ヴェルファイアVSアルファードで違いを比較!どっちが人気?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ヴェルファイアアルファードと言えば、ミニバンの高級車と言われています。

この2台、2017年12月にマイナーチェンジ(部分的なモデルチェンジの事)をしてから売れ行き絶好調のようですよ。実際この2台はどこがどんな風に違うのか知ってますか?

私、知らなかったんですよね。そこで今回、ちょっとだけディーラーさんに聞けた事があるので、それを元に違いを紹介しちゃいますね。

さて、あなたはヴェルファイアとアルファードのどちら派になるでしょう。

 

スポンサードリンク

ヴェルファイアとアルファード、大きく違うのは外観

この2台の大きな違いと言えば外観です。

どこのディーラーさんに聞いてもそう言いますね。『どっちの顔がお好みですか?』なんて逆に聞かれたりなんかして。

一番違いがあるのは正面なんだそうですよ。では、詳しく見ていきましょう。

正面の違い

引用:トヨタ公式サイト

上の画像がヴェルファイア、下の画像がアルファードです。

一番分かりやすい見分け方はフロントグリル(前面の網)の配置です。

ヴェルファイアは横長にシンプルに配置されているのに対し、アルファードは真ん中にバーン!と強調されるかのように配置されてます。

そして、ヴェルファイアのヘッドライトは上下に2分割されていますね。

パーツの配置でこんなにも印象が変わるんですね。

私はどちらかと言うとヴェルファイアのやんちゃな感じが好きなんですが、妻はアルファードの高級感のある雰囲気の方が好きなんだそう。やはり好みの差はありますよね。

男女によっても違うのかもしれません。

背面の違い

引用:トヨタ公式サイト

同じく上の画像がヴェルファイア、下の画像がアルファードです。

後ろから見た時の違いはコンビネーションランプの部分です。コンビネーションランプとはブレーキを踏んだ時、ウィンカーを出した時、バックする時に光るランプが一つのユニットになっている部分です。

ヴェルファイアはクリアタイプのレンズを使用しているのに対し、アルファードは赤いレンズを使用しています。

この部分以外はほぼ同じと言って良いほどのデザインですね。夜に後ろから見分けるのは難しそうです。

背面のデザインで決める方はほとんどいないでしょう。

Youtubeでヴェルファイアとアルファードの外観を紹介しているものがありましたので、参考までにどうぞ。

外観の特徴
ヴェルファイアのフロントグリルは横長でシンプルに配置。ヘッドライトが上下に2分割されている。コンビネーションランプにクリアタイプのレンズを使用。

アルファードのフロントグリルは真ん中に大きく強調されて配置。コンビネーションランプに赤いレンズを使用。

ヴェルファイアとアルファードは外観が大きく違いますが、一見外観が似ているミニバンもあるんです。今回の記事と違って外観は似ているけれど、内装や機能が違う二台のミニバンを比較してみました。

よろしければこちらもどうぞ。

セレナVSステップワゴン違いを比較!乗り心地,走りはどっちが良い?

2018.04.14

ノアVSステップワゴンスパーダ!ミニバンを分かりやすく比較

2018.04.05

ヴォクシーVSステップワゴンの違い比較!ミニバン人気車対決

2018.03.30

ヴェルファイアとアルファードの関係

ヴェルファイアは2008年に登場、アルファードは2002年に登場と、ヴェルファイアはアルファードの事実上後継者なんだそうです。

アルファードの方が6歳も先輩なんですね。その上、上品さや洗練さを謳っているアルファードですので、落ち着いた年代の客層に支持されているようです。

一方ヴェルファイアは力強さや先進性をうたっており、デザインもアルファードよりも若者向けのものにしているようです。

この2台を選ぶ際、やはり皆さん外観を重視するようなので、若者がこだわってカスタムするのはヴェルファイアが多いんだそうですよ。

客層の特徴
ヴェルファイア若者向けのデザインであり、アルファード落ち着いた年代の方に支持されているデザインである。

年間数台出る最上級のグレード

ヴェルファイアのExecutive Lounge Z(エグゼクティブラウンジZ)とアルファードのExecutive Lounge S(エグゼクティブラウンジ S)というのが、最上級のグレードだそうです。

このグレードが出るのは年に数台なんだとか。

会社の社長さんなどのお偉いさん達が仕事用、送迎用に購入するそうなのですが、このグレードが出るのはほとんどがアルファードのExecutive Lounge Sなんだそうです。

ディーラーさんもヴェルファイアのExecutive Lounge Zが走っているのを見た事が無いと言ってました。

それだけアルファードの方が最高級車という認識が強いのでしょうか。

私も実際にExecutive Lounge Sを見てみましたが、内装がかなり高級感のあるデザインでした。

シートにはプレミアムナッパ本革という汚れがつきにくいものが使用され、色はホワイト、乗り心地はもう最高でしたね。

セカンドシートは特に、お高いマッサージチェアのようです。足も楽ですし、長旅でも疲れないで乗っていられる、いやむしろいつまででも乗っていたいと思える座り心地でした。

他のグレードでは、この革のホワイトは選べないので中々目にする事もなさそうですが、正直ミニバンでこんなに高級感が出る事に驚きでした。

車に全然詳しくない私でも格好良さに魅了されてしまい、テンションも上がってましたので、車好きの方にはたまらんのでしょう。

アルファード口コミや乗り心地情報もチェック!

新型アルファードマイナーチェンジ2017!口コミ評価と思わぬ落とし穴

2018.08.01

アルファード20系30系の乗り心地は?高速運転や駐車時の性能抜群

2018.05.04

 

スポンサードリンク

ヴェルファイアとアルファードの買う時、売る時を比較

車の購入は安い買い物ではないですし、3~5年、その先の事までも考えますよね。

購入時に値引きをしてもらえるのかも勿論大事ですが、売る時に何色が得か、ヴェルファイアとアルファードのどちらが高くつくかも気になる所です。

購入時の値引き額か、乗換え時の買取り額か

ヴェルファイアの取扱店舗はネッツトヨタです。

ネッツトヨタのディーラーさんに聞いてみた所、ヴェルファイアは基本的に値引きは難しいとは言いつつも、店舗によってキャンペーンがあったりもするので値引きをしてもらえる可能性もあるのだとか。

値引き額はその店舗によっても違うそうですが、ヴェルファイアの購入を考えてる方はいくつかの店舗に話を聞きに行き、見積もりを出してもらう事をおすすめします。

一方アルファードの取扱店舗はトヨペットですが、トヨペットのディーラーさんは『アルファードは値引きはしない』と強気な姿勢でした。

これは、やはり今までも値引き対応をしない車種だったそうで、値引きをしてしまうと今まで購入してくれたお客様にも申し訳ないという事と、3~5年後にも値落ちしない車種なので買取り額が高くつくのだそう。

目安ですが、ヴェルファイアよりも20万円以上は高くつくと言ってました。なので、購入時の値引きは無くても損はしないという事を強調してましたよ。先にお得か、後からお得かの違いのようですね。

購入時と買取時の特徴
購入時に値引き対応してもらえる可能性が高いのはヴェルファイア。買取時に値が高くつく可能性が高いのはアルファード

色は白か黒が無難! ?

ボディカラーにも少々違いがあるようです。

ヴェルファイア

  • ブラック
  • スパークリングブラックパール
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ダークレッドマイカメタリック
  • グラファイトメタリック
  • スティールブロンドメタリック
  • バーニングブラッククリスタルシャイン

アルファード

  • ブラック
  • スパークリングブラックパール
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ダークレッドマイカメタリック
  • グラファイトメタリック
  • スティールブロンドメタリック
  • ラグジュアリーホワイトパール

比べてみると、一色ずつ違う色がありますね。

売る時の事を考えるとやはりブラック系、ホワイト系が良いようです。車屋で働く友人も言っていましたし、実際私はずっとブラック系に乗っています。

ブラックやホワイトは定番ですし、飽きないので長く乗るには良いですよね。傷が目立ちにくいのが良いという方にはホワイトがおすすめです。

私の個人的な意見ですが、ヴェルファイアはブラック系の方が外観の格好良さに合う気がしますし、アルファードの高級感のあるフロントグリルを引き立たせるのはホワイト系の方が合っている気がしますね。

ヴェルファイアにはブラック、アルファードにはホワイトのカラーが1台ずつ多いのはその理由からなんでしょうか。

色選びのpoint
定番色のブラックとホワイトは飽きずに乗れるし、売る時もお得!傷が目立ちにくいのはホワイト!

ヴェルファイアとアルファードは内装、価格、グレード、サイズに差はなし

内装と価格は全く同じです。グレードの名前とサイズが少し違う部分がありますので見て行きましょう。

ハイブリッド車
ヴェルファイア アルファード
Executive Lounge Executive Lounge
V“L EDITION” G“F Package”
V G
X X
ハイブリッド車 エアロタイプ
Executive Lounge Z Executive Lounge S
ZR“G EDITION” SR“C Package”
ZR SR
Z S
ガソリン車
Executive Lounge 【3.5L】 Executive Lounge【3.5L】
VL【3.5L】 GF【3.5L】
V【2.5L】 G【2.5L】
X【2.5L】 X【2.5L】
ガソリン車 エアロタイプ
Executive Lounge Z【3.5L】 Executive Lounge S【3.5L】
ZG【3.5L】 SC【3.5L】
Z“G EDITION”【2.5L】 S“C Package”【2.5L】
Z“A EDITION”【2.5L】 S“A Package”【2.5L】
Z【2.5L】 S【2.5L】

上記の表を見ていただくと分かるように、少しだけグレードの名前が違いますね。

ですが、違うのは名前だけで内装、価格は同じなんです。

一番の売れ筋はこのグレード!!

ヴェルファイアのZ“A EDITION”アルファードのS“A Package”というグレードは名前は異なりますが、同じ内装で同じ機能が付いたタイプです。

このグレードが一番の売れ筋なんだそうですよ。

特徴は、助手席スーパーロングスライドシートと言って助手席のスライドが最大1,160mm可能なんです。

これは何が良いかって、例えばチャイルドシートを運転席の後ろの席に乗せてたとします。そして妻が助手席に乗っていたとしても、子供が泣けば後ろへ座席をスライドさせれば子供のお世話も楽々できちゃう!

という、小さい子供がいるファミリーにはとても優しく便利な機能なんです。

この機能はこのグレードにしか搭載されておらず、この機能に惹かれてこのグレードを購入する方が多いようですね。やはりミニバンを選ぶのはファミリー層が多いですからこのような機能はありがたいです。

引用:トヨタ公式サイト

大きさもほぼ同じ

この2台の全長×全幅×全高(mm)を見てみると、若干の差がありました。

・ヴェルファイア

全長×全幅×全高(mm)=4,935 × 1,850 × 1,950

・アルファード

全長×全幅×全高(mm)=4,945〜4,950 × 1,850 × 1,950

全長がヴェルファイアの方が若干小さいです。でも、10〜15mm(1〜1.5cm)とパチンコ玉の直径くらいの差なので比較するほどでもなさそうですね。

ヴェルファイアとアルファードは、どちらもトヨタから販売されているミニバンです。実はこの2台もサイズはほぼ同じ。こちらのミニバンも徹底比較したので、参考にしてみてくださいね。

「セレナVSヴォクシー」の違いを徹底比較!営業マンの本音は?

2018.04.03

ノアVSヴォクシーの違いを比較!おすすめミニバン人気車対決

2018.03.30

セレナVSノアで違いを比較!おすすめミニバン人気車対決

2018.03.30

アルファードのグレードやハイブリッド・マイナーチェンジ後の口コミも良ければご参考にどうぞ

アルファードのおすすめ人気グレード!ファミリーカー目線で調査

2018.04.15

アルファードの豪華な内装を徹底調査!あなたは黒派?ベージュ派?

2018.04.09

アルファードグレード(20系後期や30系)の違いを徹底解説

2018.05.11

アルファードハイブリッド4WDの性能を徹底調査!E-Fourって何?

2018.05.08

スポンサードリンク

ヴェルファイアとアルファード、どっちが人気なの?

実際に確認してみて、ヴェルファイアとアルファードはやはり外観以外に比較できる部分がほぼないことが分かりましたね。

『じゃぁみんなどうやって選んでるの?どっちが人気?』って気になりますよね。

日本自動車販売協会連合会ではいつ、どの車がどのくらい売れたのかというのが分かるようになっています。

そちらを参考に2017年1,2月と2018年1,2月で比較してみました。

  • 2017年1月:ヴェルファイア17位4,938台、アルファード26位3,118台
  • 2017年2月:ヴェルファイア18位5,527台、アルファード25位3,832台
  • 2018年1月:ヴェルファイア24位3,308台、アルファード27位2,787台
  • 2018年2月:ヴェルファイア20位4,835台、アルファード22位4,534台

 

2017年乗用車ブランド通称名別順位

http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking/pdf/ranking201712.pdf 

2018年乗用車ブランド通称名別順位

http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking/pdf/ranking201802.pdf

引用:日本自動車販売協会連合会

順位で見ると2017年はヴェルファイアの方が多く出ているのが分かります。ですが、2018年になってからは段々と差がなくなってきていますね。

2017年12月のマイナーチェンジ以降、アルファードの人気が鰻登りのようですよ。

時代の流れか、ミニバンも燃費の良いものやハイブリッドに注目が集まっています。時代の流れを意識してこんな記事も特集してみました。

車燃費ランキングTOP5!!車マニアが選ぶおすすめの車はどれ?!

2018.04.27

ミニバンハイブリッド燃費ランキング!一番お得な車はこれだ!

2018.04.05

こちらはミニバンのSSクラスの対決です。

シエンタvsフリード違いを徹底比較!差がよくわかる8番勝負!

2018.04.23

ヴェルファイアを選ぶ人

高級感は欲しいが外観を他と変えたい、個性的にしたい、改造したいという方はヴェルファイアを選ぶ事が多いそうです。

小さな子供がいるファミリーもそうですが、独身の方でもアウトドアが好きな方なんかには多く選ばれるのだとか。

外観がアルファードよりもヴェルファイアが好きという事が大前提の話ですね。

フロントグリルがアルファードよりもシンプルなので、自分好みにカスタムしやすいというのが大きいのかもしれません。

アルファードを選ぶ人

アルファードを選ぶ人は、やはり高級感を求めるでしょう。

見て分かる通り、ヴェルファイアよりも高級感のある外観ですよね。以前クラウンやハリアーなどに乗っていたけれど、狭くなってしまって乗り換えたいって方は引けを取らないアルファードを選ぶのだそうです。

高級車と言われる車は乗り心地が抜群に良いでしょうから、一度乗るとレベルを下げたくないですよね。

ヴェルファイアに比べ、純正の良さにこだわる人が多いという特徴もあります。

人気のpoint
統計的にはヴェルファイアの販売数がやや多い。

ヴェルファイアを選ぶ人は、外観を個性的にしたい、改造したい人が多い反面、アルファードを選ぶ人は純正の良さにこだわる人が多い。

もっとミニバンの比較記事が読みたい方はこちらから。

ヴォクシー,ノア,ステップワゴン,セレナのミニバンの魅力を紹介

2018.04.04

エルグランドVSノア,ヴォクシー,セレナとの違いを比較!

2018.03.30

まとめ

では比較した結果をまとめてみます。

  • ヴェルファイアとアルファードの大きな違いは外観
  • ヴェルファイアはアルファードの後継車である為、アルファードの方が高級車という認識が若干強い。
  • ヴェルファイアの方が購入時に値引きしてもらいやすい。
  • 売る時はアルファードの方が高値になる事が多い
  • 内装、価格は全く同じ。グレード名、大きさに若干の違いはあるが気にする程ではない。
  • ヴェルファイアは外観を個性的にしたい人や改造したい人が選ぶ事が多い。
  • アルファードは純正の良さにこだわる人が選ぶ事が多い。

まとめても分かる通り、皆さん外観にそれぞれのこだわりを持って選んでいるようですね。

ヴェルファイアもアルファードも、内装や大きさを見ると利便性が良く、飽きずに乗れる車だというのがわかりました。

今回調べていて知ったのですが、レクサスに乗ってる方がセカンドカーとしてヴェルファイアやアルファードを所有するという事も少なくないようですよ。

試乗できる所もありますので、是非試乗してみて自分が乗ってるのをイメージ出来る方を選んでみてはいかがでしょうか。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください