ヴェルファイアの意味とは?歴史と由来を調査。エンブレムの謎解明

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

皆さんは自分の名前に込められた意味は知ってますか?世の中には色々なものに名前が付いていますよね。もちろん車にも名前があり、メーカーがこうなって欲しいと願いを込めて付けられてるはずです。

なので、今回はトヨタの大型高級車ヴェルファイアについて調査していきたいと思います。名前の由来、これまでの歴史などを見ていきましょう。そして、エンブレムに隠された謎も解明していきますよ。

引用:トヨタ ヴェルファイア公式HP

スポンサードリンク

ヴェルファイア(VELLFIRE)の車名の由来は?

英語の「Velvet(物静かな)」と「Fire(情熱)」からの造語。「クールな情熱を持つ車」という意味

引用:トヨタ企業サイト

一色で統一されたエクステリアでクールな印象ですが、安全性能などの人を守るという情熱が詰まっているんですね。

ヴェルファイアは凄く存在感があって乗っている人だけでなく周りの人までも圧倒して虜にしてしまう魅力に溢れています。高級感があって迫力のある見た目のクールさとは真逆の情熱を兼ね備えた乗る人のことを考えられた車のようです。

現在販売されているモデルは2代目ですが、まだまだ情熱を持ってヴェルファイアは進化を続けていくでしょうね。

すっかりヴェルファイアの魅力にハマってしまい、グレード別の口コミも詳しくまとめてみました。

ヴェルファイアの口コミをグレード別に徹底調査!!

 

ヴェルファイアの歴史

ヴェルファイアはトヨタ自動車が製造と販売をしている大型のミニバンです。当時、高級でミニバンのトップクラスだったアルファードVの後継車として売り出されました。

初代

引用:トヨタ ヴェルファイア公式HP

2008年〜2015年に販売されたのが初代になります。販売当初は日本国内専用車の予定だったが、日本と同じ左側通行の外国には輸出されて販売されている。

アルファードVよりフォルムがダイナミックになり、「力強さ」と「先進性」をコンセプトに大胆で力強いデザインが特徴となっています。そして、全体的に床を低くしたことで後席も幅広くゆったりとくつろげる居住空間へと進化しました。

2代目

引用:トヨタ ヴェルファイア公式HP

2015年以降に販売されているのが2代目モデルです。 テーマを「大胆・不敵」としています。

2代目はこれまでの高級感と力強さはそのままに、初代よりアグレッシブで迫力のあるデザインになりました。 そして、先進の安全技術と「エグゼクティブラウンジ」という後席に座る人たちもより快適に過ごせる空間を取り入れた大空間高級サルーン、すなわち広々とした居住空間を実現させました。

ヴェルファイアの新型旧型について、もっと詳しく知りたい方はこちら。気になる燃費や維持費についても調べてみましたよ。

ヴェルファイアの内装と外観を新型VS旧型から徹底比較!!

ヴェルファイアの年間維持費はいくら?税金は高いの?

ヴェルファイアハイブリッドは実力派!燃費向上が凄い4WDの秘密

 

スポンサードリンク

エンブレムの謎とは?

ヴェルファイアに付けられているエンブレムはトヨタの純正のものではなく、ネッツの販売店の関係で頭文字のNをデザインしたものになっています。これはヴェルファイアだけのエンブレムではなく、ネッツ店で販売されている車は全て同じものが付けられています

どうして違うのかというと…。ヴェルファイアがネッツ店が独占して販売している車種であり、もっとも高価だということで個性を出したかったという理由だそうです。 なので、エンブレム自体は自分で純正のトヨタマークをつけるか、ネッツ店のNマークをつけるかを選べます。取り付けも難しいことはなく自分でできるようになっています。オシャレ感覚でエンブレムの付け替えを楽しんでみるのも楽しいんじゃないでしょうか。

トヨタの楕円のマークには秘められた想いが…

引用:トヨタ企業サイト

現在のエンブレムに使われているトヨタマークは、1989年に会社創立50周年を記念して発表されました。マークのデザインは企画立ち上げから約5年を費やしたそうです。デザインで重視したポイントは当時海外でも知名度が上がってきていたこともあり、遠くからでも「トヨタのクルマ」だとわかること、そして他メーカーのクルマと並んだときにいっそう輝いて見えるような強い個性があることでした。(引用:トヨタ企業サイト)

マークの内部はもちろん「T」を表現して組み合わされています。それは左右対称に3つの楕円からできていて、楕円が重なっている点には意味があります。1つ目はお客様(クルマのユーザー様)の心2つ目はトヨタ(メーカー)の心を表していて、これをひとつに囲むことで2つの心がつながった世界を表現しているそうです。(引用:トヨタ企業サイト)同じ想いを持った人の心と人の心をつなぎ、それを囲んでひとつにするなんてロマンのあるデザインですね。まるで運命で結ばれた家族のようです。

トヨタのエンブレムには強い個性を求めたデザインが重視されていますが、その裏にはトヨタがお客様と心で繋がっていたいという秘められた想いが隠されているのです。

まとめ

ヴェルファイアの名前には「クールさと情熱を兼ね備えたクルマ」という意味が込められていたんですね。確かに、外観ががっしりしていてクールなのに、その印象を壊すことなくお客様の安全を守るという熱い情熱を内に秘めている車です。そのギャップは今後更に周りを惹きつけ虜にしてしまうんでしょうね。私はこれが人間の男の人だったら憧れます。

歴史は製造・販売が開始されてから10年ほどですが、作り手がヴェルファイアに込めた想いは深いものだと感じました。これから先もまだまだ進化を続けていくであろうこのヴェルファイアに期待が高まって仕方ありません。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください