新型ホンダN-BOX2023年夏以降フルモデルチェンジ?ハイブリッド車登場なるか?最新情報、予想まとめ

n box fullmodelchange eye catch

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ホンダ「N-BOX(エヌボックス)」のフルモデルチェンジに関して調べてみました。

2019年度まで5年連続、軽自動車の新車売上台数№1!

2022年度上半期は軽自動車、普通車合わせた中でも販売台数1位

を誇るN-BOX。

この記事ではそんなN-BOXのニューモデルについて、最新情報と予想をまとめます。

フルモデルチェンジを待つか?それともフルモデルチェンジ前のモデルを買うか?

迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

ホンダ新型N-BOX  フルモデルチェンジはいつ?

n box fullmodelchange

引用:ホンダ公式HP

ホンダN-BOXのフルモデルチェンジは2023年夏以降になりそう

  • 2021年末の一部改良、特別仕様車発売から約1年半開くと推測

N-BOXのフルモデルチェンジは2023年夏以降の可能性が高いです。

それというのも、2021年12月に

  1. 現行N-BOXが一部改良されている
  2. 特別仕様車であるN-BOXカスタム「STYLE+ BLACK」が出ている

からなんです。

これらのモデルを少なくとも1年発売すると思います。

そして、

1年後2022年12月ごろに注文した人が受け取るまで6か月(2023年6月ごろ納車)

→最終納車終了後フルモデルチェンジとなる、というのが予想です。

源十郎
ホンダは、N-BOXとかN-WGNのような「Nシリーズ」の特別仕様車として、共通の”N STYLE+”を作っているんだ。

その”N STYLE+”の第一弾が、N-BOXカスタムのSTYLE+ BLACKなんだよ。

せっかく発売になったのに、すぐに次のバージョン、ってなったら悲しいよね。

 

2023年前半にフルモデルチェンジするのでは?という情報も一部あります。

今のところ公式発表がないので、その可能性も0ではないと思います。しかし、納車までが長くなっている現状を考えると、難しいのでは?と思います。

源十郎
2022年12月頭時点では、N-BOXの納期は6か月以上(一部グレード、カラーではそれはより早く納車可能なこともある)となっているよ。
さくら(妻)
納車される前に次のモデルが発表されたら、えってなるわよね。最近はそういうこともあるみたいだけど、できればないのがいいわよね。

例えばステップワゴンは

  • 特別仕様車含めて2021年10月に生産終了
  • 在庫のみの発売に切り替え
  • そこから1年7か月後の2022年の5月にフルモデルチェンジ

しています。N-BOXも同じようにするのでは、と予想します。

フルモデルチェンジ前か後か、それぞれメリットデメリットがあるので悩みますよね。

いずれにしても、価格はできるだけ抑えたいところです。

当サイトでおすすめする「N-BOXの値引の方法」をご紹介致しますので、ぜひ参考にご覧ください。

 

ホンダ新型N-BOX フルモデルチェンジで安全性能アップ?

nbox 安全装備.png1

引用:ホンダ公式HP

N-BOXはフルモデルチェンジで最新のホンダセンシングを採用すると予想

N-BOXはフルモデルチェンジを機に安全装備も最新になるでしょう。

新しい機能が標準で付くようになったり、オプションで選べる機能が増えると予想します。

車線の中央維持が低速でも作動するようになる?

次のN-BOXでは、「車線の中央維持」機能が「低速」でも働くようになると予想します。

さくら(妻)
今のN-BOXは、65㎞/h以上じゃないと中央キープ機能が動かないのよね。

この低速でも車線を維持する機能を、ホンダでは「トラフィックジャムアシスト」といいます。

新型N-BOXでは、「トラフィックジャムアシスト」が付き、渋滞時のゆっくり走行でも中央キープをしてくれて、かなり楽になるのではと思いますよ。

源十郎
新型ステップワゴンにも採用されたよ。実際に使って「最高に楽」って言っている人もいるね。

「ホンダセンシング360」採用の可能性もある

新型N-BOXには車両の前後だけでなく、360度ぐるりと検知し安全機能が働く

Honda SENSING 360(ホンダ センシング サンロクマル)

を採用する可能性があります。

ホンダセンシング360は2022年9月28日に中国で発表された「CR-V」に初採用されました。

これを皮切りに今後2030年までに先進国で発売するホンダの車全部に展開していくということなので、N-BOXにもフルモデルチェンジで採用となるかもしれません。

さくら(妻)
トヨタや日産も360度安全、っていう車が出てきてるわよね。
源十郎
そうだね。でも、少しずつ違うところもあるよ。

例えば車線変更時に後側方車両との衝突回避では、

  • ホンダ(ホンダセンシング360)は警告+ハンドル操舵
  • トヨタ(ブラインドスポットモニター/後側方警戒支援システム)は警告
  • 日産は警告+ブレーキによる制御/ハンドル操舵(DAS採用のスカイライン)

で支援してくれるよ(2022年12月時点)。

 

ドライバーの異常時対応や先読み機能は付く?

最近、ドライバーの異常を検知する機能や危険の先読み機能がついている車が発表されています。

「N-BOXにフルモデルチェンジで”ホンダセンシング360”が採用されたら、それらの機能も付くかも」との期待もありましたが、ちょっと難しいかもしれません。

 

ホンダは、安全運転支援の新技術として

ドライバーの状態や状況の先読みをして安全性を高める機

を追加すると発表しているのですが、その日程が「2024年より順次」としているんです。

源十郎
N-BOXが2023年にフルモデルチェンジになったら、その時には間に合わないかもね。後からマイナーチェンジのときに新機能追加、とはなるかもしれないけど。
さくら(妻)
今までは「危ない!」という時に助けてくれていたけど、これからはそうなる前に防ごう、ということなのね。
源十郎
ドライバーの状態確認とか先読みは、スバルトヨタ日産みたいに他の車ですでに採用されているもがあるんだ。いろいろ比べてみるといいね。

 

これらはすべてが標準装備になるかはわかりません。

ホンダセンシング360などは、価格があまりに上がってしまうようなら全車標準装備は難しい可能性もあるでしょう。

さくら(妻)
安全になっても高かったら買えない、ってなるもんね。それじゃ意味ないわ。
源十郎
N-BOXはフルモデルチェンジで安全機能はレベルアップすると思うけど、どの程度になるかはまだわからないね。採用、不採用以外にも、”最初のうちは、標準装備ではなくてオプションで選べる”となる可能性もあるよ。

 

スポンサードリンク

ホンダ改良新型N-BOX N-WGNと比較すると?

 

▼N-WGN カスタム

N-BOX マイナーチェンジ 最新情報まとめ. N-WGN 比較

引用:Instagram

N-BOXとN-WGNどちらにしようか悩んでいる人へ向けて、2つの車種を比較していきます。

サイズ比較

  N-BOX N-WGN
全長 3,395㎜ 3,395㎜
全幅 1,475㎜ 1,475㎜
全高 1,790(FF)-1,815㎜(4WD) 1,675-1,725㎜
ホイールベース 2,520㎜ 2,520㎜

 

さくら(妻)
全高以外は一緒なのね。

N-BOXはフルモデルチェンジで少し全高が低くなるという情報もあります。

ただ、背が高いのがN-BOXの良いところでもあるので極端には低くならないでしょう。

源十郎
小さくなるとしても、1-2㎝低くなるんじゃないかなという予想だよ。

家族で乗る時に、お子様がいらっしゃるならば立ってお着換えしたいなんていう時もあるでしょう。そういった時は全高がより高い方が便利です。

それに、背が高いパパが運転するとしても、より全高が高く室内の高さも高い方が窮屈でなく良いですよね。

N-BOXのサイズに関して詳しくは「N-BOXのサイズは?全長/全高/車幅を解説!その大きさの意外なデメリットと多くのメリット」でも書いています。参考にご覧ください。

ちなみに排気量はN-BOX・N-WGN共に658Lです。

軽自動車サイズ規格
  • 全長3.4m以下
  • 幅1.48m以下
  • 高さ2m以下
  • 排気量660cc以下

パワートレイン・燃費比較

今回のマイナーチェンジではエンジンに変更は無いでしょう。ただ、細かい改良が行われ、燃費は良くなる可能性があります。

▼現行N-BOX、N-WGNのパワートレイン性能・燃費比較

  N-BOX N-WGN
最高出力(kW[PS]/rpm)

43[58]/7,300-

47[64]/6,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

65[6.6]/4,800

ターボ車:104[10.6]/2,600

燃費

FF:20.2-21.2㎞/Ⅼ

4WD:19.0-19.8㎞/Ⅼ

FF:21.2-23.2㎞/Ⅼ

4WD:20.0-21.2㎞/Ⅼ

さくら(妻)
エンジンが同じだから力も同じなのはわかるけれど、燃費に差があるのね。
源十郎
車の重さがN-BOXの方が重いのも関係していると思うよ。

フルモデルチェンジでは改良がおこなわれ、

新型N-BOXでは最高出力59-66PS、最大トルク66-105N・mとパワーアップするという情報もあります。

また、力強くなるだけでなく、0.5~1㎞/Ⅼくらい燃費も向上すると予想しますよ。

そうなると、少しN-BOXの方が力強く、燃費もさほどN-WGNに劣らなくなりますね。

 

N-BOXにはハイブリッド採用なるか?

N-BOXのハイブリッド採用が期待されています。

フルモデルチェンジで「軽自動車用のe:HEV」が使われるのでは、というウワサもあります。

 

もちろん、e:HEVが採用されれば、燃費はよりよくなるでしょう。

しかし、コストとそれによる価格上昇がもう少し抑えられなければ採用は厳しいのではと思います。

その点がクリアされれば、フルモデルチェンジと同時、もしくはフルモデルチェンジからは遅れてハイブリッド車の追加があるかもしれません。

源十郎
エンジンの他にモーター、バッテリー、それをコントロールするものとかを載せるわけだからね。e:HEVを含むハイブリッド車は価格の面でハードルが高いんただ。
さくら(妻)
安く抑えたくて軽自動車に決める人もいるから、価格の上昇は大きな問題よね。

本来、ハイブリッド車を作ったりそれに乗る目的は二酸化炭素の排出を抑えること、というのがありますから、価格が高くても乗るというケースもあるでしょう。

しかし、「出費の面で得をしない→ハイブリッドにする人が少ない」となると、全体で見た時の環境への効果は少なくなってしまいます。

源十郎
Honda stories の中で、パワーユニット開発担当の方が「車両価格も従来のエンジン車に少しでも近づけたい」と言っているみたい。それが実現すれば、買う人も増えるだろうから、N-BOXにもe:HEV採用が可能になるかも。
さくら(妻)
今は、FITの”ベーシック”でガソリン車とe:HEVに40万円の差があるからね。前より差は縮まったみたいだけど、せめて、20~25万円台くらいの差になればいいな。

他社ではありますが、ダイハツのロッキーではハイブリッド車とベースの車の価格差が約30万円になっています。

それを考えると、軽自動車のハイブリッドが25万高程で登場するということは不可能ではないでしょう。

 

ちなみに、ホンダのハイブリッドシステム「e:HEV」ではなく、スズキなどのように”マイルドハイブリッド”を採用しているところもあります。軽自動車にも乗せやすい大きさ、重さで価格も抑えられるんです。

では、N-BOXもそうすればいいのか?とも思いますが、そう簡単には行かないんですよね。マイルドハイブリッドはあくまでも発進時や加速などのサポートをするもので、規制への対応や燃費の向上にも限界があります。

また、現時点でホンダはマイルドハイブリッドを使っていないんです。EV化に進む中、ガソリンエンジンベースの”マイルドハイブリッド”を今から開発するよりは、今あるe:HEVを軽自動車用に改良する方が濃厚なのでは、という声もありますよ。

 

燃費は車の維持費を抑えるのにとても大事ですよね。

燃費の他にも維持費を抑えることができるのが「車の保険の見直し」です。

あなたに適正な保険にするだけで節約ができてしまうかもしれないんですよ。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

ホンダ新型N-BOX フルモデルチェンジで価格はどうなる?

今回のN-BOXのフルモデルチェンジでは、安全装備の充実で数万~15万円くらいアップするのでは、と予想します。

基本的な改良でも5~10万円くらいは上がると思いますが、

ホンダセンシング360で新しくレーダーをつけるとなるとさらに上がる可能性もあります。

源十郎
例えば、トヨタのノア、ヴォクシーもぐるりと安全になる装備にしようとすると、セットで13万~25万円くらいするからね。
参考:現行N-BOX 価格
  価格 WLTCモード燃費
N-BOX

FF

1,448,700円~

21.2㎞/L

ターボ20.2㎞/L

4WD

1,582,800円~

19.8㎞/L

ターボ19.0㎞/L

N-BOX カスタム

FF

1,789,700円~

21.2㎞/L

ターボ20.2㎞/L

4WD

1,922,800円~

19.8㎞/L

ターボ19.0㎞/L

 

機能や価格などを考えた時、フルモデルチェンジ前のモデルがいいかなと思う方は、改良直前の値引に期待ですね。

 

改良前、改良後、いずれにしても当サイトおすすめの「値引額を最大にしてN-BOXを買う方法」をご紹介致します。

ぜひ参考にご覧ください。

 

まとめ

  • N-BOXのフルモデルチェンジは2023年夏以降
  • 安全装備がレベルアップ
  • ハイブリッド採用の可能性もある
  • 価格は数万~、装備の新設などによっては~15万円アップと予想

以上が当サイトによる最新情報と予想のまとめです。

外観など含め、今後出てくる情報などがあれば、追記していきます。

他車などとも比較しながら、楽しみに待ちましょう!

ぜひ、お楽しみください!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください