新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジは2023年5月以降!?最新情報、予想まとめ

新型トヨタ アルファード フルモデルチェンジ アイキャッチ画像

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

トヨタのアルファードヴェルファイアフルモデルチェンジするという情報が入ってきました。

アルファードとヴェルファイアといえば、迫力のある顔に乗り心地の良さを兼ね備えた高級ミニバンです。

一度はアルファードやヴェルファイアに乗ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

今回はそんな憧れのアルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジについて、最新情報と予想をまとめてお伝えします。

ミニバンやファミリーカーを検討している場合も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジの時期はいつ?

新型アルファード ヴェルファイア フルモデルチェンジ 時期2jpg

引用:トヨタ公式HP(アルファード/ヴェルファイア)

新型アルファード、ヴェルファイアへのフルモデルチェンジは2023年春以降と予想

新型アルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジはいつなのでしょうか?

口コミによると「ディーラーさんに言われて”2023年の新型”の”予約の予約(商談の予約)”をした」という方が出てきています。

このことから、2023年にはアルファードやヴェルファイアの新型が出る可能性が高いと考えられます。

源十郎
公式の発表はされていないし、確定事項ではないね。新型クラウンとかもギリギリになって発売が遅れたりしているし。
さくら(妻)
でも2023年に発表もしくは発売になる可能性が高くなっているから、予約の予約を取り始めたんだともとれるわね。/voice]

予約の予約に関しては、ディーラーによってもやっているところとやっていないところがあります。また、やっているディーラーさんをふだん利用していてもすべての人に連絡が来ているわけではないようです。

気になる場合は担当の方やお近くのディーラーさんに聞いてみることをお勧めしますよ。

新型アルファード、ヴェルファイアの発表、発売の詳細時期は?

新型アルファードやヴェルファイアの発表、発売の詳細な時期はわかっていません。

しかし

  • 2023年5月と聞いたという人が出ている
  • 2023年3月までのフルモデルチェンジ予定にアルファード、ヴェルファイアが入っていないとディーラーさんから聞いたという情報がある

ということを踏まえて考えると、アルファード、ヴェルファイアのフルモデルチェンジは2023年5月以降となると予想します。

また、半導体などの部品不足はまだ続いていますから、それよりも遅くなる可能性は十分にあるでしょう。

フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違いは?

「フルモデルチェンジ」は土台やエンジンの変更などを伴う「大きな改良」です。

一方、「マイナーチェンジ」や「一部改良」はデザインや不具合部分の改良をすることが多いですよ。

源十郎
今回アルファードやヴェルファイアはフルモデルチェンジで安全性能を含めた大幅な進化をする可能性が高いよ。

アルファードとヴェルファイアはフルモデルチェンジを機にひとつになるという情報もあります。

さくら(妻)
二つだったものが一つに…それはだいぶ思い切るわね!

 

アルヴェルは2022年5月に一部改良版の特別仕様車やグレードを設定して発売

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@s2000890がシェアした投稿

アルファードやヴェルファイアは2022年4月にアルファード特別仕様車「S”TYPE GOLDⅢ”」、「ハイブリッド S“TYPE GOLD Ⅲ”」を設定、ヴェルファイアには「GOLDEN EYES Ⅲ」。「ハイブリッド GOLDEN EYES Ⅲ」をグレードとして設定すること発表し、5月13日から発売しています。

内容は、

  • オプティトロンメーターのメーターリングに、ゴールド加飾を使用
  • シート表皮に、ブランノーブ®(パーフォレーション)と合成皮革の組み合わせを採用
  • 接近車両との衝突被害軽減をサポートするブラインドスポットモニターとパーキングサポートブレーキ(後方接近車両)を標準装備

となっています。

※ ブランノーブ®はTBカワシマ(株)の登録商標

価格は66,000円アップします。

  駆動 価格(円、税込み)
アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD Ⅲ”(ベース車 : S)
ヴェルファイア GOLDEN EYES Ⅲ
2WD 4,306,000
4WD 4,561,000
アルファード ハイブリッド S“TYPE GOLD Ⅲ”
ヴェルファイア ハイブリッド GOLDEN EYES Ⅲ
E-Four 5,154,400

 

 

スポンサードリンク

他のミニバンのフルモデルチェンジ時期はどうなっている?

ミニバンのフルモデルチェンジが続々と行われています。

アルファードやヴェルファイアはミニバンの中でも大きめの車で、同じく大きなミニバンに「日産エルグランド」があります。エルグランドのフルモデルチェンジも2023年になると予想します。

エルグランドのフルモデルチェンジに関しては「新型日産エルグランド2023年後半以降フルモデルチェンジ!?最新情報、予想まとめ」で書いています。

新型日産エルグランド2023年後半以降フルモデルチェンジ!?最新情報、予想まとめ

 

アルヴェルよりも少し小さい「ミドルサイズのミニバン」では

  • トヨタ ノア、ヴォクシーのフルモデルチェンジは2022年1月
  • ホンダのステップワゴンは2022年5月

に行われました。

に期待されていますよ。

 

さらに「ミニバンでは少し大きいかも」という人に人気なトヨタ ルーミーがあります。ルーミーは2022年に一部改良、フルモデルチェンジはその1年後以降といううわさもありますよ。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジを待つ?待たない?

新車のアルファードやヴェルファイアに乗りたいと思っている場合、フルモデルチェンジまで待つか、待たずに現行車を買うか、と迷うこともありますよね。

口コミなどを見てみると、

  • 「時期に余裕があるのであればフルモデルチェンジまで待つ」
  • 「資金に余裕があるのであれば、現行車に乗ってみるのも良い」

という意見がありますよ。

ただし、アルファードやヴェルファイアに関しては新車の受注は停止になっているケースがあります。

ディーラーごとの在庫キャンセルなどによっては購入できる可能性もあると思いますので、確認してみてくださいね。

源十郎
もしくは中古車だね。価格は結構高そうだけど。

さくら(妻)
車検があるとか、すぐ替えたいなら現行車になるわよね。

現行アルファードやヴェルファイアは2015年の発売以来、マイナーチェンジや一部改良を繰り返しています。

それだけに、現行車は十分に成熟した車といえるでしょう。

源十郎
敢えて今現行車にして、フルモデルチェンジしてもすぐに買わずに、また改良されるのを待つという人もいるよ。

フルモデルチェンジ直後は新しい装備が付いたりするのがメリットでもあります。しかし、その分不具合も起こりやすいんですよね。

そういったことが不安だったり、修理に出すのが面倒という場合は現行アルファードやヴェルファイアに乗って様子を見るというのもアリでしょう。

ただ、現行車の納期も延びているようなので、急いでいる場合は間に合うか確認してみてから決断した方が良いですよ。

もしくは新型アルファードのマイナーチェンジまで辛抱強く待つ、という手もありますね。

その場合、次のフルモデルチェンジ以上にいつになるかはわからないので「それまで乗る車はある」「いつまででも待てる」という場合に有効な方法でしょう。

一方、新型アルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジを買うつもりだけど、すぐに現行車から乗り換えたい、というケースもありますよね。

そんな場合は皆さんどうしているのか、口コミを見てみました。すると、トヨタの「ランドクルーザー」や「ランドクルーザープラド」に乗ってフルモデルチェンジを待つという人がいます。

さくら(妻)
大きい車ってことは一緒だけど、どうしてランドクルーザーなのかしら。

ランドクルーザーやランドクルーザープラドは、大人気のため手放すときに「高く売れやすい」というのがあります。

もちろん確実にランドクルーザーの購入価格と同じ額で売れるという保証があるわけではありませんが、

「ランドクルーザーに乗る→新型アルファードやヴェルファイアが出たら乗り換える」という方が費用を抑えられる可能性があるというわけです。

源十郎
使い勝手は違うから人それぞれになるとは思うけど、僕はランドクルーザーにも乗ってみたいな。

 

 

スポンサードリンク

新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジで見た目はどう変わる?

▼現行アルファード

新型トヨタ アルファード フルモデルチェンジ 見た目 参考 現行車 画像

引用:トヨタ公式HP

▼現行ヴェルファイア

新型トヨタ ヴェルファイア フルモデルチェンジ 見た目 参考 現行車 画像2

引用:トヨタ公式HP

新型アルファード、ヴェルファイアはフルモデルチェンジで

  • 迫力のある顔つきはキープ
  • ヴェルファイアをアルファードに統合し、アルファードの中にヴェルファイア風の見た目を持つグレードを用意する

新型アルファード、ヴェルファイアはフルモデルチェンジで一つに統合されるという噂があります。

最近、トヨタでは同じ土台を持つ「兄弟(姉妹)車」を統合する流れがあるんです。

2021年の改良ではアルファードとヴェルファイアはカタログが一つになっていて、これも統合を予感させますね。

源十郎
トヨタのルーミーとタンクも一つに統合したよ。2022年1月にフルモデルチェンジしたノア、ヴォクシーも、廃止された「エスクァイア」と合わせて3兄弟って言われていたしね。

統一となると販売台数的が多いアルファードにヴェルファイアが吸収される形になりそうです。

ただ、アルファードのグレードの一つとして、ヴェルファイアのようなワイドでよりギラギラしたモデルが登場する可能性も高いでしょう。

さくら(妻)
個人的にはアルファードの方が迫力がありつつ、どこか上品さもあって好きよ。でもヴェルファイアもファンがいるしかっこいいわよ。

new アルファード ヴェルファイア フルモデルチェンジ 販売台数 比較 chart

参照:一般社団法人日本自動車販売協会連合会

源十郎
車の開発には、1車種に数千億円かかるんだよ。だから統合して開発したら、コスト削減にもなるし、一つの車の質がよりよくなるかもしれないよね。

2021年のマイナーチェンジでは、ヴェルファイアはグレードを一つに絞っています。

それがスライドしてアルファードのグレードの一つになるかカスタムモデルになるかもしれません。

いずれにせよ、アルファードが好きな人もヴェルファイアが好きな人も、がっかりしないデザイン構成になると予想します。

新型アルファード/ヴェルファイアのボディサイズはどうなる?

新型アルファード/ヴェルファイアはボディサイズを若干変更し、ワイド&ローとなると予想します。

サイズが大きくなるのは見た目の迫力や室内サイズアップのためだったり、「安全性のためにもボディの厚みを出すから」ということもあり得ますよ。

ただ、全長や幅の拡大やホイールベースの延長と言っても、極端に大きな変更にはならないと予想します。

それというのも、日本で使うには今の大きさがちょうど良いか、すでに駐車場でぎりぎりなこともあるからです。

源十郎
駐車場が混んでいると大変そうなのも見かけたりするよね。

https://twitter.com/SiLV4_BD/status/1443443013510852609

▼アルファード/ヴェルファイアのボディサイズ(現行車、次期型予想)

  サイズ(㎜)
  全長 全幅 全高 ホイールベース
現行車アルファード 4,945-4,950 1,850 1,935-1,950 3,000
現行車ヴェルファイア 4,935 1,850 1,935-1,950 3,000
新型アルファード/ヴェルファイア(予想) 4,960 1,880 1,940 3,050

新型アルファード/ヴェルファイアではホイールベースをさらに延長した、室内がより広い「VIPモデル」も登場するという噂もあります。

さくら(妻)
ホイールベースが長くなると室内も広くなるのね。

現行車のボディサイズについては「アルファードの全長サイズは?大きさのメリットや不安を解決する方法は?」でも詳しく書いています。

アルファードの全長サイズは?大きさのメリットや不安を解決する方法は?

エクステリアでサイズといえば、「タイヤのサイズ」もあります。

アルファードやヴェルファイアのようなかっこいい車はタイヤにもこだわりを持つとさらにイケてる車になりますよね。

現行車のタイヤに関しては「アルファードのタイヤのサイズは?ホイールサイズを徹底調査」で書いていますよ。

アルファードのタイヤのサイズは?ホイールサイズを徹底調査

 

新型アルファード/ヴェルファイアが出るのは楽しみですよね!

計画を立ててお金をため始めるのも良いですし、値引きの裏技を今から勉強しておくのも良いですよ。

新型クラウンの発売以降、基本的には車両本体の割引などが無くなるとも噂されています。

しかし、それ以外にも車の購入費用を抑える方法というのは色々あるんですよね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

アルファードの新車値引きの相場限界額は50万?レポート情報から推移

 

新型トヨタアルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジでガソリン車廃止?新開発エンジン採用?燃費は向上か

新型アルファード/ヴェルファイアのエンジンは

  • 3.5Lのガソリンエンジン→2.4Lターボに
  • ハリアーなどに使用している排気量2.5Lエンジンのガソリン車やモーターを組み合わせたハイブリッド車
  • 燃費は現行車の約1.2倍向上する

と予想

新型アルファード/ヴェルファイアの動力は、2.5Lのエンジン×モーターのハイブリッドが主軸となるでしょう。

次期モデルに使われる2.5Lのエンジンは現行アルファードの2.5Lエンジンではなく、新型ハリアーやRAV4などに使われている「2.5Lダイナミックフォースエンジン」となると予想します。

それというのも、現行アルファードやヴェルファイアの2.5Lエンジンよりも新開発エンジンの方がパワーが大きく、かつ燃費の向上も期待できるからです。

源十郎
力強くなって燃費も良くなれば断然そっちの方が良いね。

新型アルファード/ヴェルファイアはフルモデルチェンジで新開発のエンジン採用!?

今回のフルモデルチェンジで、新開発2.4Lターボエンジンを3.5Lエンジンに代わり採用するという噂があります。

2.4Lターボエンジンは、新型NXに採用されています。

フルモデルチェンジするノアやヴォクシーへの採用もうわさされているんですよ。

さくら(妻)
新開発の2.4Lターボエンジンは、現行車の排気量3.5Lのエンジンにも負けないパワーを出すって言われてるのよね。

レクサスNXの情報を見てみると、2.4Lターボエンジンは

  • 最高出力279PS
  • 最大トルク430N・m

を発揮します。

現行アルファードの3.5Lエンジンの

  • 最高出力301PS
  • 最大トルク361N・m

と比べて、最高出力は小さいものの、最大トルクは大きいんですよ。

源十郎
同じエンジンでも、車によって調節されてパワーは変わることもあるよ

アルファードのように大きくて重い車だと、最大トルク(自転車で言えば踏み込む力)が大きいことで、パワー不足が感じられにくくなります。

しかも排気量が小さくなることで燃費の向上も期待できますよ。

さくら(妻)
ターボって燃費悪そうだけど、そうでもないの?
源十郎
アルファードやヴェルファイアのように大きくて重い車だと、ターボの力を借りて早くスピードに乗せた方が燃費が良くなる、っていうこともあるみたい。

ディーラーさんとよく話をしているという方の情報によると、2.4Lターボエンジンの燃費は12㎞/Lくらいになるのではという予測が出ているとのことです。

レクサスNXの2.4Lターボの燃費が、カタログ値で12.2㎞/Lなんですよ。

重量がアルファード、ヴェルファイアの方が重いため同じ燃費にはなりませんが、今の3.5Lエンジンの燃費9.6-10.2㎞/Lよりはよくなると予想します。

源十郎
約1.2倍燃費が良くなることになるね!
さくら(妻)
少しでも燃費が良くなったら、パパのお小遣いアップできるんだけどねえ

新型アルファード/ヴェルファイアはハイブリッド車も燃費向上が濃厚!

新型アルファード/ヴェルファイアはフルモデルチェンジで、より燃焼効率の良い2.5Lダイナミックフォースエンジンとモーターの組み合わのハイブリッドに変更にすると予想します。

さらに、電池がニッケル水素電池からリチウムイオン電池になることで電池自体の重さが軽くなり、それによっても燃費は向上するでしょう。

源十郎
ハリアーなどのエンジンとモーターは、効率がすごく良くなってるんだよ。だから、パワーも出るし燃費も良いってわけなんだ。

▼ハリアーの2.5Lエンジン+モーター

アルファード フルモデルチェンジ 2.5L

引用:トヨタ公式HP

ハリアーの先代モデルは現行車のアルファードやヴェルファイアと同じエンジン+モーターを使用していましたが、新しい型になった時に燃費が向上しています。

源十郎
JC08モードという計測で、先代モデルの燃費は21.4㎞/Lだったのに新型ハリアーは26.4-27.4㎞/Lも燃費が良くなっているんだよ。
さくら(妻)
1.2倍くらい良くなっているのね。

ハリアーのフルモデルチェンジのように、新型アルファードやヴェルファイアのハイブリッド車の燃費もフルモデルチェンジで、1.2倍ほど良くなると予想します。

 

燃費が良くなるのはうれしいですが、もっと維持費を抑えられたらいいですよね。

保険の見直しというのも、車の維持費を抑えるのに必要です。

3分くらいで簡単に見直せる方法を見つけたのでぜひ試してみるのも良いと思いますよ!

 

新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジで内装(インテリア)はどうなる?

▼現行アルファード/ヴェルファイアの内装

新型アルファードやヴェルファイア フルモデルチェンジ 参考 現行車

引用:トヨタ公式HP

新型アルファードやヴェルファイアの内装は

  • ナビを拡大
  • シートのステッチや色の変更

をすると予想

新型アルファードやヴェルファイアは、上級グレードで標準装備のナビが拡大となると予想します。

源十郎
新型ハリアーが12.6インチのナビを使っているから、新型アルファード/ヴェルファイアでも12.6インチになりそうだよね。

▼新型ハリアーの内装

新型アルファードやヴェルファイア フルモデルチェンジ 参考 ハリアー 画像

引用:トヨタ公式HP

現在選べるディスプレイオーディオも引き続き採用するでしょう。

ここ2年くらいでディスプレイオーディオは浸透し始めています。

さくら(妻)
ディスプレイオーディオはナビ機能が無いから、自分のスマホをつないでナビ代わりにしたりするのよね。

ディスプレイオーディオはナビ機能などが付いていない分価格も安いですし、スマホの通信料金値下げなども行われたのでさらに使いやすくなったと思います。

源十郎
新型コロナウイルスでカー用品の売り上げも落ちていると思いきや、このディスプレイオーディオのおかげでそこまででもないという話も聞くよ。それほど人気なんだ。

引き続き、といえば、エアコンのスイッチはダイヤルやボタン式をそのまま採用すると思います。

さくら(妻)
タッチ式だと使いづらいし、前方不注意になるのも怖いしね。

新型アルファードやヴェルファイアの内装は、フルモデルチェンジでも高級感を保ち、シートの質感の向上や配色、ステッチの変更で新しい雰囲気を加えたりするでしょう。

さくら(妻)
シートの色や縫い目って、モデルチェンジで変更になることが多いのよね。

白の本革シートが採用されるのではという情報もあります。

もし白の本革シートが採用となれば、トヨタの中でも珍しく、高級感をものすごく感じられる内装になると思います。

▼現行アルファード/ヴェルファイアのシート

新型アルファードやヴェルファイア フルモデルチェンジ 内装 参考 現行車 新型アルファードやヴェルファイア フルモデルチェンジ 内装 参考 現行車2

引用:トヨタ公式HP(アルファード/ヴェルファイア)

さくら(妻)
白のレザー、汚れが目立ちそうだけど…

白でなくとも、本革シートって汚れるのが気になりますよね。

しかし最近では、本革シートを守る「レザーコーティング」というものがあるようなんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社WONDER(@wonder0595486111)がシェアした投稿

新型アルファードやヴェルファイアに白の本革シートが採用されたときには、このレザーコーティングも検討してみると良いですね。

 

本革シートってあこがれるけど、高いんですよね。

それでももし車の購入価格が安くなったら、その本革シートに充てられるかもしれません。

50万円の値引きに成功したという人もいる交渉方法を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジで、安全装備、快適装備はどうなる?

新型アルファードやヴェルファイアはフルモデルチェンジで安全装備・快適装備のレベルアップを行うでしょう。

さくら(妻)
最近トヨタでも他のメーカーでも、モデルチェンジの時に安全装備や快適装備がどんどん更新されているわよね。アルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジでも、きっと最新の装備になるわね。

現行車のアルファードやヴェルファイアも、安全装備や快適装備がかなり充実していますが、フルモデルチェンジの際にはさらに性能が増すと予想します。

源十郎
アルファードやヴェルファイアは2年連続で予防安全性能評価大賞を受賞しているんだ。それがさらにレベルアップしたら、もっと「万が一」を減らすことができるね

新型ノアでトヨタ初採用された「プロアクティブドライビングアシスト」がアルファードにも!?

2022年1月にフルモデルチェンジしたノア/ヴォクシーにトヨタとして初採用された「プロアクティブドライビングアシスト」が新型アルファードにも採用される可能性があります。

  1. 「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキ操作をサポート
  2. 先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートし、頻繁な踏みかえ操作を軽減

というものですよ。

レクサスではノア/ヴォクシーよりも前に採用されていて「楽」、「感動した」という声もあります。

一方で、「介入が不自然」という意見もあります。ただしその場合は支援のタイミングを調整できたり、オフにすることもできるようですよ。

さくら(妻)
ノア、ヴォクシーが全車標準装備なら、新型アルファードも標準装備になりそうよね。

新型アルファードやヴェルファイアは衝突軽減ブレーキがレベルアップか

新型アルファードやヴェルファイアは、衝突を回避する「プリクラッシュセーフティー」が、直進の時だけでなく右左折時にも対応するようになると考えますよ。

この交差点にも対応する衝突軽減ブレーキ機能は新型ヤリスやアクアなどにも採用されています。

さらに、レクサスにも採用されているように”夜間の自転車や昼間の自動二輪車へも対応するバージョン”の採用も可能性があると予想します。

さくら(妻)
暗くても検知できるように感度が上がったり、自分の車との速度の差が小さくなっても危険を察知できるように進化しているのね

新型アルファードやヴェルファイアの自動運転機能はどうなる?

車の最新機能といえば、「自動運転」があります。

新型アルファードやヴェルファイアは

手を放して高速道路を走行することが可能

な技術が採用されると予想します。

源十郎
たとえハンズフリーで運転できても、あくまでも運転の主体はドライバーさんで常に注意が必要なのが”レベル2”。運転の主体が「車」になると”レベル3”となるよ。

現行のアルファードやヴェルファイアでは、前の車との距離や速度を保ち、車線の中央をキープしてくれる機能が付いていますが手放しをすることはできません。

▼参考:現行アルファードのクルーズコントロール使用動画

ハンズフリー可能の機能は、新型ミライや新型ノアやヴォクシーでも標準装備やオプションとして採用されています。

ただし、新型ノア、ヴォクシーは「渋滞時の支援」となっていて低速時のみに稼働します。ミライのハンズフリーとは少し違っていますよ。

新型アルファード/ヴェルファイアにはどちらが採用になるのか、楽しみですねd。

源十郎
価格がすごく上がっちゃうと買うのが難しくなるからね。
さくら(妻)
レクサスとかプリウスなんかでもっと普及してくれたあとなら違うかもね。

 

自動運転はドライバーの負担を軽くし、事故も減らしてくれるでしょう。

現行アルファードの安全性能については「アルファードの安全性について調べてみた」で書いていますので、参考にしてみてくださいね。

アルファードの安全性について調べてみた

 

 

新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア フルモデルチェンジで価格はどうなる?

新型アルファードやヴェルファイアはフルモデルチェンジで約20万円の値上がりがあると予想します。

さくら(妻)
2021年の一部仕様向上でもともとたくさんあったグレードが整理されたわよね。

現行アルファードではエントリーモデルである「X」グレードは3,597,000円(税込)です。

新型アルファード、ヴェルファイアでは

エントリーグレードが380万円ほど

になるでしょう。

 

また、現行アルファードの最上級グレードは「HYBRID Executive Lounge S」で価格が7,752,000円(税込)となっています。

新型アルファード、ヴェルファイアでは

最上級グレードが800万円くらい

になるのではと予想します。

さくら(妻)
結構高いわね。

良いお値段もしますが、最新のエンジンも搭載され今までよりも燃費が良くなったり、安全性能も上がり、毎日高級感を味わえるんですよね。

そうなると、「そのくらいの値段がする価値がある」と思うかもしれませんね。あなたはどうでしょうか?

 

リアルガチ! 友人がヴェルファイアを実際に購入した話

友人がヴェルファイアを購入した時に得た情報や、裏話があります。

アルファードやヴェルファイアが欲しいなぁと思った方はぜひ参考にしてくださいね。

新型ヴェルファイアZ”Aエディション” 支払いはいくら?

友人は某M社のワンボックスを乗っていましたが、故障をしてしまい修理に50万円もかかると言うことで、知り合いの店長がいるトヨタに行きました。

そこでシエンタに乗り、ヴォクシーに乗り、ヴェルファイアに乗ったところ、絶対ヴェルファイア!となったらしく、「お買い上げぇ〜」となったそうです。

友人が購入したヴェルファイアのグレードは、エアロボディの7人乗り4WD、Z”Aエディション”。車両価格は415万円でした。2017年のマイナーチェンジで、Z”Aエディション”はZGへ改名ましたよ。

ここから純正ナビに30万円、サンバイザー、スターター、バックモニターなどの装備をつけて、諸経費をプラスし500万円を超えました。

引用:トヨタ公式HP

新型ヴェルファイアの値引き【60万】成功

値引き額はというと、店長決済でなんと60万円も値引きしてくれたとのこと。恐るべし店長パワー。

だけど、店長パワーだけで、ここまでの値引きを実現させたわけではないそうです。どうしてここまでの値引きをしているのか。理由は、オプションを沢山つけてローンを組んで購入したから。

まず「ローンで購入する」という事は、カード会社から手数料のリターンがあるので、ディーラーにとってメリットになるのです。

そして「オプションを沢山つける」というのは、ディーラーの成績にもなるので、値引きに期待が出来るという事なのです。

 

まとめ

  • 新型アルファード、ヴェルファイアへのフルモデルチェンジは2023年春以降の可能性が浮上。5月という情報もある
  • 商談するための予約をしているディーラーもある
  • 迫力のある顔つきはキープ、ヴェルファイアをアルファードに統合し、アルファードの中にヴェルファイア風の見た目を持つグレードを用意する
  • 3.5Lガソリンエンジンが廃止、2.4Lターボに置き換えの可能性がある
  • ハリアーなどに使用している高効率の2.5Lのエンジンを採用
  • 燃費は現行車の約1.2倍向上する
  • 新型アルファード/ヴェルファイアは、フルモデルチェンジでナビの拡大やシートのデザイン、色を変更
  • 新型アルファード/ヴェルファイアは安全装備・快適装備レをベルアップ
  • 新型アルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジ後の価格は約20万円値上がり

以上が当サイトでまとめたアルファードやヴェルファイアのフルモデルチェンジに関する最新情報、予想です。

 

アルファードやヴェルファイアに一度は乗ってみたい車の一つでもあると思います。

最近では一度フルモデルチェンジするとなかなか次のモデルが出ない傾向にありますし、今回のフルモデルチェンジを機に新しいピカピカのアルファードやヴェルファイアを手に入れるというのも検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報が入り次第、追記していきます!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください