本でも排気ガス規制がどんどん厳しくなり、ランドクルーザーに関しては今はディーゼル車の発売は全くなくなってしまいました。

今はクリーンディーゼルと言われるディーゼルエンジンが主流となってきています。

性能で言うと、コモンレールシステムという燃料噴射のシステムが搭載され、ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)の設置、尿素SCRシステム搭載のようです。

コモンレールシステムとは
高圧にした燃料を一旦コモンレールに蓄え、高度な電子制御により噴射時期、時間を制御して完全燃焼の促進が行われるシステム。「コモン」とは「共通」の意味があり、従来は直接各気筒に分配されていた燃料が、よりはるかに高い圧力で共通のパイプ(レール)に蓄えられ、完全燃焼に近づくために、『煤(すす)』の発生が抑えられます。
DPFとは
ディーゼル微粒子補修フィルター(ディーゼルパティキュレートフィルター)。その言葉通り、ディーゼル車から出た有害物質の微粒子(PM)を補修するフィルターです。エンジンから出る有害な微粒子を捕らえ、きれいな排気ガスに変えますよという装置です。フィルターにPMがどんどん詰まってしまうので、堆積したPMを燃やして無害な二酸化炭素にするために、600度の温度が必要となります。普通に運転していてはこんな高温にはできないので、高温にする制御にコモンレールが使われるということです。
尿素SCRシステムとは

エンジンの排出ガスの成分の一つ窒素酸化物(NOX)を低減させ、無害な窒素に変える排気ガス浄化装置です。SCR(Selective Catalytic Reducation)選択的触媒による低減と言われ、尿素(アンモニア)がNOXを選択して反応を起こし、窒素に変えることでNOXが低減されるという意味です。

大きくはこの3つが開発され、『クリーンディーゼル』と新たに生まれ変われました。

 

ランドクルーザーとディーゼル

一口にランドクルーザーのディーゼル車というと、先に述べたように、従来のディーゼル車とクリーンディーゼル車にわかれます。

現在は従来のディーゼル車は発売されていないため中古での購入に限られます。ただ、国の排気ガス規制や、各自治体による規制があり、ご自分の住む地域で購入できるか(登録ができるかということです)事前に確認の必要があります。せっかく購入しても自分の住む街で登録できなければ乗ることすらできないのではたまったもんじゃないですからね。

環境省のHPでも規制や各地域別の規制について書かれています。→環境省HP

またランクル80のディーゼルに関しての詳細な記事はこちらを確認していただくと、とても丁寧にわかりやすくまとめられているので参考にしてください。

ランドクルーザー80ディーゼルエンジン仕様車の燃費と魅力

2018.06.10

そのため、現在発売されているランクルのディーゼル車はランドクルーザープラドのみとなっています。じゃあ、ディーゼルエンジンだと、燃費もガソリンよりいいはずだし、空気も汚さないから、ランクルにも手が届くかも!と期待するのもうなずけます。

ランドクルーザーと、ランクルプラドの違いってディーゼル車のあるなしだけじゃないんですって。徹底的に比較してみた記事はこちらです。

ランドクルーザーとランドクルーザープラドの違いを徹底比較

2018.06.04

 

ランドクルーザープラドのガソリンとディーゼルの比較

引用TOYOTA HP

5人乗りと7人乗りのタイプがありますが、TZ-Gは7人乗りタイプしかないため、7人乗りタイプで比較してみました。

引用:TOYOTA HP

確かに、燃費はガソリンよりは少しだけ良くなっています。先のランクル80のときよりも格段に燃費も向上してます。1Lにして、なんと4.2km。これだけでランクル80のディーゼルエンジンよりもプラドのクリーンディーゼルの方が格段に燃費効率が良くなっていることがわかりますよね。

もちろん、ガソリンも燃費向上してますが、TXでガソリンとディーゼルの比較してみても1Lあたり2.8kmも多く走れるようになってます。一般的に、1年間で自家用車は1万キロ走行が平均でしたね。レギュラーガソリンが145円、軽油122.2円で計算してみます。

【ガソリン車】

1年間10,000km÷9.0=1,111L 年間1,111L×145円=161,095円

【ディーゼル車】

1年間10,000km÷11.8=847L 年間847L×122.2円=103,503円

単純に計算してみると、年間約6万円の差が出てきます。

距離で換算すると約5560kmになります。ディーゼル車の方が東京-大阪間の距離が車で520kmほどとのことなので5往復もできるくらいの距離分お得な計算になります。ただし、高速代や、宿泊・お買い物代など諸費用がいっぱいかかりますが、そこは計算しておりません。

燃費面からだけ見るとディーゼルの方がかなりお得感が増します。

参考:TOYOTA HP

スポンサーリンク

 

実際の燃費はどのくらい?

ランクルプラドのオーナーさんの生の声から燃費を見てみると

  • 高速だけだと、14km/Lは狙えます。(TX”L5人乗り)
  • 遠距離で平均7.3KM/Lくらい、高速走行だと10KMLを少し超えるくらい。(TX7人乗り)
  • ノーマルタイヤの高速で13.6LML、新型グッドリッチATで11~12KM/L(TX5人乗り)
  • 街乗りで6.8KM/L(TX”L5人乗り)
  • 10KM/Lを超えます(TX”L7人乗り)
  • 街乗り9-10KM/L、郊外長距離11-13KM/L、高速道路13-15KML(TZ-G7人乗り)

引用:みんカラ

実際の燃費も街乗りだとどうしても悪くなりますが、高速道路だとかなり伸びますね。イードの『e燃費アワード 2017-2018』でもランドクールーザープラドはカタログ燃費達成率で1位を獲得したほどなので、カタログとの誤差が一番ないと言える燃費のようです。

”正直は一生の宝”のランドクルーザープラド。荒々しくてかっこいいだけじゃなく、こんなところにも良さがあったんですね。発見!です。

 

クリーンディーゼルの税金

上述の表のようにガソリン車よりも車両本体価格はディーゼル車の方が60万円ほど高いので、初期投資が大きいですよね。

でも、ここで忘れてはならないのがクリーンディーゼル車には補助金制度があります。車両本体によって差はありますが21万円~24万円程度が返ってくる形になるので、ここで、車両価格の差が40万円弱になります。燃料の価格も前後するので一概には言えないところはありますが、6年ほど乗れば、この差はなくなるので長く乗ればディーゼル車の方が格段にお得感が増すことがわかります。

自動車取得税と自動車重量税が100%免除となります。これで車両価格が14~17万(車種によって変わります)値切らなくても安くなります。そして申請することでCEV補助金が3万円受けられます。これだけで約20万は安くなります。時給850円で休みなく1か月、毎日8時間働いてやっと手に出来る金額。そう思うと税金って大きいですね。

そして登録した翌年の自動車税が75%も減税になります。2800CCの車の自動車税は51,000円なので75%は38,250円もの減税対象です。一人7,000円の豪華ディナーに家族5人で行ってもちょっとおつりがくるくらい。これだけでしばらくは家族の中での私の位置はかなり上位になれそうです。

まとめ

  • クリーンディーゼルになったランクルプラドは燃費効率が格段に良くなった。
  • カタログに載っているランクルプラドの燃費は信じられる数値。
  • ランクルプラドがクリーンディーゼルになって免税率向上。

家族も顧みないなんてとんでもない!『免税だってされる』『燃費も2桁に手が届いてる』。言いわけがちゃんとできて、私の夢だったランクルにも手が届きそうだと感じています。あともう少し給料が上がれば!という期待とともに大きく夢が膨らんできました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください