トヨタノアの安全性について徹底的に調査してみた。

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

家族が増え、広くて大きな車に乗り換えたい!
そう思ったときにまず気になるのが「安全性」ではないでしょうか?
もはや自分一人だけでなく大切な家族のワクワクを乗せて走る車。安心して運転できたほうが絶対にいいですよね。

近年、自動ブレーキなど車の安全性能が大きく向上している中で、トヨタのミニバンのテイバン(ワザと韻を踏んでいるわけではないです。)ノアの安全性能に関して調べてみましたので、ノアに搭載されている安全機能をピックアップし、わかりやすくご紹介していきます。

さくら(妻)
子供が増えると車で出かけるのもにぎやかで楽しいけど、今までよりもっと安全にはきをつかいたいよね。
友人
みんなをしっかり守れるように気をつかわないとね。

 

スポンサードリンク

前方自動ブレーキ

どれだけ気を付けていても一瞬の気の緩みで起きてしまうのが交通事故です。

突然道路に人が飛び出してきた!断続的な渋滞で止まり切れず前の車に、ウトウトしていて前の車に…など状況は様々ですが、どれだけ気を付けていても事故は起きてしまいます。

誰も事故を起こそうと思って起こしているわけではないですからね。「自分は大丈夫!絶対!」なんてことはまずありえません。

いまや安全性の高い車にはほとんどといっていいほど搭載されている自動ブレーキシステム。もちろんノアにもついています。

どうしようもない状況の中で、被害を最小限におさえてくれます。

前の車や飛び出してくる人をレーダーとカメラのダブルセンサーで感知し、ブレーキをかけてくれるのです。

もちろん100%衝突を回避できるわけではありませんが、自分以外にもう一人ブレーキを踏んでくれる相棒(いうなれば自動車学校の教官でしょうか)がいるなんてすばらしいですね。

さくら(妻)
自分は大丈夫って思ってたけど、自分が原因じゃない場合だってたくさんあるもんね

 

プリクラッシュセーフティ
(  前を走る車や歩行者をレーダーとカメラで検出します。衝突しそうになると、ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせます。ブレーキを踏んだ場合は強力なブレーキアシストが作動します。ブレーキを踏めなかった場合は自動(被害軽減)ブレーキを作動させ、衝突の被害を軽減します。)

前後左右計8か所につくセンサー

ブレーキと思ったらアクセル、Dだと思ったらRなどなど、何とも言えないうっかりミスでヒヤッとした人も少なからずいると思います。僕も以前に肝を冷やした瞬間があったようななかったような…

そんな誤発進による衝突を防いでくれるのが、車に八か所取り付けられた静止物感知センサーです。ガラスや壁などを察知し、近づきすぎたら「PiPiPi…」なんて音が鳴ったり、急発進してしまう状況でブレーキ踏んでくれたりと、とてもありがたい機能満載です。

友人
ミニバンくらい大きくなると感覚をつかむのも大変になってくるから、ありがたいな!
インテリジェントクリアランスソナー
(アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる事故を軽減するためのシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加しました。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。距離が縮まると自動ブレーキが作動します)

 

スポンサードリンク

車線認識機能によるはみ出し防止

例えば遠出をした際の終わらない高速道路。ずっと走ってると疲れてぼーっとしてくることもあるかと思います。まっすぐはしているつもりでも気づくと白線をまたいでいたり…なんてなると後続車からの衝突などが怖いですよね。

ノアの前方カメラは車線を認識し、はみ出しそうなときにブザーで知らせてくれるんです。

さくら(妻)
追い越しの激しい高速道路なんかだといつもはみ出てないか気になっちゃうのよね。
レーンディパーチャーアラート
(道路上の白線カメラで認識し、ウインカーを出さずに車線をまたぐ可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせてくれます。)

 

坂道発進の補助機能

急な坂での発信だと、ブレーキからアクセルに踏みかえる瞬間に一瞬後ろに下がってしまうことありませんか?僕はそれが結構怖いです。

後ろの車にぶつかったらどうしよう。とか。逆に前の車が若干後ろに下がってくることもありますよね。それも怖いです。

それをおさえて安全にスタートできる機能がノアにはついています。

友人
立体駐車場の上り坂なんかはすごい急だからいつもヒヤヒヤするのよね。これは頼りたくなるなぁ。
ヒルスタートアシストコントロール
(坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズに発車できます。)

 

些細なことかもしれませんが、これってとてもありがたい。疲れているときは特に。

スポンサードリンク

まとめ

他にも多くの安全機能を持つノアですが、特にこれがあったらとても安心という目線から

  • 自動ブレーキ
  • 前後左右の衝突防止センサー
  • 車線認識アラート
  • 坂道発進補助機能

 

をご紹介しました。

調べてみてわかったのですが、ノアに搭載されている安全性能は、乗り手のことも考えているのはもちろんのこと、その車の周りの物や人もしっかり守ろうという気持ちが表れているのを感じました。

大切な家族の命を乗せて走る車は、安心して乗れるものを選びたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください