マツダの値引き交渉術。値引き額の最大相場限界値を超える方法

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

日本の数ある自動車メーカーの中でも、特に異色な存在感を持つマツダ

マツダ車については、賛否両論ありますが、マツダ車がいいところは、何と言っても最近、デザインが特によくなってきたところです。あれほどの躍動感あるデザイン性を持つ国産車は、他にないんじゃなかろうか、と源十郎的には思っています。

そして、最近私が、注目しているがクリーンディーゼルエンジンなのですが、世間では最近かなーりの勢いでディーゼル車の規制が行われていて、この厳しい、厳しい規制を乗り越えられるのが、クリーンディーゼルエンジンを持つ車というわけです。

 

マツダは、なんとこのクリーンディーゼルエンジンの分野では、日本国内メーカーだけでなく、世界にも通じる技術を持っています。

そんなマツダ車を買い替えで、安くそしてお得に購入できないものかと調べてみました。

そもそも新車を買い替えをする時の値段って、実は値引きすることを見込んだ値段設定になっているんです。この事実を知った時、源十郎はなんて世間知らずと悔やんだ記憶があります。なのでこの事実を知らないと、ディーラー側の言い値になってしまいます。

営業マン
(あれ、値引き交渉してこないな。よっしゃ何も知らないなら定価からちょっと値引いて、恩を売って買わせてしまえ。)

この値引きありきの新車の値段設定を知らない場合、そのディーラーさんによって、全く同じ型の車に乗り換えたとしても、新車の値段が大きく変わってしまう事態になってしまいます。

新車の購入価格が大きく変わってしまうのは、「値引き交渉術」を知っているか知らないかの差だけなんです。

源十郎
前回の買い替えの時は、こんな事実知らんかったー。

ですので、実は多くの方が知らない事実である、新車を値引きして購入する「値引き交渉術」とは、果たしてどんなものなのか、この源十郎が今回の新車買い替えで身につけた、簡単で実践的な誰でもできる「値引き交渉術」をわかりやすくお伝えいたします。

さらに付け加えて、私にはディーラーをしている友人がいまして、その友人から普段では聞けないディーラー側の本音についても赤裸々に書いています。

源十郎
値引きの方法について楽しく勉強しよう!
今車を持っている場合

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

一括査定に申し込んで複数業者からの電話問い合わせが嫌だって方はこちら。選ばれた一社からの電話だけでじっくり楽に査定してもらえます。

→今だけ限定でクオカード5000円もらえるキャンペーン実施中!
→あなたの愛車と相性の良い厳選された買取業者一社を紹介

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

スポンサードリンク

実際に新車を買った時の値引き額は〇〇円?値引き交渉テクニック使用体験談

では、マツダの新車にできるだけ安く乗り換えるために実際何から始めたらいいの、ということで、まずは、私が最初にセレナに乗り換えた時の金額をどれだけ値引きさせることができたのか、本当の注文書を見てください。

タララッタラーン。これが実際の注文書です。この写真ですと、大事なところがさっぱりわかりませんので、大事なところを拡大した写真が下の写真です。

ゴゴゴゴゴゴッ。この拡大、この装飾で、一体源十郎が何を伝えたいのか、お分かりになっていただけたでしょうか。バーンと書いてあるので誰でも分かりますね。車両本体で約40万円、そして付属品で約10万円で、合計にすると約50万円もの値引きに成功したのです。

源十郎
50万円も値引きできるのが分かっていたら、妻に内緒でワンランク上のグレードが選べたかも。

インターネットなどで、新車買い替えの値引き費用の相場を確認しましたが、平均値引き額よりも結構いい金額を叩き出しています。

この50万円という数字は、高いのか、低いのかよく相場がわからないと思いますが、ネットなどで相場を確認してると、決して低い数字ではないことがわかっていただけると思います。むしろ平均の値引き額よりもいいんじゃないかと思います。

やはり新車購入前にディーラーの友人に、買い替えの時のお得かつ必要な情報を聞いおいてよかったです。ディーラー側の本音情報を知っているか知らないかでは値引き金額は大違いだったということですね。

源十郎
敵(ディーラー)を知り己を知れば百戦あやうからずby孫子

ディーラーを敵と言っては失礼ですが、相手側の本音を知ることで、新車の値引き金額に大きな違いが出てくることは間違いありません。

それでは、新車購入時に値引きするための「値引き交渉術」の具体例を分かりやすく、順を追って説明していきたいと思います。特に難しいことはありませんので安心してください。どれもこれもすぐに実践できるテクニックばかりです

もし、未使用車や新古車などが欲しいのなら、こちらで探せます。未使用車も実際は新車と同じですので、こだわりなくて安く買いたいなら間違いなく未使用車が良いです。

→未使用車・新古車探すなら

マツダ車の値引き額の相場を知って目標額を決める

源十郎
では、マツダの新車の値引き額はどれくらいなのかネットで確認しよう。

どの車でも言えることとして新車の値引き額の相場は価格の約10%だということ。当然、車種や時期によっては、この割合の上下はあります。同じ新車でも新モデルか旧モデルとでは、その値下げ幅は大きく変わってきます。

ですので、そういった大きな値下げを狙えるモデルチェンジ時期などを狙うのも一つの手ですが、この点については後ほど詳しくお伝えします。けれども、値下げ幅の一つの目安として購入金額を10%まで割り引いてくれたら成功と考えていただけると分かりやすいと思います。

源十郎
割引額の相場は、10%。覚えておこう!

マツダ車の目標値引き額の目標の設定をしておく

それでははじめに、マツダの新車は、一体どれくらい値引きしてもらえるのか、ネットで確認しておきましょう。もちろんそのネット記事が新しければ新しいほど今の時期はどれくらいの割引なのかということが分かりますので、なるべく新しい記事を選びましょう。

そのネットで調べたマツダ車の金額を平均したものが、今回の目標割引金額となります。つまり今回のゴール地点です。このゴール地点を決めて、新車買い替えの土俵に立つことが大切です。ゴール地点も定めずに出発する山登りはありませんよね。それと同じです。

目標金額を設定した上で、ディーラーとの値引き交渉を始めましょう。相場観があるかないかではその金額に大きな差が出てしまいますよ。

ですので、まずやることは自分の欲しいマツダ車の値引き相場をネットで調べておく。そして最新の記事や、一年前の同じ時期などを参考にすると、さらに実体にあった目標値引額が設定できます。

ここで一つ大切なことは、その自分の決めた目標設定の金額になったら、それ以上はディーラー側に値引きを迫らないことです。

相場を超えた値引き交渉は、ディーラーとの関係にヒビが入ってしまうかもしれませんし、今後付き合っていく上で得策とは言えません。

もし、仮に自分が設定した目標金額を超えて、さらに安く新車の購入ができたとしても、そこからディーラーとの長い付き合いが始まります。新車のメンテナンスや事故をした時などに力になってくれるのは、その購入したディーラーです。そのことをちゃんと頭に置いた上で、値引き交渉を進めていきましょう。

ディーラー側が新車販売でどれくらいのもうけが出るのか知っておこう

マツダ車の購入で、ディーラーとの値引き交渉を行っていくわけですが、次に大事なポイントは、この新車販売で、このディーラー側にいくら利益が入るのかということを知っておかなくてはなりません。

それは一体なぜでしょう。その答えは、その金額を知ることにより、自分の欲しいマツダ車の最大値引き額がわかるからです。

この金額を算出するために微分・積分のような難しい数式は、何もいりません。安心してください。ディーラー側に支払われる報酬は、がっつり言って車両価格の1割。つまり10%です。

この10%という数字。最近どこかで見ませんでしたか。そうです。新車購入の値引き相場です。この値引き相場も10%なんです。新車の値引額の相場が10%。そして、ディーラー側に支払われる相場も新車の価格の10%です。

この数字の妙な一致はなんなのでしょうか。ディーラーとの交渉で最大の値引きをゲットしたら、ディーラーに支払われる報酬がなくなってしまうという奇妙さは。ディーラーは一体どこから儲けはどこから出てくるのか。

ということですが、そうなったら日本にいるディーラーさんは、ボランティアの無償の愛の慈善活動となってしまいます。もちろん、ディーラーさんにも生活があるわけですから、どこかで利益を出しています。実は、それは車本体「以外」で利益を出しているのです。

とは言っても、ディーラーさんにも当然生活があるわけですから、儲けがなければ生活が成り立ちません。この10%という数字を知り、そして実はディーラー側の利益は、車両の本体から出ているわけではないという事実を知っておかなくてはなりません。

源十郎
よし、目標割引金額の50万円の値引きに成功したぞ!
さくら(妻)
パパ、グッジョブ!月のお小遣い100円アップよ!
源十郎
(年間でも1200円じゃないか!?)あ、ありがとう。ママ。。。
営業マン
今回は、当店よりセレナのご購入ありがとうございます。つきましては、車両保険はどのようにお考えでしょうか。今、一緒に保険にも加入いただくと新車購入特典で割引価格で加入できますよ。
営業マン
メンテナンスパックはどうされますか?定期的に点検された方が安心ですよ。
営業マン
ガラスコーティングは新車ならおすすめししております。
源十郎
(あとあと、自分で探すのも面倒だしなぁ)そうですね、全てお任せします!!
営業マン
かしこまりました。ありがとうございます。(フフフっ。これで最大儲けを獲得したぞ。)

車を購入する時に、ディーラーさんとこういうやり取りをしたことありませんか。ここにディーラー側の利益の秘密が隠されているんですね。

新車購入時には、必ず絶対100%の超絶な確率でディーラー側から、このような提案をしてくると思います。なぜこのような提案をしてくるのでしょうか。なぜならこの絶対にしてくる提案こそに、ディーラーの儲けの仕組みが隠されているからです。

さらに、これ以外にも買う側からは、知ることのない儲けの仕組みがもう一つあります。お教えいたしましょう。

このもう一つの仕組みは、ディーラーの友人がいたからこそ知れたのであって、もしいなければ気づかなかったかもしれません。もう一つの儲けの仕組みとは、「メーカーからの販売奨励金」というものです。つまり新車を何台売りさばいたかで、臨時ボーナス的なお金がメーカーから入るというものです。

このメーカーからの販売奨励金は、メーカーによっても、季節によっても色々違うそうなのですが、ディーラー側にとっては、結構小さくない収入源だそうです。

営業マン
この販売奨励金で、年間数億円稼ぐ敏腕ディーラーの知り合いもいるよ。

こういう仕組みを使って、ディーラーは利益を得ているわけですから、車両本体で利益を取らなくても大丈夫というわけなんです。それにしても年間で数億とは、びっくりです。

購入側は、新車を値引きしてもらって、ハッピー。そしてディーラー側もオプションや奨励金などをもらえるのでハッピー。新車を販売することで、このようなお金の流れが生まれていますので、ここも頭に入れておきましょう。

購入希望車の値引き額の相場と口コミを「価格コム」で調べてみよう

それでは、自分の欲しいマツダ車の値引額の相場は、一体どれくらいなのかということを、実際ネットを使って調べて見ましょう。その調べ方は、すごく簡単です。いろいろある中で私がオススメなのは、総合の口コミサイトで実際にどれくらい値引いてもらったのかという具体的な金額を知るという方法です。

総合口コミサイトと言っても多種多様でどこから調べればいいか悩んで一歩を踏み出せないあなたに、価格.com教えてgooヤフー知恵袋などが大御所ですので、ここら辺からせめていくのがいいかもしれませんね。ここでは一番大御所と思われる口コミサイト、価格ドットコムで具体的な手順を見ていきたいと思います。

価格コムで実際検索してみると、マツダ車の値引き額相場を簡単に調べることがでます。

最初に、検索窓に

価格コム マツダ 値引き

と打ち込みます。その検索結果を見ていけば、簡単にマツダの値引き額の相場が調べられます。

試しに私の所有車はセレナなので、セレナで調べてみましょう。

価格コム セレナ 値引き

を検索窓に打ち込みます。

 

 

すると1ページ目に価格コムのサイトが出てくるのでそれをクリック。

 

 

クリックするとこのような画面が出てきますので、そこからセレナの購入希望者の相場の口コミを調べられます。

※ 注意:価格コムのサイトから希望者の値引き額ページに辿り着くには少しわかりにくい箇所にページがあるので注意してください!

スポンサードリンク

マツダ車を実際に値引きした人たちの口コミ体験談をドドンと紹介

それでは、何件か参考になりそうなマツダ車の新車の値引額を検索してみたいと思います。一体、相場はどれくらいなのか。大きな割引の時は、どういった理由で割り引いてもらったのか、逆の場合はどうなのか。

口コミサイトには、最大値引を勝ち取るための情報の宝庫です。大学受験の時に、過去問を買って、その答え方がたくさん書いてあるようなもんなので必ず目を通しておきましょう。

オプションをつけまくって、車両本体で40万の値引きに成功

●グレード:デミオ 2014年モデル

●新車価格:177万円

●本体値引き額:40万円

●オプション値引き額:0万円

●購入時期:2018年2月

●購入地域:神奈川県

オプション43万円つけての39万円引き。憧れのデミオをお値打ち価格で購入できました。
後部座席はほとんど使わないので狭さもあまり気になりません。視界も他の人の口コミほど悪くないと思います。内装もコンパクトカーにしては高級感があり大満足です。難点はやっぱり収納性の悪さかな。

引用:価格ドットコム

車両本体で40万円もの値引きに成功していますね。オプションを43万円をつけての40万円値引きですから、ディーラーさんもウハウハですね。喜んで値引き交渉にお応じてくれるでしょう。

まさにwin-winの関係で取引ができていますね。新車の価格が、177万円ですから、相場の10%で考えると17万円、18万円くらいのはずです。それなのに40万円とは、オプションだけが理由ではなさそうです。

モデルが2014年という旧モデルも関係してそうです。やはり旧モデルの割引率は上がってくるのでしょう。ここからわかる値引き交渉術が見えてきました。

源十郎
割引を見込んで、ディーラー側にも利益になるようにオプションをつけこと、新型モデルは避けて、高い割引が狙える旧モデルを選択するという2点がポイントかな

ライバル社の見積もりを数台持って交渉して、割引率アップで25万円の値引き

●グレード:アクセラスポーツ 2013年モデル   15S PROACTIVE

●新車価格:213万円

●本体値引き額:10万円

●オプション値引き額:15万円

●購入時期:2017年2月

●購入地域:福岡県

全て含めて合計250万円でした。これはディーラーの方が頑張っていただいたのだと思います。特にインプレッサとヴェゼルとの比較の際には熱を入れて値引きをしていただいた気がいたします。アクセラのような良い車がこれほどの値段で購入できるとは、想像していませんでした。本当に良いと思う車を数台候補に挙げて交渉していたことが、結果的には良かったのかもしれません。オプションはセーフティクルーズ、ドライビングポジションサポート、CD・DVD地デジチューナー、リアモニター、パーキングソナー、表面コーティング(5年)、ナビゲーションをお願いいたしました。

引用:価格ドットコム

この購入者の方は、車両本体で10万円、オプション値引きで15万円の計25万円の値引きに成功していますね。

元々の新車の価格が213万円ですから、10%の法則で言えば、値引額は、20万円そこそこのはず。少しの上澄みを勝ち取れたのは、数社の見積もりをディーラーとの交渉時に出したとあるところに答えがありそうですね。

また、マツダの特徴として、他のメーカーと似たようなグレードでもそれより安く購入できるという利点もありそうですね。

源十郎
ここでの一番のポイントは、ライバル社の見積もり。ディーラーさんも他社の車に行かれたくないので、結構一生懸命に値段をつけてくれるみたい。

値引きは渋いです。10万円の割引きでガックリ

●グレードCX-3 2015年モデル

●新車価格:228万円

●本体値引き額:10万円

●オプション値引き額:0万円

●購入時期:2017年10月

●購入地域:福岡県

値引きは渋いです。
最近は他社も価格が上がってきているので相対的にそれなりです。

引用:価格ドットコム

この購入者の方は、詳しいことはわかりませんが、本体価格からの10万円のみの値引き終了してしまいました。車両の価格が、228万円ですから、先ほどと同様に10%の法則で行けば、20万円以上の割引きはできたはずと思われます。

車両のモデルも最新モデルではなく旧モデルですから、そんなに渋い割引価格はつかないはずです。おそらくこの後に紹介する値引き交渉術を何も持たずに、ディーラーとの交渉に臨んでしまったのでしょう

これから紹介する値引きのテクニックを知っていれば、少なくとも後10万円の値引きはできたのにと思うと残念で仕方ありません。

源十郎
新車値引き10%を最低でも達成できるように、値引きテクニック12選を身につけておきましょう

 

マツダ車を限界まで最大値引きするテクニック12選

前置きが長くなってしまいましたが、これから具体的な新車の値引き交渉術を紹介していきたいと思いますが、ディーラーと交渉する上で一番大切なポイントは何か覚えていますか。

さくら(妻)
新車の値引き相場は、本体価格の10%。そうよね、パパ。
源十郎
うん。さすがママ。その通りだよ!

ですから、この値引きの目安の10%ということを、頭にしっかり入れて、ディーラーとの価格交渉に望みましょうね。このことが頭にないと、ディーラー側の話術にハマって大損してしまうかもしれませんので、この点だけはしっかり頭に入れといてくださいね。

いくら簡単だって言ってるけど、実際にディーラーと価格交渉するのは、面倒だな、気が引けるなと考えてしまうかもしれません。

けれども、これからお伝えする値引きのテクニックは、ディーラー側を敵ではなく、最終的には新車を購入する上での仲間として交渉していきます。ですので新車を気持ちよく乗り続けるためにも、試してみてくださいね。

では、そのディーラーとのwin-winの値引き交渉術お教えします。大丈夫です。私だってこのテクニックを知ったのは、つい最近です。私のような人間でもできたのですから、あなたにもきっとできるはずです。

このテクニックで、値引きを勝ち取ったら、ナン十万円の差が生まれてきます。そのお金で一体あなたは、何をしますか。貯金もいいでしょう。美味しいものを食べるのも悪くはありません。家族みんなで旅行だって行けるかもしれません。楽しい想像は膨らむばかりです。

源十郎
さあ、私と一緒に新車値引き交渉テクニックを使って、最大値引きを手に入れましょう!

テクニック1:乗っている車を下取りに出そうとしていませんか 買取業者に持って行こう

大切なので何度も言いますが、新車を買うときに、その最大値引き幅の相場は、0%です。ここはきっちりと取っていくとして、それ以外にもお金を手元に残すために大切なことがあります。それは、今あなたが乗っている車を最大限に高く売るということです。

そのためにどうしたらいいのかというと、今乗っている車は、下取りに出すのではなく、中古車の買取業者に持っていくということです。それは一体どうしてでしょうか。

営業マン
下取りですか。それはサービスの一つみたいなもんなんで、わざわざ高く下取るディーラーなんかいないよ

とディーラーの友人は申しておりました。つまり、今自分の乗っている車を買い替えの下取りに出すということは、中古車買取業者の相場に比べてかなり低い相場で下取りされてしまうことになるんです。

どれくらい低い相場かというと、下手すると数百万円で購入した愛車が、家族でガ○トくらいの値段で引き取られてしまうんです。

ディーラーがなぜ下取り価格をそんなにも低く設定してるのかというと、先ほどの友人の会話にもありましたが、その下取り業務での儲けを一切考えていないからです。ディーラーの営業成績は、あくまで新車を何台売ったかです。何台下取りを引き取ったということは、営業成績に全く関係ないのです。

ですから、今乗っている車を下取りに出す行為は、長年連れ添った愛車を無駄死にさせるようなものです。言葉は、少し過激になりましたが、そういうことです。自分が乗った愛車、お金抜きとは言えませんが、高く評価された方が嬉しくありませんか。その評価がお金であり、自分の手元にもより多くのお金を残すことができるんです。

じゃあ、下取りに出すのではなく、持っていきましょうよ、中古車の買取業社へ。愛車のためにも自分のためにも。躊躇する理由はありません。下取りに出すより、少しだけ手間がかかるだけです。

買取業者は、ディーラーと違ってそこで利益を得ています。中古車は彼らの商品です。あまりにも儲けを狙いすぎて安く買取金額を設定してしまうと、めんどくさいから、下取りでいいや、と全ての商品がディーラーに流れていってしまいます。

そうならないためにも下取り価格より確実に高い値段設定で買い取ってくれます

ここまで理解できたら、自分の愛車を下取りに出すなんて考えはもうないですね。自分の愛車を一番高く評価してくれる中古車の買取業者を探しましょう。

では具体的に、今乗っている自分の車を下取りに出すのと中古車の買取業者に出すのとでは、どれくらい違うのか、その平均額を下の表で確認してみましょう。

ディーラーの下取りと中古車の買取業者の価格差はだいたい30万円くらいの差が出ていますね。あくまでも平均値ですから、車種や車のコンディションによってマチマチですが、だいたいこの金額前後に収まるかと思います。

私の新車買い替え時の実体験で言わせていただくと、トヨタのラッシュに乗っていたのですが、新車のセレナに乗り換えた時、最初は面倒くさくて、車を下取りに出そうとしていました。その下取り価格は、30万円でした。

事前に、私がネットで調べていた買取価格とは随分と違うなと感じて、一旦下取りは保留にして、試しに買取業者に見積もりを出してもらいました。わざわざ買取業者に車を持っていく必要はありません。今のご時世ネットで簡単入力でささっと買取額が出てしまいます。

非常に簡単にできるので、試してみてください。私がこの時利用したリンクを貼っておきますので、よければクリックしてみてください。その時に使用したサイトの無料買取査定です。

そして、そのネットに出した見積額はなんと、80万円と出ました。

事前に少しネットで情報を得ていただけで、50万円近くも得をすることができました。危うく50万円もの大金を損しそうだったのは、私が車の下取りと買取は同じものだと勘違いしていたためです。

同じ車を処分するのだから、ディーラーに下取りを出すのも、中古車の買取業者に買い取ってもらうのも、そんなに違いはないと考えていました。そして、むしろディーラーに下取りに出した方が、新車の購入価格も割り引いてくれるんじゃなかろうかという無知の勘ぐりもありました。

実際には、確認した通り、ほぼほぼ中古車の買取業者にお願いした方が、高く買い取ってくれますし、トータルでも必ずプラスになると思います。

私の場合は、その時たまたま気づけたからよかったですが、もしも気づかずに、そのまま下取りに出していたらと思うと、冷や汗もんですね。さらにそれが妻にバレていたらと思うと背筋が凍ります。

今あなたが乗っているその車。下取りに出しては行けません。必ず中古車の買取業者に出してくださいね。

源十郎
ちょっとした情報でも知ってるか知らないかでは、大違いだね。
さくら(妻)
さすがパパ、今、乗っている車は必ず買取業者に持っていく、重要なポイントね!

テクニック2:オプション値引きは、車両本体のとは、別物の割引と考えておきましょう

あなたが新車に乗り換える時に、オプションというものがあります。オプションの種類は大きく分けて2種類です。一つが、メーカーオプションでもうひとつが、ディーラーオプションです。わかりやすく表で説明すると下記のようになります。

メーカーオプション 車両本体のオプションで、工場出荷時にすでに付いているサービスのこと。後付け不可。
ディーラーオプション 車両の付属品のグレードアップサービスで、ディーラーがつけてくれるもの。基本は後付けのみ。

車両本体の割引とは、別のオプション割引という割引の仕組み。これは、表の下に書いてあるディーラーオプションというオプションから、割り引いてもらうということです。このオプションを付けるから、サービスであのオプションをつけてよ、みたいなイメージをしていただけると分かりやすいかなと思います。

最初にあなたが、ディーラーさんと値引き交渉を始めた時、最初はもちろん車両本体価格の値引きを交渉すると思います。というかするはずですその車両本体の値引き交渉が終了した後、それとは別の値引き交渉があるんです。サッカーで言えば、値引き延長戦みたいなものです。

その値引き延長戦を制すための、必殺ワードがあります。知りたいですか。それは、「せっかく新車にしたんで、自分好みのオプションも付けたいんですけど、オプション値引きってしてもらえますか?」です。

この値引き延長戦は、あくまでも延長戦です。車両本体の値引き交渉がうまくいかなかった時のオプション値引きですので、あなたがもし車両本体の値引き交渉が目標金額に達していた場合は、このオプション値引きはオマケぐらいの比率で考えてくださいね。

この交渉の時、あなたが欲しいオプションが何個かあると思います。そのあなたが欲しいオプションの一番安いオプションだけ最後に取っておきましょう

そして、オプション交渉も終わって、いざ最終契約って時に、その一番安いオプションをオマケしてっとディーラーに頼めば、ディーラーも了解するしかなくなります。

ですので、大切なのは一番安いオプションで、ディーラー側が、これくらいならしょうがないか、くらいの軽い感じで了解してもらえる金額にしておくことです。

源十郎
今日は、あなたのおかげでいい買い物ができました。ありがとうございます。で、ちょっというの忘れてたんですけど、あのオプションオマケで付けてもらえるってできますか?
営業マン
(とてもいい交渉が出来たし、あれくらいのサービスだったら付けてあげようか)あ、大丈夫ですよ、オマケで付けさせてもらいますね。
さくら(妻)
(パパ、ナイス追加点!)

ここで食い意地をはって高級オプションを付けないでくださいね。せっかく上手くいっていた交渉が最後の一言で、ディーラーとの関係が終了なんてことがありますからね。

源十郎
今日は、あなたのおかげでいい買い物ができました。ありがとうございます。で、ちょっというの忘れてたんですけど、あのオプションオマケで付けてもらえるってできますか?
営業マン
(げっ、最後の最後であんな高いオプション付けてくれってか?なんてガメツイ客だ。ここまで一生懸命値引いたのが馬鹿らしくなちゃったな。)お、お客様、そのオプションはちょっと。。。
さくら(妻)
(パパ、それはいただけない。はしたない。)

なんてことにならないように気をつけましょうね。ディーラーとは、あくまでも新車を気持ちよく乗る上での大切な仲間であるということを決して忘れないでください。

 

テクニック3:新車購入時に、一緒に車両保険入ってませんか?ネットで入りましょう

車両本体もオプションも全て値引き交渉が終了して、いざ契約って時に、オプションと同じように必ずディーラーが勧めてくるものがあります。それは車両保険です。

この時、新車購入でディーラーとの信頼関係も出来上がっているし、そのディーラーが勧めてくる自動車保険を断りにくいムードになっているのはよく分かります。結局、必ず入らないといけない保険ですしね。

けれども、待ってください。ディーラー側の言うがままに車両保険に入ると、必ず損しちゃうかもしれませんよ。

新車購入時にディーラー側が勧めてくる車両保険は、ネットなどの車両保険などに比べて高く設定されています。これが毎月、毎年のことですから、トータルの収支でいくとかなり大きな損失になっていきます。少しだけネットで検索するだけで、この自動車保険の保険料をかなり安くすることができます。

たかが保険、されど保険です。車両本体の値引きやオプション値引きだけでなく、新車に乗り換える上でその付随費用も安くしていきましょうということです。

自動車保険を自分で探して、自分で契約するのは面倒だ、と思っているかもしれませんが、安心してください。今のネットでの自動車保険選びは驚くほど簡単にできます。必要項目を入力して、見積もりを出してもらうだけです。

自分の周りの友人もほとんどがネットで自動車保険に契約しています。ということは、ディーラーが勧めてくる車両保険は割高でネットで自動車保険に入った方が、お得だってことが広く知れ渡っているのかもしれませんね。

ネットで入る自動車保険は、安いだけあってサービスがあまりよくないと言われていた時代もありましたが、今では、そういった話もあまり聞きません。コマーシャルなどで流れている顧客満足度ナンバー1なんて言葉を耳にしたことはないでしょうか。そのほとんどがネットの自動車保険です。

ですので、安い上に満足度も高いのであれば、ネットで自動車保険に入らない理由はもはやありませんね。今は、私もネットで自動車保険に加入しています。

今は、とあえていったのは、私も以前は、面倒くさい、ディーラーが勧める自動車保険を断るのも気が引けるという理由で、たいして調べもせずに、ディーラーに勧められるがままに自動車保険に加入したことがあるからです。

なので、両方の経験をしたからこそ、私はネットの自動車保険をオススメできるんです。

では、実際に金額的に、ディーラー側が勧めてくる自動車保険と、ネットで加入する自動車保険はどれくらい違ってくるのでしょうか。年齢や普段からどれだけ運転するかなどの色々な項目があるので人それぞれに金額の差があると思いますが、私個人の体験談で言わせていただくと、結構金額差ありますよ。

私がネットの保険に切り替えて、実際に5万円くらい安くなりました。ディーラーに勧められていた自動車保険とネットの自動車保険のサービス内容は、ほとんど変わりません。

というかむしろ良くなったかも。それで5万円の節約に簡単に成功です。これが毎年かかるんですから、新車購入に限らず、今、ネットで自動車保険に加入していない人はこれを機に自動車保険の見直しをオススメします。

それまでは、年間10万円近く払っていた自動車保険料が、今ではサービス内容も良くなって5万円以下です。今回の新車の乗り換えの時も結構ディーラーさんに自動車保険を勧められましたが、ネットの自動車保険の方が保険料が安いという知識があったので損せずにすみました。

私が以前セレナ時代に入っていた自動車保険は大手の有名な自動車保険会社です。そこからネットの自動車保険に切り替えたわけですが、切り替えたせいでなんにか不都合があったり、損したなということは今まで一度もありません。

けれども、ネットの自動車保険が安くて便利なのはわかったけれども、そのネット保険自体の会社がメチャメチャあって選びきれないよって声が聞こえてきましたね。お任せください。この源十郎が、自分にあったネット保険会社を見つけられるように、ネットの自動車保険ランキングを作ってみました。

一番素敵なネット自動車保険を徹底調査した結果

こちらを見ていただいて、自分にあったネットの自動車保険を見つけていただけたら、私も嬉しいです。

この青字をクリックしてくれれば、私が作成したネットの自動車保険ランキングにたどり着けますので、ぜひ自分にあったネットの自動車保険を見つけてくださいね。

テクニック4:車庫証明を取るのは簡単!絶対に自分で取りましょう

新車を購入した後に必ずしなくてはならないことがあります。「車庫証明」というものを取らなくてはならないんです。あ、車庫証明ね、それはディーラーさんに任してるよ。面倒くさい事務手続きはできないからね。自分で取れるもんじゃないでしょ、専門の人に頼まないと。

なんて思っているあなた。またまた損してますよ。と偉そうに私もいっていますが、自分で車庫証明を取ることができると知ったのはこないだです。すいません。でもこれも知っとかないと損する情報です。必ず覚えておいてください。

車庫証明を取るのは、警察署に行かなくてはなりません。でも、そこで必要書類を提出して、必要事項を記入するくらいで特に難しい事務手続きはありませんでした。

なので、あなたもディーラーにそのまま代行してもらうのではなく、ぜひ自分自身で車庫証明を取りに行ってください。それの事務作業でどれくらいの金額が浮くのか、きっとびっくりしてしまいますよ。今、初めて新車を買ったあの頃に戻れるなら、戻りたいくらいです。

では、実際に車庫証明を代行にお願いするといくらぐらい取られるのかというと、その金額16000円ほど取られてしまいます。下の写真のオレンジ色にくくってあるところが、車庫証明を代行でお願いするときの金額です。

 

 

 

そして、16000円もかかる事務作業は、驚くほど簡単にできてしまいます。16000円もあったら、結構いろんなことができると思いませんか。ちょっとした日帰り旅行なら結構楽しめますし、家族みんなでいつもよりワンランク上のディナーを食べてもいいでしょう。

そもそも、あんだけの作業で16000円近くも貰えるなら、私が車庫証明の代行員したいわ。就職します。毎日、20件くらいしちゃいますよ。そしたら1日で32万円ですよ。10日で320万ですよ。

どうします。1ヶ月で1000万近く稼いじゃうかもしれませんよ。と妄想モードに入ってしまうくらいの簡単作業です。

警察署に提出する書類は、新車購入時にもらえますので安心してください。その書類を警察署に提出して、必要事項を記入して、その書類に貼る印紙代の数千円を支払うだけです。あとは、警察からの連絡を待って後日車庫証明を取りに行くだけです。この情報を知らない人は結構いますね。

ですので、結構そのまま、ディーラーさんに車庫証明の代行をお願いしている人多いみたいです。この少しの情報を知るか知らないかで、少しの違いかもしれませんが、結果が変わってきてしまうんです。けれども、自分でやるのに一つだけ難関があります。

それは、車庫証明を提出する警察署の窓口は、平日の昼間しかやっていないという点です。サラリーマンにはキツイかもしれませんが、会社から有給をもらうなり、奥さんに行かせるなりして豪華なディナー代をゲットしてください。結構少なくない金額ですよ。

車庫証明の取得方法で、詳しく流れが書いてある口コミの記事があったので、貼っておきます。参考にしてみてください。

これから新車を購入する方の参考になれば、と思い書きます。

販売店の見積もりに、「車庫証明取得代行」という費用で、16000円ほどが計上されてました。調べてみたら、自分で申請すれば2600円ですむことが分かり、本日、自分でやってみました。

販売店で「車体番号」が判明したら、それを申請書に書いて、警察署に届けます。
2600円はそのとき納めますが、現金ではなく「県収入証紙」を銀行で手にいれて貼りつけます。(警察署でも印紙は売っています。)
また、警察署の受け付けが平日の日中のみなので、平日が仕事なら一時抜けるか、休みをとる必要があります。(混み具合にもよりますが、そんなに時間はかかりません。僕は昼休み時間でやりました)

警察署で教えてもらいながら書くような項目もありましたが、大したことはありません。

こちらの警察署では、申請後4日程度で証明書が出来あがる、とのこと。
証明書ができたら警察署に取りに行って、それを販売店に渡す。あとは、販売店が登録手続きをする、という流れです。

これで約14000円が浮いて、それで何かオプションが買えると思ったら、嬉しくなりました。

引用:価格.com

※最近ではOSSというネットで支払う方法もあるそうです。書類での車庫証明をしていないディーラーもあるので、書類型に切り替えてもらった自己申請できるか聞いてみるといいと思います。

テクニック5:新車購入の代金の支払いは、ローン払いが有利

新車購入の際にあなたは、支払いをどうしていますか。現金一括払いですか、それともローン払いですか。現金一括払いであれば、金利もつきませんし、お得なような気がします。けれども、新車購入の代金を値引きするという観点からは、少し不利なんです。

どういうことかというと、新車購入の際に、ローン払いをするとその金利手数料は、ディーラー側の収入になるのです。ですから、ディーラー側からすると、現金一括払いよりもローン払いの方が嬉しいんです。

新車購入でローン払いにさせるだけで、金利手数料分がディーラーの懐に入るわけです。その金額の全てではなくとも、新車購入の値引き額を増やすことができます

そのような理由から、現金一括で新車を購入を考えている場合は、考え直してみて下さい。このローン払いという点を、新車購入の値引きさせるためのカードとして使うんです。初めからローン払いと言って値引き交渉してしまうと、この大切なカードを切ることができません。

そもそも、私も新車購入で数百万円を一括で払うことはできません。でも、最初からローン払いと言っては、いけないのです。値引きという観点でです。現金一括購入は、ちょっと厳しいけど金利手数料払うくらいだったら、現金一括で払おうかな。そういう雰囲気をディーラー側に感じさせるのです。

源十郎
うーん。どうしようかな。現金一括でもいいけど、ちょっと厳しいかな。どうしようかな。
営業マン
(よし、ローン払いにさせて金利手数料をゲットだ!)それでしたら、お客様、今でしたら特別の金利でローン払いが適用できますよ。
源十郎
(ニヤリ)そうですか。でも金利払うのもバカらしいからなぁ。
営業マン
いえいえ、お客様、この期間だけですよ。こんな金利でローンを組めませんよ。
源十郎
そうですか。じゃあ、ローン払いにするんで、もう少し値引いてもらえますか。
営業マン
(コヤツ、知っとる〜‼︎ディーラー裏事情知っとるなっ!)そ、そうですか。それでしたらこれくらいの値引きはいかがでしょうか….

というように、さらなる値引き交渉のカードを切れるんです。覚えておいて損はない知識ですから、これも覚えておいて下さいね。

さくら(妻)
パパ、ナイスジャブ。さらに値引いてもらえちゃったね。ローン払いの金利手数料は、ディーラー側の収入になる。覚えておこうね。

テクニック6:新車購入は、決算月をねらいましょう

車ディーラーの決算月は3月と9月です。

車販売の営業所の決算月は、一般の企業と同じように3月と9月になります。この3月と9月の二つの決算月のうち、どちらの月がさらにお得なんでしょうか。特にオススメなのは、実は3月なんです。

なぜかというと、3月は通常の決算月に加えて、車の販売メーカーが出す「販売奨励金」という臨時収入的なものの金額が決まる月でもあるんです。この金額は決して少なくないらしくて、この3月という月は、ディーラー側も必死なって売ってきます。

この金額は、新車を売った台数で決まるそうなんです。こちら側としては、そこが値引き交渉のカードの1枚になるんですね。

実際に、どんな車種でも構わないので、新車購入の口コミのページを見てみてください。この3月という月に購入した人の口コミは、結構な値引き幅ですし、コメントでも、決算月だからという理由も書かれています。

ディーラー側としても、メーカーから入る「販売奨励金」はノドから手が出るほど欲しい臨時収入です。ですから、新車販売の値引き幅を多少上げたとしても、販売台数を伸ばしたいんです

なので、この必死な流れに乗って、新車を購入するというのが割引率を一番高くしてゲットする時期なのです。多少、車両本体の利益幅が少なくなろうとも、この決算月の売った台数で、メーカーからの販売奨励金が決まります。ですから多く台数を売って、その分奨励金を多くもらった方がディーラー側としても嬉しいんです。

さくら(妻)
じゃあ、パパ。新車の購入を急いでいなければ、3月に新車を購入した方が、割引率が高くなるってことよね。
源十郎
そうだよ、ママ。今度の買い替えも、うちらは3月決算の時に買い換えようね。

テクニック7:最後の決めゼリフ「この価格だったら今日契約します」と言って最終値引き交渉へ

あなたが設定した目標金額に達して、あと気持ち値下げを頼む場合、最後のサイゴの最後に言う言葉。

源十郎
この価格だったら今日契約します!

この一言を契約する寸前の最後に言ってみましょう。多少の値引きやサービスなら喜んで受けてくれるはずです。ディーラーもできれば、早いうちに契約をしてしまいたいわけです。そこから、お客さんが時間を置くことで、購入熱が冷めてしまったり、他社の車に目移りされてしまっては身もふたもない訳です。

ですから、例えばガソリンを満タンにしてもらう、だったり購入金額の端数分を切ってもらったりする程度の分であればさらに値引きを上乗せできる訳です。

これならば金額も大したことはありませんし、こちら側としても言いやすいですしね。無知だった私でもセレナを契約する時にこの超必殺技鉄板ワードを最後の最後に繰り出して、「端数をカットしてくれませんか?それで決めたいと思います。」と言ってみました。

新車購入の契約の段階まで来ていれば、ディーラーとの人間関係もある程度できているはずです。そこで少しのお願いをすれば、ディーラーもお客の言うことを飲まざる得ないんです。

私も実際に前回の新車買い替えの時に「今日、決めたいと思ってるんですけど、端数分だけサービスしてもらえませんか。それで今日決めます。」とディーラーに伝えると、喜んで応じてくれました。私も、購入金額を少し値引きしてもらって嬉しいし、ディーラーも今日すぐに契約が決まって嬉しい。

ディーラー側の本音のところも知りたいということで、ディーラーの友人にも最後の割引きの件について聞いてみたところ、いますぐ契約してくれるなら、やはり金額の端数カットや、ガソリン満タンのサービスくらいだったらいくらでもするよ、と申しておりました。

でも、ここで思いっきり値引き交渉をしてはダメですよ。前回の私のように、あくまでもディーラー側が喜んで受けてくれるような金額やサービスであることが大切です。ここを勘違いしてしまうと、せっかく今まで積み上げてきたディーラーとの関係が崩れてしまうことにもなりかねません。

あなたが設定した目標金額にすでに達しているということは、少なからず、ディーラーもあなたのために勉強してくれているということです。その気持ちを踏みにじってしまうような対応はしてはいけません。

あくまでも対等な人間関係築くこと、そして何度も言っていますが、ディーラーはあなたをこれから支えてくれる仲間になるんです。その大切な仲間に礼を失しないようにしましょうね。

でも、交渉は交渉です。端数の値引きを渋っているディーラーにはこの決めゼリフでバシッと契約を決めましょう。

源十郎
この価格だったら今日決めます!

テクニック8:車を乗る上でディーラーは大切な仲間。この気持ちをちゃんと伝えておこう

これまで新車購入時の値引き交渉術をいくつかお伝えして来ました。今回のテクニックは、これを覚えておけば、数万円値引きできるよ、っていうテクニックではありません。でも私が思うに、今まで伝えて来た値引き交渉術の中で、今回のテクニックが一番大切だと思っています。

それは、今回あなたの新車購入の交渉をしているディーラーとの良い人間関係をつくるということです。良い人間関係をつくるためにも、交渉相手であるディーラーに対して、敬意を払い、頼りにし、あなたのことがとても気に入っているという気持ちを会話の端々に伝えていきましょう。

源十郎
今回は、あなたのようなディーラーさんと交渉ができてよかった。また買い替えの時もぜひあなたに頼みたいよ。
営業マン
(そこまで思ってくれるなんてありがたいな。)はい、その時はぜひお願いします。今後も何かありましたら、すぐにご連絡ください。すぐに対処させていただきます。

こんなやり取りを交渉中に交わせたとしたら、きっと良い人間関係ができているはずです。そして、車を購入した後も、アフターサービスやメンテナンスも気持ちよく対応してくれるに違いありません。そのことで、結果あなたが気持ちよく車を乗り続けていけるようにもなるのです。

ディーラーは仲間です。大切にしといて損はありません。きっと値引きの金額以上のサービスを長年にかけて受けることができるでしょう。結果的にあなたのカーライフが充実したものになります。ディーラーと良い人間関係を築いてくださいね。

テクニック9:他社の車の見積もり持って行こう。

家の購入でも、保険の加入でもそうですが、大きい金額の買い物をする時は、みんな色々な会社から見積もりをもらうと思います。新車の購入も決して安い金額ではありません。多少の手間を感じても自分が欲しい車の他社のライバル車の見積もりは取っておきましょう。

私の場合、前回の新車の買い替え時は、セレナが欲しくてセレナにしたので、まず日産の販売店に行く前に、ステップワゴン、ボクシー、ノアとそれぞれの販売店に行って見積もりを出してもらいました。

ここでは、車のグレードはどれくらいが自分にあっているのか、こんな便利なオプションがあるのか、これぐらいだとだいたいこれくらいの値段なんだな。と様々な相場観をつけておきましょう。これが後々のセレナの交渉で役立ちます。

自分が欲しい車のライバル車の見積もりは多ければ多いほどいいのかというと、その見積もりを取るために時間も労力も結構かかってしまいます。

そして、同じようなグレードではありますが、結局は全く違う車ですから、あっちではこんなに安くしてくれたのに、と行ってもそこまで値下げの材料にはなりません。同じ商品ではないですからね。

正直私自身も、この他社の見積もりを持って行ったために値下げ幅が上がったかというとそんなに実感できませんでした。それでも必ず他社の見積もりを取っておこうというには大きな理由があります。

他の販売所を回っているヒマなんてないよ、っていう方でもネットの見積もりなどでも構いませんから、取っておくようにしましょう。

どうして、値段交渉にもそんなに影響しない他社のライバル車の見積もりを取っておかなくてはならないのでしょうか。

それは、ディーラーとの交渉のスピードに大きく関係してくるからです。他社のライバル車の見積もりをディーラーに見せることによって、あ、この人はグレードがこれくらいで、オプションはこのようなものが欲しくて、トータルでこれくらいの金額の車が欲しいんだな、とすぐに伝えることができます。

ですので、ネットの見積もりでも構いません。自分がどれくらいのグレードで、どんなオプションが欲しいのか、自分ではっきりさせるためにも他社の見積もりは取っておきましょう。

他社から出してもらう見積もり金額は、下取り「あり」と「なし」のをもらいましょう

他のメーカーの販売所から見積もり金額を出してもらう場合は、必ず今乗っている車が、下取りでいくらつくのかわかるためにも下取りのアリ・ナシの2種類の見積もり金額を出してもらいましょう。自分の愛車が、下取りに出すと恐ろしいまでに低い金額であることが、はっきりします。

それともう一つやることとして、一度は無料の買取査定を出しておきましょう。これをもとに、あなたにぜひ、この買取金額と下取り金額を比べて欲しいと思います。間違いなく買取金額の方が高く設定されているはずです。

ここでしっかりと、愛車は下取りに出すのではなく、買取業者に買取をお願いするという体感を持っておきましょう。間違えてもあなたは、ディーラーに下取りを出して損をしてしまうということはしないでしょう。

自分が購入しようとしている車を他のディーラー店舗(経営者が別の会社)に持っていって交渉する

今回は欲しい車と同じ車種で比較するということです。ここでのポイントは経営元が違う会社に持っていくという点です。同じ経営元に持っていっても値段は変わりませんからね。

今度は、他社のライバル車の見積もりではなく、自分が欲しいと思う車、前回の私であれば、セレナ。あなたであればマツダの車になりますが、その販売所を回って競合させて、さらに値引きを勝ちとります。

同じ経営元の販売店を回っても同じ金額しか出てきません。ポイントは、違う経営元、違う経営者の販売店に行くということです。

これであれば、全く同じ車ですから、あとは価格競争かオプションのサービスで戦うしかありません。ディーラー側としても他の経営元の販売所は、同グループのライバルとなりますから、絶対に譲れない戦いがそこにあるんです

向こうの販売所では、この金額でこのオプションだったよ、といえば、必ず同等かそれ以上の金額、もしくはサービスが受けるはずです。目標金額までの交渉もより早くなるはずですから、あなたも試してみてください。

メーカーが同じで、違う経営元の販売所なんてどうやって探せばわかるんだ、ということですが実に簡単に見つかります。ネットで自分の欲しい車の販売所を探して、そのホームページで経営者を調べてください。ここが同じであれば、同じ経営元なので足を運ぶ必要はありません。

あくまでもあなたが足を運ぶ販売所は、経営元が違う販売所ですので、経営者が違かったらここを天秤にかけて価格交渉をしてください。

テクニック10:新モデルが販売されそうなタイミングで旧モデルの購入をする

あなたが欲しいマツダ車で、新モデルが出たばかり、もしくはこれから出ると報道されているとしたら、これは大幅値引きができるチャンスです。そして実に簡単に値引いてくれます。

私のセレナの時もちょうど新モデルが発表された後だったので、これだけでも値引き設定金額は大きく変わりますし、実際に結構値引いてくれました。

もし、あなたが欲しいマツダ車の新モデルが出る噂があるとしたら、少し購入を控えてもいいかもしれませんね。一回ネットでも自分の欲しい車の名前と新車・噂といったようなことを検索窓に打ち込んでみたら最新の情報が手に入るかもしれません。

テクニック11:私の車はポンコツだから、といっても買取業者に出そう

そうはいうけど、自分の車は、もうポンコツで、値段なんてつきっこないから下取りでいいよ。と思っていたとしても絶対に中古車の買取業者に見積もりを出してください。めんどくさくても出してください。結果は、あなたの思いをいい方向で裏切ってくれると思います。

下取り価格の相場を考えてみますと、新車で買ってから10年以上経っていたり、走行距離がすでに10万キロメートルを走っていた場合に、ものにもよりますが、ほとんど鉄の塊としてしか判断されてないような低い金額で下取られるようです。

昔、自分父親が新車の買い替えで、乗っていたステップワゴンを下取りに出したことがあります。その下取り金額は、なんと1万円。買った時は、何百万円もしたのにですよ。それがなんだかんだで1万円になってしまうんです。

あの時は、父親はもちろん私にも、買取業者が、下取りに出すより高く買い取ってくれるという情報がありませんでした。新車の買い替えは、乗っていた車を下取りに出すものだと思っていましたし、それが1万円でも仕方がないと納得もしていました。

正しい情報を持たないと損をする、またまた損をしていました。しかもその時は、損をしたという実感すらないのです。あの頃の父親が使っていたステップワゴンを当時の買い取り価格で計算してみると、少なくても数十万円にはなっていたはずです。

その数十万円を新車購入に当てても良かったですし、家族で旅行に使っても良かったでしょう。10年以上前の話ですが、それでも数十万円はイタイです。まあ、私が損したわけではないですがね。

今ではちゃんと父親にもその情報は授けてありますので、父親も今度の新車買い替えは、ちゃんと中古車の買取業者に出すことでしょう。

全然走らない車でも、はたまた事故車でも中古車の買取業者に出そう

このような車は、下取りに出しても、全く意味がありません。であれば、少しでも値段がつく可能性がある買取業者に持っていた方がいいのです。自分にとっては本当に鉄の塊にしか見えない車であっても、その一部分の部品やもしくは、海外へ輸出してお金にするなど別の人にとっては宝物だったりすることはよくあることです。

もう廃車寸前の車や、事故車があなたの今持っている車だとしても、買取業者に出してください。こういった車を下取りに出しても間違いなくその愛車の評価は、豪華なランチ代になるかならないか程度です。私の父親のステップワゴンはちゃんと走るのに、下取り価格は1万円だったんですよ。

豪華ならいいじゃん、ランチでもと思いますが、これを中古車の買取業者にお願いしたら、これが家族旅行代、もしくはそれ以上の金額になって帰ってくるかもしれません。

もう走らなくても、事故車でも、その一部分が高く売れたり、また業者が直して販売したり、また海外に輸出したりして買取業者は利益を得ています。下取り価格は、スズメの涙にもならないのですから、出しましょうよ。あなたの愛車を買取業者に。買取業者に出して、後悔することはないと思いますよ。

もう、いろいろ面倒だから自分で廃車にしてしまおうというのもやめてください。その廃車費用だけでも逆に1万円から2万円くらいかかってしまいます。ですので、あなたの今乗っている車は、どんな状況であろうとも中古車の買取業者に持っていく。これを覚えておいてください。

源十郎
今乗っている愛車のコンディションがどんなに悪かろうとも必ず買取業者に持っていきましょうね!

自分の車は、もうポンコツでなんも価値なんてないよと思っていても、無料で査定してくれる廃車・事故車の専門買取業社に一度見積もりを出させてみてください。こういった専門の買取業者の方が、より親身に相談にも乗ってくれます。決して後悔はないと思います。

テクニック12:友人からディーラー紹介をしてもらって購入しよう

さくら(妻)
パパ、最近大学の時の友達が新車に買い替えたんですって。パパの欲しいセレナよ。しかもかなりの値引きしてもらったって
源十郎
なんですと、ママ。セレナをかなり値引いてもらって購入ですと!?一度話を聞きに行こうじゃやありませんか。

ということで、妻の大学生の時の友人宅にセレナ偵察を兼ねて遊びに行ってきました。そこで聞いた驚がくの値引きテクニックとはなんだったのでしょうか。

その友人に話を伺った結果、私が設定していた値引き目標金額よりもさらに値引かれていました。その値引きのテクニックとは、実に簡単かつシンプルでありました。自分の友達が日産のディーラーだった。ただそれだけです。

それはそうですよね。もともと日産のディーラーであったら、今まで紹介してきた値引き交渉のテクニックなんて不要で最大値引き額まで持っていけますし、いろんなサービスも向こうからつけてくれます。

源十郎、お前にもディーラーの友人がいるだろう。はい、いますよ。ディーラーの友人が。けれどもこの友人の担当は外車担当なんです。セレナにはなんの影響力も行使できないんです。残念です。

ですから、紹介してもらいました、その日産のディーラーさんを。おかげ様で妻の友人のセレナとはグレードもオプションも違いますが、自分が設定した値引き目標額よりもいい値段で購入することができました。いや、持つべき友は、ディーラーの友人を持つ友ですね。

契約の交渉時間も大幅に短縮できますし、いいことづくめです。あなたもまずはディーラーの友人を持つ友人探しから初めて見るのも悪くはないかもしれません。

 

スポンサードリンク

何回も値下げ交渉に時間も労力も使えない子育て世代に優しい交渉術のコツ4つ

これまで、私の実体験やディーラー側の本音の部分、そしてネットなどの口コミ交渉を駆使して、あなたに新車の買い替えの時の値下げテクニックを色々とお伝えしてきました。どう感じていただけたでしょうか。使えそうだなと思ったテクニックはありましたか。

けれども、実際今までのテクニックを使って新車の買い替え交渉で値引きできそうな気がしてきたけど、そんなに時間も労力もかけられないという人も当然いらしゃるでしょう。

特に小さいお子様をお持ちのパパさん、ママさんは特にそうですよね。交渉中に子供がぐずりだしたら、気が散りまくるますし、ママも不機嫌になってくるしで、ディーラーとの交渉どころではありませんよね。わかります。私もこの子供のぐずりに何度泣かされたことやら。

それでもやらなにゃあかん、安くはないぞ、新車のお金。パパさん頑張れってことで、自分の実体験と失敗談を含めて、新車の交渉術に「効果的かつ時間のかからない交渉術」を最後にまとめて見ましたので、参考にしてください。

コツ1め:グレードやオプションは事前に決めとこう

時短のためには、とにかく現場で悩まない。現場で選択する機会を減らしておく。

そのためにあなたがすべきことは、ディーラーとの交渉に入る前に、すでに車種は当たり前ですが、そのほかのグレードと付けておきたいオプションはすでに決定しておくこと。販売所に着いてから、あれもこれもじゃ時間は、恐ろしいスピードで過ぎ去っていきます。

何もガッツリビッチリ決めろというわけではなく、大まかでもいいんです。ディーラーとの交渉中に、なるべく値段以外で悩まないようにしておこうということです。ネットで調べれば、今はいろんなことがわかります。ネットの口コミなどを活用して、今の自分に合ったグレードやオプションを頭に入れておいて下さい。

そうするだけで、ディーラーとの交渉のスピードは全く違うものになります。おっくうがらずに空いた時間を活用して決めておいてください。

コツ2め:ネットを駆使して、自分の欲しい車の値引き目標額を決めておく

実際に販売店に行った後でディーラーさんにどんなに粘っても値引き限界値があります。ですので無駄な努力と時間を使うことなく、その限界額をあらかじめ知り、目標額を先に決めておきましょう。

これも販売所でディーラーと交渉する前に決めておくことです。どんな車でも値引きの限界額があります。これ以上値引いたらディーラー側に利益が残らないという額です。

とにかく、現場で迷わないこと。ネットの口コミなどを活用して、自分の欲しい車の値引きがいくらまでいけるのか調べておいてください。また、自分の決めた値引き目標金額を達成したら、それ以上の値引き交渉はしないようにしましょう。労多くして、功少なし。時間ばかりが経ってしまいますよ。

わずかな、値引き金額のために多くの時間を使って、ディーラーとの関係にもヒビが入ってしまい、本来の大きな目標がどこかに行ってしまっています。

ディーラーには、最初に一言「この車のグレードでこのオプションだと、ネットではこれら位だったんですけど、実際いくらまで値引いてくれますか。」と直球ストレートのど真ん中でいきましょう。これが交渉に時間をかけないコツです。現場では、まわり道はいりません。

コツ3め:とにかく「ライバル車の見積もり」をディーラーに見せる

最悪1社でも構いませんが、ライバル他社の車の見積もりを取っておきましょう。それも面倒ならネットの口コミの値引きページでも勝負できると思います。最初から比較できる資料をディーラーに見せることによって、自分の設定する目標金額に近づく時間を最大限短縮できます。

とにかく、他社の見積もりをとって、その今交渉しているディーラーに見せることが、値引き交渉を早く終わらせるコツです。時間がかけられないのは、分かっていますので、ここはネットで出した見積もりでも構いません。

ここで大切なのは、ディーラーに自分が欲しい車のグレードやオプションを早く理解してもらうことです。値引き交渉も人と人との交渉です。自分の思っていることがなかなか相手に伝わらないのはよくあることです。そのお互いのすれ違いを少しでも埋めてくれるのが、他社の見積もりなのです。

ネットの見積もりも確かに時短という点では、かなりの優れものなのですが、新車購入はやはり高い買い物です。一度は、違う営業所に行っておくのもいいかと思います。実は結構緊張してしまいますから、慣れておくという観点からも、一度は他店の営業所に足を運んでおくことオススメします。

営業所を回るわけですから、これだけでかなりの時間を使ってしまうことは間違いありません。ですので私がオススメする方法は、他社のメーカーとマツダの営業所の2店舗に前もって、アポを入れておくということです。

こうすれば、現場で待たされることもありませんし、次の本命のマツダのアポの時間を決めておけば、他社メーカーに無理に引き止められることもないので一石二鳥です。

逆に他のメーカーが一社じゃ物足りないし、不安だと思う場合があるかもしれません。けれども、たくさんの営業所を回って、たくさんの見積書を集めたところで、あなたの欲しいマツダの新車の値引きの直接的に関係ないのです。そもそも違う商品ですからね。

ここで、他社のメーカーの見積もりを取るということの目的は、時短です。スピードです。その上の最大値引き額です。この目的を忘れてしまうと違う方向に行ってしまいます。

なんども言いますが、他社で見積もりを出してもらう理由は、あなたが欲しい大まかな金額やグレード・オプションをディーラーにいかに早く分かってもらえるからです。ですから、他社のメーカーの見積もりを、本命のマツダのディーラーに見せて、

私は、この車が欲しいが、他社の同じような車ではこれくらいの金額でした。こちらの車の方が条件がよければこっちで決めたいです。」

このセリフで、ディーラーから見積もりを出してもらいましょう。そして、その日は一旦自宅に持ち帰ります。時間短縮のコツなのにその日で決めた方が、楽じゃないか。と思ってしまいますが、実は、1回目の値引き交渉で最大値引き額を獲得した人は、結構少ないのです。

実際に私の周りでも、自分の設定した目標値引き金額をゲットできたのは、2回目の値引き交渉だったという人が多いです。ですから、1回目の訪問は下見感覚で、そして2回目の訪問が本格的な商談という気持ちで臨んでみてください。

けれども、事前に決めておいた値引き目標額に1日目で達成した場合は、無理に引き延ばす理由もないので、その日に決めてしまうのもありかもしれませんね。あくまでもいかに短い時間で、最高値引き金額を達成するかですから、それを達成しているのにまた交渉するの時間の無駄になってしまいますからね。

コツ4め:どんな時でも、どんな車でも下取りに出してはダメ。買取業者に持って行こう

これも事前にしておくといえば、しておくことです。時短からは少し離れてしまいますが、このコツは少しの労力で、莫大な効果を生み出してくれるので、ぜひ活用してください。

自分の今まで乗ってきた愛車は、決してディーラーの下取りには出さないことです。下取り分が新車購入に当てられて、楽じゃないなんて考えていると大きな金額を損することになります。

10年くらい前の話ですが、私の父親が新車の買い替えで、今まで乗っていたステップワゴンの下取り金額は、わずか1万円でした。当時の相場で買取業者に買取を依頼して入れば、数十万円になったはずなのに、当時は何も情報を知らなかったばかりに、損したことすら気づけませんでした。

私は、前回の買い替えでしっかりと中古車の買取業者に依頼して、損をせずにすんでいます。実際に私の実体験ではいくらぐらいの金額差があったのかというと、下取り金額は30万円でした。買取は、ネットでいくつかの買取業者に見積もりを出させて、結果、約90万円で買取をさせることに成功したんです。

実際に車を買取業者に持っていくことは、時間と労力がかかりますし、またこれを数社回ってとなると、いくらお金のためでもきついものがあります。もっとも時間をかけず、そして最大限の利益を得るために私がしたことは、ネットで買取業者に一括見積もりを出すことです。

そのおかげで、必要事項を一回入力しただけで、数十社の登録完了して、後は一番条件のいい買取業社を選ぶだけです。でも、実際に一括登録したら電話がオニのようにかかってくるんじゃないんですか。と聞かれることがありますが、その通り結構かかってきます。

けれども、買取業社もこちらの事情を分かってくれていますので、そんなに無茶な営業はかけてきませんので、安心してください。他の買取業社にお願いしちゃいました、と話せば素直に引き下がってくれます。

このようこのようなやり取りも結構な面倒ですが、新車をより安く値引きして購入するのと同じくらい、自分の今まで乗ってきた愛車を買取業社により高く買ってもらうということは、手元にお金を多く残す上で大切なことです。少しの手間ひまで大きく金額が変わってきます。一緒に頑張りましょう。

自分の経験談ですが、私には車の知識があまりないある友人がいました。その友人に車の買い替えの相談をされたのですが、やはり下取りと買取の違いをさっぱり理解していませんでした。ですのでまずは、その下取りと買取の違いを説明して、ちゃんと買取業社に見積もりを出すようにアドバイスさせてもらいました。

すると、その友人は、下取りに出すより、買取業社に買い取ってもらった方が、5万円ほど高くついたそうで、お礼の電話をもらいました。自分の調べた情報で人に感謝されるって嬉しいですよね。

私の友人ではなくとも、人生で何回かしかない新車の買い替えの知識や情報が詳しいぞって人はそんなに多くないのかもしれません。ただただ、私の凝り性な性格で、ここまで調べ上げただけなんで。

でもそんな自分の知識や情報で誰かの役に立ちたいということで、作っちゃいました。レポートを。私の実体験を交えた、読んだら絶対タメになる渾身のレポートです。是非是非読んでいただきたいと思います。。→【体験談】車の買取査定で実際に売却!相場額を必ず超える方法

でも、もっと楽したい。得したい。電話がめっちゃかかってくるのも嫌だという人のためにも、この源十郎、調べ上げておきました。こちらをクリック。結構有名な会社です。この会社が一括でいろんな会社の見積もりやら何やらを、まとめあげてくれます。

突然現れた、愛車を売るための秘書みたいなもんが現れた感じです。あなたがやることは、この秘書と電話の一本のやり取りだけ。これでこの会社が全ての買取業社の見積もりをまとめあげてくれます。使わない手はないと思います。電話1本で完了ですから。

新車をできるだけ安く購入すよりも大切なあなたのカーライフ

これまで、新車買い替えの時に、できるだけあなたが、損をしないようにそして得ができるように様々なテクニックについて書いてきました。けれどもあなたが新車の買い替えの際に一番大切なことって何でしょうか。

もちろん値段も大切です。お金は大事ですからね。では、新車を安く変えればそれでいいのでしょうか。

私は、それは違うと思うのです。私を含めてあなたが大切にしなくてはならないのは、カーライフです。今回購入する車をどれだけ気持ちよく乗るか。この新車を買うことで、あなたの人生がどれだけ豊かなものに彩られていくのか。このことが一番大切だと私は考えます。

確かに新車の値段も大事です。安く買えれば、その分のお金を他のことに回せますからね。でもお金中心で、とにかく新車を買いたたいてやろう。俺が一番この車を安く買ってやろう。

そのためには、ディーラーにもっともっと勉強させないと、というような気持ちでずっと価格交渉をしていたら、ディーラー側はあなたに対してどのようなイメージを持つでしょうか。

きっとプラスのイメージは持っていただけないと思います。そうなったら結局不利益を受けるのはあなたとあなたの家族です

ディーラーも人です。こちらに対してプラスのイメージを持ってくれたら、値段交渉だって気持ちよく限界値引きまで提示してくれるかもしれません。購入後のアフターサービスだって普通より親切丁寧にしてもらえるかもしれません。だって同じ人間ですから。あなたと同じように感情があるんです。

新車を購入する時の値段交渉で、大切なことは、ディーラーとの人間関係を築き上げておくことです。もちろんプラスの人間関係ですよ。これがなければ、いくら新車を安く購入できようが、高いオプションをサービスでつけてもらおうが関係ありません。その後のあなたのカーライフの質は低いものにならざる得ません。

ディーラとの人と人としての信頼関係を作ることによって、あなたは結局自分自身のカーライフをよりいいものにできるのです。新車の定期的なメンテナンスもいつも以上にしっかりやってくれます。室内の掃除だって喜んでしてくれます。どうしてですか。それは信頼するあなたとあなたの車だからです。

もし、あなたがこんな人間関係を作ることができたディーラーに出会えたら、あなたは幸せ者です。だって、車を持つ本当の目的はあなたとその大切な人との人生をよりよくするものですよね。あなたが信頼するそのディーラーは、必ずあなたを素晴らしいカーライフに導いてくれることでしょう。

そして、次の新車の買い替えだって、そのディーラーさんにお願いできます。何年もの付き合いです。あなたが今度どのような車に乗りたいのか、どんなオプションをつけたいのか。もうあなたを分かってくれています。そして、もちろん価格交渉もスムーズに行くことでしょう。

もはや、あなたは他のメーカーから車を買おうなんて思わないはずです。そしてディーラー側だって、あなたは一生自分の所属するメーカーを買ってくれるお得意さんと付き合えて最高です。お互いがいい思いしかないのです。

これが、最高の新車の買い替えする方法だとは思いませんか。車は、安い買い物ではありません。ですからできれば多くの時間をかけて交渉をしていただけたらと思います。そして、その購入の時も決して目先の利益にとらわれないでください。

何度も言うように、新車購入は、あなたの人生を彩るものです。そのために無理な値下げ交渉でディーラーとの関係を悲しいものにしないでください。これは、何も新車の購入の場面だけではありません。

全ては、人と人との人間関係です。相手を思いやり、相手が何を望んでいるのか察してあげることも、カーライフではなくあなたのライフにとって非常に大切なのではないでしょうか。結果、あなたも相手から思ってもらい、何がしたいのか理解されるようになるからです。

最後に非常に上から目線になってしまい申し訳ありません。あなたのカーライフがうまくいってくれるよう書いていたら、感情が込み上げてしまいました。あなたの新車買い替えがうまく行くことを願っています。そして、この記事がその役に立てたら私は非常に嬉しく思います。

あなたの新車買い替えは、きっとうまくいきます。素晴らしい車とディーラーに出会えますように

そして「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください